ブレーキ キャリパー 塗装。 キャリパー塗装で必要な2つの条件!どの塗料がおすすめ?

ブレーキキャリパー塗装

ブレーキ キャリパー 塗装

企業情報• 美しい色は目と心を楽しませてくれます。 それはキャリパーでも同じこと。 ブレンボは、1980年代の初頭にカラー塗装のキャリパーを初めて設計・製造しました。 これが世界中で大人気を呼び、ブレンボの赤いキャリパーはトレードマークとなりました。 そしてモータースポーツ界全体において他の追随を許さない存在感を発揮し、高性能の象徴と認識されるまでに至っています。 今日ブレンボが扱うキャリパーの色は、OEM供給とアフターマーケット向け製品を合わせると40色以上にのぼります。 その全部ではありませんが多くの色では、配合する顔料が光や部位に対して耐性が低いことがあります。 また、温度が上昇すると変色する顔料もあります。 つまり、ブレンボがある特定の色でキャリパーを製造しないとしたら、そこには理由があるのです。 ところが、世界中には、奇抜な着色や装飾をほどこしたキャリパーが数多く出回っています。 ブレンボのブランド名を誇らしげにうたったものまであります。 このようなキャリパーの再塗装は、一切ブレンボは行っていません。 ときどき熱狂的なファンが、ブレンボのオプションカラーを真似したい一心で、自分で塗ってみたり業者に塗装を依頼したりすることはあります。 自分で塗ったり、再塗装した非常に安価なキャリパーを買ったりして最初は安くあがったと喜んだものの、それはすぐに落胆へと変わるはずです。 正規のメーカー以外の第三者が再塗装したキャリパーは、深刻な問題を引き起こすからです。 再塗装したキャリパーには手を出さないことが肝心です。 その理由を5つ挙げてみましょう。 2 キャリパーの効力と適合性 おそらくは愛車とは違う車種から抜き出したものなのに、スペアパーツとしてその「新品」のキャリパーを買って、好みの色を塗り、愛車に装着するのを名案だと思うなら、それは大きな間違いです。 自動車のキャリパーは、特定の車種で機能するように設計されます。 設計対象以外の車種で使えるものでは決してありません。 たとえ新品をベースにして塗装したキャリパーであっても、装着した車両には合わないということもありえます。 その点については、こちらの記事をご覧ください。 特定の車種のブレーキシステム用に開発されたキャリパーを他の車種に装着すると危険な場合があるのはなぜなのかを解説しています。 ブレンボが製造するブレーキは、対象の各車両に重量やエンジン、機械的特性を加えたうえで最大のパフォーマンスが得られるよう設計されています。 車種に合わないキャリパーは、特定の条件下で制動力を十分発揮できなかったり、異音が出る、長持ちしないなどのトラブルが生じたりするおそれがあります。 結論 ブレーキキャリパーの塗装は、カウンター表示を必要とするような精緻な作業です。 当社は自らの経験に照らして、塗装をお勧めできない理由が5つあると考えています。 もちろん、ユーザーの皆様にはそれぞれお考えがあり、愛車の仕上げ方もそれぞれお好みの選択肢をお持ちのはずです。 塗装に関しては、適切な方法で完成させる技量を有したプロの業者が存在することは当社も否定はしません。 ただ、不適切なやり方で塗装を施したあとキャリパーが機能不良に陥ったという報告がしばしば当社に寄せられるのも事実です。 明らかに言えるのは、キャリパーの故障の原因は塗装そのものよりも、油圧関連部品に対して行う準備作業にあるということです。 その多くは、ピストンの脱着作業時の不備で、場合によっては外しさえしなかったケースもあります。 この場合、そのままキャリパーに焼付塗装を施すと、熱でピストンのシーリングが傷み、キャリパーとしての性能発揮に支障をきたすおそれがあります。 こうした作業を行う業者が、その工程で何を行うか、またどのようなプロ意識で作業するかは千差万別で予測不可能です。 したがって、当社は、ブレーキシステムのような、人命に関わる重要なアクティブセーフティーであるパーツにこの種の加工を施すことに反対しています。

次の

ブレーキキャリパー塗装を考えていたら良いサイトがあったので紹介します!!

