石田純一病状最新。 「症状は38・8度」“新型コロナ”感染公表の石田純一(66)さん病状を告白...4月になぜ沖縄に向かったのか?

石田純一は喫煙者?持病で『余命8年宣告』も!現在最新の容体も心配

石田純一病状最新

俳優のが新型コロナウイルス感染で4月14日に入院してから3週間が経ちました。 各テレビ局やスポーツ新聞の報道によれば、いまだに退院のメドは立っておらず、退院の条件であるPCR検査の2度の陰性も、まだ1度も受けていない状態です。 体調自体は、治療薬の可能性のある「アビガン」を投与されており、平熱をキープしているとのことです。 石田は、緊急事態宣言下で東京から沖縄にわたり、当初はその行動ルートを隠ぺいして、ゴルフに興じていただけでなく、沖縄に渡航する前は北関東でもゴルフをしていました。 さらに北関東ではゴルフ後の食事で熱っぽい女性が同席していると知り、「かんべんしてくれよ」と思っていたなど、非常識な見識であったことが明らかになって、かなりのバッシングを受けることとなりました。 しかし、石田が66歳という年齢もあり、一時は「重篤状態」ではないかという情報も流れ、さすがにその身を心配する声の方が大きくなっていました。 そして3週間が経ち、石田がまだ退院が決まっていないというニュースを受けて、ネット上は再び、ざわつき始めました。 石田はなぜ、平熱を保っているにもかかわらず、退院の条件であるPCR検査を受けないのか……。 ネットやSNS上では、あらぬ批判的な推測が巻き起こっているようです。 「石田純一が退院してこないのは、またバッシングを受けるのが怖いのでは?」 「嘘ばかりついていたから、石田純一はほとぼりが冷める時期を狙ってるのか」 「感染ルートに女性の可能性があるから、奥さんが怖くて退院できないんだ」 そんな邪推をする人たちも多いなか、別の観点から石田の動静に疑問を持つ人もいました。 「なんで病状の変化もなく、進捗もないのに、わざわざマスコミに報告したんだろう」 たしかに、退院が見えたわけでもなく、一刻も争う「重篤状態」でもないのに、情報を公開したのか…その理由を業界関係者の一人がこう分析しています。 「石田の退院は近く、現在の世間の反響を見るためでは?」 石田を誰よりも心配している奥さんのからすれば、今さらゴルフとか女とかの問題よりも、石田の命が何よりも大切なはずです。 それでも今後の生活を考えれば、次に気になるのは、石田の退院後の仕事です。 石田はすでに66歳とはいえ、子どもも3人いて、まだまだ精力的に働いてもらわないと困る立場です。 「不倫は文化」発言や、「東京都知事立候補」を宣言して、過去に何度も仕事を干され、その度に復活してきた石田ですが、もし次に仕事を失ったら、さすがにカムバックするのは難しいでしょう。 石田の所属する事務所は個人事務所ですから、妻の意向はかなり反映されるはずで、今回の病状報告も妻の指示だったとも言われています。 ただ、平熱が続いているとはいえ、やはり、予想以上に病状は悪いのではないかという声もあります。 「血管が詰まりやすくなる恐れがあるようなので、サラサラになる薬を処方してもらっています。 脳溢血や脳梗塞になりかねないので慎重に治療をしています」 事務所担当者はマスコミに対して、そう報告しています。 石田純一には、現在の妻の子3人以外にも、一番目の妻の子の俳優・や、二番目の妻のの娘にモデルのすみれがいます。 そのすみれは、一時期、石田純一と絶縁状態にあったともいわれていますが、今回の石田のコロナ感染を受けて、自身のインスタグラムで心情を吐露しています。 「父がコロナに感染してしまったこと、驚きと不安、悲しみと心配でいっぱいです」 石田は退院したら、あらためて、行動ルートなど、掘り葉掘り聞かれるかもしれません。

次の

石田純一、病床から告白 アビガンで解熱、クドカンに続き効果を“立証” (1/2ページ)

