ゼンリー会社。 会社概要 : オートリーゼン

会社概要 : オートリーゼン

ゼンリー会社

「ゼンリーで位置情報を共有できるのはいいけど、今は知られたくない」ということもありますよね。 そんな方のために「ゴーストモード」を使うと、今いる現在地をごまかすことができます。 「ゴーストモード」は2種類あります。 1つ目は「あいまいモード」という自分の位置情報を曖昧に表示するモード。 2つ目は「フリーズモード」という位置情報をフリーズさせて、現在地がバレないようにするモードです。 ゴーストモードは、仲いい友達だけど今だけは居場所を知られたくないときにおすすめの機能です。 あいまいモードは、あいまいに場所を相手に表示されてしまうので、バレやすいです。 「フリーズモード」は相手から見ると現在地から動かないので、違和感を感じない限りにバレません。 うまく使い分けていきましょう。 次にゼンリーのメリットについてご紹介します。

次の

ゼンリーとは何のアプリ?怖い・危ない評判と浮気対策の使い方【zipで紹介】|Daily Breaker

ゼンリー会社

以前、トレンドサーチャー内で ゼンリー というアプリについて記事にしました。 ゼンリーとは 位置情報アプリのことです。 ただの位置情報アプリではなく、様々な機能がついており、女子高校生を中心に便利!と話題となっています。 今回はゼンリーの家マークの付け方、ゴーストモードについてまとめてみました^^ ゼンリーでの家マークの付け方 そもそもゼンリーって何!?って思った方は、ゼンリーがどんなアプリなのかや使い方を下の記事にまとめてありますのでよかったら見てみてください。 ゼンリーは友達や、家族、恋人など、ゼンリーを利用している人達同士で、その人の居場所を特定すると事ができます。 利用していると、アイコン部分に家マークやパソコンマーク、飛行機マーク、時には遊園地マークなどが表示されることがあります。 こちらは、ゼンリーが位置情報を認識し、自動につけてくれるマークです。 そのため、 自分 で付けることはできません。 数日使用していると自動的に表示されるようになっていますが、相手のゼンリー内で自分のアイコンに表示されているか確認することはできません。 そのため、自分のアイコンに表示されているか心配な方は友達に確認してもらったり、スクリーンショットを送ってもらうなどして確認してくださいね。 主なマークについて紹介します。 ・家マーク 友達が家にいる時に表示されるマーク。 ゼンリーに登録して数日で表示されるようになります。 ・学校マーク 友達が学校にいる時に表示されるマーク。 ゼンリーと登録してから特定の学校に往復していると数日後に自動的に表示されます。 ・会社マーク 友達が会社(職場)にいる時に表示されるマークです。 学校マーク同様に、ゼンリーに登録してから数日間、特定の会社に往復しているとひょじされます。 ・炎マーク ゼンリーに登録している、複数の友達が同じ場所にいる時にされます。 上記以外にも、遊園地マークや飛行機マークなどが表示されることがあるようです。 ゴーストモード 機能 の上手な使い方 続いてゴーストモードについてです。 上記の記事でも紹介していますが、ゴースト機能と同様のもののようです。 ゴーストモードとは、あなたの位置情報を誰にどの範囲で伝えるかを選べるモードのことで、1人1人個別に設定することができます。 ゴーストモードには3種類あり、 正確度、あいまい(街)、フリーズ(非表示)となっています。 ・正確度 正確度をタップするとかなり詳細な位置が友達に表示されます。 誤差は数mの範囲です。 友達にはライブというアイコンが右上に表示されます。 ・あいまい(街) 以前は街という表示でしたが現在はあいまいとなっています。 あいまいをタップすると現在地より、200m~500mぐらいの位置が友達に表示されます。 正確な位置情報を常に知られたくない場合はあいまい(街)を選択しておくと良いと思います。 友達には シティーモードというアイコンが右上に表示されます。 ・フリーズ(非表示) 以前は非表示と表示され、現在はフリーズと表示されています。 こちらは、フリーズ機能を利用した場所がずっと表示されます。 フリーズ機能を利用した際に注意した方が良い事が、 友達に表示されなくなる訳ではありません。 また、友達の地図上では、 アイコンの上に〇時間前、〇日前、のようにフリーズ機能を利用した日からカウントされていきます。 そのため、利用する際は、特定されたくない場所から離れた場所や、こまめに利用する事をお勧めします。 最後に いかがでしたか? とても便利なアプリですが、使い方を間違えるとトラブルの原因になる可能性も・・・ あんまり監視し過ぎずに、楽しく利用してくださいね^^ 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

