離婚してもいいですか 1話。 離婚話を子どもにどう伝えたか…伝え方を後悔する率は「はぐらかした」ケースが最も高く 経験者100人調査(まいどなニュース)

離婚の手続きの順序は?|失敗しない離婚の手順を解説

離婚してもいいですか 1話

もちろん初期の段階ですから、まさか自分が離婚するとは全く思ってもいませんが、それでもなんとなく夫婦仲がしっくりいかなくなった時に相談すべきです。 配偶者が自分以外の異性と手をつないだだけでも、「許せない、離婚します」と思う人がいるかもしれません。 多くの探偵業は、電話帳やHPなどで宣伝していますから、その中から信用がおけそうな業者に連絡し、実際に足を運んで相談して、見積もりを出してもらいます。 それでも、事前にきちんと調査内容やかかる経費の内訳、見積もりなどの説明を聞いて、一旦持ち帰って検討し、納得した段階で依頼しましょう。 調査会社 調査会社と探偵業との区別は、それほど明確ではありません。 もっと具体的に言うと、家庭にほとんど帰らず、生活費も入れてくれない状態です。 このような場合、どこで寝泊まりしているのか、生活費を入れずに何に使っているのかがはっきりわからないと、手の打ちようがありません。 そこでこのような場合、調査会社に依頼をして、配偶者の居場所、行動、素行などを調べてもらうのです。 しかし、生死が明らかでない配偶者でも、自分で家を出てどこかで生活をしているかもしれません。 つまりこの第3号の理由は、結構ハードルが高いと考えられます。 そこで、調査会社に依頼をして、いなくなる前後の様子を細かく伝えた上で、居場所などを調査してもらう必要があるのです。 このように、調査会社の仕事としては、配偶者の浮気だけでなく、居場所や素行などの広い範囲での調査を担うことです。 特に離婚の場合、妻に大きな負担がかかることが多いため、女性弁護士が親身になって相談に乗ってくれれば、心強いはずです。 男性弁護士だと、妻はなかなか話しにくい内容があるからです。 ところで、弁護士とその他の専門家との大きな違いは何でしょうか。 それは夫婦の間に紛争があるか否かです。 ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。 つまり、弁護士以外の人が、お互いの権利が衝突し、紛争がある案件について、代理人となって相手と交渉したり、仲裁に入ったりしてはいけないというものです。 これは、相手に脅しや嫌がらせなどを行って金銭を要求することがないようにするためです。 つまり、法律に則ることなく、力ずくで解決するケースを避けるためです。 したがって、離婚問題で相手の配偶者と紛争になった場合、専門の弁護士に相談した方が得策だということになります。 例えば、親権をどちらの親が持つか、慰謝料の金額が決まらない、財産分与でもめている、相手が不貞行為や暴力を認めない、などです。 以上のような紛争がある場合は、法律に詳しくない夫や妻だと、交渉方法がわからず、話がこじれて長期化することが予想されます。 また、弁護士に頼らず、自分で家庭裁判所に調停を申し立てることはできますが、調停も結局のところ、話し合いの一種ですので、話をまとめるのは、なかなか厳しいはずです。 先程、紛争がある離婚問題は、弁護士に相談すべきだと述べましたが、紛争する前に専門の弁護士に相談する方が、おすすめの場合もあります。 そうなると、離婚話を進めていけば、紛糾していくことは明らかです。 もちろん、話し合いがこじれた段階で、改めて弁護士に依頼してもいいのですが、初めから「すんなりと話が進みそうもないでしょう」と思うのであれば、早い段階で離婚専門の弁護士に相談した方が、速やかに解決する可能性があります。 家庭裁判所 家庭裁判所というと、離婚問題でお互いの主張が対立し、紛糾した場合は協議離婚が難しくなります。 こうした場合に、調停、審判、そして裁判を行う印象があります。 もちろん基本はそうなのですが、東京家庭裁判所や大阪家庭裁判所などの大きな裁判所では、相談窓口が設けられています。 また、小さな裁判所や支部でも、窓口の書記官などが相談に応じてくれます。 ただし、個別具体的な相談ではなく、離婚問題における一般的な手続きや制度、法律的な知識などを説明されるものです。 