トリプタン 副作用。 片頭痛治療薬で血圧を上げる作用があるもの

イミグラン(スマトリプタン)の作用機序:片頭痛治療薬

トリプタン 副作用

は、広島で脳神経を中心に内科疾患を診療しております。 トリプタンの副作用と問題点 先日、片頭痛にはトリプタンという有効なお薬が医師の処方のもと使用できることをに書いてみました。 今回は、そのトリプタンの副作用と問題点について書いてみます。 現在国内で使用されているトリプタンは5種類あります。 (スマトリプタン・ゾルミトリプタン・エレトリプタン・リザトリプタン・ナラトリプタン) これらは7種類の経口薬と1種類の点鼻薬および2種類の注射薬があります。 片頭痛発作はセロトニンとの関連性が強く、セロトニンを投与することで頭痛が軽快します。 血管の壁にある5-H1IB受容体という部位に作用して、拡張した硬膜血管を収縮させます。 同時に三叉神経の終末の5-HT1D受容体という部位にも作用します。 その結果、終末からの神経原性の炎症を惹起するカルシトニン遺伝子関連ペプチド calcitonin generelated peptide:CGRP の放出を抑制するといわれます。 過敏になっている三叉神経血管系を沈静化させます。 これが、片頭痛発作を頓挫させるメカニズムです。 トリプタンの副作用について 片頭痛の特効薬としてトリプタン製剤が使われ始め20年以上が経ちました。 いままで幸に重篤な副作用の報告はほとんどありません。 安全性が高い薬剤としても評価されております。 トリプタンの副作用として多いものは トリプタン感覚です! トリプタン感覚とは頸・胸・のど・肩の締め付け感や圧迫感そして息苦しさのことを指します。 この感覚は、服用後20~30分で出現することが多く10分から2~3時間持続して自然に消失します。 この副作用は狭心症や心筋梗塞の症状に若干似ていますが、実際は心臓の異常ではありません。 食道の平滑筋の運動亢進や肺動脈に対する影響、骨格筋のエネルギー代謝の異常、痛感受性の増加などが原因と考えられています つまり、トリプタン感覚が出現しても心臓発作に至ったり、呼吸不全になったりすることはありません。 その他の副作用 眠気と倦怠感です。 脱力感をいわれるかたも多いです。 *胸部症状は冠動脈の虚血ではないと言われてはいますが、トリプタン系薬剤は血管作動薬であり、拡張した脳血管に作用しますから、冠動脈にも少なからずとも作用をもちます。 でハイリスクの患者には禁忌(きんき)です。 狭心強や心筋梗塞の既往のかた。 脳血管障害の既往のかた、もやもや病などの脳血管狭窄があるかたはトリプタン使用はできません。 これらの副作用を軽減する方法 トリプタンの種類を変える。 お薬を飲むタイミングを変える。 トリプタンを飲む量を変える。 半錠のみ飲むなど。 片頭痛発作にトリプタンは効果ある。 トリプタンノンレスポンダーと呼びますが、一カ月に10日以上を三か月もトリプタンを飲んでる患者さんは薬剤の使用過多による頭痛になりますので、この場合もトリプタンが効果なくなります。 トリプタン製剤の薬価の問題 トリプタン製剤は薬価が高いといわれております。 トリプタンの経口薬・点鼻薬はいずれも1錠 1個 800~1000円前後の薬価になります。 3割負担の人でも、1錠 1個 250~300円程度の自己負担額となります。 この経済的な面から考えると、安全性の高いトリプタン製剤でなく、市販の鎮痛薬で充分満足できる程度の片頭痛であれば、必ずしも無理にトリプタンを使う必要はありません。 実際にのみ比べてみて、費用対効果を検討してみることも大切です。 また、多くのトリプタンにはジェネリック医薬品が発売されています。 先行品とのみ比べてみて、特に効果やのみやすさに差がなければ、ジェネリック医薬品の使用も選択肢といえます。 当院を受診していただけるかたへ 当院は予約なくても受付時間内でしたらいつでも受診されてください。 初診のかたは初診受付というシステムもつかっております。 ホームページ右上からお入りいただけると助かります。 *当院の前の道路(江波線を東に一本入ります)は南から北の一方通行ですのでお気をつけください。

次の

【医師監修】トリプタン系薬剤ってなんで片頭痛に効果があるの?副作用はある?

