グランピング 関西。 グランピングは日帰りでも楽しめる!日帰りBBQができる関西・東海のグランピング施設をご紹介!

グランピングを関西で|グランドーム京都天橋立【公式】

グランピング 関西

第1位は広大な敷地の中にホテルとゴルフ場を併設した「キャメルホテルリゾート」。 優雅な空間の「プレミアムグランピング」テントは、ロケーション抜群の50平米ウッドデッキに立つタイプと、150平米のプライベートエリア付きのテントの2タイプ。 パラソル付きテーブルやダブルハンモックなど、外でくつろげるアイテムが揃い、快適なアウトドアが楽しめます。 そのほか、銀色のボディが目を引く「エアストリーム」やシンプルに寝袋でグランピング体験が楽しめる「ナイス&イージーグランピング」のゲストルームも選択可能。 敷地内には、準天然ラドン温泉の大浴場があり、入浴の心配もなし!お子さまと一緒に楽しめるキッズパークやポニーランド、パターゴルフなど充実した設備も見逃せません。 第2位は、静岡県東伊豆の「」の敷地内にある「マヒナ・グランピング・スパ・ヴィレッジ」。 相模湾を見下ろす豊かな自然に囲まれたロケーションにあり、宿泊エリアの高台までは専用モノレールと自動運転のカートで移動します。 ちょっとしたアトラクション気分も楽しめるとあって、お子さま連れ家族からも好評! 全11室のテント式キャビンは、ハワイアンテイストを取り入れたソファやインテリアを揃えたくつろぎのある空間。 全室にシモンズ社のベッド、テレビや冷蔵庫、温水洗浄トイレを完備しており、ホテルライクな滞在が叶います。 ヴィレッジ内には大川温泉の源泉かけ流しが満喫できる、4つ貸切露天風呂を整備。 伊豆大島を望む絶景や海を見下ろしながら、ゆったりと癒しの時がすごせます。 第15位は、栃木県にある「那須ハイランドパークオフィシャルホテル TOWAピュアコテージ」。 全室スイート仕様のコテージが並ぶ宿泊施設で、敷地内には天然温泉の掛け流し露天風呂も完備。 テニスやサッカー、卓球やカラオケが楽しめる設備も揃う大型リゾートホテルです。 グランピング体験が楽しめるのは、球体型のテントに宿泊するプラン。 約28平方メートルの広々としたテントは、外の風景や星空が眺められる大きな透明窓付き。 ベッドやソファ、冷蔵庫や電源などの設備も備えています。 宿泊者は敷地内の空中アスレチック施設を割引価格で楽しめ、隣接する「那須ハイランドパーク」の入場が無料。 お子さま連れの家族旅行にもぴったりです。 第20位は、長野の「木曽駒高原 森のホテル」。 ポーランドから輸入した幾何学的なデザインが特徴のテントでラグジュリーなグランピングを体験できます。 テントは天井高約3mの広々空間!天窓付きで、テントの中から空の移り変わりが感じられるのも魅力です。 エアコンや冷蔵庫、ベットなど、充実の設備が揃うゲストルームは、キャンプ初心者もお子さまも安心。 家族や仲間と焚火を眺めながら語り合ったり、星空を眺めたりして、ゆったりと過ごしてみませんか。 お風呂はホテル自慢の薬草風呂が利用できます。 予約時のプランにて詳細をご確認ください。

