身に余るお言葉ありがとうございます。 「過分」の意味と使い方・文例4つ|ビジネスや挨拶での使用例

「過分」の正しい意味と使い方!注意点や類語を例文とともに紹介

身に余るお言葉ありがとうございます

「お気遣い」と「お心遣い」の違い 「お心遣い」と「お気遣い」の意味の違いと使い分け 「お気遣い」は、 ・周囲の人や物事に細かく気を使うという意味 ・相手が自分に配慮や心配をしてくれたときに使う言葉 ・気を使うこと ・最低限するべき行為のこと ・基本的に必要な行い 「お心遣い」は、 ・あれこれと心配する・懸念するという意味 ・相手が自分に思いやりのある行為をしてくれたときに使う言葉 ・思いやりを示すこと ・相手を思いやることからする行為のこと ・金品を頂いたときに使うことが多い 「お気遣い」と「お心遣い」はほぼ同じような意味で使われる言葉です。 「お気遣い」はマニュアル通りに教わったものだったり、最低限のマナーという傾向があるのに対して、 「お心遣い」は相手の気持ちや助けになることを考えた結果の積極的に行う行為のことを指します。 「お気遣い」が使われるときは、相手から自分への心配や遠慮といった心情が強く表れているときです。 「お心遣い」は、相手が自分に対して思いやりをもってかけてくれた言葉や行動に対して使う言葉です。 例えば、心配したり気をつかったりしなくても大丈夫ですという意味で、 「お気遣いなく」とは言えますが、「お心遣いなく」ということは言えません。 「お気遣い」には心配や気がかりといった意味がありますが、「お心遣い」はそういった意味で使われることはありません。 「お気遣い」も「お心遣い」も目上の人に使うことができる 「お気遣い」と「お心遣い」の「お」は尊敬を表す接頭語なので、目上の相手に使うことができる言葉です。 ですので目上の相手に対して、「お気遣いありがとうございます」や「お心遣いありがとうございます」などと使っても問題ありません。 「お気遣い」という言葉は基本的には目上の相手へ使います。 自分と同等の立場の相手や目下の相手から気遣いを受けたときは、「気にかけてくれてありがとう」や「心配してくれてありがとう」などと言うのが良いでしょう。 ビジネス文書では「こころ」「つかう」といった訓読みをする和語は、基本的には使ってはいけないとされています。 代わりに音読みの言葉で、ほぼ同じ意味の「ご配慮」を使うことができます。 それでは「お心遣い」と「お気遣い」の意味と使い方から、類語や英語表現まで詳しく解説していきます! 「お気遣い」の意味・使い方・例文 「お気遣い」の意味は「気を使うこと」「心配や気がかり」 「お気遣い」の読み方は、 「おきづかい」です。 まず「気遣い」の意味は、 ・あれこれと気をつかうこと ・好ましくないことが起こるのではないかという心配・気がかり になります。 それに尊敬を表す接頭語「お」をつけて、「お気遣い」となります。 上記の通り「気遣い」には、「思いやる」の意味と「心配する」の2つの意味があります。 「思いやる」の意味で使う 「気遣い」は、「相手に対して気を使う・相手を気にかける」という意味です。 つまり「お気遣い」は、 「相手が自分のために気を使ってくれること・配慮してくれること」ことを表しています。 「お気遣い」の使い方 「お気遣い」の使い方は2パターンあります。 ・相手が自分に対して気を使ってくれたことに、感謝を伝えたいとき ・自分が相手に対して気を使う必要はない、という思いを伝えたいとき 「お気遣い」の使い方としては、 ・お気遣いいただきありがとうございます ・お気遣い痛み入ります ・お気遣いはなさらないでください といったようになります。 「お気遣い」は基本的に必要な行いや言葉を相手に発することを言います。 例えば、ビジネスメールを取引先に送る際に、「いつもお世話になっております」を加えたり、こちらからの依頼や返答をお願いする時に、「お忙しいところ〜」と加えるなどが気遣いの意味を含むことになります。 「お気遣いはなさらないでください」は、「気をつかわないでください」だったり「心配しないでください」という意味になります。 