上条当麻 ドラゴン化。 上条当麻の右手切断や復活再生と竜王の顎の正体とは?【ドラゴンストライク/レールガンT3期考察】

上条当麻

上条当麻 ドラゴン化

22巻リバース第四章の感想をあげたいと思います。 前回の内容 内容 行間 三 1 『』は、自身の顔の傷を見ていた。 色んな人間に傷つけられたが、あいつからはもらっていない。 彼は、とあるものを求めていた。 それは ドラゴン。 地底の支配者にて番人。 をまたいだ奇妙な記号性。 そしてそこには、とある目標があった。 彼らは倫理・規範・正義に基づいた行動する。 ただし前の時代で作られた善悪を裁くルールが絶対に正しいとは限らないことも知っている。 不足を感じた場合はあらゆる法規や条約を覆し、正義の修復をしなけらばならない。 「まさか、ただカラフルな外殻を操れる程度の正体だなんて思っていないだろうな。 」 さあ、観測者の主観を丸ごと入れ替えよう。 第四章 自己という関門を乗り越えろ 1 〖〗と「」の勢力がぶつかり合う。 浜面とフォーチュンがアニェーゼ部隊を鎮圧していく。 一方通行とホレグレスが背中を合わせて戦う。 一方通行と浜面は、揺動だった。 その隙をついて、〖〗とオティヌスがに侵入する。 「ここだけは、俺がやらなきゃ意味がない」 2 に侵入する〖〗。 ステイルと交戦しようとする。 そして、神裂も襲い掛かる。 〖〗は、フォーチュンに神裂と戦うように指示をする。 〖〗はステイルと戦う。 ステイルのイノケンティウスに抵抗する為に、硫化系の粉末を投げる。 粉末によってステイルの目や鼻を奪う。 〖〗は『』がいるであろうへ向かう。 3 滝壺とリメエアは、重火器を使って遠距離から援護する。 4 『』は、食蜂に指示をする。 美琴とインデックスを操れるように。 食蜂は、美琴を操ろうとするが、AAAが暴走する。 AAAから身を守ろうとして、インデックスを操る。 しかし、インデックスの『自動書記』使って、対抗しようとするが制御を失敗する。 食蜂は、思わず安物のホイッスルに手を伸ばす。 5 に大きな振動が走る。 6 に笛の音が響き渡る。 〖〗はへ走る。 そこには、食蜂が倒れていた。 インデックスと美琴が戦っていた。 〖〗は、食蜂に走る。 食蜂は、屈託を見せない笑み。 どこか夏の日差しを連想させる、明るい笑み。 それは忘れられることが決まっている、刹那の表情だった。 オティヌスは、食蜂を治療する。 そして、オティヌスはとある事に気が付く。 「パナケアだ」 「その妙薬は『薔薇十字』の達人にも当てはめられた。 世界の病を治すため、必要があればガラスの棺を砕いて外の堺を旅して、しかし目的を果たせば自分から再び元の場所に戻る。 貴様の右腕からでてきのも、そういうモノではないかとな」 「……だが、違ったんだ」 「おそらくとは、ロードの隠れ家を管理していた『黄金』で語られていた究極の霊装や世界の基準点……だけではなかった。 今はもういないアレイスターは、貴様の右手の中に全く別の何かを見出している!!」 〖〗は、吐き捨てるように言う。 今は俺の話なんてどうでもいい。 そういうのはアイツを倒せば分かる。 〖〗は全員を救う。 様々な失点があったが、〖〗は絶対に見失ってはいいけないコアの部分は見えている。 助けを求めることができない少女がいる。 だけど手を伸ばすのはこちらの自由。 だからこそ、この一点だけは譲れない。 絶対に何があっても。 そこに『』が現れる。 「……ここで『心理掌握』を失うかよ。 まったく、つくづく、こいつを持ってると不幸ってヤツが押し寄せてきやがる」 〖〗は怒る。 『不幸』、この一言があれば丸く収めて納得できてしまうのか 「ならどうして!!ご自慢の力でこの子を守ってやらなかったんだァァああああああああああああああああああああああ」 『』とは、異能の力と直面した時初めて真価を発揮する。 能力だけではない。 そいつをどう振るうかを含めて、その人間の全てをさらけ出す。 7 第三王女ヴィリアンを探す浜面。 浜面は、イギリス側の混乱を薄める為にヴィリアンを探していた。 そんな浜面に女王エが襲い掛かる。 「だが二度目はない、速やかにを解除して投降しろ。 許可なく女王の城へ踏み込む事、それ自体が罪だと知れ」 浜面は、諦めかける。 その時、一方通行が現れる。 「学市第一位・一方通行。 これでも一応、俺だって科学サイド全体の目標となるべき誰かサンだ。 その上で質問ってのをさせてもらうぜ。 さあ、しっかりお勉強させてくれよ。 てっぺンに立つべきもののお作法ってヤツを!!」 一方通行とエの戦いがはじまる。 8 『』をする『』とドラゴン化する〖〗が戦っている。 9 フォーチュンと神裂の戦い。 神裂の『聖人』の特徴を利用して神裂を倒す。 10 〖〗は、戦いが終われば食蜂を今すぐ助けられると主張していた。 本来なら「心理掌握」でインデックス達を操れるはずだった。 