次の

【関西】おすすめグランピング施設10選!おしゃれキャンプで素敵な週末を|じゃらんニュース

グランピング 関西

「グランピング」とは造語であり、「グラマラス Glamorous 」「キャンピング Camping 」を合わせたもの。 「魅力的なキャンプ」という意味で使われています。 自然を身近に感じながらも、ホテルにいるような快適さ。 両者いいとこ取りのグランピングは近年、世界中で人気が高まっています。 関西でも続々と新しい施設がオープンしています。 そんな話題のスポットに彼女と一緒に宿泊してみませんか?少し値段が張りますが 大切な記念日に訪れると、忘れられない2人の思い出となること間違いなし! どこの施設も夏季は人気で予約が取りにくいので、2〜3ヶ月前から予約、できるなら平日の利用がオススメです。 ゴルフや川遊び温泉で有名な「るり渓温泉」の敷地内にできました。 川のせせらぎ、満天の星空など大自然の中2人でゆったりとした時間を過ごせますよ。 必要なものもすべて準備されているので、まさにホテルに泊まる感覚でグランピングできます。 チェックアウトまでのタイムプランも提案してくれるので初心者にも安心ですね。 テントの数も46と多く、バンガローやトレーラーハウスもあります。 予算に合わせて選べるので便利。 「野菜マルシェ」は地元の野菜が食べられるとあって大変人気です。 「プリチェックイン」で、10時からチェックインできるプランもあるので、早めに足を運んでアクティビティを楽しんだり、特別料金で温泉を楽しむのがおすすめです。 24時間るり渓を遊び尽くしましょう。 2017年に新設された「ランタンテラス」はよもぎ蒸しに酵素浴、寝転び部屋、半個室の空間などのリラクゼーションスポット。 お風呂上がりに、ゆったりゴロゴロ過ごすのにピッタリの空間ですね。 夏はもちろん冬も営業しているので、星が綺麗に見える冬に訪れてみるのもいいですね。 夏の終わった夜は静まり返り大人な時間が流れています。 満天の星空の下、2人で焚き火を囲みながらお酒を飲む。 最高じゃないですか! ただ、るり渓は標高が高く、冬季には「ダウン・ブーツなどの防寒着」「冬用タイヤ」などの準備が必要です。 能勢電鉄「日生中央駅」から無料の送迎バスも出ているので、バスで行くほうが安心かもしれませんね。 2017年7月に行われた「京都バーガーグランプリ」で見事 グランプリに輝いたハンバーガーが食べられますよ。 カマンベールチーズと濃厚なチェダーチーズのハンバーガーの組み合わせは絶品です。 チェックアウト後に寄ってみて。 波音が心地よい「ビーチエリア」と、高台に位置し、海を眺めながら過ごせる「シービューエリア」の2タイプ。 潮風を感じながらのグランピングができます。 2人で行くなら高台がオススメ。 プライベート感が増しますよ。 タイプも数種類あり、どれも個性的なフォトジェニックな建物。 「キャビンタイプ」もあって冷蔵庫付きキッチン完備も。 ちょっと離れて「テント」も「キャビン」もあるので、 騒がしさを感じにくいのが良いですね。 やっぱり2人だけの空間が欲しいですからね。 オレンジの海に沈む夕日を眺めたり、海水浴やマリンアクティビティ「SUP スタンドアップパドル 」にチャレンジするのもいいですね。 夜にはビーチでキャンプファイヤー。 まさに海を満喫できるグランピングスポット! キャンプ場中央おしゃれな「ビーチハウス」では淡路島の玉ねぎを使った「FBIバーガー」や「ロコモコ」などのリゾート気分が味わえるメニューが揃っています。 