アメリカ 大統領 選挙 候補 者。 2020年アメリカ大統領選挙結果はいつ決まる?日程スケジュールや候補者を調査

米大統領選、70歳以上の候補者は年を取り過ぎている? データが示す答えは「ノー」

アメリカ 大統領 選挙 候補 者

CBSニュースの出口調査によると、中道派バイデン前副大統領はヴァージニア州(誓約代議員99人)、ノースカロライナ州(同110人)、アラバマ州(同52人)、ミネソタ州(同75人)、テネシー州(同64人)、アーカンソー州(同31人)、メイン州(同24人)、オクラホマ州(同37人)で勝った。 オクラホマ州は、2日に選挙戦から撤退しバイデン氏支持を表明したクロブシャー上院議員の地元。 さらに東部マサチューセッツ州(同91人)でもバイデン氏が勝った。 同州地元のウォーレン上院議員は3位にとどまり、大打撃を受けることになった。 大票田テキサス州(同228人)でもバイデン氏が勝利。 同氏は投票前日の最後の集会を同州ダラスで開き、同州で人気のオローク前下院議員などの支持を取り付けていた。 左派サンダース氏は地元ヴァーモント州(同16人)、コロラド州(同67人)、ユタ州(同29人)で勝った。 最終的に代議員が各候補にどう割り振られるかは、得票率による。 大票田カリフォルニア州(同415人)では、サンダース氏が優勢。 バイデン氏も健闘し2位につける見通しとなっている。 バイデン氏「良い夜だ」 Image copyright Getty Images ロサンゼルスで演説したバイデン氏は、「良い夜だし、ますます良くなる」とあいさつし、格差解消の重要性を強調。 「この国を作ったのはウォール街じゃない、皆さんだ、労働者だ、労組だ」と訴えた。 「何の理由もなく、この日をスーパー・チューズデーとは呼ばない。 (中略)皆さん、これを言うにはまだ早いが、状況はものすごく、ものすごく順調だ」と述べ、メディアが数日前に自分の敗北を報じたのは時期尚早だったと主張した。 そして、「まあ、終わりなのは他の男かもしれない」と述べ、ライバルのサンダース氏を遠まわしに攻撃した。 さらに、「間違いなく我々のこの選挙運動が、ドナルド・トランプを追い出す」と宣言した。 バイデン陣営は今年に入りアイオワ、ニューハンプシャー、ネヴァダの3州の予備選で苦戦し、支持率も選挙資金も低迷したが、サウスカロライナ予備選での圧勝を受け、民主党穏健派の支持を次々に確保。 スーパー・チューズデーでは特にアフリカ系アメリカ人や中高年の支持を確保しているもよう。 これに対してサンダース氏は、若年層やヒスパニック系の支持を受けている。 ただし、ヒスパニック系の多いテキサス州ではバイデン氏が勝つ見通しになった。 サンダース氏「古臭い政治ではトランプを倒せない」 サンダース氏は地元ヴァーモント州バーリントンで、支持者の前に笑顔で登場。 「誰もがこれは成し遂げられないことだと言っていた。 (中略)しかし今夜、私は絶対的な自信を持ってあなた方にこう伝えたい。 我々は、民主党候補者争いに勝利するだろうと。 そして、この国の歴史上最も危険な大統領を打ち負かすだろう」と述べた。 また、「この選挙運動が他に類を見ないものになっているのは、我々が事業者やウォール街の強欲、保険会社の強欲と対決しているからだ。 そして、気候変動の実在的な危機を考えると、我々は化石燃料業界に言いたい。 我々の国や世界の未来の前に、あなたたちの目先の利益など重要ではないと 」と述べた。 演説中、支持者はたびたび「バーニー、バーニー」と連呼した。 サンダース氏は、国民皆保険は人権だ、現状のような経済格差は認められないと従来の主張を繰り返し、「トランプを倒す可能性が最も高いのは自分たちの運動だ。 古臭い政治ではトランプを倒せない」と強調した。 ブルームバーグ前ニューヨーク市長は、今回初めて予備選に参加。 50万ドル以上の自己資金を対象の14州で選挙広告などに投下してきたが、米領サモア以外では勝てなかった。 4日朝には、選挙戦からの撤退を表明し、今後はバイデン氏を応援すると述べた。 Image caption 民主党候補の全国支持率。 