右手を正しく使えば、アレイスター達はあんな結末をむかえていなかった。 根底が回る。 人間が能力を見ているのか、能力が人間を見ているのか。 もしも、能力が人間を見ていたら? を丸ごと横断する存在。 『神浄の討魔』? 「俺は望まれてここにいる。 だからこんな形になった。 祈っただろ、。 とりとめがないと分かっていても、あの戦争をどこかで。 もっとスマートにを扱えたら、無くした記憶のどこかにそんな操縦方法は埋もれていなかったか。 お前がそんな未練を持たなければ!!俺はなくした記憶を頼りにと成り変わって、もっとスマートに振る舞おうだなんて事を考える必要さえなかった!!!!!!」 アレイスターは育てたかったのは『』ではなかった? 「そんな安い言葉で説明できるだなんて思ってるんじゃねえよ、クズ」 11 一方通行とエの戦い。 一方通行は、学市第一位としての能力だけではなく、学市統括理事長としての力を使って、エを倒す。 「手前勝手な理屈を並べてウチの生徒に手ェ出しておいて、無傷で帰れるなンて思ってンじゃあねェだろォなァッッッ!!!???」 そして、ヴィリアンを見つける。 そして、外交の窓口としての役割を依頼する。 12 〖〗と『』は、戦う。 相手の欠点を突きながら。 「「俺は!!テメェが許せないッッッ!!!!!!」」 そして、〖〗は『』を倒す。 「そうか。 だからアレは、お前を運んで……外から飛来し……」 「俺は望まれてここにいる。 テメェは、分かりやすい答えを蹴ってでも我を通すって示したんだ。 もう死なせるな……。 テメェがきちんと『こいつ』を使っていりゃあ、『黄金』の連中は助かったかもしれない。 少なくともアレイスターのヤツが娘を置いてくたばる必要なんてなかったんだ。 あんなミスは、二度と許さねえぞ」 そして、〖〗に『』戻る。 善も悪もどうでも良い。 世界の行方じゃない、人類の未来でもない。 もっと小さなもののためでも、少年は命を賭ける事ができる。 「決着をつけても悲劇は止まらない。 どこにでもいる平凡な高校生になんか何も変えられない。 「自動書記」の攻撃に当たりかける。 しかし、AAAの支援によって助けられる。 そして、インデックスの懐に入る。 「……もう終わらせよう、インデックス」 「大丈夫。 みんなで笑って、学市に帰ろうぜ」 決着の音が鳴り響いた。 白い、羽が降り注ぐ。 の頭に当たる直前、「」を使って消す。 「言ったろ、もう終わりだ」 終章 黄金と薔薇 打ち止め達は、学市に帰ってくる。 「おかえり、ってミサカはミサカは一番乗りで言ってみる 「おう。 戻ったぜ」 常盤台中学生も帰ってきた。 美琴も食蜂も。 麦野も絹旗も帰ってきた。 浜と合流した。 そして、浜面はとんでもない人脈を手に入れて帰ってきた。 「なんかとんでもない事になりそうだぜ、学市」 自宅に帰ってきた一家。 「おー。 何だかお久しぶりな感じなんだよ」 に滞在している土御門。 土御門にアレイスターからのメッセージが来る。 『学市は「私」の手を離れた。 統括理事はよそへ譲った以上、アレイスター=の影響はもうない』 『つまり「私」は科学の外を歩いているという意味でもある。 本当の本当に「私」とかち合いたくなければ、むしろ科学サイドの中心、学市に帰りたまえ。 』 『Ungrundを超えた者が現れた。 アレはむしろ外から学市を取り込んで侵食を進めていく事だろう。 』 『つまり、元となる何かが変わったのさ。 此度の一件、全てはそのためのアクションだった』 『ホルスの時代でも予測できなかった何かだ。 あの女が今度の今度こそ「雲」だの詐欺師だのでない場合は、正真正銘の十字と薔薇、男と女の象徴が世界を埋めていくぞ』 イギリス清教としての最大教主として就任する事になるフォーチュン。 学市統括理事長として就任宣言する一方通行。 「それじゃあ注目、学市統括理事長の一方通行です。 挑むように言う。 結局、「神浄の討魔」とはをまたいだ存在ってことでいいんですかね? 能力が人を見た。 善でもなく悪でもない。 それが 「神浄の討魔」? 今回の戦いでアンナ=シュプリンゲルは、 「神浄の討魔」が勝つ。 そんな風に考えていましたけど外れましたね。 「神浄の討魔」が負ける。 アンナ=シュプリンゲルは勝つことによって何かを得ようとしていました。 なんでしょうか? 想像もつきません。 それにドラゴン。 エイワスのコードネームもドラゴンでした。 ドラゴンとは 「神浄の討魔」と同じく善悪を超えた存在。 アレイスターは、「計画」でどうこの二つを使うつもりだったんでしょうか? それに『』。 新しい価値が出てきました。 今までは魔術サイド視点での解釈が多かったですので、そろそろ科学サイドからの解釈が欲しいです。 合わせて読みたい記事 そして、『薔薇十字団』について調べてみたので是非とも読んでください。 無料期間中に解約すれば料金がかかりません。 最新の情報はU-NEXTのサイトで確認してください。 tako931.

