内田 クレペリン 検査。 【就活生向け】内田クレペリン検査の対策は?作業内容や練習方法を徹底解説

内田クレペリン精神作業検査: 心理学用語集

内田 クレペリン 検査

クレペリン検査からわかることとは この検査は、被験者の計算能力、注意力、集中力、精神の安定性を検査し、性格・職業適性を見ています。 見られるポイントは ・計算の処理速度 ・作業曲線 ・処理の正確性 です。 <より引用> 作業曲線は、1分間に解いた問題の数の変化を表した曲線のことであり、一般的に健康的で性格や適性面に偏りのない人の描くとされている「定型曲線」が良いとされています。 この形から大きく離れているとあまり良い評価がもらえません。 「定型曲線」の特徴は以下の通りです。 ・前半はU字を描きつつ減少 ・後半は計算量が増えるが減少していく <より引用> クレペリン検査に落ちる人の特徴と対策 計算が遅い 一般的には、1列の半分以上を解けていることが最低ラインとされています。 もちろん企業の求める人材は企業ごとに違うので、計算や処理速度がより必要とされる職種の場合はより多く計算を解く必要があるでしょう。 幸いクレペリンは足し算のみなため、高度な知識は必要ではありません。 計算速度に自信がない場合も、練習すればするほど結果に表れます。 自信がない人はぜひ練習してみてくださいね。 集中力がない クレペリンでは、後半に作業量が落ち込む傾向にあるため、作業量が減ること自体は悪くはありませんが、あまりにも落ちすぎると、集中力がな適性がないと判断されてしまうことがあります。 以下より集中力を高める方法を紹介していきますので、自分に合う方法を見つけてみましょう。 ・香りを嗅ぐ 種類にもよりますが、香りには人を集中させる効果があると言われています。 中でも、ミント系や柑橘系のような清涼感のある香りが良いとされています。 ハンカチや袖などに少量だけつけておき、試験直前に嗅ぐと良いでしょう。 あまりつけすぎると、周りの学生に迷惑なだけでなく、企業からのイメージダウンにもつながる可能性があるため、つけすぎには注意が必要です。 ・チョコレートを食べる チョコレートには集中力を上げる効果のある成分が多く含まれているとされています。 また、リラックス効果もあるため、緊張しがちな試験前に食べておくと良いでしょう。 しかし、食べ過ぎや時間が経ちすぎると眠くなる可能性があるため、注意が必要です。 ・緑茶を飲む 緑茶には集中力を上げる効果のある成分が含まれいるとされています。 また、リラックス効果もあり、入眠もスムーズになるとされているので、試験前日に飲むのも良いでしょう。 ・毎日計算をする 集中する機会が少ない人は、まずは集中する習慣をつけてみるのもおすすめです。 特に足し算をすることを日課にしてみると良いでしょう。 習慣化すると自然とその行為を行うときは集中力が持続しやすくなります。 また、日課にすることで処理速度も上がるので最も効率的な方法かもしれません。 問題集ではありませんが、クレペリンをしっかりと理解し、対策をする際に役立つでしょう。 まとめ クレペリンはSPIなどよりも、より単純で簡単な計算をするものです。 性格面で嘘をつくことは難しいですが、処理速度自体は練習次第でどんどん伸びていきます。 選考の中にクリペリンがあるという人は、しかり練習をして臨めると良いですね。

