エキサイトフレンズ 評判。 エキサイトフレンズで・・・

エキサイトフレンズは出会えるのか?評判や料金について

エキサイトフレンズ 評判

出会い系サイトとして使う場合、エキサイトフレンズに向いている人は上記の通りです。 この条件のうちひとつでも当てはまる方は、エキサイトフレンズの利用を検討してみても良いと思います。 まずエキサイトフレンズは老舗サイトなので、開設当初から使い続けている方も多いため30代~40代の利用者が多い傾向があります。 逆に10代~20代のユーザーは極端に少ないため、若い人と出会いたいという方には向いていないかもしれません。 年齢さえ合致すれば、同じ趣味を持つユーザーと出会いやすいシステムになっているので効率は良いでしょう。 また、エキサイトフレンズの一番のメリットとも言えるのが「料金の安さ」です。 基本利用&アカウント登録は無料で出来ますし、ほとんど全ての機能が使えるようになる「スタンダードコース」ですら月額600円(税別)で利用可能です。 他社の出会い系サイトと比べても、ここまで安く利用できるサイトはそう多くありません。 エキサイトフレンズは、1999年に「友達探しコミュニティ」として開設されたサイトです。 これまでの累計登録者数は493万人を超えており、国内でも最大級のコミュニティサイトとして親しまれています。 「友達探しコミュニティ」という肩書きの通り、エキサイトフレンズはSNSと似た使い方をすることが可能です。 異性との出会いを求める方ばかりが使っているわけではなく、同じ趣味を持つ人や共通の話題で盛り上がりたい方に人気です。 しかし18歳未満の利用が禁止されているということもあり、出会い系サイトとしてエキサイトフレンズを利用する方も多いというのも事実。 一般的な出会い系サイトに比べると料金が安いことや、悪質な業者が少ないことなど、エキサイトフレンズを出会い系サイトとして使うことのメリットは少なくないと言えるでしょう。 長年親しまれてきた老舗サイトだけあって、エキサイトフレンズユーザーの年齢層はやや高めです。 男女ともに40代のユーザーが最も多く、次に多いのが30代のユーザーとなっています。 その割合は、30代~40代だけでユーザー全体の70%以上を占めているほど… 10代~20代と出会えるチャンスは少ないものの、30代以上の「大人同士の出会い」を求めている方には有利なサイトだといえるでしょう。 また、エキサイトフレンズはユーザーの 男女比がほぼ5:5になっているというのも魅力です。 多くの出会い系サイトでは男性ユーザーの比率が高くなってしまうものですが、エキサイトフレンズは男女比が均一に保たれている稀有なサイトなのです。 エキサイトフレンズは出会い系というよりも「趣味のサイト」というイメージが強いため、女性ユーザーが登録しやすいというのがその理由なのかもしれませんね。 ミニメコースについて 趣味の合う友達を探したいだけなら無料コースでも充分ですが、異性との出会いを求めるなら最低でも「ミニメコース」には加入しておくことをオススメします。 ミニメコースに加入しておけば「初対面の相手へのミニメの送信」が可能になるため、気になるユーザーに対して自分からアプローチをかけることができるようになります。 気になる異性からメールが来るのをひたすら待つ…というスタイルでは、いつになっても恋愛が進みませんよね。 ミニメコースの料金は、 月額300円(税別)となっています。 一般的な出会い系サイトだとメール1通送るのに50円~100円分のポイントがかかるのが普通ですが、エキサイトフレンズなら月額300円でメールが送り放題になるのです。 月に3~6通ほどメールをやり取りすれば元が取れてしまうレベルなので、本気で出会いを求めるなら加入しておいて損はないと思います。 「写真送信機能」や「既読回避機能」などの便利なシステムが使えるようになる他、「足あと閲覧無制限」「イイネ上限引き上げ」など、現状の機能をパワーアップさせる特典も多いです。 なかでも特筆すべきは「フォト広場見放題」の特典ですね。 無料コース・ミニメコースのユーザーは、他のユーザーの写真を見るために30G(30円相当)を消費する必要があります。 