競馬 税金。 競馬(馬券)の税金と確定申告

【ヤバい】競馬の税金はいくらからで払わないとどうなる?(簡単に計算)

競馬 税金

競馬で万馬券が立て続けに当たった!!・・・ 競馬でも税金を納めないとばれるのか?ばれないのか? 「その前に競馬の払戻金にも税金って必要なの?」 と思っている人、 競馬でも確定申告をしていないと 脱税と見なされてしまうんですよ! 競馬でも税金を納めないとばれるのか?ばれないのか?・・・ 検証していきましょう! スポンサードリンク 知らないと痛い目にあう!競馬の税金の仕組みって!? 競馬でも税金を支払わないとばれるのか?ばれないのか?・・・ 実は、多くの人が勘違いをしています! 競馬のはずれ馬券を「支払った経費」と思い込み、勝ち負けの差し引きの儲けの金額に対して税金がかかると思っていませんか? コレ、 大きな間違いです!! 競馬における税金は単純に 『勝った馬券』のみに対してかかってきます。 例を一つあげてみましょう。 例えば、今までのはずれ馬券が80万円分あるとします。 そして、なんと!今回勝った馬券が70万円の儲けとなりました。 「やったー!!」 「今まで80万円も費やしてきたからなー。 今回で70万円勝った!」 「あと10万円分勝ってもその時点でチャラ!税金の心配なし!」 なんて、思っていませんか? 今回のこのケースの場合、70万円の勝ち馬券に対して、すでに税金を納める義務があります。 この点に関しては十分に注意しましょう! でも安心していい!税務署は一般市民は相手にしない!? ちょっと税金の話をして、「ヤバいかも・・・」と思わせといてアレですが、朗報があります。 正直、 税務署はわれわれ一般人を相手にしている程、暇ではありません。 よくテレビとかで有名人の3連単が当たって、高額配当ゲット!!みたいなニュースがよくありますが、ああいうのは税務署が注目しています。 僕らのような一般市民でも競馬で数千万円儲けた!!・・・なんて話があれば、税務署も目を光らせるかもしれませんが、 100万、200万円程度であれば、正直税務署がワザワザ調査しにくるかというと、微妙なところです。 芸能人が高額配当を得るのと、一般市民が高額配当を得るのとでは、そもそも根本的に違います。 そもそも芸能人は高額配当を当てる前に・・・稼いでいる!! 一般市民は根本的な稼ぎが知れている・・・ 仮に税金の納め忘れがあった場合、芸能人と一般市民とでは、税務署側からするとどちらが調査のやりがいがあるでしょうか?? 答えはもちろん、 芸能人ですよね! わざわざ調査しても、たかだか知れている一般市民に対しては、税務署が調査するコストの方が多くかかってしまうのです。 また、 貴重な税収である『競馬』。 市民の娯楽である競馬を厳しい目で監視し、競馬ファンが減ろうものであれば、結果税収が減ってしまう可能性もでてくるのです。 とは言え、 日本に住むものとして、税金を納めることは市民としての義務!! 勝ち馬券の金額に関わらず、払戻金が『 一時所得』に入るということは、しっかりと覚えておきましょう! PATだと話は別!税務署にばれる!? 馬券を買うのに便利な『 PAT』。 インターネットや電話で馬券を購入できるサービス。 競馬ファンであれば、一度は利用したことがあるのではないでしょうか? でもちょっと待ってください。。 PATでは個人情報をしっかりと入力していますよね? ということは、税務署が調査をすればすぐに個人を特定できてしまいます。 税務署の権力はそれなりにありますからねー。 このような点からも、PATで馬券を買うことを躊躇っている人も多いはず。 「これはすごい万馬券が当りそう!!」というようなレースの馬券は、念のためPATではなく、場外馬券売り場で買う方が良いかもしれないですね。 スポンサードリンク まとめ 「 競馬でも税金を納めないとばれるのか?ばれないのか?」ということについて、ご紹介してきました! まぁ、ご紹介しておいてあれですが、 税金はきちんと納めましょう!!今回のポイントとしては、 競馬の払戻金は『勝ち馬券』のみ一時所得に含まれ、『はずれ馬券』は経費としてみなすことができない!ということを押さえておいてください。 もし仮に、税金がかかるのがわかっていて、税金を納めなかった場合、税務署にばれると『追徴』と言って、税金+ペナルティ分を支払わなければならなくなります。 正直、ペナルティはアホらしいです! そんなことのないように、確定申告はお忘れなく! それではまた! スポンサードリンク.