次の

上条当麻 (かみじょうとうま)とは【ピクシブ百科事典】

上条当麻 ドラゴン化

【とある科学の超電磁砲T】上条当麻の正体は?強さ・能力について徹底考察! とある科学の超電磁砲Tには様々なキャラクターが登場します 超電磁砲Tの人気の理由の1つはキャラクターにあると言っても過言では無いほど、最高のメンツが揃っているんです。 そのうちの一人が、上条当麻になります。 超電磁砲Tを見る限りでは美琴の好きな人、美琴を助けた人なんて印象を持たれてしまうかもですが、実は凄い人! 超電磁砲Tを見ただけではちょっとわかりにくい部分もありますので、インデックスシリーズなどの話も踏まえて、上条当麻の正体やどんな能力の持ち主なのかなど合わせてチェックしてみましょう! 出典 :「」公式HP 超電磁砲Tの主人公は紛う事なき御坂美琴ですが、超電磁砲Tは元々「とある科学の超電磁砲シリーズ」のうちの1つで、この超電磁砲シリーズはそもそもが「とある魔術の禁書目録シリーズ」という作品のスピンオフ作品になります。 禁書目録シリーズが最初にできて、そこに出ていた人気キャラクターの御坂美琴の作品が作られたのが超電磁砲シリーズになるんです。 それぞれシリーズ単品で見ても面白いんですけど、それぞれの作品で繋がっているような所や、バックボーンを知っておくとより一層楽しめる所なんかもあったりしますから、超電磁砲シリーズにずっぽりハマっているなら禁書目録もチェックがおすすめです。 禁書目録シリーズではヒロインが違う? 出典 :「」公式HP 超電磁砲Tと言えば御坂美琴。 じゃあ禁書目録のヒロインも御坂美琴なんじゃないの?と思いきやそれは違います。 禁書目録シリーズではその名の通り、インデックスという子がいまして、その子がヒロインです。 超電磁砲シリーズではあまり語られていませんが、禁書目録シリーズは魔術と科学が交差する舞台設定が特徴になります。 と言うわけでインデックスちゃんは科学の世界の人間ではなく魔術の世界の人間で、科学の世界の上条当麻と物語を織りなしていくのが、禁書目録シリーズとなっています。 出典 :「」公式HP 第七学区のとある高校に通う高校一年生。 成績は赤点レベルの補習常連、『無能力者レベル0』で能力は不明だが、どんな異能の力も打ち消す『幻想殺しイマジンブレイカー』という力を右手に宿している。 困っている人を見過ごせない性格で、美琴と知り合うきっかけもお節介から。 その際に右手で電撃を防いでしまったことで目を付けられ、何かにつけて美琴に勝負を挑まれている。 極度の不幸体質で大小さまざまなトラブルに巻き込まれまくる。 例外的に女性との出会いに恵まれているが、女心の機微に疎く、幸運を享受できていない。 出典:「」公式ページ というわけで上条当麻はこれを見る限りはあまり優秀なスキルを持って居なさそうですが、実はどんな能力も右手で触ることで無効化することが出来ると言うとんでもないスキルを持っています。 美琴のように自分から電撃などを出せる能力はないのでレベル0と分類されているのですが、本当にどんな能力も全て無効化してしまうので、能力者優先のこの世界では一大事。 元々美琴との出逢いも、彼女の電撃を右手で防いでしまったことから目をつけられてしまったことから始まっています。 (今ではすっかり美琴が上条のことを大好きになってますが…) フォークダンスシーン素敵だったね! イマジンブレイカーは能力ではない 「イマジンブレイカー、なんてすごい能力なんだ!」