サンダース氏が安定して支持率を伸ばしてきたのに対し、バイデン氏は今年初めに大きく支持率を落としたが、サウスカロライナ州で圧勝した後、急に支持率を戻している 民主党穏健派がバイデン氏支持で結束 3日のスーパー・チューズデーを目前に、中道系の候補が相次いで撤退へと動いた。 したのに続き、エイミー・クロブシャー上院議員(ミネソタ州)も2日、撤退を表明した。 両者は2日夜にテキサス州ダラスで開かれるバイデン氏の集会に参加し、同氏への支持を表明した。 同じ集会には、テキサス州で人気の高いベト・オローク前下院議員も参加し、自分はテキサスの予備選でバイデン氏に入れるつもりだと述べた。 オローク氏は昨年11月まで、民主党の候補争いに出馬していた。 同州は人口が多く、候補選びで影響力が強い。 <関連記事>• これまでバイデン氏と候補指名を争っていた3人の動きは、民主党内の穏健派が有権者たちの支持をバイデン氏に集中させ、代議員獲得数でトップを行く急進的なサンダース氏の独走を阻もうとする意向を反映したものとみられる。 バラク・オバマ前大統領の国家安全保障問題担当補佐官だったスーザン・ライス氏も2日、バイデン氏への支持を表明。 民主党のマーク・ウダル、タミー・ダックワース両上院議員やハリー・リード前上院院内総務もこの動きに加わった。 Image copyright AFP Image caption 投票所に犬がつきものなのはイギリスだけではない 危機的状況にあるのは? 民主党は岐路に立たされている。 誰を選べば、今秋にトランプ氏の再選を阻止する可能性が一番高いか、支持者は選ばなくてはならない。 民主党の候補争いは一時、20人以上が出馬して実ににぎやかだった。 大勢の女性や有色人の候補者が顔を並べ、民主党らしいと評判だった。 しかし今後は、70代の白人男性2人の一騎打ちになりそうだ。 バラク・オバマ前政権の副大統領だった穏健派のバイデン氏と、燃えるリベラル活動家サンダース氏は、アメリカの未来について大きく異なるビジョンを提示している。 バイデン氏は、自分はアメリカに徐々に変化をもたらし、トランプ政権後の国の「品位」を回復すると主張。 有権者の信頼を得やすい、現実的な候補だとアピールする。 しかし、バイデン氏の選挙運動は盛り上がりを欠き、あまりパッとしないという批判がある。 ワシントン政界の実力者としての経歴も長いことから、よけいなお荷物もたくさん引きずっているとも言われている。 これに対してサンダース氏については、社会民主主義者を自認する候補ではホワイトハウス奪還に必要な浮動票を説得できないという批判がある。 78歳のサンダース氏は、数兆ドル分の増税によって国民皆保険や公立大学の無償化、学生ローンの帳消しなどを実現し、アメリカ経済を「革命的」に一変させる方針だ。 スーパー・チューズデーはなぜ重要? 【米大統領選】 スーパー・チューズデー なにが「スーパー」なのか すべては、代議員をどれだけ獲得できるにかかっている。 代議員とは7月の民主党全国党大会で、各州の党員の代わりに党の候補を投票で選ぶ役割の人たちだ。 各候補は各州の予備選や党員集会で、得票に応じて代議員が割り当てられる。 今年の民主党代議員の総数は4750人。 そのうち3979人が州ごとに割り当てられており、州の予備選の結果に沿って、党大会で投票しなくてはならない。 3979人のうち1991人を獲得した候補が、指名獲得を確実にする。 (党大会の最初の投票でその人数を得る候補がいなければ、党幹部・重鎮がなるいわゆる「スーパー代議員」が投票に参加する) つまり、各州の予備選や党員集会で最も多い代議員を獲得した人が、党の候補に指名される仕組みで、だからこそ民主党支持者の約3割が14州で一斉に投票する「スーパー・チューズデー」が注目される。 これまで4州の予備選・党員集会で配分がすでに決まった代議員は、まだ155人のみ。 これに対してスーパー・チューズデーでは、実に1357人もの代議員の配分先が決まる。 なかでも代議員の人数が多いのは、人口の多いカリフォルニア州とテキサス州。 カリフォルニア州は今回初めて、スーパー・チューズデーに参加する。 (英語記事 ).

