バンギラス 砂パ。 【シーズン1ランクダブル】定番の組み合わせについて

【ポケモン剣盾】バンギラスの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

バンギラス 砂パ

ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド の砂パについて紹介をしています。 砂パのおすすめポケモンや構築、対策についても掲載していますので、ダブルやシングルで砂パを使用したい方や対策を知りたい方は参考にしてください。 砂パの特徴 スリップダメージによるタスキ潰し すなあらし環境ではいわ、じめん、はがね以外のタイプに対して毎ターンダメージを与えます。 タスキ潰しに活用するだけでなく確定耐え調整をしているポケモンを乱数でもって行くこともでき、 選出を絞ることも可能です。 天候パでは珍しい耐久型が多い 砂状態でのいわタイプの特防アップや、すながくれによる回避、スリップダメージを駆使した削りを活かして 長期戦に持ち込む型も多いです。 特にスリップダメージは強力で、サイクルによって長期戦になる場合は時間が伸びれば伸びるほど有利になるので 汎用性の高い天候パと言えます。 ポケモンによる向き不向きが顕著 対象のポケモンは恩恵が大きく、対象でないポケモンはデメリットが大きい天候なので 向き不向きがはっきりとしています。 構築の幅はやと違って狭いですが、その分相手がデメリットに感じることも多いメジャーな天候パです。 砂パの強み 強力な始動要員 耐久力を活かして起点作成や流しもできる「」に600族で特防強化もされる「」が主な始動要員です。 2匹共初手性能が高く、アタッカーにもサポートにも回ることができるため 多くのパーティに対して有利に展開ができます。 スリップダメージとエースの相性が良い 天候パ運用においてエースアタッカーが駆け抜けて行く際に障害となるのがによる耐えや受けポケモンの存在です。 このを潰すことができる天候なので 突破性能が高く、タスキ前提で行動するポケモンに対して圧力をかけることができます。 エースの一貫性 威力上昇効果がない天候なことを活かして広範囲に刺さる技の選択ができ、打ち分けも可能です。 長期戦に強い スリップダメージや耐久力上昇の恩恵を活かして 長期戦に持ち込むことも可能です。 相手にスリップダメージを与えつつ、技を受け流すことで相手に負荷をかけ続けることができます。 砂パの弱点 対天候パに対して弱い 砂パは天候パの中でも強力なパーティですが、 対天候パとなると不利な立ち回りを強いられることが多いです。 いわ、じめんの弱点を突ける雨パアタッカーや晴れパのくさアタッカー、はがねタイプの弱点を突ける晴れパアタッカーなどが天敵と言えます。 弱点の一貫性 上で挙げたように向き不向きがはっきりしており範囲が狭いため、弱点が一貫しやすいです。 裏で補完することは可能ですが、毎試合できるわけではないので選出が判明した段階で 相手に安定択を与えることにつながります。 強力すぎるデメリット 砂パが強いとされるのはやはりデメリットが強力な点にあります。 これは自分の選出やアイテムを縛ることにもつながり、狭まったパーティになりがちです。 運用次第ではそのデメリットすらをも意識しない強力なパーティになるので腕が試されるパーティでもあります。 主要ポケモン 始動要員 基本的には特性すなおこしで初手性能の高い「 バンギラス」「 カバルドン」が始動要員として採用されます。 今作では新特性「 すなはき」によって異なるタイミングでも始動ができるようになり、ますますテクニカルなパーティになっています。 ポケモン 考察 ・始動からサポート、アタッカーまでこなす 万能役 ・特防アップ、 ダイマックスで要塞化する ・かくとうには弱いので注意 ・始動と流しを同時に行う ・ 回復技や補助技が豊富で敵を封じ込めることもできる ・特性「すなはき」による 独特な始動方法 ・耐久が高く長期戦で活躍 ・ へびにらみのサポートが強力 ギガイアス ・無駄のない能力配分で始動兼アタッカーになる ・ 素早さが低く天候を奪われにくい エースアタッカー 威力上昇の恩恵がないため技範囲の広いポケモンがおすすめです。 すなかきで素早さを補いながら高火力で駆け抜けるアタッカーもおすすめです。 ポケモン 考察 ・すなかきで素早さを上げて 全抜きを狙う ・技範囲が広く相手に受け出しをさせない ・攻撃力が高く 不動のエース枠として ・呼びやすいロトムに刺さるかたやぶり ・ かくとうの一貫を切るゴーストタイプ ・超攻撃的と超防御的フォルムの両立 ・低い特防を補う砂状態で活躍 ・ダイマックスと相性が良い サポート 重火力アタッカーが多い天候パなのでトリックルームやおいかぜなどのサポートも有効です。 ポケモン 考察 ・ おいかぜサポートによる全抜き性能向上 ・スリップダメージと耐久でフィニッシャーとして デスバーン ・特性と耐久を活かして トリッキーな立ち回りが可能 ・ トリル始動やサイドチェンジなどのサポート イシヘンジン ・横にいるだけで火力を高める マスコット ・ じゅうりょくサポートやワイドガードが可能 裏選出 弱点が明確なパーティなので弱点を補う選出が強力です。 技の一貫性を切ることや弱点を突きに来るポケモンを対策しておきましょう。 強力な天候パなので 偽装による選出誘導も有効です。 ポケモン 考察 ・呼びやすい みずアタッカーなどへの返しとして ・技範囲が広く豊富な技で立ち回る ・ みず、くさ半減かくとう無効で一貫切りに ・高速アタッカーとして相手に圧力をかける ・ でんきタイプを選出しづらい相手に対して通りやすい ・かくとうタイプを狩ることが可能 ・ゴリ押しが可能な能力値を持つポケモン 砂パの対策方法 ベストは天候上書き 天候パの宿命ではありますが、天候上書きによる弱体化が最も有効です。 当然ながら相手も対策はしていますがシンプルながらも強力な手段です。 また、ジジーロンの特性 ノーてんきによる天候無効やマタドガスの特性 かがくへんかガスで特性による始動や強化を妨害すると言った手段も有効です。 ポケモン 考察 ジジーロン ・夢特性ノーてんきで 天候そのものを無効化 ガラルマタドガス ・特性かがくへんかガスで 特性すなおこしの発動を妨害できる ・同様に 特性による強化を妨害可能 安定択で応酬 強力なパーティですが、タイプの偏りから安定択を選択することで壊滅させることも可能です。 一貫している技は何かを見極める、もしくは後続を引きずり出すことで 安定択を切りやすい状況を作り出していきましょう。