と思うかもしれませんが、実はこれは超能力ではありません。 では魔術なのかというとそんなことはなく、インデックスからはその線を否定されています。 超能力でも魔術でもないとなると一体全体なんなのかという話になりますが、現段階ではこのイマジンブレイカーについての断定がされていません。 体全体ではなく右手で触ることだけでスキルが発動するというのも、他の能力者と違うポイントと言えるでしょう。 ちなみに美琴は上条にビリビリと呼ばれているように、体全体に能力をまとわせることができます。 そうした違いもあって、イマジンブレイカーは今だ謎に包まれている存在と言えますね。 男気溢れるガッツの持ち主 ルックスだけみると他のキャラクターに比べて一見冴えないため、「本当に主人公なのか…?」「なんかちょっと覇気を感じられないんだけど…」なんて思われがちですが、禁書目録シリーズでの活躍をみたらそんなことは言えません。 インデックスを守るため、美琴を守る為、大切な人達を守る為に活躍する姿は、主人公らしい男気を感じます。 それだけ男気があるので当然女性陣の心をかなり射止めまくっているのですが、本人はそうした所に鈍感な部分があるので恋愛には至らず。 元々極度の不幸体質ということもあり、当面彼女とかはできそうにないですね…汗 実は記憶を失っている! 記憶は蘇るのかな… 美琴との戦いでドラゴンが出てきたのは何?! 超電磁砲Tの14話で暴走する美琴を止めるために右手の能力を使った上条当麻ですが、美琴の莫大な力によって右手を切り落とされてしまいます。 ですが切り落とされた右手からなんとドラゴンが出現! ドラゴンの力を借りて暴走する美琴を止め、切断された右手も何故か元に戻っているというとんでも展開をしていました。 「何この展開は?!」と衝撃を受けた方もいるかもしれませんが、実は上条当麻がドラゴンを出すのはこれが初めてではありません。 原作で物語が進むに連れどんどんドラゴンが出てきていますので、今回アニメオリジナルでドラゴン演出をぶっ込んだ訳ではないので、その点はご安心ください。 どうも記憶を失う前は上条事態も覚えていたようですが、具体的に何があったのか、どうしてドラゴンが出てくるのかなどは今だ謎のまま…。 きっと魔術の世界が関係しているのかなぁと思うのですが、今回はこのナゾの力によって晴れて美琴を救出することができました! シャドウメタルを生み出した謎のパワー これが佐天さんの探し求めていたシャドウメタルです。 14話で美琴のパワーと上条の力がぶつかりあったことでこのシャドウメタルが発生しており、一体全体何がどうなってるのか謎が謎を呼びました。 上条当麻はまだまだ謎が多い というわけで禁書目録の主人公である上条当麻について考察していきましたが、まだまだ原作でも語りきられていない部分もあったりして、謎が多い人物ですね…。 何が厄介って本人も記憶を失っているから隠そうと思って隠してるんじゃないって言う所。 記憶があるようであれば本人もそれっぽい行動をするかとは思うんですけど、普通に見ているだけではある意味ただの主人公ですから、ちょっとまだまだ読めない部分が多いです。 超電磁砲シリーズでも深く関わってくるキャラクターなので、禁書目録と合わせて読むとまた一層楽しめるかもしれませんね!.

