爆弾 藩 ハンバーグ メニュー。 フライングガーデン公式オンラインショップ 〜ハンバーグ、豆腐ハンバーグ、煮込みハンバーグの通信販売〜

爆弾ハンバーグ フライングガーデン-THE FLYING

爆弾 藩 ハンバーグ メニュー

フライングガーデンで有名なハンバーグと言えば爆弾ハンバーグです。 登場以来20数年間愛され続けて、今では年間300万食を販売しております。 しかし、爆弾ハンバーグはフライングガーデンの店舗でしか味わえない門外不出のハンバーグです。 その理由は、厳選された牛肉を自社工場の衛生管理が行き届いたクリーンルームで生産を行い、品質検査に合格したものを店舗へと毎日チルド配送をしております。 爆弾ハンバーグのこだわりは、この南部鉄器で焼き上げることで実現いたします。 完成した爆弾ハンバーグは、外はカリッと香ばしく、中は薄っすらと赤身の残るミディアムで肉汁あふれる状態でお客様に召し上がって頂きます。 全ての工程をへて初めて爆弾ハンバーグなのです。 様々なお客様より、ご家庭でも爆弾ハンバーグを召し上がりたいとのお声を頂戴しております。 それは美味しいハンバーグをお手軽にご家庭で召し上がりたいと言うお気持ちの表れであると受け止めて爆弾ハンバーグに負けないハンバーグの開発を決意いたしました。 原料の牛肉については国内外の様々な産地のものを試作と試食を繰り返し、九州地方を中心とした黒毛和牛にたどり着きました。 その中で、肉の挽きかたも研究し粗挽きと細挽きを組み合わせることで独特の食感を実現いたしました。 美味しく、厳選した素材を加工し、一つ一つ手作りで成型し、仕上げの焼くということにもこだわった結果、当社にて焼き上げると言う結論に達しました。 ハンバーグを焼くというシンプルな行為は、種の形と厚みと温度、焼くための機器の温度、焼き上げ時間が美味しさのポイントとなります。 この全ての工程において厳格な基準を設けて、承認された者が焼き上げております。 専門店の味をご家庭で簡単に再現できるおかあさんの強い味方です。

次の

フライングガーデン 若松原店

爆弾 藩 ハンバーグ メニュー

この記事の目次• 一体どんな金券がもらえるんでしょうか。 ドキドキ。 まずは食事を注文しましょー。 税込500円の「もりもり黒チキン焼きランチ」!すごいボリューム! 続いて、爆弾ハンバーグ(極うまチーズソース)もジュージューしてて美味しい! どちらもランチメニューなので、ライスとスープがおかわり自由です。 ランチのスープは日替わりっぽい。 トマトスープが予想以上に美味しくておかわりしましたw ボリュームたっぷりの食事を終え、いざレジへ!(ほんとに半額分の金券もらえるんだろうか……そわそわ。。 ) フライングガーデンの金券ご使用上の注意点 金券の裏面に書いてあった注意書きを読んでみると、 ・本券は、毎月第一水曜日第三水曜日はご使用できません。 と書いてあります。 なるほど、金券半額返還フェアの日は使えないんですねー。 ・端数は、現金にてお支払願います。 たとえば、2796円支払いで2700円分の金券を使用すると、残りの96円は現金で払わないといけないってことですね。 もちろんお釣りも出ません。 それ以外は特に上限金額も指定されていないし、自由に使えるっぽい。