時折アコースティックライブも行われ、盛り上がりを見せています。 夜には「バー」営業をしているので キャンプファイヤー後にお酒を飲むのにいいですね。 11月5日より冬季休業に入っており、去年と同様なら3月10日頃にゴールデン・ウィーク以降の日程の予約開始となりそうです。 instagram. あの「淡路島牛乳」が作られている牧場。 淡路島牛乳で作ったソフトクリームは「濃厚な味でありながらもあっさりとした後味」が特徴。 海外のリゾート地のような気分を味わえ、アメリカンな雰囲気のキャンピングサイト。 「ワンポンドステーキ」などの本格的なアメリカンBBQを堪能できます。 水辺に「グランピング用キャビン」があり、 自分たちだけが使える「プライベートラグーン」まであります。 開放的な大自然を独占し、気兼ねなくカナディアンカヌーが楽しめますよ。 早起きしてカヌーに乗って朝日を眺めるのもいいですね。 水鳥が近くまで来ることも。 また、 湖畔の風を浴びながら入浴できる「アウトドアバス」があり、開放的なバスタイムを体験できます。 カーテンもついているので人目を気にすることもありませんよ。 夜になれば周辺は真っ暗。 用意されている焚き火を楽しみましょう。 静寂に包まれた中、 ラグーンに映る月やキャビン、焚き火の炎はとても美しいですよ。 夏季には屋外プールも登場。 何度でも楽しめるので水着持参で行きましょう。 水着のまま「アウトドアバス」で半身浴するとカーテンも開けっ放しにできますしね。 雰囲気のよく分かる空撮された動画。 プライベートラグーンの様子もバッチリ映っています。 グランピング雑誌「Glamp」の編集部がプロデュースしていて、細部までこだわっていますよ。 三木の 大自然の中で、四季を感じながらグランピングとBBQを堪能しましょう。 ネスタの設備で特徴的なのは「プライベートプール」付きの部屋があることでしょう。 贅沢の極みです。 「ロイヤルスイート」では 天然温泉を楽しめるバスルームまでが装備されています。 屋外には「 20mの温水プール・ジャグジー・サウナ室」など、南国のようなリゾートを満喫できる装備満載でラグジュアリーな空間。 プールからそのままバスルームに入ることも可能!プールサイドのテラスでは、バーベキュー用のWeber製BBQチャコールグリルもあって、テラスでBBQができますよ。 完全に独立した空間の中で、自然を感じながらゆったりとした時間を過ごせます。 夜に プールサイドのリビングでエタノール暖炉の灯りを眺めながら夜空の星を探す。 なんて贅沢な時間でしょうか。 「プールガーデンスイート」でも温水プール完備。 プールサイドにはジャグジーもありますよ。 プールサイドのテラスにある 「ガゼボベッド」で太陽を浴びながらボーっとするのは至福の時間です。 持て余してしまうほど広いリビング・ダイニングは約70㎡。 こちらにもエタノール暖炉が完備されています。 乗馬体験があったり、園内で馬術の競技をやっていることもあります。 普段なかなか見ることのない馬術競技ですが、見学していると 馬の美しさ、跳ぶ姿に感動しますよ。 近くにある「道の駅みき」は特に 「ぶどう」などのフルーツが充実しています。 季節のフルーツ目当てで行ってもいいですね。 施設も広く、とても綺麗ですよ。 ホテルのプライベートビーチの近くでグランピングできます。 イギリス製の 「ロータスベルテント」はたまねぎ型でとっても可愛いですよ。 内装も5種類あるので選ぶだけでも楽しそう。 夜になって「ランタン」を灯すととっても幻想的です。 