映画 パラサイト 半 地下 の 家族 ネタバレ。 映画『パラサイト 半地下の家族』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

【ネタバレ考察】『パラサイト 半地下の家族』ブルジョワは今そこにある危機に気づけないチェ・ブンブンのティーマ

映画 パラサイト 半 地下 の 家族 ネタバレ

【ネタバレ有】「パラサイト半地下の家族」の考察を教えてください。 映画「パラサイト」を観に行きました。 とても面白かったのですが、よく分からない場面が結構ありました。 おそらく人それぞれ感じ方が違うように作られた作品だと思うのですが、皆さんはどのように感じたのか教えていただきたいです。 ・友人から受け取ったあの石は結局何だったのですか? ・元家政婦の夫が地下室から出れた時、なぜ殺戮に走ったのですか? 妻を怪我させたのが許せなかった? ・家が洪水で沈んでる中、妹がタバコを吸うシーン、あの時の妹の心境って何でしょうか? ・パーティーの最後、父が社長を刺した理由って何ですか? あの場で自分達家族の事しか考えてないのが許せなかった? ・なぜ父は地下室に逃げ込んだのでしょうか? ・質問ではないですが、最後に兄が「お金稼いで家を買う」と言ってますが、成功すると思いますか? 私は無理だと思います。 私も映画を見た後、伏線や背景が気になってかなり調べたので、そのまとめと自分なりに考えたことを書きます。 【友人から受け取ったあの石は結局何だったのですか】 監督が「ミニョクへの執着、変な強迫観念を手に取れる形で表現したくて作った装置が「水石」だ。 」つまり、ミニョクの存在を表す分身のようなものだと述べています。 ミニョクは、立小便してる人に怒ることが出来る男気、エリート大学に入れる学力、留学まで出来る経済力と、自分にないものを全て持っている、身近にいる憧れの人だったのではないでしょうか? 洪水のシーンで「ミニョクならどうしてた?」と自問自答するシーンがあることからも推測できます。 また、水石には金運や学力成就などの効果があるとされています。 キム一家の夢、欲しいものそのものですよね。 洪水の際、息子が唯一持ち出したのもこの水石でした。 後半では息子はこの石を使って、元家政婦夫婦を消して問題を解決したいという欲を叶えるために夫婦を殺そうとします。 最後はこの石が仇となって死にかけるわけですが、欲に溺れて自分の首を絞める姿を表してるかもしれないです。 さらに、高そうな箱に入ってはいますが、所詮この水石はただの川の石です。 最後のシーンでは、息子がこの石を川に戻すとともに、息子自身も本来の居場所である半地下の家に戻っていきます。 ここからも何か比喩的なものを感じます。 【元家政婦の夫が地下室から出れた時、なぜ殺戮に走ったのですか?】 妻を怪我させたのが許せなかったのはもちろんあると思います。 彼女はどんなに落ちぶれても夫のことを見捨てなかったですし、今でも夜の営みがあるような描写もありました。 ですが、キム一家が自分たちにとって1つ上の階層だったからという理由もあると思います。 この映画では、大きく分けて3つの階級に分かれています。 1番上はもちろん地上に暮らすパク社長一家、次が半地下のキム一家、そして光さえ入らない地下に暮らす元家政婦夫妻。 家政婦の夫は、2段階上のパク社長のことは崇拝してました。 それに対し、ちょっと頑張れば上がれそうな半地下のランクにいるキム一家から見下されることに嫌悪感を抱いているように見えます。 そしてキム一家もまた、もう少しで完全にのっとれそうなパク社長一家から見下されていることに傷つき、最後はキム家の父親がパク社長を殺害します。 【家が洪水で沈んでる中、妹がタバコを吸うシーン、あの時の妹の心境って何でしょうか】 ちょっと前まで豪邸でお風呂に入り、優雅に過ごしていたのが一転、自分のあるべき場所へと引き戻され、怒りややるせなさがトイレから溢れ出る黒い下水に現れていると思います。 彼女はそれに文字通り蓋をしてタバコを吸います。 妹は、家族の中で唯一自分で勝ち取った職業だと思います。 他の3人は、それぞれ追い出したり譲られたりしていた訳ですから。 それくらいに彼女は冷静で頭の良い女性だったと思います。 そんな彼女でさえ、家が洪水に飲まれている中、なにも対策を講じずにタバコを吸って現実から逃げている。 すごく絶望的ですよね。 妹は現実を受け入れられずに、ただ無心でタバコを吸っていると感じましたが、とても強烈なシーンでした。 【パーティーの最後、父が社長を刺した理由って何ですか?】 たびたびパク社長は彼らの臭いについて言及しています。 