次の

アメリカ大統領選挙の仕組みは理解すると結構おもしろい!

アメリカ 大統領 選挙 候補 者

4年に1度1年間かけての大イベント アメリカの大統領選挙は 4年に1度、オリンピックの年に約1年かけて行われる、アメリカ最大のイベントです。 日本の首相が、ほとんどの国民の関係ないところで選ばれるのと違って、アメリカ大統領は、形は間接投票ですが「国民が選ぶ」という点が大きく違います。 民主党と共和党の二大政党で「予備選挙」がある 【クリックで拡大】(情報は2016年のものです) アメリカの議会は、民主党と共和党の二大政党が争っていて、大統領もこの百年以上、どちらかの政党から選ばれています。 大統領選は、大きく分けて、 民主・共和両党の候補者を1人に絞る「予備選挙」と、両党の候補者から大統領を選ぶ「本選挙 一般選挙 」とがあります。 民主党は6人、8年ぶりの政権奪還を狙う共和党は18人が立候補を表明しました オバマ大統領は、すでに2期の8年間大統領を務めたので、今回の選挙では確実に新大統領が生まれます。 現在は、各政党が候補者を一人に絞り込むための予備選挙が行われています。 予備選挙では「代議員」に投票する 1月から7月まで、共和党では全米50州で「予備選」または「党員集会」が行われます。 予備選は非公開投票、党員集会は公開投票で、州によって異なります。 この 予備選・党員集会では、各州の有権者が、自分が選びたい候補者を支持している「代議員」に投票します。 たとえば、クリントン候補に投票したい人は、クリントン氏を支持している代議員に投票するわけです。 代議員は、州によって人数が異なり、人口に比例して配分されています。 この結果、 各候補が得票に応じた代議員の人数を獲得し、この獲得人数が多い方が優位に立ちます。 こうして、次々と各州で予備選挙が行われていきますが、その過程で、勝ち目がないと思った候補者は自分から撤退していきます。 すでに、民主党からは4人、共和党からは8人が撤退しています(2016年2月時点)。 予備選挙の最大のヤマ場は「スーパーチューズデー」と呼ばれる3月第1週の火曜日(今年は3月1日)です。 今回はアーカンソー州、テキサス州など10州以上で予備選・党員集会が行われます。 「全国党大会」で各党の大統領候補が決まる その後も7月末まで、各州で予備選挙が行われ、党の「大統領候補」が1人に絞られます。 そして共和党 7月18日 、民主党 7月25日 に行われるの「全国党大会」で、全国の代議員が集合し、党公認の大統領候補が指名されます。 その後、いよいよ「本選挙」の選挙戦に突入するわけです。 そして、「本選挙」 本選挙は、共和党候補と民主党候補の「一騎討ち」となり、約2カ月間の選挙戦に入ります。 そして、いよいよ本選挙の投票です。 「一般投票」つまり有権者が投票する日は11月8日。 ここでも、有権者は各州の「選挙人」を選んで投票します。 選挙人は、予備選の時の「代議員」と同じように、どちらの候補を支持しているか表明しているので、有権者は、どちらかの党のグループに投票し、間接的に大統領を選ぶわけです。 そして開票。 これがまた面白いシステムで、その州で1票差であっても 最多得票となった政党が、その州全体の選挙人の人数すべてを獲得できるのです 「勝者独占方式」と呼ばれています。 このような形で、各州の勝者と、獲得した選挙人の数が決まります。 選挙人は全米で538人存在しているので、その 過半数の270人以上を獲得した候補者が、大統領となるわけです。 その後も形式だけですが、選ばれた選挙人が集まって12月に投票し、開票は来年1月に行われ、 1月20日に正式に新大統領が就任します。 【関連書籍】 幸福の科学出版 大川隆法著 幸福の科学出版 大川隆法著 幸福実現党刊 【関連記事】 2016年2月2日付本欄 米大統領選幕開けのアイオワ戦 政治改革派のサンダースやトランプが台頭する理由 2016年1月20日付本欄 米大統領選 過激発言でも人気があるトランプ氏の不思議 2016年1月13日付本欄 左翼政権の集大成 オバマ氏の一般教書演説 2015年12月10日付本欄 トランプ氏「イスラム教徒排斥」発言が批判されるなら、「日本人排斥」の歴史も見直すべき.

