鉄拳 7 リロイ。 鉄拳7 リロイ フュージョン対策

鉄拳7 リロイ フュージョン対策

鉄拳 7 リロイ

鉄拳7のリロイによるフュージョンといえば、1LPWP。 この技は中段・中段の連携で、初段がしゃがみステータスであり、発生も16Fと比較的早い。 カウンター時は連続ヒットで、ガード時は2発目が割り込めずカウンターでコンボ始動となる。 そして2発目を ガードされても-9Fで確定反撃がない。 Ver3. 20にてガード-10Fに変更されたため、ワンツー系の反撃が確定となった。 そのため、適当に振っても結構強いリロイの厨技。 20でまさにそうなりました) 対策について考える フレームで潰す 初段のしゃがみステータスの発生は「7F」である。 つまり、リロイ側が-3Fまでのフレームであればジャブに対して1LPで潜ることができる。 -3Fというのはリロイのフラヒ(9RK)ガード後のフレーム。 なかなか面倒くさいフレームになっている。 ただ初段の発生は16Fなので、不利から打ってくるのであれば、適当な中段を振ればカウンターヒットさせることができる。 しかし、そのような中段狙いをするとリロイの10Fカウンター(LPLPWPLP)や、11Fカウンター(4LP)を被弾してしまう、という読み合いになっている。 読み合いのリスクリターンとしてはあまり張り合うメリットはない。 右横歩きで避ける 打ってくるのが読めたら右方向に横歩きすることで2発とも回避することができる。 ただそこまで横にペラペラではなく、リロイ有利から打ってくる場合は安定して避けられるが、リロイ側が少し不利な状況からだと引っ掛かる。 リロイ有利でもバンバン振ってくるなら右横歩き、と覚えておきたい。 ジャンプして避ける 初段は姿勢が低く、打点も比較的低いためにジャンプ系の技だと飛び越えることができる。 吉光の場合は9RPの鞍馬一刀を打つと飛び越えた上で2発目にカウンターをとれる。 これは2発目が上段派生でも関係がないので、読み合いがハマると大きい。 リロイ有利から打たれた場合は飛べずに引っ掛かってしまうので、リロイ微不利から狙えるものだと覚えておこう。 ただ鞍馬ぶっ放しはあまり推奨できるものではないので、まあガードされないなと思ったときにでも。 鞍馬よりさらに推奨するものではないが、前ジャンプで飛び越えてから振り向いて睨ぎ白道を狙うこともできるぞ。 壁背負って納刀ブレード 壁背負い時であればブレードが届く。 ただし、 納刀限定である。 Ver3. 20でガードモーションが変更になり、納刀ブレードは入らなくなった。 Ver3. その他、吉光であればブレード・華輪・金打をもっと活用したいところなのだが…華輪は2発目回避後ジャブ確定程度な上、位置が入れ替わることがあり華輪キャンセルが安定しない。 金打は当身八咫烏が確定しない。 なかなかに対応は面倒な技である。

次の

鉄拳7 リロイ フュージョン対策

鉄拳 7 リロイ

鉄拳7のリロイによるフュージョンといえば、1LPWP。 この技は中段・中段の連携で、初段がしゃがみステータスであり、発生も16Fと比較的早い。 カウンター時は連続ヒットで、ガード時は2発目が割り込めずカウンターでコンボ始動となる。 そして2発目を ガードされても-9Fで確定反撃がない。 Ver3. 20にてガード-10Fに変更されたため、ワンツー系の反撃が確定となった。 そのため、適当に振っても結構強いリロイの厨技。 20でまさにそうなりました) 対策について考える フレームで潰す 初段のしゃがみステータスの発生は「7F」である。 つまり、リロイ側が-3Fまでのフレームであればジャブに対して1LPで潜ることができる。 -3Fというのはリロイのフラヒ(9RK)ガード後のフレーム。 なかなか面倒くさいフレームになっている。 ただ初段の発生は16Fなので、不利から打ってくるのであれば、適当な中段を振ればカウンターヒットさせることができる。 しかし、そのような中段狙いをするとリロイの10Fカウンター(LPLPWPLP)や、11Fカウンター(4LP)を被弾してしまう、という読み合いになっている。 読み合いのリスクリターンとしてはあまり張り合うメリットはない。 右横歩きで避ける 打ってくるのが読めたら右方向に横歩きすることで2発とも回避することができる。 ただそこまで横にペラペラではなく、リロイ有利から打ってくる場合は安定して避けられるが、リロイ側が少し不利な状況からだと引っ掛かる。 リロイ有利でもバンバン振ってくるなら右横歩き、と覚えておきたい。 ジャンプして避ける 初段は姿勢が低く、打点も比較的低いためにジャンプ系の技だと飛び越えることができる。 吉光の場合は9RPの鞍馬一刀を打つと飛び越えた上で2発目にカウンターをとれる。 これは2発目が上段派生でも関係がないので、読み合いがハマると大きい。 リロイ有利から打たれた場合は飛べずに引っ掛かってしまうので、リロイ微不利から狙えるものだと覚えておこう。 ただ鞍馬ぶっ放しはあまり推奨できるものではないので、まあガードされないなと思ったときにでも。 鞍馬よりさらに推奨するものではないが、前ジャンプで飛び越えてから振り向いて睨ぎ白道を狙うこともできるぞ。 壁背負って納刀ブレード 壁背負い時であればブレードが届く。 ただし、 納刀限定である。 Ver3. 20でガードモーションが変更になり、納刀ブレードは入らなくなった。 Ver3. その他、吉光であればブレード・華輪・金打をもっと活用したいところなのだが…華輪は2発目回避後ジャブ確定程度な上、位置が入れ替わることがあり華輪キャンセルが安定しない。 金打は当身八咫烏が確定しない。 なかなかに対応は面倒な技である。

