やる夫 は カード を 引く よう です。 【やる夫はカードを引くようです】

【やる夫はカードを引くようです】

やる夫 は カード を 引く よう です

小説版発売にあたって、やる夫スレ版に無い小説版独自の要素などを記述することはお控えください。 作者は。 2014年12月14日から連載開始。 導入部となるコロッセオ篇は2015年11月1日に完結。 2015年11月15日よりスタートしたCvC篇が2018年5月26日に完結し、群雄割拠篇へと移行した。 タイトルAAにあるように、作者は当初短編を予定していたが構想が広がり、2018年現在連載4年目に突入、120話を超える巨編となっている。 2019年7月、「アキトはカードを引くようです」のタイトルでライトノベルとしてリライトされ、やる夫スレ作品の他3タイトルとともにMF文庫Jから刊行予定であることが発表 され、同年10月25日に発売された。 コンテンツ [] あらすじ むかしむかし。 と言っても、そこまで昔でもない昔。 まだ、この世界の人間が金属の武器などを握りしめて殺し合いをしていた頃のお話。 ある日、この世界に女神たちが、やって来ました。 女神たちは、この世界の人間が持ち得ないたくさんの知識、素晴らしい技術、見たこともないような美貌を持ち瞬く間に人々を虜にしてしまいました。 そして、そんな人類たちが最も熱狂したもの。 それが、女神たちがもたらしたガチャ、と彼女たちが呼ぶ箱でした。 カードに封じられた様々な存在を、女神たちの用意した「ガチャ」によって抽選で手に入れる世界。 女神の登場によって王政は廃れ、コーポレーションと呼ばれる企業同士が戦闘系カードを使って領土争いを行う(CvC 一方、一般人はカードに縛られた社会制度にあえぐ時代となっていた。 重労働者としてその底辺での暮らしを送っていたやる夫は、長年の忍耐と努力の末に、コーポレーション設立に必須とされる「秘書カード」のを引き当てた。 「この世の総ての戦闘カードと共に闘う」という幼い頃からの夢を叶えるため、やる夫はカードたちとともに、CvCへのステップとなるコロッセオでのトーナメントに挑む。 (コロッセオ篇) 概要 漫画「」に登場するゲーム、「グリードアイランド」のバトルシステムをベースに、昨今のソーシャルゲームやアーケードカードゲームの要素を上手く取り入れている。 互いの知力を尽くした戦闘の面白さはもちろん、カードとして登場する多彩なキャラクターの中には、AA数の少ないマイナーキャラも含まれ、彼らの活躍ぶりも見どころ。 また、ある日突然現れた女神たちの存在や、彼女たちによって作り上げられたとされる「カード制により支配された世界」というオリジナルの世界観と、それにまつわる謎も物語の魅力の一つとなっている。 主な登場人物• - 主人公。 重労働に従事しながらガチャを引く毎日を送っていたが、秘書カードのフレンダを手に入れることで新たな世界に乗り出していく。 常軌を逸した戦闘カードマニア。 - 秘書カード(金銭特化)NO. 371。 銭ゲバだが、それゆえに金儲けや管理は得意。 仲間想いな面もある。 やる夫を公私ともに支える良きパートナー。 - やる夫が最初に入手した戦闘系カードであり、コロッセオ編での相棒(カード名「黄金の鉄の塊で出来たナイト」)。 高い防御力を誇るディフェンダー。 - やる夫がコロッセオでの紅白戦をきっかけに出会ったプレイヤー。 「護国の鬼」(AA:)のカードをメインの相棒としている。 - やる夫がコロッセオでの紅白戦をきっかけに出会ったプレイヤー。 「ビッグブリッヂの戦鬼」(AA:)のカードを中心に、多彩なカードを使いこなす。 - CvCで活躍しているプレイヤー。 ある目的からコロッセオでトーナメントを主宰する。 コーポレーションの経営には冷徹で利己的な反面、性格は小物でいじられキャラ。 ただしカードの評価や戦術を見る目は確か。 - コロッセオで活躍する天才的なプレイヤー。 - 世界を支配する女神たちのリーダー的存在。 やる夫に目をかけている。 外部リンク• まとめ():• まとめ(): 脚注• 4タイトルを、9月25日からの1ヶ月間で順次刊行。 コーポレーションバーサスコーポレーションの略語。 日本の戦国時代に似て、企業が土地を支配し、その支配権を奪い合う。

