ある日お姫様になってしまった件について 75 英語。 「私の肌、美しすぎる…?」: 会計士ママのお金の使い方

久山 薫/氷河期世代の生き残り日記

ある日お姫様になってしまった件について 75 英語

城内 康伸 17時間前 北朝鮮が16日、2018年に韓国との首脳合意で設置された南西部・開城工業団地内の南北共同連絡事務所を爆破した。 金正恩朝鮮労働党委員長を補佐する妹の金与正党第1副部長が談話で「遠からず、無用な連絡事務所が跡形もなく崩れる悲惨な光景を見ることになるだろう」と予告して、わずか3日後のことだった。 韓国国防部が同日夜に公開した、連絡事務所の庁舎が爆破で黒い煙を噴き上げて崩れる様子を映した映像を見ながら、私は、北朝鮮関係者が昨年春に漏らした不満を思い出していた。 「南朝鮮は(18年4月の)板門店宣言以降、北南経済協力の推進を声を大きくして主張してきた。 だが、口先だけで何もしない」。 私は今回の超強硬策について「北が業を煮やした結果だ」と確信した。 私は昨年9月までの4年間、北朝鮮を担当する記者として北京で過ごした。 赴任中には彼の国と中国を往来する人々と頻繁に接触した。 そして今月、主に赴任期間に入手した北朝鮮の内部資料約1400件を基に、閉鎖国家の実相に迫ろうと試みた『金正恩の機密ファイル』(小学館新書)を上梓した。 先の北朝鮮関係者は、北京で付き合った人物のひとりだ。 「南朝鮮は約束を守らない」 連絡事務所の爆破は、北京で定期的に会った別の北朝鮮当局者の発言も想起させた。 この当局者は、戦前の従軍慰安婦問題や朝鮮半島出身の徴用工問題に通暁していた。 当局者がある日、同伴していた部下に対して、こうした問題について、「日本は南朝鮮との間で合意を基に相応の責任を取った」と説く様子を見て驚いた。 北朝鮮の公式メディアは「過去の清算」を巡り、そろって日本を激しく批判しており、この当局者の発言は異質に聞こえたためだ。 韓国の文在寅大統領は慰安婦問題をめぐる15年末の日韓両政府間の合意を事実上白紙化した。 日本政府が1965年の日韓請求権協定で解決済みとの立場を取る韓国人元徴用工問題で、韓国の最高裁判所は18年秋の判決で日本企業に賠償を命じた。 先の北朝鮮当局者が強調したのは、次の点だった。 次のページ「南朝鮮は主人(米国)の顔色をうかがうだけ」.

次の

夏休みと、嬉しかったこと:プラバールのごはん日記

ある日お姫様になってしまった件について 75 英語

公開:1963年 原作:T・H・ホワイト『永遠の王』第1部「石に刺さった剣」 時間:79分 舞台は5世紀後半から6世紀初め頃。 『アーサー王物語』で名高いブリトン人の君主アーサー王の少年時代を描いたストーリー。 後にアーサー王となる主人公ワートは、か弱そうな少年で、城に使える兵士の家来として働いていたのですが、ある日魔法使いの老人マーリンに出会ったことから、彼の弟子となり、王になるためのさまざまな修行を受けることになります。 アーサー王伝説は円卓の騎士とかが有名で、物語自体も剣を抜いたところから始まりますが、この映画はその剣を抜く前に何があったのかを綴ったストーリーだというところがおもしろい。 マーリンが映画の最後に言った「映画というのは……コマーシャルがないやつさ」という台詞が、幼少時代の僕の映画の定義としてずいぶん長い間定着していた。 第14位 バンビ 公開:1951年 原作:ルイス・キャロル『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』 時間:75分 ルイス・キャロルの名作小説をもとにした作品。 少女アリスが白ウサギの後を追って大きな穴に落ちてしまい、気づけばそこは全く知らない不思議な国に迷い込んでしまった。 アリスはそれでも白ウサギを探そうとしていく中で、さまざまな不思議な生き物たちと出会う。 双子のトゥイードルやドードー鳥、イカれ帽子屋、三月うさぎ、 チェシャ猫、ハートの女王など、どの登場人物も不思議な個性あふれるキャラクターです。 ルイス・キャロルの小説版も好きで、小説と比べると論理学というか言葉遊び的な要素はカットされてしまっていますが、その分ディズニーならではの映像美があります。 不思議の国のアリスといえば、ディズニーとは関係ないけど、こちらの記事もおすすめです。 第11位 ビアンカの大冒険 公開:1990年 原作:マージェリー・シャープの小説 時間:77分 1977年に上映された『ビアンカの大冒険』の続編。 ディズニーの続編ってクオリティが明らかに下がるものが多い中、この作品は続編の方がおもしろいのではないかと思うくらいのクオリティ。 舞台はオーストラリアの大自然で、密猟者に捕まった一羽の巨大な大鷲「ゴールデン・イーグル」と少年コーディーを救うために、ネズミのビアンカとバーナードが救出作戦を行うストーリー。 ネズミの世界が可愛らしく描かれており、小さなネズミが大きな動物や子供を救い出し、敵と戦うストーリーは見ていて楽しいし、ゴールデン・イーグルが少年コーディを乗せて空を飛ぶシーンは壮観。 