介護施設 口コミ。 働きやすい介護施設の特徴や見極める方法について

【介護のほんね】医療につよい老人ホーム・介護施設の検索サイト

介護施設 口コミ

「何から始めればよいのかわからない」• 「介護施設の探し方は?」• 「デイサービスって何?」• 「介護施設ごとの受けられるサービスは?」 このような疑問も出てくるかと思います。 利用、入居される方の介護度、目的に合った施設選びが大切ですが、 費用、場所、設備、医療体制、従業者の人柄など、見るべきポイントはたくさんあります。 これらを一人で調べるとなると大変です。 そこで、介護施設選びのサポートを行ってくれるのが 【かいごDB(デービー)】です。 施設選びから手続きに至るまで無料でサポート。 パンフレットを請求することもできますのでじっくり検討することも可能です。 また、施設見学もできますので実際の施設の雰囲気やスタッフの人柄なども感じることができるのでイメージがわきやすくなります。 ここではかいごDB(介護DB)の 特徴 評判、口コミ おすすめポイント 相談するには? などについて解説していきます。 ぜひ、施設選びの参考になさってください。 かいごDB(介護DB)とは? かいごDBは全国30万件以上の介護施設情報を掲載し、目的に合った施設を検索できるサイトです。 そして相談員が一人ひとりに合った介護施設選びをサポートしてくれます。 有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅はもちろん、 訪問介護、通所介護の介護施設も探すことができます。 施設情報は非常に充実していますので希望に合う施設を見つけることができるでしょう。 そして、 知識と経験が豊富な相談員が希望に沿った介護施設を無料で紹介してくれます。 初めての介護施設選びはわからないことも多いと思いますので心強いですね。 電話、メールでの相談、問い合わせが可能です。 介護施設情報は全国を網羅していますので地方でも施設の詳細情報が掲載されています。 また、介護費用や老人ホームについての知識や介護サービスに関する情報などを掲載しているのでこれから介護を始める方にとっても役立つものになっています。 かいごDBを運営しているのは東証一部上場企業の株式会社エス・エム・エスという会社です。 医療、介護に特化した人材紹介サービスやヘルスケア、シニアライフなどの事業も展開しています。 40以上のサービスを開発し運営しているノウハウ、高齢化社会に貢献したいという企業理念、これらもかいごDBを利用するうえでの安心につながると思います。 かいごDB(介護DB)の評判、口コミ それではかいごDBを利用した人たちはどんな感想を持っているのかみてみましょう。 かいごDB(介護DB)のおすすめポイント 続いてはかいごDBのおすすめポイントをチェックしましょう。 施設の情報充実度No. 1 かいごDBは施設系、訪問系の情報量が他サイトと比べて非常に充実しています。 全国の施設を網羅していますので地方の施設の詳細情報も得られます。 情報量が多いということはそれだけ選択肢も広がるということですから利用者にとってはうれしいですね。 様々な条件検索が可能 「新しい介護施設」、「入居金0円の施設」、「温泉のある施設」、「生活保護受入可の施設」などの条件によって施設を検索することができます。 経験豊富なスタッフが相談にのってくれる 介護施設を選ぶ時は介護を受ける方の希望や家族の希望、予算、場所など考えることはたくさんあり、個人でこなそうとすると大変です。 かいごDBでは 知識と経験豊富な相談員が施設選びから施設見学まで無料で相談にのってくれます。 電話だけでなくメールでの相談も可能です。 相談することで選択肢が広がる場合もありますから迷ったら相談してみるがよいと思います。 かいごDB(介護DB)で相談するには? 登録フォームに施設を探す地域、入居を検討している時期、予算や入居を検討している方の介護度を入力して最後に名前と電話番号を登録します。 登録が終わると折り返し、かいごDBの相談員より電話連絡が入りますので手続きや入居に関することなど気になることを相談しましょう。 施設見学も可能です。 専門スタッフに相談することで自分ではなかなか整理しきれない希望やプランをまとめてもらえたり、検討するプランの選択肢が増えたりということもあるでしょう。 これから介護サービスを利用しようと考えている方にとってはわからないことが多いと思います。 そのような時に相談員が頼りになるかと思います。 施設のスタッフの人柄などを重視する スタッフ一人あたりの担当者数が少ないことを希望する 入所している他の方とのコミュニケーションはどうか? このような様々なニーズを満たす事業所比較ができます。 優先度を決めて希望に沿う事業所を見つけて安心して利用することができるでしょう。 老人ホーム、高齢者向け住宅などの入居系施設が豊富 かいごDBでは目的や条件に照らし合わせて入居系施設を選ぶことができます。 入居系のサービスについては様々なタイプがあり要介護度、医療処置が必要かどうか、目的などによって選択すべき施設も変わってきます。 各施設によって設備やサービスの違いはありますが近年の需要によりサービスも充実しています。 入居系サービスにはどのような種類があるのか確認しておきましょう。 以下のような施設があります。 入居系サービスの種類 サービス付き高齢者向け住宅とは自立している、もしくは軽度の要介護の方が安心して暮らせるサービスを提供する賃貸住宅です。 主に民間企業が運営していて「高齢者住まい法」という法律のもとにバリアフリー構造を含め安全、安心、快適に暮らしていけるように建てられています。 サービス付き高齢者向け住宅は利用者の状態に合わせてサービス内容を決められるのが大きな特徴の一つですが介護に関してはデイサービスや訪問介護など外部サービスを別で契約する必要があります。 訪問介護、デイサービスなど在宅系のサービスが豊富 在宅系の介護サービスの種類も多岐にわたります。 訪問介護、通所介護の施設もかいごDBでは探すことができます。 サービスも細かくなっていますので利用される方にとってどのサービスがよいのか判断が難しい場合もあると思いますから、そのような時には相談員にアドバイスをもらうとよいでしょう。 以下、在宅系の介護サービスです。 在宅系サービスの種類.

