夢小説 kz。 小説詳細検索|SS投稿館

透き通るような少年たちの御伽噺

夢小説 kz

は、ビジネス・マンガ制作事務所です。 平家が滅亡し鎌倉幕府成立、奈良東大寺大仏再建の黄金を求め西行が東北平泉へ。 は、ビジネス・マンガ制作事務所です。 デザイン業務、印刷。 ウエッブ業務は他の会社と提携し制作させていただきます。 pinterest. pinterest. 平家が滅亡し鎌倉幕府成立、奈良東大寺大仏再建の黄金を求め西行が東北平泉へ。 syosetu. 沙織には過酷な運命が待っていた。 彼女は人類を新たな旅へ導く。 syosetu. 太平洋戦争の日本敗戦により、日本はアメリカ軍とソビエト軍に、分割占領。 生き残った少年少女はどう生きるのか。 syosetu. 彼女は何者であったのか? 私は地球人でなく観察者として地球の長い歴史に関与したことをしる。 syosetu. 日本・東京島「徳川公国」のロボット侍、 早乙女主水が 日本制服をたくらむゲルマン帝国ロセンデールの野望を挫く戦いの記録。 syosetu. syosetu. syosetu. それは新地球の解放者、世界樹の出現する。 予兆である。 syosetu. syosetu. 彼は生命形を変え自分から精強なる生物兵器に変貌、 地球を再生し敵へ復讐を硬く誓う。 syosetu. みづから発する言葉で、人類を次の高みへと進化させようとする。 syosetu. 連邦軍「サイボーグ公社」に属するロードランナー,ヘルム。 マコトは超能力者。 2人は月で人類外の野望を砕く、新世界の人類の出現が始まる。 syosetu. これは現実か夢なのか「もちろん、あの人は私の夢の一部分よ。 syosetu. 敵ROW」は、生命体ミサイルを発射。 意思を持つ「生物体機雷」が人類戦士として。 敵とであった彼はいかに。 syosetu. まったく奴らミレニアム信徒はひきも切らさず、この星へやってくるのだ。 syosetu. 死が至福の時をあたえるというのだ。 yamada-kikaku. まったく奴らはひきも切らさず、この星へやってくるのだ。 一体、何のためにこんな辺境の星へやってくるのだ。 奴らの信仰が、彼らを狂わせているに違いない。 狂気が奴らをこ の星へ引き寄せているのだ。 ミレミアムミリアム信仰。 世界が、この宇宙がもうすぐ滅ぶという信仰が、 総てが消え去る時に、聖地にいたいという願望。 それがこの星の人 口を急激に増加させていた。 もう星の収容能力をオーバーしている。 正規ルート以外に密航してくる奴らを連邦軍は追い払らわなくては ならない。 モれがビット大佐遠の役目であった。 周辺航路を周遊し、見張り つづけなければならない。 最近、富に密航船が増え続けている。 しかたなく、ビット大佐たちは船を破壊しなければならないこともある。 しかし、彼らを殺すこと。 それはミレミアム信徒の奴らに至撮を与 える事になるのだ。 殺しても、奴らはやってくるのだ。 連邦軍本部、セクター星に応援を何度も頼んだのだが、 援軍が送られてくる様子はなかった。 考えにふけっているビット大佐をレーダ手ハーラン伍長の声が現実に 戻した。 「飛行物体を発見しました。 右17度の方向です。 