アズレン タシュケント。 タシュケント(艦これ)とは (タシュケントとは) [単語記事]

【アズールレーン】艦種別の特徴まとめ!【アズレン】|ゲームエイト

アズレン タシュケント

に解体) 備考• に外注され、同艦はなし。 生、所属の。 有数の速を誇り、大な艦体から「色の」と呼ばれていた。 根は良い子だが、いつこっとだけ不機嫌な表情をしている。 ーーーー・艦船紹介より タシュは、に開催された「凍絶の」にて、期間限定建造でされた。 :KIn : タシュケントを見てて楽しいわけ?……あっそ。 好きにしなさい 、、一見っぽいが着込んだからのぞく結構ッとしたなど、魅は多い。 ちょっと勢を思わせる装も気になるところ。 性格面は結構生意気。 なにかと「あっそ」とそっけないフリをしては、につっけんどんな態度を取る。 の事は「ちゃん」という、親しみを込めたんだか込めてないんだか呼び方をしてくる。 負けず嫌い度も相当のもの、下記のル・スク級への対抗意識を始め、自分がであることにこだわる。 そんなも、親密度が上がれば次第に「ちゃん」への好意を隠さなくなってくる。 「」まで行けば「好き」とはっきり言ってくれる。 と同時に監(?)着せ替え「解かされし」も用意されている。 をにした刑務官だが、どういうわけが自分が囚われてしまっている。 どうも、に一盛られた上で、たちに緊縛された模様。 後ろ手に縛られてさせられた姿に唆るものを感じてしまういけないは、にいらっしゃい にゃ。 また、絡みで某がのリプライでうごめいていたりする。 0 10. 0 し、敵の速を低下させるを発射する「特殊兵装・スーンカ」を呼び出す。 は20 間存在する(と持続時間はによる)。 自身がで敵を撃破した場合、自身のが0. 5 2. 0 (最大5回まで) 2: 投射示 開始時、を装備している所属の・装備補正が4. 0 10. 0 し、命中が5. 0 15. 0 する Rだけあって、装を除く各は高い。 特にとはとしては。 全弾発射もRとしてはしくを伴わないもので、ひたすらで押していく戦法を取ることになる。 一方で速も速く、()のル・スク級に匹敵する。 ただし、らには勝てないため、そのへんタシュ自身は気に入らないのか、艦隊を組ませて出撃すると専用で対抗心をむき出しにしてくる。 1はいわばではおなじみの攻撃がタシュ自身に付いてくる。 自分で敵を撃破すれば、さらにが付く。 2は「製の」を装備した「の」という限定条件で、の装備補正と命中をしてくれる。 タシュケントはサディア生まれだから、サディアの料理は詳しいわ。 ま、北方連合の子たちの口に合うかどうかは別だけど タシュ(の一員であるの名が由来)は、軍がの建艦競争のさなかで、部隊を率いる嚮導を整備するためににして作らせた艦である。 のOTO社(・ーラ社)で起工されたタシュは、に工。 同年にはオデッサへ回航され、軍に引き渡された。 なお、軍としては自前で同艦を建造する計画だったのだが、式の建艦や部品製造のノウハウが困難であることが分かってきた。 これら技術的問題を含む諸事情によって計画は撤回され、ののような「1艦限りの」となった。 艦隊に配属されたタシュは、11年の開始によってオデッサやセヴァストポリといった沿の要拠点を防衛する戦いに身を投じることになる。 同年には極東への輸送船団を護衛する任務につき、同船団がポラス峡を抜けるのをした。 セヴァストポリを巡る防衛戦では、の上陸で兵を陸まで送り届け、そして、射撃で援護する。 こんなの活躍は、兵たちや船乗りたちの間で「色の」の譚としてられるようになった。 12年にはセヴァストポリを脱出し、南のノヴォロスクをす撤退のを務めた。 この時、86機の機が襲いかかり、発のを落としたが、タシュは巧みにこれらを回避してみせた。 だが、至近弾のでの浸は避けられず、第1缶室が没する事態に陥りながらも、は任務を達成してみせた。 これによって乗組員たちは称賛され、は勲章を授与することになった。 だが、最期はあっけなくやってきた。 同年、警網をかいくぐってやってきたのJuによって2発の命中弾を受け、停泊中だったタシュは港内に着底してしまった。 に引き揚げられたもののは断念され、のからにかけて解体された。 関連動画?面白そうなものとかない? 関連静画よ。 持ってきたのはタシュケントだけど、別に感謝しなくてもいいわ 関連項目…タシュケントにも見せて。 …あっそ。 で?食べ物とかないの?•

