コルタナ 無効。 【Windows10】「Cortana(コルタナ)」を無効化・オフにする方法 ≫ 使い方・方法まとめサイト

Windows10の重いCortanaを無効・削除する方法【無効化できない時の対処も】

コルタナ 無効

マイクで話しかけて検索や操作をする まずは、初期設定の方法から説明します。 初期設定 パソコン によってはすでに設定されていることもありますが、 タスクバー の 検索ボックス に、「 Cortanaに何か聞いてみてください。 」と表示されている場合は、 まだ初期設定がされていません。 初期設定は、以下の 手順 で行います。 STEP1. タスクバー の 検索ボックス をクリックして、 コルタナ のホーム 画面 を開きます。 STEP2. コルタナ の簡単な紹介が表示されます。 「次へ」のボタンをクリックします。 STEP3. 情報の提供を求めるメッセージが表示されます。 コルタナを使うには、いくつかの個人情報をマイクロソフトに提供する必要があります。 内容を確認して、「Cortanaを使う」のボタンをクリックします。 STEP4. 「お使いになる前に、 Microsoftアカウント でサインインする必要があります。 」 とメッセージが出るので、サインインします。 STEP5. 「準備が完了しました。 」と表示されます。 「了解です」のボタンをクリックします。 これで初期設定が完了します。 初期設定が終わると、 タスクバー の 検索ボックス に「 何でも聞いてください」と表示されるようになるので確認しましょう。 マイクの設定 初期設定が終わったら、以下の 手順 でマイクの設定を行いましょう。 STEP1. Windowsのスタートボタンの右側にある、マイクのアイコンをクリックします。 STEP2. マイクのセットアップの画面が表示された場合、「次へ」のボタンをクリックしてセットアップを行います。 表示されない場合は、マイクが正常に設定されていますので、この先の設定は必要ありません。 STEP3. STEP4. 「 マイクのセットアップが完了しました。 」という表示がされたら、マイクの設定は完了です。 「完了」ボタンをクリックして、セットアップ 画面 を終了します。 音声認識の設定方法 コルタナ に話しかけて答えてもらうようにするには、音声認識の設定が必要です。 コルタナ の音声認識の設定方法を解説します。 STEP1. タスクバー の 検索ボックス をクリックして、 コルタナ のホーム 画面 を開きます。 STEP2. コルタナ のホーム 画面 から、歯車の設定アイコンをクリックして、『 「 コルタナ さん」と言ったらCortanaが応答する』を オンにします。 これで音声認識の設定が完了し、 コルタナ があなたの声を聞き取って応答してくれるようになります。 あとは、Windowsのスタートボタンの右側にある、マイクのアイコンをクリックし、「聞き取り中・・・」と表示されたら、 パソコン に向かって話しかけてみましょう。 例えば、「カルボナーラのレシピを教えて」と話しかけると、 コルタナ がMicrosoft Edgeを立ち上げ、検索結果を表示してくれます。 Cortanaの画期的な活用方法 コルタナ には、画期的な3つの活用方法があります。 メールやメッセージを送信する これらの活用方法を特徴と合わせて紹介しましょう。 リマインダー 人と会う予定や会議のスケジュールに対してリマインダーを登録しておくと、 コルタナ がリマインドしてくれます。 リマインダーは、「 連絡先」「 場所」「 時刻」のいずれかを指定して作成します。 「 リマインダーの内容は何ですか?」という表示の下の入力欄に内容を入力して、その下の「連絡先」「場所」「時刻」のいずれかをクリックし、詳細を設定して「リマインダー」ボタンで登録完了です。 例えば、内容は「会議に参加」として、「時刻」を選ぶと、日時を選ぶウインドウが表示されます。 「毎週月曜日」などの繰り返しの予定の場合は、「一度だけ」と表示されているボックスから、任意の項目を選択しましょう。 「リマインダー」ボタンをクリックすると登録されます。 カレンダー コルタナ に話しかけて、カレンダーアプリにスケジュールを登録することもできます。 例えば、「 コルタナ さん、9月10日の12時に田中さんとランチ」と話しかけると、確認内容を表示して、「 カレンダーに追加しますか?」と聞いてきます。 ここで「追加」ボタンをクリックすれば、Microsoftのカレンダーアプリに内容を登録してくれます。 メール送信 コルタナ に「 山田さんにメールを送信して」などと話しかけて、メールを送信してもらうこともできます。 コルタナ は、 Microsoftアカウント に関連付けて情報を収集し、「 関心事」や「 位置情報」「 好み」 などを 学習していきます。 使えば使うほど、あなたにとって使い勝手の良いアシスタントに成長していくでしょう。 問題山積み!誰でもロック解除できる? そんな便利な コルタナ ですが、 背筋が凍るような脆弱性の情報もあります。 WindowsのAIアシスタント「Cortana」を使って誰でもPCのロックを解除できてしまう コルタナ は、「質問された内容に最も合致する情報」を ユーザー に提供しているため、 入力された内容の危険性を認識することができません。 例えば パソコン をロックした状態でも、 コルタナ に話しかけると検索窓が開き、操作できてしまいます。 これを悪用されると、 パソコン の個人情報を抜き取られたり、パスワードを改ざんされてしまったりする危険性があります。 こちらは、2018年6月12日に公開されたセキュリティーパッチ「 Patch Tuesday」 で対策されているので、お持ちのWindows10デバイスは必ず最新版に 更新 しておきましょう。 Windows10の リリース情報 は、こちらの リンク から確認できます。 参考サイト「Microsoft 」: また、カフェなど公共の場で パソコン を使っている場合、席を立つ際はくれぐれも油断しないよう、十分な注意が必要です。 Cortanaは無効化できる? 