そこ まで 言っ て 委員 会 アシスタント。 長谷川 幸洋 Yukihiro Hasegawa

ぼやきくっくり

そこ まで 言っ て 委員 会 アシスタント

1953年千葉県生まれ。 慶応義塾大学経済学部卒。 ジョンズホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS で国際公共政策修士(MIPP)。 77年に中日新聞社に入社し東京本社(東京新聞)経済部、ブリュッセル支局長、論説副主幹などを経て2018年3月末に退社。 ジャーナリストとして活動中。 06〜09年に政府税制調査会委員、05〜08年に財政制度等審議会臨時委員、12〜13年に大阪市人事監察委員会部会長など。 07年から2015年に日本記者クラブ企画委員、13年~16年に規制改革会議委員、16〜19年規制改革推進会議委員など多数の公職を務める。 著書『日本国の正体 政治家・官僚・メディア---本当の権力者は誰か』 講談社 で09年の山本七平賞受賞。 趣味はスキー。 SAJスキー指導員の資格を持つ。 youtube. youtube. youtube. 〈主な出演者〉 MC:長谷川幸洋(ジャーナリスト) アシスタント:梅宮万紗子(女優) レギュラー・コメンテーター:高橋洋一(嘉悦大学教授、元内閣参事官) ゲスト・コメンテーター(毎回1人):左右問わず、その時の時局に合った政治、 経済、国際問題、マスコミなどの専門家を予定。 そのほか、政権中枢の責任者含め 与野党政治家も。 〈番組コンセプト〉 YouTubeの自由闊達さを活かし、出演者が既存のテレビ番組にない「ここだけしか 言えない話」を思う存分、語り合う。 「いつスタジオが爆発炎上してもおかしくない」 という緊張感とリラックス感が混在するトーク。 現状分析だけではなく、出演者には「これこれの条件でこうなれば、次に何が起きるか」を大胆に議論し、 先の展開を予測してもらう。 」(ビジネス社)2017年7月 「明日の日本を予測する技術 「権力者の絶対法則」を知ると未来が見える!

次の

安里会頭『たかじんのそこまで言って委員会』出演!! : 和を以て貴しとなす

そこ まで 言っ て 委員 会 アシスタント

たかじんのそこまで言って委員会ってほんと気持ち悪い番組ですね? なんかカルト宗教が主催してる番組みたいだ 補足確かに昔はもうちょっとましだったように思う あとやはり、もういないけど三宅、勝谷・・ 長谷川、須田、手嶋・・あたりの話は面白い しかし特に第二次安倍あたりから相当気持ち悪い 脚本や桜観客、映像の撮り方をつかって左翼系共産党系をコケにし陥れている。 フェアでない。 卑怯である。 明らかに視聴者を稚拙な手で洗脳しようとしている 戦時中の大本営の報道統制下のプロパガンダのようだ しかしそれは裏を返せば視聴者はどうせバカばっかりだろうと見くびっているということだ 読売というのは国民のことなど爪の先ほども考えていない 自分たちが盟主で権力者(と言ってもアメリカのパシリだがw)であることしか頭にない 質問者の見識の浅さに呆れてしまう。。 >気持ち悪い番組ですね? 気持ち悪い番組って、いったいどんな番組なんだ。 オツムの軽い女子高生がなんでもかんでも「すご~い」、「やば~い」でかたずけてしまう、あれと同じだな。 あまりのボキャブラリーの貧困に驚いてしまう。 >左翼系共産党系をコケにし陥れている。 常日頃から、質問者の言う思想を持ったパネラーに出演依頼している。 しかしながら論破できないのが怖いのかどうなのか、一向に出てこないのだ。 番組でもそれは何度も説明しているのに、そんなことも知らないのか? もしかしたらろくすっぽ、この番組を観ていないんじゃないか。 >戦時中の大本営の報道統制下のプロパガンダのようだ 大本営のプロパガンダって、プロパガンダの意味を間違えている。 大政翼賛会というのならまだわかる。 付け焼刃でいろんな文言を引っ張ってきても、オツムのレベルが問われるだけだぞ。。 啖呵を切ってカッコつけたのか、自己陶酔しているようだけど、突っ込みどころ満載で、はだかの王様もここまでくれば悲劇ですな。

