小田 和正 クリスマス の 約束 2020。 小田和正さんの「クリスマスの約束」2014|TBS系12月25日の私の感想

お知らせ|TBSテレビ:クリスマスの約束

小田 和正 クリスマス の 約束 2020

今年で18回目となる小田和正『クリスマスの約束』 今年で18回目、この時期の風物詩といっていい、小田和正が様々なゲストアーティストとセッションを繰り広げる音楽番組『クリスマスの約束2019』 TBS系 が、12月25日 深夜24時10分~ にオンエアされる。 2018年はオンエアが延期され、それがニュースになるほど誰もが心待ちにしている番組だ。 延期されたが今年3月29日に小田の初レギュラー音楽番組 2004年10月~12月/TBS系)『風のようにうたが流れていた』としてオンエアされ、待っていたファンを喜ばせた。 12月3日、今年の『クリスマスの約束』の舞台に選ばれた横須賀芸術劇場に足を運んだ。 3万通を超える応募、のべ10万人の中から選ばれた、ラッキーな1600人のワクワク感で充ちている会場は、すでに温かなムード。 いつものようにステージ上にも客席を作り、後は小田とゲストの登場を待つばかり。 松崎ナオ、KANが初参加 小田和正 そして客席の間を通り、大きな拍手に迎えられ小田が登場した。 「マイホームタウンを突き抜けて横須賀にやってまいりました。 2年ぶりの『クリスマスの約束』ということで、楽しくやっていきたいと思います!」と語り、収録がスタート。 熊木杏里、矢井田瞳は『風のように~』に続いての出演だ。 5年ぶり3度目の登場となる清水翔太が現れると、客席からどよめきが起こった。 そして初参加となるKAN、松崎ナオと、11組の豪華な顔ぶれが揃い、ステージ上が一気に華やかになる。 誰がゲストなのかは収録当日まで明かされないため、客席はすでに興奮状態だ。 オープニングナンバーは美しいストリングスが鳴り響く「きよしこの夜」。 スタンドマイク1本を二人で使い、見事なハーモニーを聴かせてくれる。 松崎ナオ 小田がある番組で聴いて以来、ずっといい歌、声だなと思っていたという松崎ナオは、小田が「なんとなく縁がありまして…」と、実は彼女の父親と一緒に仕事をしていたことがあるという裏話を披露。 そして母親の影響でオフコースが好きだという松崎は、小田のリクエストで「誇れるのはたゞ」を歌った。 ひと声発した瞬間、聴き手をその世界に引き込む力を持つ彼女の歌声に、客席は聴き入っている。 初参加が意外という感じさえするKANは、作詞する際のこだわりや小田のリクエストで「愛は勝つ」などを披露。 その場でタイトルを決定!? 小田は、盟友・財津和夫が作ったこのスタンダードナンバーを「当時、チューリップのヒットをオフコースは横目で見ていた」と振り返りつつ、「でもこの曲が好きすぎて、自分と同化していて、自分の歌のような感じ」と、この曲への愛情をしみじみと語っていたのが印象的だった。 委員会バンドは「小田が作ったメロディがきっかけとなって完成した」 水野 タイトル未定の新曲も披露。 その場で作者の水野がいくつかの候補からタイトルを決めるという、なかなかお目にかかれないシーンに、客席のファンは前のめりになっていた。 小田と和田唱とのムービーメドレーに、客席も口笛とコーラスで参加 和田唱 今回で3回目となる和田唱との「ムービーメドレー」は、誰もが一度は耳にしたことがあるおなじみの映画音楽の数々をつないでいく。 小田と和田の声が重なると、抜群の肌触りの歌が生まれ、いつまでも聴いていたくなる。 それはファンも同じだろう。 そんな期待に応えてか?撮り直しになり、客席は大喜びだった。 これも公開収録ならではだ。 客席参加型のこのコーナー、今年は口笛の合奏で、和田と小田のセッションに参加した。 JUJUは、矢井田、熊木と共にキャロル・キングのスタンダードナンバーをカバー。 その圧巻の表現力の歌が胸に響く。 小田が「今年はぜひ翔太を呼んで、この曲で締めくくりたいと思った」と、清水をステージのセンターに招き入れる。 当時デビュー2年目の清水も出演し「Home」を歌うと共に、この曲と向き合った。 「右も左もわからない状況の中で、すごく光栄な分、一番若手の自分が失敗できないというすごいプレッシャーもあって。 毎日、必死に練習している中で、すごく刺さる曲でした」と振り返っていた。 2人は2012年に「清水翔太feat.小田和正」名義で、シングル「君さえいれば」をリリースした。 この番組のこと、小田のことをリスペクトし続けている清水が、今年8月に自身のSNSで「僕が歌うのはおこがましい美しい曲ですが、未発表曲という事もあり、皆さんに聴いてもらいたいと感じて歌いました。 良かったら聴いてみてください。 」というコメントと共に、「この日のこと」の弾き語りを公開した。 「また小田さんやメンバーに会えるように、という思いが自分の活動を支えていた」 清水 清水は「また小田さんに、あの時 09年 のメンバーに会えるように、そういう思いが今の自分の活動を支えている」と語り、あの時の経験、そしてこの歌を忘れることなく活動を続けていることを吐露し、さらに「今でも孤独な時や不安な時とか、すごく助けていただいている曲です」と、オールキャストで「この日のこと」を歌った。 力強く、優しい歌声が会場を包み、感動が広がっていく。 <小田と出演者たちの信頼や絆と、互いへのリスペクトが大きなテーマとして流れている。 そして音楽への愛情。 小田を始め、どんなにキャリアを重ねようと、音楽と常に真摯に向き合い、歌を心から愛するアーティストが集まる>と書いたが、今回はそんな番組の原点を、より感じさせてくれる内容になっている。 クリスマスの夜、人と歌が紡ぐストーリーが、心を温めてくれる。