ベッドがないタイプでも「エアーベッド」の貸し出しがあるので安心です。 人気のオルテガ柄を随所に散りばめ、豪華な雰囲気を醸し出します。 繁忙期以外は日帰りでのBBQも可能です。 びわ湖のほとりにあるので、何といっても「朝」の時間が気持ちがいい。 湖面に映る朝日を眺めながらハンモックでコーヒーを飲んだり、散歩をしたりと充実した時間を過ごせますよ。 「快水浴場100選」にも選出されたプライベートビーチも魅力。 美しい水質を誇るビーチで、海水浴やカヤックなどを楽しむのもいいですね。 travel. 4kmのまっすぐと続く並木道。 約500本のメタセコイアの木は高さ約12mもあり、道の両側を彩っています。 秋の紅葉シーズンだけでなく、 初夏の新緑も大変美しいですよ。 並木道沿いを散歩してみれば映画のワンシーンに迷い込んでしまったかのよう。 予約時に詳しい場所を教えてもらえます。 見学者などがいないので、静かで穏やかな時間を過ごすことができます。 約5000坪の敷地に農場、湖、広場そして宿泊用テントにトレーラー。 畑に野菜に果樹、ハーブにサボテンと現在進行形でどんどん植えられています。 自然との関わり方を楽しむをコンセプトに、昼は淡路のいきいきとした植物の色や香りを楽しみ、夜は広大な星空の下、自然のありがたみを感じながら食事をする。 彼女とグランピング目的で行くなら「トレーラーハウス」or「テント」ですね。 どちらも 2人用でちょうどいいサイズなので無駄に大きい所を借りなくてすみますね。 貸別荘スタイルの宿泊施設で、食事の提供はないため、 自分たちで好きな食材を持ち込みましょう。 カトラリーや調理器具は貸出しされているので安心です。 朝にはパンとコーヒーが提供されますので、夕食BBQのお肉等を買っておけばOKですよ。 予約は2ヶ月前からの受付です。 グランピング後のデートコース 名物「生しらす丼」はTVでも何度も紹介されているほど有名ですね。 生魚がダメな彼女も淡路牛バーガーもあって安心。 持ち出しOKなので、海風に当たりながら食べられるので気持ちいいですよ! 淡路島へ来ないと食べられない「かじた屋」の「まるごとみかん大福」も是非チェックしたいです。 夜まで待つと対岸の夜景も「明石海峡大橋」共々とってもキレイですよ。 bake. ヘルシーなBBQ、パエリア、STAUB鍋の蒸し料理など、アウトドア料理研究家の監修したヘルシーな料理を味わえます。 料理もお酒もすべて宿泊料金に含まれている「オールインクルーシブ価格」なので「食べ放題・飲み放題」で安心。 食事の後は、メイン棟「アストラル」のラグジュアリーな「バー」でお酒を飲めますよ。 「カヌー付きキャビン」もあり、部屋からすぐに川面を散歩できますよ。 思い立ったらすぐに川の流れに身をまかせちゃえますよ。 てっぺんがスケルトンになっている「ドームテント」では、 望遠鏡も完備していて星空観察に最適です。 星空を眺めながら眠れますね。 併設されたグリーンパーク山東では、伊吹山を一望できる天然芝「ふれあい広場」が広がってます。 自由に遊べるのでフリスビーやバドミントンなどを持参すると楽しいですね。 グランピング後のデートコース 長浜のほうに、古い情緒ある街並みが特徴的な「黒壁スクエア」と呼ばれるエリアがあります。 明治時代の古建築「黒壁銀行」の愛称で親しまれた銀行を改装した、黒壁ガラス館を中心に、ギャラリー、レストラン、カフェ等が集まっています。 城下町のように落ち着く街並みで、ぶらぶら散策するのにちょうど良いですよ。 みんなの「GLAMP ELEMENT」グランピング.