したがって、自分が実際抱えている問題について、具体的なアドバイスを受けたい場合には、あまり適していません。 しかし、離婚全般の流れや家庭裁判所で行うことができる手続きを知りたい場合には、適していると言えます。 また、弁護士やカウンセラーに相談した場合、相談料を支払うケースがほとんどですが、公の機関である家庭裁判所は無料です。 不動産会社 離婚問題の中で、家やマンション、土地などの不動産が絡んだ問題が出てきた時は、不動産会社に相談した方が、確実で早い解決が望めます。 弁護士や離婚カウンセラーなどは、親権、慰謝料、財産分与などの離婚にまつわる問題は得意分野ですが、不動産関係はどうしても専門外です。 したがって、財産分与の中にローン返済中のマンションがある場合などは、不動産会社に相談しましょう。 残りのローン(残債)をどちらがいくら負担するか、あるいは物件を売却して、ローンを完済させた方がいいのかなど、不動産会社でないと、判断が難しい問題があります。 妻が連帯保証人のままだと、妻にも残債の支払い義務が生じてきます。 しかし、連帯保証人を契約から外すことは簡単ではありません。 したがって、残債の金額よっては、妻を連帯保証人から外す代わりに、他の人を連帯保証人にしてほしい旨の条件が出される可能性があります。 そうなると、思い切って不動産を売却して残債を清算した方が良い場合もあります。 しかし、売却しても残債の額が多すぎて、借金が残ることも考えられます。 いずれにしても、素人では判断できないことですから、弁護士や離婚カウンセラーの他に、不動産会社に相談を持ちかける必要があります。 相談のタイミングですが、夫婦で離婚の合意ができ、財産分与の話が出始めた頃がベストの時期でしょう。 まとめ 離婚する夫婦は年間約21万組です。 結婚する夫婦が約62万組ですから、離婚はもはや珍しいことではありません。 現在平穏に夫婦生活を送っているつもりでも、いつ離婚の危機が訪れるか、わかないということです。 もちろん離婚するのかしないのか、親権はどうするのか、慰謝料や財産分与をどうするかなど、最終的には話し合って、自分たちで結論を出すしかありません。 しかし、ほとんどの人にとっては、離婚は初めての経験であり、どのような手続きが必要なのか、何をどう決めていいのかわからないはずです。 そのような時、離婚問題を専門に扱う弁護士、カウンセラーが頼りになります。 しかし、それぞれが得意な分野を取り扱っていますから、自分の知りたいこと、相談したいことは何かを整理して、上手く活用していくことが大切です。 2017年11月.

次の

知らなくていいコト【第5話】ネタバレ感想!尾高が奥さんと離婚すると予想!?

離婚してもいいですか 1話

離婚をスムーズに進めるためには、話を切り出すタイミングが重要です。 たとえば、相手が不倫をして、その証拠を手に入れていれば「慰謝料の増額」が強く見込めます。 しかし、その証拠を手に入れる前のタイミングで相手に離婚の話をしてしまうと、浮気の証拠を隠滅されてしまうことは想像に難くありません。 財産分与についても同様に、 共有財産がある程度把握できている状態になってから話を切り出すべきだと言えます。 そうしないと、本来分与するべき財産を隠されてしまう可能性があるためです。 また、相手に落ち度がないにも関わらず一方的に離婚を望んでいる場合は、離婚まで数年かかることもあるので、相手を納得させる材料をそろえてから離婚を切り出すようにしましょう。 ここまでで例に挙げたのは、「自分の準備が出来たタイミングで話を切り出す」という視点のものでした。 他には、「ライフイベントのタイミングをはかる」ということも考えられます。 たとえば、退職金も財産分与の対象となります。 既に支払われて手元にある場合はもちろん、まだ支払われていない場合でも、退職金が確実に支払われる見込みのときは同様です。 ただし、遠い将来に受け取る予定の退職金だと、状況が変わり受け取れないことも考えられるので、その限りではありません。 そのため、 配偶者、及び自分が退職するかどうかなども含めて、タイミングをはかる方が良いでしょう。 子供がいる場合には、さらにどのタイミングで離婚を切り出すかが重要になります。 入学、卒業、受験期など、子供には心身に大きなストレスがかかる転換期が何度もあります。 