でもこれって、パク社長が貧しい人々をひどく嫌って言った差別的な言葉ではないですよね? 現に彼は運転手として"度を超えた臭い"には堪えていましたが、"度を超えた態度"には怒りました。 社長の息子が最初に臭いを指摘しましたが、悪気はなく、本当に感じたことをぽつりと言っただけという印象です。 どんなに外見を良くしても自分からする貧乏な臭いは消せないというのは、どんなに這い上がろうとしても結局は抜け出せていないという表現のように思いました。 また、自分たちは昨日大雨で家を失ったにもかかわらず、金持ちはPM2. 5が減ったと喜び、贅の限りを尽くしてパーティーを開いています。 パーティーも自分は招待されたわけではなく、あくまで"勤務中"、自分たちの現状と比べ、この世の不条理さを感じ、ふつふつと怒りが湧いていたのだと思います。 殺戮後、血を流して倒れている者よりも、失神しただけの自分の息子を庇い、家族を逃がすことしか考えないパク社長の身勝手さと、実行犯のにおいに不快感を示した姿が自分への態度のように感じたのが決定打だったのだと思います。 【なぜ父は地下室に逃げ込んだのでしょうか?】 結局、父親は殺人という大罪を犯して、半地下から地下室へと格下げになりました。 「家を出た瞬間、自分がどこにいるべきか分かった」という回想があるように、外に出ようと思えば出れるのに、自ら地下の生活をしています。 寄生虫は教えられなくても誰にどうやって寄生するかを知っているように、最下層へと転落した父親には自分がどこにいるべきか分かったのでしょう。 【質問ではないですが、最後に兄が「お金稼いで家を買う」と言ってますが、成功すると思いますか?】 監督が、彼の収入では500年かかると発言しています。 脳に障害が残っているような描写もありますし、父親からのモールス信号も彼の妄想かもしれないです。 名前を偽って家の内覧さえ出来れば上手くやれば逃げれると思うのですが、逃げる先があるならとっくにお父さん自身で脱出してますよね... 物語の登場人物にどれも極悪人がいません。 マヌケな金持ちと、怠惰だけど有能な家族。 お金持ちって、映画では悪人に描かれやすいですが、パク一家はそういう一面は見せないし、キム一家も仕事をもらえることに感謝しています。 キム一家がパク一家に寄生していたように、彼らがいないと何もできないパク一家もまた、キム一家に寄生していたのだと思います。 個人的には、息子が書いていた絵にゾッとしました。 検索すれば出てくると思うのですが、あれは自画像ではなく、元家政婦の夫の殺戮シーンです。 右下の黒いのは地下室の入り口、ご丁寧に上向きの矢印が書いてあり、晴天の下、テントの貼られた庭。 もう一枚の、キム一家の娘の前で描いた絵には、額から血を流した男、手にはナイフを、そして右下にはやはり地下室の入り口が描かれています。 見れば見るほど怖い絵で、今もこのコメントを打ちながらブルブル震えてます。 それをわざわざ貼り付ける私もどうかと思いますがとにかくこの怖さを誰かに共有したかった笑 長文失礼しました。 友人から貰ったた石。 それは持っていると段々不幸になっていくという 言い伝えが韓国ではあるそうです。 早くその石の呪縛から逃れようとして、地下室の中にいる元家政婦の夫を殺そうと目論むのでしたが、逆に襲われてしまいますね。 地下室にいた元家政婦の夫は、自分の妻を階段から突き落として脳震とうさせた恨みと、主人公の半地下家族達のせいで、今までの平和な地下室での生活が壊された恨みと両方なのだと思います。 洪水の時の妹のタバコシーンでの心の中は、豪邸の中の地下室に元家政婦とその夫を縛り上げたままで残してきた後悔と、これ迄の詐欺行為を後悔するという二重の苦しみを表しているのではないかと思います。 パーテイーのあとの主人公の父ギテクがパク社長の事を刺してしまった訳は、運転手に成り済ましていた時から社長から匂いを指摘されていたのを知り、その匂いそのものこそ格差の象徴であり、数々の身勝手な命令や振る舞いに耐えてきたけれども、堪忍袋の緒が切れてしまっての結果だと思います。 地下室に逃げた訳は、捕まれば、残された家族が一生自分のせいで人殺しの家族としてのレッテルを貼られ続けなければならず、もっと過酷な生活が待っているので、家族を守る為に地下室に隠れてそこで一生を終えようと決意したのでした。 理想としては、主人公が金持ちになってパク社長の家だった豪邸を買い取ってまた父親と一緒に住みたいでしょう。 でも、今の韓国ではそんな事は夢の又夢に過ぎないです。 だからこそ、今回の映画で、半地下に住むような人々に一時の夢を与えたかったのではないでしょうか?.

