メル ペイ ポイント の 使い方。 【メルペイ 】ポイントの使い方を徹底解説!【使い方・有効期限・取得方法】

メルペイとは?【登録方法~使い方まで徹底解説】メルペイスマート払いで後払いOK!

メル ペイ ポイント の 使い方

メルペイのコマーシャルを見るたびに「本当にお得なのかな?でも、登録とか面倒そう・・・」と疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。 今まではきゃりーちゃんやヒカキンさんがメインでしたが、ついに武田鉄矢さんまで登場して、メルカリ世代よりも上の世代の取り込みを始めたか!と感じずにはいられません。 正直なところメルペイはただの電子マネーではなく、できることがとても多いので、使いこなそうと思ったら仕組みを理解するまでは少し面倒に感じるかもしれません。 また、メルペイ専用アプリというものはなくメルカリとの連動になるので、メルカリアプリのインストールが必須になります。 でも、最初の設定さえ済ませてしまえば、 ・実店舗でのスマホ決済に使える! ・メルカリの売り上げをそのまま移行して、電子マネーとして使える! ・Suicaチャージもできる!(iPhoneのみ対応) ・今なら2,000円分のポイントを簡単にゲットできる! などの特典が多いんです。 もちろん政府が行なっているキャッシュレス・消費者還元事業の対象なので、最大5%のキャッシュバックを受けることもできます。 この記事では、そんなメルペイのメリット・デメリットや登録のやり方、使い方、銀行口座の登録方法、本人確認方法、チャージする方法、支払い方法、メルペイスマート払い(後払い)方法など徹底解説します。 まずはお試し感覚での登録でも全然OKです!もらったポイントでメルペイデビューしてみましょう!• メルペイとは? はフリマアプリで大人気のメルカリが提供しているスマホ決済サービスです。 メルペイを利用できるのは全国の飲食店、コンビニ、ドラッグストアなどの実店舗と、一部のインターネットショップなど。 これだけの機能なら他の電子マネーと同じなのですが、メルペイはメルカリの売上金を電子マネーとして使うことができるというのが非常に大きな特徴になります。 これまではメルカリの売り上げをメルカリ以外のところで使うには、自分の銀行口座に入金してもらう手間が必要だったのですが、メルペイに利用登録しておけば売上金をメルペイ残高にチャージすることができるので、口座に入金することなくコンビニなどでのお支払いに使えるんです! メルペイの特徴:メリットは? メルペイの特徴をメリット・デメリットに分けてご紹介します。 実際の使い方は別途詳しくご紹介しますので、ここでは「メルペイを使ったらこんなことができるんだなー」とざっくり把握するだけでOKです! メルカリの売上金、ポイントをメルペイでの支払いに使うことができる メルカリの売り上げは購入者から出品者に直接入金されるのではなく、メルカリが一時的に預かる仕組みになっています。 ユーザーが振り込み申請をすることで銀行口座に入金してもらえる流れとなっていました。 また振り込み申請をしても即時振り込みをしてもらえるわけではありませんし、10,000円以下の振り込みには210円の振り込み手数料がかかってしまうので、せっかく売り上げがあっても10,000円以下の振り込みには躊躇してしまう・・・というユーザーも多くいたんです。 メルペイの利用登録をすれば細かい売り上げも手数料無料でメルペイに移すことができるので、現金でチャージしなくてもメルペイを使うことができます。 メルカリアプリですぐにメルペイを利用できる メルペイはメルカリアプリと連動しているので、メルペイ専用アプリというものがありません。 メルカリを利用している人ならすぐに試してみることができますし、まだメルカリにチャレンジしていない人でも無料でメルカリアプリをダウンロードして利用登録するだけで利用開始できます! メルペイは「iD対応」のお店で使える! メルペイを電子マネーとしてお店で使うときは、「メルペイコード払い」というメルペイ独自の決済方法の他に、「電子マネーiD」としても使うことができるんです。 コンビニであればファミリーマート、セブンイレブン、ローソン、ミニストップなどで使えますし、LOFTやマツモトキヨシなどでもメルペイ決済ができます。 なお、メルペイは2019年2月に誕生したばかりのまだ新しいサービスなので、利用可能な店舗はこれからも続々と増えていくことになると思われます。 iDをプリペイド方式で使うことができる iDは、ポストペイ型と呼ばれている後払い方式になる電子マネーです。 そのため、基本的にiDを使うためにはクレジットカードが必要になります。 しかしメルペイをiDとして使う場合はメルカリの売り上げや銀行口座からチャージして使うことになります。 つまりiDをプリペイド方式で利用できることになるんです! 自動販売機などのポストペイ型の電子マネーが使えない決済方法では、iDも利用できなかったのですが、メルペイでチャージしておけばこういった場合でも使うことができるようになります。 