次の

世界観

やる夫 は カード を 引く よう です

コンテンツ [] カードとガチャ ガチャから排出されるカードには以下のような種類が確認されている。 ゴッドカード• 戦闘キャラカード• 秘書カード• 貴金属カード• 彼女カード• 一定期間豪勢な生活ができるカード 一定以上の企業は、料金を支払うことで申請したものをカード化(無機物。 ビル等をカード化し別の場所に持ち運ぶ等)することが可能である。 ガチャには コーポレーション・ガチャ や 重労働ガチャ があり、ガチャによって排出されるカードの種類が違う。 (たとえば戦闘用のカードは、重労働ガチャからは排出されず、コーポレーションのガチャからのみ排出される) ゴッドカード 100億枚に1枚、重労働ガチャに含まれる引いた者の前に女神が現れるカード。 キャンペーンごとに排出されるゴッドカードは決まっており、残枚数が0になりリセットされると女神も変わる。 ゴッドカードを引いたものは女神から望むものを与えられる。 それは「若さ」「美貌」「知恵」等、神の御業。 戦闘キャラカード 文字通り戦闘を行うカード。 仮想世界の賭け試合から現実世界の武力闘争まで、この世の「力」として無くてはならない存在。 コーポレートガチャやカード売買により入手できる。 カードごとに設定された一定ダメージを負うと「割れる」。 破壊されたカードはガチャに戻る。 カード上にはAP・DP それぞれ攻撃・防御の数値 とカード名、フレーバーテキスト等が記されている。 体力は(少なくともカード上には)数値化されておらず、実際にゲインして使わないとそのカードの真価は不明(名前すらも、カード上には記されていないこともある)。 戦闘カードはガチャに戻る際に記憶を消去される(所有者の情報が他者に漏れる為)。 つまり割れれば再度引いても、初対面となる。 しかし戦闘を通してカード自身に蓄積された戦闘経験の様なものは残るらしく、より使い込まれたカードは他者に渡ってもそれを失うことはない(【傷の男 】を使う有名プレイヤーがコロッセオで無敗伝説を築いたカードエピソードがある)。 カードには設定上、記載されているテキスト以上の事は記憶がない。 名前は教えてくれるが、それもカード名で呼びにくいものが多いための便宜上のものである。 戦闘時、カードと視覚等の感覚を共有し、指示も声等出さずに可能。 その共有が深ければ一体化したように操作が可能だがその半面、戦闘カードが割れた際に感覚が急に途絶える為混乱や正確な状況判断力に欠ける事もある。 秘書カード• 秘書はCVC登録時に必要、また以後CVCプレイヤーでい続けるために必要• 期限切れや割られた場合、数日間の猶予がありその期間に新たな秘書カードを用意しなければ領土をすべて失いCVCプレイヤーから抹消、会社は倒産• 秘書がいないときに自分の領土に侵攻されて試合日までに秘書を用意できなかった場合は自動的に負け• 秘書は複数所持可能• CVC時の買い物は秘書のみが行える(何らかの手段で外部に現状などを伝えるのを防ぐための監視役として)• 秘書カードの期限は1年間 なお、CVCを行わないマスター(ブックを所持してコロッセオに通うだけなど)やCVCに参加していない企業であれば、秘書カードは不要。 上記の理由により、CVCに参戦しているマスター全員に秘書カードがついているのだが、 いちいち出すとキャラが増えすぎて大変という作者さんの都合 秘書にはCVCマスターの補助だけでなく監視を行う役割もあるため、随伴させていないマスターが多い。 コーポレーションガチャ コーポレーションガチャは1回引くごとに料金がかかり、ランク別で1回10万~100億まで存在する。 コーポレーションガチャを副業として一般向けに開放している企業もある。 (一条の派遣会社では利用料3万、1回10万で N、HN、R、レアでSR) 重労働ガチャ 重労働チケットと引き換えに引けるガチャ。 この世界にはゴッドヴィジョンと呼ばれるガチャの筐体について映像機器が数少ない娯楽である。 重労働チケットは1日辺り3枚配布される。 重労働ガチャの初期枚数は100億枚とされ、定期的にリセットされる。 世界中の重労働ガチャは内容が共通であり、どこかで回されればその分残量は減っていく。 