大きさはクルーザ ー級。 連邦軍の船ではないようです」 「また、来たのか。 警告だ」 グルドがなぜ、その星に降りようという気になったのか自分でも ぼっきりわからなかった。 すぼらしい星だった。 はるか昔は繁栄 を誇ったのだろうか。 グルドの船は降下を続けていた。 モニターに は大都市の姿は映ってこない。 地面の上でキラリと光るものがある。 急に通信機が声をあげた。 「こちらは、連邦軍だ。 何者か」 「グルド=グアン、アルド星の宇宙商人です」 「宇宙商人だと.この星は輸出物資もなければ、商品を買うだけの 金持ちも存在しない」 「ほんの気ばらしのつもりで着陸を」 「気ばらしだと、お前、ミレミアム信徒ではないのか」 「いえ、そんな者ではありません」 「そうか。 この星はすでに収容能力を超えていが。 残念だが、退去 してほしい。 警告を受けいれない場合は、残念だが、君の船を攻撃 する」 グルドはミレミアム信徒という言葉が気になっていた。 「どうしても着陸したいのだ」 グルドは語勢強く言い、ある暗号コードを連邦軍の船に対して送 り出していた。 連邦軍の船はそれを受け取り、混乱したようだった。 しばらくの 沈黙の後、やがて、ビット大佐の声がグルドに届いた。 「失礼いたしました。 空港は一つだけです。 誘導波を送りますから、 それに従って下さい」暗号コードの効果だ。 空港は色々な星から辿り着いたと見える種々の形状を持つ老朽船 で一杯だった。 町並の方だろうか、星にはふさわしくない銀色に輝く巨大な塔が 望見できた。 「一体、この船の群は」 「ミレミアム信徒の船なのです。 この星で消滅の時を迎えようとやっ てきた奴らの船です」 「詳しい事は連邦軍駐屯地で聞こう」 「失礼ですが、IDカードを示していただけますか」 グルドはIDカードをビッド大佐の前にさし示した。 「わかりました。 視政官、どうぞこのエア・カーにお乘り下さい」 グルド、セクター宇宙連邦軍視政官はうなづいた。 空港から町へ出た。 .大きな建物はない。 道路に人があふれ、建物に群れている。 ただ祈りをくりかえしている。 小さな子供が道路の真中で祈っている。 クラクジョンを鳴らしても動こうとしない。 ブレーキをかける。 し かしそれより先に、 子供は逆にエア・カーにぶつかってきた。 ヽにぶい音がした。 グルドはうなる。 「自殺か、あんな子供が」 「それより、あの子供がどうなったか、窓から見て下さい」 道路には子供の死体がない。 光り輝く灰が残っている。 今の光景を見ていた人々は、歓声をあげてエア・カーの方へ押し 寄せてくる。 祈りを唱えながら、灰をすくいあげようとする。 エア・カーの廻 りに人垣ができていた。 「どういうことなのだ」 「消滅現象です。 ここではよくおこる出来事なのです」 群集はあとから後から押し寄せてくる。 人々は宗教恍惚状態で ある。 「エア・カーの出力をあげ、説出しろ グルドは叫んが。 エアで灰は飛び散る。 人々は少しでも灰を拾おうと狂乱した。 「いつこうなのか」 グルドは今、見た光景を信じられないという面持ちがった。 ビット大佐は静かな声で言った。 「そうです。 毎日、おこっているのです。 yamada-kikaku.