石田純一病状最新

俳優のが新型コロナウイルス感染で4月14日に入院してから3週間が経ちました。 各テレビ局やスポーツ新聞の報道によれば、いまだに退院のメドは立っておらず、退院の条件であるPCR検査の2度の陰性も、まだ1度も受けていない状態です。 体調自体は、治療薬の可能性のある「アビガン」を投与されており、平熱をキープしているとのことです。 石田は、緊急事態宣言下で東京から沖縄にわたり、当初はその行動ルートを隠ぺいして、ゴルフに興じていただけでなく、沖縄に渡航する前は北関東でもゴルフをしていました。 さらに北関東ではゴルフ後の食事で熱っぽい女性が同席していると知り、「かんべんしてくれよ」と思っていたなど、非常識な見識であったことが明らかになって、かなりのバッシングを受けることとなりました。 しかし、石田が66歳という年齢もあり、一時は「重篤状態」ではないかという情報も流れ、さすがにその身を心配する声の方が大きくなっていました。 そして3週間が経ち、石田がまだ退院が決まっていないというニュースを受けて、ネット上は再び、ざわつき始めました。 石田はなぜ、平熱を保っているにもかかわらず、退院の条件であるPCR検査を受けないのか……。 ネットやSNS上では、あらぬ批判的な推測が巻き起こっているようです。 「石田純一が退院してこないのは、またバッシングを受けるのが怖いのでは?」 「嘘ばかりついていたから、石田純一はほとぼりが冷める時期を狙ってるのか」 「感染ルートに女性の可能性があるから、奥さんが怖くて退院できないんだ」 そんな邪推をする人たちも多いなか、別の観点から石田の動静に疑問を持つ人もいました。 「なんで病状の変化もなく、進捗もないのに、わざわざマスコミに報告したんだろう」 たしかに、退院が見えたわけでもなく、一刻も争う「重篤状態」でもないのに、情報を公開したのか…その理由を業界関係者の一人がこう分析しています。 「石田の退院は近く、現在の世間の反響を見るためでは?」 石田を誰よりも心配している奥さんのからすれば、今さらゴルフとか女とかの問題よりも、石田の命が何よりも大切なはずです。 それでも今後の生活を考えれば、次に気になるのは、石田の退院後の仕事です。 石田はすでに66歳とはいえ、子どもも3人いて、まだまだ精力的に働いてもらわないと困る立場です。 「不倫は文化」発言や、「東京都知事立候補」を宣言して、過去に何度も仕事を干され、その度に復活してきた石田ですが、もし次に仕事を失ったら、さすがにカムバックするのは難しいでしょう。 石田の所属する事務所は個人事務所ですから、妻の意向はかなり反映されるはずで、今回の病状報告も妻の指示だったとも言われています。 ただ、平熱が続いているとはいえ、やはり、予想以上に病状は悪いのではないかという声もあります。 「血管が詰まりやすくなる恐れがあるようなので、サラサラになる薬を処方してもらっています。 脳溢血や脳梗塞になりかねないので慎重に治療をしています」 事務所担当者はマスコミに対して、そう報告しています。 石田純一には、現在の妻の子3人以外にも、一番目の妻の子の俳優・や、二番目の妻のの娘にモデルのすみれがいます。 そのすみれは、一時期、石田純一と絶縁状態にあったともいわれていますが、今回の石田のコロナ感染を受けて、自身のインスタグラムで心情を吐露しています。 「父がコロナに感染してしまったこと、驚きと不安、悲しみと心配でいっぱいです」 石田は退院したら、あらためて、行動ルートなど、掘り葉掘り聞かれるかもしれません。

次の

石田純一はハゲでかつら?若い頃から現在の髪型の変化で真実を検証!

石田純一病状最新

新型コロナウイルスに感染し、入院中の俳優・石田純一(66)が23日、木曜レギュラーを務める文化放送「斉藤一美ニュースワイドSAKIDORI!」(月~金曜、後3・30)に出演。 入院中である都内の病院から現在の病状を語った。 この日流された音声は22日に病室で録音されたもの。 16日放送に続いて2週連続で録音出演した。 石田は治療にアビガンを使用したことを一部メディアに語っていたが「一刻の猶予もない」状態だったことを明かした。 石田は番組のチーフプロデューサーの電話に答える形でコメント。 体調について、今は平熱に戻ったものの、肺炎の状態は続いていることから入院しているとした。 治療で使用したのが、脚本家の宮藤官九郎氏も使ったというアビガン。 「実は沖縄から帰ってきた次の日の朝に初めて平熱を超えた。 これはまずいってことで、4月15日には完全にこりゃだめだと。 8度8分とかになりまして即入院」という状態に。 検査をしたところ陽性反応がでたことから「一刻の猶予もないので、アビガンでという話をいただきまして、1回2回は大量投与だったんですね。 呼吸も弱くなってきたもんですから、いろんな意味で猶予ないということで」と大量のアビガンを服用したことも明かした。 アビガン投与のかいもあり「おかげさまでアビガン効いて。 その後、本当に悪くなることもなく、急激に、劇的に回復はしてませんが、悪くなることもなく小康状態、4日間ぐらいで平熱ぐらいまで来ました」と語った。 熱も下がり、目立った症状はないというが、肺炎の症状がまだ残っていることから、声はまだまだ弱々しかった。

次の