また、レアなカードはどこかで排出されると表示される為、それによってガチャの前の人間は一喜一憂、回転率も上下する。 SR以上で「郊外の一戸建て一億付き」「一ヶ月、豪勢な生活が楽しめるカード」「 一ヶ月だけ付き合ってくれる幻想の彼女」「高値で売れる貴金属カード」等があり、階級に依らず平等にチャンスを与える為に秘書カードも含まれている。 当然大半はNのハズレカードであり、「ダンゴムシ」のような用途不明なものまである。 カードと『ブック』 ブックはカードを収納する本の呼び名である。 カードを収納できる『カードホルダー』としての機能• お金をチャージしてブック所持者同士で遠距離でもカード取引ができる機能• コロッセオ含む戦闘用のエリアに入れる機能『バトルフィールドへのエントリー』 ただしブックは単なる高価な道具であり、職業問わずCVCプレイヤーでなくとも所有する事は可能である。 正規仕様だと料金が非常に高い為、その意味でも持てる人間は限られている。 なお、ブックの費用は月額支払で、練習用のパーソナルスペースの使用料等もそこに含まれている。 コロッセオ 機械仕掛けの神『デウス』により作り出された仮想空間。 ブックを介して入ることができる。 コロッセオはその仮想空間内で企業していない一般プレイヤー向けのスペースである。 様々な賭け試合が行われている。 使用カードの制限はRランクまでで、R以下はカード種類が大量にある為CVCほど情報の扱いに気を払わない模様(もちろん自身の必殺コンボや、CVCレベルで秘匿されているアナザースキル等の戦略上秘匿するものは除く)。 そのため使用されるカードも、純粋に強いステータスのカードや、フィールド意外な組み合わせで化けるカード、使い込まれた歴戦のカードから、アナザースキルの発見により価値がひっくり返るカード等で混沌としている。 特に3vs3の形式では3体のカードの構成、所有スキルの組み合わせが大きく影響する為各個人で特徴的なデッキとなっている。 コロッセオでの戦いは金持ち向けの番組として中継されており、参戦者以外でも観戦可能。 女神 ただ「女神たちがやってきた」とされるがどこから来たのか等詳細は不明。 一般人は彼女達の姿をゴッドビジョン(ガチャに付属したディスプレイ)の番組で見るのみだが、ガチャに含まれる「ゴッドカード」を引き当てた者の前に現れ、望むものを与える。 現在世界は彼女たちのシステムにより、情報の制限、カードの存在、ランク別の統治等、ディストピアのような世界となっているが、「運」という要素で平等であることを明言されている(実際に主人公のやる夫は自力で「運」を引き寄せ、フレンダを引き当てた)。 CVCとランク分け CVC RANK ガチャ費用 マスター統治範囲 勝利賞金 登場した地域 Aランク 100億 世界の半分 Bランク 10億 国単位 全10区画) ヒナト国、ズートラリア国 Cランク 1億 地方単位 コノエ地方 Dランク 1000万 州単位 3億 コウト州、トウキュ州 他 Eランク 100万 街単位 2000万 トヨタウン Fランク 10万 自治体レベル 300万 コーポレート同士の戦い。 この世はカードを持つプレイヤー達により運営されており、ランク別で領土を奪い合い、ランクを上げる事で上を目指す。 CVC参加者は統治者として領土の安全に気を配りつつ、会社自体の経営も行いつつ、他領土と防衛・侵攻を巡って争い合っている。 CVC戦の特徴• 負けた側はバトル間の記憶を失う。 (メモなどの記録や、外部への情報伝達もできない)• 「侵攻」側の場合、勝てば相手から『金orカード1枚』と領土1つを得る。 「防衛」側の場合、勝てば相手から『金&カード1枚』を得る。 開始から2時間で、「防衛」側の勝利となる。 他領土への「侵攻」は、1週間に1度だけ行える。 一度に複数人から「侵攻」されても、1日1人ずつ戦うことになる。 開始時のフィールドは、「防衛」側が自由に設定できる。 30分経過する度にマジックで変更できるが、「侵攻」プレイヤーと「防衛」プレイヤーが同時にフィールド変更マジックを使った場合、「侵攻」側が優先される。 マスターの引退・死亡・昇格等により出来た「空き領土」は、獲得希望のマスターでトーナメント戦を行い、勝者がその領土の所有権を得る。 