平成 31 年 硬貨 レア。 令和元年の硬貨の価値はどれくらい?プレミアム価格になる?

平成31年と昭和64年 硬貨買取価値と知らないと損する硬貨の話

平成 31 年 硬貨 レア

平成31年硬貨の価値はプレミアが付く? 平成も今年平成31年の4月30日までとなりましたよね。 なんとも残念な感じですが、新しい年号になっていろいろ楽しいことも起こる予感もします。 しかしここで不思議に思うのが、 硬貨の【年号】について。 この現象、以前にもあった気がしませんか? そう、それは 【昭和64年】と【平成元年】でした!! 今回平成31年の硬貨が価値がでるのか、昭和64年の硬貨がどんなプレミアが付いたかを参考に、調べてみました! 昭和64年の硬貨について 昭和64年は1月17日までだったので、造幣された数は少ないです。 1円玉ー1億1610万枚• 5円玉ー6733万枚• 10円玉ー7469万枚• 50円玉ー発行されていない• 100円玉ー発行されていない• 500円玉ー1604万枚 50円玉と100円玉は発行されなかったにしても、ちょっと数が莫大すぎて、ピンときませんよね。 参考までに前年の昭和63年と比較してみると、その発行の数は 【6~9分の1】と言われています。 と、いうことは かなりその数は少ない! と、いうことですよね。 これはプレミアがつく気配がかなり感じられます。 昭和64年の硬貨の価値は上昇中! 数少ない昭和64年の硬貨の価値を調べてみました。 実際昭和64年の硬貨を買い取りに持って行ったとします。 その時の金額は・・・。 なんと、 同じだそうです。 まあ、お金自体は金銭価値が変わっていないわけですし、当然といえば当然ですが・・・ しかしあきらめてはいけません! この金額は、使用されていた昭和64年硬貨の場合なんです。 では 未使用の場合はどうなるのか、というと・・・。 実はこのような結果になっています。 1円玉・・・50円• 5円玉・・・100円• 10円玉・・150円• 50円玉・・・発行されていない• 100円玉・・・発行されていない• 」 と、疑問に思いますよね。 ただ単に銀行に両替に行っても、それが平成31年の硬貨にしてもらえるとは限りません。 しかも 「平成31年の硬貨に両替してください!! 」 なんて、口が裂けても恥ずかしくて言えませんよね。 では、 どうやったら平成31年の硬貨が入手できるのでしょうか? しかも価値があるのは【未使用の硬貨】となります。 これはさらに狭き門になりそうですよね・・・。 平成31年の硬貨、しかも未使用の硬貨を入手する・・・今回はそんな方法も調べてみました。 その一つは、 購入する方法です。 日本造幣局からは、ジャパンコインセットなるものが販売されています。 「日本の伝統美」をテーマにしていて美しい仕上がりなんです。 しかも毎年販売されているので、 平成31年も販売される予定です。 タイトルは「平成31年銘ジャパンコインセット」。 この貨幣セットは平成31年銘の未使用の1円玉から500円玉の6種類の硬貨が収納されています。 デザインも日本の美しさをテーマにしているので、 飾っておくだけでもインテリアとしての価値がありそうですよね。 しかも何年か後に金額を査定してみると、とっても驚く結果になるかもしれません。 そしてもう一つは・・・。 調べてみると、それは【意外な方法】でした。 昭和64年の硬貨を入手した方法を調べてみると 【買い物した時のつり銭に、昭和64年の硬貨が混じっていた】 と、いう意見が多かったんです! では今回の平成31年の硬貨もその現象が多くみられるはずですよね。 買い物でお釣りをもらったら、平成31年かをチェックしてみてください。 そして平成31年の硬貨が混じっていたら、 ビンなどに保管しておくと無くすことはないですよね。 「でもそれって面倒くさいなぁ」 と、思われる方も正直少なくないと思います。 しかしこれから 【硬貨によっては、さらに価値が上がる硬貨がある・・・】 と、聞いたらどうでしょうか? 「え?それってどうゆうこと?」 と、不思議に思われるかもしれませんが、平成31年の硬貨はその種類によって、価値がガラッと変わってくるものがあるんです! 最も高いと予想される平成31年硬貨は・・・ 平成31年の硬貨は、それだけでも価値が上がると予想されます。 しかも、これから 【1円玉の価値がさらに上がる可能性がある・・・】と、予想されているんです。 そうなんです。 1円玉は、平成31年に消費税が10%になると、生産枚数自体が減少する可能性が非常に高いんです! それでなくても、調べてみると 1円玉の発行率は年々下がってきています。 ということは・・・平成31年の1円玉の発行数がかなり少なくなるのは明らかですよね。 もしお買い物の際に、平成31年の1円玉がお釣りに交じっていたら・・・。 宝くじに当選したような【ラッキー】になるかもしれません! そしてさらに、 価値が上がる硬貨の基準があることがわかりました。 それは・・・ 年号に関係なく、【変形している硬貨】も価値が上がる! ということなんです。 これまでに価値が高くついたプレミアの硬貨は• 穴がない5円玉や50円玉• 穴が真ん中から一がズレてあいている5円玉・50円玉• くぼみや凹みがあって、硬貨の形が変形している硬貨• 模様の印刷がズレている硬貨 などがありました。 平成31年の1円玉で、その形が変形していたりしたら・・・それはとってもプレミアが付く硬貨になることは間違いないですね! しかも年号に関係なく、変形1円玉で、【280万円】になった1円玉もあるんです。 (ちなみに、ヤフー・オークションで落札されました) そのうえ最近ではよく耳にする【仮想通貨】や【電子マネー】で、硬貨の流通が減ってきています。 そのことも考えると、 今後どんどん珍しい硬貨の価値が上がってくることは間違いないのではないでしょうか? 平成31年硬貨の価値は上がり続ける! 今回は 平成31年の硬貨の価値が上がるのか、という疑問についての解答を調べてみました。 昭和64年の硬貨の価値が上がったことを、参考にして考えると 【平成31年の硬貨の価値は上がる!! 】 と、考えられますよね。 そして一番希少価値が付いて、プレミアになるのは 【平成31年の1円玉】 の可能性が高いです。 今後生産量が減っていく中で、数少ない1円玉、それも平成31年の1円玉となると、 数十年後には信じられないような価格まで上昇している可能性すらあります。 記念硬貨や古銭が家の片隅で眠っている方も 「古いから捨てようか」 と、捨てる前に、一度見積もりをもらってみたほうがいいかもしれませんね。 そして【変形した硬貨】は、 「どうせ使えないし・・・」 と、おもわずに、保管しておくことをオススメします!