Zenly(ゼンリー)の使い方と退会方法から、便利(ベンリー)な活用方法

ゼンリー会社

ゼンリーは、スマホの位置情報機能を利用してお互いの現在地を把握し合えるアプリです。 ゼンリーは、iPhoneとアンドロイドどちらのスマホでもダウンロードできます。 とはいえ、ゼンリーと同じような機能のアプリなら、これまでもたくさんありましたよね? そのような中、ゼンリーならではの特徴は、地図上にゼンリーに登録してある友人全ての現在地を表示することができることなんです! ゼンリーのあるようでなかったこの機能は、比較的地元の仲間と遊ぶことが多い若者中心に流行っています。 例えば、1人でプラっと原宿に遊びに来ていて、「誰かと一緒にお茶したいなあ。 でもわざわざ誘うのは突然すぎて気が引ける・・・。 」といった時に、ゼンリーで同じ原宿にいる友人を見つけたら気軽に声をかけることができますね。 さらに、ゼンリーでは至近距離に友人がいると自動的に「相手に電話をかける画面」が表示される機能まで備わっています。 まさにお互い気兼ねなく落ち合うことができる、ゼンリーはそんなアプリです。 したがって、ゼンリーが向いている人は、事前にアポイントをとって遊ぶ約束をするよりも、お互いに気が向いた時に至近距離にいる人と気兼ねなく遊びたいノリの人です。 zenly(ゼンリー)が浮気調査に使われる理由とメリット では、このゼンリーが浮気調査にも活用できるメリットとはなんでしょうか? それは、ゼンリー独自の機能に秘密が隠されています。 なんとゼンリーは、相手の現在地がわかるだけではなく、相手がその場所にいた滞在時間まで把握することができるんです。 さらに、それだけではありません。 現在の相手の端末のバッテリー残量まで丸わかりなんですね。 これらのゼンリーの機能を上手に活用すれば、パートナーの行動パターンをある程度推測することができます。 ここでこの機能を活用して、ゼンリーで浮気調査を行う3つのメリットについて紹介しましょう。 ゼンリーで浮気調査をするメリットその1~相手も同意の上で使える ゼンリーは、位置情報を共有する相手との承認をお互いに済ませる必要があります。 そのため、相手も承諾の上で行動を監視することができるため、まったく違法性がありません。 なぜ「違法性」についての話をするかというと、もしも相手の許可なく勝手にプライバシーを覗いて得た浮気の証拠は、プライバシー侵害を訴えられて無効になってしまう可能性があるからです。 本気でパートナーとの決別を視野に入れていて、浮気による慰謝料請求も検討している人は違法性についてしっかり把握しておいた方がよいです。 ゼンリーで浮気調査をするメリットその2~相手の矛盾を追及できる ゼンリーでわかることは相手の現在地だけではなく、その場所での滞在時間や端末のバッテリー残量です。 このことにより、もとから把握しているパートナーのスケジュールとのズレを指摘することができます。 さらに、バッテリー残量を把握できることで、「充電が切れていた」という言い訳も通用しません。 ただし、このゼンリーのスクショ画面だけでは浮気の証拠にはなりません。 あくまでもパートナーに浮気を指摘できる材料収集か、もっと決定的な浮気の証拠をつかむための「きっかけ」として活用してください。 ゼンリーで浮気調査をするメリットその3~相手の潔白性を試せる ゼンリーのアプリのインストールを相手に誘うことで、相手の浮気の潔白性を確認することができます。 つまり、「浮気などのやましいことがなければ、一緒にできるよね?」というカマかけです。 また、ゼンリーには「ゴーストモード」といって、相手に位置情報を連絡しない機能を自由にその都度設定することができます。 最初のうちはなんの警戒心もなかったパートナーが、最近やたらとゴーストモードにする機会が増えたことでも、相手の浮気へのやましさを確認することができますね。 実際にゼンリーを浮気調査に活用するかどうかは別にして、試しに「こんなアプリあるけど使ってみない?」と誘ってみて、相手の反応を探ってみるのも浮気調査の一つの方法です。 zenly(ゼンリー)で浮気調査をする方法 では具体的にゼンリーを使った浮気調査の方法について紹介していきましょう。 