しかしスタンダードコースに加入していればフォト広場に掲示されている写真が見放題になるため、ポイントの消費を気にせずユーザー検索が行えるようになるのです。 非常に高機能なスタンダードコースですが、こちらも 月額料金は600円(税別)と、出会い系サイトの相場より遥かにお安くなっています。 フォト広場で20人分の写真をチェックするだけで元が取れてしまうので、エキサイトフレンズをしっかり使いたいならこちらのコースに加入するのがオススメです。 サークルのタイトルは、利用規約に反しない限り自由に決めることが可能です。 例えば「東京に住んでいる人あつまれ!」といった感じで近場に住んでいる人を集めても良いですし、「ボーリングが好きな人集合!」のように同じ趣味を持つ方を探すために使ってもOKです。 実際にサークルを検索してみると、「ただしゃべりたいだけサークル」だとか「仮想通貨に関して真剣に語り合う」などなど、エキサイトフレンズユーザーはかなり自由にサークルを作っていることがわかります。 エキサイトフレンズで異性と仲良くなるためには、このサークルのシステムを使いこなすのが効果的です。 女性によっては初対面の男性からいきなりメールが来ることに不信感を抱く方もいますので、まずは多数のユーザーが参加するサークルで打ち解けるところから始めてみましょう。 ある程度仲良くなったところでメールを送れば、返信がもらえる確率もグンとアップするはずです。 また、サークルによっては頻繁に「オフ会」を催しているところもあります。 複数のメンバーが集まるオフ会なら、「1対1で会うのは気が引ける…」と考える奥手な女性でも誘いやすいですね。 自分でサークルを作るのもいいですが、ある程度盛り上がっていてオフ会の頻度も高いサークルに参加するのが手っ取り早いケースもありますよ! イイネ機能 エキサイトフレンズのSNSっぽさを支える要素のひとつが「イイネ機能」です。 Twitterやfacebookなどと同じように、他のユーザーのアクションに対して「イイネ!」を贈ることができます。 「イイネ!」は、主に他ユーザーの自己PRやアバターなどに対して贈ります。 贈り方は一般的なSNSとほぼ同じで、相手の自己PRやアバターを参照すると表示される「イイネ!」のリンクをクリックするだけです。 SNSでも「イイネ!」を贈られるとついつい嬉しくなってしまうものですよね。 しかしエキサイトフレンズの場合、「イイネ!」はただ嬉しいだけでなく、贈られた側に3フレPが付与されるという実益を兼ねたアクションでもあるんです。 もらったフレPはアバターのアイテム交換に使えるので、気になる相手への「イイネ!」はちょっとしたプレゼントにもなっているのです。 ちなみに、ユーザーが1日に「イイネ!」できる回数はコースによって異なります。 無料コースの方は1日3回まで、ミニメコースの方は1日10回まで、スタンダードコースの方は1日20回までとなっていますので注意しましょう。 サークル掲示板非公開機能 通常のサークルは不特定多数の人間に見られている状態ですが、「サークル掲示板非公開機能」を使えば参加メンバー以外にそのサークルの内容を見られないようにすることができます。 この機能はスタンダードコースに加入している方だけが使えますが、オーナーさえスタンダードコースに加入していればサークル全体を非公開にすることができるので便利です。 サークルを非公開状態にしておけば、仲の良い人以外には聞かれたくない話も気兼ねなくできますよね。 通常のサークルだと「知り合いに見られるかもしれない」という恐怖から踏み込んだ話をしてくれない女性も、非公開サークルだとガードが緩みます。 出会い目的で使うのに効果的な機能ですが、気のおけない仲間との会話にも積極的に使っていきたい機能ですね。 また、この機能はオフ会を開くことが多いサークルにも人気です。 待ち合わせ場所やメンバーの本名など、実際に会う前に告知しておきたい情報を回すときは、サークル掲示板非公開機能を使って閲覧制限をかけておけば安心ですよね。 既読回避モード ちょっとした裏ワザとして、「既読回避モード」を知っておきましょう。 既読回避モードをオンにしておくと、相手から届いたメールに既読をつけることなく内容を確認することが可能になります。 