それらの時期は避けるべきか、逆にその時期なら環境が変わるから、姓、住所など変更の影響が少ないと考えるか、など、それぞれの家庭によって、選ぶべき選択肢は異なるでしょう。 離婚届けを提出する前に 「親権」「財産分与」「慰謝料」「養育費」などの事項について夫婦間で協議を行い、決定した事柄を記録します。 この記録は、「離婚協議書」と呼ばれます。 離婚の際に取り決めたことを書面にせず、口約束だけにしておくと、その約束が守られないことも十分考えられます。 信頼がおける相手であっても、 のちのちのトラブルを防ぐため、しっかりと記録を残しておきましょう。 また、離婚協議書では、しばしばお金に関する内容(財産分与、慰謝料の支払い方、養育費について)に触れることになります。 そのため 離婚協議書は、「公正証書化」することをおすすめします。 公正証書にしておくと、その 離婚協議書の中で定められた金銭にまつわる契約が守られないとき、裁判を経ずに強制執行を求めることができます。 離婚協議書を公正証書化するためには、公証人役場に持ち込む必要があります。 下記のリンクから、お近くの公証人役場を探しましょう。 作成費用等については、直接電話で問い合わせする事をお勧めします。 養育費について• 年収別の養育費の相場を確実に頭に入れておく。 離婚協議書を作成したら、必ず公正証書にする。 年収別の養育費については、下記のページを参考にして下さい。 また、厚生労働省の「平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果報告」によると、 養育費の取り決めをしていても、約45%のケースで支払いが行われない、または支払いが途中でストップしてしまっているようです。 離婚した場合に発生する元夫婦間での金銭のやりとりの中でも、養育費は子供が成人するまで継続することが多い項目です。 長い年月のうちになんとなく支払いが失くなり、うやむやにされてしまうことが多いとも言えます。 そのため、 離婚協議書に養育費支払いの項目がある場合には、特に公正証書化することをおすすめします。 慰謝料について お子さんがいらっしゃる場合、離婚の際に必ず親権者を決定することになります。 子供を実際に見守り、教育する権利と、子供の財産を代理で管理する権利をまとめて親権と呼びます。 この二つの権利は、同時に子供に対する親権者の義務でもあります。 親権者を定めない限り、離婚はできませんので注意しましょう。 取り決めるときは、子供にとって有益かどうかが重要な指針となります。 経済の面のほかに、健康面や教育環境、もちろん愛情の有無も踏まえてよく話し合いをします。 ある程度、自分の意思をもつ年齢であれば、子供の意思に沿った決定をしましょう。 また、親権を持たない側には、面会交流権という子供と会う権利がありますので、二度と会えないというわけではありません。 具体的な面会交流の決め方は、以下を参考にしてみてください。 会う頻度• 受け渡し方法• 連絡方法 親権や面会交流については、夫婦の希望、意見がぶつかることが多く、話し合いではまとまらないこともよくあります。 もしふたりだけの話し合いで落とし所が見つからない場合は、家庭裁判所で調停を申し立てると良いでしょう。 離婚前であっても利用が可能です。 上記のような調停や、裁判にもつれ込んだ場合、「子供の養育にこれまでどれだけ関わっているか」が親権取得に大きく関わります。 もし別居をする場合、その期間中に子供と一緒に暮らすことができれば、親権の取得争いに有利に働くことがあります。 ただし、 配偶者の合意を得ずに子供を連れ出すと、違法な連れ去りと見なされることもあるため注意が必要です。 また、夫婦どちらかの暴力などが原因の離婚の場合、親権のみならず、面会交流権も認められないことがあります。 財産分与について• 財産分与の対象となる財産とそうでない財産を正しく仕分ける。 夫婦どちらかが隠し持っている財産がないか明確にする。 財産の中でも、とくに建物などの不動産は、離婚後も住み続ける場合があります。 そういった 明確に分けられないような財産についての分割方法なども、書面に書き残しておきましょう。 失念しがちなのは ローンなどのマイナス資産についてです。 こちらも、分割する対象になります。 