次の

「鉄拳7」,有料DLCの新キャラ「巌竜」「リロイ」と,データの詳細表示が可能なフレームデータディスプレイが配信。「ファーカムラム」のPVも

鉄拳 7 リロイ

もくじ• 鉄拳7Season3 新ナンバリングではなく鉄拳7のメジャーアップデートとして発表されたシーズン3。 動画中では すべてのキャラに新しい技のアップデートを予告している。 動画最後に出てくる いつものテンプレートでは、キャラの追加予告と、プレイデータの統計、プラクティスモードの拡張、マイリプレイやUIの改善を予告している。 プレイデータの統計はおそらく投げ抜け率や下段のガード率などが集計される?大昔の鉄拳ネットであった機能。 あくまで予測。 キャラ追加に至ってはシーズン2が6キャラに対し、テンプレート通りでいくならば4キャラ分しか枠がない。 うち2枠は今回のムービーで公表。 アップデートスケジュールはシーズン3公開が2019年9月、第二弾キャラ追加とフィーチャーが2019年冬、第三弾キャラ追加とステージ追加?が2020年春、としている。 中でも気になるのは 第二弾のフィーチャーという枠。 フィーチャーといえば特集だとかそういう意味であるが、いったい何のことやら… 新ナンバリングの発表であったりとか…? ステージも気になる。 シーズン3の最終弾でありながらキャラではなくステージとは…鉄拳6のキャラやシナリオを少し引っ張ってきてるあたり、6のステージがリユースされるのかな?アザゼルステージとか羊ステージがいいな~。 おかえりザフィーナ!レッツレヴィアたん。 っつーーーーわけで復帰キャラ! ザフィーナ。 鉄拳6において初登場し、ストーリー的にはかなり重要な位置を担っていたキャラながら、6のストーリーはかなり突出していたというか結構ファンタジーだったんでかなりリアル寄りな7には絡めるはずもなく使い手たちは絶望していた…はず。 動き的には完全にイロモノ枠なのだが、ストーリーもがっちり絡むし本人真面目だしキャラ的にもすっげー触れづらいポジションを務めていた彼女! あらセクシー…。 スマートに後ろで縛っていた髪の毛を解放し、また体にぴったりピッチリな青紫の衣装を纏い登場。 その手は水晶を持ち、持つ手は何かが憑依合体している。 ふーん…エッチじゃん…。 エロイッ!!!!!!!!!!!髪型ひとつでこんなにも印象が変わるとは…よく見るとアイメイクも真っ黒パンダ目だった6から青いシャドーに変わっている…エチエチお姉さん爆誕!!!! ザフィーナの持つ水晶の正体 登場ムービーを見ると、6OPのアザゼルが覚醒するシーンを映した水晶にヒビが入るシーンから始まる。 この玉はおそらく家庭用鉄拳6のアザゼルが絡むEDで出てくる玉で、アザゼルの悪しき気そのものが封印されている…はず。 6EDでは、デビル仁はデビルの力をこの玉に吸い取られ、巌竜は逆にデビルの力を得、デビル巌竜としてパワーアップしている。 ファランはデビル化しかかるも、誘惑を断ち切り、玉を破壊する。 6の正史は誰が優勝した、ではなくシナリオキャンペーンモード自体で完結している…はずなので、仁がアザゼルと共に消滅しようとし、仁は生き残っていた。 だが実はアザゼルも玉だけ残っていたんだろう ちなみにザフィーナのEDではアザゼルが封印されている神殿と共に消滅した。 動きとオーバーソウル・アザゼル ザフィーナは6もTTもキャラランクが結構下位でレアキャラであり、セクシー女優の小澤マリアに似ているだのいろいろ言われていた。 レアキャラ故、田中も対戦経験がかなり乏しい。 構えも多く技のモーションも奇怪な 初心者殺しのようなキャラでありながら、カポエラのように ガチャプレイでそれなりに戦えるわけでもなく、特別優秀な 大きい下段も無ければ浮かせも遅いなんとも言えないキャラであった。 一応 バクステの性能が一番高かったはず。 動きが奇怪故に潜り性能が非常に高く、ラースのトリガー以上の潜りを持つ技を持っている。 ザフィーナだから許されてるところある。 動画を見てみると、おおなんと懐かしい動きか。 声もモーションもそのまんまだ。 今までバウンドとして対応していた足技(スケアクロウ中WK)がスクリュー対応になっている。 モーションも縦に振り下ろす動きからやや横に動いているような気がする。 リリのクロワゾネみたいな… お次のカットはアザゼルと 憑依合体 オーバーソウルしたっぽい手だ。 立ち絵にも描写してあり一番気になるところ。 もちろん戦闘でも使ってくれる。 モーションも当たり前ながら新規だが、なんと 声も新録!めちゃくちゃ叫び声をあげながらアザゼルの手で殴りつけている.

次の