次の

【アズレン】北方連合陣営:タシュケント 性能・スキル考察【アズールレーン】

アズレン タシュケント

前衛艦隊の特徴 前衛艦隊は艦隊(パーティ)の前衛を務める艦のことを指し、1つの艦隊につき最大3体、最低1体編成します。 前衛艦隊に編成されたキャラが、戦闘での操作キャラとなります。 前衛艦隊には下記の3つの艦種に含まれるキャラしか編成することができません。 魚雷は攻撃力が高く、駆逐艦は機動力も高いので、艦隊においては純粋なアタッカーとして活躍します。 魚雷の接射や、敵弾の回避など、移動速度を活かした立ち回りが可能です。 駆逐艦を一体も編成しないと、待ち伏せ確率が高くなってしまいます。 駆逐艦の耐久力は総じて低く、代わりに回避ステータスで補う形となっています。 ユニオン陣営の軽巡洋艦は駆逐主砲を装備することができ、オート操作でも安定したダメージを与えます。 それ以外の陣営の軽巡は魚雷を装備することができ、瞬間火力が高い事が強みです。 使用するキャラが高耐久か低耐久かを確認して、どの位置に編成するか決めましょう。 艦砲によるダメージがメインとなり、攻撃速度は遅いながらも、高い火力で敵を殲滅することができます。 機動力が低いため被弾する事が多く、回避ステータスが総じて低いので比較的多くダメージを受ける事になります。 耐久値が特に高い重巡でないと、前列・後列に編成するのは控えた方が良いでしょう。 火力が高いからと複数編成するのは禁物で、バランスよく編成することが求められます。 防空が低いと、空母による飛行機での攻撃で、味方の主力艦隊が大打撃を受けてしまいがちです。 重巡艦を使うときには、防空を上げるように装備にも気をつけましょう。 主力艦隊の特徴 主力艦隊は、艦隊の後衛を務める艦種です。 戦闘画面には表示されず、前衛が移動できる範囲の後方より攻撃を行います。 プレイヤーは攻撃のタイミングを指示し、戦艦は艦砲攻撃、空母は航空攻撃を行うことができます。 主砲による攻撃がメインで、最終的には総じて高い艦砲ダメージを与える事ができます。 敵艦が近づいた際に自動で迎撃してくれますが、自爆ボートを迎撃できる戦艦キャラは限られています。 戦艦は艦種の中でも燃料コストが最も高いため、格下の海域を周回する際には不向きです。 耐久ステータスが低く、装甲が中装甲となっているため、自爆ボートや艦載機の攻撃に注意しましょう。 低コスト周回やレベリングのお供に最適です。 砲艦を使う際には、スキルレベルをしっかり上げてから運用しましょう。 高難度や格上の海域ではあまり活躍できません。 1体で2つの主力攻撃が行えるので手数が多く、雑魚との戦闘に向いています。 そのため、ハード海域での編成制限をクリアする際に重宝します。 航空攻撃は主砲攻撃に比べ、広い範囲を攻撃することができる事が特徴です。 また、航空攻撃使用時には、敵弾を消すことができます。 自衛手段を持たないため、自爆ボートの迎撃ができないことから、戦艦よりも打たれ弱く旗艦にはおすすめできません。 低コスト編成やレベリングにおすすめの艦種です。 中でも前衛艦隊を回復できるユニコーンや祥鳳は非常に役立つキャラです。 戦闘中には一定時間毎に味方の耐久を回復させ、マップ上では応急修理を使うことできます。 さらに、回復よりも火力の方が攻略には役に立ちやすいので、活躍の場は少ないです。 魚雷による攻撃がメインで、海中より敵の殲滅をサポートしてくれます。 現状では、海域の攻略に必須というわけではなく、火力の足しになるという立ち位置になっています。 艦種別の特徴のまとめ 艦種は6種類あり、それらは前衛と後衛で大別できました。 それぞれ特徴は異なり、攻撃に特化したものやバランスの良いもの、飛行機を使うものや回復できるものなど、様々な艦種別の特徴がありました。 それぞれの艦首の特徴を把握した上で、艦隊編成を考えてみてください。