次の

小田和正『クリスマスの約束2019』 人と歌が紡ぐストーリーから生まれる、感動セッション(田中久勝)

小田 和正 クリスマス の 約束 2020

Contents• 2014年のクリスマスの約束はこんな番組構成だった 2001年から始まったクリスマスの約束、今年で14回目です。 11月下旬に 「今年の観覧募集は行わない」旨の発表があり、2014年はどんなスタイルになるのかなと思っていました。 フタを開けてみれば、ざっとこんな感じでした。 松たか子さんの「Let It Go~ありのままで~」をテレビで初めて見られるのではと私も期待していましたが、それもありませんでしたし、ましてや妊娠の話題なんてこれっぽちもなかったです。 そういえば、今年のゲストの「話し声」を聞いたのは、もしかして「細野晴臣さん」だけだったでしょうか・・・。 さて、小田さんのFacebookのコメントを見ると、皆さん感じ方は様々のようですね。 「感動しました」という意見もあれば「今年はちょっと残念」、という意見もチラホラ・・・。 ネット上では、放送終了直後から、「ほぼ総集編だった」ということや、「ほぼ総集編といった旨の告知がなかった」ことなどに対する意見が目立っています。 確かに、総集編は総集編で良いのですが、やはり予めほぼ総集編である旨の告知があれば、受け止め方も違ったかもしれませんね。。 それにしても、 年に1回だけ、しかも深夜放送の「クリスマスの約束」に、これだけの反響があるっていうことがスゴイ!それだけ注目されている番組ということなんでしょうね! クリ約総集編?それでも単純に良かったです! 「小田さんのピアノ弾き語り。 何度聞いてもサイコー!」 「『この日のこと』には小田さんのこんな思いが込められてたんだ」 「この曲を聴くと、涙がでちゃうよ・・・」 これ、ぜんぶ私の思ったこと。 2001年~2013年は過去にほとんど見ていて、今回再度見た形になりますが、私にとって、今回は今回でとてもよかったですヨ。 もう一度見たかった名場面をまた見ることができましたしね。 ただ一緒に見ていた夫に言わせると、「曲が細切れで、いいところで次の曲に行ってしまうので、それがちょっと・・・」ということでした。 細切れよりは、選曲数が少なくても1曲最後まで歌ってほしいとのこと。 私は、今回のでも全然よかったですけどね。 それにしても、小田さんが歌うと、誰の曲でも小田さんの曲になっちゃうと思いませんか?原曲をっている歌手のことをつい忘れてしまうほど。 スポンサーリンク 特に小田さんのピアノ弾き語りの、 「ひこうき雲」が私の大のお気に入りです。 ステージのゲストと会場の大観衆がまさに一緒に大感動の中にいました。 小田さんも、ホロッとされていましたよね。 曲が始まる前の打合せや練習風景なども結構時間をとって放送していました。 長すぎではないかとも思いましたが、完成させるまでの苦労が伝わってくるので、やはり必要なのかもしれません。 今回改めて2009年のメドレーを見て、あのときを思い出し、 私も感無量になっちゃいました。 まとめ 2014年、小田さんは 『明治安田生命 Presents KAZUMASA ODA TOUR 2014~2015 本日 小田日和』というツアーを行っています。 私も8月の横浜アリーナと10月の日本武道館に行ったのですが、「こんなツアーをしながら、クリスマスの約束の準備なんてできるのかしら?」と思っていました。 さらに、 当初2014年10月下旬までだったツアーが、2015年3月までの追加公演も発表されましたからね。 (2015年2月の代々木体育館と3月の横浜アリーナに行きますヨ!)「ツアーとクリスマスの約束との掛け持ちで、小田さん、カラダ大丈夫かしら?」と少々心配に・・・。 今回、総集編のような形になったのは、そんなこともあるからなのではないかと個人的には思っています。 いずれにしても、どんな形でもいいので、小田さんが納得できる内容で、クリスマスの約束を続けていってほしいと思います。 小田さん、TBSさん、今年のクリスマスの約束、ありがとうございました。 小田さんの一ファン、クリスマスの約束の一ファンとして、来年も、楽しみにしています!! [tip] <当サイト内「小田和正さん関連記事」リンクです>•