次の

【サンムーン】「砂パ」だけ役者が揃ってる感あるよな ギガイアス、カバルドン、バンギラスはどれも一線級だし

バンギラス 砂パ

そこで「じゃくてんほけん」を持たせ、バンギラスの攻撃力上昇を狙うのがこの型のコンセプトです。 また、攻撃は性格補正を受けやすい数値 11n調整 、素早さは60族の素早さ無振りのポケモンを余裕持って抜ける調整です。 今回は「ミミッキュ」を意識し、「ばけのかわ」を剥がすことができる「ロックブラスト」を採用しました。 ・バンギラスやナットレイを意識した技選択。 使ったあとは攻撃が下がるので注意しよう。 ・ナットレイやドリュウズを意識した技選択。 威力はそこまで高くないので気をつけよう。 技の構成や選択は「じゃくてんほけん型」と変わりませんが、攻撃に特化しており倒せる範囲が広がっています。 使ったあとは攻撃が下がるので注意しましょう。 ・ナットレイやドリュウズを意識した技選択です。 威力はそこまで高くないので気をつけましょう。 耐久力を活かしたアタッカーの面を持ちつつ、「ちょうはつ」「ステルスロック」の組み合わせによる起点づくりが強力です。 積みポケモンなどに対して有効。 「ひかりのかべ」「リフレクター」などを壊せる、格闘タイプの技。 バンギラスの役割と立ち回り 耐久もある物理アタッカー 「バンギラス」は攻撃のみならず、HPや防御、特防の種族値も高い、高耐久物理アタッカーです。 その高耐久を生かして、後出ししたり、「じゃくてんほけん」を使って火力を上げる戦略が強力です。 砂パーティの中心ポケモン 「バンギラス」は特性の「すなあらし」で天候をすなあらしにできるので、特性「」を持つ「ドリュウズ」と組ませることでいわゆる「砂パ」を組むことができます。 天候がすなあらし状態では、岩タイプのポケモンの特防が1. 5倍になるほか、岩、地面、鋼タイプ以外のポケモンは微量ですが固定ダメージを受けるので、岩タイプは非常に有利な状況にすることができます。 バンギラスと相性の良いポケモン 格闘タイプに強いポケモン バンギラスは、格闘タイプの攻撃で弱点を狙われやすいので、格闘タイプに強いポケモンがおすすめです。 格闘タイプの攻撃を無効にするゴーストタイプや、格闘タイプに弱点をついて起点にしやすい、飛行タイプのポケモンなどがおすすめです。 そのため、バンギラスの「すなおこし」を活かせるポケモンとして、非常に相性が良いです。 相性補完の面では、ドリュウズの苦手な飛行や炎タイプに対して、バンギラスが対処しやすいです。 ただし、格闘技を持っているポケモンに注意して戦いましょう。 いかにバンギラスの防御種族値が高いといえど、4倍弱点のタイプ一致技は耐えるのが難しいので、格闘タイプの技で一撃ひんしを狙いましょう。 バンギラスがダイマックス化した場合は、攻撃全振りギルガルドのインファイトでも一撃で倒すことはできないので、ダイマックスでの受けは必ず警戒しましょう。 「」や「」などを使い、積極的にやけど状態を狙いましょう。 レンタルパーティは 育成不要で戦える代物なので、ぜひ活用してみてください。 関連記事 新ポケモンの育成論一覧.