後払い(メルペイスマート払い)が可能! これはメルペイの非常に大きな特徴でありメリットになります。 メルペイには「メルペイスマート払い」という機能があり、これを使えばお買い物をした金額を翌月払いの「後払い」で支払うことができるんです。 これにより口座振替やATMなどから翌月1日〜月末に支払いをすれば良いので、クレジットカードがなくても後払いができることになります。 もちろんメルカリの売り上げから後払いをすることもできますよ! 電子マネーの中には後払いで利用するものもありますが、こういったポストペイ型電子マネーは基本的にクレジットカードと紐づけて決済することになります。 メルペイならクレジットカードが持てない学生などでも後払いで決済が可能なので、とても便利に使えると思います。 ただし、お金の使いすぎにはくれぐれもご注意くださいね。 メルペイの特徴:デメリットもある? メルペイのデメリットとして考えられることも把握しておきましょう。 メルカリアプリのインストールが必須 メルペイを使うにはメルカリアプリのインストールが必要となります。 そもそもフリマアプリに興味がないという方にとっては不要なアプリなので、いちいちメルカリにアクセスしないといけないことがわずらわしく感じるかもしれません。 メルペイスマート払い(後払い)には手数料がかかります メルペイにはメルペイスマート払いという後払いシステムがあるとご紹介しましたが、後払いで支払いを行うと手数料がかかるケースがあります。 メルペイ残高以外の方法で精算をすると、ひと月分で300円の手数料がかかるんです。 そもそもクレジットカードなら2回払いまで手数料がかかりませんし、メルペイの後払いは分割払いになるわけではないので、300円のアップはもったいないように感じます。 メルペイスマート払いを利用するなら、支払い方法はメルペイ残高からにしておいたほうが手数料の節約になるということはぜひ覚えておいてください。 なお、手数料はメルペイスマート払いを何回利用しても1ヶ月300円になるので、1回よりも複数回使った方がお得になります。 メルペイはクレジットカードチャージができない! メルペイの決済方法としてクレジットカードを登録することはできません。 普段利用でクレジットカードのポイントが貯まらないことになるので、クレジットカードユーザーにとっては悲報になるのではないでしょうか。 ポイントやマイルをしっかり貯めたい場合は、クレジットカードや他の電子マネーとの併用が必須となりそうですね。 本人確認の負担が大きい これは私が個人的に「そこまで必要?」と感じた部分です。 メルペイでキャンペーンに参加したり、メルペイスマート払いを利用するには、最初に本人確認が必要になります。 1回だけ行えば良いのですが、本人確認方法は銀行口座の登録または運転免許証などを利用した本人確認に限定されています。 すでにメルカリに銀行口座を登録している場合もメルペイに口座登録が必要になるので、メルカリユーザーさんも銀行口座登録が必須となります。 この方法は口座を登録するだけで良いのでまだ簡単なのですが、運転免許証を使った本人確認では、メルカリアプリから運転免許証、在留カード、パスポートのいずれかと自分の顔を一緒に撮影して送信しないといけません。 自分の顔も一緒に撮影するの??と、ビックリしてしまいました・・・。 メルペイにはポイント還元サービスがない メルペイには基本的にポイント還元がありません。 キャンペーンを除けば、メルペイで決済をしてもポイントがたまっていくということがないので、クレジットカードポイントも貯まらない、メルペイのポイントもつかない決済方法ということになってしまいます。 メルペイの使い方1. 「登録の仕方」 ここからはメルペイに登録をして、実際に利用できる状態にしてみます。 メルカリアプリのインストール メルペイはメルカリのアプリから使うことになります。 メルカリアプリをまだダウンロードしていない場合は、まずそちらを行ってください。 画面の案内に従って銀行口座の登録などを行いましょう。 メルカリアプリの設定が済んでいる人は次に進みましょう。 手順1:メルカリアプリを開くと下の方に「メルペイ」の文字がありますのでタップしてください。 メルカリアプリの利用登録をするだけでメルペイもインストールされているのですが、この段階では一部の機能しか使えません。 この状態でもメルカリの売り上げでポイントを購入してメルカリ内でのお買い物に使うことはできるんです。 この場合は、売り上げ1円で1ポイント購入して、1ポイントを1円としてメルカリ内で利用するという形になります。 メルペイをメルカリの中でしか使わないとか、銀行口座を登録したくないという方ならこの使い方もアリですね。 ただ、銀行口座の登録をしないとコンビニなどで電子マネーとして使うことはできないので、メルペイを使いこなすためには銀行口座の登録(本人確認)が必須となるでしょう。 メルペイの使い方2. 「銀行口座の登録(本人確認)」 手順1:「銀行口座を登録」をタップします。 手順2:銀行が表示されるので、登録したい銀行口座を選択してください。 