チップとデールとはまた違った面白さがある作品です。 第10位 トレジャー・プラネット 公開:2002年 原作:ロバート・ルイス・スティーヴンソン『宝島』 時間:95分 ディズニー長編アニメ映画の中では、あまり知られていない作品ですが、僕はめちゃくちゃ好きな映画。 壮大な宇宙を舞台として、15歳の少年ジムが、仲間たちとともに宝の惑星「トレジャー・プラネット」を目指し、宇宙船で旅をする物語。 15歳で自分の将来や才能に悩む少年が、旅を通して成長していく姿は、映画を初めて見た当時の自分と重なるところがあって、とても共感しながら観た記憶があります。 ディズニーアニメによくあるミュージカル部分はなく、SFアクション映画として大人も楽しめる作品だと思います。 ストーリーも登場するキャラクターもとても面白いのでとてもオススメです。 第9位 ウォーリー 公開:2008年 監督:アンドリュー・スタントン 時間:97分 800年後の未来の地球。 環境汚染が進み、地球は人が住むことができないまでに荒廃してしまった。 人類は地球を捨て、宇宙船「アクシオム」で生活し、動かずとも機械がすべてやってくれる環境の中で、体型は超肥満化し、人と直接関わることもなくなってしまっていた。 一方、人類がいなくなった地球で、700年間一人(一台?)黙々と作業を続けるゴミ処理ロボット「WALLY(ウォーリー)」がいた。 長年の作業の中で、ウォリーはシステムエラーから「感情(心)」を持つようになっていた。 ある日、ウォーリーの前に、美しいロボット「EVE(イヴ)」が現れ、二人(二台?)は仲良くなるが、イヴは宇宙船に回収され消えてしまう。 イヴを追いかけ、ウォーリーは宇宙へ冒険に出る。 とにかくウォーリーがカワイイ。 ただ、ウォーリーがカワイイというだけじゃなく、環境問題にも警鐘を鳴らした考えさせられる作品です。 テーマとしてはアニメ「freedom」と通じる部分があります。 アンドリュー・スタントンが監督を務めた作品。 ってかアンドリュー・スタントンって凄すぎる。 トイ・ストーリー、バグズ・ライフ、モンスターズ・インクからトイストーリー3まで、ほとんどのPixar作品の原案・脚本・監督・製作総指揮などで関わってる。 ジョン・ラセターもすごいし、アンドリュー・スタントンもすごい。 第8位 ムーラン 公開:1998年 原作:『花木蘭』 時間:88分 中国の伝説的昔話『花木蘭』をもとにした作品。 中国の昔、騎馬民族フン族が国に侵入したことを受け、徴兵令が発せられた。 女性らしく振舞うことが苦手な明るい娘のファ・ムーランは、足の悪い父に代わり、男装して従軍する。 女であることがバレれば、処罰されるだけでなく、家の名にも傷をつけてしまうリスクを背負い、厳しい訓練で打ちひしがれるも、機転と発想で徐々に力を伸ばし、そして仲間と共に強力な軍隊へと成長していく。 そして、いざフン族との戦いに出立し、成果を上げるも、あることがきっかけで女であることがバレてしまう……。 日本国内では、あまり興行収入が振るわなかったみたいですが、めちゃくちゃカッコイイ映画です。 ディズニーアニメの枠を超えたかっこよさだと思う。 作品内で歌われるミュージカル調の曲が良い。 特に、厳しい訓練中の『闘志を燃やせ!』は最高。 最初辛い訓練と他の訓練兵からのいじめなどで、挫折しそうになりながらも、それを乗り越え、仲間からも認められていき、仲間と共に成長していく映像が、曲とマッチして非常にクールです。 第7位 ファインディング・ニモ 公開:2003年 監督:アンドリュー・スタントン、リー・アンクリッチ 時間:100分 カクレクマノミのマーリンは、巨大な魚に襲われ、妻や自分たちの卵を失った。 しかし、一つだけ卵が残っており、彼はその子を「ニモ」と名付け、もう二度と危険な想いをさせないと誓い、ひっそりと大切に育てた。 そして、元気な子供に育った息子ニモだったが、超過保護な親に嫌気がさし、マーリンの言いつけに背いて大海へ出てしまう。 しかしその直後、人間が現れニモを捕まえる。 マーリンは必死に追いかけるも、ニモを乗せたボートはどこかへ去ってしまう。 自分の息子を取り戻すため、マーリンの命がけの冒険が始まる。 過去の辛いトラウマから、警戒心が強く、危険を冒さず、他人(魚?)を信じないマーリンが、ナンヨウハギのドリーと旅をして、さまざまな経験をしていく中で、人を信じること、チャレンジすることの大切さに気づいていく姿、そして息子を思い、命がけで助けようとする姿は、非常に学べるものがある。 海の中という舞台を、美しいCGアニメで作り上げたピクサーには拍手喝采を贈りたい。 第6位 モンスターズ・インク 公開:2001年 監督:ピート・ドクター 時間:94分 この映画作品の好きなところは、考えもつかないような発想力あふれるアイデアがふんだんに盛り込まれているところです。 そもそもの設定、「モンスターたちは、子供を脅かすことで悲鳴エネルギーを集め、それを電力源として利用している。 