一戦勝利する毎に相手から『金orカード1枚』を奪う事ができる。 開始フィールドはランダムで決まる。 CVC戦最大の特徴は、「バトルで負けた者はそのバトル間の記憶を失う点」という点。 バトル後にデッキを見て失われたカードがあっても、それが割られたカードなのか奪われたカードなのか判別できない。 また、記憶を失う事から負けた側は「自分が負けた戦術」の情報も不明な為、「ハメ技」や「必勝パターン」の対策が取りにくい。 派閥に属する利点はそこで、カードの情報を得られる代わりに、メンバーへの情報提供、カードの融通などを行う互助の面もある。 カード情報を含めたCVC戦は情報戦の面もあり、ガチャを引く際も盗撮等に備える必要がある。 これらはいわゆる「企業秘密」であり、アナザースキルの「第二段階」や、スキルの真価発動までに多段階必要な「コンティニウム・スキル」等、発見できれば絶対に有利になる要素である為、CVC以外では自力で見つけた者以外が知る方法がない。 中継の入ったコロッセオの画面で暴露する行為などは通常のマスターは絶対にしない。 事実、強い情報力を持ち情報屋を本業とするゲンスルー達でさえ、第二段階の情報は知らなかった(使われて負けた=記憶が消されたという想定も本人はしている)。 バトルはデウスが用意する空間内で行われ、スキルカード等の補充はデウスと秘書カードを介して行われる。 外部から遮断され、外部からは干渉されない。 その代わり、戦闘中はマスターが領土を空けることになってしまう。 なお、デウスの外、つまり現実においての襲撃も可能である。 現実で戦闘を行って相手のブックを割った場合、『相手のカード全て』、さらに同ランク同士であれば『全ての領土』をまとめて獲得できる。 ただし、相手の記憶を奪うことはできない。 ブックを失った相手をさらに攻撃して「殺害」することも可能。 Bランク 国 以上の戦闘、つまり「戦争」は、デウスではなく地上で行われる。 主な地域 ヒナト国(B) やる夫の居住国であり、CVCの拠点となる国。 首都はコノエ。 下記の図の八つの地域から構成される。 Y゙-ー、. ,_,. 政治体制としては、現神(あらがみ)と呼ばれる一族による世襲制。 CvC含めカードのシステムは「運」による平等を旨として作られているため、外部から見ると珍しい体系。 国民に慕われていたという理由から女神が現れてからも人間を「現神」として統治者(Bランクマスター)に据え続けている。 (レイジ曰くそのおかげで世界有数の経済大国になれたとのこと) Cランクの大半を現神関係者が占めており、Cに上がるための重要拠点等も抑えられている。 女神が来る前は位置的にどうでもいい島であり、外からは放置されていたが、女神が来て優秀な航海技術が一気にもたらされた時、海洋貿易的に一気に重要な地点に化けた。 その結果、幾度かの侵攻を受け、ブリタニアに占領されていた時期もあったものの現在では自治を取り戻し、現神の統治の元、世界と渡り合っている。 海洋国家だが、高水準の技術力を誇り、世界に名だたるメーカー(トヨ夕、天任堂等)が多数存在し、またシルヴァメタルを始めとする各種鉱石資源が算出される為、世界有数の経済大国の一つになっている。 ただしやる夫曰く一般国民の生活水準は低いようである。 コノエ地方(C) 首都コウトを抱える地方。 、 〈,,.. 、 } ,,.. ヽ ゙l. \ コ! / ,/. ,ミ゛ イ. 、`t,,、 l. l ゙'-/'' '". `'--、, /! く ゙l.. 歴史的建造物が数多く存在する。 首都である為、Eランクのレベルも他より高い。 天任堂というゲームの有名メーカーもここにあるらしい。 ここにも歴史的建造が数多く存在する。 鹿パークという有名な公園もあるようだ。 マスターはダージリン チューブ地方(C) マスターは言峰綺麗。 ヒナト崩壊後の名前は汚職腐敗国家ヒナト。 アチ州(D) やる夫が最初に拠点とした州。 世界でも有数の鉱石車メーカー、トヨ夕 ゆう の本拠地。 マスターは間桐慎二。 トヨタウン(E) トヨ夕 ゆう の本拠地。 やる夫もかつてここのマスターだった。 北領州(C) マスターは軍人である新城直江。 常に北の大国ルシアンの脅威にさらされている。 