手順3:案内がありますので同意して先に進みます。 ここからはお使いの銀行によって案内が変わってきますので、画面の指示に従って登録を進めてください。 銀行サイトでの手続きが完了した画面です! これで本人確認もできたので、銀行口座からのチャージができるようになりました! メルペイの使い方3. 「メルペイ残高にチャージする方法」 メルペイの残高にチャージするには、銀行口座からチャージするか、メルカリの売り上げを流用するかの2択になります。 また「メルペイスマート払い」を使えばチャージせずに後払いでメルペイ払いを利用することも可能です。 ひとつずつ確認しておきましょう。 銀行口座からメルペイにチャージ 銀行口座からのチャージは先ほど登録した口座から行われます。 手順1:メルペイ画面で「チャージ(入金)」をタップします。 手順2:チャージしたい金額を入力・確認して、「チャージする」をタップします。 この例の場合は、三井住友銀行口座から3,000円がチャージされるということになります。 チャージできる金額は1日20万円までで1円単位で指定可能です。 メルカリの売上金でポイントを購入する 銀行口座の登録をしたくない場合や、メルペイの利用はメルカリの売り上げの中だけで利用するという場合は、銀行口座の登録ナシにメルペイを使うこともできます。 この場合は銀行口座の登録は不要ですが、運転免許証などを使った方法で本人確認を行う必要があります。 手順1:メルペイ内に「アプリでかんたん本人確認」というサービスがありますので、そちらから手続きを行います。 画面の案内に従って運転免許証などと自分の顔を一緒に撮影して送信します。 ちなみに、この登録が私が個人的に「ここまで必要なの?」と感じた部分になります・・・。 メルペイの機能をすべて使いこなすには、この「アプリでかんたん本人確認」または「銀行口座の登録」が必須ということになります。 銀行口座の登録をしなくてもメルカリの売上金をメルペイ残高にチャージできるところはメリットと言えるかも? メルカリの売上金をメルペイ残高にチャージする メルカリの売り上げを直接メルペイにチャージするだけなら、銀行口座の登録も本人確認も不要です! ただし、この方法は銀行口座を登録してしまうと利用できません。 「売上金でポイントを購入してメルペイ残高にチャージ」という方法でメルペイを活用したい場合は、銀行口座の登録は行わないようにしましょう。 メルカリの売り上げでポイントを購入したい場合は、メルペイトップ画面に「ポイント購入」と表示されるので、そちらから購入手続きを進めてください。 なお、銀行口座登録前にメルカリでの売り上げがある場合は、銀行口座に登録ができた時点で、その売り上げはメルペイ残高として自動的にチャージされます。 メルペイスマート払いで支払う(チャージ不要の後払い) メルペイスマート払いは「後払い機能」になります。 メルカリの支払い、実店舗でのiD払い、QRコード決済で使った代金を翌月に後払いで精算できる機能です。 クレジットカードがなくても後払いできるので便利なのですが、ちょっと気をつけたい注意点もあります。 メルペイスマート払いの注意点 ・18歳以下は利用不可 ・本人確認が済んでいないと利用できない ・メルペイ残高以外の方法で支払うと300円(ひと月あたり)の手数料がかかる ・メルカリの支払いならメルペイスマート払い設定不要で後払いができる! メルペイスマート払いを利用するには、メルペイにスマート払いの設定をしておかないといけません。 メルペイスマート払いの設定方法 手順1:スマート払いの設定画面に移動します。 「設定をはじめる」をタップします。 手順2:内容をよく読んで「上記の利用目的で申込む」をタップします。 手順3:スマート払いの上限金額を設定します。 手順4:これで一旦完了! 手順5:メルペイトップページに戻って、画面上部にある「支払い方法」を確認してみてください。 この画像の例では上限金額10,000円までスマート払いで支払いが可能ということになります。 メルペイ残高になっている状態で決済を行うと、スマート払いではなくメルペイ残高からの支払いで決済されることになります。 使い方に慣れるまでは、お店で決済をする前にどちらの支払い方法になっているか確認すると安心ですね。 メルペイスマート払いの設定をすると、メルカリでもスマート払いによる決済ができるようになりますよ。 決済方法を選択する欄でメルペイスマート払いも表示されますので、確認してみてくださいね。 なお、最初に設定した上限金額は後からいつでも変更可能です。 メルペイスマート払いの精算方法は? メルペイスマート払いは後払い機能になるので、利用したら翌月中に支払いをしなければいけません。 メルペイスマート払いの支払い方法は以下の3種類になります。 手順1:やることリストまたはメルペイトップページの「スマート払い」から、決済画面に入ります。 手順2:支払いをするコンビニまたはATMが選択できるので選択して「お客様番号を発行する」をタップします。 手順3:コンビニ払いならお店の端末(ファミリーマートならFamiポートなど)でレシートを発行できるので、発行してレジに持って行って精算します。 