上記で説明した通り「お気遣い」の「お」は尊敬を表す接頭語なので、 目上の相手に対して使うことができます。 「お気遣い」の例文 ・残業続きの私に、有給を取れるようにしてくれた課長のお気遣いに感謝いたします。 ・たくさんのお気遣いのお言葉をくださり、ありがとうございます。 ・先日は、いろいろお気遣いをしてくださいましたことを心より感謝しております。 ・ご開店おめでとうございます。 心ばかりの品ですがお送り致します。 お返しは結構ですので、お気遣いなさらないで下さい。 ・この度は、納期の件につきましてお気遣いいただき誠にありがとうございます。 「お気遣いなく」もよく使う表現 「お気遣いなく」は、 「そのようなご心配はなさらないで下さい」といった意味で使います。 例えば、使う場面として、訪問先でお茶を出されたときに、「お気遣いなく」と使うことによって、「ありがとうございます。 これ以上のお気遣いは大丈夫ですよ」という意味になります。 「お気遣いなく」の後に、「お気持ちだけで十分です」だったり「お気持ちだけ頂戴します」と加えて言うこともできます。 「お気遣いなく」は、目上の相手に使うと失礼にあたります。 目上の相手に使う場合は「お気遣いないようお願いします」や「お気遣いなさらないで下さい」などと完結した文章で使いましょう。 また文頭に 「どうぞ」などと言葉をつけることによって、より丁寧に表すことができます。 「お気遣いなく」の類語には、 ・お構いなく ・お気になさらず ・結構です といった言葉があるので、言い換えも可能です。 「お心遣い」の意味・使い方・例文 「お心遣い」の意味は「人のためを思っていろいろと気を使うこと」 「お心遣い」の読み方は、 「おこころづかい」です。 まず「心遣い」の意味は ・人のためを思っていろいろ気をつかうこと ・祝儀、心付け になります。 それに尊敬を表す接頭語「お」をつけて、「お心遣い」となります。 「お心遣い」は、 「相手のことを思いやり、相手の立場になって考えた言葉や行為」のことを表しています。 「お心遣い」の使い方 「お心遣い」は、 感謝の気持ちを伝える場面で、使用することが多い言葉です。 「お心遣い」を使う場面の例としては、3パターンあります。 普通のお礼をするとき 2. ご祝儀をもらったときのお礼 3. 金品をもらったときのお礼 「お心遣い」は普通のお礼だけではなく、金品をもらった際のお礼のフレーズとしてもよく使われる言葉です。 例えば、祝儀・香典・寸志・結婚祝い・餞別など「お金」をもらったときに、「お金を頂き、ありがとうございます」と直接的に言う他に「お心遣い、ありがとうございます」と言い換えることができます。 「お心遣い」の使い方としては、 ・お心遣いいただきありがとうございます ・お心遣い痛み入ります ・お心遣いに恐縮しております ・お心遣いを賜り〜 といったようになります。 「お心遣い」の例文 ・今回の件について、皆様より暖かいお心遣いを頂きましたことに大変感謝しています。 ・この度は身に余るお心遣いを賜り、誠にありがとうございました。 ・先日はプレゼントをありがとうございました。 いつもお心遣いいただき、本当に恐縮です。 ・本日はお忙しい中ご出席してくださった上に、お花まで頂戴し、お心遣いに大変感謝しております。 ・私のみならず、妻の誕生日にもプレゼントをいただき、叔父さんのお心遣いには感激しました。 「お心遣い」の間違った使い方 「お心遣い」は相手の行為に対して使うので、 自分の行いに対しては使用できない言葉です。 「お心遣いありがとうございます」への返事の仕方 相手から「お心遣いありがとうございます」と言われたとき、「どういたしまして」では不自然に聞こえてしまいます。 「お心遣いありがとうございます」と言われたときは、 ・とんでもないことでございます。 ・お力になれたのであれば幸いです。 と返すのが良いでしょう。 「お気遣い」と「お心遣い」の類語 「お気遣い」と「お心遣い」の類語を紹介します。 ご配慮 「配慮」は 「他人に対して心をくばること」という意味です。 