オリーブ オイル イブプロフェン。 イタリアで新型コロナの犠牲者が多い理由はオリーブオイル?オリーブオイルにイブプロフェン作用

イブプロフェンと同じ?オリーブオイルの抗炎症効果と良いオリーブオイルの見分け方

オリーブ オイル イブプロフェン

オリーブポリフェノールは、現在30種類以上発見されています。 その中でも注目されているのが、オレウロペイン、オレオカンタール。 研究によって、さまざまな健康効果が明らかになってきています。 痛みを抑える オリーブポリフェノールの1つ・ オレオカンタールは、鎮痛薬成分のイブプロフェンと同じように作用するという研究結果が発表されています。 骨粗しょう症を防ぐ オリーブの葉や若い実に多く含まれるポリフェノール・ オレウロペインや その代謝産物ヒドロキシチロソールによって骨密度の低下を防いだり、関節炎を改善するという研究が報告されています。 がんのリスクを下げる オリーブオイルの日常的摂取で、乳がん、大腸がん、胃がん等のリスクを下げるという報告があります。 オレイン酸や ポリフェノール類の持つ抗炎症作用・抗酸化作用が働くと考えられています。 生活習慣病を予防 オレイン酸がインスリンの働きを良くして糖尿病を防いだり、LDLコレステロールを下げたり、また ポリフェノールが抗酸化に働くなどして、生活習慣病の予防作用が期待されています。 便通改善 オレイン酸が多く含まれるオリーブオイルは小腸で吸収されにくく、腸管内の滑りを良くします。 また大腸を刺激して、排泄を促すと考えられています。 美白作用 オレウロペインと ヒドロキシチロソールが強力な抗酸化力を持ち、シミを防ぐ成分グルタチオンの働きを高めることがわかりました。 その他 いくつもの研究で、 地中海型の食生活でアルツハイマー病、パーキンソン病の発症率に有意な低下が見られました。 その理由の一つがオリーブオイルにあると考えられています。

次の

炎症にはオリーブオイルを試しましょう

オリーブ オイル イブプロフェン

63 ID:rUBiWHXa0 オリーブオイルのイブプロフェン作用 これはもうかなり前(2005年)に発表された事なのですが、まだまだ知られていない事実なのでお知らせ致します。 エクストラヴァージンオリーブオイルには、イブプロフェン作用を持つ成分があるという調査結果が発表されています。 さて、イブプロフェンとは? パブロンなどに含まれている非ステロイド系抗炎症剤。 このような薬には、肩こり、頭痛、生理痛など女性が悩んでいる症状が表記されているので、極一般的な鎮痛、抗炎症剤と理解できます。 今までも何度かコメントしたことのあるOleocanthalオレオカンタールという成分が、イブプロフェンに似た作用を持つそうです。 オリーブオイルのピリピリ感も厳密にいえば、このオレオカンタールが原因であるという研究結果が出ていますので、 これは近年になって次々と発見されているオレオカンタール効果の一つと言えます。 07 ID:WHRCjBd8d これまじなんかな。 でも今は紅花油でもヒマワリ油でも菜種油でも 遺伝子操作でオレイン酸が主成分の油が増えてるから選んで買えばそれでよくね。 安いので言えば日清オイリオのヘルシーライトかべに花油にしときゃいい。 04 ID:K5hf1JvI0 オリーブオイルを納豆にかけて食えばプラマイゼロだから問題なし。 08 1がアホ。 95 ID:k8Vz9oCH0 新型肺炎にはイブプロフェンの服用避けて、症状悪化させる恐れ WHO 【3月18日 AFP】(更新、写真追加)世界保健機関(WHO)は17日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の症状がある人は抗炎症薬 「イブプロフェン」の服用を避けるよう勧めた。 これに先立ち、フランスのオリビエ・ベラン(Olivier Veran)保健相はツイッター(Twitter)で、 イブプロフェンは新型コロナウイルス感染症を悪化させ得ると指摘し、発熱した場合は解熱鎮痛薬パラセタモールの服用を勧めていた。 07 ID:4b7rN9slF 待ってほしい。 27 ID:k8Vz9oCH0 イブプロフェンは非ステロイド系消炎鎮痛薬(Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs;NSAIDs)と呼ばれるもので解熱効果があります。 例えばロキソニン(ロキソプロフェン)、ブルフェン(イブプロフェン)など感染症などの熱が出る病気のときにはよく処方される薬剤であり、 ロキソプロフェンは2011年からはロキソニンSという商品名で市販薬が発売開始されています。 ヨーロッパがここまで広まったのはこういう一つの理由もあるんじゃないという事。 17 ID:JscMmoqu0 地中海全滅じゃん。 32 ID:gsCGGmZsd グレープシードオイルは大丈夫だよな? 99 ID:tYaiQjiEp 日本の高齢者もオリーブオイル好きなんだよな・・・ サイゼとかでもボトル独占してドバドバかけてる方おるわ。 04 ID:fDxuDlzW0 本当でもNHKやテレビじゃ隠蔽しそうだな.