ATMなら画面の案内に従ってお客様番号などを入力します。 引き落とし日は毎月10日です。 9日までに残高を確認しておきましょう。 メルペイの使い方4. 「お店での決済方法」 ここまでで、メルペイの設定やチャージ、ポイントからの利用ができるようになったので、次はいよいよメルペイをお店で使って決済する流れになります。 メルペイを使った決済方法は、 ・iD決済 ・メルペイQRコード決済 の2つがあります。 メルペイが利用できるお店と決済方法はそれぞれ異なり、iDはiDマークのあるお店、メルペイQRコード決済はメルペイロゴのあるお店が対象店舗になります。 また、お使いのAndroid・iPhoneによっても変わってきます。 最初の1回だけ登録すればOKなので、ぜひやっておきましょう。 手順1:メルペイトップ画面の「売上金・ポイントをお店で使う」をタップします。 次の画面に「設定を始める(無料)」と表示されるのでタップします。 手順2:「1.電子マネーカードを作成しました!」と表示されるので、赤色の「次へ」をタップします。 おサイフケータイが入っているAndroidスマホであれば、このあと自動的におサイフケータイが起動してメルペイが登録されます。 おサイフケータイ画面にメルカリが表示されていることを確認してみてください。 スマホのロックを外す必要もなし、メルペイ画面を表示させておく必要もありません。 チャージさえしておけば(またはメルペイスマート払いによる後払い設定をしておけば)、その他の事前設定は不要なので、iD払いよりも簡単です。 手順1:レジで「メルペイで払います」と伝えると、店員さんから案内があるので「コード決済」または「読み取り」をタップします。 手順2: 店員さんの案内に従ってコードを読み取れば支払いが完了します。 「コード決済」または「読み取り」のどちらを利用するのかは、お店によって異なります。 店員さんが教えてくれるので、安心して使ってみてくださいね。 対応ショップであれば決済画面で支払い方法のところに「メルペイ」と表示されるので、案内に従って手続きを進めてください。 メルペイの超お得なクーポン・キャンペーン情報! メルペイでは定期的にお得なクーポンを配布しています。 メルペイトップ画面からすぐに確認できるので、見てみてくださいね。 メルペイスマート払いを始めるなら今! 2019年12月3日~2020年1月7日の期間で、最高2,000円分のポイントがもらえるキャンペーンも行っています! ポイントゲットの条件は、 1. メルペイスマート払いを設定すること 2. メルペイスマート払い登録分のポイントはすぐに付与されますので、登録後すぐに使うこともできますよ! 18歳以上が対象になりますが、たったこれだけで合計2,000円分のポイントがもらえるので、サクッとメルペイスマート払いを設定して、コンビニでコーヒーやグミでも購入してみてはいかがでしょうか。 これだけで2,000円ポイントゲットですよ! なお、上の項目でお伝えしたとおり、メルペイスマート払いを利用したら残高払いで返済をしないと300円の手数料がかかってしまいます。 せっかくのキャンペーンボーナスが300円分減ってしまうことになるので、支払いの際に間違えないようにしましょう! お友達紹介キャンペーンも続行中! コマーシャルでもよく見かけるのでご存知の方も多いと思いますが、お友達紹介の「すすメルペイキャンペーン」も続行中です! メルペイにお友達を紹介して、紹介を受けた人が登録(本人確認まで)をすませると、お友だちとあなたにそれぞれ1,000ポイントがもらえます。 どんどん紹介して、みんなで得をしましょう! メルペイQ&A メルペイの登録・チャージ・後払い(メルペイスマート払い)・お店での使い方など、基本的な機能がわかったところで、メルペイの活用方法やちょっとした不明点などをQ&Aで見ていきましょう。 メルペイにポイント還元は全くないの? メルペイにポイント還元制度は基本的にありません。 ただし、メルペイやメルカリのキャンペーンでポイントをもらえることはあります。 「すすメルペイキャンペーン」などもポイント還元となるキャンペーンなので、キャンペーン情報を定期的にチェックしていくと効率良く貯められると思います。 もらったポイントは何に使えるのかというと、1ポイント1円分として電子マネー感覚でメルペイの決済に使うことができます。 なお、キャンペーンポイントは有効期限が早いことが多いので、積極的に使っていきましょう。 メルペイの登録に審査はある? メルペイの登録に審査はありません。 ただし、後払いとなるメルペイスマート払いに関しては、無理のない上限額を設定するための審査が行われるようです。 審査といってもメルカリの利用履歴に基づいて上限金額を決めるためのものなので、クレジットカード審査のように信用情報機関に照会をかけて、その人の返済能力をシビアに判断するといったことまでは行われません。 しかし、メルカリの利用状況によっては「限度額が100円になって何も買えない!」という人もいます。 