そのための電力会社として活動している会社がある」というストーリーを考えた発想力自体がすごい。 ドアを使って選んだ子供の家に移動することや、実はモンスターたちは逆に人間の子供を怖がっている、というアイデアもどんどんストーリーに引き込まれていく魅力がある。 ビッグフットや雪男などの伝説的なモンスターをうまく関連させているところも面白いです。 ピクサーは、キャラクターの雰囲気にあった人を声優に用いるらしく、サリー役のホンジャマカの石塚さんやマイク役の爆笑問題の田中さんは、キャラに超適任ですね。 笑いあり、涙ありの感動ストーリーです。 第5位 美女と野獣 公開:1991年 原作:フランス民話『美女と野獣』 時間:84分 恋人とカップルで観るなら、絶対にこの映画でしょう。 本当の愛とは、自己犠牲を厭わないものだと教えてくれる作品。 この映画もミュージカル調で、映画中に登場する曲はどれも名曲ですが、やっぱり『Beauty and The Beast(ビューティー・アンド・ザ・ビースト)』が良いですね。 アニメ史上初のアカデミー賞作品賞ノミネート作品でもあります。 「最後に野獣がイケメンの王子に戻る部分は蛇足ではないか?」という意見もありますが、これは確かにわからんでもない。 でも、やっぱり人は美女とイケメンを求めているんだろうなぁ。 (をご参考) ちなみに、ロウソクに変身させられていたルミエールの恋人であり、羽根ばたきにされていたメイドのフェザーダスターの方が、実はベルより美人じゃないかと思う時がある。 第4位 バグズ・ライフ 公開:1998年 監督:ジョン・ラセター、アンドリュー・スタントン 原作:『イソップ物語』 時間:97分 アリの国アント・アイランドは、毎年夏になると、ホッパー率いるバッタの集団が来襲し、貢ぎ物の食料を取りにやってくる。 アリたちは恐怖に震える中、ドジな発明を繰り返す主人公アリのフリックは、皆んなが用意した貢ぎ物をすべて川に沈めてしまった。 フリックはその責任を取り、次のホッパーたちの襲来までに、強い味方になってくれる助っ人の虫を探すため、都会へと旅立つ。 「たとえ小さな存在でも、勇気を出し団結すれば、大きなものをも動かせる」というテーマと、「失敗ばかりの人でも、未来を信じて挑み続ければ、その種は必ず大きな木へと成長していく」というテーマが織りなすストーリーは、見ていて素直に楽しく面白い。 そういえばテーマが絵本のスイミーに似てる。 公開:1995年 監督:ジョン・ラセター 時間:81分 ピクサー初の長編アニメ映画となった作品。 ピクサーの名を世界に知らしめた言わずと知れた超名作です。 声優にはウッディー役にトム・ハンクス、バズ役にティム・アレンが起用され、日本ではウッディー役に唐沢寿明、バズ役に所ジョージが起用されるという豪華な顔ぶれで、しかも声もめちゃくちゃフィットしてます。 カウボーイ人形のウッディーは、持ち主の男の子アンディーが一番お気に入りなおもちゃだった。 ウッディーは他のおもちゃからも信頼されており、みんなのリーダー的存在だった。 そんなある日、アンディーの一家が引越すために開いたお別れパーティーで、アンディーはあるおもちゃ人形をプレゼントされる。 そのおもちゃは、今流行のアニメの主人公をモデルにした最新のおもちゃ、スペースレンジャーのバズ・ライトイヤーだった。 そのバズは、自分が本物のスペースレンジャーだと思い込んでおり、最新の機能を搭載したつくりに他のおもちゃからも人気者になる。 バズの登場により、アンディーのお気に入りの座を奪われ、他のおもちゃからの人気も落ちてしまったことに嫉妬したウッディーは、バズにいたずらを仕掛けるが、ひょんなことからバズは窓から家の外に落ちてしまい、他のおもちゃから責められ、ウッディーも追い出されてしまう。 そして、二人はガソリンスタンドに置き去りにされてしまった。 果たして二人は無事に家に帰れるのだろうか。 というストーリー。 二人で帰還のための旅をする中で、お互いを助け合い、友情が芽生えてくる姿は素直に感動できる。 そして、本物のヒーローだと思っていた自分が、実はただのおもちゃだったと気づいてしまうバズの心境。 子供向けの映画の枠を超えたものがあり、大人も観ていて熱くなるものがある。 最後までハラハラドキドキさせてくれる最高の作品です。 ピクサーの創設者で当時CEOだったスティーブ・ジョブズは、ここに来るまでに5,000万ドル以上を投資していた。 ジョン・ラセターの才能と技術力がなければピクサーはなかったけれど、そのビジョンを信じ出資したジョブズも本当にすごいと思う。 さらに続編の『トイ・ストーリー2』、『トイ・ストーリー3』もめちゃくちゃ面白い作品です。 特に『トイ・ストーリー3』は、悲しい別れとおもちゃへの愛情と想いが涙無くしては見れない感動のストーリーです。 『トイ・ストーリー3』を観るためにも、1、2を是非観てほしいところです。 公開:1992年 原作:『アラジンと魔法のランプ』 時間:90分 貧しいが心優しい青年アラジンが、魔法のランプを手に入れ、ランプの精「ジーニー」の力を借り、アリ・アバブア王子に変身して、偶然街で出会い惹かれた王女ジャスミンに会うため、憧れの王宮へ行く。 