イーストホーク州(C) マスターは愚地独歩。 ど田舎である為、あまり儲けはない模様。 ヒナト崩壊後の名前は、神心幕府ヒナト カンドゥ州(C) マスターは軍人である鎖部左門。 トウキュ州(D) ゲンスルーが拠点にする州。 経済的に発展している模様 ウェイストランド州(C) マスターは江ノ島盾子。 崩壊後の名前は千年王国ミレニアム クルシュ州(C) マスターは左大臣。 世界の国々 二度の戦争を経て侵略戦争は禁止となっているため、Bランカー同士のCVCは行われていない。 その為、Bランクが現在のマスターの最高位となっている。 Bランク以上になるとBランカー同士が話し合う賢人会議が行われる。 ただし国力には差があるようで、ブリタニアは世界を支配出来るような力を持っている模様。 ヾ アジア共栄連. ヒナトに度々圧力を掛ける宗教国家。 【竜の騎士】【帝国のヴァルキュリア】【氷の女帝】【救国の聖女】等強力なカードを有する。 周辺各国に圧力を掛ける強大な国。 かつての大戦時にヒナトが侵略したことで恨みを持っているものが多いらしい。 自らの国を貧乏国、弱小国と揶揄するがパリストンがマスターになったことで急激に経済発展しているらしい。 会議でも現神を擁護する。 サトシの所属していた国。 密漁が大きな資金源になることから、派閥を組んで手を染める者が発生、サトシを含むマスター達が対抗していた。 多くの動物がおり、その生き物や食料品の輸出が主な産業。 パリストン曰く罪人が逃げ込んで作った国らしいが真偽は不明。 第7話でサトシ達による革命が成功でマスターはヌケドナルドに変わった。 ことあるごとに怪しい薬で貿易をしようとする。 現在内戦中。 50人の妻と31人の子供がいる AU(B) マスターは不明。 数年前に一人の少年がマスターになる。 エヴァやら空母やらを大量に抱えているらしい ブリタニア(B) マスターは不明。 かつてヒナト国を倒し、一時統治していた国。 バスケの発祥地らしい。 ウィンランド わたし 仮名 の出身国。 ヒナトでいう州扱いの地域なのか単にCVCがないだけか詳細は不明 その他情報.

次の

世界観

やる夫 は カード を 引く よう です

コンテンツ [] カードとガチャ ガチャから排出されるカードには以下のような種類が確認されている。 ゴッドカード• 戦闘キャラカード• 秘書カード• 貴金属カード• 彼女カード• 一定期間豪勢な生活ができるカード 一定以上の企業は、料金を支払うことで申請したものをカード化(無機物。 ビル等をカード化し別の場所に持ち運ぶ等)することが可能である。 ガチャには コーポレーション・ガチャ や 重労働ガチャ があり、ガチャによって排出されるカードの種類が違う。 (たとえば戦闘用のカードは、重労働ガチャからは排出されず、コーポレーションのガチャからのみ排出される) ゴッドカード 100億枚に1枚、重労働ガチャに含まれる引いた者の前に女神が現れるカード。 キャンペーンごとに排出されるゴッドカードは決まっており、残枚数が0になりリセットされると女神も変わる。 ゴッドカードを引いたものは女神から望むものを与えられる。 それは「若さ」「美貌」「知恵」等、神の御業。 戦闘キャラカード 文字通り戦闘を行うカード。 仮想世界の賭け試合から現実世界の武力闘争まで、この世の「力」として無くてはならない存在。 コーポレートガチャやカード売買により入手できる。 カードごとに設定された一定ダメージを負うと「割れる」。 破壊されたカードはガチャに戻る。 カード上にはAP・DP それぞれ攻撃・防御の数値 とカード名、フレーバーテキスト等が記されている。 体力は(少なくともカード上には)数値化されておらず、実際にゲインして使わないとそのカードの真価は不明(名前すらも、カード上には記されていないこともある)。 戦闘カードはガチャに戻る際に記憶を消去される(所有者の情報が他者に漏れる為)。 つまり割れれば再度引いても、初対面となる。 しかし戦闘を通してカード自身に蓄積された戦闘経験の様なものは残るらしく、より使い込まれたカードは他者に渡ってもそれを失うことはない(【傷の男 】を使う有名プレイヤーがコロッセオで無敗伝説を築いたカードエピソードがある)。 