なんとなく怪しげな人からのメール、正直関わりたくない相手からのメール、すぐに返事をするのが面倒なメールなどなど…出会い系サイトを使っていると、まともに相手をするのが億劫なメールが届くこともありますよね。 既読をつけて返信しないのも気が引けるし…ということで、面倒だけどわざわざ返信しているという方も少なくないと思います。 しかしあらかじめ「既読回避モード」を使っておけば、メールの内容を確認しても「読んでいない」と言い張ることができて便利です。 既読さえ付けなければ相手の怒りを買うこともありませんし、こちらも気兼ねなくメールをチェックできます。 また、この機能は「スタンダードコース」に加入している方だけが使えます。 無料コースやミニメコースのユーザーは「既読回避モード」の存在すら知らない方も多いので、この機能を使っていることがバレることはほとんど無いというのも便利な点です。 エキサイトフレンズは基本月額制ですが、一部システムの利用には独自のポイントを使うこともあります。 使えるポイントは2種類あって、それぞれ「フレG(ゴールド)」「フレP(ポイント)」と呼ばれています。 少しややこしいですが、フレGとフレPは使い道が全く違うのでよく確認しておきましょう。 まず「フレG」ですが、こちらは「写真閲覧」「性格診断」「アバターの購入」に使うポイントです。 スタンダード会員になっていれば写真閲覧は無制限となりますが、無料会員・ミニメ会員は1回の写真閲覧ごとに30フレGを消費します。 1フレGあたり1円で購入することができるので、フレGを使いたいときはエキサイトフレンズの公式サイトから購入してください。 そして「フレP」は、「アバターの購入」に使えるポイントとなっています。 アバターをオシャレにしておくと他のユーザーからの印象も良くなるので、面倒くさがらず小まめにアバターを購入しておきましょう。 フレPは他のユーザーから「イイネ!」されたときや、メールを送信したときなどに勝手に溜まっていくのでお金をかけて購入する必要はありません。 エキサイトフレンズは安全管理体制のしっかりしているサイトです。 サイト内を軽く巡回してみると「過激な下ネタを話しているユーザーが少ない」ことに気づくと思いますが、これはエキサイトフレンズの運営がしっかりと悪質ユーザーを監視しているおかげです。 まず、エキサイトフレンズの運営はユーザーの自己PRや名刺を必ず審査しています。 キーワードブロック機能によって公序良俗に反するワードは書き込めなくなっていますし、スタッフが目視確認を行ってから公開されるので隠語などもほとんど通用しません。 さらに利用規約違反だと判断された書き込みは削除されたのち、スタッフから該当ユーザーへの警告まで行われています。 また、他ユーザーから嫌がらせのメールが届いた場合にも運営スタッフがすぐに対応してくれます。 メールの表示画面には「管理者へ通報」のボタンがあり、それをクリックするだけで運営がすぐに調査に動いてくれます。 必要と判断されれば嫌がらせを行ったユーザーを強制退会させてくれるので、サイト内はいつでも平和に保たれています。 その他にも個人情報の漏洩防止に力を入れていたり、トラブルの内容を直接相談できるお問い合わせ窓口を用意するなど、エキサイトフレンズは安全面に配慮したサイトとなっています。 セキュリティ面にも何ら問題はありませんので、安全性やセキュリティ面でユーザーが心配することは何一つないと言ってよいでしょう。 最も有名なところでいえば、日本では老舗検索サイトとして知られる「Excite」の運営を行っている企業ですね。 また、「エキサイトブログ」「エキサイトニュース」「エキサイトメール」などのサービスを行っていることでも知られています。 上記のサービスのうち、いくつかを実際に利用したことがあるというユーザーも多いのでは? インターネットを使ったサービスを幅広く手がけているエキサイト株式会社のうち、「コミュニティ」の分野として生まれたのがエキサイトフレンズなのです。 エキサイト株式会社は出会い系サイトを専門に運営している企業ではありませんが、インターネット関連の事業にはすこぶる強い企業なので安心して利用することができます。 エキサイトフレンズを使うときは、「露骨すぎる誘い方をしない」のが大切です。 