次の

就職後の働き方が丸見え?内田クレペリン検査とは

内田 クレペリン 検査

就活生向けの記事です。 就活お疲れ様です。 選考が進んでもうすぐ筆記試験!という方、突然ですが適性検査の対策はしていますか? エントリーシートや面接に気を取られて軽視しがちな適性検査。 延々と足し算を繰り返す 「クレペリン検査」を採用している企業も多いかと思います。 実は、 クレペリン検査は練習すれば簡単に点数を伸ばすことができます。 エントリーシートや面接の質を上げるのはなかなか難しいですが、クレペリンの練習は本当に簡単。 しかも結構な数の企業がこの検査を採用しています。 やらない手はありませんよね。 今回はクレペリン検査の特徴と練習方法を書いていきたいと思います。 クレペリン検査の特徴 クレペリン検査は、正式には「内田クレペリン精神検査」といいます。 いわゆる性格検査・職業適性検査の一種です。 1列に並んだ1桁の数字(3〜9)の足し算を繰り返し、1分経ったら次の列に移動。 それを繰り返すというもの。 前半15分、5分の休憩を挟んで後半15分の合計30分行います。 1分ごとの計算量、経時的な計算量の変化(作業曲線)、誤答数から個々の性格・職業適性をみる検査です。 (より引用) もちろん計算量は多く、誤答は少ない方が評価が高くなります。 作業曲線については、健康かつ性格面・適性面に大きな偏りのない人が描く「定型曲線」と比較し、大きく逸脱した曲線ではないか、を見ています。 ようするにヤバい奴を見つけるわけですね。 定型曲線はこんな感じ。 (より引用) 前半はU字を描きつつ減少。 後半は作業量が多くなるが、回復することなく減少していきます。 この形を目指しましょう。 詳しくはに書いてあるので参考にしてください。 クレペリン検査の練習方法 上に書いた通り、クレペリン検査は個々の性格・職業適性をみる検査です。 本来これらはすぐには変わらないのですが、このクレペリン検査、 練習によって点数を伸ばすことができます。 練習方法は模擬検査を何度もやるだけ。 簡単! 少し古いですが、こちらのホームページ下部にクオリティの高い練習問題(エクセルファイル)があります。 1分間タイマーが実装され、乱数生成で何度も練習できる優れものです! 【参考サイト】 僕は数日間で10回ほど模擬検査を繰り返したところ、作業量が約1. 5倍になりました。 つまり 数日で処理能力が1. 5倍になったわけです。 そんなアホな。 誤答数はなかなか減りませんでしたが、作業曲線も意識すれば簡単に定型曲線に近づけられます。 ほんとこの検査、意味あるんですかね。 おわりに 今回はクレペリン検査の特徴と練習方法を書きました。 この記事を書いた理由は、先日人事の方と話す機会があって、最終的に僕を採用した決め手がクレペリン検査の結果だった、という話を聞いたからです。 読んでいただいたらわかる通り、クレペリン検査は 数日で処理能力を1. 5倍にできるお粗末な検査だと思います。 以前からその問題点は指摘されていましたが、いまだに多くの企業の就職試験に使われているようです。 なんてこったい。 僕はこの検査の練習をしたおかげで今の会社に入れましたが、逆を言えばこんな検査の練習を怠ったせいで希望の会社に入れなかったケースもあるわけです。 どうかしてるぜ。 後悔のないように、就活生の皆さんはクレペリン検査を練習しとくのもいいかもしれません。 「あほくさっ」と思われるかもしれませんがそれも就活の側面です。 あまり思い詰めず気軽にやっていきましょう!ユーザー登録は必要ですが、無料で10万件以上の企業口コミが閲覧できるなんか眺めてみると楽しいかも。 最近の就職活動では、 就活アドバイザーをつけて内定を勝ち取る人が増えてきているそうです。 例えば、「」に登録すれば、 各企業の人事とコネクションを持つ専属リクルーターが内定まであなたをサポートしてくれます。 いつでも何度でも面談を行い、納得の行くまで面接対策をしてくれる親身さが評判です。 LINEでもやりとりが可能で、気軽に相談できる点もグッドですね。 さらに、 各企業の特別選考ルートを紹介しているとのこと。 これは登録しない手はありません。 また、 様々な就活アドバイザーの中から自分にマッチしたアドバイザーを比較できる、業界初の就活アドバイザー比較サイト「」も注目のサービスです。 これから就活に挑むあなたも、就活にあまり上手くいっていないあなたも、就活アドバイザーを利用すればスムーズに内定を勝ち取ることができるかもしれません。 陰ながら応援しております。