次の

小田和正 「クリスマスの約束 2020」観覧募集まとめ

小田 和正 クリスマス の 約束 2020

小田和正 -クリスマスの約束2019~大好きな君に~が2019年12月25日24:10(26日0:10)から放送されます。 今回はTRICERATOPSの和田唱やスターダストレビューの根本要さんなどが登場。 さらに最注目はなんといってもKANさんが初登場!! トライセラ和田唱とKANとスタレビとスキマスイッチと小田和正さん・・・ やはり音楽はつながってますね・・ スタレビはKANさんのレーベルメイト。 トライセラとKANさんも繋がりが。 トライセラのライブでKANさんの名曲・プロポーズを演奏。 その後、音楽ライターの森田さんつながりなのかトライセラのアクースティックライブ12Barに「スペちゃるシークレットゲスト」として出演。 スキマスイッチとKANさんは「全力少年」をリスペクトした曲「全力箒星」を発表したり「回奏パズル」でコラボしたり・・ 今回KANさんは名曲2曲を披露予定です!! 『小田和正』(220) 『クリスマスの約束2019』 2019年12月25日(水)24時10分 小田先生の地元である神奈川県横浜市の隣、横須賀市にある 「横須賀芸術劇場」 で。 ツアーではおなじみの 「御当地紀行」 ツアーで訪れる各地の映像 が場内に流れちょっと照れたような小田先生がステージに姿をみせる。 — K. クリスマスの約束2019-2020タイムテーブルと出演・ナレーション クリスマスの約束2019のナレーション 松たか子 クリスマスの約束2019の出演者 小田和正 スキマスイッチ KAN 熊木杏里 清水翔太 JUJU 根本要 スターダストレビュー 松崎ナオ 水野良樹 いきものがかり 矢井田瞳 和田唱 TRICERATOPS 0:10 『きよしこの夜』 出演全員 曲目 『きよしこの夜』 演奏 出演者全員全員 小田和正 スキマスイッチ KAN 熊木杏里 清水翔太 JUJU 根本要 スターダストレビュー 松崎ナオ 水野良樹 いきものがかり 矢井田瞳 和田唱 TRICERATOPS 原曲 リリース日 0:12 『What A Wonderful World』 ALL 曲目 『What A Wonderful World』 演奏 出演者全員全員 原曲 リリース日 0:18 『心の旅』 委員会バンド 曲目 『心の旅』 演奏 委員会バンド 小田和正 スキマスイッチ 根本要 スターダストレビュー 水野良樹 いきものがかり 原曲 チューリップ リリース日 1973年4月20日 0:24 『白い冬』 委員会バンド 曲目 『白い冬』 演奏 委員会バンド 小田和正 スキマスイッチ 根本要 スターダストレビュー 水野良樹 いきものがかり 原曲 ふきのとう リリース日 1974年9月21日 0:30 『愛を何度も』(新曲) 委員会バンド 曲目 『愛を何度も』(新曲) 演奏 委員会バンド 小田和正 スキマスイッチ 根本要 スターダストレビュー 水野良樹 いきものがかり 原曲 リリース日 未発表曲 0:37 『愛は勝つ』 KAN 曲目 『愛は勝つ』 演奏 KAN 原曲 KAN リリース日 1990年7月25日 アルバム「野球選手が夢だった」収録 0:38 『星屑の帰り道』 KAN 曲目 『星屑の帰り道』 演奏 KAN 原曲 KAN リリース日 1994年11月26日 アルバム「東雲」収録 0:46 『誇れるのはたゞ』 松崎ナオ 曲目 『誇れるのはたゞ』 演奏 松崎ナオ 原曲 オフコース 小田和正 リリース日 0:49 『川べりの家』 松崎ナオ 曲目 『川べりの家』 演奏 松崎ナオ 小田和正 原曲 松崎ナオ リリース日 2006年 『Flower Source』収録 0:49 『ムービーメドレー』 和田唱 演奏 和田唱 小田和正 曲目 追憶 『The way we were』 Top Ha 『Cheek to Cheek』 プリティ・ウーマン 『^オー・プリティ・ウーマン』 華麗なる賭け『The Windmills Of Your Mind』 ゴースト・バスターズ『ゴースト・バスターズ』 アナと雪の女王『Let It Go』 大脱走『The Great Escape March』 オズの魔法使い『 Over the Rainbow』 1:12『 Will You Still Love Me Tomorrow』 juju 曲目 『Will You Still Love Me Tomorrow』 演奏 JUJU 小田和正 矢井田瞳 熊木杏里 原曲 シュレルズ リリース日 1960年11月 1:18 『今日もどこかで』 小田和正 曲目 『今日もどこかで』 演奏 小田和正 矢井田瞳 熊木杏里 原曲 小田和正 リリース日 2008年11月5日 1:26 『この日のこと』 清水翔太+全員! 僕が歌うのはおこがましい美しい曲ですが、未発表曲という事もあり、皆さんに聴いてもらいたいと感じて歌いました。 良かったら聴いてみてください。 140秒までしかアップできないので最後までいけなかったですが😣 感動する曲です。

次の