しかし、王国を手に入れようと企む国務大臣のジャファーがランプを奪い、王国に転覆の危機が迫る。 そして、アラジンの正体が王子ではなく、貧しいコソ泥であることがバラされてしまい……。 ディズニーの良い長編映画に共通して言えることですが、主人公以外のキャラも一人一人個性豊かで面白い。 魔法のじゅうたんまで擬人化してキャラ付けしているところもさすがだと思う。 そして、この作品の中心的キャラクターであるランプの精「ジーニー」のキャラが、この後のディズニー作品のキャラクター設定にも多大な影響を及ぼしただろうと思う。 実際、この映画以降に作られた作品では、ジーニーのようなテンションのキャラがほとんどの場合登場するようになっている。 (山寺宏一さんの声優も定着化した)そして、それによってキャラによるコメディ色を強める見せ方も作られた。 そう考えると、アラジンはディズニーアニメの新たなスタートとなった作品だと思う。 アラジンは続編も2と3があり、パート2の『ジャファーの逆襲』では、ランプに封印したジャファーが復活し、強力な魔法の力を持ってアラジンへ逆襲を図るストーリー。 完結編のパート3は、『盗賊王の伝説』 1より見劣りはしますが、パート1のその後のが描かれているので、アラジンファンなら観れば楽しい作品だと思います。 公開:1994年 時間:88分 そして個人的ランキングの栄えある第1位は、やっぱりこの作品、『ライオンキング』。 この作品には見どころが満載すぎて、語りつくせない。 でも、やはり一番好きなシーンは大人になったシンバが、心の中で生き続けている"父"ムファサが空に現れ、「Remember who you are. (思い出せ、お前が誰かを)」と言い、シンバの役目を思い出させるシーン。 ここのシーンは実写映画を含めても名場面として取り上げたい感動シーン。 過去に問題にもなった時期があるけれど、たしかに手塚治虫の『ジャングル大帝』にはストーリーが酷似していると思う。 でも、たとえ似てたとしても、レオはレオで良いし、シンバはシンバで良い。 どっちもめちゃくちゃ面白い映画作品だということに変わりはないだろう。 余談ですが、学生時代、英語の勉強のため、先生の勧めでライオンキングを最初から最後まで英語の台詞をすべて丸暗記した。 だからといって英語力の成長はあまり実感できなかったけど、その数年後ブロードウェイのミュージカル『LION KING』を観に行った際、おかげで役者さんが喋っている内容が全て聞き取れた。 どこで有益なことに結びつくかわからないけど、思い立ったらやってみるもんだなと実感した。 あとがき 他にも『ファンタジア』や『シンデレラ』、『白雪姫』、『眠れる森の美女』、『ポカホンタス』などなどディズニー映画で素晴らしい作品はいっぱいありますが、今回は個人的に好きなランキング15位までで厳選してみました。 ピクサーでも『カールじいさんの空飛ぶ家』や『メリダとおそろしの森』、『レミーのおいしいレストラン』なんかも傑作ですよね。 ディズニー映画は、家族でまったりとホームドラマとして観ることもできますし、恋人とカップルで楽しく恋愛ドラマ映画として観ることもできます。 もちろん、一人で観ても、冒険やファンタジーの世界を旅することで、僕たちに勇気と感動を与えてくれます。 何度も見たくなる作品ばかりだし、映画を見てたら、ディズニーランドやシーに行きたくなること間違い無しですね。 それと、実はランキングに入れたかったけれど、ランキングに入れれなかったピクサー映画作品があります。 これがこちら。 『Mr. インクレディブル』です。 公開:2004年 監督:ブラッド・バード 時間:115分 なぜランキングに入れられなかったかというと、この作品はピクサーのみで制作した映画で、当時はディズニーは関わっていないので、正確に言えばディズニーアニメ映画ではないため。 でも今はディズニーが配給してるし、やっぱりすごく好きな作品だから紹介しちゃいます。 ミスターインクレディブルは、特殊能力(スーパーパワー)を持つ家族が、ヒーローになりたいために本物のヒーローを犠牲にし、街を侵略しようと企む敵と戦うストーリー。 才能があってもそれを活用できる場がなければ、ただの厄介者扱いされてしまうヒーローたちの嘆きが、これまでのヒーローものと一線を画しています。 X-MENやワンピースしかり、特殊能力のバトル物はアクション映画として面白いですし、家族の大切さ、素晴らしさを改めて気付かせてくれる作品です。 エドナー・モードの「過去は振り返らないの。 今が見えなくなるから」という言葉はすごい名言だと思う。 ディズニー好きとしては是非書いてみたかった記事ですが、いざランキングつけようと考えると相当考えますね。 だってどれもおもしろいもんw これからの季節、クリスマスや年末年始、ゆっくりできる休日を使って、ディズニー映画をまた観たいですね。 ではっ! よければこちらもどうぞ majicpie.