次の

上条当麻 (かみじょうとうま)とは【ピクシブ百科事典】

上条当麻 ドラゴン化

22巻リバースでは、ドラゴン化しました。 考察 アウレオルス戦 中にある竜が初めて出たのが旧約2巻のアウレオルスとの戦いです。 その時出たのは、無色透明な竜の顎でした。 当初は、アウレオルスの妄想だと考えられていました。 戦 その次に出たのは、(Phase5. 30)です。 に右手を飛ばされたときに出てきました。 アウレオルス戦の時と違って複数の竜が出現しました。 そして、その時削板が竜を観測してました。 よって、アウレオルスの妄想ではないことが判明しました。 戦 がの右手を切断した時に出現しました。 その時、の右手にあった『神上』の力が霞んでしまう莫大な力が出現しました。 そして、『神上』を咀嚼するように粉々に破壊しました。 が、『』を選んだことで謎の力は消えました。 オティヌス戦 バーゲジシテイでの戦いでオティヌスに右腕を破壊されたときに出現しました。 この際、戦で出た謎の力をオティヌスは吹き飛ばしました。 上里翔流戦 上里の『理想送り』によって右腕を破壊されたときに出現しました。 この時は、竜か謎の力が出たのかは不明だが、上里を圧倒しました。 その時、上里は 「はの者ってだけじゃない・・・。 あいつは・・・そう」 という感想を残しています。 エイワス戦 アレイスターが召喚したエイワスに右腕を一部破壊された時に出現しました。 謎の力が出るがエイワスに破壊されました。 コロンゾン戦 コロンゾンによって右腕が破壊されたときに出現しました。 その時、赤黒い魚卵の房を連想させる外見の、一目で人工物とわかるポリゴンのような三角面の泡の集合体として出現しました。 泡の集合体そのものはあくまで卵の殻のようなものらしく、 その中では何かしらの存在の『群れ』が潜んでいました。 そして、クイーン号での戦いで出現しました。 その時、コロンゾンとクイーン号を破壊しました。 相当に強大な力であり上条にも制御できておらず、善悪関係なくあらゆるモノを貪り殺すとまで語られ、 アレイスター曰く「今のままではガワのは粉々に弾け飛ぶ」 上浄討魔戦 の『』が神浄討魔に移っている時に、に宿った竜。 その時、は竜化しました。 竜化したの外殻は、『』で破壊された。 そして、では春暖嬉美もと同じ竜を出現させてました。 このことから竜はAIM拡散力場を発生させている事が分かります。 まとめ のドラゴン化には『』が破壊されている時に出現しているのが分かります。 異能の力を無効する右手が無くなった時に出現しているのが分かるので、竜は異能の力だという事分かります。 まだ、妄想には近いですけど、竜化はの超能力だと思われます。 tako931.

次の