次の

オリーブ・オイル

オリーブ オイル イブプロフェン

中国との強いつながりを言う人もいるし、医療体制が劣悪だという人もいる。 しかし、この二つについては、まったく説得力がないのだが、それは回を改めて説明する。 本日は、少し変わった説として2月の サッカーの試合が原因という説と、 オリーブ油が新型コロナを重症化するという説とを紹介しておこう。 馬鹿げているように見えるのだが、それほど荒唐無稽ではないのだ。 イタリアの新型コロナ蔓延でもまさに医療崩壊で地獄の様相を呈しているのは、ロンバルディア州東部の中心都市であるベルガモである。 中世にあってベルガモ飛脚と呼ばれる郵便業者を組織したトゥルン・ウント・タクシス家は、させ、近代郵便の原点といわれるライヒスポスト(神聖ローマ帝国の郵便事業)を管掌していた。 いまも中世を偲ばせる町並みが残り、世界遺産も多い。 私も1980年代の留学中に訪れた。 ミラノ・スカラ座にオペラを見に行ったとき昼間、鉄道で足を伸ばした。 そして、ここにセリエAに属するアタランタというサッカーのチームの本拠がある。 2018-2019のシーズンには3位となり、今年のUEFAチャンピオンズリーグに進出。 スペインのバレンシアに2連勝して準々決勝に進出して歓喜に沸いていた。 そのバレンシアとの試合が2月19日に、ベルガモのスタジアムは狭いのでミラノのサンシーロで開催。 ベルガモ市民の3分の1がつめかけ、スペインからも大応援団が来たらしい。 ヴェラン氏(ツイッターより) もうひとつの説はオリーブ油説である。 事のおこりは、フランスのヴェラン保健大臣がツイッターで「新型コロナウイルス感染症に罹ったらイブプロフェンなどの薬を飲まないように」という趣旨の発言をしたことである。 WHOからも「イブプロフェン」が新型コロナウイルスに悪影響を及ぼすとの警告があったのだが、新型コロナウイルス感染者による「イブプロフェン」服用について、感染の疑いがある場合はイブプロフェンではなく、抗炎症作用の少ない「アセトアミノフェン」服用が望ましいとある時期までされていた。 しかし、その後、「控えることを求める勧告はしない」と軌道修正した。 治療に当たっている医師への調査の結果、通常の副作用以外に、症状を悪化させるという報告はなかったと説明したのである。 専門家でも意見が分かれているのであろう。 しかし、イブプロフェンは、そもそも日本でも鎮痛剤や解熱剤として使われ、市販の「風邪薬」にも広く含まれている。 そしてそれに近い成分が、インフルエンザなどにはよろしくない副作用があるというのは広く知られていることだ(インフルエンザによる発熱に対しジクロフェナクナトリウム使用群と不使用群とでは、使用群の方が優位に死亡率が高いという結果が出ており、かつ脳血管に損傷が生じていることが特徴的に見出されるという)。 それもあるから、最近では、鎮痛剤でも「カロナール」などの製品名で知られる「アセトアミノフェン(別名:パラセタモール)」を使う医者が増えていたのであるし、私もそうしている。 ボルタレンなどもイブプロフェンなどと主に非ステロイド消炎鎮痛剤(NSAID)に分類され、基本的にインフルエンザには慎重投与という専門家もいる。 /flickr オリーブ油には風邪薬と同じ成分が入っている? さらに、オリーブ油に似た成分が入っていていてそれがイタリアやスペインでの大流行と関係ないのかとかいう説もあるようだ。 オリーブ油については、このイブプロフェンに似た成分が含まれていて、それが消炎作用があって身体に良いなどと言うことが言われてきたのである。 たとえば、キリンのサイトには「」と題した記事もある。 エクストラバージン・オリーブオイルのテイスティングをしたのです。 収穫したばかりの極上のエクストラバージン・オリーブオイルを飲んだのですが、そのとたんに驚きました。 液体のイブプロフェンを飲み込んだ時とそっくりの、のどが焼け付くようなピリピリした刺激を感じたからです。 もしもエクストラバージン・オリーブオイルに天然の消炎成分が含まれているなら、地中海料理が体にいいのは、オリーブオイルを使った料理で日常的に少量の消炎成分を摂取するからなのかもしれません。 地中海料理は、心疾患、一部のがん、アルツハイマーなどの神経変性疾患の発生率を抑えるといわれています。 すでに、イブプロフェンの長期的摂取がこうした疾患に効果を発揮するといういくつかの証拠が明らかになっているので、地中海料理に同様の成分が含まれているとすれば、つじつまが合います。 天然の産物に薬用成分が含まれていることは珍しくないし、だからこそ、漢方薬も存在する。 となると、オリーブ油が身体に良い要素は多々あるが、そのことは裏返せば、同等の副作用があるのも当然だ。 「イブプロフェンについて治療に当たっている医師への調査の結果、通常の副作用以外に、症状を悪化させるという報告はなかった」というWHOの見解は、つまり、 通常の副作用はあるということとも取れる。 いずれにしても、身体に良いと言われる健康食品には、必ず副作用もあるので、それを避けたかったら、偏った食生活はやめた方が無難と言うことでなかろうか。

次の