やはり過去の取引実績で審査されていると考えられるので、限度額を上げたいならメルカリとメルペイの実績を積むより他の方法はなさそうです。 もらったポイントは、メルカリでのお買い物やメルペイの支払いに使うことができますよ。 現金払いよりも断然お得なので、ぜひメルペイも使っていきましょうね! メルペイと180日間の売上金の振込申請制限について詳しく知りたい! これはメルカリの規約になるのですが、メルカリの売り上げは取得した日から180日以内に振り込み申請またはポイントの購入をしないといけません。 申請しないとどうなるかというと、登録している口座に自動的に入金されることになります。 それならそれで構わないという人もいると思いますが、万が一口座情報が間違っていた場合など、振り込み処理がうまくいかなかったら売上金が失効してしまうことになるんです。 以下はメルカリ公式の発表です。 口座情報が誤っているとお振込の処理が完了せず、売上金は失効してしまうため、正しい情報が登録されているか今一度ご確認ください。 せっかくの売上金が消えて無くなってしまった・・・なんてことになったら残念すぎますよね。 だけどメルペイに銀行口座を登録しておけば、この「180日間縛り」がなくなるんです。 売上金は自動的にメルペイ残高としてチャージされるので、そのままにしておいて180日以上たっても売り上げが移動することはありません。 メルカリヘビーユーザーも、たまにしか使わない人も、これまで以上にメルカリをもっと便利に使えるようになりますよ。 メルペイからSuicaにチャージできる? が使えるiPhoneならできます! メルカリをコツコツ利用していても売上金がなかなか10,000円を超えず、「これじゃいつまでたっても振り込み手数料が無料にならないよ・・・」と感じていた方も少なくないのですが、メルペイがあればメルカリの売上金を手数料無料でSuicaにチャージすることができるので少額でも無駄がありません。 メルペイ残高をSuicaにチャージするにはiPhoneにモバイルSuicaのアプリをダウンロードします。 手順3:金額を入力できるのでチャージしたい額を入力します。 手順4:詳細設定画面に戻り、先ほど入力した金額が表示されているはずなので確認して、「Apple Pay」の黒いボタンをタップします。 手順4:カード選択画面になるので「メルペイ電子マネー」カードを選択して、iPhoneで認証(Touch IDまたはFace ID認証)して支払いを確定します。 これでSuicaチャージ残高が増えているはずなので、確認してみてください。 メルペイにチャージした金額を返金してほしい! 振込申請をすることで、メルペイ残高を銀行口座に振り込んでもらうことができます。 方法はメルカリの売り上げを口座に振り込んでもらう「振込申請」と同じです。 銀行口座の登録が済んでいれば、最短で翌日に振り込んでもらうことができます。 手順1:メルペイトップ画面の「メルペイ設定」をタップします。 手順2:「振込申請して現金を受け取る」をタップします。 手順3:次の画面で銀行口座情報を入力して、振込手続きを完了させます。 ただし、メルペイ残高を現金化したい場合は、振込先の金融機関と申請金額にかかわらず一律200円の手数料がかかってしまいますのでもったいないです。 メルペイ残高はそのまま電子マネーとして使えますし、Suicaにチャージすれば(iPhoneユーザーのみですが)、手数料無料でさらに利用できる範囲が広がりますので、現金化は逆に損をしてしまうことになるでしょう。 メルペイのまとめ:メルカリユーザーにはおすすめ! メルペイは、「メルカリユーザーじゃなくても電子マネーとして利用する価値がある」とも判断できますし、「やっぱりメルカリユーザーじゃないとお得感が少ない、他のスマホ決済で十分」という意見にも分かれます。 いずれにしてもメルカリユーザーにはおすすめできます。 メルカリの大きなデメリットとなる「180日間縛り」と「10,000円以下の振り込みにかかる手数料」を回避できるので、むしろ出品をたまにしかやらないライトユーザーにこそおすすめできます。 メルカリのヘビーユーザーの場合も、売上金をこれまで以上に色々なことに使えるようになるので、メリットは大きいですよ。 「売上金を現金化するのが面倒で、なんとなく暇ときにメルカリをチェックして、メルカリの中だけで使ってた」という人も、メルペイがあればコンビニ、スーパー、ドラッグストアなどの実店舗で本当に必要な日用品などでもメルカリの売上金から購入することができます。 メルカリを使ったことがない人でも、今なら初めてみるべきだと思いますよ。 その理由は、メルペイスマート払いの登録で最大2,000円分のポイントがもらえるから! 手数料や年会費を一切かけずに使えるのに2,000円がもらえるなんて、使わないともったいないです! さらにお友達に紹介してもらうorお友達を紹介すれば1人につき1,000ポイントももらえます。 まずはもらったポイントを使い切るまでのお試し感覚として、メルペイの使い心地をチェックしてみてください。 この記事の監修者.