女性ユーザーに対して「セックスしようよ」「俺と浮気しない?」のような誘い方をすると、一発で強制退会を喰らう可能性もあります。 なぜならエキサイトフレンズは、あくまで「友達づくりコミュニティ」だからです。 異性との出会いを目的とした「インターネット異性紹介事業」の届出を行っているサイトではないので、明らかに出会い目的だとバレると運営に警告を受けることもあります。 線引きが難しいところですが、ユーザー同士が友達として出会い、そこから恋愛に発展する…といった形なら何も問題はありません。 なので最初からガツガツ行くのではなく、複数のメンバーが参加するオフ会に行ったり、飲み会や食事会といったクリーンな形で会うことを目標にしてみましょう。 誘い方が露骨でなければ警告を受けることはありませんので、エキサイトフレンズでは焦らずのんびりと女性をエスコートしていきましょう。 エキサイトフレンズでは、全てのユーザーが安全に友達づくりを行うためのルールを設けています。 いくつか定められている「禁止事項」を破ったユーザーには警告が行われ、場合によっては強制退会などの処罰が下されることもあります。 ほとんどの規約は簡単に守れるものばかりですが、少し難しいのが「異性交際の相手を探すもしくは募集する行為」が禁止事項になっているという点です。 先ほどもご説明しましたが、エキサイトフレンズは厳密に言うと出会い系サイトではなく「コミュニティサイト」なので、露骨に恋人探しを行うことはできないのです。 ただし友達として知り合った相手と恋愛関係に発展するのは各々の自由…ということで、使い方次第では「グレーゾーン」になるという感じですね。 その他、エキサイトフレンズには以下のような禁止事項が設けられています。 うっかり禁止事項を犯して強制退会になってしまった…なんてドジを踏まないように、禁止事項はあらかじめチェックしておきましょう。 18歳未満の登録• 異性交際の相手を探すもしくは募集する行為• 不倫・援助交際・買春・売春・ナンパ等の勧誘行為• カテゴリの主旨にそぐわない内容の自己PRを書き込む行為• 氏名や住所などの個人情報を掲載する行為• URLまたはウェブサイトの名称およびそれらを特定し得る情報を掲載する行為• 第三者が運営するサービスへ誘導する行為• エキサイトフレンズで得た会員に関する情報等を無断で使用する行為• 未成年者の人格形成等に悪影響を与える行為• 他人に対して害悪を加える旨の情報等を掲載する行為• 他の会員または第三者になりすます行為• 犯罪行為をすることまたはこれを助長する情報等を掲載する行為• 第三者のプライバシーを侵害する行為• 誹謗中傷や脅迫などの迷惑行為• 人種や社会的身分などに対する差別行為• 他の会員への商品販売などの営利目的の行為• 虐待を肯定したり助長したりする行為• 暴力的な内容の動画やイラストを掲載する行為• ネズミ講やマルチ商法の勧誘• 公職選挙法に反する行為• 法令または公序良俗に反する行為• 本サービスの運営に支障をきたす行為• スパム投稿と判断される行為• その他、運営が不適切だと判断する行為 今回はエキサイトフレンズを出会い系サイトとして利用する方法をご紹介してきましたが… 正直に言うと、エキサイトフレンズは「可もなく不可もなく」といった感じのサイトですね。 「趣味の合う相手が探しやすい」「料金がズバ抜けて安い」などメリットも多いサイトですが、やはり「露骨な誘いは強制退会対象」という禁止事項がキツイです。 運営側が異性との出会いを推奨していない以上、その目をかいくぐって恋人を探すというのは、あまり効率的な方法とはいえません。 本気で出会いを求めるなら、エキサイトフレンズ以外のサイトを検討してみるのが賢明だと思います。 出会い系サイトとしてしっかり届出をしているサイトなら、もっと効率良く出会いを求めている女性を探すことができるでしょう。 PCMAXやイククルなど優良な出会い系サイトはいくつもありますが、「どのサイトが一番良いかわからない!」という方は当サイトの「優良出会い系サイトランキング」を参考にしてみてください。 各サイトの特徴やオススメ度合いを詳しく解説してありますので、きっとエキサイトフレンズよりも使い勝手の良いサイトが見つかるはずですよ!.