次の

無料漫画、おすすめ試し読みマンガ満載!|コミックウォーカー

ある日お姫様になってしまった件について 75 英語

『 可愛ければ変態でも好きになってくれますか?』(かわいければへんたいでもすきになってくれますか)は、によるの。 イラストはsuneが担当している。 ()より2017年2月から刊行されている。 公式略称は『 変好き』。 2020年1月時点で、累計発行部数は75万部。 可愛ければ変態でも好きになってくれますか? ジャンル 、 小説 著者 イラスト sune 出版社 レーベル 刊行期間 2017年2月 - 巻数 既刊10巻(2020年4月現在) 漫画 原作・原案など 花間燈 作画 CHuN 出版社 KADOKAWA 掲載誌 レーベル 発表号 2017年12月号 - 発表期間 2017年11月9日 - 巻数 既刊5巻(2020年4月現在) 漫画:可愛ければ変態でも好きになってくれますか? アブノーマルハーレム 原作・原案など 花間燈 作画 出版社 掲載サイト レーベル 発表号 vol. 07 - vol. 13 巻数 全1巻 ドラマCD 発売元 発売日 2018年5月25日 話数 7 アニメ 原作 花間燈 監督 シリーズ構成 キャラクターデザイン 伊藤陽祐 音楽 アニメーション制作 製作 変好き製作委員会 放送局 ほか 放送期間 2019年7月 - 9月 話数 全12話 - プロジェクト ・・ ポータル ・・ メディアミックスとして、コミカライズ版が『』(KADOKAWA)にて2017年12月号より連載中。 2018年5月にはからが発売され 、2019年7月から9月まではテレビアニメが放送された。 下着が添えられた名無しのラブレターの差出人の正体を探す主人公が、知り合いの女子たちの隠された特殊性癖を垣間見ていくこととなるラブコメディ。 この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2019年4月)() 第1巻 主人公・桐生 慧輝は、生まれて初めてラブレターを受け取る。 そのラブレターには、差出人名は記されていなかったものの、女物の白いパンツが添えられていた。 慧輝は自分の周囲にいる少女たちの中から差出人を突き止めることにした。 第2巻 慧輝は自分の周りの少女たちが変態だらけであることにあきれつつも、差出人捜しを続ける。 そんな中、生徒会副会長の彩乃が慧輝に近づく。 第3巻 夏休みのある日、書道部の面々は、優待券を手に隣町のプールに遊びに行く。 第4巻 夏休み後半、慧輝は瑞葉からの猛烈な恋愛表現に嫌気がさし、家を飛び出すも、行く当てがなかったため、結局戻ってくる。 そして、瑞葉もまた変態であることが判明するのであった。 第5巻 慧輝は、自分に好意を寄せてくる少女たちから変態性をなくせばよいと考え、行動に移す。 第6巻 書道部は、生徒会から活動実績が無いことを指摘された上、部費の使い込みも発覚した。 慧輝は、生徒会の人質として臨時役員にされてしまう。 第7巻 書道部の面々は、生徒会から使い込み分の返済を命じられ、文化祭でメイド喫茶を運営することにした。 第8巻 会長からストーカー被害を相談され、事件について捜査する。 第9巻 学校行事として林間学校に行く。 第10巻 恵と彩乃の一騎打ちとなった生徒会長選挙。 優勢と思われていた彩乃陣営に、何者かがスキャンダルのデマを広めてしまう。 誕生日は10月11日。 真緒や翔馬と同じ2年B組の生徒で、図書委員と書道部に所属している。 妹の瑞葉を溺愛するシスコン兄であり、それが原因で周囲から白い目で見られることもしばしば。 突如部室で自分宛てのラブレターとパンツを手にした事で、誰がシンデレラなのかを調べるために自分の周りにいる女子達を調査していたが、彼女達の裏の顔を知るきっかけとなってしまう。 物語序盤ではシンデレラ探しに専念するが、後に小春と翔馬の恋のキューピッド役や生徒会の臨時役員も務める。 紗雪ら書道部の面々や生徒会メンバーの彩乃については、好意は持っているものの、普通の恋がしたいと思っているため、変態である彼女らを恋愛対象としては見ていない。 慧輝の先輩。 容姿端麗な書道部部長の3年生。 