「ご配慮」は 「相手の心遣いに対して感謝の気持ち」を表している言葉です。 「ご配慮」は相手の心遣いの感謝だけではなく、 自分が気を配る場合にも使うことができます。 特に自分に対して使うとき、「気をつけます」ではなんとなく軽い感じがしてしまうので「配慮します」と言い換えると良いでしょう。 相手に「気をつけてください」「上手に対応してください」と言うことを伝えたいときは、 ・ご配慮願います ・ご配慮いただけますようお願い申し上げます などと使います。 例文 ・皆様の温かいご配慮に、心から感謝申し上げます。 ・先日は突然お伺いしたにも関わらず、いろいろご配慮をいただきありがとうございました。 ご高配 「高配」は 「他人への心配りや配慮」という意味です。 「ご高配」は 「他人の配慮の尊敬語」になります。 「ご高配」は主にビジネス文書や手紙などの挨拶文として用いることが多く、「ご高配賜りありがとうございます」といった形でよく使われます。 「平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます」は挨拶の定型文として覚えておくと良いでしょう。 「ご高配」は「他人への心配り」を表しているので、自分のことに対しては使うことができません。 自分が相手へ心配りをしていることを伝えたい場合は、「最善を尽くす」や「鋭意努力する」と言い換えることができます。 例文 ・今後とも何卒ご高配賜りますよう、お願いいたします。 ・ここに謹んでご報告申し上げますとともに、これまでの皆さまのご支援ご高配に心より感謝申し上げます。 お取り計らい 「取り計らい」は、 「物事がうまくいくように取り扱う・処理する」という意味です。 「お取り計らい」は、 「相手の気づかい・思いやり」を丁寧に表現した言葉です。 「お取り計らい」の使い方は2パターンあります。 ・お願いをするとき ・お礼をするとき お願いするときは、 ・お取り計らいの程、よろしくお願いいたします ・お取り計らい頂きますよう、よろしくお願いいたします といったように使います。 「お取り計らい」は「他人からの気づかい」を表しているので、自分の行いに対しては使うことができません。 「お取り計らい」は少々堅い表現になります。 ・資料をご提供いただきありがとうございました。 ご親切なお取り計らい、感謝申し上げます。 ご心配 「心配」は、 「心を配って世話をすること・心にかけて思いわずらうこと」という意味です。 「ご心配」は、 相手から自分への配慮・思いやりに対して、感謝の気持ちを表した返答に使うことが多い言葉です。 「ご心配」の使い方としては、 ・ご心配下さりありがとうございます ・ご心配頂きありがとうございます といったようになります。 また「ご心配」は、 相手に迷惑をかけてしまったときにも使える言葉です。 ただ「ご心配」は少々軽い印象を与えてしまう言葉でもあるので、目上の相手に使うにはあまり好ましくない言葉です。 例文 ・いろいろとご心配をいただき、誠にありがとうございました。 お心尽くし 「心尽くし」は 「人のための細々と気を使うこと・心を込めてすること」という意味です。 「お心尽くし」は 「相手のために心を尽くす」という意味です。 「尽くす」は元々「相手のために・相手を喜ばせたい」という気持ちが込められています。 「お心尽くし」は何かしらの名詞と組み合わせることで使える言葉です。 例えば、「お心尽くしのおもてなしをいただき、誠にありがとうございます」 「お心尽くしのお料理をいただき感激いたしました」 といったように、「おもてなし」や「料理」と組み合わせて、相手から受けた好意についてのお礼を伝えます。 また 「お心尽くし」は、いただき物へのお礼の気持ちを伝えるときにも使われます。 いただき物がとても気に入った場合に、「お心づくしの品を頂戴し、誠にありがとうございます」といったように感謝の気持ちを伝えます。 例文 ・お心尽くしの贈り物を頂戴いたしまして、感謝申し上げます。 ・部長のお心尽くしで本社に残れましたこと、心から感謝いたしております。