次の

エキサイトフレンズ|会える熟女が多い「恋愛相談」へ

エキサイトフレンズ 評判

まーぼーです! マッチングサイトのエキサイトフレンズってご存知でしょうか? エキサイトフレンズは昔からあるmixiやfacebookなどSNSが流行る前からあった老舗のコミュニティサイトです。 最近「エキサイトフレンズってマッチングサイトらしいよ!」って聞いてあれ、そうなの?って思ったので出会えるのか調べてみました。 エキサイトフレンズって何? エキサイトフレンズは、エキサイト株式会社が1999年に立ち上げました。 現在、会員は490万人以上もいます。 これは大手の安心感やしっかりした管理体制が長年に渡って支持されているからです。 エキサイトフレンズでは、出会い系・マッチングアプリサイトと違って、共通の趣味などを介した友達を作ることができます。 最初からお友達を前提としているので、気軽に誰とでもコンタクトしやすいといったメリットがあります。 エキサイトフレンズはマッチングサイト? エキサイトフレンズは、趣味友を探すためのコミュニティサイトです。 しかし、ピンポイントで年齢や地域を設定して相手を探すことは可能です。 但し、仲良くなってもすぐに1対1でデートできる感じではありません。 仲良くなっても、仲間と大人数でオフ会をするなど親睦を深めて徐々にといった感じです。 また、相手が出会いを求めていないケースもあるため、出会いに発展するまでにどうしても時間がかかる傾向があります。 また、遊び感覚で相性診断をすることができますので、相性診断の結果を相手に伝えてアピールするといったことはできると思います。 エキサイトフレンズの使い方 会員登録が済んだら、「名刺」と呼ばれているプロフィールを作成します。 プロフィールでアバターを作ると、コミュニケーションしやすくなります。 次に、自己PRを入力します。 自己PRを入力しないと、検索してもらうことができませんので、面倒でもしっかり入力しましょう。 そうしたら、自分の趣味や年齢に合った人を検索し、気になった相手が見つかったらミニメールでメッセージを送ります。 エキサイトフレンズの料金 エキサイトフレンズは、無料で利用することができます。 但し、無料だと有料のように写メを送信しあり、やり取りをしていない相手にメッセージを送るなどを行うことができません。 有料会員は、月額300円のミニメコースと、月額600円のスタンダードコース、月額200円の相性診断コースがあります。 出会い目的の場合は、有料コースに加入しましょう。 マッチングサイトだと、月額2,500円くらいかかりますが、エキサイトフレンズならかなり安く利用できます。 エキサイトで出会えた?体験談 実際に使った人に聞いてみました。 エキサイトフレンズは、年齢が高いからアラフォーでも気軽に利用できると友人から聞き登録しました。 私は、落語を聞くのが好きなのですが、周囲に落語ファンがいないので、落語について語れる男性と出会いたいと以前から思っていました。 年齢層が高いだけあって、落語好きな男性が結構いておすすめの動画を教えてもらったりすることができました。 出会い目的ではないので、気兼ねなくやり取りができるのがいいと思いました。 私が、古典落語しか知らないと言ったら、最近の創作落語はこれが面白いと言って、一緒に寄席に行きませんかと50代のバツイチ会社員男性からデートに誘われても、あまり構えることなく「行きましょう!」ということになりました。 一緒に寄席で落語を聞いて、その後は自然に飲みに行って、色々な話をして楽しい時間を過ごすことができました。 まだ、相手の男性からは告白されていませんが、気付いたら週1ペースで会っている状態が1ヶ月以上続いています。 実は、他にも食べ歩きや、海外旅行などのサークルにも登録しています。 そこでは、男女含めた大人数で飲み会に行ったりすることがあり、色々な職種の方と知り合いになれました。 出会いだけでなく、人脈を広げたりすることもできるのはいいなと思います。 外で会わなくてもメールだけで趣味の話をする友達もできて、世界が広がりました。 マッチングアプリと違ってゆるい繋がりを作りやすそうですね!ガツガツ系より趣味とか興味あることからゆっくり仲良くなれるのがメリットです。 その代わり出会い・恋人探し前提の人ばかりではありません。 彼女・彼氏づくりならお互い出会い欲しいが前提のマッチングアプリの方が出会いやすいです。 マッチングアプリならOmiaiがいい出会いあってオススメです。