メインヒロインの4人の中では一番の巨乳で、よく慧輝の視線の的となっている。 幼いころから書道を習っていて、日々鍛練を積んでいるが、掃除は苦手で部室が半紙が散らかっていたり墨で汚れていたりすることも多い。 慧輝をからかうのが好きな小悪魔な性格だが、天然でツンデレな一面も。 唯花とは犬猿の仲で、日頃からしょっちゅう口喧嘩している。 清楚な雰囲気を醸し出しているが、その正体は慧輝の飼い犬になりたがっている変態ドMで、メイド服を着て慧輝の前に現れたり、過激なお仕置きをおねだりしたりする。 嫉妬深い性格で、慧輝が他の女子と仲良くしている様子を見るとマーキングと称し、慧輝の身体を舐め回したりする。 部員が足らず廃部寸前だった書道部を救ってくれた慧輝にずっと恋心を抱いており、変態な言動も純粋な好意によるものである。 慧輝の後輩。 本が好きな図書委員と書道部所属の1年生。 母方の祖母(声 - )がイギリス人で父親は日本人のクォーターの金髪碧眼。 だが、日本人離れした可憐な容姿とは裏腹に、英語が苦手で、中身は純和風な女の子。 素直で明るく天使のような笑顔が魅力的だが、その正体は慧輝を調教したがるドSな変態女王様で、自分のパンツを慧輝の口の中に詰めこんで気絶させたことも(これは慧輝のトラウマになっている)。 将来の夢は絵本作家で、「恥ずかしがりやのお姫さま」という絵本をかいている。 高校に進学したばかりの頃は無機質で、周囲をよせつけない雰囲気を出して孤立も受け入れていたが、そんな自分にいつも声をかけてくれた慧輝に惹かれ、恋心を抱くようになった。 慧輝にプロポーズ(勘違い)されて赤面しながら承諾するなど、純粋な好意も垣間見る。 自分が貧乳であることを気にしており、恋のライバルで巨乳な紗雪のことを魔女先輩と呼び、対立している。 慧輝の妹。 書道部所属。 誕生日は3月3日。 幼いころに両親を亡くし、桐生家の養子になった。 気配りやさんでよく慧輝の悩みを聞いている。 また、甘えたがりで慧輝に頭を撫でてほしいとおねだりしたりする。 潔癖症で家はいつも清潔、家事は何でも得意な理想の妹だが、その正体は自分の下着姿を撮りまくる露出狂で、ノーパン登校は日常茶飯事。 変態性が発覚してからは夜這いや裸エプロンなど大胆な行動が目立つ。 また、慧輝に自分以外の裸を見たりするのは許さないと静かに怒るなど、ヤンデレ的な一面も垣間見えるようになる。 前から慧輝のことは兄としてではなく1人の男の子として恋心を抱いており、1日限定で彼女にしてもらったこともある。 慧輝の同級生。 書道部所属。 慧輝と翔馬とは幼馴染み。 アーケードのゲームが好きでよく慧輝と翔馬と3人でゲーセンに遊びに行っている。 不器用な性格でツンデレ。 気が置けない同級生の正体は、慧輝と翔馬をモデルにしたほぼ生モノ系BL作品「ショートケーキシリーズ」を描く腐女子。 正体が明かした際に、ネタのために慧輝に翔馬と恋人関係になれと迫るが実は、真緒自身もなりたくなかった図書委員を慧輝が代わってくれたときから慧輝に恋心を抱いている。 紗雪らとは違い、慧輝への好意を周りに隠している。 慧輝には何度か遠回しに告白したことはあるが、全て慧輝が鈍感なせいや、返事を聞くのが怖くて真緒自身が「冗談」などと誤魔化すせいで失敗している。 鳳 小春(おおとり こはる) 声 - 慧輝の先輩。 天文部部長。 慧輝からはウサギに例えられるほど、小柄でかわいらしい見た目をしていて、よく小学生と間違われる。 鳳建設の社長令嬢で、家はお金持ち。 翔馬のことが好きでストーカーしており、撮りためた写真を天文部の部室に貼りまくったり、「翔馬くん観察日記」を100巻にわたり作ったりしている。 翔馬と仲良くなるために翔馬の親友の慧輝に恋のキューピッド役になってもらった。 翔馬がロリコンであるために仲良くなるのは難しいと思われたが、慧輝の提案で、1年生と偽って翔馬に近づき、仲良くなることに成功する。 そして、自分の本当の学年を明かすとともに翔馬に告白するが、フラれてしまう。 しかし、泣いている小春の姿を見た慧輝が翔馬を説得して、無事付き合うことになった(だが翔馬へのストーカー行為は続けている)。 また、彼女も慧輝の恋の相談を受けている。 藤本 彩乃(ふじもと あやの) 声 - 本作のヒロインの一人。 