次の

【アズールレーン】艦種別の特徴まとめ!【アズレン】|ゲームエイト

アズレン タシュケント

:やどかり、: 嚮導駆逐艦・タシュケント、はるばる来てみたよ! 「」にて新規追加された。 (または)に所属するとしては、、ガングートに次いで3人。 ただし、生の艦ということで数えるならば2人となる。 名前はの「タシュ」にちなむものであるが、17年から12年にかけて起こった内戦での殊勲艦を記念する意味合いもある。 開始時からでできることがめかされていたが、するのは最後から2番の域である。 にこの域は3体を倒さねばならないトリプルであるうえ、その最後のかしない設定となっている。 低で周回し、が倒れそうになったらしてまた周回という方法は、第一のからやり直さなければならないという労苦を強いられるために闊に用いることができない。 に甲に至っては、第3のそのものにたどり着くことすら容易ではないなとなっている。 そのため数々のに「を落として一旦し、また捜索しに来るか」「での中にすることに賭けるか」という選択を強いている。 その後、『 』で再度できるがあることが側よりされ、同の第三域を撃破することで獲得できる可性が出た。 こちらの域はほどではないが、最後のに辿り着くために第一のを倒し、さらにいくつかのを解除しなければならないため、りに戦は必要となる。 ちなみに、未のの間では「 タシュを助」(「 タシュをたしゅ」とも)という よりも寒いがとなっている。 なお、一応補足しておくと、この自体はやなどよりもタシュが先にされていた艦船もののの間では以前から頻繫に使われており、 初出のではないのでにする際は注意すること。 略歴は大事だよね。 いつだってそうさ。 艦種の「嚮導」とは、隊を揮する役割を持った大をす。 この嚮導として、1(級)に続き設計・建造されたのが、20I計画タシュである。 当時、と動乱を経たの軍関係技術は遅れており、これを取り戻すべく副でおなじみOTO社のリヴォルノ造船所で建造された。 兵装はmm連装3基などを搭載、基準は3tで、これはのと同等(というかが小さいのだが)。 その最大の特徴は、の推進から発せられる43. 5を誇る最大速であった。 同艦3隻がで建造予定だったが、計画段階で中止されている。 に工しオデッサで軍に引き渡されたタシュだったが、折同年にはが勃発。 不穏を極める洋を経由して本来所属予定であった艦隊への編入はとなり、そのまま艦隊への所属となった。 11年にはがはじまったが、枢軸諸はモント条約により艦をに投入不可、沿の軍も以下の艦艇しかもたないという状況下では積極的な戦は発生せず、もっぱらオデッサやセヴァストーポリの防衛のため対地や船団護衛に従事した。 翌12年、セヴァストーポリの補給との脱出援護にあたっていたところ襲を受け損傷する。 にはノヴォロスク寄港中の再によって直撃弾を受けて着底し、放棄された。 、解体。 嚮導駆逐艦・タシュケント、抜錨! さあ同志、行こうか! の地・のらしく、いターックシャツの上にい長袖シャツ、その上にいコート、さらに色のケープを着用し、かなりの厚着である。 頭にはャンカ(毛皮で出来たつばしの)をかぶり、両手はを着けている。 瞳の色はガングートと同じく。 このようにいかにも人らしい格好をしたであるが、前述の通り実はの生まれではなく、 ・ーナで建造されたという経歴を持つ。 建造計画当時は「I」と呼ばれていたが、これは「輸入品」を意味する他に、の「I 」から取って「製」という意味を持っていた。 この経歴から、「イタリヤーン(人)」というあだ名も持っていた。 性格は特に癖のなさそうな素直なであるが、艦隊のを「諸君」と呼ぶなど、言動の所々が い。 )」という鬨のも、ガングートやがそのまま「!」という発音なのに対し、タシュのそれは「 ァァァァァァ!」というような、見事なの入った気合の入りようである。 や装のところどころに色が用いられているが、これはが「色の」とあだ名されていたことに由来する。 と呼ばれてはいるものの 基準て越え、満載ならよりも大きいのだから「」呼ばわりも納得だが 、あくまでもは「 大きい」である。 それを現すかのように が大きめであることが中破時ので見てとれる。 それだけではなく、初期段階で装備を3つ持っていることも大きな特徴である 一応も初期からは3つになっている。 L0で「タシュ」に装可となるが、なんと としては史上初の4つの装備を獲得する。 が1つ上のでさえ、4を持つのは、といったごく限られた艦でしかないことを考えると、が如何にとしては規格外であるかがおわかりいただけるだろう。 さらに運も43あり、も十分に狙える。 確かにというよりである 汗 基本的にはで本領発揮だが、はほぼ例外とえる戦で全発揮出来るとえる。 としては初の 射程「中」となっている。 にもにもなりうるなので、どのように生かしていくかしっかり考えて運用しよう。 一応他のも射程「中」になるがタシュの場合は装備で可な上に4なのでテージは減ったものの、装備選択の幅ではやはり他のの追従を許さない。 したには強な戦となるであろうことは間違いないため、再のには資と時間の許す限り狙っていきたい。 外部出演 、刊号にて連載開始されたミキ氏による 『』にとと共に演。 開設の発起人である。 の姿に扮したの姿 先の2人とべてな に「が意外と長い」との感想が相次いだ 中破時に確認できるが、通常のだとャンカをそのまま被っている上にかなり後ろに流れる感じなので視認らい に関する知識は豊富だがテング自体は経験がく、まだまだ勉強中の様子。

次の