まずは大前提として、お互いの端末にゼンリーのアプリをダウンロードして位置情報共有を承認し合う設定までは行っておいてください。 また、これらのゼンリーでの情報をすぐに活用するのではなく、数日間記録に残しておいて時系列的に浮気の証拠を積み上げていく方法も使えます。 浮気調査の効果としては、実はこちらの方が有効です。 実際のパートナーのスケジュールを把握できるもの(スケジュール表など)+ゼンリーの滞在記録+その滞在先を証明できるお店やホテルのレシートなどを組み合わせることができれば、充分裁判でも通用するような証拠書類として使えます。 ゼンリーでバッテリー残量の把握 一見知ったところでなんのメリットもなさそうな機能ですが、連絡がとれなかった時に「充電が切れてた」と言い訳する人は多いものです。 この時、当時のバッテリー残量を証明できる証拠があれば言い逃れができません。 また、その時いた場所も特定できるわけですから、「仕事中で出れなかった」「うるさい場所で着信に気づかなかった」という言い訳も追及できるかもしれませんね。 ゴーストモードの把握 パートナーのゴーストモード乱用も、浮気調査の判断材料になります。 あきらかにゼンリーでシークレットモードにする機会が増えた場合は、充分パートナーの浮気を疑うことができますし、心変わりを伺い知ることもできます。 人は相手への愛情が冷めると、常に行動を把握されることを疎ましく感じるものです。 お互いの了承のもと始めたゼンリーのアプリが、時が経つにつれて相手の心の変化を知ってしまうツールにもなってしまうわけです。 zenly(ゼンリー)を浮気調査について使うことの意見や口コミ 相手がゼンリーでゴーストモードに設定したからといって、仕事上顧客といる場所を公表できない人もいます。 つまり、なんとでもゴーストモードにしている言い訳はつけられるということ! このように、そもそもがゼンリーのような位置情報共有アプリに対して否定的な考えを持つ人が多いというのが、現状です。 そのような相手には、ゼンリーを使った浮気調査を実行することはできません。 また、実際にゼンリーを使ってみたところで、いくらでも言い逃れできる方法もあるというわけです。 ここがゼンリーの履歴だけでは、浮気の証拠としては弱い部分です。 ゼンリーを浮気調査に使うためのポイント! 以上の口コミを総合すると、ゼンリーにはタイムリーにパートナーに「なにしてるの?!」とジャブを入れて浮気を抑制できるメリットはあっても、ゼンリーだけで浮気の証拠をつかむためには効力が弱いということです。 また、パートナーの性格によってはゼンリーのような位置情報アプリそのものに同意してくれる可能性も低く、職種や価値観によっては頻繁にゴーストモードにされてしまうことも想定しなくてはなりません。 どうしてもパートナーの浮気が心配な人は探偵事務所に浮気調査を依頼する方法もある 最後にゼンリーを使って浮気の有無を突き止めたことを無駄にしない、浮気調査の方法について紹介します。 それは、ゼンリーで把握したパートナーの浮気の記録をそのまま探偵事務所に提出して、その記録をもとにリアルな浮気調査を依頼することです。 当然、探偵事務所での浮気調査料金は発生しますが、ゼンリーと組み合わせることで成功率が一気に上がります。 本気で離婚や慰謝料請求のことを考えている人には、おすすめです。 なぜなら、探偵事務所で行う浮気調査は、依頼人からのパートナーの浮気の情報が多いほど早く正確な結果を導くからです。 ゼンリーの記録はとても正確で具体的。 ゼンリーでの浮気の記録をそのまま探偵に見てもらうことで、パートナーの行動パターンを読むことができ、1番良いタイミングで浮気現場の証拠をつかむことができます。 探偵事務所は、浮気の証拠を写真や動画で残してくれます。 さらに、離婚や慰謝料請求の裁判でもそのまま使える資料を作成してくれるので、ゼンリーの記録と探偵の証拠資料が組み合わさればこれ以上ない決定打になることでしょう。 ぜひ離婚訴訟に本気の人は、「ゼンリーからの探偵事務所」の相乗効果を実行してみてください!.

次の