財産分与は、細かく膨大な量が対象になりますので、特に根気強く話し合いが必要な項目です。 配偶者に隠して財産を作っていた場合も、 結婚してからのものは財産分与の対象になります。 独身時代に貯蓄したものであれば問題はないですが、そうではないものは、トラブルを未然に防ぐためには開示したほうが良いでしょう。 また相手が財産を隠していたことが分かった場合は、家庭裁判所に申し立てができます。 年金分割について 離婚において考えないといけない項目のひとつとして、 年金分割があります。 これは、婚姻期間中に支払った厚生年金(共済年金も含む)について、保険料を納付した実績を夫婦間分割する制度です。 年金制度のいわゆる「1階部分」に当たる国民年金、「3階部分」にあたる企業年金や個人年金は分割の対象ではありません。 このことから、主な対象は、 企業を通して厚生年金を納付しているサラリーマン家庭になります。 年金分割には「合意分割」と「3号分割」が存在します。 合意分割 合意分割とはその名の通り、 夫婦間で合意した割合で厚生年金の実績を分割するものです。 婚姻期間中の厚生年金の加入実績を、1/2を上限として分割できます。 制度の適用が開始された 平成19年4月以前の加入期間についても、分割の対象となります。 分割割合の合意が取れない場合は、調停、審判、裁判などで争うことになります。 3号分割 3号分割とは、第3号被保険者、つまり、 専業主婦(主夫)のみが可能な年金分割です。 婚姻期間のうち、第3号被保険者であった期間の年金を、相手の同意なく1/2に分割請求できます。 注意しておきたいのが、この制度の対象となるのは「平成20年4月1日以降の婚姻期間」のみである点です。 つまり、 平成20年4月1日より前の婚姻期間については第3号被保険者であっても合意分割を併用せざるを得ません。 どちらの分割も、 離婚成立の翌日から2年以内に、請求する人の現住所の年金事務所へ必要書類を提出することで手続きが可能です。 詳細は早いうちに、各年金事務所にお問い合わせすることをおすすめします。 離婚は原則当事者間で話し合いが行なわれますが、意見がまとまらない場合は弁護士に協議の代理人を依頼したり、 調停、もしくは裁判を申し立てることになるため、離婚成立まで1年~2年かかることも珍しくありません。 調停離婚では基本的に調停委員2名によって当事者に聞き取りが行なわれ、重要な決定を行う場面などで裁判官、もしくは家事調停官が立ち会います。 第三者が介入する事でお互い冷静な判断ができるというメリットがあります。 調停は夫婦の状況によって数回行なわれ、一般的には約半年くらいの期間がかかります。 調停でも不成立の場合は裁判になりますが、 調停離婚や裁判ではそれぞれ調停調書、判決書といった決定事項を記録する書面が発行されるため、当事者が自ら離婚協議書を作成する必要はありせん。 いずれにせよ、協議~調停~裁判と段階が進行するほど長引き、経済的にも心理的にも負担が大きくなっていきます。 揉めそうだ、と思った場合は 早い段階で弁護士に相談し、早期解決を目指すことをおすすめします。 弁護士の探し方は?• 知人の紹介• インターネットで検索 一番簡単で手軽な方法は、 通いやすい場所+離婚+弁護士のキーワードで、インターネット検索をしてみることです。 弁護士にはそれぞれ得意な分野、不得意な分野がありますが、この方法であれば、 特に離婚問題に力を入れている弁護士を探すことが可能です。 見つかったページから、立地、実績などを比較し、依頼する弁護士の候補を決めると良いでしょう。 また、 お住まいの地域の弁護士会ホームページで検索する方法もあります。 弁護士会の検索エンジンでは、あらかじめその弁護士自身が得意な分野の検索ができる 「重点取扱分野で検索」という機能が利用できます。 その機能を上手に使うことで、専門外の弁護士を最初から避け、離婚問題に強い弁護士を探し出すことができます。 ただし、この検索エンジンは弁護士が任意で登録するもののため、登録していない弁護士もいます。 また、重点取扱分野についても複数登録ができるため、 「離婚問題に一番力を入れているか」はわかりにくい傾向にあります。 下記のリンクは直接、近隣の弁護士の検索ができる日本弁護士連合会の検索エンジンです。 注意事項をよく確認してご利用ください。 離婚調停とは? 