次の

バンギラス育成論 : 【砂パ】砂撒きさら岩バンギ|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

バンギラス 砂パ

対戦で強いポケ 管理人が、ポケモン勝負において安定した強さを誇ると考えるポケモンを挙げていきます。 種族値合計600族 メタグロス コメットパンチの威力は伊達じゃない上に追加効果で攻撃が上がることも。 半減される水、電気タイプも地震、大爆発、雷パンチなどのサブウェポンで対抗できますし。 特殊炎には弱いですが、先に地震を決められれば勝てます。 浮遊ドータクン相手には雷パンチで粘るしかありませんが。 持ち物をメタルコート(鋼鉄プレート)にし、剣の舞をバトンしてもらってバレットパンチ連打も面白いですね。 ガブリアス ヤチェの実なしだと氷で即死であるものの、攻撃種族値130から繰り出されるタイプ一致地震、逆鱗(ドラゴンクロー)は脅威です。 砂パで身代わり+砂隠れ回避が決まれば、もう止められるポケは限られてきます。 こだわり系を持たせるならハチマキで火力増大がいいと思います。 ボーマンダ 特性の威嚇で、出した時に防御が1. 5倍になります。 ガブリより技が豊富な上に特殊も強いので、かなり対策しにくいポケです。 しかしやはり氷4倍なので、持ち物はヤチェの実で決まりでしょうか。 まあ、今作は格闘、炎が強化されているので氷タイプは以前より出てきにくくなったのではないかと思いますが・・・ 竜の舞を積んでドラゴンクローや燕返しで攻めるのが一番いいと思います。 スカーフで流星群撃ち逃げもOK。 バンギラス 特性の砂起こしで、出した瞬間に特防が1. 5倍になります。 攻撃力も高く、竜の舞を積んでしまえばタスキ持ちに強力な反撃をされない限り止まりません。 ただし今作で地位が高い格闘を4倍で喰らってしまうのには注意。 よって持ち物はヨプの実にするのが一番安定すると思います。 メジャーな地面、水も弱点なので、他の600族よりクセがあって使いにくく感じるかも。 ただしタイプ一致噛み砕くとストーンエッジは強力なので、パワフルな砂パを使いたいという人には先発におすすめです。 準禁止級 トゲキッス 特性「天の恵み」+エアスラッシュが脅威で、これを喰らうと6割の確率で相手が怯みます。 電磁波と併用すれば完璧。 ハピナス インファイトを喰らうとかなりまずいですが、特殊なら波動弾以外何でも受けられます。 特性が天の恵みなので雷での麻痺、冷凍ビームでの凍り狙いがおすすめ。 食べ残しで卵産み+地球投げ連発もいいですね。 攻撃の高い相手が来たら素直に逃げましょう。 高速ポケ クロバット 先発にこれ以上ぴったりなポケもいないでしょう。 速攻で催眠術を掛けたり、向こうが積みポケなら挑発したり、雨乞いしたり・・・ 相手がこだわりスカーフを巻いていて130族抜き調整でもない限り、こちらに有利な状況を作り出せます。 そして役目を終えたらとんぼ返りでいったん撤退。 意外に耐久もあるので不一致弱点なら耐えることも多いです。 サンダース 素早さ種族値130に電気タイプときているので、相手にプレッシャーを与えること間違いなし。 10万ボルトで弱点を突けば多くの水・飛行ポケを追い詰められます。 さらに、めざめるパワーが氷なら地面・草に対抗できる上にドラゴンキラーもできます。 いばみが(威張る+身代わり)コンボが強いですが、 この戦術はかなり嫌われやすくもあるのでやるならバトルタワーだけにしておいたほうがいいと思います。 防御がもろいので持ち物はシュカの実で。 プテラ 6対6の先発で出してステルスロックを撒くのがおすすめです。 タイプ一致のストーンエッジ・燕返しもなかなか強いです。 電気・水に弱い上に脆いので注意。 持ち物は気合いのタスキ一択でいいでしょう。 