次の

介護DBの口コミ評判|30万件以上の介護施設が見れる介護施設検索サイト

介護施設 口コミ

亡くなった祖母の介護施設探しの時に使っていた「老人ホーム・介護施設の比較サイト」 7つをまとめてみました! わたしの場合は、病院のソーシャルワーカーさんにお願いして介護施設を探しましたが、残念ながらそれだけではかなりの情報不足。 そこで、老人ホームや介護施設の名前を紹介してもらったら「老人ホーム比較サイト」を使い、情報収集しました。 7つの 「老人ホーム・介護施設比較サイト」 を 「いい点・悪い点」 を指摘しながらご紹介します。 下記表が一覧で、そのあと、ひとつひとつ詳しく解説していきます!(なお、気になるサイトがあった場合は追記していきます) No. サイト名 ワンポイント 1 読み物として情報が充実しているので、介護施設の勉強ができる 2 施設の情報充実度は、このサイトが1番 3 施設を見学する時の、「見学チェックシート」をダウンロードできる 4 最も気になる 施設を利用しての感想や評判(口コミ)の量が、日本で一番多い 5 現場の声ブログがあり、これも現場の雰囲気をつかみやすい 6 成年後見制度の紹介をしてくれる 7 首都圏特化型で、空室情報をリアルタイム把握している 1. LIFULL介護 わたしが 一番お世話になった老人ホーム比較サイトが、こちらです。 このサイトのいい点• 運営会社(例えばベネッセが運営している施設がいいなど)で、施設検索が可能• 無料iphoneアプリ LIFULL介護 for iphone があり、スマホで検索可能• 地方でも、施設の詳細情報が充実している• サイトを運営しているのは、(株)ネクスト(東証1部上場)• 読み物として情報が充実しているので、介護施設の勉強ができる このサイトのマイナス点• 施設への口コミは、充実していない は、介護施設(特養、老健、サ高住)の違いや特徴、メリット・デメリット、費用や入所基準について分かりやすく解説されています。 老人ホームの違いが分からない人は、こちらのサイトで勉強するのがお薦めです。 かいごDB いま、 一番お薦めしたいサイトです。 このサイトのいい点• 施設の情報充実度は、このサイトが1番• 待機者数が分かる• 地方でも、施設の詳細情報が充実している• 利用者の内訳(男女比、介護度別、平均年齢)が分かる• その施設が市町村で何番目か分かる(施設の広さ、スタッフ定着率、費用)• 施設の費用についても、細かく記載されている• 各施設のかなり詳細な求人情報まで分かる (介護求人サイト と連携している) このサイトのマイナス点• 読み物としては、コンテンツはそんなに充実していない 情報充実度No. 1サイトは、このかいごDB(介護DB)です。 地方でもかなり詳しく施設の情報が載っていたので、かなり助けられました。 探しっくす このサイトのいい点• 早わかり用語集(PDF)をダウンロードできる(無料)• 施設を見学する時の、「見学チェックシート」をダウンロードできる• 介護業界専門ニュース 「介護プレス」 で情報収集が可能 このサイトのマイナス点• 見学チェックシートは項目数が多く、こんなにチェックできないなぁ~と思うくらいですが、ただ施設見学に行くのではなく事前にチェックポイントは抑えておくべきです。 