次の

KZ’ Deep File 断層の森で見る夢は(最新刊)

夢小説 kz

は、ビジネス・マンガ制作事務所です。 平家が滅亡し鎌倉幕府成立、奈良東大寺大仏再建の黄金を求め西行が東北平泉へ。 は、ビジネス・マンガ制作事務所です。 デザイン業務、印刷。 ウエッブ業務は他の会社と提携し制作させていただきます。 pinterest. pinterest. 平家が滅亡し鎌倉幕府成立、奈良東大寺大仏再建の黄金を求め西行が東北平泉へ。 syosetu. 沙織には過酷な運命が待っていた。 彼女は人類を新たな旅へ導く。 syosetu. 太平洋戦争の日本敗戦により、日本はアメリカ軍とソビエト軍に、分割占領。 生き残った少年少女はどう生きるのか。 syosetu. 彼女は何者であったのか? 私は地球人でなく観察者として地球の長い歴史に関与したことをしる。 syosetu. 日本・東京島「徳川公国」のロボット侍、 早乙女主水が 日本制服をたくらむゲルマン帝国ロセンデールの野望を挫く戦いの記録。 syosetu. syosetu. syosetu. それは新地球の解放者、世界樹の出現する。 予兆である。 syosetu. syosetu. 彼は生命形を変え自分から精強なる生物兵器に変貌、 地球を再生し敵へ復讐を硬く誓う。 syosetu. みづから発する言葉で、人類を次の高みへと進化させようとする。 syosetu. 連邦軍「サイボーグ公社」に属するロードランナー,ヘルム。 マコトは超能力者。 2人は月で人類外の野望を砕く、新世界の人類の出現が始まる。 syosetu. これは現実か夢なのか「もちろん、あの人は私の夢の一部分よ。 syosetu. 敵ROW」は、生命体ミサイルを発射。 意思を持つ「生物体機雷」が人類戦士として。 敵とであった彼はいかに。 syosetu. まったく奴らミレニアム信徒はひきも切らさず、この星へやってくるのだ。 syosetu. 死が至福の時をあたえるというのだ。 yamada-kikaku. まったく奴らはひきも切らさず、この星へやってくるのだ。 一体、何のためにこんな辺境の星へやってくるのだ。 奴らの信仰が、彼らを狂わせているに違いない。 狂気が奴らをこ の星へ引き寄せているのだ。 ミレミアムミリアム信仰。 世界が、この宇宙がもうすぐ滅ぶという信仰が、 総てが消え去る時に、聖地にいたいという願望。 それがこの星の人 口を急激に増加させていた。 もう星の収容能力をオーバーしている。 正規ルート以外に密航してくる奴らを連邦軍は追い払らわなくては ならない。 モれがビット大佐遠の役目であった。 周辺航路を周遊し、見張り つづけなければならない。 最近、富に密航船が増え続けている。 しかたなく、ビット大佐たちは船を破壊しなければならないこともある。 しかし、彼らを殺すこと。 それはミレミアム信徒の奴らに至撮を与 える事になるのだ。 殺しても、奴らはやってくるのだ。 連邦軍本部、セクター星に応援を何度も頼んだのだが、 援軍が送られてくる様子はなかった。 考えにふけっているビット大佐をレーダ手ハーラン伍長の声が現実に 戻した。 「飛行物体を発見しました。 右17度の方向です。 大きさはクルーザ ー級。 連邦軍の船ではないようです」 「また、来たのか。 警告だ」 グルドがなぜ、その星に降りようという気になったのか自分でも ぼっきりわからなかった。 すぼらしい星だった。 はるか昔は繁栄 を誇ったのだろうか。 グルドの船は降下を続けていた。 モニターに は大都市の姿は映ってこない。 地面の上でキラリと光るものがある。 急に通信機が声をあげた。 「こちらは、連邦軍だ。 何者か」 「グルド=グアン、アルド星の宇宙商人です」 「宇宙商人だと.この星は輸出物資もなければ、商品を買うだけの 金持ちも存在しない」 「ほんの気ばらしのつもりで着陸を」 「気ばらしだと、お前、ミレミアム信徒ではないのか」 「いえ、そんな者ではありません」 「そうか。 この星はすでに収容能力を超えていが。 残念だが、退去 してほしい。 警告を受けいれない場合は、残念だが、君の船を攻撃 する」 グルドはミレミアム信徒という言葉が気になっていた。 「どうしても着陸したいのだ」 グルドは語勢強く言い、ある暗号コードを連邦軍の船に対して送 り出していた。 連邦軍の船はそれを受け取り、混乱したようだった。 しばらくの 沈黙の後、やがて、ビット大佐の声がグルドに届いた。 「失礼いたしました。 空港は一つだけです。 誘導波を送りますから、 それに従って下さい」暗号コードの効果だ。 空港は色々な星から辿り着いたと見える種々の形状を持つ老朽船 で一杯だった。 町並の方だろうか、星にはふさわしくない銀色に輝く巨大な塔が 望見できた。 「一体、この船の群は」 「ミレミアム信徒の船なのです。 この星で消滅の時を迎えようとやっ てきた奴らの船です」 「詳しい事は連邦軍駐屯地で聞こう」 「失礼ですが、IDカードを示していただけますか」 グルドはIDカードをビッド大佐の前にさし示した。 「わかりました。 視政官、どうぞこのエア・カーにお乘り下さい」 グルド、セクター宇宙連邦軍視政官はうなづいた。 空港から町へ出た。 .大きな建物はない。 道路に人があふれ、建物に群れている。 ただ祈りをくりかえしている。 小さな子供が道路の真中で祈っている。 クラクジョンを鳴らしても動こうとしない。 ブレーキをかける。 し かしそれより先に、 子供は逆にエア・カーにぶつかってきた。 ヽにぶい音がした。 グルドはうなる。 「自殺か、あんな子供が」 「それより、あの子供がどうなったか、窓から見て下さい」 道路には子供の死体がない。 光り輝く灰が残っている。 今の光景を見ていた人々は、歓声をあげてエア・カーの方へ押し 寄せてくる。 祈りを唱えながら、灰をすくいあげようとする。 エア・カーの廻 りに人垣ができていた。 「どういうことなのだ」 「消滅現象です。 ここではよくおこる出来事なのです」 群集はあとから後から押し寄せてくる。 人々は宗教恍惚状態で ある。 「エア・カーの出力をあげ、説出しろ グルドは叫んが。 エアで灰は飛び散る。 人々は少しでも灰を拾おうと狂乱した。 「いつこうなのか」 グルドは今、見た光景を信じられないという面持ちがった。 ビット大佐は静かな声で言った。 「そうです。 毎日、おこっているのです。 yamada-kikaku.