離婚調停というのは、前述しましたが当事者だけでは話し合いが難しい場合に、 第三者を間に入れて話し合いをすることです。 離婚調停は、あくまで当事者の話し合いがベースで、どちらが悪いかという話し合いではなく、離婚についてお互いの言い分や条件の丁度良い妥協点を話し合う場なのです。 従って、弁護士を立てない方も多くいらっしゃいます。 また、家庭裁判所内では、夫婦それぞれの待合室に隔離され、鉢合わせになることは避けられるので安心です。 行きや帰りなども、時間をずらすことなどの配慮をお願いすることも可能でしょう。 1回の調停で成立することは珍しく、 調停自体は3~5回で成立するケースが多いようです。 調停1回ごとの間の期間は約1ヶ月~1ヶ月半ほど空くので、調停期間は早くても約3ヶ月、だいたい6ヶ月~1年程度かかります。 調停での話し合いでもお互いに納得や合意ができない場合には、離婚裁判へと進みます。 離婚裁判とは?• 訴訟の提起• 家庭裁判所から呼び出し• 初回の口頭弁論(お互いの訴えを確認)• 2回目以降の弁論準備手続(原告と被告が交互に反論する、当事者本人への尋問などもある)• 終了、判決 すべての項目において約1ヶ月ごとに開催日が都度設定されるので、離婚裁判期間の相場は約1年~2年ほどです。 4の弁論準備手続は、 争点(主張と証拠)が整理されるまで繰り返されますので、多くなればなるほど長期化します。 弁護士とよく相談し、準備をとり行わなければいけません。 期間中に和解や認諾、取り下げもされなかった場合に、家庭裁判所が判断して判決を行い終了します。 その判決に不服がある場合には、控訴やさらに上告することもできます。 ただし、ふたたび弁護士費用も必要になり、時間も膨大にかかるので極めて稀なケースです。 親権や財産分与、慰謝料などの話し合いを進めると同時に、新生活の準備もしておかなければいけません。 家を出て行く場合は新居を探したり、 現在専業主婦の場合は就職先を見つけて収入源を確保しておくことになるでしょう。 子供がいる夫婦であれば特に、子供を引き取った場合を想定して、仕事は探しておくことをおすすめします。 先述の通り、養育費の支払いは途中でストップしてしまうこともままあるためです。 専業主婦の状態から就職するには、ハードルが高いと思われるかもしれません。 その場合は就職できるまで、生活保護の受給が選択肢に入ります。 生活保護の受給に限らず、ひとり親家庭に対する公的な支援も複数存在するため、一度役場に相談に行くと良いでしょう。 また、離婚した後、実家やその他親戚に 育児の協力してもらえるよう約束を取り付けることで、親権争いに有利に働きます。 離婚後の生活を支えてくれる方たちへの根回しも、重要な準備の一つです。 全ての話し合いが終わったら、当事者の 「名前」「住所」「本籍」「子供の氏名」など必要事項を離婚届に記入して 役所の戸籍課に提出します。 離婚して引越しをする場合は「転出届」「転入届」「転居届」を提出して住民票の住所変更を行ないます。 「運転免許証」「パスポート」「住民基本台帳カード」等の公的な証明書も全て変更しなければならず、専業主婦だった場合は国民健康保険や国民年金にも加入しなければいけません。 離婚後に旧姓に戻ることで、子供や仕事への良くない影響が考えられる場合、 婚姻中の姓を続けて名乗ることもできます。 また、自身は旧姓に戻る場合においても、 子供には元の姓を使わせることも可能です。 上記のページで、それぞれの場合ごとに姓と戸籍にまつわる手続きの流れを解説していますので、お子さんを引き取るご予定の方はぜひご参考ください。 また、離婚後子供を引き取った場合、 ひとり親家庭に支給される手当てや、医療費補助などを受けることができるかもしれません。 シングルマザー・シングルファザーを支援するための補助制度はたくさんあるので、該当していないか忘れずにチェックしてみてください。 下記のページで児童扶養手当から医療費助成まで、ひとり親家庭向けの手当、補助について解説しています。 離婚後のお子さんの生活環境をなるべく良いものにするために、公の補助はできるだけ使っておきたいもの。 離婚前にこちらもぜひ検討されることをおすすめします。

次の

知らなくていいコト【第5話】ネタバレ感想!尾高が奥さんと離婚すると予想!?