次の

メルペイポイントの使い方・有効期限の確認方法

メル ペイ ポイント の 使い方

メルペイのポイントが使えない原因は? チャージ残高の不足 メルペイのポイントは、自動的に残高より優先されます。 メルペイのポイントが使えない原因で、いちばん可能性が高いのは、残高不足です。 いくらポイントがあっても、残高を超えた支払いはできないので、注意。 まず、チャージ残高を確認しましょう。 ポイントの有効期限が過ぎてる メルペイのポイントには有効期限があります。 ポイント有効期限内に使用しないと、失効してしまうので注意しましょう。 【ポイント有効期限の確認】 メルペイトップ > ポイント履歴 > 有効期限 メルカリからプレゼントされたポイントは、有効期限が1週間程度の場合が多いです。 ポイント失効はもったい無いので、 あまりため過ぎずコンビニ利用などで小まめに利用しましょう。 メルカリ売上金で購入した場合は、購入後365日間が有効期限です。 「メルペイあと払い」を利用してる 「メルペイあと払い」で支払いすると、 売上金で購入したポイント&メルペイ残高は、利用できない設定になってしまいます。 友達紹介や、メルカリからプレゼントされたポイントは、利用できます。 メルペイのポイント使用できない場所、できる場所 使えない店、サービス一覧• スタバなど一部カフェでは使用できない メルペイのポイントは、大手カフェチェーンのスターバックスでは利用できません。 スターバックスは、現在メルペイはじめ、ほとんどのQR・バーコード決済に対応しておらず、 今後の利用拡大が期待されてます。 《メルペイポイントが使えないカフェ》• スターバックス• ドトール• エクセルシオール など• 一部ファミレスでは使用できない メルペイのポイントは、サイゼリアやデニーズなど、一部ファミレスでは利用できません。 《メルペイポイントが使えないファミレス・飲食店》• サイゼリア• デニーズ• 大戸屋• 鳥貴族• 焼肉きんぐ など• Amazon・楽天市場など一部ファミレスでは使用できない メルペイのポイントは、ネット通販大手のAmazonや楽天市場では利用できません。 ネットショップでは、メルペイはほとんど普及していないようです。 使える店、サービス一覧 iDが利用できるお店 メルペイはNTTドコモが運営する電子決済「iD」と提携しているため、「iD」が使える店ならどこでも利用できます。 「iD」は全国500,000以上の店舗で利用可能 《メルペイiDで支払い可能な店》• セブンイレブン• ファミマ• ローソン• イオン• イトーヨーカドー• 吉野家• マクドナルド• サンドラッグ• ウェルシア• ココカラファイン など全国500,000店舗以上 メルペイ加盟店 メルペイコード払いに対応した店舗も増えています。 セブンイレブン・ファミマ・ローソンなどの大手コンビニで利用可能です。 《メルペイコードで支払い可能な店》• セブンイレブン• ファミマ• ローソン• Japantaxi• カラオケビッグエコー など 以下で、メルペイが使えるか確認する方法も解説してます。 ネットショップ メルペイはファッション通販サイトの「SHOPLIST. com by CROOZ」でも利用できます。 対象とすなるECサイトは、今後も拡大していく予定です。 メルペイのポイント使用時の3つの注意点 ポイントの有効期限に注意! メルペイのポイントには有効期限があります。 ポイント有効期限内に使用しないと、失効してしまうので注意しましょう。 ポイントは、 自動で有効期限の古いものから順に使用されます。 ポイント利用にチェックを入れ忘れない メルペイiDを利用している場合、メルペイポイントを利用するには、 アプリ上で「ポイントを利用する」設定をしなければなりません。 支払い金額分のポイントがなくても、メルペイ残高と合わせて、ポイントが優先的に利用されます。 あと払いは利用しない• 売上金で購入したポイント• メルペイ残高 は、「メルペイあと払い」では利用できません。 いちいち 利用NGになるなら、最初から使わないとスムーズかも。 キャンペーン中で利用したい場合、特典をゲットできたら、支払い方法を変えるクセをつけると混乱しませんね。 メルペイのポイントが使えない場合の対処法 残高が不足していないかチェック 支払い金額の一部にメルペイのポイントを使用した場合、残りの金額はメルペイ残高から支払われます。 メルペイ残高が十分に チャージされていないと、エラーになってしまいます。 ポイント利用可能店舗でエラーが出た場合、残高が足りているかチェックしましょう。 ポイント有効期限が切れてないかチェック メルペイのポイントには有効期限があります。 ポイント有効期限内に使用しないと、失効してしまうので注意しましょう。 ポイントは、有効期限の古いものから順に使用されます。 【ポイント有効期限の確認】 メルペイトップ > ポイント履歴 > 有効期限 クレカ・銀行講座など、他に問題がある可能性も メルペイ自体に問題がなくても、メルペイと紐つけている• クレカ• 銀行口座 に問題があった場合、エラーとなる可能性があります。 提携先のサイトで、パスワードなど利用に問題ないか確認しましょう。 アプリをアップデート アプリのバージョンが古い場合、原因不明のエラーが起こる可能性があります。 メルカリアプリを 最新バージョンに更新しておきましょう。 まとめ• メルペイポイントは、多くの店舗で利用可能。 「ポイント利用」にチェックを忘れずに• 有効期限に気をつける• 「メルペイあと払い」との併用は不可.