次の

クレペリン対策用練習問題で理想曲線に近づけた結果・・・

内田 クレペリン 検査

このページのまとめ• クレペリン検査は、ペーパーテスト1つでその人の性格や能力を判断する適性検査• 1桁の数字をひたすら足し算する検査方法を用い、1行あたりの計算量の変化で、性格や能力の特性を見極める• クレペリン検査に落ちる人は、集中力がなかったり計算が遅かったりする特徴がある• クレペリン検査を通過するには、集中力を高めるために日頃から睡眠を十分に取り、対策本やアプリを使って計算練習をしておく• 受検中は、消しゴムを使わない、行を飛ばしても戻らない、自分の弱点を意識して取り組むことを意識する 一般企業で多く実施されているSPIや玉手箱などの適性検査は、事前の対策が必須とされています。 しかし、「クレペリン検査」には馴染みがなく、その対処法やチェックされているポイント、落ちる人の傾向などをよく知らないという人もいるようです。 今回は、このクレペリン検査について詳しくご紹介します。 クレペリン検査って何? クレペリン検査の正式名称は「内田クレペリン精神検査」。 その人の能力や性格を一度のペーパーテストで判断する適性検査で、国内で最初に開発されたもっとも歴史ある心理テストと言われています。 この検査は官公庁や学校、鉄道会社などで利用されていることが多く、主に採用の選考時や入社後の適正配置を行うための参考資料として使われているようです。 一般企業の採用試験では比較的SPIや玉手箱がメジャーで、クレペリン検査にはあまり馴染みがない人もいると思います。 しかし、 企業によってはクレペリン検査による選考を実施していたり、キャリア研修時に用いたりしていることも。 自分の志望企業がどの適性検査を実施しているのか、事前に調べておきましょう。 クレペリン検査の内容は? クレペリン検査は、1桁の数字の足し算をひたすら繰り返すという単純なもの。 1桁の数字116個が1行に並んでいるので、左から順に隣り合っている数字を足し、解答をその数字同士の間に書き込みます。 解が2桁になった場合は、下1桁のみを記載します。 例えば、「4596432」の場合、数字間に記す解は「945075」になります。 1行につき制限時間は1分。 基本的に1分間で1行すべて終わらせるのは困難なため、焦る必要はありません。 1分経ったら次の行の始めに移り、同様の作業を行います。 これを続けて15分間行い前半終了です。 その後5分間の休憩を挟み、後半15分間も同じ作業をしていきます。 単純作業を繰り返すペーパーテストですが、15分間2セットを集中して行うのは容易ではありません。 もちろん作業スピードも見られているポイントではありますが、それだけではありません。 クレペリン検査では主に能力面と性格・行動面の2点をチェックしています。 全体の計算量からは作業効率や作業時のテンポを、そして「作業曲線」や誤答からは性格や行動面の特徴がわかります。 この 能力面と性格・行動面を合わせて、その人の働きぶりを測っているのです。 では、作業曲線とは何でしょうか? 作業曲線とは 作業曲線とは、1行あたりの計算量の変化を表したものです。 各行の最後に解答した数字を線で結ぶと、この作業曲線を表すことができます。 一見、この曲線はまっすぐなほうが安定していると思われますが、実は作業曲線には「定形曲線」と言われる平均的な曲線があります。 この 定形曲線と照らし合わせることで、性格や能力の適正に偏りがないことを判別するという仕組みです。 また、この定形曲線は、下記のような形となっています。 定形曲線の特徴 ・1行あたり60個以上解答している ・前半の解答はU字型になる(最初の計算量が多く、途中で少なくなり、また徐々に多くなっていく) ・後半の解答は前半よりも計算量が増えるものの、徐々に減っていく この定形曲線の特徴から、 クレペリン検査を通過するには最低限、ある程度の処理速度が備わっていなければならないことが分かります。 また、ただ早く解答すれば良いわけではなく、解答の正確さも問われるでしょう。 誤答数が多ければ、どれだけ処理速度が早くても評価されません。 作業曲線からわかる発動性・可変性・亢進性とは クレペリン検査では、処理速度と正確性によってその人の性格や行動力などの特性を見極められます。 作業曲線から分かることは、以下の3点です。 ・発動性 物事への取り掛かり方を示すもの。 物事への慣れや我の強さなどが分かります。 ・可変性 物事を進めるときの気分や行動の変化のことです。 柔軟性や気分のムラ、機転が利くかどうかなどを判断できます。 ・亢進性 (こうしんせい) 物事を進めるときの勢いのこと。 行動的なのか温和なタイプなのか、持久性の有無などをチェックできます。 クレペリン検査に落ちる人の特徴 1桁の足し算を繰り返す単純作業だからと油断すると、不合格になってしまうこともあります。 SPIは通過できるのに、「クレペリン検査があると通過できない」と苦手意識を感じている人も少なくないようです。 では、どのような人がクレペリン検査に落ちやすいのでしょうか? 集中力がない クレペリン検査はスピードも大切ですが、正確性も重要です。 15分間、集中を保ち正確に解答し続けなければなりません。 定形曲線も後半15分の最後のほうは計算量の減少傾向は見られるため、ある程度解答スピードが落ちるのは問題ないですが、それでも著しく減っていたり乱れがあったりするとマイナス評価となってしまう可能性があります。 計算が遅い 1行に記載されている数字は、116個。 全部解答するのは難しいですが、 大体60個以上の解答が求められており、1行あたり半分以上の計算量が必要です。 一見簡単に感じられるかもしれませんが、人によっては正確性を求めるあまりに計算が遅くなってしまうこともあるでしょう。 また、あくまで「計算量60個以上」はクレペリン検査の最低クリアラインでしかなく、企業によってはより多く計算できることを求める場合もあります。 クレペリン検査突破のための対策 クレペリン検査で落ちる人は、集中力や計算処理能力が足りない傾向にあることが分かりました。 ただ、逆に集中力や計算処理能力を高めれば、クレペリン検査を突破できる可能性がぐっと上がると言えるでしょう。 そこで次の2つの対策を参考にしてみてください。 対策1:計算問題に慣れておく 計算問題に慣れておくことは不可欠です。 計算は回数をこなせば、苦手な人でも慣れる傾向にあります。 対策本やアプリを使って、練習しておきましょう。 計算自体に慣れるのはもちろんですが、集中力と計算力の両方を高めるためには、本番同様の環境で練習をすることも欠かせません。 アラームなどを使って15分、5分、15分と本番と同じ時間で、集中して練習することも忘れずにしておきましょう。 解答結果で、自分がどのような傾向があるのかも確認しておいてください。 対策2:睡眠をきちんととる 毎日きちんと睡眠を摂ることも効果的な対策の1つです。 睡眠不足は集中力の低下を招くので、当日に集中力を維持できるよう前日は早く寝ることはもちろん、日頃から生活リズムを整えておくことをおすすめします。 受検当日は下記の注意点を意識して臨んでください。 消しゴムを使わない 1行にかけられる時間は1分間のみ。 もし間違った記入をしてしまった場合でも、消して書き直すようなことをしていると、すぐにタイムアップになってしまいます。 間違えてもそのまま次の足し算に進み、1つでも多く計算量を増やしましょう。 行を飛ばしても戻らない 数字ばかりが並んでいるテスト用紙。 次の行に進むとき、見間違えて1~2行先の行から始めてしまう人もいるようです。 このとき焦って前の行に戻ってしまうと正確なデータを測れなくなってしまうため、戻るのはやめましょう。 1~2行程度なら問題ないとされているので、気にせずその行を解き進め、次の合図ではそのまま下の行に進むようにしてください。 自分の弱点を意識しながら進める 事前に繰り返し計算練習をしておくと、「最初はスピードが出ない」「途中で集中が切れてしまう」など自分にどのような傾向があるか分かります。 練習時は自分の傾向を把握しながら注意して取り組み、本番中も同様に進めましょう。 さて、今回はクレペリン検査にフォーカスして内容や対策をお伝えしてきましたが、就活ではSPIや玉手箱などの適性検査対策や、ES・履歴書対策、面接対策も必須です。 やることが多く、就活をどう進めれば良いか迷ってしまう人もいるでしょう。 その他の適性検査など就活対策についてより詳しい情報が知りたい方や、就活でお悩みの方はぜひキャリアチケットにご相談ください。 キャリアチケットの就活相談実績は年間3,000件以上。 大学卒業見込みの方が1人で就活した場合と比べて、その面接突破率・内定率は1. 39倍という実績もあります。 登録をはじめすべてのサービスは無料ですので、ぜひご利用ください。

次の