カードには設定上、記載されているテキスト以上の事は記憶がない。 名前は教えてくれるが、それもカード名で呼びにくいものが多いための便宜上のものである。 戦闘時、カードと視覚等の感覚を共有し、指示も声等出さずに可能。 その共有が深ければ一体化したように操作が可能だがその半面、戦闘カードが割れた際に感覚が急に途絶える為混乱や正確な状況判断力に欠ける事もある。 秘書カード• 秘書はCVC登録時に必要、また以後CVCプレイヤーでい続けるために必要• 期限切れや割られた場合、数日間の猶予がありその期間に新たな秘書カードを用意しなければ領土をすべて失いCVCプレイヤーから抹消、会社は倒産• 秘書がいないときに自分の領土に侵攻されて試合日までに秘書を用意できなかった場合は自動的に負け• 秘書は複数所持可能• CVC時の買い物は秘書のみが行える(何らかの手段で外部に現状などを伝えるのを防ぐための監視役として)• 秘書カードの期限は1年間 なお、CVCを行わないマスター(ブックを所持してコロッセオに通うだけなど)やCVCに参加していない企業であれば、秘書カードは不要。 上記の理由により、CVCに参戦しているマスター全員に秘書カードがついているのだが、 いちいち出すとキャラが増えすぎて大変という作者さんの都合 秘書にはCVCマスターの補助だけでなく監視を行う役割もあるため、随伴させていないマスターが多い。 コーポレーションガチャ コーポレーションガチャは1回引くごとに料金がかかり、ランク別で1回10万~100億まで存在する。 コーポレーションガチャを副業として一般向けに開放している企業もある。 (一条の派遣会社では利用料3万、1回10万で N、HN、R、レアでSR) 重労働ガチャ 重労働チケットと引き換えに引けるガチャ。 この世界にはゴッドヴィジョンと呼ばれるガチャの筐体について映像機器が数少ない娯楽である。 重労働チケットは1日辺り3枚配布される。 重労働ガチャの初期枚数は100億枚とされ、定期的にリセットされる。 世界中の重労働ガチャは内容が共通であり、どこかで回されればその分残量は減っていく。 また、レアなカードはどこかで排出されると表示される為、それによってガチャの前の人間は一喜一憂、回転率も上下する。 SR以上で「郊外の一戸建て一億付き」「一ヶ月、豪勢な生活が楽しめるカード」「 一ヶ月だけ付き合ってくれる幻想の彼女」「高値で売れる貴金属カード」等があり、階級に依らず平等にチャンスを与える為に秘書カードも含まれている。 当然大半はNのハズレカードであり、「ダンゴムシ」のような用途不明なものまである。 カードと『ブック』 ブックはカードを収納する本の呼び名である。 カードを収納できる『カードホルダー』としての機能• お金をチャージしてブック所持者同士で遠距離でもカード取引ができる機能• コロッセオ含む戦闘用のエリアに入れる機能『バトルフィールドへのエントリー』 ただしブックは単なる高価な道具であり、職業問わずCVCプレイヤーでなくとも所有する事は可能である。 正規仕様だと料金が非常に高い為、その意味でも持てる人間は限られている。 なお、ブックの費用は月額支払で、練習用のパーソナルスペースの使用料等もそこに含まれている。 コロッセオ 機械仕掛けの神『デウス』により作り出された仮想空間。 ブックを介して入ることができる。 コロッセオはその仮想空間内で企業していない一般プレイヤー向けのスペースである。 様々な賭け試合が行われている。 使用カードの制限はRランクまでで、R以下はカード種類が大量にある為CVCほど情報の扱いに気を払わない模様(もちろん自身の必殺コンボや、CVCレベルで秘匿されているアナザースキル等の戦略上秘匿するものは除く)。 そのため使用されるカードも、純粋に強いステータスのカードや、フィールド意外な組み合わせで化けるカード、使い込まれた歴戦のカードから、アナザースキルの発見により価値がひっくり返るカード等で混沌としている。 特に3vs3の形式では3体のカードの構成、所有スキルの組み合わせが大きく影響する為各個人で特徴的なデッキとなっている。 コロッセオでの戦いは金持ち向けの番組として中継されており、参戦者以外でも観戦可能。 