次の

メニュー情報|爆弾ハンバーグ フライングガーデン-THE FLYING

爆弾 藩 ハンバーグ メニュー

白いごはんに合うおかずといえば、鶏の唐揚げ、豚肉のしょうが焼き、ハンバーグ……。 なかでも、鶏の唐揚げレストランや豚肉のしょうが焼きレストランはあまり見かけないけれど、ハンバーグレストランはよく見かけることから、 ハンバーグはその代表的な存在であるのではないかと思います。 ハンバーグレストランは個人店から大型店まで数多くありますが、1984年からチェーン展開を始め、現在は、、、、県に計60店舗以上ある郊外型レストラン「フライングガーデン」をご存知でしょうか。 こちらの看板メニューは、社長自らが考案した名前を当初は社員全員が反対したというストーリーをもつ 「爆弾ハンバーグ」です。 が、この看板メニューよりもお客さんが圧倒的に注文し、 隠れた大ヒットメニューといわれているものがあります。 なんだと思いますか? 「ライス」です。 炊きたてのよい香りがして、歯応えがあり、もちもち。 かめばかむほどお米のうま味が感じられて、ほんのりと甘く、ついおかわりをしてしまいます。 なぜこんなにおいしいのでしょうか? 県ふじみ野市にある「上店」にお邪魔して、フライングガーデン本社広報担当の鳥飼英俊さんにお話をうかがってきました。 あつあつで肉汁が跳びはねる「爆弾ハンバーグ」 まず、「弾ハンバーグ」についてご紹介します。 こちらはしっかりとしたかみ応えのある食感で、口の中にお肉の風味が広がるように工夫されたレシピを3年かけて開発。 世界一安全といわれるオーストラリア産とニュージーランド産の牛肉を100%使用し、自社工場の完全クリーンルームで加工。 ひとつずつ包装されてレストランに届きます。 そのあつあつをテーブルのお客さんの目の前でスタッフが半分にカットし、ミディアムに仕上げます。 もっとも絶妙な焼き加減に仕上がり、お値段もお得です。 ソースをかけると、バチバチと音をたてて肉汁が跳びはねます。 その様子がまるで爆弾のようだから、というのがネーミングの理由です。 「爆弾ハンバーグ」は焼き方で味わいが変わるため、網で焼き上げるスタッフ、テーブルで仕上げるスタッフは「マイスター認定試験」に合格した人のみ。 胸にマイスターの「M」や「匠」と書かれたバッチをつけているので、訪問の際はご確認ください。 「フライングガーデン」には、お肉の生産から流通、調理までの幅広い知識を持ち、「全国食肉検定委員会」から認定された 「お肉博士」がいます。 また、お米の産地や銘柄の特徴、おいしく炊き上げる科学的知識や実技能力を持ち、「日本米飯管理士協会」から認定された 「米飯管理技能士」もいます。 それでは、話をハンバーグから白いごはんに移しましょう。 「ライス」のおいしさの決めてはスピード洗米 「フライングガーデン」では、「ライス」のおかわりが自由ということもあると思いますが、お客さんがハンバーグといっしょに注文する「ライス」とパンの比率は9:1。 食べる量は一人平均1. 8皿で、 ほとんどの人がおかわりしている計算です。 日本人一人の年間米消費量が約60kgといわれているのに対して、一店舗が週末の一営業日に炊くお米の量が約35kgということからも、その評判のほどがわかるでしょう。 「ライス」のお米は毎年、気象条件によって味が変わるため、新米が出た時期に、、産のものを独自に組み合わせ、約20種類のブレンド米を考案。 それらを食べ比べ、その年に使用するものを決定。 精米したお米は、1週間以内に使い切ります。 もっとも大切にしているのは洗米。 とくに最初にお米を水につけるとき、表面についていたぬかが流れ出た水をお米が吸い込み、 ぬか臭くならないように30秒以内に水を捨てます。 実際に上店の店長に洗米の様子を見せていただくと、洗い桶に水をためる時間も短縮するため、あらかじめ水をためておいて、一気にお米を投入。 お米をささっと軽くかきまぜると、30秒もたたないうちに水をざざーっと捨て、今度は同時進行でためていた水を洗い桶に一気に入れる、手早く捨てるを繰り返すこと 5回。 ものすごいスピード感で、あせりました。 その後、水を切って、表面に残っているぬかを取り除くためにとぎます。 お米が割れないように手のひらでやさしく、体重をかけながらもほどよい力加減で、そしてすすぎを手早く。 これを3回繰り返します。 このように洗米するだけでも、お米の味がぐっとおいしくなるとのこと。 後日まねしてやってみたら、 お米が何やらいきいきと輝いて、うま味が新鮮! 試す価値大です。 さて、あとは水を十分に吸い込ませて、「爆弾ハンバーグ」と同じようにしっかりとした歯応えと、かんだときにお米のうま味を感じられるように少し固めに炊きます。 炊き上がってからは、3時間以内で提供し終わるように、毎日時間刻みでお客さんの数を予測。 それに合わせてお米を炊くタイミングを店長が管理しています。 その結果、残りが出ることはほとんどありませんが、体育会系のお客さんが団体で現れたときは、厨房に「 ライス点火!」の声が飛び交うそうです。 セット注文の場合は+63円でライスから変更可 また、「ライス」をよりおいしく食べてもらおうと開発した 「ガーリックライス」も好評メニューです。 鉄板に盛って醤油だれをかけ、にんにくを散らしてバターをのせたもので、こちらも「爆弾ハンバーグ」と相性ばつぐん。 香ばしいおこげも楽しめます。 「爆弾ハンバーグ」のソースは、和風、にんにく、極うまチーズ、山わさびクリームの4種類。 もちろんどれも「ライス」と合うようにつくられていますが、もっとも「ライス」が進むのはやっぱり醤油ベースの和風ソース。 スタッフによると、この和風ソースににんにくソースを追加注文するのが、おすすめの食べ方。 さらにおいしさが爆発する! のだそうです。 というわけで、 「爆弾ハンバーグ」をかみしめると「ライス」が欲しくなり、「ライス」をかみ締めると「爆弾ハンバーグ」が欲しくなる。 「爆弾ハンバーグ」あっての「ライス」、「ライス」あっての「爆弾ハンバーグ」。 お腹がはちきれるまで、この無限ループを味わってみてはいかがでしょう。

次の