次の

湖山池グランピングアイランド

グランピング 関西

30 いまグランピングが新たなキャンプのスタイルとして注目され、男性だけでなく女性にも大人気ですよね。 今回は憧れてはいるけどまだ行ったことがない、そんなビギナーさんにもおすすめの16選をご紹介。 実際の予約方法から宿泊プラン、滞在についてまで、まるごとガイドいたします。 リゾート気分たっぷり、遊び・サービスが充実、自然が近い絶好ロケーションなど…そんな憧れを現実に。 この夏こそグランピングをはじめてみませんか? 記事配信: 1. STAGEX高島【滋賀県高島市】 琵琶湖の畔に広がる、ラグジュアリーな空間。 テント内にエアコンが設置され夏でも快適 \ 2018年7月25日OPEN / グランピングキャビン・テントによる宿泊と、ワンランク上のデイBBQが楽しめるリゾート施設。 夕食はプライベートデッキでBBQが楽しめる(別料金)。 センターハウスには綺麗な温浴施設もある。 GLAMP ELEMENT【滋賀県米原市】 伊吹山の自然と優雅なステイで心が満ちる極上オアシス。 ロータステントは計3棟 別荘のようなキャビンは計5棟 日本初上陸という北欧製テントが計2棟。 天井も高くて広々 天窓と天体望遠鏡があるので星空観察も楽しんで パエリア、ポトフなど内容は季節替わり。 カラフルセッティングが可愛い(写真はイメージ) 食後はメイン棟のバーでイケメンバーテンダーによるカクテルを 朝食は体に優しい和食。 近江米の炊き立てご飯、和食一筋の料理長による小鉢がいろいろ 本格グルメにときめく注目のNEW施設! 伊吹山が目の前にそびえる緑豊かな場所。 今年6月にオープンしたこちらは、元ゴルフ場ならではのふかふかの天然芝が心地よく、大きな池の畔にはテントやドーム、キャビンが贅沢な距離感で佇む。 各サイトのデッキで味わう夕食と朝食は、アウトドア料理研究家による、パーティさながらの本格料理。 スタッフが約7割仕上げてくれるので、優雅に味わえるのも嬉しい。 食後はメイン棟のバーやテラスで焚火を眺めながら更けゆく夜を過ごす。 何もしない贅沢に、心が満ち足りていく。 伊吹山の大地から連想する、火・風・水・土の4元素がテーマで、名前の由来。 部屋やバーでの飲み物代も料金に含まれるオールインクルーシブ制なので、優雅な気分に。 施設内には清潔なシャワー棟も完備。 3カ月前の0時より公式HP予約開始(電話は8時30分~)。 週末は予約開始後すぐ満室に!平日か、キャンセル待ち(電話でのみ受付可)を狙おう。 奥琵琶湖マキノ グランドパークホテル【滋賀県高島市】 プライベートビーチの絶景に浸る。 温かなログハウスをイメージした「ヒュッテ」はセミダブルベッドが2台 ビーチリゾート風「コーラル」はエアベッドを利用 玉ねぎ型のテントが計5棟揃う。 雄大な琵琶湖を眺めながら季節替わりのBBQを堪能したら、夜は静寂の中でぐっすり。 翌朝は、目の前に昇る朝日を浴びてパワーチャージ。 朝食のバスケットを持ち出し、湖畔で朝ピクニックを。 5棟のテントそれぞれにテーマが異なり、すべてから朝日を一望できる。 テント横には5m四方のBBQサイトもあり、夜の時間もお楽しみ。 「快水浴場100選」に選出されたビーチは水質の良さも格別。 予約は随時公式HPで予約時期を告知。 予約開始日は比較的空室が多い。 特に平日は狙い目。 電話は混みあうのでnet予約がおすすめ。 伊勢志摩エバーグレイズ【三重県志摩市】 圧倒的シチュエーションのラグジュアリーな時間。 水辺に佇むグランピングヴィラ「カリブ」。 カヌーから望むサンセットは幻想的 アンティーク風のレトロなシャンデリア 水辺を望むアウトドアバス。 室内にはシャワーも BBQをふたりで調理。 ステーキや大アサリ、フレンチブレッドなど 非日常の別世界に心ゆくまで浸る。 伊勢志摩の雄大な空と水辺の風景を独占し、ちょっぴり優越感に浸れる極上グランピング。 天蓋ベッド付の上質なリビングルームは、女性なら心ときめくこと請け合い。 伊勢志摩国立公園内にあるアウトドアリゾート。 グランピングヴィラ4棟のほか、ベッドやバスを備えたキャビンが豊富に揃う。 敷地内は看板も海外仕様で、ここが日本であることを忘れさせてくれる。 水上デッキでは豪華ステーキや海の幸のBBQを楽しみ、開放的なバスタイムやハンモックでのお昼寝で心を解きほぐして。 美しい水辺をカヌーで散歩もでき、まるで海外にいるかのような錯覚に。 すべてがワンランク上の、まさにグラマラスな世界に酔いしれて。 3カ月前の0時より公式HP予約開始(電話は9時~)。 露天風呂(女湯) チェックイン後は、山荘から約1. 5km離れたグランピングサイトへ車で移動。 静かな大自然の中で焚き火をしたり、ハンモックチェアでくつろいだり。 お好みで選べる夕食と朝食もお楽しみ。 