次の

競馬の払戻しに税金はいくらかかる?計算方法と確定申告書の書き方

競馬 税金

どーもこんにちわ!です! 最近ニュースで話題になっている競馬と税金について、K-BA LIFEでも考察したいと思います。 ニュースでは直近大阪寝屋川市の公務員が、WIN5で2回的中し、払い戻し4億円、そして脱税7000万円ということが発覚し、話題になりました。 内容としては、公務員が2012年と2014年にWIN5で合計4億3000万円の払戻金を得ましたが、このうち、課税対象の「一時所得」とみなされたのは、払戻金から当たり馬券の購入金(経費)と特別控除額(50万円)を差し引いた金額の半分にあたる約1億6314万円で、約6200万円の所得税を脱税した疑いがあったということです。 せっかくWIN5を二回的中させたのに、1億5千万円以上も国に持っていかれるなんてどうにかしてると思う人も多いのではないでしょうか。 そこで、私も払い戻しに対してどのような税金がかかるのかを調べました。 ビジネスでもなんでも法を知っている人が有利ですから、原理原則を知ってから競馬という戦場に挑みましょう。 Contents• 払い戻し金にかかる税金 払い戻しにかかる税金は、大きいところで所得税なのですが、過去の問題となった判例を見てみると、馬券の買い方によって、払戻金額に対する定義が異なります。 馬券の払い戻し金を一時所得あるいは雑所得と見なされるかが非常に重要な理由は、 払い戻し金で払わないといけない税金は、結局は大元の課税対象額に所得税率や住民税率をかけられた金額なので、 大元の課税対象額を経費等で減らせることができるか、できないかかが決まるからです。 一時所得と雑所得とで分けて説明しますので、まずは、ギャンブラーを2種類に分けてみてケーススタディしてみましょう。 私がパンピー代表です。 もはや敬称ですね。 この2人でどのように課税対象がく違うようになるのかを図示して見ました。 パンピーの馬券にかかる税金 私のような競馬場に行って一喜一憂して、いくら使っていくら払い戻しがあったかを一切管理していないパンピーの場合、馬券で税金を支払うのは、利益が50万円以上あった場合です。 利益が30万円でしたら、課税金額が14. 5万円増加され、年収が500万円程度とした場合、所得税の約20%=2万円と住民税の約10%=1. 4万円が年間で増税されます。 また利益が50万円以上の定義は、年間ですので、50万円の利益を超える馬券を3回など複数当たった場合、特別控除の50万円は年に1回だけですので、確定申告の際には注意が必要です。 これが雑所得ですと、WIN5で得た8000万円の払い戻し金額から今まで購入していた8000万円を経費として差し引きすることができるのです。 では、どんな人が雑所得として払い戻し金額を該当できるかというと、所得税法34条の注釈を見ますと 馬券を自動的に購入するソフトウエアを使用して独自の条件設定と計算式に基 づいてインターネットを介して長期間にわたり多数回かつ頻繁に個々の馬券の的 中に着目しない網羅的な購入をして当たり馬券の払戻金を得ることにより多額の 利益を恒常的に上げ、一連の馬券の購入が一体の経済活動の実態を有することが 客観的に明らか な人です。 上記のような馬券投資家は、雑所得として払い戻し金額を定義してくれるので、負けた馬券も経費として認めてもらえますので、外れ馬券を払い戻し金額から差し引くことができ、課税対象額を大きく下げることができます。 所得税法における定義でかなり制限かかっているのですが、事業的に営利目的で馬券を購入している場合は、外れ馬券を経費にできるので、課税額を下げることができます。 1億円に45%かけられるか、4000万円に45%かかるかでは、支払う税金の額が何千万円も違いますので、ここは生き死にをかけた問題となるわけで、話題となっていたのです。 色々書きましたが、馬券にかかる税金は、現在の法律では、ほとんどの場合、一時所得となりますので、WIN5が奇跡的に当たったとしても、1億円であれば、4000万円近くの所得税と1000万円近くの住民税(自治体で違うのでよく調べてください。 )は支払わなければならないというのが、現状です。 税金を払う額を極力減らそうとして、雑所得にしようとする場合は、所得税法第34条の1項の例外規定に当てはめる必要がありますので、戦略的にしましょうね。 2 競馬の馬券の払戻金、競輪の車券の払戻金等 営利を目的とする継続的行為から生じたものを除く。 注 1 馬券を自動的に購入するソフトウエアを使用して独自の条件設定と計算式に基 づいてインターネットを介して長期間にわたり多数回かつ頻繁に個々の馬券の的 中に着目しない網羅的な購入をして当たり馬券の払戻金を得ることにより多額の 利益を恒常的に上げ、一連の馬券の購入が一体の経済活動の実態を有することが 客観的に明らかである場合の競馬の馬券の払戻金に係る所得は、営利を目的とす る継続的行為から生じた所得として雑所得に該当する。 