いぼ 痔 原因 女性。 いぼ痔になる原因

恥ずかしがらないで!男女とも多い『痔の3大疾患』

いぼ 痔 原因 女性

いぼ痔の症状 いぼ痔とは、その名の通り 肛門付近にイボができてしまう病気のことです。 イボ自体のことは、医学的には [痔核] と呼ばれます。 さらに細かく分類すると、 肛門より内側にできたイボを[内痔核]、 外型にできたいぼを[外痔核]とそれぞれ呼称します。 このイボが、排便の際に擦れたり切れたりすることで痛みや出血を発するわけですね。 内側のイボは比較的痛みが少ないかわりに出血が多く、逆に外側のイボは痛いかわりに出血が少ないパターンが多いです。 もちろん程度によりけりですが・・・。 内側にできたいぼ痔の場合、酷くなると肛門外部にまで出てきてしまう [ 脱肛 ] という状態になったりします。 軽度の脱肛であれば自然に戻るのですが、重度になると指で押さないと戻らなかったり、押しても戻らないほどになったりします。 この状態だと、痛みもかなりあって辛いです。 マジで辛いです。 (経験済み) いぼ痔の原因 いぼ痔の原因はズバリ、 イボができる原因と同義です。 具体的に言うならば、 肛門付近の血の巡りが滞り、うっ血部ができてしまうことが要因となります。 うっ血部がそのままイボのように膨らんでくるわけですね。 うっ血が起きる原因は様々です。 ・排便時の過剰なイキみ ・過度に硬い便 ・長時間の座り姿勢 または立ちっぱなし ・加齢 ・不摂生 ・ストレス よく挙げられる原因はこのあたり。 いぼ痔の治療法 実際にいぼ痔になったとき、どのような治療法が考えられるのでしょうか。 パターンとしては3つに分けられるでしょう。 ・病院で手術 いぼ痔は、立派な病気です。 悪化しすぎた場合は、病院での手術が必須となるでしょう。 できればそうなる前に、早めに病院へ行って診察してもらうことをオススメします。 いぼ痔の手術内容はいくつかありますが、主なものは ジオン注射と 痔核部切除でしょう。 ジオン注射は、薬液を痔核に直接注射することで小さくする手術です。 切除はまぁ、そのままです。 切ってとるわけです。 最近は技術も発展し、日帰りで手術ができる病院も増えているようですね。 ・薬で治す 手術が不要な程度であれば、だいたいは薬での治療を選択することでしょう。 病院で診察してもらい薬をもらうか、ドラッグストア等で痔用の薬を買うわけですね。 病院の場合は処方箋に従い薬を貰えばいいのですが、自分で買う場合は注意が必要です。 いぼ痔に薬を使う場合には、内側のいぼと外側のいぼで使うべき薬が違うからです。 内側:座薬 or 注入軟膏 外側:軟膏 or 注入軟膏 また、直接薬を充てるタイプではない飲み薬タイプもありますが、私の経験上だと経口はやはり治りがそこまで早くなかったですね。 ・自然治癒 誰しもが思うことですが、できるならば痔は自然に治ってほしいですよね。 一度出来てしまった痔核を自然に小さくする事は中々難しいですが、程度によっては不可能ではありません。 後述する予防法・再発防止法をしっかり実施し、肛門になるべく負担をかけないようにすれば良いのです。 ただし、ある程度以上悪化した痔核はほぼ自然治癒が不可能です。 おとなしく病院にいきましょう。 いぼ痔の予防・再発防止 最後に、どのようにすればいぼ痔を発症せずに済むか、再発せずに済むかを解説しましょう。 ・便秘厳禁 切れ痔と同様ですが、いぼ痔も肛門に負担を掛け過ぎるのはご法度です。 特に硬い便は、排便時に肛門周りのうっ血をかなり悪化させてしまいますのでNGです。 しっかり、1日1回は普通の便が出せるように生活習慣に気をつけましょう。 ・水を1日2L以上飲む ・野菜をたくさん食べて食物繊維を摂る ・適度に運動! ・下痢も厳禁 下痢も、その勢いで肛門周りに大きな負担をかけてしまいます。 うっ血部に負担が掛かると、当然痔核が腫れたり大きくなってしまう要因となりえます。 下痢をなるべくしないような生活を心掛けましょうね。 ・排便は便意がきたらすぐに! 排便時にうっ血が起きやすいのですが、 過剰なイキみはさらにうっ血を悪化させてしまいますよ。 なるべくイキむ必要がないように、排便は便意がきたらすぐにできることが理想です。 便意が全く無いのに無理に出そうとしても、肛門に過度な負担がかかってしまうので注意です。 ・産前産後の女性はいぼ痔になりやすい!? 少し主題からは外れますが、 妊婦さんは特に痔に対して注意を払わなくてはなりません。 いぼ痔、きれ痔の両方とも発症しやすいのです。 以上、いぼ痔に関する基本情報をまとめてみました!.