次の

敬語?「恐れ多い」の意味と使い方、返し方、類語、英語表現

身に余るお言葉ありがとうございます

「過分」の意味と言い回し表現 「過分な」という言葉は、文書やメールではよく目にしますが、ビジネスシーンにおいても普段はあまり耳にしない言葉だと思います。 それでは「過分な」とはどのような時にどのような意味でどのように使うのが正しいのでしょうか? 「過分」の正しい意味 「過分」自体の意味は「とても・すごく・過剰・過大」などの状態を表します。 口語表現としての「とても・すごく」などの言葉を、文語表現に置き換えたものが「過分」となります。 文章として成り立たせるためには「過分」単体だけで使うのはなく、「過分な」や「過分なる」などの文章として使うのが一般的です。 「過分な」という言い回しで使う ビジネス用語として「過分」という言葉を使うときは、「過分な」や「過分なる」という言い回しで使われるのが一般的です。 「過分な」は「 身に余る扱いに対して謙遜するさま」とあり、 上司や取引先などの目上の人に丁寧に自分をへりくだって気持ちを伝える際の謙譲語となります。 「過分な」の一言で「私のような者にはもったない程の物・事」という内容を表現できる文となります。 「過分」はどんな時に使う? 「過分」は口語表現としての話し言葉ではなく、文語表現としての書き言葉として使う敬語です。 少々堅く真面目な文書を作成する場合に使用します。 「過分」を使うのにふさわしい場面や使い方をみてみましょう。 「過分」を使う時 「過分」を使う時は、目上の人や取引先から頂き物をしたり、目上の人からのお褒めの言葉や評価などを頂いた時に、お礼や感謝の気持ちをメールや書面で伝える時に用います。 頂いた物・事自体を賞賛する意味と、「自分には分に合わないほどの素晴らしい物」を頂いた感謝の気持ちとして「過分な」を使います。 また、良い評価や、お褒めの言葉を頂いた場合にも、自分の能力を上回った評価や賞賛を頂いたという感謝とお礼を表現する時に「過分」という言葉を使います。 「過分」の正しい使い方 「過分」の正しい使い方は、「感謝の気持ちを自分をへりくだって伝える」と考えると正しく使うことができます。 「自分のような者にとても高価な物を贈ってくれてありがたい」という気持ちを伝えたい場合は「過分なる贈り物を頂き、誠にありがとうございます」と表現します。 また、「自分のような物に、もったいない程の高い評価を頂きありがたい」という気持ちの場合は、「過分なる評価に感謝致します」となります。 この場合「過分なる」が「自分にはもったいない程の」という謙譲語として表現できる伝え方となります。 「過分」の類語 「過分」という表現は主に書き言葉として用いられる言葉です。 ビジネスでのお礼状や感謝を伝える際の、謙遜の意味を込めて表現する場合と、「身分不相応」という良くない表現として使う場合があるので注意が必要です。 「過分」の謙遜の意味を交えた類義語 お礼や感謝の意味を表現する場合は、謙遜の意味を交えた類義語を使います。 「過分な」が持っている肯定的な意味を口語的に表現した類義語です。 「もったいない」お言葉〜• 「身に余る」光栄をいただき〜• 「結構な」お品をいただき〜• 「温かい」お心遣いをいただき〜• 「お心のこもった」お品をいただき〜 「過分」の能力を超えた意味としての類義語 自分の能力を超えて相応しくないという意味での表現は、否定的な意味となります。 ビジネスシーンにおいては文語的にも口語的にも否定的な意味での「過分な」を直接使う事は稀で、類義語として別の表現を使うことの方が多くなります。 「分不相応な」• 「身の丈に合わない」• 「相応しくない」• 「似つかわしくない」 「過分」を使う時の注意点 「過分」という表現には、感謝の気持ちを表す謙譲語として使われる場合の意味と、否定的な表現を示す場合の意味があるという点に注意して使うことが重要です。 肯定的な意味として使う 感謝の気持ちを表現するための謙譲語として使う場合は、肯定的な意味として表現できる「過分」として使います。 「私にとってはもったいない程の素晴らしい物・事」を文語で一文字で表現する言葉が「過分」となります。 また、受け取った物や事柄と、「過分」という言葉に前後する表現に気を付けて文章を作るようにします。 否定的な意味としては使用しない 否定的な意味での「過分」という言葉は、分不相応な・身の丈に合わない・相応しくないという意味がありますが、実務上、否定的な意味として「過分」という言葉は使いません。 「過分」という言葉をビジネスシーンで使用する場合は、肯定的な意味として取り扱うのが一般的です。 「過分」を使った文例 ビジネスシーンで良く見られる、贈り物を受け取った際のお礼状・会合に招待された際の参加、不参加のお返事・会合参加後のお礼状で使われる「過分」を使った文例を見てみましょう。 お中元やお歳暮、贈り物へのお礼状 取引先や目上の人からお中元やお歳暮などの贈り物を受け取った場合は、お手紙やハガキ、メールなどでお礼状を送ります。 実際にお会いする機会が多く、口頭でも伝えられる場合があったとしても、一旦文書でのお礼状を送るのがマナーです。 「過分なるお心遣いに感謝致します」• 「過分なお品を頂戴し、誠にありがとうございます」• 「過分な贈り物を頂き、ありがとうございます」 目上の人からパーティや会合の招待への返信 取引先や目上の人から、祝賀会や結婚披露宴、会合やパーティーへの招待を受けた場合、文書やメールで参加、不参加の返信をするか、先方の指定する形式で返信をします。 「過分な」を使ってまずは感謝の気持ちを伝えてから、参加、不参加の意を伝えます。 「過分なご配慮ありがとうございます。 誠に残念ではございますが〜」• 「過分なご高配、誠に感謝致します。 喜んで参加させていただきます」• 「過分なお誘いを頂き、誠にありがとうございます。 残念ながらこの度は〜」 パーティや会合参加後のお礼状 パーティーや会合へ参加した際、後日、参加に対する感謝のお礼状を書面やメールで送るのが一般的です。 よく顔を合わせる機会があって、口頭でも感謝を伝える事のできる相手でも、一旦は文書やメールでお礼状を出すのがマナーです。 この場合も「過分な」を使って感謝の気持ちとお礼を伝える事ができます。 「過分なおもてなしを頂き、誠にありがとうございました」• 「過分な機会を与えて頂き、心より感謝致します」• 「過分なご配慮、誠にありがとうございました」 まとめ 「過分な」は文語的で硬い表現のため、日常ではあまり使われる事はありません。 しかしビジネスシーンにおいては、謙譲語として感謝の気持ちを表現するお礼状に良く使われています。 「過分な」を使えば、不必要な丁寧語を重ねてお礼を述べる事を避けられる上に、すっきりとまとまった文章でお礼状を作成する事ができます。 社会人としてお礼状を出す際には「過分な」を使いこなして、洗練された文章を作る事を心掛けましょう。