次の

『パラサイト 半地下の家族』3つのポイントを意識すると3倍おもしろくなるネタバレ感想

映画 パラサイト 半 地下 の 家族 ネタバレ

5 5点満点 (引用: ) こんにちは!もっちゃんです! 今回は話題の映画「パラサイト」を鑑賞してきたので、感想&考察をまとめたいと思います。 公開してすぐに見に行ったんですが、ほぼ満席に近くお客さんが入っていてビックリしました! そして、見終わった後は いろんな意味で「とんでもねぇ映画を見ちまった…」と放心状態になるほど素晴らしい映画でした。 今回はそんな「パラサイト」の感想や考察をまとめていきます。 記事内では ガッツリネタバレしているので、まだ見ていない人はご注意を。 「パラサイト 半地下の家族」あらすじ 「」「 漢江の怪物」「スノーピアサー」の監督と主演が4度目のタッグを組み、2019年・第72回で初となるを受賞した作品。 キム一家は家族全員が失業中で、その日暮らしの貧しい生活を送っていた。 そんなある日、長男ギウがIT企業のCEOであるパク氏の豪邸へ家庭教師の面接を受けに行くことに。 そして妹ギジョンも、兄に続いて豪邸に足を踏み入れる。 正反対の2つの家族の出会いは、想像を超える悲喜劇へと猛スピードで加速していく……。 抜粋: 「パラサイト」監督・キャスト 監督… キャスト ク… キム・ギウ…チェ・ウシク キム・ギジョン…パク・ソダム チュンスク…チャン・ヘジン パク・ドンイク…イ・ソンギュン ヨンギョ…チョ・ヨジョン 監督&の名コンビ!の迫真の演技は必見です。 「パラサイト」ネタバレ感想&考察 で初めてのを受賞し、にもノミネートされている「パラサイト」。 全世界でヒットし、なんと既にドラマ化まで決まっています。 しかも、 制作総監督は「」のアダム・マッケイ! 社会派作品で知られるアダム・マッケイがどのように「パラサイト」をドラマにするのか…。 気になりますね。 さて、「パラサイト」のテーマは、ずばり 貧困と格差。 「」に引き続き、貧困をテーマにした映画がで最高賞を受賞しているとは…。 うーん。 現代の闇。 ただし、貧困と格差という重々しいテーマながらも、映画自体はエンターテイメント性が高く、劇場でもクスクスと笑い声が聞こえる場面が多々ありました。 確かに前半部分は 富裕層の家にが寄生(パラサイト)していく過程がテンポよく描かれ、スパイ映画っぽいんですよね。 パク家の奥さんが困った顔で「どうしましょう!?」と言うところとか、本当マヌケなかんじ(笑)家政婦さんのゴミ箱のくだりは、みんな笑ってましたね(笑) ただ、後半にいくにつれて物語の雰囲気が重々しくなってくるのですが…そのカギとなるのが、 ある家族の存在。 彼らが登場してから物語が急速に展開していき、誇張なしで 予想だにしない展開が待ち受けています。 そこで炙り出されるのが格差と貧困。 韓国は超学歴主義社会ですが、その中でも成功できるのはほんの一握り。 女性のは1を割り込み0. 98となり、世界最低水準の数値まで落ち込んでいます。 上の記事で 「(GDP)は成長しているそうだが、私たちには関係のないことだ。 格差が広がり、真ん中の層が薄くなった」鄭さんの言う「真ん中」とは中間層のことだ。 何もかも奪われ、必死に今日を生きる人々。 果たして彼らのことを単なる 「自己責任」の一言で片づけて、知らない顔をするのが正解なのか。 今の会に一石を投じる、とんでもない映画でした。 最初はキム家が侵略にしたものの、裕福なパク家に苛立っていく…って内容かと思いきや、なんとパク家の地下には、 事業に失敗し借金取りから逃げている元家政婦の夫が住んでいて 、さらには元家政婦と夫 vs キム家族の争いが起こるという驚きの展開に。 「家」という小さな舞台をフルに活用したカメラワークや物語の運び方も映画ならではの面白さ。 そして目には見えない社会の格差を、高台にあるパク家と半地下や地下の部屋など物理的な「上と下」の位置関係から表現していくのも見事。 元家政婦が去った日も坂を下る(=貧困に戻る)し、大雨の日に下って行けば行くほど悲惨な状態になっていくのも凄いわかりやすいですよね。 ここで描かれるのは単純な貧富の差だけでなく、 社会的な弱者を救おうとしない、今の社会の在り方への警鐘ではないのでしょうか。 この文章を書いていて、ふと思い出したことがあります。 「」を地元の映画館で鑑賞した際、CMでも「感動作!」とバンバン宣伝していたからか、その映画館にしては珍しく結構な人が入っていました。 しかし、物語の中盤あたりになってくると、観客の何人かは「思ってたのと違うな~」となったのか、堂々とはいじり出すし、隣の人とそこそこな音量で話し始めたんです。 その時は単純に「マナーの悪い客多いな」と思ったんですが、後々「」の関連記事で 「こんな生活している人、日本でいないでしょ」という感想を見て、なんとなく彼らの行動が腑に落ちました。 たぶん、あのとき堂々とをいじったりしていた彼らは、きっとパク家と一緒で、 最下層にいるようなの存在なんて気にかけたことさえないのでしょう。 ここで、昨年来日したフランシスコのスピーチについての記事を残しておきます。 貧困や格差について、彼らしい言葉で伝えています。 スピーチの冒頭で、彼はこう話しています。 