次の

痔瘻・いぼ痔・切れ痔:痔の種類とその症状 | おしりのトラブル豆知識 | 痔には止まって治す『プリザ』 | 大正製薬

いぼ 痔 原因 女性

いぼ痔は別名・痔核(じかく)といい、直腸の粘膜部分にできる内痔核と肛門に近い皮膚部分にできる外痔核に分けられます。 また、内痔核と外痔核を併発することもあります。 内痔核 内痔核は、肛門内側の直腸粘膜にある毛細血管が集まる部分である静脈叢(じょうみゃくそう)がうっ血し、膨れた状態です。 症状が進行するうちに、内痔核が肛門の外に脱出します。 内痔核の症状は、脱出度から次の4段階に分けられます。 自分の指で押さないと戻らない。 排便に関係なく常に内痔核が脱出し押しても戻らない。 外痔核 外痔核は、肛門外側の皮膚の静脈叢がうっ血して血栓ができる症状です。 内痔核と外痔核の症状の違い 内痔核と外痔核の症状には、次のような違いがあります。 排便していないときに出血することはまれです。 出血の量は多い傾向がありますが、紙につく程度やポタポタ落ちる程度までさまざまで、色は鮮やかな赤であることがほとんどです。 また、脱出していない場合でもうっ血などにより、うずくような痛みが続くことがあります。 また、さらに症状が悪化すると常にいぼが飛び出した状態になります。 いぼ痔の原因には、次のようなものがあります。 排便時のいきみ いきみの繰り返しは強い腹圧がかかるため、うっ血が起こりやすくなります。 トイレの時間が長い方は注意が必要です。 便秘・下痢 便秘や下痢は肛門や腸に負担をかけるため、いぼ痔の原因となります。 特に便秘の場合はいきんでしまうため、うっ血が起きます。 長時間同じ姿勢 デスクワークで長時間座りっぱなし、立ち仕事で1日中立ちっぱなしなど、長時間同じ姿勢を続ける場合も肛門に負担がかかります。 重い荷物を持つ・スポーツ 重い荷物を持ったり、ゴルフのスイングなどスポーツで強くいきむと、いぼ痔の原因となります。 妊娠・出産 妊娠中は子宮が大きくなるため、腹部を圧迫します。 また、出産の際にいきんで腹圧がかかることでも、いぼ痔を引き起こします。 いぼ痔の治し方には、次のような方法があります。 生活習慣の改善 軽度の内痔核や外痔核は、食生活や排便習慣をはじめとする生活習慣を見直すことで治療できます。 食生活では、十分に水分を摂取し食物繊維を積極的にとるようにしましょう。 肛門に負担をかけないよう、トイレは3分程度で済ませ、いきんだり長時間便器に座り続けないでください。 また、長時間同じ姿勢と続けたり、体を冷やすことは避けましょう。 生活習慣の改善について、詳しくは関連記事をごらんください。 関連記事 内痔核で排便時にいぼが脱出してしまった場合は、いぼの自分の指で戻しましょう。 肛門付近と手をきれいに洗い、便器に座ったまま、または仰向けに寝て、指で飛び出したイボをゆっくりと肛門の中へ戻します。 その後、手を離さずにイボを押さえたまま、ゆっくりと立ち上がってください。 このとき、指にガーゼなどを添えたり、ガーゼにワセリンなどのクリームを塗っておくと痛みを感じにくくなります。 早めに病院を受診して治療を受けてください。 おわりに 男女ともに痔の方の半数以上が、いぼ痔であるといわれています。 軽度のいぼ痔であれば生活習慣の見直しや薬で改善しますが、重度のいぼ痔では病院での治療が必要となります。 気になる症状がある場合は、早めに病院を受診しましょう。