次の

プレミア硬貨の一覧表価値?平成31年500円玉や10円50円は?令和元年

平成 31 年 硬貨 レア

今まで硬貨がどれくらい1年間で製造されているかなんて気にした事がなかったですが、金額によって全然枚数が違うんですね~。 このデータを見て分かることは、1円玉の製造が極端に少ないという事ですよね。 1円玉はすでにかなりの数が流通しているという事と、今は電子マネーの利用が増えていて(キャッシュレス化)硬貨(小銭)を使う人が減っているというのもあって、 製造枚数が減っているそうです。 平成元年はなんと 約24億枚もつくられた1円玉が、令和元年度は 100万枚しか作られません。 時代の流れなんでしょうね~。 最終的にはコレクターの方の判断にはなりますが、この数字を見てわかる事は「令和元年」の 1円玉が1番流通する量が少なくてプレミアム硬貨になりやすい、という事ですね。 あくまでも可能性の話ではありますが、私はビックリして持っていたお皿を落としそうになりました^^; 製造枚数が少ない(令和元年度の1円玉の製造枚数は100万枚)のは上述した通りですが、もっと理由があるんですよ。 製造されるのは、令和元年と刻印されたものだけじゃない 「令和元年度製造枚数 100万枚」となっているので、 すべて令和元年と刻印されるのかな?と思ったのですが、そうではありませんでした。 今年度の製造枚数であるこの100万枚という数字は、 「平成31年、令和元年、令和2年」と刻印されたもの全てを含めての枚数です。 例年は年が変わる前に事前に金型を準備し、年が明けてすぐに新しい年が入った硬貨の製造に入るのですが、今年は4月に新元号が発表されるまで元号が分かりませんでした。 発表されてから新しい金型をつくったので、 新元号の金型ができるまでは平成31年度の硬貨が作られています。 来年になるとすぐに令和2年の硬貨が作られますので、じゃあ「令和元年」と入った硬貨の流通枚数は?・・・と考えると、かなり少ない量になると想像できますよね。 予定の製造枚数が作られるとは限らない 昨年度も1円玉の予定製造枚数は100万枚だったのですが、実際作られたのは 66万枚でした。 ですから今年度も100万枚で予定されてはいるものの、もしかしたら実際作られる枚数はグッと減る可能性もあり得ます。 その中で「令和元年の1円玉」を探すとなると、至難のわざのような気がしますね・・・。

次の

平成31年硬貨の価値はプレミアが付く?1円や500円玉の入手方法も紹介 | 高齢者のための役立ち情報ブログ〜3歩進んで2歩下がる〜

平成 31 年 硬貨 レア

今まで硬貨がどれくらい1年間で製造されているかなんて気にした事がなかったですが、金額によって全然枚数が違うんですね~。 このデータを見て分かることは、1円玉の製造が極端に少ないという事ですよね。 1円玉はすでにかなりの数が流通しているという事と、今は電子マネーの利用が増えていて(キャッシュレス化)硬貨(小銭)を使う人が減っているというのもあって、 製造枚数が減っているそうです。 平成元年はなんと 約24億枚もつくられた1円玉が、令和元年度は 100万枚しか作られません。 時代の流れなんでしょうね~。 最終的にはコレクターの方の判断にはなりますが、この数字を見てわかる事は「令和元年」の 1円玉が1番流通する量が少なくてプレミアム硬貨になりやすい、という事ですね。 あくまでも可能性の話ではありますが、私はビックリして持っていたお皿を落としそうになりました^^; 製造枚数が少ない(令和元年度の1円玉の製造枚数は100万枚)のは上述した通りですが、もっと理由があるんですよ。 製造されるのは、令和元年と刻印されたものだけじゃない 「令和元年度製造枚数 100万枚」となっているので、 すべて令和元年と刻印されるのかな?と思ったのですが、そうではありませんでした。 今年度の製造枚数であるこの100万枚という数字は、 「平成31年、令和元年、令和2年」と刻印されたもの全てを含めての枚数です。 例年は年が変わる前に事前に金型を準備し、年が明けてすぐに新しい年が入った硬貨の製造に入るのですが、今年は4月に新元号が発表されるまで元号が分かりませんでした。 発表されてから新しい金型をつくったので、 新元号の金型ができるまでは平成31年度の硬貨が作られています。 来年になるとすぐに令和2年の硬貨が作られますので、じゃあ「令和元年」と入った硬貨の流通枚数は?・・・と考えると、かなり少ない量になると想像できますよね。 予定の製造枚数が作られるとは限らない 昨年度も1円玉の予定製造枚数は100万枚だったのですが、実際作られたのは 66万枚でした。 ですから今年度も100万枚で予定されてはいるものの、もしかしたら実際作られる枚数はグッと減る可能性もあり得ます。 その中で「令和元年の1円玉」を探すとなると、至難のわざのような気がしますね・・・。

次の