次の

極右ヘイトスピーチ番組「そこまで委員会」の地上波放送は公共性の侵害。チーム櫻井よしこと「右翼」対「極右」の大討論会 暴論有理

そこ まで 言っ て 委員 会 アシスタント

関西で有名な右翼番組に「そこまで言って委員会」というのがある。 例の百田の問題で今は「たかじんの」のというタイトルを外してある。 一週で何十万円もさくらに払わなければならないそうで、外したそうだ。 まあ、そんなことはいいが、この番組は安倍しんぞーとかもたまに出演する、まともに本も読めないネトウヨ等のために、偏見と誤謬に満ちた政治思想と歴史観を臆面も無く解説し、放送してる番組だ。 ちょっと前に共産の小池議員が出ていたが、一人に対して司会者も加勢して10人で集中攻撃をしていた。 昔は三宅のはげおじさんとか、橋下とか出てたが、宮崎哲弥や津川雅彦も降板して、今や、左翼は愚か中道保守もほとんど、出演しなくなったチャンネルさくらなみの右翼番組だ。 ちなみに田嶋陽子はいまだに出演している最後の左翼準レギュラーだが、もう他にテレビに呼んでもらえないんだろ。 これは急速に劣化が進んでいる山口もえも同様。 で、8月9日の放送はひどかった。 レギュラー陣は偏向司会者である辛坊治郎に加えて、 金美齢 桂ざこば 加藤清隆 長谷川幸洋 竹田恒泰 山口もえ というオール右翼の面々。 で、驚くなかれ、ゲストにチーム櫻井とかいう桜井よしこ率いる花田紀凱 細川珠生 西岡力とか、日大のクレージー法学者 百地とかだった。 論争テーマは、改憲、修身の復活、70年談話等だったが、話は右翼的見解か極右的見解かで、例の日本自賛の他国中傷のばか騒ぎをしている。 要するに今や、右翼対左翼はおろか、右翼のレギュラー陣に対して,極右のゲストたちを対峙させているのだ。 欧米のマスコミが知ったら、読売テレビと言う大メディアがこんな極右番組を常識といわんばかりに毎週放映していることに驚くだろう。 北朝鮮の左翼偏向番組と五十歩百歩だ。 あるいは統制派対皇道派か。 まあ、長くなったが言いたいことはこの「言って委員会」の危険性と今や、右翼論壇の雄(女王?雌か?)となった櫻井よしこの危険性だ。 ちなみに真性ファシスト曾野綾子は差別発言連発で最早世間に実態がばれたが、櫻井よしこはいまだ、今日の出来事の美人キャスターのイメージで国民に大きな影響力を持っているだけ危険だ。 地上波でもし、共産党やナチスの専門番組がレギュラーでやっていたらどうする?これは言論の自由なんて問題じゃなくて、社会に対する脅威だ。 なにしろ、ほとんどの出演者が改憲を歌い上げているのだから。 これは地上波でポルノ放送をやっているような公共性の侵害だ。 さらに「言って委員会」はヘイトスピーチと殆ど同じことを言ってる上に特定スポンサー無しで読売が赤字覚悟で放送している偏向プロパガンダ番組だ。 それから、先進国の基準ぢゃ完全に人種差別ファシスト思想の持ち主である櫻井よしこなんかも地上波にどうどうと出演させることなど考えられない。 知る大切さ : : やあ、おはよう中チン メチャ早いね。 新宿デモだったかな?アホ総理応援してたし、戦争法案に賛成してたよね。 でも今大きなウネリは アベはやめろ! 戦争法案絶対反対! だよね。 中チンには見えないみたいだけどネ。 中チンはメガネの度が合ってないから、一度眼科にいったがいいよ。 万が一 目に異常が無かったら、脳神経科に行くべきだネ。

次の