女神 ただ「女神たちがやってきた」とされるがどこから来たのか等詳細は不明。 一般人は彼女達の姿をゴッドビジョン(ガチャに付属したディスプレイ)の番組で見るのみだが、ガチャに含まれる「ゴッドカード」を引き当てた者の前に現れ、望むものを与える。 現在世界は彼女たちのシステムにより、情報の制限、カードの存在、ランク別の統治等、ディストピアのような世界となっているが、「運」という要素で平等であることを明言されている(実際に主人公のやる夫は自力で「運」を引き寄せ、フレンダを引き当てた)。 CVCとランク分け CVC RANK ガチャ費用 マスター統治範囲 勝利賞金 登場した地域 Aランク 100億 世界の半分 Bランク 10億 国単位 全10区画) ヒナト国、ズートラリア国 Cランク 1億 地方単位 コノエ地方 Dランク 1000万 州単位 3億 コウト州、トウキュ州 他 Eランク 100万 街単位 2000万 トヨタウン Fランク 10万 自治体レベル 300万 コーポレート同士の戦い。 この世はカードを持つプレイヤー達により運営されており、ランク別で領土を奪い合い、ランクを上げる事で上を目指す。 CVC参加者は統治者として領土の安全に気を配りつつ、会社自体の経営も行いつつ、他領土と防衛・侵攻を巡って争い合っている。 CVC戦の特徴• 負けた側はバトル間の記憶を失う。 (メモなどの記録や、外部への情報伝達もできない)• 「侵攻」側の場合、勝てば相手から『金orカード1枚』と領土1つを得る。 「防衛」側の場合、勝てば相手から『金&カード1枚』を得る。 開始から2時間で、「防衛」側の勝利となる。 他領土への「侵攻」は、1週間に1度だけ行える。 一度に複数人から「侵攻」されても、1日1人ずつ戦うことになる。 開始時のフィールドは、「防衛」側が自由に設定できる。 30分経過する度にマジックで変更できるが、「侵攻」プレイヤーと「防衛」プレイヤーが同時にフィールド変更マジックを使った場合、「侵攻」側が優先される。 マスターの引退・死亡・昇格等により出来た「空き領土」は、獲得希望のマスターでトーナメント戦を行い、勝者がその領土の所有権を得る。 一戦勝利する毎に相手から『金orカード1枚』を奪う事ができる。 開始フィールドはランダムで決まる。 CVC戦最大の特徴は、「バトルで負けた者はそのバトル間の記憶を失う点」という点。 バトル後にデッキを見て失われたカードがあっても、それが割られたカードなのか奪われたカードなのか判別できない。 また、記憶を失う事から負けた側は「自分が負けた戦術」の情報も不明な為、「ハメ技」や「必勝パターン」の対策が取りにくい。 派閥に属する利点はそこで、カードの情報を得られる代わりに、メンバーへの情報提供、カードの融通などを行う互助の面もある。 カード情報を含めたCVC戦は情報戦の面もあり、ガチャを引く際も盗撮等に備える必要がある。 これらはいわゆる「企業秘密」であり、アナザースキルの「第二段階」や、スキルの真価発動までに多段階必要な「コンティニウム・スキル」等、発見できれば絶対に有利になる要素である為、CVC以外では自力で見つけた者以外が知る方法がない。 中継の入ったコロッセオの画面で暴露する行為などは通常のマスターは絶対にしない。 事実、強い情報力を持ち情報屋を本業とするゲンスルー達でさえ、第二段階の情報は知らなかった(使われて負けた=記憶が消されたという想定も本人はしている)。 バトルはデウスが用意する空間内で行われ、スキルカード等の補充はデウスと秘書カードを介して行われる。 外部から遮断され、外部からは干渉されない。 その代わり、戦闘中はマスターが領土を空けることになってしまう。 なお、デウスの外、つまり現実においての襲撃も可能である。 現実で戦闘を行って相手のブックを割った場合、『相手のカード全て』、さらに同ランク同士であれば『全ての領土』をまとめて獲得できる。 ただし、相手の記憶を奪うことはできない。 ブックを失った相手をさらに攻撃して「殺害」することも可能。 Bランク 国 以上の戦闘、つまり「戦争」は、デウスではなく地上で行われる。 主な地域 ヒナト国(B) やる夫の居住国であり、CVCの拠点となる国。 首都はコノエ。 下記の図の八つの地域から構成される。 