トリプタン 副作用

目次(クリック可)• 年代としては 20歳~40歳代、性別は 女性に多いとされています(男:女=1:4)。 もしかしたら今ご覧の方々でも経験されたことがあるかもしれません。 症状としては• ズキズキと脈打つような痛み• 頭の片側に急に起こる• 一度発症すると4~72時間くらい持続する が特徴的です。 その他にも吐き気や嘔吐を伴うこともあります。 人によっては 前兆症状として• 目のちらつき(キラキラした感じ)• 視野が狭くなる• しびれ• 言語障害 といった症状が現れることもあります。 片頭痛を発症しやすい要因として、• ストレス• 睡眠不足• 高血圧• ホルモンバランスの乱れ などが知られています。 片頭痛の原因:三叉神経血管説 片頭痛の原因は、明確には解明されていませんが、• 血管説(セロトニン説)• 神経説• 三叉神経血管説 などが提唱されています。 最近では、最も有力なのは「 三叉神経血管説」と言われています。 三叉(さんさ)神経は顔面周辺に存在している、脳神経の中でも最も大きい神経です。 何らかの原因で三叉神経が刺激されると、「 CGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド)」などの血管作動性物質が分泌されることが知られています。 CGRPは血管の拡張作用を有しているため、 血管の過度な拡張によって周囲の神経が圧迫されて痛みを生じます。 その他にもCGRPは 炎症反応を増強させたり、 痛みを増強させる作用もあるため、このような作用によって片頭痛が引き起こされます。 このように血管の過度な拡張と炎症反応によって片頭痛が生じると考えられています。 片頭痛の治療 片頭痛の治療薬には、• 急性期治療薬(片頭痛の治療目的)• 予防薬(片頭痛の予防目的) があります。 急性期治療薬 (片頭痛の治療目的) 今起こっている片頭痛を速やかに消失させる目的の薬です。 重症度に応じて、• 軽度~中等度:NSAIDsなど• 中等度~重度: トリプタン製剤 の使用が推奨されています。 ただし、軽度~中等度の頭痛でも、NSAIDsの効果が無い場合、トリプタン製剤に変更することもあります。 吐き気や嘔吐を併発している場合、制吐薬(プリンペランやナウゼリン等)を併用します。 予防薬 (片頭痛の予防目的) 症状が無い時に、原則、毎日服用することで発症を予防する薬です。 主に以下が用いられます。 カルシウム拮抗薬• 抗てんかん薬• 抗うつ薬• 漢方薬 トリプタン製剤の作用機序 トリプタン製剤は、• セロトニン5HT 1D受容体作用(刺激):三叉神経終末• セロトニン5HT 1B受容体作用(刺激):血管内皮細胞 を有する薬剤です。 三叉神経終末には セロトニン5HT 1D受容体が存在していて、これが刺激されることで CGRPの分泌が抑制されることが知られています。 トリプタン製剤は三叉神経終末の セロトニン5HT 1D 受容体を刺激することで CGRPの分泌を抑制 し、血管の過度な拡張や炎症・痛みを抑えると考えらえています。 また、トリプタン製剤が血管内皮細胞に存在する セロトニンHT 1B受容体を刺激すると、「 血管収縮」が引き起こされます。 この作用によって 血管の過度な拡張が抑制され、片頭痛の痛みを抑制すると考えられています。 トリプタン製剤の副作用と注意事項 トリプタン製剤に共通している主な副作用として、• のどや胸の圧迫感、締め付け感• 息苦しさ• 悪心・嘔吐• めまい などがあります。 特に圧迫感や息苦しさは 服用後30分程で起こりやすいと言われています。 トリプタン製剤を含む片頭痛薬の 使用が過多になってしまうと、薬を飲んでいるのに頭痛がするといった「 薬物乱用頭痛」が発現する可能性があります。 トリプタン製剤の一覧と使い分け 2018年7月時点でのトリプタン製剤は 5製品が販売されています。 以下に薬剤の一覧と特徴をまとめた表を作成しましたのでご参照ください。 発症時にすぐに痛みを取りたい場合:イミグラン、ゾーミッグ、マクサルト、(レルパックス)• 痛みの再発を抑えたい場合:アマージ、(レルパックス) を患者さんの希望に沿って使い分けができます。 剤型別では、 錠剤は水(白湯)で服用する必要がありますが、 口腔内崩壊錠は 水無しで服用可能です。 仕事で外出が多い方でしたら、急な発症時に水無しで服用可能な口腔内崩壊錠(ゾーミッグやマクサルト)が望ましいと考えます。 イミグランは最も古い薬剤ですが、剤型が豊富(錠剤、点鼻、注射)なのが特徴です。 発症時に 悪心や嘔吐が強くでる方でしたら、経口投与は難しいため、点鼻薬や自己注射可能なイミグランが選択肢になり得ます。 その他、MAOで代謝される薬剤では MAO阻害薬との併用が禁忌です。 代表的なMAO阻害剤には以下があります。 エフピー(一般名:セレギリン)•