慧輝の同級生で、生徒会副会長(原作10巻以降生徒会長)。 お菓子作りが得意でよく特製クッキーを慧輝にプレゼントしている。 また、成績優秀で試験前に慧輝のために勉強会をしたりした。 仕事を真面目にこなすと評判が高く、控えめで可愛らしい性格だが、その正体は男子の体臭に興奮する匂いフェチであり、慧輝にくっついては匂いの補充をしたり、トランクスを取ったりしようとする。 階段から落ちたところを慧輝に助けてもらったときに慧輝に恋心を抱くようになり、慧輝が生徒会の臨時役員になったときには正式な役員にならないかと誘うなどしている。 テニス部のエース。 慧輝と真緒とは幼馴染み。 美貌と誠実な人柄ゆえ、異性からの人気が高いが、その正体は幼女を愛するロリコンであり、慧輝も既に周知している。 ロリコンになった原因は、2人の姉がブラコンであるため。 慧輝のラブレターの件で相談に乗っている。 小春と付き合うようになってからは、ほっぺにちゅーしたり、弁当をあーんしてもらうなど、仲睦まじく過ごしているが、彼女のストーカー行為に重さも感じている。 沖田先生(おきたせんせい) 声 - 慧輝ら書道部の顧問の先生。 長瀬 愛梨(ながせ あいり) 慧輝の後輩。 生徒会で会計を担当する1年生。 極度の男嫌いで、慧輝のことを書道部でハーレムを作るヤリチン野郎と誤解し毛嫌いしていたが、慧輝に助けてもらってからは彼への態度も軟化している。 男嫌いになった原因は小学生のときクラスの男子が自分のリコーダーを舐め回しているのを目撃してしまったこと。 紗雪と唯花をモデルにした百合小説を描く百合作家。 鷹崎 志帆(たかさき しほ) 慧輝の先輩で、生徒会長の3年生。 ゲームが好きで、一度始めると声をかけられても気づかないくらい集中する。 好きな人がNTRれるのが好きで、敢えて誤解を招く発言を慧輝にして、紗雪たち書道部員の嫉妬心を煽った。 三谷 凛(みたに りん) 慧輝の後輩。 生徒会で書記を担当する1年生。 初対面の慧輝をけーくん先輩と呼ぶなど、コミュニケーション能力が高い。 女装が趣味で、はじめは慧輝も女の子だと勘違いしていた。 ちなみにこのことは生徒会以外には秘密にしており、男子に告白されることもある。 カエルが大の苦手。 乾 直也(いぬい なおや) 慧輝の先輩。 目つきが悪いため眼鏡をかけている。 かつて文化祭実行委員長を務めていた際、女装した凛に告白するも真実を知って撃沈。 以降はショックを紛らわすために図書室で勉強をしている。 恵と幼なじみで、彼女のことが好きだが、「彼女とは合わない」と発言したため恵に誤解を与えた。 鬼塚 恵(おにづか めぐみ) 慧輝の同級生。 漫画研究部と生徒会副会長(原作10巻以降)の掛け持ち。 重度の眼鏡フェチ。 彩乃と生徒会長選挙で対決。 スローガンは、「校内恋愛禁止」。 直也と幼なじみで彼に告白されたが、直也のことは嫌いではないけれど、「選挙に負けた直後に彼氏を作るとか、応援してくれた人に示しがつかない」と断った。 しかし、2週間経ったら付き合うという長期間のお預けは我慢できない恋する乙女の一面もある。 朱鷺原 実冬(ときはら みふゆ) 紗雪の母。 下着集めが趣味。 慧輝が朱鷺原邸に訪れた際、紗雪の婿になれと言った。 既刊一覧 小説• 『可愛ければ変態でも好きになってくれますか?』 〈〉、既刊10巻(2020年4月25日現在)• 2017年1月25日発売 、• 2017年5月25日発売 、• 2017年9月25日発売 、• 2018年1月25日発売 、• 2018年5月25日発売 、• 2018年10月25日発売 、• 2019年2月25日発売 、• 2019年7月25日発売 、• 2019年12月25日発売 、• 2020年4月25日発売 、 漫画• 花間燈(原作)・CHuN(作画)・sune(キャラクター原案) 『可愛ければ変態でも好きになってくれますか?』 KADOKAWA〈〉、既刊5巻(2020年4月25日現在)• 2018年5月25日発売 、• 2018年11月9日発売 、• 2019年7月25日発売 、• 2019年10月9日発売 、• 2020年4月25日発売 、• 花間燈(原作)・kanbe(作画)・sune(キャラクター原案) 『可愛ければ変態でも好きになってくれますか? アブノーマルハーレム』 〈〉、全1巻• 2020年4月24日発売 、 テレビアニメ 2019年7月から9月までほかにて放送された。 