人やコミュニティ、そして全社会が、表面上は発展していたとしても、内側では、疲弊し、本物の命や生きる力を失い、中身の空っぽな人形のようになっている。 中略 まるでゾンビのようで、彼らの心臓は鼓動を止めている。 なぜならそれは、誰かと人生を祝い合うことができないからだ。 「パラサイト」や彼の言葉を、ゾンビ化した日本でどう受け止めるのか。 私たちのが試されているように思います。 映画内のアレコレを考察 映画内で「どういうこと?」と思うことが多々ありましたので、今回はこの辺を細かく考察していこうと思います。 箇条書きですが、あしからず。 キム一家の匂い 湿っぽい半地下で暮らしている人特有の匂い。 ちなみに、韓国の人はあーあの匂いねと分かるそうです。 その匂いをパク社長たちは「あの匂い無理w」と一線を引いている。 性格が良くても、仕事が出来ても、 半地下から抜け出さないと解決しようのない匂いを理由に差別される。 その屈辱と怒りが後半の事件へと徐々につながる。 なぜインディアン? ・「弱者は切り捨てていく」という思想の反映では。 パク家はその流れの勝者になり、キム一家は敗者となった。 ・もともと国の経済を支えてきた「中小企業」と国をつくり上げてきたたちを重ねているのでは。 何もかも奪われ、生活を余儀なぐされた人々の象徴。 ・あるいは、表面的な部分(服装など)だけを愛し、その裏にある悲惨な文化を鑑みない、社長の薄っぺらさを表しているのでは。 自分の利益のためであれば、先住民がいようと中小企業が潰れようとどうでもいいと。 あの石は何なの? ・逃れられない「貧困」を表現しているのでは。 彼らに重くのしかかる貧困の連鎖。 パク家の地下の住人(元家政婦の夫) ・自分が貧困に堕ちた社会構造に疑問を抱かず、富裕層を「リスペクト!」するだけ。 は社会に怒りを覚えるのが疲れ、蜜を吸い続ける上級階級の人々にすがるしかない。 こんな世界が本当に幸せなのか? ・パー会場で包丁を持った彼に、誰も気づかないのが印象的。 会場のセレブたちにとって、 彼の存在など見えていないし、見ようともしていない。 そして、彼のバナナを食べ方が凄い。 何を見てあの演技をしてるんだろう…。 ラストシーンについて パク社長をさしたキム家の父親が、パク社長の地下に逃げ、暮らし始める。 その後、それに気づいた息子が社会的に成功し、パク家の豪邸を買い、父親が地下から出てくる映像が流れる。 しかし、ラストカットは冒頭の半地下の家。 一番最初のカットと同じ。 つまり、彼らは 貧困の連鎖からは抜けられない(ループ)を意味している。 彼はきっと、あの家を買うこともできず、ずっとあの半地下で暮らすのでは。 これは「努力が足りない」とか「やればできる」という問題ではない。 そもそも彼らは挑戦することも出来ない最底辺のであり、個人の問題ではなく社会的構造の問題。 ざっと思いついたのはこの辺でしょうか。 いろんなシークエンスが隠された映画なので、まだまだ考察しがいがありますね。 そして、今まで書いた映画レビューで 一番感想をまとめるのが難しい映画でした。 もう4000字も書いてますしね…。 こんなに奥深くて多層的な映画、そうそう見れるもんじゃないです。 社会派で、エンタメで、コメディで、サスペンスで…。 いろんなジャンルの映画を2時間で見ているような気分でした(笑) 既に今年のトップ3になりそうな映画です。 こういう映画が日本でも作られたらいいですね。 anan5040.

次の

映画パラサイト半地下の家族について疑問に思った点がいくつかありまし...

映画 パラサイト 半 地下 の 家族 ネタバレ

劇場版 今泉力哉 今泉力弥 仙台由貴子 仮面ライダージオウ 仮面ライダー電王 プリティ電王とうじょう! 仮面病棟 伝記映画 佐藤健 佐藤輝 吉沢亮 名もなき生涯 三木孝浩 小松奈々 女子グルメバーガー部 妖怪シェアハウス 妻夫木聡 娘は戦場で生まれた 娼年 安達寛高 安達祐実 宮沢氷魚 家なき子 家政夫のミタゾノ 家政夫のミタゾノ4 家政夫のミタゾノシーズン4 小林よしひさ 夫のちんぽが入らない 小池徹平 尾崎豊 尾崎隆晴 屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ 山崎貴 山崎賢人 山田孝之 岩井俊二 岩井澤健治 崖の上のポニョ 平尾隆之 平川雄一朗 平川雄一郎 奥野壮 太陽を抱く月 名前をなくした女神 堂本光一 名探偵コナン 名探偵コナン 緋色の弾丸 名探偵コナン 紺青の拳 名探偵ピカチュウ 周防正行 嘘八百 京町ロワイヤル 囀る鳥は羽ばたかない 囚われた国家 在りし日の歌 地獄の黙示録 ファイナル・カット 坂口健太郎 城定秀夫 塔の上のラプンツェル 天空の城ラピュタ 塩谷直義 夏帆 夏目真悟 外崎春雄 大九明子 大友啓史 大奥 大林宣彦 大森立嗣 大橋裕之 大泉洋 大福 天気の子 三木康一郎 三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実 平沼紀久 モアナと伝説の海 マ・ドンソク マーゴット・ロビー マーティン・シーン マーロン・ブランド ミステリーコメディ ミッドサマー ミュージカル ミリタリー ミーシャ・キャンプ ムヴィオラ メリダとおそろしの森 メロウ モトカレマニア マックス・ミンゲラ モンスターズ・インク モンスターズ・ユニバーシティ ヤヌスの鏡 ユアン・マクレガー ユッカ・ヴィドゥグレン ユナイテッド・アーティスツ ユナイテッド・シネマ ユニバーサルピクチャーズ ユニバーサル・ピクチャーズ ユーソ・ラーティオ ヨナス・ダスラー ヨン・メイ ライアン・クーグラー マルモイ ことばあつめ マイティ・ソー ライアン・フレック ホアン・ジエ ブラック・パンサー ブラディ・コーベット ブランド ブリット=マリーの幸せなひとりだち ブルース・ウィリス ブロードウェイ ブロードメディア・スタジオ プライド プリンセス・プリンシパル Crown Handler 第1章 ベイマックス ペイトン・リード ホアキン・フェニックス ホセ・ムヒカ マイケル・ライシーニ ホラー ホーホケキョ となりの山田くん ホーム・オン・ザ・レンジ ポップスター ポニーキャニオン ポルノグラファー ポン・ジュノ ポールWアンダーソン ポール・フェイグ マイケル・B・ジョーダン マイケル・エングラー マイケル・キートン マイケル・シュワルツ ライアン・ジョンソン ライオンズゲート 三島由紀夫 ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ レジス・ロワンサル レディ・プレイヤー1 レネー・ゼルウィガー レミーのおいしいレストラン レンタルなんもしない人 レヴァン・アキン レヴァン・ゲルバヒアニ ロケ地 ロックンロールマウンテン ロニートとエスティ 彼女たちの選択 ロバート・ダウニーJr. ロマンスドール ロングライド レイチェル・ワイズ ローガン・ミラー ワアド・アルカティーブ ワンダーウーマン 1984 ワン・シャオシュアイ ワン・ジンチュン ワン・ビン ワーナー・ブラザース ワーナー・ブラザース映画 ワーナー・ブラザーズ・ジャパン ヲタクに恋は難しい 一度も撃ってません 一度死んでみた 三島有紀子 レイニーデイ・イン・ニューヨーク レイチェル・マクアダムス ライドオンタイム リアリーライクフィルムズ ライフ ライブ配信 ラストクリスマス ラストシンデレラ ラストレター ラビットハウス ラブストーリー ラブホの上野さん ラブラブエイリアン ラマになった王様 ランターン・エンターテイメント ラ・ジリ ラーメン大好き小泉さん リカ ルース・エドガー リチャード・ジュエル リチャード・フェラン リトル・ジョー リメンバー・ミー リロ&スティッチ リー・ワネル ルイ・ガレル ルイ・レテリエ ルッソ兄弟 ルパンの娘 ルパート・グールド ルパート・ワイアット ルル・ワン 平成狸合戦ぽんぽこ 広瀬すず ブライアン・A・ミラー 美しき日々 笑ってはいけない 笹川部長 節約ロック 節約ロックちょっと特別編 米林宏昌 糸 紅の豚 素敵な選TAXI 細田守 絶対零度4 続編 綾野剛 美女と野獣 竜星涼 美少年 美食探偵 美食探偵 明智五郎 羽多野渉 考察 耳をすませば 聖地巡礼 聖者の行進 聲の形 自伝小説 花ざかりの君たちへ 花にけだもの 花にけだもの1期 竹葉リサ 竜の道 二つの顔の復讐者 若松節朗 男はつらいよシリーズ 特捜9 特捜9 season3 特撮 犬飼貴丈 犬鳴村 狩山俊輔 班長 甘いお酒でうがい 田中みな実 田中亮 田中圭 田口智久 町田啓太 竜の道 白い暴動 白濱亜嵐 白鳥玉希 百合だのかんだの 真夏の少年 真夏の少年~19452020 知らなくていいコト 石立太一 福田雄一 私がモテてどうすんだ 私の家政夫ナギサさん 稲垣吾郎 窪田正孝 花より男子 英勉 片渕須直 風の谷のナウシカ 長野博 関西ジャニーズJr. 阪本順治 電通 青くて痛くて脆い 青と僕 青春 青春映画 静かな雨 韓国ドラマ 音楽 須藤友徳 風立ちぬ 長崎健司 飯塚健 高嶺と花 高校入試 高橋ひかる 高橋一生 高橋丈夫 高橋滋春 鬼滅の刃 鬼滅の刃 無限列車編 魔女の宅急便 黒い司法 0%からの奇跡 黒木華 龍輪直征 長澤まさみ 長岡智佳 菅田将暉 貴族降臨 PRINCE OF LEGEND 萩原健太郎 蒼井優 藤原季節 行定勲 衛藤美彩 視聴率 親バカ青春白書 角川映画 許された子どもたち 読売テレビ 諏訪敦彦 諸田敏 豊島圭介 踊る大捜査線 長いお別れ 逃げるは恥だが役に立つ 逃げ恥 透明人間 通販 遊川和彦 運命から始まる恋(日本) 過保護のカホコ 邦画 酔うと化け物になる父がつらい 釈由美子 野ブタ。をプロデュース 野生の呼び声 鍵のかかった部屋 牧田佳織 片桐健慈 庵野秀明 星野源 新川優愛 新海誠 新田真剣佑 日テレ 日向坂46 日向坂46です。ちょっといいですか? 日本統一 日活 旧FOD 明智五郎 星屑の会 星屑の町 映像研には手を出すな! 新城毅彦 映画 映画大好きポンポさん 昼顔~平日午後3時の恋人たち~ 時をかける少女 時事 暗数殺人 曲名 最後から二番目の恋 最終回 最高の離婚 有吉の壁 服 木曜 新宿 新垣樽助 木村拓哉 恋仲 弥生、三月 君を愛した30年 影裏 彼氏をローンで買いました 微笑む人 志保 志村けん 志村友達 思い出のマーニー 性の劇薬 恋つづ 恋はつづくよどこまでも 恋ノチカラ 恋愛 斎藤由貴 恋愛ドラマ 悪人伝 愛していると言ってくれ 成島出 成田凌 手塚眞 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? 