じゃがいも 牛乳 グラタン。 鮭とじゃがいものグラタンのレシピ・作り方

じゃがいものミルクグラタン by石原洋子さんの料理レシピ

じゃがいも 牛乳 グラタン

編集スタッフ 田中 ポテトグラタン 料理家・フルタヨウコさんに教わる、秋の根菜をつかったレシピの最終回は、大人も子どもも楽しめる「ポテトグラタン」。 じゃがいもをたっぷり使えて、ほくほくとした食感に身体があたたまりそうですよね。 ニンニクは皮をむき縦半分にカットし、芽をのぞいておく。 作り方 [1]鍋に牛乳と水気を切ったじゃがいも、ニンニクと塩、ナツメグを加えて中火にかける。 [2]沸騰寸前で弱火にし、たまにかき混ぜながらじゃがいもに火が通り水分が半分くらいになってとろみがつくまで15分くらい煮て、味見をして塩味を整える。 [3][2]を耐熱皿によそい、チーズをかける。 [4]トースターやグリルで焼き色がつくまで加熱する。 フルタさんからの、ひと言アドバイス。 生クリームを使わずとも、牛乳とニンニクでコクのあるポテトグラタンができます! ナツメグをいれるとじゃがいもの風味がぐっと増します。 ベーコンや玉ねぎをいれて一緒に煮たり、チーズをかける前にゆでたほうれん草をいれたりとアレンジしてもいいですよ。 本日の編集部recommends! お家の中でゆったり楽しむアイテム集めました。 よく吸って早く乾くコットンリネンタオルや白くま貯金箱など人気アイテムが続々入荷中です。 増えるおもちゃ、収納どうしてる? 3姉妹の子供部屋。 テーブルウェア• キッチンウェア• インテリア雑貨• ファブリック• 日用品、生活雑貨• ファッション小物• キッズアイテム• 過去の取扱商品•

次の

あさイチのじゃがいもグラタンのレシピ。牛乳で絶品ポテトグラタン。

じゃがいも 牛乳 グラタン

ライター 長谷川未緒 よく行くお店や、あこがれのお店の味を家でも楽しみたい、と思うことがありますよね。 そこで、5つの人気店の店主に、家にありそうな材料で、手軽に作れる本格レシピを教えてもらいました。 家での料理が楽しくなるヒントも伺っています。 第1回は、東京・松陰神社前に店を構える「カフェロッタ」店主、桜井かおりさんです。 「カフェロッタ」は、世田谷線、松陰神社駅にほど近い商店街にあります。 店主の明るい人柄にファンも多く、オープン以来のお客様から地方より訪れる方まで、いつも賑わっています。 今回、桜井さんが教えてくれたのは「じゃがいものグラタン」です。 桜井さん: 「単品でもおいしいですし、お店ではサンドイッチにして提供しています。 我が家ではハンバーグに添えていただくことが多いですよ。 イチ押しなので、ぜひ作ってみてくださいね!」 アレンジが楽しめる 「じゃがいものグラタン」 〈材料〉(約4人分) ・じゃがいも…4個 ・牛乳…約500ml ・生クリーム…200ml ・モッツァレラチーズ(ピザ用チーズでも可 )…適量 ・パン粉…適量 ・塩・こしょう…適量 ・にんにく…1片 〈作り方〉 (1)じゃがいもは皮ごと使うのでたわしでよく洗う。 芽を取ってキッチンペーパーで水気を拭き取り、約 5mmの厚さにスライスする。 この時、水につけないこと。 (2)鍋に1を入れ、牛乳をヒタヒタになるまで注ぎ、竹串がスーッと通るまでコトコト煮る。 煮崩れないように、落し蓋(オーブンペーパーで代用可)をするといい。 (3)包丁の腹で押しつぶしたにんにく(市販のおろしにんにくでもいい)を耐熱皿にこすりつけて香りづけする。 (4)3に、2をお玉などですくって入れる。 牛乳は極力入れないように(余った牛乳はじゃがいもの旨味が溶け出しているので、コンソメと塩・こしょうでポタージュに)。 (5)4に塩・こしょう をしっかり振り、チーズをたっぷりのせ、生クリームをまわしかけ、パン粉を全面に振る。 200度で余熱したオーブンに入れ、20〜30分ほどこんがり焼く。 お好みでピクルスを添えたらバッチリ。 豪快にかぶりつきましょう!」と桜井さん。 桜井さん: 「グラタンサンドにする場合は、6枚切りの食パン2枚をトーストしてバターを塗ったら、1枚に粒マスタードを気持ち多めに塗ります。 お好みの量 ロッタは120g のじゃがいものグラタンをのせ、味が足りなければここで黒こしょうをガリガリ。 ディルの葉をちぎってのせて、サンドしてできあがりです」 単品でもサンドイッチにしてもおいしい「じゃがいものグラタン」。 冷凍もできるのだとか。 桜井さん: 「焼きあがって、粗熱が取れたらゲンコツサイズで小分けにし、ラップでキュッと包んで冷凍保存しておくと便利です。 食べるときは電子レンジでアツアツに温めて。 食べ残しを冷凍してもいいですし、あらかじめひとつは今晩食べる用、もうひとつは冷凍用と、多めに焼くのもいいですね。 キッチンで好きな音楽をかけて、好きなドリンクを飲みながら、鼻歌まじりでお料理しましょ」 次回は東京・東小金井の「あたらしい日常料理ふじわら」さんです。 少ない油で揚げられる「かき揚げ丼」を紹介します。 【写真】桜井かおり もくじ 桜井かおり 2001年にオープンした「カフェロッタ」店主。 2017年にリニューアルし、ロッタちゃんを描いたラテアートやケーキ、軽食などが人気。 インスタグラムアカウント kaorilotta 本日の編集部recommends! お家の中でゆったり楽しむアイテム集めました。 よく吸って早く乾くコットンリネンタオルや白くま貯金箱など人気アイテムが続々入荷中です。 増えるおもちゃ、収納どうしてる? 3姉妹の子供部屋。