Y゙-ー、. ,_,. 政治体制としては、現神(あらがみ)と呼ばれる一族による世襲制。 CvC含めカードのシステムは「運」による平等を旨として作られているため、外部から見ると珍しい体系。 国民に慕われていたという理由から女神が現れてからも人間を「現神」として統治者(Bランクマスター)に据え続けている。 (レイジ曰くそのおかげで世界有数の経済大国になれたとのこと) Cランクの大半を現神関係者が占めており、Cに上がるための重要拠点等も抑えられている。 女神が来る前は位置的にどうでもいい島であり、外からは放置されていたが、女神が来て優秀な航海技術が一気にもたらされた時、海洋貿易的に一気に重要な地点に化けた。 その結果、幾度かの侵攻を受け、ブリタニアに占領されていた時期もあったものの現在では自治を取り戻し、現神の統治の元、世界と渡り合っている。 海洋国家だが、高水準の技術力を誇り、世界に名だたるメーカー(トヨ夕、天任堂等)が多数存在し、またシルヴァメタルを始めとする各種鉱石資源が算出される為、世界有数の経済大国の一つになっている。 ただしやる夫曰く一般国民の生活水準は低いようである。 コノエ地方(C) 首都コウトを抱える地方。 、 〈,,.. 、 } ,,.. ヽ ゙l. \ コ! / ,/. ,ミ゛ イ. 、`t,,、 l. l ゙'-/'' '". `'--、, /! く ゙l.. 歴史的建造物が数多く存在する。 首都である為、Eランクのレベルも他より高い。 天任堂というゲームの有名メーカーもここにあるらしい。 ここにも歴史的建造が数多く存在する。 鹿パークという有名な公園もあるようだ。 マスターはダージリン チューブ地方(C) マスターは言峰綺麗。 ヒナト崩壊後の名前は汚職腐敗国家ヒナト。 アチ州(D) やる夫が最初に拠点とした州。 世界でも有数の鉱石車メーカー、トヨ夕 ゆう の本拠地。 マスターは間桐慎二。 トヨタウン(E) トヨ夕 ゆう の本拠地。 やる夫もかつてここのマスターだった。 北領州(C) マスターは軍人である新城直江。 常に北の大国ルシアンの脅威にさらされている。 イーストホーク州(C) マスターは愚地独歩。 ど田舎である為、あまり儲けはない模様。 ヒナト崩壊後の名前は、神心幕府ヒナト カンドゥ州(C) マスターは軍人である鎖部左門。 トウキュ州(D) ゲンスルーが拠点にする州。 経済的に発展している模様 ウェイストランド州(C) マスターは江ノ島盾子。 崩壊後の名前は千年王国ミレニアム クルシュ州(C) マスターは左大臣。 世界の国々 二度の戦争を経て侵略戦争は禁止となっているため、Bランカー同士のCVCは行われていない。 その為、Bランクが現在のマスターの最高位となっている。 Bランク以上になるとBランカー同士が話し合う賢人会議が行われる。 ただし国力には差があるようで、ブリタニアは世界を支配出来るような力を持っている模様。 ヾ アジア共栄連. ヒナトに度々圧力を掛ける宗教国家。 【竜の騎士】【帝国のヴァルキュリア】【氷の女帝】【救国の聖女】等強力なカードを有する。 周辺各国に圧力を掛ける強大な国。 かつての大戦時にヒナトが侵略したことで恨みを持っているものが多いらしい。 自らの国を貧乏国、弱小国と揶揄するがパリストンがマスターになったことで急激に経済発展しているらしい。 会議でも現神を擁護する。 サトシの所属していた国。 密漁が大きな資金源になることから、派閥を組んで手を染める者が発生、サトシを含むマスター達が対抗していた。 多くの動物がおり、その生き物や食料品の輸出が主な産業。 パリストン曰く罪人が逃げ込んで作った国らしいが真偽は不明。 第7話でサトシ達による革命が成功でマスターはヌケドナルドに変わった。 ことあるごとに怪しい薬で貿易をしようとする。 現在内戦中。 50人の妻と31人の子供がいる AU(B) マスターは不明。 数年前に一人の少年がマスターになる。 エヴァやら空母やらを大量に抱えているらしい ブリタニア(B) マスターは不明。 かつてヒナト国を倒し、一時統治していた国。 バスケの発祥地らしい。 ウィンランド わたし 仮名 の出身国。 ヒナトでいう州扱いの地域なのか単にCVCがないだけか詳細は不明 その他情報.

次の