押田岳 振り返れば奴がいる 捜査一課長2020 捨ててよ、安達さん。 DCコミックス Dr. コトー診療所 dTV EXO FNaF FOD Fukushima50 GAGA HERO HiHi Jetsのライドオンタイム HIKARI his J・J・エイブラムス PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~ Love or Not L 礼香の真実 mellow miramiru MIU404 MOTHER Mr. インクレディブル music. jp特報 M 愛すべき人がいて Netflix NHK P. WORKS Paravi キンプリ ギャガKADOKAWA フランソワ・オゾン トイ・ストーリー2 ディズニープラス ディック・ロングはなぜ死んだのか? ディヴァイン・フューリー 使者 ディーン・デュボア デザイナー デジモン デスティン・ダニエル・クレットン デッドプール デッド・ドント・ダイ デニス・ウィドマイヤー デビッド・アミト トイ・ストーリー トイ・ストーリー4 ディアシスター トップガン マーヴェリック トップナイフ トップナイフ -天才脳外科医の条件- トマ・ピケティ トム・クルーズ トム・ハーパー トム・フーパー トム・ホランド トランスフォーマー トレイ・エドワード・シュルツ トレバー・ナン ドキュメント72時間 ドクター・ストレンジ ディズニー テレンス・マリック ドニー・イェン ダンサー そして私たちは踊った ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント ソニー・ピクチャーズ・エンターテイメント ソニー・ミュージック・エンタテインメント タイカ・ワイティティ タイラー・ニルソン タナダユキ タン・ウェイ ダイアン・キートン ダイヤモンドの恋人 ダニエル・シャイナート ダブ ダルデンヌ兄弟 ダン・スキャンロン テレビ演劇 サクセス荘2 チア・アップ! チキン・リトル チャイルドフィルム チュ・ジフン ツイン ツッコミ ツバ・ノボトニー ティムバートン ティム・ミラー テイラー・ラッセル テセウスの船 テリー・ギリアム テリー・ギリアムのドン・キホーテ ドクター・ドリトル ドラえもん ソニーピクチャーズ ビートルジュース パラビ パラマウント映画 パルコ ヒューマンドラマ ヒューマン・エンターテイメント ヒロアカ ヒーローアクション ビターズ・エンド ビデオパス ビリー・アイリッシュ ビル・コンドン ビル・マーレイ ビー・ガン パティ・ジェンキンス ピクサー ピーターラビット ファインディング・ドリー ファインディング・ニモ ファインフィルムズ ファティ・アキン ファンタジー ファントム・フィルム フェアウェル フジテレビ フューチャーコミックス フランシス・フォード・コッポラ フランス映画 パフェちっく パク・ソジュン ドラゴン桜 ノラ・トゥーミー ドラマ ドラマ映画 ナイチンゲール ナイブズ・アウト ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密 ナオミとカナコ ナオミ・ワッツ ナタリー・ポートマン ナッシュ・エドガートン ニルス・タヴェルニエ ニール・バーガー ネタバレ ノア・ジュプ ノルディスク・フィルム バーサン・バーラー ハウス・イン・ザ・フィールズ ハウルの動く城 ハケンの品格 ハケンの品格2 ハスラーズ ハニーボーイ ハピネット ハリエット ハリソン・フォード ハーク ハーレイ・クイン バグズ・ライフ バッドボーイズ フォー・ライフ ソニーピクチャーズエンタテイメント ソニック・ザ・ムービー ギャンブル サイコパス3 コメディ コロナ コロナ影響 コロンバス コロンビア映画 コンフィデンスマンJP コンフィデンスマンJP プリンセス編 コンラッド・ヴァーノン コード・ブルー ゴブリンスレイヤー ゴーストバスターズ ゴーストバスターズ/アフターライフ サスペンス コクリコ坂から サマーウォーズ サム・メンデス サヨナラまでの30分 サンリス サーオップ・バン・オーマン ザベストワン2020 ザラ・ヘイズ ザ・ピーナッツバター・ファルコン シアーシャ・ローナン シェイクスピアの庭 シェーン・ブラック シソンヌ シネマート コゴナダ コウノドリ シャーリーズ・セロン グッドライアー 偽りのゲーム ギルティ ギルティ~この恋は罪ですか?~ クズの本懐 クランクインビデオ クリス・コロンバス クリス・サンダース クリス・バック クリント・イーストウッド クロックワークス グザヴィエ・ドラン グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇 グッドモーニングコール グッド・ドクター ゲド戦記 グッド・ボーイズ グリンゴ/最強の悪運男 グリンダ・チャーダ グレタ・ガーウィグ グレッグ・ティアナン グレース・オブ・ゴッド 告発の時 ケイシー・レモンズ ケイジとケンジ ケネス・ブラナー ケルビン・ハリソン・Jr. 