予約は3カ月前より可(8月は夏季営業試験期間のためクローズ)。 週末は混雑するも、木・金は比較的空きがあるので要チェック。 天然温泉&プライベートSPA 瑠璃浜【京都府宮津市】 別荘気分の贅沢バケーション。 浜辺をイメージした中庭。 ヴィラ1区画の敷地は約346㎡~368㎡と広大! 丸鶏のビア缶チキン1羽、但馬牛ステーキ2枚、厚切りタンなどゴージャスなグルメ揃い 部屋は4. 天橋立エリアに誕生した「貸別荘」がコンセプトの高級リゾート。 全6棟のヴィラには直径8mのプールと、天然温泉風呂が全室に完備され、贅沢な時間を過ごせる。 丹後の食材を使ったBBQは、宮津産アマダイのアクアパッツァなど豪華で目にも美しい。 テント宿泊に抵抗のある人やシニア層でも気軽にグランピングを楽しんでもらいたいとオープン。 逆にテント希望の人には、日帰り限定でテント利用のプランもあるのでチェックしてみて。 予約可能な日程はすべて公式HPで公開中なので早めに予約を。 キャンセルが発生した場合も即座に公開されるので小まめに要チェック。 心と体の癒しの温泉 るり渓温泉 GRAX【京都府南丹市】 高原リゾートで愉しむ極上のリラックス三昧。 食後のお楽しみスイーツ。 マシュマロとチョコレート入りの「スモアタルト」 お籠もりしたくなる新エリアが誕生! 高原の澄んだ空気の中で豪華BBQや温泉を気軽に楽しめる。 無料のレシピブックがあるからBBQ初心者でも安心。 火の起こし方から写真付で書かれているので本格的メニューも作れちゃう。 食後には焚火台に火をつけて瞬く炎にうっとり。 さらに、今年4月には、室内グランピングをイメージした「ランタンテラス」がオープンしたので楽しさ倍増。 通常より最大4時間早く入れるプリチェックインを利用すれば10時から楽しめるので断然お得!標高約550mに広がる高原リゾート。 男女別の湯船やバーデゾーンを備えた温泉施設、ベーカリーカフェ、芝生広場、天体観測もできる遊星館(土日祝のみ)まで揃い、一日中遊んで過ごせる。 約3カ月前より公式HPで先行予約を開始。 休前日は人気なので、約3カ月前から公式HPをこまめにチェックして予約を。 ネスタリゾート神戸 GLAMP BBQ PARK【兵庫県三木市】 大人の女心をくすぐるリュクスなテーマパーク。 ボタニカル柄の枕が心地よい夢の中へ誘ってくれそう 肌ざわりのいいベロア調のソファ。 定員10名、1棟8万円~(電話予約限定) グランピングは宿泊だけでなく、日帰り専用も充実。 VIP気分を味わえるプレミアムテントや、異国風のグランプキャビン、定番のグランプテントなど。 スケジュールの都合に合わせて気軽に体験あれ。 朝食は「GLAMP朝食」大人1800円で想定(ただし小学生1260円、幼児(3歳以上)900円)。 FBI AWAJI FBI DAISEN First Class Backpackers Inn. 【兵庫県洲本市】 波音が響く島のビーチリゾート! 地元食材中心の「手ぶらBBQセット」。 前菜、ステーキ、パエリアなど 淡路島の刻々と変わる海の情景や手つかずの大自然を満喫できるキャンプ場。 ウッドデッキ付テント「JERRY」のほか、海が間近に迫るテント「TIPI」、豪華キャビンなどバリエーション豊か。 毎月1日に翌々月分を予約開始(公式HPは0時~、電話は10時~)。 9・10月の平日は比較的予約が取りやすいので狙い目。 (エフビーアイ アワジ ファーストクラス バックパッカーズ イン) TEL/0799-34-0900 住所/洲本市五色町鳥飼浦2359 定休日/5・6・10月の木、11~4月 アクセス/神戸淡路鳴門道北淡ICより30分 駐車場/約60台(乗用車1000円) 10. なんと秋以降には、来場者が利用できるグランピング施設もオープン予定! ニジゲンノモリ グランピング施設 TEL/0799-72-3161 ニジゲンノモリ運営事務局 住所/淡路市楠本2425-2(兵庫県立淡路島公園内) 11. 森の中に佇む隠れ家テント。 国産和牛(バラ、モモ、ロースなど)、国産豚バラ、国産鶏モモ、能勢産などの焼き野菜、おにぎり1個付き 管理棟のカフェ「杜のキッチン」で和or洋朝食。 敷地内には7棟のテントや、管理棟を兼ねたカフェなど最小限の施設のみ。 より自然に近いスタイルで楽しめるのが魅力。 6カ月前より公式HP予約開始(電話も可)。 11月の紅葉シーズンはハイシーズンで予約殺到も予想されるので外すのが狙い目。 日差しが強い日でも安心の屋根付きウッドデッキの下にコットンテントとリビングスペースがあり、BBQコンロやタオル等のアメニティも備わる。 高いと思いがちですが飲み物代や体験付きなどお得な内容も沢山あるので要チェックです。 食材持込不可の施設もあるため確認を。 持込する時は下ごしらえを済ませておくと楽ちん。

次の