マガポケ 機種変更。 ピッコマを機種変更時に引き継ぐ方法とは?3つの注意点も解説

マンガアプリ『マガポケ』の引き継ぎ方法とは?アプリ消去時や機種変更時でも安心して復元!

マガポケ 機種変更

これら3つのことに注意してデータの引き継ぎを行えば、スムーズに新しいスマートフォンでピッコマを利用し始められるはずです。 詳しく解説していくので、参考にしてみてください。 SNSを削除しないこと! 古いスマートフォンからアカウントを登録する際に、メールアドレスではなく フェイスブックもしくはツイッターのアカウントを連携させていた場合に注意するべきことがあります。 それは、新しいスマートフォンからログインして引き継ぎを完了させる前に、 連携させたSNSのアカウントを削除しないということ。 万が一ピッコマで引き継ぎが完了する前に連携したSNSアカウントを削除してしまうと、引き継ぎを完了させることができなくなってしまいます。 より多くの漫画を 無料または格安で読むことが可能になります。 このコインは24時間毎に3話分もらえたり、12時間ごとに3話分もらえたりとマンガアプリによって異なるのです。 なので複数のアプリをダウンロードしておけば、 1日にもらえるコインの数が増えるので、「 これだけしか読んでないのに、今日無料で読める分はもうなくなっちゃった、、」なんてことがなくなります! また、マンガアプリによって 冒頭の数話が無料のものや 最新話の直前が無料のもの、 日によって無料のエピソードが変わるものなど様々です。 つまり、複数DLすることで お金も時間も賢く使える ことになります。 ピッコマではデータの引き継ぎができる• データを引き継ぐためには、アカウントの登録が必要• アカウントの登録でSNSを連携させた場合は、データの引き継ぎが完了するまでそのSNSのアカウントを削除しない• iPhoneからAndroid、AndroidからiPhoneといったOSが変わる機種変更の場合は、保有しているコインの引き継ぎはできない• 複数のスマートフォンがある場合は、それらの端末を利用することで1日に無料で読み進められる話数が倍になる こういったことがお分かりいただけたかと思います。 データ引き継ぎの際の3つの注意点にだけ気をつけていただければ、 スムーズにデータ引き継ぎを完了させることができるでしょう。 この記事がピッコマを利用している方の参考になれば幸いです。

次の

【2020年版】あなたにオススメの無料マンガアプリはこれだ!一目で分かるマンガアプリ比較表・フローチャート!

マガポケ 機種変更

原因1:お支払い情報の問題 iTunesStoreやAppStoreでのお支払い方法は、『クレジットカード』と『iTunesCard』二通りの方法があります。 お支払い方法にクレジットカードが選択されていない状態でiTunesCardの残高が足りない場合に『お支払情報が必要です』のダイアログが現れます。 お支払方法を設定しましょう。 【クレジットカードの場合】 1. ダイアログから『続ける』を選択する 2. クレジットカードの種類にチェックを入れる 3. カード情報を入力し『終了』をタップする 『カード番号』『セキュリティコード』『有効期限』を入力してください。 【iTunesCardの場合】 1. ダイアログから『キャンセル』を選択する 2. 『iTunesStore』を起動し最下部にある『コードを使う』をタップする 3. 『コードはキーボードでも入力できます』をタップする 4.