次の

「身に余るお言葉」の例文・使い方・類語|メール/ビジネス

身に余るお言葉ありがとうございます

温かいお心づかいに感謝 例• この度は出産のお祝いを頂き、お心遣いに感謝しております。 行き届いたお心配りに感謝いたします。 見積価格の件、お心遣いいただき、感謝しております。 「お心づかい、ありがとうございます。 」 例• この度は、温かいお心づかい頂き、ありがとうございます。 この度のお心遣い本当にありがとうございました。 いつもながら温かいお心遣いいただき、本当にありがとうございます。 結婚式にフラワー電報をお贈りいただき、ありがとうございます。 お心遣いに、感謝しております。 本当にありがとうございます。 この度の仙台支店に転勤に寸志をいただき恐縮です。 退院に際して、素敵な品物をお贈りいただきまして、お心遣いありがとうございます。 ありがとうございました。 先週は体調不良でお休みさせていただいたのですが、先輩からメールであたたかいお言葉を頂き、嬉しかったです。 ありがとうございます。 お心遣い痛み入ります 例• 娘の結婚式では、ご立派な品物をお贈りいただき、お心遣い痛み入ります。 先日は当方の不手際でご迷惑をおかけしたにもかかわらず、追加でご注文まで頂戴いたしまして、お心遣い痛み入ります。 先日の長男の結婚式では、ご祝儀をいただきましてありがとうございました。 お心遣い痛み入ります。 お心遣いに恐縮 例• お心遣いいただき、大変恐縮です。 ありがとうございます。 お世話になっているうえ、お中元まで頂戴し、このようなお心遣いをいただき恐縮です。 中国支店への長期出張の際には、餞別のお心遣いを頂き恐縮に存じます。 急な退職でご迷惑をおかけするにもかかわらず、激励の言葉を頂戴し、あたたかいにお心遣い恐縮しております。 私にまで、あたたかいお心遣いいただき、恐縮でございます。 誕生日にお花を贈っていただきありがとうございます。 いつもながらお心遣いいただき恐縮です。 お心づかいが、うれしい 例• 温かいお心遣いありがたく、感激いたしました。 お心づかいいただき、恐縮[キョウシュク]です。 日頃から温かいお心遣いをいただき、痛み入ります。 この度は行き届いたお心配りをしてくださり、とても感謝いたしております。 お気づかい 「お気づかい」は自分の体調や、悩み、苦労などを相手に気遣ってもらった時や、何かの贈り物をされた時などに使う言葉です。 温かいお気づかい、ありがとうございます。 自分の頭痛のこと、お気遣いくださいまして、ありがとうございます。 すぐにおいとまいたしますので、どうぞお気遣いなく。 どうぞお気遣いなさらないでください。 すぐに失礼いたします。 先日はハネムーンのお土産の品を頂きまして、お気遣いいただき恐縮です。 お返事等のお気遣いは、どうぞ、なさらないで下さい。 お返事などのお気遣いはご無用に願います。 お気遣いには及びませんが、ご心配頂き有難うございます。 かえってお気遣いいただき、申し訳ございませんでした。 ちょっとしたお気遣い、本当に嬉しいですね。

次の