次の

小説詳細検索|SS投稿館

夢小説 kz

どこまでも幻想的で透明感溢れる文体 本作は非常に文章が特徴的である。 薬草と蜂蜜の味がするドロップ、象牙色の洋紙、海底の鉱石のような色を湛えた丸天蓋など、現実感のない、幻想的でどこか可愛らしい表現が文中に多く登場する。 主な登場人物の名前も銅貨に水蓮とこれまた幻想的で、紙面に映る文章のすべてが、本作の透明感に満ちた御伽噺のような世界観を壊すことなく存在させている。 よって本を開き目を通している間、ずっとこの本幻想的な世界に浸っていられる。 それは物語を楽しむ上でとても重要なことだ。 少年の造形美 本作は、登場人物である少年たちの描写が非常に繊細かつ美しい。 タイトルにもなっている三日月少年はまさしく『完成された美少年』であるといえる。 薔薇色の頬と黒曜石の瞳に、髪は小麦色。 唇は紅く、貴族風の服から丸い膝が覗いている。 この描写だけでもう、彼が絶世の美少年であることを想起することは容易である。 彼が人形だという設定もまた、彼が『完成された』存在であることを裏付けていると思う。 自然と容姿や性格が形成される人間と違って、理想をもとに一から創られる人形。 彼が『美少年像』として想像されるものと寸分違わぬ存在であることが、人形という設定によってさらに強く実感させられる。 大して主人公の銅貨には前述したような繊細な容姿の描写はない。 彼は少年の純朴さを現した存在であり、完成的な美はむしろ彼を形成する上で必要とされていないのだ。 本作はこの銅貨の目線で物語が語られるのだが、その見える景色や人々の言動の受け取り方がとても素直で、小説として非常に読みやすく、本作の可愛らしい御伽噺のような世界観にとてもマッチしている。 感情豊かで文章からもコロコロと表情が変わっている様子が想像できる銅貨は、冷たささ覚えるほど完璧に洗練された自動人形・三日月少年とは対照的である。 また、銅貨は作中でぬいぐるみを持ち運ぶ描写があったり、頭脳面において友人より劣っていたりするといった、幼さや未成熟さを強調する描写がある。 それもまた、超然とした三日月少年とは対照的であると言えるだろう。 そのどちらにも優劣はなく、どちらも魅力的なものとして描かれているのは好印象だ。 そして銅貨の親友の少年、水蓮。 細身で色白と描写される彼は、その華奢な容姿とは裏腹に活発で奔放な少年だ。 上述した二人はいわゆる『人の良いところだけを抽出した存在』のように思われるが、水蓮は違う。 悪戯好きで口が悪く、子供らしからぬ穿った物の見方もする。 だが、本作においてはそれさえもとても耽美なもののように描かれている。 容姿や動作は少年としてとても洗練されていて、子供故の残酷さや無鉄砲さが、不自然なく洗練的な雰囲気と溶け合っている。 一般的な考え方をすればいわゆる『悪ガキ』に分類されるであろう彼がこれだけ繊細な美を内包しているのは、本作において『少年』という存在そのものがとても美しいものであるからだろう。 そもそも一番少年らしいというか、『男の子らしい』魅力を持っているのは水蓮だと思う。 三日月少年のそれは『象徴的な美少年らしさ』であり、銅貨のそれは男の子らしさというよりは『子供らしさ』だ。 『美少年』と聞けばおそらく多くの人が『繊細で中性的な容姿』を想像するであろう。 だが、『少年』という単語からは、真っ先に中性的な容姿を連想することはないはずだ。 ならば『少年という存在として』最も美しいのは水蓮なのではないかと、私は思う。 優しさや気品とった魅力が女性性に分類されるものであるのに対し、活発さや粗暴さは男性性に分類されるものだ。 三日月少年と銅貨の魅力は前者に、水連の魅力は後者に該当するものだと思う。 子供心が紡ぐ御伽噺 好奇心に駆られた少年たちが冒険の末に見たのは、飛行船に乗ってどこかへ飛んでゆく自動人形たち。 その行き先も自動人形・三日月少年の正体も明かされず、水蓮は彼らは月へ帰ったという。 三日月少年たちについて、あえてはっきとりした解答が書き記されていないのも、本作の世界観を形成するのに一役買っていると思う。 これは御伽噺、メルヘンなのだ。 真実を突き止めるよりも、楽しくて夢のある結末であることのほうが重要なのであり、科学的、あるいは現実的に船の行く先や自動人形の正体解き明かす方が野暮というものなのである。 そしてこの結末こそが、子供の純粋さというものを表現していると思う。 この結末が大人目線で描かれたものであったなら、謎を謎として残すことを消化不良なものとして描かれていたかもしれない。 そうなれば読後感は心地の良いものではないだろうし、その瞬間にこの物語は『御伽噺』ではなくなってしまう。 未知が未知のままであるというロマンに、それを信じられる子供の純粋な心。 心踊る冒険に、友達との友情。 彼らを取り巻く謎も、景色も、鉱石や食べ物も、常に煌びやかに輝いていた。 この物語がこんなにもキラキラとしているのは、子供の純粋な目で見た世界はそれだけ輝いているということなのかもしれない。

次の