次の

進撃の巨人が全巻無料で読める漫画アプリがあるか検証してみた

マガポケ 機種変更

UQモバイルは2019年10月にプランを改定し、2年目・3年目以降の料金にも変化が出てきました。 本記事では、旧プランの 「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」と、新プランの 「スマホプラン」の2・3年目以降の料金がどうなるのかを解説。 意外な落とし穴が潜んでいるので、 旧プランの契約者の方、これからUQモバイルを契約しようとしている方は必見です。 UQモバイルの2・3年目以降の選択肢 UQモバイルの旧プラン(おしゃべりプラン、ぴったりプラン)と新プラン(スマホプラン)には、 契約期間やサービスに違いがあります。 そこで、まずはそれぞれのプランの特徴をふまえ、 旧プラン契約者の方、今後新プランを契約する方が3年目以降どう動くべきなのかをまとめてみました。 UQモバイルは、割引期間内ならとてもお得に高速通信を楽しめる格安SIMとなっているので、この方法ならUQモバイルの強みを最大限に生かせますよ。 他社に乗り換える場合は、利用料金がお得で速度も安定している ワイモバイルが特におすすめです。 UQモバイルの2・3年目の料金の変化について UQモバイルの2年目・3年目以降の料金には旧プランと新プランとで違いがあるというのは、先ほどお伝えしたとおりです。 ここで改めて両者の違いを確認しておきましょう。 2019年10月の料金・サービス改定に伴い、新プランでは「イチキュッパ割」が廃止され、 月々の基本料金が値下げされました。 また、旧プランでは2年の縛りがありましたが、新プランでは 最低利用期間が撤廃されました。 旧プランの場合は更新月にどう動くかが鍵となりますが、新プランは自分の好きなタイミングで解約できるので、契約・解約のハードルが低くなったと言えるでしょう。 次からは、旧プランと新プランの2年目・3年目以降の料金をそれぞれ詳しく確認していきます。 UQモバイル<旧プラン>の利用年月による料金差 ここで扱うUQモバイルの旧プランとは、「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」の2つを指します。 旧プランの結論としては、学割などの適用が無ければ、 3年目以降 14ヶ月目以降 から月額料金が増えます。 どのように増えていくのかを、1年目・2年目・3年目以降の月額料金を比較して見ていきましょう。 理由は、 1,000円が割引される 「イチキュッパ割」の期限が 13ヶ月間だからです。 そのため、正確には14ヶ月目からが上記表の料金体系となります。 2年目はまだ契約途中なので、もしこのタイミングで契約を解除してしまった場合、契約解除料金が別途 9,500円かかるので注意しましょう。 なお、「スマトク割」についてはサービス開始から25ヶ月間有効なため、2年目の時点ではまだ適用中です。 「増量オプション2年間無料キャンペーン」も期間中なので、最大容量は1年目と変わりません。 UQモバイル<旧プラン>の3年目以降の料金 最後に、3年目の月額利用料金です。 そのため、3年目以降の月額料金自体は2年目と変わりません。 ここで注目してもらいたいのは、データ容量の 無料増量がなくなっている点です。 データ増量無料キャンペーンが終了する 3年目になると「 増量オプション2年間無料キャンペーン」が適用されなくなってしまうため、2年目までと比較して無料で使えるデータ容量が少なくなってしまいます。 データ増量オプションは月額 500円なので、更新月もある3年目に解約するか悩んでしまいますよね。 とはいえ、料金体系自体は変わりませんし、旧プランには無料の音声通話も含まれているので、解約の踏ん切りがつかない人も多いのではないでしょうか。 しかし、冒頭でもお伝えしたとおり、当サイトでは 解約月の他社への乗り換えを推奨しています。 その理由はのちほど詳しく解説します。 UQモバイル<新プラン>の利用年月による料金差 UQモバイルの新プランである「スマホプラン」は、旧プランと違い 最低利用期間がなく、契約解除料も支払う必要がありません。 料金体系も、プランの内容や割引の見直しで以前に比べシンプルになりました。 その一方で、国内無料通話が 有料オプションになったり、Lプランのデータ増量の容量が少なくなったりと、少し不便になった点もあります。 ここでは、新プランの1年目と2年目以降の料金について詳しく見ていきます。 UQモバイル<新プラン>の1年目の料金 新プランの1年目の月額料金は以下となります。 「イチキュッパ割」や「スマトク割」などの割引がなくなった代わりに、元々の基本料金が値下げされた形になっています。 以前のプランに比べるとかなり分かりやすくなった印象です。 UQモバイル<新プラン>の2年目以降の料金 続いて新プランの2年目以降の料金についてですが、基本料金に関しては変更はありません。 ただ、「データ増量キャンペーン」の適用が 13ヶ月目までまでのため、無料で利用できる月間のデータ容量が以下になります。 基本の容量で問題がない人は引き続きUQモバイルを利用しても良いと思いますが、「もっとお得に格安SIMを使いたい!」という方は 他社への乗り換えを検討してはいかがでしょうか。 UQモバイルは2年後に解約すべきか ここまで、UQモバイルの旧プランと新プランについて、1年目~3年目以降の料金を比較してきました。 旧プランは 更新月がある3年目に、新プランは「データ増量キャンペーン」の適用が終了する 13ヶ月目が他社にMNPで乗り換えるタイミングになるでしょう。 しかし、果たして本当に3年目にUQモバイルを解約すべきなのか、疑問に思う方もいるのではないでしょうか。 そこで、比較対象として「 ワイモバイル」と「 LINEモバイル」を挙げ、以下の条件で比較を行っていきます。 UQモバイル・LINEモバイル・ワイモバイルの比較 UQモバイル LINEモバイル ワイモバイル 月額料金 旧: 2,980円 新: 1,980円 1,480円 1~6ヶ月目: 1,980円 7ヶ月目以降: 2,680円 国内無料通話 700円(新プランのみ) 880円 0円 通話込みの月額料金 旧: 2,980円 新: 2,680円 2,360円 1~6ヶ月目: 1,980円 7ヶ月目以降: 2,680円 データ容量 旧: 2GB 新: 3GB 3GB 3GB(1年間最大 4GB) 速度 速い 不安定 速い この表から、UQモバイルの利用料金よりワイモバイルとLINEモバイルの方が安くなることが分かります。 一見するとLINEモバイルが飛びぬけて安く見えますが、国内無料通話オプションも込みで考えるとワイモバイルの1~6ヶ月目の料金の方が安いです。 高速データ通信の速度や1年間の合計料金などをふまえると、乗り換えの際は「 速度の安定性と料金のバランスを重視するならワイモバイル」、「 料金の安さを重視するならLINEモバイル」といった考え方ができるでしょう。 UQモバイルは2年後なら乗り換えを検討しても良い UQモバイルの旧プランには、3年目以降に思わぬ落とし穴があることが分かりました。 もし3年目以降も使う場合は、データ増量キャンペーンは終わっている状態であることを認識しておきましょう。 当サイトとしては、UQモバイルをメインで使う場合、以下の方法をおすすめしています。

次の