ブレーキ キャリパー 塗装

結論から言えば、ブレーキキャリパーを塗装しても車検は全く問題なく通ります。 ブレーキ(制動装置)について車検で問われるのは、ブレーキがしっかり効くかどうかという点です。 ブレーキキャリパーの色は制動力とは一切関係がないので、ブレーキがしっかりと効けば、保安基準を満たすため車検は通ります。 ただし、ブレーキキャリパーの再塗装が、ブレーキ性能に影響を与えてしまう危険性も少なからず考えられます。 ブレーキキャリパーは制動装置の一つであり、ブレーキ操作で発生した高熱が塗料に与える影響は少なくないからです。 熱や経年劣化により剥がれた塗料が、ブレーキディスクやパッドに影響を及ぼす可能性があります。 そのため、ブレーキキャリパーを塗装するのであれば、耐熱性・耐久性の高い塗料を使うか、塗料の選定も含めて専門家に一任するなど、制動性に影響が生じないことへの工夫が必要です。 ブレーキキャリパーカバーを取付けても、車検を通すことはできる? では、ブレーキキャリパーにカバーを取付けた場合はどうでしょうか。 これは塗装に比べてややハードルは高くなりますが、基本的に問題ありません。 前述の通り、車検で問われるのは「ブレーキがしっかり効くか」なので、カバーの有無は関係ないのです。 検査員によっては外すように言われることもあるようですが、保安基準に反するものではありません。 ただし、前例として車検に通らなかったケースも存在するので、リスクの面からも車検の時は外しておく方が無難でしょう。 また、取付ける際は自分の車のブレーキキャリパーに合う専用のカバーを、専用の部品でしっかり固定するように注意して下さい。 固定が不安定な状態で走行すると、ホイールと干渉して大きな事故につながる可能性がありますので、留意しましょう。 車検の際にブレーキキャリパーで気を付けることとは? 前述の通り、車検で重要になるポイントは「ブレーキがしっかり効くか」どうかです。 よって、検査の時にブレーキの効きが甘ければ、車検に通りません。 したがって、ブレーキキャリパーを含めブレーキ周りに劣化がないかどうか、事前にチェックする必要があります。 ブレーキキャリパー内部が劣化していると、ブレーキを踏んだ時に内部のピストンが正常に押し出されず、ブレーキの効きにムラができたり、弱くなってしまいますので、車検前には必ず確認するようにしましょう。 車検では、ブレーキキャリパーの塗装は全く問題ありません。 ブレーキキャリパーのカバー取付についても違反ではありませんが、固定方法やホイールとのクリアランスなど検査員の判断によるところもあるので予め外しておくことをおすすめします。 車検に限らず、安全確保のためにカバーは車種専用のものを、専用の部品でしっかり固定して下さい。 車検で最も重視されるのは制動力であり「ブレーキがしっかり効くかどうか」がポイントなので、車検前にはブレーキキャリパー内部の劣化によるブレーキ性能の低下がないか、事前に確認するようにしましょう。 車において、ブレーキは命に係わる最も重要な装置と言っても過言ではありません。 安定した制動力を維持するためにも車検を機会に、ブレーキキャリパーを含めたブレーキシステム全体を点検することをおすすめします。