次の

メルペイの仕組みやメリットデメリット!使い方やポイント還元の事も解説|資産運用や財テクを知って生活を豊かにする山斗のブログ

メル ペイ ポイント の 使い方

メルペイ利用メリット• メルカリの売上金を出金する必要がなくなった• チャージも決済手数料もすべて無料• 全国約130万カ所で利用可能• 最大70%ポイント還元のキャンペーンが開催• メルペイ決済で使えるお得なクーポン配布• 加えて、お得なクーポンの配布や高還元のキャンペーンが不定期におこなわれるので、メルカリ自体を使っていないユーザーにとっても、利用する価値は十分にあるサービスだといえます。 メルペイの利用に必要な初期設定(登録) 前述のように、メルペイはメルカリに登録していることが前提のサービス。 そのため、メルカリを使ったことがない人は、まずインストールと会員登録が必要です。 iD対応の端末とOS• iOS端末:日本国内で販売されたiPhone 7以上、Apple Watch Series 2以上• Android端末:Android 5. 0以降がインストールされている「おサイフケータイ」(Felica搭載)対応の端末 メルペイでiD決済するためには、iOSユーザーはApple Pay(アップルペイ)、Androidユーザーはおサイフケータイと連携させる必要があります。 iDが連携されていない場合はiDの下に「未設定」と記載されています。 ここをタップして案内に従って連携させましょう。 Androidスマホ、iPhoneともに作業自体はかんたんで、3分ほどで済みます。 左:おサイフケータイ 右:Apple Pay 最後に、iOSはApple Pay、Androidスマホはおサイフケータイアプリを開いてそれぞれメルペイiD決済のICカードが追加されているか確認しましょう。 銀行口座の連携もしくは本人確認をする メルカリの「売上金」がないユーザーは、銀行口座を登録しなければチャージができないのでこれは必須の作業となります(登録方法は後述)。 一方、メルカリの売上金があるユーザーは、銀行口座の登録や本人確認をしなくても売上金でポイントを購入すればメルペイとして実店舗で使うことができます。 ただどちらにせよ、銀行口座の連携もしくは本人確認のどちらかを済ませておくのがおすすめです。 というのも、ほとんどのキャンペーンでは、このどちらかを済ませていることが参加条件(ポイント付与の条件)となっているからです。 また、メルペイの後払い機能を利用できるようになるなど、使い方の幅も広がります。 メルペイでセブン銀行ATMから現金チャージする手順• メルカリアプリを開き、[メルペイ]タブを選択• セブン銀行ATMの画面で[スマートフォンでの取引]をタッチ• ATMの画面に表示されているQRコードをメルカリアプリのカメラで読み取り、[次へ]をタッチ• スマホ画面に表示されている企業番号をATM画面に入力し、[確認]をタッチ• 現金を投入してチャージ完了 最低チャージ金額は1000円、1日のチャージ限度額は9万9000円となっています。 硬貨でのチャージはできないほか、投入された金額は全額チャージされ、釣り銭も出ません。 銀行口座からチャージする メルペイに銀行口座を登録すると、売上金は自動でメルペイ残高にチャージされ、口座からチャージしたお金と合わせて実店舗での決済に利用できます。 銀行口座を登録する メルペイ画面を下にスクロールし、「お支払い用銀行口座の登録」をタップします。 チュートリアルが表示されるので読み進み、一番下の[銀行口座を登録する]をタップ。 登録可能な銀行の一覧が表示されたら、任意の銀行を選択します。 なお、連携できる銀行は今後順次拡大されるようです。 案内に従って支店/口座番号や暗証番号などを入力していき、最後に登録完了画面が表示されれば口座の登録は完了です。 口座の登録前は「売上金」と「ポイント」に分かれていたのが、売上金とチャージ額の合計で表記される「メルペイ残高」に変わりました。 右上には、友達紹介やキャンペーンで得られる「ポイント」が表記されます。 銀行口座からメルペイ残高にチャージする メルペイ画面で[チャージ(入金)]をタップし、[チャージ金額]を選択します。 初期設定では3000円となっていますが、最低チャージ金額1000円〜1日のチャージ限度額20万円の間であれば、1円単位でチャージ金額を決められます。 金額を入力したら、[チャージする]ボタンをタップして端末のパスコードを入力。 これでチャージは完了です。 メルカリの売上金でメルペイ残高にチャージする 「銀行口座を登録したくない」「メルペイ残高には売上金のみをチャージできればいい」という人もいるでしょう。 その場合、免許証などの本人確認書類を登録する「アプリでかんたん本人確認」をおこなうことで、口座登録をしなくても売上金をメルペイ残高にチャージできます。 この場合、180日間の売上金の振込申請の制限も、口座登録をした場合と同様に外されます。 メルカリの売上金でポイントを購入する 銀行口座の登録や本人確認をしなくても、売上金でポイントを購入すれば1ポイント=1円として支払いに利用できます。 ただ、売上金をポイントに変えてしまうと、銀行出金ができなくなってしまうので注意しましょう。 