2 上記 注 1以外の場合の競馬の馬券の払戻金に係る所得は、一時所得に該当す ることに留意する。 より詳しくは、国税庁のこの報告書を見てください。 ぶっちゃけバレるのか? 個人的には、即パットでは逃げれず、競馬場であれば、バレないのではと思います。 (個人の良心に任せます。 ) 個人的には、国庫納付金(下記で説明します)を支払うことで、他の人よりも競馬ファンは、国にお金を払っているのです。 そのため、国は二重取りしているように思いますし、馬券の払い戻しで税金取られていたら何のためにリスクを負ってるんだ!っていう思いはあります。 国の法律上妥協はしなければなりませんが、納得いきませんよね!今後、宝くじと同様に非課税にする等の動きもあるとかないとかなので、当たった時の心配よりも、まずはそんな大金を稼げるように馬券力磨きましょう。 国庫納付金(我々が競馬をする為に国にお金を払っています。 ) 前項目で、国庫納付金について、少し説明したので、ここでその点についても説明します。 まず、馬券の払い戻しの仕組みについて、今更ですが、下記に説明します。 単勝馬券を例にとりますと、皆様が100円馬券を購入すると、20%をJRAに差っ引かれて残りの80円を同じレースにかけてる人たちと奪い合います。 つまりどんなに払い戻しが高くてもJRAは痛くも痒くもない圧倒的なビジネスモデルです。 打倒JRAという人で高額配当を狙っている人は、相当見当違いで、JRAとしては痛くも痒くもない訳です。 ) そのJRAが差し引いた20%の内、10%をまずは国に納めます。 (国庫納付金と言いますが、間違いなく税金でしょ!と思うのはこの為) そして、残りの10%がJRAの粗利です。 さらに、この粗利から諸々の運営費用を差し引いて剰余金(純利益)が発生したら、その半分も国に納めることになっております。 これをみたら国は鬼と思いますが、ギャンブルを認めるということはそれくらい国にメリットがないとダメなことなんですよね。 この国庫納付金は、法律によって畜産や福祉に使用されることで決まっておりますので、公務員の給料とかには充てられていないと思います。 (上述のリスクをとって的中した高額払い戻しを一時所得扱いされ、所得税とかで取られた税金は公務員の給料増加などにも使われているでしょうが) 今回は、単勝馬券を例にとっておりますので、馬券種によって控除率が若干異なりますので留意ください。 話が若干逸れますが、この馬券種によって控除率が異なる(単勝・複勝は80%、馬連・枠連・ワイドは77. 5%、馬単・三連複は75%、三連単は72. 5%、WIN5は70%)ところから見るに、単勝・複勝がもっとも見返りが高く、三連単のような馬券は、JRAがいっぱい撮るので、見返りが低いんですね。 (単純計算のオッズが悪くなるということです。 ) 単勝・複勝で買い続ける方が長期的には5%程度いいのかもしれません。 単勝派は、そういう意味では、WIN5が5レース分で70%ですので、お得ですね。 まとめ 色々思うことはありますが、日本も国債とかで資金繰り大変そうだし高額馬券当たったら税金は払おう。 (白目 今週の重賞レースでBEST BUYな一頭を紹介! K-BA LIFEでは、Youtubeでも競馬番組を配信しており、毎週この絶対に知っておきたい3つのことから注目馬を紹介しております。 動画の中では、BEST BUYを導く競馬ライフや重賞における注目馬、そして競馬ライフハックなツール、筋トレ等様々な情報を発信しておりますのでチャンネル登録を頂ければと思います。 昨年は単勝回収率177%であり、2020年の6月終了時点での回収率は下記です。 7月は1週目に非常に自信のある一頭を紹介予定ですので是非、遊びに来ていただければと存じます。 また、チーム対抗戦で優勝チームには、BEST BUY杯に参加頂き、毎月商品券争奪戦をして頂きます。 Twitterでも有名なあの娘が癒してくれますし、楽しい雰囲気だと思いますよ! 他のサロンと異なるのは、頂いた会費の大半を上記の活動費用に充てていることかなと思いますので、内容も充実しております。 BEST BUY検討委員会は、オンライン上の競馬サークル、いや、本気度でいえば競馬の部活動のような活動ですので、本気で競馬を人生の一部にしたいという方は是非。 そんなチートな施設で訓練された全レース出走馬の外厩情報は、無料でにて配信されます。 是非ご参照ください。 入手方法は下記の通りです。 外厩情報や社台系ヤリなど幅広い情報を無料で入手できますのでおススメです。 下記のようなリストがあります。

次の

競馬にかかる税金を最小限に抑えられる馬券の買い方|大阪競馬ストーリー ~将来を豊かにするための競馬活用術~

競馬 税金

競馬の払い戻し金額によっては税金がかかります! 競馬で大当たりをしたときに、税金のことが気になってしまう方も多いのではないでしょうか。 逆に、普段から競馬での税金をあまり気にしていないという方もいるかもしれません。 過去には競馬の税金で全国ニュースとなった事例もあるので、競馬での税金の仕組みを理解しておく必要があります。 今回は、競馬で大当たりをしたときのために、税金で注意すべき5つのポイントについて紹介します。 滅多に当たらない人は競馬で税金を気にする必要はない 競馬をしている人の大半は、競馬での税金をあまり気にしていないかもしれません。 その理由として挙げられるのが、競馬での税金は馬券が当たらないと発生しないからです。 馬券で税金を支払う必要があるのは、年間での利益が50万円以上あった場合となっています。 そのため、滅多に当たらないという人は、競馬での税金を気にする必要はありません。 払い戻し金額から的中馬券のみの購入金額を差し引いた金額が50万円以上でなければ、競馬での税金を払う必要はないのです。 頻繁に的中する人は税金を気にしましょう 競馬での税金はめったに当たらない人は気にしなくても構いませんが、頻繁に的中するのであれば話は変わってきます。 払い戻し金額から的中馬券のみの購入馬券を差し引いた金額が50万円以上であった場合、税金を支払う必要がでてきます。 これは年間トータルでの数字であることも忘れてはいけません。 頻繁に的中を繰り返している人の場合は、年間トータルで利益が50万円以上ある可能性があるので注意してください。 高額の払い戻し金を獲得したら確定申告が必要です! 高額の払戻金があった場合には一時所得の見なされるので、確定申告が必要になってきます。 高額配当を当てたことでも有名な徳光和夫や爆笑問題の田中裕二も競馬で当たって確定申告をしているので、高額の払い戻し金を獲得したら確定申告が必要だと認識している方も多いかもしれません。 脱税などのトラブルを避けるためにも、高額配当を的中させたときには確定申告が必要だということを覚えておく必要があります。 一時所得になるか雑所得になるかで異なります 競馬での税金は、一時所得になるのか雑所得になるのかでも取り扱いが異なってきます。 一時所得になるか雑所得になるのかで最も大きなポイントになるのは、課税対象額を経費等で減らすことができるのかということです。 そこで、競馬での税金の一時所得、雑所得のそれぞれの扱いについて説明します。 たまに競馬をする人は「一時所得」に該当 まずは、どのような人が一時所得に該当するのかというと、たまに競馬をして一喜一憂をしている方々です。 これは、ほとんどの人が当てはまるかもしれません。 たまに競馬をして的中したり、外れたりを繰り返している場合には一時所得に該当していきます。 競馬で当たって50万円以上利益があった場合、課税対象に 競馬が当たったときに課税対象となるのは、50万円以上の利益があった場合です。 利益というのは払い戻し金から的中馬券のみの購入馬券の金額を差し引いた金額のことです。 この50万円の利益は年間トータルでの数字なので、注意が必要でしょう。 高額配当を的中させていなくても年間トータルでは、50万円の利益を出しているというケースもあるかもしれません。 その場合も課税の対象になるので、注意してください。 利益から差し引ける馬券代は「的中した馬券のみ」 競馬での税金で最もポイントとなっているのが、利益の算出方法です。 利益の考え方は馬券の払い戻し金から的中馬券の購入金額となっていて、外れた馬券を差し引くことができません。 