次の

頭痛薬の落とし穴|イミグラン

トリプタン 副作用

この節のが望まれています。 作用機序 [ ] 頭蓋骨内の血管に存在するの5-HT 1Bおよび5-HT 1D受容体作動薬 であり、血管攣縮を解除し、前炎症性神経ペプチドの放出を抑制する。 血管のほか、神経終末のセロトニン受容体にも同様に作用するとのエビデンスが蓄積されてきている。 効能・効果 [ ] トリプタン系のセロトニン選択的作動薬は や市販薬 に反応しない重症片頭痛に著効する。 トリプタンは典型的症状を有する偏頭痛の中期的治療に適しているが、非典型例、極めて激しい片頭痛、変容型片頭痛、重積(継続)発作には効果がない。 有効性の評価は臨床試験における盲検化の方法に影響を受ける。 片頭痛発作中の患者に表在感覚検査()を実施すると、トリプタン投与に反応するか否かが判る。 皮膚感覚がない場合に最も有効である。 皮膚感覚がある場合には、頭痛発現後20分以内に服用するのが最適である。 副作用 [ ] 通常の投与量・投与回数ではトリプタンはほとんど副作用を示さない。 よく知られた副作用は片頭痛発作再発である。 の結果、「10mg」のみがプラセボに比べて再発率が高率であった。 心疾患を有する患者では理論的には攣縮のリスクがあるが、トリプタン服用後の心血管イベント発生は稀である。 (SSRI)または(SNRI)を併用している患者では生命を脅かすが発現する可能性がある。 関連項目 [ ]• 出典 [ ] []• Tepper, S. ; Rapoport, A. ; Sheftell, F. 2002. Archives of neurology 59 7 : 1084—1088. Brandes JL, Kudrow D, Stark SR, et al. 2007. JAMA 297 13 : 1443—54. Lipton RB, Baggish JS, Stewart WF, Codispoti JR, Fu M 2000. Arch. Intern. Med. 160 22 : 3486—92. Fuseau E, Petricoul O, Sabin A, et al. 2001. Clinical therapeutics 23 2 : 242—51. Burstein, R. , Collins, B. , Jakubowski, M. 2004 Defeating migraine pain with triptans: A race against the development of cutaneous allodynia. Annals of Neurology, 55 1. 19-26. Headache 47 8 : 1152—68. Cephalalgia : an international journal of headache 18 8 : 539—45. US Food and Drug Administration 2006年7月19日. 2008年2月19日時点のよりアーカイブ。 2008年1月10日閲覧。

次の