特性もプレッシャーでいいと思います。 物理アタッカー カブトプス 特性すいすいで雨パに入れるとかなり強い物理アタッカーとなります。 基本は雨で威力1. 5倍の滝登りやアクアジェットでゴリゴリ攻め、草や水タイプが来たら逃げるか、ストーンエッジで急所狙い。 持ち物は気合いのタスキで。 ギャラドス 特性の威嚇で出した瞬間に防御1. 5倍になる上に、竜の舞で決定力を上げられます。 挑発で積みポケを止めることも可能です。 メインウェポンを滝登り、サブウェポンを恩返しにするのがおすすめ。 ヘラクロス 特性を根性にして火炎球を持たせ、初手を守るにすれば高火力物理アタッカーのできあがり。 インファイトやメガホーン、空元気で攻めまくりましょう。 自分より速い飛行ポケが来たら即座に撤退。 ちなみにこのポケ同士が鉢合わせするとだるいことになりますw 知り合い同士の対戦などで相手も使ってくる可能性が高ければ、燕返しを覚えさせておくのも手です。 エルレイド タイプが優秀な上に特化すれば特殊受けもできます。 こちらもゴウカザルと同じく、タスキを持たせてインファイト連打が強いです。 そして倒されそうになったら影撃ちや道連れ。 ハッサム 弱点が炎のみというのが強み。 攻撃種族値は130ですがタイプ一致技の威力が80止まりな上に弱点を突きにくい虫・鋼なので、防御・補助として使ったほうがいいかも。 高速移動や剣の舞をバトンする役がいいでしょうか。 雨パの先発で出して雨降らし役もおすすめです。 特殊アタッカー ルンパッパ タイプの関係上弱点を突きにくいこともあって結構堅いです。 特性すいすいで雨パのアタッカーにするか、雨受け皿で耐久型にするか。 アタッカーなら波乗りorハイドロポンプ、草結びをメインウェポンにしてサブに冷凍ビームを。 さらに毒毒を併用すれば相手にとって嫌なこと間違いなし。 ポリゴンZ 高い特攻から繰り出されるタイプ一致トライアタック、破壊光線は多くのポケに脅威となるでしょう。 トライアタックの追加効果で凍らせてしまえばこっちのもの。 不器用になりますが持ち物はこだわりスカーフがおすすめです。 特性は適応力で。 キングドラ 特性すいすいで雨パに組んでも強いし、スナイパー+ピントレンズ+気合い溜めでひたすら急所狙いも強いです。 急所時は攻撃側に不利なステータスのアップダウンが無視されるので、ペナルティを気にせず流星群を撃ちまくれます。 エンペルト 電気、格闘、地面が来なければかなり強い特殊ポケ。 ただしその3タイプがメジャー気味なのが不安が残るところですが・・・ 食べ残し+毒毒+守る+アクアリングで耐久型にしても強いし、ヤタピの実+高速移動+身代わりで激流水技orラスターカノンでガンガン押すのもいいです。 砂パで水・氷・ドラゴン受けをするのもおすすめ。 物理・特殊両方可能 ゴウカザル 素早さが高く、持ち物気合いのタスキでインファイトを連発するのが強いです。 元々もろいので多少防御・特防が下がったところで気になることがありませんし・・・ ただしタスキを持たせるとフレアドライブが使いにくくなるのが残念なところ。 タイプ一致でマッハパンチが使えるのも嬉しいですね。 大文字、気合玉、草結び、めざめるパワー氷という完全特殊型も面白いですね。 持ち物をタスキにするか広角レンズかで悩むところではありますが。 ルカリオ 映画でメインを張るだけの強さがあります。 耐久はゴウカザルと同様期待できませんが、あちらよりも弱点を突かれにくいのが強み。 砂パに組み込んでアタッカーにするのがいいと思います。 インファイト・波動弾・ラスターカノン・先制技の二刀流がおすすめ。 持ち物はタスキで。 耐久ポケ ミロカロス 育成が面倒な分の強さがあり、物理特殊の両方の受けにできます。 物理受けにするなら持ち物を火炎球にするのがおすすめです。 