殺人の追憶• TOKYO!• スノーピアサー• グエムル• ほえる犬は噛まない• 海にかかる霧• 予想できない展開が話題を呼び、 第72回カンヌ国際映画祭では 韓国の映画では初めてのパルム・ドール賞を受賞しました! そんな「パラサイト 半地下の家族」のあらすじやネタバレ、 結末についても調べてみました。 この記事を読むとわかること• パラサイト 半地下の家族の作品情報• パラサイト 半地下の家族の主要キャスト• パラサイト 半地下の家族の予告動画• パラサイト 半地下の家族のネタバレあらすじ• パラサイト 半地下の家族の結末• パラサイト 半地下の家族の口コミレビュー• パラサイト 半地下の家族のまとめ 映画【パラサイト 半地下の家族】作品情報 全世界で 爆発的な盛り上がりを見せている「パラサイト 半地下の家族」が ついに 日本に上陸します! 第72回カンヌ国際映画祭では 会場の満場一致で パルムドール賞を受賞。 第92回アカデミー賞国際長編映画賞韓国代表にも出場しているそうです。 監督は 「殺人の追憶」や 「グエムル-漢江の怪物-」で知られるポン・ジュノさんです。 父親役を務める ソン・ガンホさんはポン・ジュノ監督とは 4度目のタッグのほか、 国際的にも高い評価を得た 「新感染 ファイナルエクスプレス」に出演していた チェ・ウシクさん。 「後宮の秘密」で 体当たりな演技が話題を呼んだ チョ・ヨジュンさんなど役者さんも 実力派が揃っています。 本作品は現在 世界中で問題に直面している 貧富の差を描いているだけでなく、 カメラワークや演出、 音楽や演技全てを合わせて 超一流のエンターテイメントと謳われています。 予想がつかない展開に目が離せない作品となっているようです。 ポン・ジュノ監督から 「絶対にネタバレしないで」との発言もあり、どんな結末になるのかますます気になりますね! 作品情報 作品名 パラサイト 半地下の家族 配給会社 CJエンターテイメント 監督 ポン・ジュノ 脚本 ポン・ジュノ ハン・ジンウォン 出演者 ソン・ガンホ イ・ソンギュン チョ・ヨジュン チェ・ウシク パク・ソダム 音楽 チョン・ジェイル 公開日 2019年12月27日 上映時間 132分 映画【パラサイト 半地下の家族】のネタバレあらすじ 家族は全員が失業中だった。 内職によって何とか 食いつないでいた。 一家の大黒柱である父ギテクは 事業に度々失敗し、そんな楽観的な ギテクに喝を入れる妻チュンスク。 長男のウシクは 大学受験に失敗し続け、妹ギジョンは美大に行きたいが 予備校に通うお金がなかった。 一家は 半地下に暮らしていた。 窓が開いていれば 外の道路を消毒している消毒剤が家の中に入ってくる。 Wi-Fiは不安定、 電波も悪い、 水圧の関係でトイレは家の一番上にあった。 一家は 貧困に苦しんでいた。 願いは一つだけ 「普通の暮らしがしたい」 そんな中、 ウシクの大学生の友人から家庭教師の仕事を頼まれる。 受験に落ち続け、 「受験のプロ」だったウシクは 身分を偽りパク家への就職を果たす。 パク家は IT企業の社長である一家が高台で暮らす 大富豪だ。 見事に一家の信頼を得たウシクは 妹のギジョンも家庭教師としてパク家に就職させることに成功する。 ギジョンは一家に ある仕掛けをするが・・・。 今作『パラサイト 半地下の家族』は、奇抜な構成が話題を呼んだ邦画『カメラを止めるな』と、同じように途中から展開が大きく変化していく 2部構成となっています。 韓国の貧困問題や、格差社会についてなど観ていると胸が痛むシーンも多いですが、もちろんそれだけではなく、エンターテイメント作品として思わず笑ってしまうようなシーンもたっぷりあります。 そして、笑いながら鑑賞していると今度はなんだかホラー映画のような展開が待ち受けている……。 主人公であるギテクたちは 父・母・息子・娘の4人家族ですが、 なんと 全員が職を失っており、貧乏生活を余儀なくされていました。 そしてタイトルにもありますが、 半地下が住処となっています。 そのため、酒によった通りがかりの人がギテク家の前で排泄していたり、業者が消毒剤を撒く際は家の中にまで流れ込んできたり、水圧の関係でトイレが高い場所にある……など、非常に劣悪な環境です。 そんなある日、大学入試試験に落ち続けているギウは友人が(偏差値の高い大学へ通っている)留学へ出かけている間、臨時で家庭教師の仕事をすることに。 面接先は、IT企業の社長であり高台の大豪邸に住んでいるパク家。 ギウは、偽装した大学証明書を持参して面接へ向かいますが、パク家の母親はその証明書を見ることなく「結果さえ出してくれれば良い」と言うのです。 ギウは無事、パク家の娘・ダヘの家庭教師となりました。 ギウは、こと大学入試に関してはプロだったのです。 そして、次第にダヘと恋人関係となり、ますます信頼を得ます。 そして今度は、パク家の母親が「美術の先生を探している」とのことで、 ギウの妹・ギジョンの出番です。 ギジョンは美術大学の入試に落ちていますが、美術の先生としてパク家で働くことに。 