色々と便利な最新機能を持つ コルタナ ですが、常駐しているだけでかなりのバッテリーを消費します。 音声入力では声を上手く聞き取ってくれなかったり、聞き間違いによる誤作動も起こります。 使わない方にとっては、いたずらにバッテリーを消費してしまうだけの機能になってしまい兼ねません。 そこで、 コルタナ を無効にする方法をいくつか調べてみました。 以前は標準機能でコルタナを オフ にすることができたのですが、Windows10 Anniversary Update以降、仕様が変わり、これまでのように 簡単に コルタナ を無効化することができなくなりました。 コルタナを非表示にする 「 ひとまずは見えなくなっていればいい」という方には、この方法をおすすめします。 STEP1. タスクバー の上で右クリックし、メニューから「Cortana」を選びます。 STEP2. サブメニューから「表示しない」を選択します。 この場合、 タスクバー に 検索ボックス が表示されなくなりますので、ご注意ください。 バージョン別・cortanaを無効化する方法 セキュリティ上で必要不可欠なWindowsUpdateですが、 コルタナ の挙動は特にUpdateの影響を受けることが多いので、ここでは無効化の方法をWindows10のバージョン別に説明します。 Windows 10 Anniversary Update以降の方法は、システムに関わる部分に変更を加えるため、 パソコン の動作に悪影響を与える恐れがあります。 大切なファイルのバックアップと、復元ポイントの作成などをして備えた上で、自己責任でお願いいたします。 Windows 10 Anniversary Update(バージョン1607)以前 このバージョンでは、設定から コルタナ を無効にすることが可能です。 STEP1. スタートボタンから「Cortana」を選択し、 コルタナ のホーム 画面 を表示させます。 STEP2. コルタナのホーム 画面 から歯車のアイコンをクリックし、設定 画面 を開きます。 STEP3. 「Cortanaは、おすすめの最新機能の表示、リマインダーや通知を設定、その他さまざまなことができます」と書いてある部分の下のチェックを オフ にします。 Windows 10 Anniversary Update(バージョン1607) Windows10のエディションが ProかEnterprise、またはEducationの場合は、「ローカルコンピューターポリシー(Gpedit. msc)」や「 グループポリシー 」で以下のポリシーを無効にすることで、コルタナをオフにできます。 STEP1. タスクバー の 検索ボックス に「gpedit. msc」と入力します。 STEP2. 「gpedit. msc(Microsoft Common Console Document)」が表示されるので、それをクリックします。 STEP3. ローカル グループポリシー エディターが起動します。 左側のフォルダツリーから、以下のように進み、 コルタナ のポリシーを無効にします。 ここでは、 レジストリ エディタを使用して コルタナ を無効化する方法を説明します。 ただし、 レジストリ を変更する方法は コルタナ を停止して無効化するだけのもので、 コルタナ を完全に削除するものではありません。 完全に削除するには、マイクロソフト非公認の ソフト ( 「 」 など)を使う必要があります。 完全に削除してしまった場合、Windowsを再インストールしないと復活できませんので、よく考えてから決断してください。 STEP1. Windowsマークを右クリックして「 ファイル名 を検索して実行」を選択し、検索欄に「 regedit 」と入力してOKをクリックします。 STEP2. レジストリ エディターが起動します。 STEP3. Windows Searchという名前のキーを右クリックして、DWORD 32bit 値 を追加します。 Windows Searchキー が存在しない場合は作成します STEP4 値 の名前を「AllowCortana」に、 値 のデータを0に変更します。 STEP5 パソコン を再起動して、 検索ボックスからマイクのアイコンがなくなっていれば、コルタナ の無効化が完了したことになります。 また、 タスクマネージャー から コルタナ のプロセスを探して、設定ファイルのあるフォルダのフォルダ名を変更する方法などもありますが、 少々強引な方法のためシステムに悪影響の出る可能性もあり、おすすめできません。 フリーソフトを活用する フリーソフトの Windows 設定変更ツール を使用して、 コルタナ を無効にする方法もあります。 『Windows 設定変更ツール 』 使い方は簡単です。 わかりやすいインターフェイスで、「Cortanaを無効にする」のラジオボタンにチェックを入れ、「設定を変更する」のボタンを押すだけでOKです。 あとは パソコン を再起動すれば、 コルタナ が無効になります。 この ソフト は、前述した グループポリシー や レジストリ の変更をボタンひとつで行ってくれるので、 システム周りの設定を変更する自信がない方におすすめです。 個人情報の流出はしっかり防ぐべき コルタナ に限らず、Windows10は新機能も増えてより便利になってきました。 しかし パソコン の性能が上がり、 使い勝手が良く便利になっていくほど、人は油断しやすくなるものです。 ネット社会には個人情報を悪用しようと、常日頃から狙っている人たちがいることを忘れないでください。 マイクロソフトが相手でも、意図しない情報を収集されるのはあまり気分の良いものではありませんね。 Windowsのプライバシーの設定や、 位置情報のオン・ オフ の設定を こまめに見直して、対策を行いましょう。 開発元も、セキュリティーパッチを配布するなどの対策をしていますが、過信せず自己管理をすることも必要です。 公共の場所に長時間放置しない、パスワードはしっかり管理するなど、 パソコン を使う一人ひとりのセキュリティ意識の向上が大切です。