メインウェポンは波乗り、サブは冷凍ビーム、竜の波動などお好みでどうぞ。 ギャラドスに挑発されるとかなりピンチになるので注意。 カバルドン 特防を最高にして蓄えるを積んでしまえば、急所が来ない限り手がつけられなくなります。 地震、氷の牙、蓄える、怠けるが一番安定するでしょうが、氷の牙を抜いて毒毒にするのも強いです。 特性の砂起こしでタスキ潰しができるのも魅力。 ドータクン ミロカロスと同様、防御か特防のどちらかに特化すれば相当堅い耐久ポケになります。 鉄壁、瞑想、催眠術、トリックルームとサポート技に優れますが挑発で止まりやすいので注意。 サイキネ、ラスターカノンはタイプ一致とはいえ威力に期待しないほうがいいでしょう。 エアームド 物理受け最高峰です。 ガブリアスへの対抗手段としておすすめです。 一応ガブリは大文字や炎の牙を覚えられますが、実際にはそうそういないと見ていいでしょう。 グライオン こちらも物理受けとしてかなり優秀です。 特に格闘に強く、インファイトを半減できる上に、弱点を突きにくいエルレイドやチャーレムも燕返しで倒せます。 積んでくるポケはハサミギロチンでサクッと倒してあげましょう。 氷4倍なので、相手が氷を使う可能性が低くない限り持ち物はヤチェの実で。 エンペルトと組ませると弱点の補完上かなり強いです。 シャワーズ HPが高く、溶けるやアクアリングを覚えるので物理受けとして使うのがおすすめです。 状態異常に注意。 ユレイドル 砂パに入れれば元々高い特防+砂嵐による特防1. 5倍効果でかなり優秀な特殊受けができます。 タイプが優秀なこともあり、不一致冷凍ビームでは落とすのに3発はかかるでしょう。 次点 いわゆる中堅どころとして、そこそこ使えるポケモン。 ドククラゲ エスパー以外の特殊受けとして優秀です。 毒毒、自己再生、バリアーなど耐久向けの技が豊富です。 6on6の撒き合戦で毒びし回収&高速スピンで撒きびしとステルスロック無効化&毒びし撒き役にするのもOK。 地面タイプが来たら、先制して倒せる自信がない限り素直に撤退しましょう。 ジバコイル 最速ならメタグロスを安定して倒してくれる頼もしいポケ。 磁力で鋼タイプを逃げられなくできるのでエアームドにも強い。 地面4倍ですが防御が高いので、シュカの実を持たせれば地震を1発ぐらいは耐えるでしょう。 そして耐えたターンに電磁浮遊してしまえば、弱点は格闘と炎だけになります。 ロトム 電気タイプで特性が浮遊なので有利です。 シャドーボールと10万ボルトを両方半減できるポケはそういませんし。 こだわりスカーフを持たせて初手にトリックを仕掛けるのが面白いです。 特に相手が積みポケなら効果抜群。 サーナイト 催眠術+瞑想コンボが使えます。 サブウェポンはシャドーボールか10万ボルトか悩むところ。 マリルリ 特性は力持ちでハチマキを持たせて滝登り連打が強いです。 草、水タイプ以外との殴り合いなら大抵勝ててしまいます。 交代を読んで身代わり+気合いパンチもいいですね。 ヤドラン 食べ残しを持たせて物理受けに。 瞑想で特殊面の強化もできます。 大文字とサイキネを使えるので霰パの守護神にぴったりなポケです。 フシギバナ 一見弱点が多そうに見えますが実は結構堅いので耐久型にできます。 攻撃面は期待できないので黒いヘドロを持たせ、毒毒や宿木で持久戦に持ち込むのが良いでしょう。 鈍いを積んで地震と種爆弾で攻める物理型もありですね。 ブラッキー 格闘しか弱点がない上に堅さがウリなので、毒毒、月の光(願い事)、守るなどを駆使して耐久型にするのがおすすめです。 物理相手には鈍いを積んでしっぺ返しで攻める。 挑発に弱いので注意。 ヨノワール 冷凍パンチ、地震、影撃ちなどを覚える上に攻撃がそこそこあるので、物理アタッカーとして育てるのがおすすめです。 