次の

鮭とじゃがいものグラタンのレシピ・作り方

じゃがいも 牛乳 グラタン

材料 (2~3人前) じゃがいも(メークイン) 小4個(300g) にんにく 2片(すりおろし) 牛乳 300g 生クリーム 100g ナツメグ 塩 ミックスチーズ 粉チーズ 各適量 プロが教えるポイント とろみはじゃがいものデンプンで 一般的にグラタンを作る場合に使うホワイトソース。 バターで色付かないように小麦粉をソテーしてルーをつくって、牛乳で伸ばして濃度を付けたソースですね。 ただこのグラタン ドフィノワだけは特別。 じゃがいもの「デンプン」を利用して濃度を出します。 なので、じゃがいもは水にさらさずに、デンプンが外に流れ出ないようにすることがポイント。 生クリームで濃厚に ホワイトソースと違って、粉もバターも入れないので、グラタンらしいどっしりとしたコクを出すのが難しいです。 なので生クリームで濃度とコクを出します。 今回は牛乳とクリームを3:1で作りましたが、比率を変えてたっぷり使っても濃厚で美味しいです。 作り方 じゃがいもは水にさらさずに。 まずはじゃがいもの皮むき。 今回はでんぷんを利用して濃度を出すので、皮を剥き終わったらサッと洗って 水にはさらさないこと。 2,3ミリを目安にスライス。 火の入りがまばらになるので。 厚みはなるだけ均一に。 薄すぎると火にかけたときボロボロになるので、厚すぎず、薄すぎず。 スライサーがあれば楽です。 早いです。 正直オススメ。 強火で沸かして、沸いたらかるーく沸くくらいの火加減に。 底が焦げ付きやすいのでゴムベラを使って混ぜながら。 じゃがいもが崩れやすいのでやさしくやさしく。 そのまま食べられるくらいじゃがいもがやわらかくなったらOK ゴムベラで底をなぞって液体の濃度がこのくらい、モーゼの十戒してたら完璧です。 ゆるいようなら強火でサッと煮詰めて、 じゃがいもに火が入らず煮詰まりすぎるようなら牛乳、クリームを少し足して調整。 最後に塩で味付けして完成。 美味しそうに色付ける 焦げ付かないようにバターを塗ったグラタン皿に、じゃがいもクリームを流し入れる。 上からミックスチーズと粉チーズをたっぷり。 180度のオーブンで2~30分。 美味しそうに色付けば完成です。 じゃがいもに火は通っているので、焼き色さえつけばOK 焼き色が均一に付きづらいですが、オーブントースターでもなんら問題ないです。 グラタン・ドフィノワの食べ方 シンプルなグラタン。 肉との相性がもう、最高。 ステーキ、赤ワイン煮、定番です。 いやはや愛すべきフレンチです。

次の