また、ギヴの父親・ギテクもパクのドライバーとして、職を得ることに成功。 最後はギヴの母親が家政婦としてパク家への侵入を試みるも、パク家には既にムングァンという家政婦が居ました。 また、ギヴたちが実は家族であることをパク家に悟られないよう、上手いこと立ち回らなければなりません。 まずはムングァンの存在が邪魔であるため、ムングァンが桃アレルギーであること逆手に取りを結核を患っているよう見せかけて、退職へ追い込むも、ムングァンはすぐに戻ってきます。 しかし、パク一家が旅行へ出かけ居なくなった間に意気投合し、ギテクたちは大豪邸での自由で贅沢三昧な暮らしを満喫するのです。 以上が、前半のあらすじネタバレとなります。 ここから映画【パラサイト 半地下の家族】結末ネタバレを含みますので、ご注意ください。 ここから、展開が加速していきます。 パク一家が旅行に出かけている間、天候が荒れ大洪水が起きます。 しかし、高台にある大豪邸は、洪水による被害の心配がありませんので、5人は贅沢気ままな生活を楽しみます。 そんな時、以前パク家の家政婦を務めていたという女性がパク家を訪ねます。 彼女は 「この家には隠された地下室がある」と言い、一同は彼女とともに地下室へ向かいます。 すると、その地下にはなんと4年もの間閉じ込められていた男が存在しました。 その男は、これまで何度も何度もモールス信号で救助を求めていたそうなのですが、誰にも気づいてもらえず、長年閉じ込められたままだったとのこと。 元家政婦の女と、閉じ込められていた男は、そのままパク家に居座ろうとします。 ギテク一家は、このままでは贅沢三昧な生活を奪われてしまうと危惧し、どうにか2人を追い出そうとするのですが、ギテクたちが 家族であることの証拠写真を武器に、脅され失敗。 そんな中、パク一家から「予定よりも早く帰る」と一報がありました。 全ては大雨の影響です。 しかし今のパク家は、贅沢三昧&散らかし放題であったため、一同は大慌てで 片付け始めますが、間に合うわけもなく……仕方なく、豪邸内に隠れ身を潜めることにしました。 ギウは、ダヘのベッドの下へと隠れ、そのままウトウト眠ってしまいます。 帰宅したダヘが、何気なくベッドの下を覗こうとしますが、飼い犬がブルブル震えており今にも吠えそうな状態であったため、なんとか危機を回避します。 他の家族は、それぞれリビングに隠れますがパク夫婦はそのままリビングで話し込んでしまいます。 そして、どこからか漂ってきた 桃の香りに気づかれます。 それが 「ギテクの匂いだ」と話すパク夫婦。 悪気のない一言ですが、その話を隠れてながら聞いていたギテクは 「貧乏臭い」「貧乏人のニオイ」と、侮辱されたような気がしてしまい、憤ります。 そして、悲劇はインデアンパーティーで起こりました。 ギテク一家が(地下に閉じ込められていた男に)襲われるのです。 しかし、その男が放つ悪臭に鼻をつまんだパクに対し、ギテクの怒りが爆発。 そのままパクを刺殺してしまいます。 どんなに頑張っても富裕層にはなれず、たとえ裕福になったとしても、貧乏臭さがとれることはないのだと感じているギテク。 パク一家に寄生したつもりでいたが、結局のところは 対等な人間として見られていなかったことに気付いた時の絶望感。 その後は、貧乏人同士の殺し合いへと発展していきます。 争いの末、ギジョンも死亡。 ギウは重傷、母親は無傷。 ギウは、富裕層の象徴である石で頭を殴られてしまいます。 その後ギウは、 お守りとして持っていたその石が実は何の価値もないことに気がついてしまう。 なんとも切ないラストでした。 高すぎる前評判に違わぬ衝撃的な面白さ。 予測不能のストーリーに笑ってドキドキして、最後は何とも言い表せない虚しさと希望を抱え劇場を出た。 — カスト kst050z ギリギリ最終試写でポン・ジュノ監督最新作「パラサイト」観ました。 面白すぎて死ぬかと思いました。 映画で観たことのないジャンルってまだあるのか… — 大根仁 hitoshione 映画【パラサイト 半地下の家族】まと め パラサイト 半地下の家族は 2019年12月27日公開です! 予想できない展開や、結末がどうなっているのかとても気になりますね。 私も公開後に劇場に足を運び順次ネタバレ公開していくのでお待ちください! 自宅やスマホで映画を見る際にあなたは何で見ていますか? もし違法動画サイトを使っているのであれば今すぐに の記事を見てください! 今は動画配信アプリが非常に進化してきていて月に数百円で何万本もの映画を見ることができる時代です。 違法動画サイトで• なかなか目的の動画が見つからない• 見つかったと思ったら低画質• 途中に入る広告がうざい などといったストレスを抱えながら動画を見るのはもう終わりにしましょう。 当サイトでは 目的別でどのアプリを使えばあなたの欲求を満たせるか徹底的に解説しています。 【映画 洋画・邦画 】を沢山見たい人におすすめの動画配信アプリ• 【韓流系】を見たい人におすすめの動画配信アプリ• 【漫画・アニメ】を楽しみたい人におすすめの動画配信アプリ• 【ディズニー映画】を楽しみたい人におすすめの動画配信アプリ• 【ジブリ映画】を楽しみたい人におすすめの動画配信アプリ• 【ドラマ】を沢山見たい人におすすめの動画配信アプリ•

次の