挑発されやすいですが、それをかいくぐってトリックルームを決めれば独壇場です。 防御も特防も高いですがHPが低いので、耐久面はあまり期待しないほうがいいかもしれません。 ケッキング 攻撃種族値が160もある上に、見かけのわりに速い ガブリアスと同じ素早さ です。 こだわりハチマキ+ギガインパクト 恩返し の破壊力が抜群。 ただしギガインパクトは怠けのターンに交代できなくなるので注意。 天候パーティについて 雨乞い、砂起こしなどで天候を変えることを前提としたパーティについて。 砂嵐パーティ 3on3でのおすすめはカバルドン、ガブリアス、エンペルトです。 砂パの弱点となる水、氷をエンペルトに受けてもらい、あとはガブリアスでガシガシ攻撃します。 他のアタッカーとしてはルカリオ、メタグロスも優秀。 霰パーティ ユキノオーを先発に固定。 バンギラス、カバルドンとの天候変え合戦を見越して素早さは最鈍がいいでしょう。 アタッカーにグレイシア、マンムー、ユキメノコ。 ドククラゲで毒びしを撒いてトドゼルガ(持ち物食べ残し、特性アイスボディで技は蓄える、守る、身代わり、絶対零度or波乗りor吹雪)でひたすら持久戦もグッド。 あとはこのパーティの弱点である炎、格闘、鋼、岩をヤドランに受けてもらいます。 晴れパーティ ワタッコやダーテングに晴らしてもらい、モジャンボ、ゴウカザル、リザードンなどで攻めます。 炎も草もドラゴンに効きにくいので、用心棒としてドラゴン、氷タイプを1匹入れておくといいでしょう。 雨パーティ 雨降らし候補が豊富(クロバット、ハッサム、マルマイン、ルンパッパetc)なのでお好きなものを。 雨で威力1. 5倍の水と、必中になる雷でガンガン攻めましょう。 ただしヌケニンで止まりがちなので、余裕があれば岩・ゴースト・悪・炎・飛行の攻撃技をどれか入れておくことをおすすめします。 各タイプについて 管理人が今回強いと思うタイプは水、格闘、ドラゴン。 水は未だに強力なタイプの一つ。 雨で威力1. 5倍になるのが脅威ですね。 格闘は今作でかなり強くなったと思います。 インファイトが強すぎます。 ドラゴンも鋼以外に半減されないのが強み。 逆にエスパー、氷は不遇のタイプではないでしょうか。 前者は技の威力が弱く、後者は格闘や鋼がよく使われますし。 氷技は水タイプのサブウェポンとして使うのが一番良いと思います。 強い組み合わせ エンペルト+グライオン ジバコイル+カイリューorボーマンダ これらの組み合わせは弱点の補完上かなり強いです。 迷った時のおすすめ育成方針 ステータスは素早さを上げる。 このゲーム、素早さが勝敗を決めることが結構多いです。 タイプ一致の攻撃技を入れる。 威力が1. 5倍になるのは魅力的です。 ただしそのポケの物理・特殊の得手不得手に注意。 例えばグライオンに特殊技を覚えさせるのはよくありません。 技のスペースが余ったら身代わりや電磁波を入れる。 身代わりは相手が攻撃してこないことを読んで使えばかなり厄介です。 電磁波は、意外と状態異常を治す木の実を持っているポケが少ないからです。 相手の手持ち全てを麻痺状態にできればかなり有利です。 しかしタイプ不一致であることが多く、しかも威力も75止まりなので弱点を突いてもたいしたダメージになりません。 4倍弱点なら一発で倒せることも多いですが、あくまでも期待しないほうが良いでしょう。 神速の威力を当てにしない ウインディやルカリオの先制技として有名な神速ですが、威力については80とはいえあまり当てにしないほうがいいと思います。 2匹ともタイプ不一致ですし、ゴーストに全く効かないという不安があります。 ウインディは技が乏しいので仕方ありませんが、ルカリオはバレットパンチのほうが安定するのではないでしょうか。

次の