次の

米大統領選、70歳以上の候補者は年を取り過ぎている? データが示す答えは「ノー」

アメリカ 大統領 選挙 候補 者

11月の米大統領選を目指し、一時期は20人以上が乱立した民主党候補も、3月3日の14の州で予備選挙が行われる大きな山場「スーパーチューズデー」を前に5人まで絞り込まれた。 直近では、ビリオネアの投資家でリベラルの活動家トム・ステイヤー氏、インディアナ州サウスベンドの前市長ピート・ブティジェッジ氏、ミネソタ州選出の上院議員エイミー・クロブチャー氏が、2月29日のサウスカロライナ州の予備選挙の結果を受け、選挙戦から退いた。 スーパーチューズデーの戦いに挑むのは、前副大統領の、上院議員の、上院議員の、元市長のマイケル・ブルームバーグ氏、下院議員のトゥルシー・ギャバード氏の5人だ。 2020年の大統領選を目指す共和党、民主党それぞれの候補者たちを紹介しよう。 2016年、マサチューセッツ大学アマースト校で演説するバーニー・サンダース氏。 2月19日(現地時間)に表明した。 77歳、バーモント州選出の上院議員である同氏は、2016年の民主党予備選でヒラリー・クリントン氏に敗れている。 立候補する考えをの中で、サンダース氏は「我々のキャンペーンは、ドナルド・トランプを倒すためだけのものではない」とし、「我々の国を転換し、経済的、社会的、人種的、環境的正義の原則に基づく政府を作るためのものだ」と語った。 2020年の大統領選に向けて、民主党からは20人以上が立候補する可能性があり、その多くが所得の不均衡を是正し、アメリカの大企業の力を抑えるというサンダース氏が掲げてきた選挙戦のテーマを主張している。 競争は激しくなりそうだ。 大雪の中、大統領選への立候補を表明するエイミー・クロブチャー上院議員(2019年2月10日)。 猛吹雪の中、屋外会場で帽子も手袋もプロンプターもなしで、同氏は。 クロブチャー氏は、中西部の有権者に支持される「ミネソタの洗練された」物腰の、落ち着いた実利主義的な穏健派という自身の評判が武器になると考えている —— トランプ大統領とは対照的だ。 ニューハンプシャー州で3位につけたものの、ネバダ州、サウスカロライナ州で支持が伸びず、クロブチャー氏は3月2日、。 37歳になったばかりのブティジェッジ氏は今のところ、公に立候補を表明した最も若い未来の民主党候補だ。 ゲイであることを公言している唯一の候補者でもある。 動画の中でブティジェッジ氏は、自身を「今まさに前へ進もうとしている世代」の一員だと述べた。 「我々は、学校での銃乱射事件を乗り越え、9. 11同時多発テロ後の戦争を戦った世代だ。 そして何か違うことをしない限り、自分たちの親よりも稼ぐことのできない立場にある初めての世代だ」と、動画の中で話している。 アイオワ州で1位、ニューハンプシャー州で2位につけたが、ネバダ州とサウスカロライナ州で支持が伸びず、ブティジェッジ氏は3月1日、選挙戦から退いた。 ジョン・ディレイニー氏は2017年7月に立候補を表明した。 2013年から2019年まで下院議員を務めたディレイニー氏は、2017年7月28日に立候補することを発表した。 ワシントン・ポストへの寄稿で同氏は、「現政権は我々の国の繁栄と安全を損なっている。 わたしにはこの国を異なる方向へ導く統治と経済政策へのアプローチがある。 だからこそ、立候補するのだ」と述べた。 十分な資金が集まらず、世論調査での支持も伸びず、ディレイニー氏は2020年1月31日、。 ウィリアムソン氏は、1980年代からロサンゼルスでニューエイジのスピリチュアルに根差した自己啓発の講演をしたり、書籍を書いたりしている。 AIDSに関する啓発・支援活動にも熱心だ。 1992年にアメリカの人気司会者オプラ・ウィンフリーのショーに出演したことで、ハリウッドを含む。 政界への進出は、2014年にカリフォルニア州で下院議員選挙に独立候補として立候補したのが初めて(結果は落選)。 