次の

ブレーキキャリパーの塗装やカバーの取付で車検に通すことはできるのか|車検や修理の情報満載グーネットピット

ブレーキ キャリパー 塗装

ありましたよー!金属・トタン用の塗料。 ブレーキキャリパーも金属「使えるやん」と手に取り、色も考え中。 ちなみにジィーさんは、かなりの老眼なので裏面の注意書きは見えてないです! 見えてないのでそのまま買っちゃってます。 よくあります…老眼鏡を忘れると大変なことに😢 この塗料は、でっかく鉄部とトタンと書かれているのでよかった。 時間は見えていないです!色は、店員さんに確認!ここ重要! 18年前の三菱トッポさんボディーカラーはシルバーに赤はダメかー似合わないかなーと迷っていたのですが、やっぱり赤に憧れていたので 赤色に決めました😄 そんなわけで赤色にすることで更に1色、白色を買うことに!それは白色を下地に塗ることで色が映えてくるので塗ることにします!これでもお安くできますね。 そんなわけで今回は、以前から塗ってみたかった 赤色で塗装をやりますよー😄 仕上がりが楽しみです! ブレーキキャリパー塗装やってみる 色も決まったところで、塗料と道具が必要です。 この日は、コメリパワーさんで揃えました。 塗装に準備する物• 塗料(赤色と白色)1缶 0. 薄め液 100ml• 筆(万能筆 30mm)さらに細筆があると便利• いらない瓶(筆洗い用)• ブレーキクリーナー• 金ブラシ または、いらない歯ブラシ• マスキングテープ、(こだわるなら新聞紙かビニール必須)• ゴム手袋、グローブ• タイヤを外す道具一式とジャッキ(割愛します) 初めてやるキャリパー塗装、いざ挑戦 塗装の前の準備は、車体を上げてジャッキアップします。 ジャッキスタンドを設置しタイヤを外しておきます。 ジィーさんは、キャリパー塗装、初めて!ドタバタしてます。 取り付けにえらいこっちゃになりますが… 今回は外して塗っていきます。 ブレーキパッドに塗料が付くので外していきます。 マスキングする箇所も減るので大胆に塗れますよ。 こだわるなら外しましょう! ちょっと背伸びしてみようとブレーキキャリパーを外して塗っちゃいます😄 ブレーキキャリパーを固定している14mmのボルト、スライドピンを外します。 下側だけです。 外したらブレーキキャリパーを上へ「よいしょっと」引き上げます。 それだけでも塗りやすくなりますよ。 ブレーキキャリパーを固定しているブラケットもよく見えるので塗りやすくなります! ブレーキキャリパーを外しS字のフックに引っ掛けます。 仮に引っ掛けてます。 ここで思ったのが、ブレーキローター!取ってしまえばもっと楽です😄 ブレーキローター取ちゃいました😄 これで、養生の範囲が少なくなった。 ブレーキキャリパー洗浄 ブレーキキャリパーとパッドを外し終えたところで よーく見て見るとブレーキキャリパー、ブラケットが、かなり汚れてるー! この状態では、塗料は塗れないのでブレーキクリーナーかパーツクリーナーで汚れを落とします。 頑固な汚れとサビは、金ブラシを使います。 金ブラシを使う時は、ゴム製部品、ブッシュなどにキズを付けないように慎重にこすっていきましょう!歯ブラシを用意したものの頑固な汚れで登場しなかったです。 シリコーンオフは、今回使いません。 よくシリコーンオフを脱脂するのに使いましょうと記載されていますがブレーキクリーナー、パーツクリーナーで脱脂されるので使いませんでした。 ブレーキクリーナーを使って金ブラシで「ゴシゴシ」です。 更に、ショップタオルを使って「ふきふき」します。 かなり頑固な汚れでした両方の掃除に1時間以上もかかり、少し焦り気味😣 塗らないところはマスキング ブレーキキャリパーキャリパーブラケット以外は、塗装をしないので養生をします。 ブレーキパッド、ブレーキローターも付いていないので楽です。 ゴムブッシュやブレーキホースにマスキングテープで養生します。 