離婚してもいいですか 1話

結婚して約1年の32歳サラリーマンです。 妻とはデキ婚で、今6ヶ月の赤ちゃんがいます。 妻は妊娠を機に仕事を辞め、専業主婦です。 付き合う期間が短かったこともあり、盲目的に結婚してしまった部分はあるのですが、お互いの価値観が違いすぎて、どうしていいかわからなくなっています。 妻は私の行動にイライラが止まらないらしく、事あるごとにブチギレてきます。 確かに私の不徳が故な部分もあるのですが、それでも最近はもう恐怖心が強くどうしていいかわかりません。 妊娠中は妻のつわりもひどく、またイライラがすごく、 幾度となくボロカスに言われました。 結婚しなければよかったは当然のこと、もっとひどいセリフも幾度となく言われました。 しかし、生まれてくる子供のため、また生まれたら変わるだろうと思いに耐えてました。 しかし、一時的にはよくなったものの、最近また言葉の暴力がひどくなってきております。 妻は両親が離婚しており、母親がいなく、また私は実家が遠いこともあり、基本的に2人で面倒を見ています。 ですので、妻もストレスが溜まっていることは理解してます。 寝不足もあると思うので、休みの日は日中はなるべく私が面倒をみるようにしてます。 家事は、食事は基本妻が、妻が疲れている時や土日は私が作ったりもします。 洗濯、たたみ、掃除、皿洗いは私がやってます。 上記のような状況ですが、私の細かいミスや、妻の納得がいかないことに対して、想像以上に罵倒してきます。 あんたのことは嫌いだ、結婚しなければよかった。 子供と私にとって害だ。 何かあれば出て行く気でいるから。 離婚してほしい。 気持ち悪い。 こないだは死んでほしいまで言われました。 また先日殴る、蹴る、ひっかくなどの行為を受けました。 もちろん私のミスに起因している部分はあります。 ミスと言っても、慣れない家事育児で、完璧にはできていない部分があるのですが、少しずつ改善されてきてるとは思います。 ただ、一度注意されたミスを繰り返してしまうことが時にはあります。 皿洗いがしっかりできてなくて、一部汚れが残っているとか、洗濯の分け方が妻の希望するものでないとか、そんなに大きな内容ではないことが多いとは思ってます。 しかし、妻はそういうことに対して執拗なまでに怒ってきます。 私がもともと怒りっぽくない性格なので、理解できない部分が多いです。 また言葉遣いも非常に悪く、やめてほしいとお願いしてますが、直せないと言われます。 基本的に外では仲良くしているようなことを言っているみたいなので、そういう実態は誰も知らないのですが、正直この状況に耐えるのが辛くなってきました。 子供のことを考えると離婚は避けたいのですが、いつも話し合いになると妻も全く聞く耳も持たず、罵倒されるので、正直話し合う気も最近はあまりおきません。 話し合いをしても、あなたが離婚をオッケーしてくれればいい。 と言われて終わります。 誰にもこういう相談をしたことがないので、これが普通なのか異常なのかも正直わからず、ただ私が悪いのか、我慢すればいいのか、もわかりません。 私にも非があることは理解してますし、都度謝ってます。 子供はすごく可愛く、子供について話す時は比較的前向きな話ができます。 とは言え、妻の気持ちはもう私になく、一切私には興味ないので、やはり離婚すべきなのでしょうか。 ダラダラ長くなりましたが、ご意見欲しいです。 逆の立場だったという意見があり、驚いてます。 私の場合は物理的な暴力と言うよりは言葉の暴力が非常に多く、私自身精神的にかなりやられてしまってます。 