次の

Windows10でCortanaを非表示・無効化する方法!PCでコルタナさんはいらないかな

コルタナ 無効

Pro エディションで操作できます。 Home エディションでは設定を変更できません。 この設定はすべてのユーザーに適用されます。 検索ボックスに gpedit. mscと入力して、[gpedit. msc] または [グループポリシーの編集] をクリックします。 左側のツリービューを [コンピューターの構成]、[管理用テンプレート]、[Windows コンポーネント]、[検索] の順にクリックします。 [Cortana を許可する] を右クリックして [編集] をクリックします。 [無効] をチェックして [OK] をクリックします。 Windows を再起動するとコルタナアイコンが非表示になります。 設定画面からも Cortana の項目が消えます。 スポンサーリンク.

次の

Windows10でCortanaを無効または有効にする方法(コルタナ)

コルタナ 無効

Cortanaは何ができるのか 簡単に言えばiPhoneでいう「Siri」と同じようなモノです。 設定すれば「コルタナさん」と呼びかけて起動させることもできるし、今日の天気や登録していれば自分の予定表をパパッと表示させることができます。 フォルダを開いたり、アプリをクリックする手間がちょっと無くなるくらいでしょうか。 また、ニュースなどは使い込んでいくとユーザーのの趣味を理解して精度が高まるようです。 PCでニュースは決まったサイトを見るので個人的に全く必要無いなといった感じです。 現時点では使用用途も少なくて便利に感じることもなさそうです。 一応、iPhoneでもCortanaのアプリを使えば利用はできます。 その場合、PCとスマホで同期させておくと便利そうっちゃ便利そうです。 コルタナの非表示、設定をオフにする方法 完全に消すほどの理由も無さそうなので、パパッとできる非表示と設定オフについて紹介していきます。 スポンサーリンク コルタナを非表示にする方法 この圧倒的邪魔感 この検索バーを右クリックして「Cortana(O)」を選択します。 「表示しない」を選択するとタスクバーから消えます。 「検索ボックスを表示」はタスクバーを圧迫するデフォルトの状態になります。 たまに使うかも知れないと言う人はこちらを選ぶといいでしょう。 コルタナの設定をオフにする コルタナは設定をオフにする場合、Winキーをクリックして「Cortana」と入力します。 スタート画面が表示されて文字を入力することで 「ファイル検索」が可能です。 「Cortanaと検索の設定」が表示されるのでクリックします。 設定画面が表示されるので、全てオフにしておきましょう。 以上で完了です。 恐らく殆どの人が使う必要がないと思います。

次の