次の

エキサイトフレンズ|会える熟女が多い「恋愛相談」へ

エキサイトフレンズ 評判

昔から使っているユーザーが多い老舗なので年齢層は高め 1999年に運営が開始された老舗コミュニティーサイトです。 運営会社はエキサイト翻訳やエキサイトニュースでおなじみの株式会社エキサイトです。 無料から様々な機能が使えるということと、 累計会員数495万人で男女比はほぼ5:5とバランスがいいいので、気軽に楽しめます。 開設当初からの利用者が多いため、 20年たった今、 アクティブユーザーは40代〜50代が中心です。 他のサイトと比較して年齢層が高く、 10~ 20代の若い世代は男女共に少ないです。 とはいえ会員数が多くネームバリューもあるため、割合が少ないといっても 20代であればある程度の人数は登録しています。 エキサイトフレンズの利用料金は? エキサイトフレンズは登録・一部利用が無料ですが、自分からミニメ(メッセージ)を送信する場合などに料金が発生します。 料金ごとの機能の内容は以下の通りです。 メール以外にも様々なやりとり機能がある 自己PR検索やミニメのほかに、サークル、フォト広場、アバター、ゲーム、ちゃんねるなど様々な機能があります。 それぞれの機能について簡単に紹介しますね。 自己PR検索は他のアプリで言うところのプロフィール検索ですが、一風変わっていて年齢や職業のほかに趣味や悩み相談などからユーザーのプロフィールを検索できます。 フォト広場では自由に写真を掲載したり閲覧することができます。 サークルは興味を持ったグループに参加すると、グループメッセージをできる機能です。 サークル検索から地域やカテゴリで好きなサークルを探すことができ、自分でサークルを作ることも可能です。 ちゃんねるはブログ機能です。 コメントのやり取りやお気に入りへの登録ができます。 アバターはショップで服や背景などのアイテムを購入して着せ替えをしたり、広場やサークルでアバター好きのユーザーとやり取りすることができます。 ゲームはGMOメディアのゲームをインストール不要で基本無料で利用することができます。 ゲームは純粋に一人で遊ぶだけの機能ですが、そのほかの機能では他のユーザーとやり取りしながら仲を深めていくことができます。 その結果、大事な友達や相談相手ができたというユーザーが多いです。 サクラゼロや業者の排除、個人情報保護に力を入れている 自己PRや名刺の書き込みはコンピュータと人の目により審査をし、審査を通過した場合のみ公開されます。 他サイトへの誘導、金銭の要求などをする悪質ユーザーからミニメが届いた場合は ブロックや管理者への通報をすることができます。 通報した場合、すぐに管理者が事実確認をしたのちに警告を行い、必要があれば強制退会処分をしてくれます。 なお、エキサイトフレンズには サクラはいませんので安心して利用できます。 また、登録された個人情報は 個人情報保護に関する法令、主務官庁のガイドラインその他の規範(JISその他)に基づいて管理されていますので、 個人情報の漏洩は一切ありません。 ユーザーの口コミ 公式サイトの体験談から抜粋しました。 エキサイトフレンズを実際に使ってみた 40代~50代のユーザーが多いという口コミを見ていたので、正直なところ恋活目的ではあまり期待していませんでした。 自分の趣味の情報収集をするために、趣味友達が出来ればいいなという気持ちで積極的には活動せずに、登録したあとはしばしの間、放置していました …。 実際に使ってみると 20代〜 30代前半の男性ユーザーからのコンタクトはほぼありません。 いないことはないですが、 30歳後半以降が多いです。 ちなみに、もっとも多いのは 40代です。 50代、 60代の強者もいます。 また、マッチングアプリはプロフィールに自分の写真を載せることが多いですが、このサイトは自分で作るアバターが顔写真代わりとなります。 匿名性が高いですね。 30代半ばの男性とメル友になりました ここで私が知り合ったのは 35歳の営業マンの男性です。 会ってどうこうしたいというわけではなく、メッセージのみの会話を楽しみたいということで私にミニメを送ったとのことです。 そうはいっても最終的には会おうと言ってくるのではないかと思いながら返信していましたが、どうやら本当に純粋にメールのやりとりだけをしたかったようです。 メールのやり取りは仕事のことだったり、休日の過ごし方だったり、趣味の事だったり ……と他愛もない話をしていたのですが、 彼は ツッコミが絶妙で、話を聞き出すのも上手なので、会話が全然途切れないんです。 彼と話していると、自分も機転のきいたことを言おうとして、すごく会話が冴えて楽しいんです。 芸人のコンビのような感じのイメージです。 メールのやりとりだけというのがもったいなく感じられ、会ってみようかという気持ちも芽生えました。 ですが、彼と会うことは結局ありませんでした。 というのも、彼と盛り上がれたのは顔も知らず、どこの誰かわからないからこそ話せた内容がたくさんあったからです。 彼は今もリアルでは会わないよき相談相手になってくれています。 まとめ.

次の