なんとか保ってますが、崩壊してしまう可能性もあるなと怖く思ってます。 妻は一つ下です。 妻の性格は浮き沈みが激しく、機嫌がいい時はいいのですが、突然機嫌が悪くなり罵倒が始まります。 こちらとしては、さっきまで普通に話してたのに…と唖然としてしまいます。 弁護士に相談するにも証拠を押さえることがまず重要ということですね。 次離婚の話が出たら、具体的に話を進めてみます。 おそらく実家に帰って子育てをする、くらいまでしか考えておらず、お金の問題、保育園の問題、仕事の問題など深く考えてないと思われますので、突っ込んで話してみたいと思います。 また、親権はおそらく難しいと思うので、監護権を検討してみたいと思います。 あなたは人がよすぎるんですよ。 「自分さえ我慢すれば」と思っていませんか? 恋人同士ならそれでもいいんですけどね。 夫婦に、父親になったんですからそれじゃダメです。 奥様のDVの被害者はあなただけではなく、子供も巻き込まれちゃうんですから。 奥様は伝家の宝刀「離婚」を手に入れた気になっています。 それさえ振り回せばあなたはペコペコ言いなりになってくれるわけですから。 その証拠に「離婚!離婚!」と言うくせに、 それに向けた行動は一切ないでしょう? 本気で離婚したい、離婚しようという人の言動じゃないです。 ただただ「今の状況に不満!不満!」とわめき散らしているだけです。 夫なんですから、妻のそういう面はちゃんと正してあげなきゃダメですよ。 簡単に「離婚」と言うことを許してはいけません。 子供が言葉を理解するようになったら恐怖を感じる単語なんですよ。 それをよく考えてください。 「離婚!」と言い始めたら、冷静に「本気でしたいの?」と聞いてください。 「したいに決まっている!」と言うなら、 「分かった。 じゃぁ具体的に話を進めよう。 」と言ってください。 そして離婚に向けての話し合いをきちんとしましょう。 離婚するならまずは奥様が働かなきゃね。 いつくらいまでに就職できそうなのか? 家の契約や引っ越し、親権はどちらが?養育費はいくら? 親に報告するのはどのタイミングにする? 等、淡々と「離婚するなら決めなきゃいけないこと」を話し合ってください。 そして、合間合間に「本当に離婚でいいの?」と確認をしましょう。 具体的に話を進めていけば、奥様は自分の発言がいかに浅はかなのか、が分かると思います。 その結果、「安易に離婚とは言わない」となるならやり直せるでしょう。 しかし、意地を張って、もしくは本気で離婚話を進めていくなら、 子供のためにもお二人は夫婦でいないほうが幸せになれるかもしれません。 奥様、おいくつですかね? うちも過去にスピード婚してますけど… うちは貴方の立場で、奥様は元相手の立場でした。 経験上、奥様も元相手も【理想と違った、こんなはずじゃなかった】んだと思います。 【何でこんなに出来ない?意味が解らないんだけど】みたいな感覚だと思います。 うちは本当に貴方の立場で我慢した側でした。 何かあれば【もう無理】とか【離婚だ!】と何度言われたか…しかも散々暴力しておいてです。 これは離婚一択しかないです。 奥様が既に離婚と仰ってるので、弁護士に相談出来るならする、貴方がされている事実を証拠として押さえる 本当にしてるのか信憑性に欠けるので 、証拠をある程度取って離婚に挑みましょう。 話し合いがまともに出来る奥様じゃないので、調停を申し立てる、お子さんは奥様…は辞めた方がいいと個人的に思いますが何せお子さんが小さ過ぎます。 親権の他に【監護権】もあるので、検討されたらいいと思います。 貴方に覚悟があるなら、行動に起こしてください。

次の