スタッフ• 原作 - 花間燈• 原作イラスト - sune• 監督・全話絵コンテ -• シリーズ構成 -• キャラクターデザイン・総作画監督 - 伊藤陽祐• プロップデザイン - 半田大貴• パンツデザイン - 清水美穂• 美術監督 - Choi Seonguk• 色彩設計 - 近藤直登• 撮影監督・編集 - 堀川和人• 音響監督 -• 音響効果 - 川田清貴• 音楽 -• 音楽制作 -• 音楽プロデューサー - 吉江輝成• プロデューサー - 新井孝介、武石広平、礒谷徳知、相島豪太、臼倉竜太郎、熊川真実、鷹木純一、松本英晃、木村学、村上壮• アニメーションプロデューサー - 堀江拓• アニメーション制作協力 -• アニメーション制作 -• 製作 - 変好き製作委員会 主題歌 「ダイスキ。 」 によるオープニングテーマ。 作詞は、編曲はpw. a、作曲は両者が共同で行っている。 「無謬の花」 によるエンディングテーマ。 作詞は、作曲・編曲は太田貴之とhalu-note、ストリングスアレンジは太田貴之。 「ステラ」 による第7話の特殊エンディングテーマ。 作詞は(TRUEの作詞家名義)、作曲・編曲は。 「流れ星」 Mia REGINAによる第7話挿入歌。 作詞はhalu-note、作曲・編曲はhalu-noteと太田貴之。 各話リスト 話数 サブタイトル 脚本 演出 作画監督 第1話 パンツを落としたシンデレラ!? いまざきいつき• 竹内一将• 三関宏幸• 長尾浩生• 川上俊弘• 水谷剛徳• 菊地シュンスケ• 清水美穂• 吉田肇• 馬場竜一• 佐藤愛架• HAPPY! 2019年3月27日閲覧。 、 2019年7月16日閲覧。 ラノベニュースオンライン 2020年1月3日. 2020年4月25日閲覧。 2017年11月9日. 2019年4月30日閲覧。 2019年4月29日閲覧。 2019年3月24日. 2019年4月30日閲覧。 TVアニメ「可愛ければ変態でも好きになってくれますか?」公式サイト. 2019年4月29日閲覧。 超!アニメディア 2019年4月29日. 2019年4月30日閲覧。 MF文庫J オフィシャルウェブサイト. 2019年4月30日閲覧。 MF文庫J オフィシャルウェブサイト. 2019年4月30日閲覧。 MF文庫J オフィシャルウェブサイト. 2019年4月30日閲覧。 MF文庫J オフィシャルウェブサイト. 2019年4月30日閲覧。 MF文庫J オフィシャルウェブサイト. 2019年4月30日閲覧。 MF文庫J オフィシャルウェブサイト. 2019年4月30日閲覧。 MF文庫J オフィシャルウェブサイト. 2019年4月30日閲覧。 MF文庫J オフィシャルウェブサイト. 2019年7月25日閲覧。 MF文庫J オフィシャルウェブサイト. 2019年12月25日閲覧。 MF文庫J オフィシャルウェブサイト. 2020年4月25日閲覧。 KADOKAWA. 2018年8月19日閲覧。 KADOKAWA. 2018年10月20日閲覧。 KADOKAWA. 2019年7月25日閲覧。 KADOKAWA. 2019年10月13日閲覧。 KADOKAWA. 2020年4月25日閲覧。 白泉社. 2020年3月29日閲覧。 2019年6月27日. 2019年6月27日閲覧。 TVアニメ「可愛ければ変態でも好きになってくれますか?」公式サイト. 2019年4月29日閲覧。 TVアニメ「可愛ければ変態でも好きになってくれますか?」公式サイト. 2019年9月23日閲覧。 TVアニメ「可愛ければ変態でも好きになってくれますか?」公式サイト. 2019年6月25日閲覧。 テレビ放送対象地域の出典:• 2009年10月9日. 2018年10月24日閲覧。 告示第六百六十号. 1988年10月1日. 2018年10月24日閲覧。 2018年10月24日閲覧。 TVアニメ「可愛ければ変態でも好きになってくれますか?」公式サイト. 2019年6月28日閲覧。 2019年6月20日閲覧。

次の