老人ホームマップ このサイトは、何と言っても施設の口コミの多さが一番の特徴です。 このサイトのいい点• 最も気になる 施設を利用しての感想や評判(口コミ)の量が、日本で一番多い• スタッフ・食事・清潔さ・愉しみ・雰囲気・施設・介護体制が5点満点で評価 (チャートつき)• 地方毎(北海道、東北、関東、近畿、九州など)の介護施設 口コミランキングが見られる このサイトのマイナス点• 介護従事者の施設への不満も掲載されているので、介護職の大変さやいやなところまで見える• 口コミの精査(いい口コミもあれば、悪い口コミもある)が、それぞれで必要• 施設の詳細情報が、詳しく掲載されてない 老人ホームの口コミ件数が、3万件以上もあり充実しています。 うまく利用することで、施設の良し悪しが判断できます。 地域にもよりますが、わたしの地方は口コミがほとんどありませんでした。 口コミを見るためには、無料会員登録が必須です。 オアシスナビ このサイトのいい点• 施設を紹介する動画もある• 施設でどんな事をしているか写真があり、現場の雰囲気が分かる• 現場の声ブログがあり、これも現場の雰囲気をつかみやすい このサイトのマイナス点• 施設紹介数に関しては、そんなに多くはない 特徴は施設紹介動画があるのと、現場の声ブログというのがあり、実際に入居している人へのインタビューや、スタッフの声が掲載されています。 わたしの地方都市も結構カバーできていたので、たまに見ていました。 ケアプロデュース このサイトのいい点• 東京・神奈川・千葉・埼玉に関しては、施設情報が充実している• かなり珍しいが、成年後見制度の紹介をしてくれる• 施設見学・説明会などのイベントでの検索ができる• 訪問相談・施設への現地同行も希望すれば、行ってくれる このサイトのマイナス点• 首都圏・関西圏の方で、直接会って話したいと考えている人にはお薦めです。 成年後見制度のプロの紹介もしてくれます。 きらケア老人ホーム このサイトのいい点• 首都圏だけで6000件以上の有料老人ホーム、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅をカバー• 介護士の紹介や派遣を行っていることで、内部情報に詳しい• 一人ひとりに担当アドバイザーがつき迅速かつ丁寧にサポート このサイトのマイナス点• 首都圏特化型なので、他地域はカバーされていない• まず会員登録してからでないと、施設の情報が得られない プロに相談できるというメリットはかなり大きいのと、年中無休で24時間対応しているので緊急時にも相談に乗ってもらうことが可能です。 担当アドバイザーがつくのも面白いので、いよいよ介護施設に預けよう!と思ったときに使うといいかもしれません。 老人ホーム・介護施設探しの大原則とは? 「資料請求したら、自分で行って目で確認する」 ホント行かないと、分からないです。 情報が古かったり、施設はピカピカだけどスタッフがいまいち・・・とか。 現場で雰囲気を確かめる事が、最も大切です! 最後に生前整理の話も 父親が亡くなったときに遺品整理を行ったのですが、その業者から生前整理の話も聞きました。 施設入居が決まった際に、家のものを処分する際に遺品整理業者へ依頼することがあるのだそう。 その記事も合わせて読んでみてください。