世論調査での支持が伸びず、選挙スタッフを全員解雇したあと、ウィリアムソン氏は1月10日に。 1回目の民主党予備討論会の参加資格を判断する締め切りには間に合わなかった。 2010年に下院議員をリタイアしたあと、2010年と2016年の選挙でペンシルベニア州選出の上院議員を目指したが落選。 2016年の選挙キャンペーン中には、州内400マイル(約640キロメートル)以上を歩いたとして話題になった。 立候補を表明した動画の中で、セスタック氏は自身の31年に及ぶ軍隊経験を強調、大統領を務めるにあたり重要な条件だと述べた。 「軍を使うかどうか決めなくてはならないとき、我々の最高司令官は始めることが賢い選択か決める前にどう終わることができるか分かるだろう」 テキサス州選出の元下院議員、ベト・オルーク氏。 Associated Press オルーク氏が正式に大統領選への立候補を表明したのは3月14日。 同氏の立候補は数カ月にわたって噂されてきた。 妻のエイミーさんとで立候補を発表したオルーク氏は、「アメリカの約束を叶える唯一の方法は、わたしたち全員が全力で全ての人のために尽くすことだ」と語った。 オルーク氏は「わたしたちの経済、民主主義、気候変動といった互いに絡み合う危機は、これまでになく深刻だ」と言い、「その危機はわたしたちを飲み込むか、アメリカの才能を解き放つ大きなチャンスとなるかのいずれかだ」と付け加えた。 テキサス州エルパソ出身のオルーク氏は下院議員を3期務めた。 2018年の中間選挙では、伝統的に共和党が強いテキサス州で現職のテッド・クルーズ氏と上院議員の議席を、大きな注目を集めた。 オルーク氏は11月1日、自身の選挙キャンペーンを終了すると。 ワシントン州の知事、ジェイ・インスレー氏。 Warren 2012年からワシントン州の知事を務めているインスレー氏は、自身を「気候変動の候補者」と呼ぶ。 インスレー氏はの中で、「わたしはジェイ・インスレー。 我が国の最優先事項である気候変動の問題を解決する唯一の候補者として、大統領選に立候補する」と語った。 知事としても、インスレー氏は炭素排出量の削減や再生可能エネルギーの普及に取り組んできた。 同氏は動画の中で、「わたしたちは気候変動の痛みを感じる最初の世代であり、そのために何らかの対策が取れる最後の世代だ」と語った。 インスレー氏は8月21日、大統領選から撤退すると。 コロラド州の元知事、ジョン・ヒッケンルーパー氏。 66歳のヒッケンルーパー氏は、州知事を2期務め、非常に人気が高かった。 知事になる前はデンバーの市長を務めていて、ビジネスマンとしても知られている。 立候補を表明したの中で、同氏は「わたしが大統領選に立候補するのは、ワシントンD. には夢を持つとともに、物事を実現させられる人間が必要だからだ」と述べ、「わたしはこれまで何度も、漸進的変化を生み出すために人々を団結させることができると証明してきた」と語った。 その後、8月15日にヒッケンルーパー氏は大統領選から撤退することを。 上院選に立候補し、共和党のコリー・ガードナー議員と戦うことを「真剣に検討する」と語った。 選挙キャンペーンでは主に、銃による暴力を減らそうと訴えていて、全米ライフル協会(NRA)を批判している。 スウォルウェル氏は現在、下院情報特別委員会や下院司法委員会の委員を務めていて、これらの委員会による2016年大統領選へのロシア介入に関する調査に積極的に関わっている。 スウォルウェル氏は出演した番組で、今回の決断について「この国は今、窮地に陥っている」と。 「国外からの脅威を解消できず、この国の人々の生活をより良いものにすることもできず…… これらはいずれも、我々が直面している問題に立ち向かう意思のあるリーダーを手に入れない限り、変わらないだろう」 その後、スウォルウェル氏は7月8日に。

次の