ポイント購入は、メルペイ画面で[ポイント購入]ボタンをタップし、売上金の中から購入したいポイント数を指定して[ポイントを購入する]をタップすれば完了です。 残高チャージはせずメルペイスマート払い(旧あと払い)で支払う メルペイスマート払いは、実店舗でのiD、コード払い、メルカリ内での支払いなどの代金を翌月にまとめて精算できる機能です。 手元にお金がなくても欲しい物を購入でき、メルペイ残額をチャージする手間も不要となります。 ただ、年齢制限や利用上限額、手数料、支払い方法など、後払い独自のルールも存在するので注意が必要となります。 詳しくは下記の記事を参照してください。 メルペイの使い道• iDによる決済 メルペイは、NTTドコモが展開している非接触決済サービス「iD」による決済に対応しています。 上の「iD」ロゴが加盟店の目印です。 iD決済は数ある電子マネーの中でも普及率が高く、2019年8月現在では全国約90万店舗で利用可能。 iOSユーザーはApple Pay、Androidユーザーはおサイフケータイを通じて、店の端末にスマホをかざすだけでスピーディーに支払いができます。 iDでの決済は、Suicaなどの交通系マネーと同じく、支払い時に店員へ「iD(アイディ)で」と伝えたうえ、レジの専用端末にかざすだけです。 決済前には必ずメルペイ残高、もしくはポイントが購入金額分あるか確認しておきましょう。 詳しい手順は下記記事を参照してください。 メルペイコード払い メルペイコード払いは、バーコード・QRコードを生成して店舗レジで読み取って決済をおこなう方法です。 上のロゴマークがある加盟店で利用できます。 加盟店数はiDほどではありませんが「LINE Pay(ラインペイ)」との業務提携により、使える場所は増加しています。 使う時はメルペイ画面から[コード払い]をタップし、パスコードやFace IDで本人確認をしてコードを表示します。 支払い時に、表示したQRコードを店員に読み取ってもらえば支払い完了です。 Suicaへチャージする(iOS版のみ) 現状iOSのみの機能となりますが、メルペイ残高またはポイントから、Apple Payを通してモバイルSuicaへチャージが可能です。 iD決済が利用できる店舗に加え、交通電子系マネーが使える店舗での決済や、普段の電車・バスの支払いにも活用できることになります。 チャージ手順はいたってシンプル。 まずApple PayからモバイルSuicaを開き、残高の隣の[チャージ]ボタンをタップして、チャージしたい金額を入力します。 なお、チャージ金額は1円単位で指定可能。 右上の[チャージ]ボタンをタップすると支払画面が表示されるので、メルペイ電子マネーを選択。 あとはFace IDや指紋認証、パスコードなどで本人確認を済ませれば、Suicaへのチャージができます。 メルカリ内での買い物に使う もちろん、メルカリ内の買い物にもメルペイ残高は使用できます。 使用方法は、支払い時に「メルペイ残高を使用する」にチェックを入れるだけです。 ポイントとの併用も可能です。 売上金を銀行口座へ出金する メルカリの売上金と口座からのチャージ額の合計であるメルペイ残高は、振込申請(201円以上から)をすれば銀行口座への出金ができます。 また、前述したように支払い用銀行口座を登録して売上金をメルペイ残高に変えてしまえば、通常180日間と定められている振込申請期限が無期限に。 さらに、入金までにかかる日も大幅に短縮されます(ゆうちょ銀行以外)。 ただ、銀行出金は、 一律200円(お急ぎ振込では400円)の手数料がかかってしまうため、メルペイのまま実店舗で使う方がお得でしょう。 メルペイのポイントを活用する方法 ポイント還元キャンペーンで獲得したポイント、また売上金で購入したポイントは、前述のメルペイ残高と同じように、非接触型決済の「iD」もしくはQRコード決済の「メルペイコード払い」を通して全国の加盟店で利用できます。 ポイントを使って決済したい場合、特別なに設定やチャージは必要ありません。 ポイントを所有している状態で、通常どおりiDやメルペイコード支払いをすれば、ポイントが自動的に消費される仕組みになっています。 ただ、「メルペイ残高=ポイント」ではありません。 ポイントとメルペイ残高の相違点を表にまとめました。 ポイントとメルペイ残高の相違点 ポイント メルペイ残高 取得方法• 売上金で購入する(1P=1円)• キャンペーンでGETする• 売上金取得と同時に自動チャージされる• 銀行口座から指定した金額をチャージする 使い道• iD/メルペイコード払い• メルカリ内での支払い• Suicaへのチャージ(iOSのみ)• あと払いの精算(キャンペーンで獲得したポイントのみ)• 銀行口座への出金• iD/メルペイコード払い• メルカリ内での支払い• Suicaへのチャージ(iOSのみ)• あと払いの精算 利用条件 なし 銀行口座の登録、もしくは「アプリでかんたん本人確認」を済ませる 有効期限• 売上金で購入したポイント:獲得日から365日間• キャンペーンで得たポイント:獲得日から180日間 なし ポイントとメルペイ残高の大きな違いは、「有効期限の有無」と「銀行口座への出金の可否」です。 有効期限を過ぎてしまうとポイントは失効するので、特に注意が必要です。

次の