次の

働きやすい介護施設の特徴や見極める方法について

介護施設 口コミ

介護の送迎ドライバーは「介護ドライバー」とも呼ばれます。 その名の通り、 介護施設の利用者の送迎を行います。 具体的な仕事の範囲は職場によってまちまちで、利用者の車椅子の乗り降りを手伝う、実質介護のような仕事をする場合もあります。 大体の一日の流れは朝、デイサービス(通所介護)に通う利用者の自宅まで車で迎えに行き、利用者を施設まで送ります。 その後、夕方に施設から帰る利用者を家まで送り届けます。 車は施設が所有している車を使うことが多いようです。 送迎も利用者だけでなく、 訪問マッサージのマッサージ師の送迎をすることもあります。 介護送迎ドライバーと聞くと、送迎しかしないと感じる人もいると思いますが、仕事内容は送迎だけではありません。 コミュニケーションを忘れずに 利用者の自宅に送迎をしに行った際に、利用者を車に乗せる手伝いもします。 また、 利用者とのコミュニケーションを取ることを忘れはいけません。 やはり、利用者とは毎日顔を合わせるので、コミュニケーションを取らないと感じが悪く思われてしまうかもしれません。 純粋なドライバーとして働くことを希望するなら、はじめに仕事内容はしっかりと確認しておいたほうがいいでしょう。 送迎ドライバーになるのに必要な資格は普通免許!2種じゃなくてOK 人を乗せて車の運転をする、というわけですが、気になるのは「普通免許でも大丈夫?」という部分。 介護施設の送迎ドライバーの場合、 普通自動車免許でOKです。 しかも、大抵の施設ではATの免許で大丈夫ということになっています。 「2種免許がいるんじゃないの?」と思うかもしれませんが、なくてもOKです。 免許の心配をしなくていいのがうれしいですね。 どうして2種免許がいらないの? 人を載せて運転するのに、どうして2種免許がいらないのかというと、「利用者は送迎料を支払っているわけではないから」です。 2種免許が必要になるのは、一言で言うと「有料移動サービス」を行う時です。 代表的な職業は「バスの運転手」や「タクシードライバー」。 バスやタクシーを利用する時は、「移動」そのものに対して、料金を支払います。 施設の送迎の場合、「施設のサービスの一環」です。 利用者は移動手段そのものにお金を支払っていないのです。 送迎で料金を取る施設はありません。 そのため、運転免許も普通のATの普通免許のみでいいのです。 (もちろん施設の車次第でマニュアル免許が必要になる場合もありますが) ちなみに、介護タクシーの場合は移動そのものにお金を払うものとなるので、2種免許が必要になります。 ヘルパー2級や介護初任者研修を持っていると尚可 先ほども言いましたが、介護の送迎をしていると、車からの乗り降りや、施設までの移動を介助しなければならない場合がでてきます。 それだけでなく、移動中に利用者の具合が突然悪くなってしまうことだって起こりえますよね。 そのため、ヘルパーの資格をもっていると、その場に対応できて安心ということになります。 また、介護施設によっては、朝夕の送り迎え以外の時間に、介護の仕事を任せられることもあります。 その場合は特に、 介護系の資格があると転職に有利です。 ヘルパー2級とは ヘルパー2級は正式名称を 「訪問介護職員養成所研修2級課程」と呼ばれます。 名称に書いてあるように方ノン職員を養成するための資格です。 この資格を取得することで 生活援助や身体介護の作業をすることが可能になります。 ヘルパー2級の課程を修了することで初任者研修修了者と同じレベルに扱われます。 受講時間は講義・演習・実習に分けれており、合計130時間の講習を受ける必要があります。 ヘルパー2級は終了試験がないので、講習を全て受講すれば資格を取得することができます。 初任者研修とは 初任者研修は ヘルパー2級の業務内容よりも更に広い業務を行うことができます。 ヘルパー2級では訪問介護だけでしたが、初任者研修では介護施設での介護業務が可能になります。 また、初任者研修を修了することで実務者研修の一部が免除されます。 受講時間はヘルパー2級と同じで合計130時間です。 内容は講義と演習を一体的に実施します。 終了試験は1時間程度の筆記試験があり、それに合格しなければ研修を修了できません。 しかし、試験内容は難しいものではなく、万が一不合格になったとしても再試験があるので ほぼ100%合格できます。 送迎ドライバーはどこで働くことができる? 送迎ドライバーの雇用形態は基本的に非正規であることがほとんどです。 正社員に比べて、 パート・アルバイトの求人であれば比較的簡単に見つかるので、就業自体のハードルは高くありません。 働き方としてはシフト制となるので、他のドライバー業務と掛け持ちして働いていらっしゃる方が多いです。 副業としての送迎ドライバーはどう? 副業として、介護施設の送迎ドライバーをやっていこうと考えている方も多くいらっしゃいます。 しかし、送迎ドライバーが必要な職場は一般的に「日帰り」の施設となります。 そのような施設は「日曜休み」の場合が多く、平日普通に働いていて、土日に勤務しようと考えている場合だと、あまり都合はよくないかもしれませんね。 逆に、もともとシフト制で働いている場合は、平日の勤務が可能なので、比較的兼務がしやすいでしょう。 バイトの時給はだいたい1,000円程度! 介護送迎ドライバーの正社員になった場合、給料・待遇・働き方も大きく変わってきます。 まず、正社員でない場合は時給1000円でしたが、正社員になった場合、 月給50万円をもらうことが出来る所もあります。 基本は20~30万円が多いですが、努力次第で給料を上げることができる職種です。 また、有給休暇や社会保険完備などの福祉厚生も発生します。 働き方ではバイトの時と違い、シフト制では無いところが多いです。 また、勤務時間も長くなるでしょう。 転職で気を付けること 転職する際は、一つの転職サイトを見るのではなく、 複数の転職サイトと比較して転職先を決めましょう。 また、「ネットで見た感じと違った」と転職に失敗している人も数多くいます。 そうならないためにも、実際に気になった転職先を訪問して職場環境を確認することをおすすめします。 転職先の情報があやふやな状態で面接することがないようにも気を付けてください。 正社員になることで安定した生活も送ることができるので、是非これから送迎ドライバーになろうと考えてる方は正社員を目指して頑張ってっください。

次の