例えば、7000点の馬券を100円ずつ購入して100万円の高配当を当てたとします。 7000点を100円ずつ購入した場合は70万円の支出となり、100万円の払い戻し金があったら利益は30万円だと考えてしまうかもしれません。 ところが、一時所得での利益の考え方で差し引けるのは、的中馬券のみです。 そのため、7000点買っていた中の1点が100万円となった場合に、利益は100万円から100円を引いた金額となるのです。 今後の参考にしよう。 所得税の控除額一覧 たまに競馬をするという人の場合は一時所得に該当し、他の給与所得と合算した上で控除を差し引きし税金の金額が決まってきます。 控除額が多いほど節税になるので、今後の参考にするために所得税の控除額一覧を紹介します。 配偶者控除:控除対象になる配偶者(夫か妻)がいる場合に適用される(38万円、配偶者が70歳以上の場合は48万円) 配偶者特別控除:配偶者に38万円を超える所得がある場合でも受けられる控除(最高38万円) 扶養控除:控除対象になる扶養家族(子供など)がいる場合に適用される(基本は38万円) 基礎控除:全員一律で適用される控除で、納税者全員に適用される(38万円) 青色申告特別控除:青色申告者にだけ適用される特別控除(10万円 or 65万円) 利益を追及して頻繁に馬券を買う人は「雑所得」に該当 たまに競馬をするという程度の人は馬券の利益が一時所得という扱いになりますが、利益を追求して頻繁に馬券を買うという人は雑所得に該当してきます。 利益を追求して頻繁に馬券を買うというのは、投資という一面が大きいかもしれません。 馬券投資家とも言われる人たちは、利益が雑所得として扱われます。 ギャンブルというよりも、投資として競馬での利益を追求している人は雑所得に該当するということを覚えておいてください。 雑所得の場合は負けた馬券も経費になる 雑所得での扱いで最も注目なのが、負けた馬券でも経費になるという点です。 一時所得の場合は、外れた馬券は利益から差し引くことができませんでした。 ところが、雑所得に該当したときには負けた馬券も経費と認めてもらえるので、外れ馬券の購入金額も払い戻し金から差し引くことができるのです。 一時所得に該当させたいなら「所得税法第 34 条 第1項」を確認しよう 一時所得に該当するのか、雑所得に該当するのか不安だという方は、「所得税法第 34 条 第1項」を確認してください。 「所得税法第 34 条 第1項」では一時所得の例示が記載されていて、競馬の馬券の払い戻し金についても明記されています。 「所得税法第 34 条 第1項」の注意書きでは、年間を通じで馬券を購入し続け年間収支で多額の利益を上げた場合には、営利を目的とする継続的行為から生じた所得として雑所得に該当すると書かれています。 一時所得に該当させたいという方は、「所得税法第 34 条 第1項」を確認してください。 実は馬券を買った時点で競馬をするために国にお金を払っている 競馬で利益が出たときには税金を払わないといけませんが、実は馬券を買った時点で国にお金を支払っています。 そのため、馬券を買った時点で税金を支払っているという考えの方も多いのではないでしょうか。 このことから、馬券で利益が出たときに税金を支払うということに違和感があるという方もいるようです。 バレるのか? 50万円以上の利益が出たときに税金を支払わないといけないことがわかったと思いますが、問題は本当に支払う必要があるのかどうかでしょう。 黙っていればバレないのではないか、と考えてしまうのも当然かもしれません。 そこで、50万円以上の利益が出たのに税金を支払わず、バレてしまうかどうかについて説明します。 