あーー やっちゃいました! マスキングをせずに塗っちゃいました!さきばしちゃいました、焦らずに😣 気を取り直してマスキングです! ゴム製品のブッシュ、ブレーキホースにマスキングテープで養生しています。 何となく適当な感じですが、大丈夫ですよ! ブレーキキャリパー下地塗り ブレーキキャリパーに塗装開始! ここからは、かなりの根気と根性だけの挑戦です。 地味にコツコツと塗っていきます。 その前にゴム手袋をはめます。 初めに下地にする白色の塗料を塗っていきます。 下地に白色を塗ることで上塗りした色が映えるようになり仕上がりも綺麗になりますよー! 塗っている最中に気が付いたのですが、筆が30mmと幅が広かったので塗りにくかったです。 10mm幅の筆か細筆でよかったと感じました。 細かい所はとにかく塗りにくいです。 当たり前かあー😅 今回使用している塗料は、速乾性はないので夏の晴れた日では、3時間で乾燥となっています。 重ねりは、なんと~ 8時間となっています。 今回の塗料は、垂れてくる時もあるのですが、思ったほど垂れてこなかったのでスグレモノですね!どれくらいで垂れるのかやってみたのですが、筆にたっぷりと付けると垂れました。 そりゃそうだわね。 筆を洗う よくよく考えたら1本しか買ってこなかったので薄め液で洗っていきます。 薄め液は、チョーキツイ臭いを放ちます。 頭がくらくらするほどです。 換気のいい所で使いましょう! 容器は、ビニールカップなどは溶けちゃうので使えません!缶や紙コップなどを使いましょう。 試しにやってみたら溶けました😵 上塗りで仕上げる 筆を洗い、昼食も終えて2時間が経ちました。 下地の塗料は、意外と乾燥しています。 でも、塗料の定着まではしてないと考えられます。 とにかく早く時間が無い方は、ホルツさんから出ている速乾性のあるものが、オススメですね。 15分ほどで乾きます。 使いきりなのでブレーキキャリパーだけでは、もったいないので、エンジン回りや足回りなどに塗るといいと思います。 次に上塗りの赤色を1回塗りでやっていきます。 筆にたっぷり付けすぎ!垂れてる。 やっちゃった😅 塗る前から「ぽたぽた」してます。 後の拭き取りが大変です。 下に新聞紙か段ボールなど敷いておくこといいですよー!失敗! 慣れないとこんなもんです。 上から塗っています。 結構な厚塗りをしてしまったので乾きが遅くなりそうです。 でもこんなに厚塗りするなら「下地なくてもいいんじゃー」っておもちゃいました。 色映えにこだわらないのであればそのままでもOKかと😄 出来上がりは、下地を行ているせいかやっぱり赤色が映えますね!いらないと思ったけどおすすめします。 車輪を付ける時にホイールがブレーキキャリパーにぶつからないように気をつけ装着。 完成しました!出来栄えチェック どうでしょう!ホイール越しの赤いブレーキキャリパー、カッコイイ🤩 塗っちゃいけないところに塗りましたが、見えないのでよしとしましょう! この後は、雨が降らないことを祈りつつ、定着を待つだけですね! まとめ 今回は、初心者DIYメンテブレーキキャリパー塗装する方法をご紹介しました。 ジィーさんは、塗装は得意じゃないのですが、何とかできました。 車用の塗料じゃないから長持ちするか分かりませんが、塗れたことの喜びが勝っています😄 駐車場で、自分の車のキャリパーを見てうっとりです😍 皆さんもどうでしょうか!DIYメンテにチャレンジしてみはいかがでしょうか。 みんなと違う感は半端ないです! 今回は、ここまでとなります。 ご覧になられていかがだったでしょうか。 また、別の記事もご覧下さいね。 mamecoroエンジンは、YouTubeでの動画もやっておりますので、そちらの方もご視聴よろしくお願いします。 またチャンネル登録も宜しくお願いします。 ご覧いただけたらうれしいです。 皆様の愛車がいつまでも綺麗であり続け安全かつ事故の無いことを祈っております。 では、また次回お会いしましょう!.

次の