次の

いぼ痔(イボ痔)と切れ痔の治療法と手術

いぼ 痔 原因 女性

女性に多い?いぼ痔になる原因と症状をわかりやすく いぼ痔は、正式な名称は 「痔核」と言います。 痔核は呼び名の通り、肛門にいぼのようなものができる症状を指します。 いぼ痔は血液の流れが滞って静脈に血が溜まってしまう、うっ血という状態になっています。 内側に血が貯まってできるものを内痔核、外側にできるものを外痔核と呼ばれています。 内痔核の場合は痛みがない場合が多いようです。 そのため気付かずに過ごして、悪化してしまうことがあります。 ある日突然、排便の時に出血して驚く人が多いと言われています。 逆に出血はほとんどないけれども、とても痛いのが外痔核です。 外痔核肛門の外側にできるので、トイレやお風呂などで手に触れて気付くことが多いのですが、触ると飛び上がってしまうほどの痛みを感じます。 いぼ痔になる原因とは? いぼ痔になる原因の多くは、いきみ過ぎにあります。 便秘や出産で過度にいきんでしまうと、肛門の静脈が圧迫されて、うっ血してしまうのです。 女性は便秘に悩む方が多いのでいぼ痔が出来やすいのも納得がいきます。 また、座ったままの状態が長く続くことも原因になります。 デスクワークをしている人には、職業病とも言えるでしょう。 さらに、便秘や下痢で肛門部分に負担をかけたり、辛い物を食べすぎて肛門の粘膜を刺激したりすることも、いぼ痔を引き起こす原因になるので注意が必要です。 いぼ痔をそのまま放置しているとどうなるの? いぼ痔は病院に行きづらい病気ですが、そのまま放置しているとどうなるのでしょうか? 内痔核の場合、痛くないからといって放置しがちです。 でも、時々血が出るくらいだからと軽く考えていると、悪化して大変なことになる恐れがあります。 放置しておくと、内側でいぼ痔がだんだんと大きくなり、排便の時に外側に飛び出してくるようになります。 この段階では、排便後には自然に元に戻るのですが、更に悪化して大きくなると、自然には戻らなくなることもあります。 飛び出したままのいぼ痔は、肛門の筋肉で締め付けられて血栓ができたような状態になります。 こうなると、病院に行って 手術をするしか方法はなくなってしまうのです。 だから、早い段階で薬などを使って治療することをおススメ致します。 スポンサードリンク 押し込むと治るの?自宅で簡単に出来る痔の治し方5選 最後に病院に行かないでいぼ痔を治す方法を5つご紹介致します。 今すぐ出来る方法をまとめてみましたので是非参考にして下さい。 他にも正座した状態で踵で肛門を押すという方法もがあります。 やり方は簡単なので、こちらの動画をご覧ください。 いぼ痔は初期症状のうちなら、自宅で治療することもできます。 ただし、これは応急処置にすぎません。 根本治療にはならないので、引っ込んだからと言って安心せず、他の治療も行いましょう。 なので、お尻を温めてあげるといいですよ。 お風呂にゆっくりつかったり、普段から冷やさないようにお尻周りを温める工夫をしたりしましょう。 デスクワークの人は、1時間に1回は立ち上がってストレッチをするとか、社内を少し歩くなど、体を動かすようにしてください。 実は以前私もいぼ痔で悩んだ経験がありますが、病院に行くのに抵抗を感じたのですぐに市販薬を試してみました。 私が実際に使って効果を感じたのは、CMなどでお馴染みのボラギノールです。 即効性があり、外側にできたいぼ痔もすぐに小さくなりましたよ。 これは予防にもなるそうで、猫のポーズなどお尻を心臓より高くすることで、うっ血を解消できるということです。 詳しくはこちらの動画をご覧ください。 *自宅で出来るヨガのやり方については以前記事にしたので是非参考にして下さい。 まとめ 女性の多くの方がお悩みになっている 「いぼ痔」の原因と自宅で出来る改善方法をご紹介致しました。 悪化しないように、さっそく今日から、猫のポーズでうっ血を解消しましょう! なるべく自宅で治療したい気持ちもよくわかります。 ただ、悪化した場合は恥ずかしいからと言って我慢せずに、必ず病院で診察してもらう事をおすすめ致します。 本記事が参考になり、辛いいぼ痔とサヨナラできたらいいですね。

次の