競馬場で馬券を購入した場合 馬券の購入方法は人それぞれなので、まずは競馬場で馬券を購入した場合について考えてみます。 競馬場で馬券を購入するときには、本人確認などの証明もありません。 また、高額配当などの的中があった場合でも、本人確認がされることはありません。 つまり、高額配当を的中させた人が誰なのか、本人しか知らない状態となっているのです。 そのため、競馬場で馬券を購入した場合には、利益が出て税金を支払わなくてもバレてしまう可能性は限りなく低いです。 即PADなどインターネットで購入した場合 最近では、即PADなどインターネットで馬券を購入する人も増えています。 この場合はインターネット上で購入した履歴が残っていることから、高額配当を的中させたことがバレてしまう可能性はあります。 ただし、100万円や200万円の高額配当をいちいち調べるのかというと疑問は残るかもしれません。 それでも、即PADはインターネットを経由して購入していて、履歴が残っているというリスクは頭に入れておいてください。 きちんと税金は払いましょう 競馬での税金はあいまいに考えている人も多く、実際に高額配当を的中させても税金を払っていないというケースもあるようです。 しかし、法的な決まりである以上は、高額配当を的中させたときに税金を払っておいた方が無難です。 税金を払っていないことでトラブルに巻き込まれてしまう危険もあるので、税金はきちんと払うようにしましょう。 過去にニュースになった例 高額配当を的中させたときには税金を払う義務がありますが、税金を払っていなくてニュースになった例もあります。 実際に裁判にもなっているケースがあることから、税金を払わないと大きなリスクを抱えてしまうのです。 そこで、税金を払わずにニュースとなった過去の例を紹介します。 元会社員の男性が3年間収支を得ていいたことが発覚! 税金を払わずに大きなニュースとなったのが、元会社員の男性が2007年から2009年の3年間で約1億4000万円の利益を得ていたという一件です。 検察側は「一時所得」にあたると主張し外れ馬券は必要経費に認められないため、約5億7,000万円を申告しなかったと指摘され裁判となりました。 2013年5月23日に大阪地裁はこの男性に懲役2月、執行猶予2年(求刑・懲役1年)の有罪判決を言い渡しましたが、外れ馬券については「経費と認められる」という判断になり、元会社員の男性側の勝訴となりました。 WIN5で4億3000万円!申告はしなかった また、WIN5で高額配当を的中させたことによって、所得税法違反の疑いで告発されたケースもあります。 寝屋川市職員の男性は2012年と14年の2回、WIN5を的中させて約4億3000万円の払い戻し金を手に入れていました。 この男性の場合は一般人と同じ趣味の範囲での的中と判断され、「一時所得」として扱われました。 そのため、外れ馬券は経費として認められずに、脱税分の約6200万円と過少申告加算税を加えた約7200万円を納付したようです。 まとめ 競馬で大当たりしたときには税金がかかるので、高額配当を的中させたときには注意が必要です。 年間での利益が50万円以上となる場合には、税金を納付することを考えなくてはいけません。 また、一般的に競馬を楽しんでいる方々は高額配当を的中させたときに「一時所得」と見なされ、外れ馬券を経費として差し引くことができません。 利益を追及して頻繁に馬券を買う人の場合は、「雑所得」に該当してきます。 「雑所得」なら外れ馬券も経費として認められるので、節税も可能となっています。 いずれにしても高額配当を的中させた場合には、税金を支払わなければいけません。 50万円以上の利益を得た場合には、税金をきちんと納付するようにしてください。

次の