サッカリン na。 サッカリンとは

毎日の歯磨きをご安全に!フッ素・ラウリル硫酸Naを含まない歯磨き粉

サッカリン na

サッカリンとは サッカリンは、無色透明の結晶、もしくは白色の粉末の形状をしている人工甘味料です。 1800年代後半にアメリカで発見され、すぐに商用化されるようになりました。 ショ糖の約200〜700倍の甘さがあり、高濃度では苦味を感じられると言われています。 非常に甘いにもかかわらず、カロリーが低いためダイエットを目的とした飲食物に使われることもあります。 サッカリンは非水溶性であるため、チューインガムのみしか使用できませんが、これを ナトリウム塩にした水溶性のサッカリンナトリウムによって様々な用途に使用することができます。 例えば、漬物や練り製品などの加工食品、醤油や味噌などの調味料、清涼飲料水、アイスクリームやジャムなどの菓子類に使用されています。 また、食品以外にも歯磨き粉や口紅、家畜の飼料などに使われています。 サッカリンは、私たちがほぼ毎日使うような調味料や歯磨き粉など大変身近なものにまで使用されているのです。 ちなみに、サッカリンは厚生労働省によると、 許容一日摂取量は体重1キログラムあたり5ミリグラムまでとされており、安全性に問題がないということが確認されているようです。 サッカリンは 過剰に摂取すると、血糖値が高くなる恐れがあったり、胃腸に負担をかけたりすることがあるようです。 サッカリンの発がん性の指摘 サッカリンは、1960年代にアメリカで行われた動物実験により、弱い発がん性があるとみなされたため、日本を含む世界各国で使用禁止になった物質です。 ところが、一旦使用禁止になったものの、後年になって先の実験結果が見直され、 サッカリンに発がん性はないという見方がされるようになりました。 そして、各国で使用が再開され、日本でも現在は使用が認められています。 ただし安全性の観点から、法律で食品などへのサッカリンの使用量については定めがあります。 このようなことを背景に、近年、加工食品にはサッカリンの代わりとしてスクラロースやアスパルテームなどが多く使用されるようになってきているようです。 ・ ・ ちなみに、この時同様に発がん性の問題で使用禁止になった人工甘味料にズルチンやチクロと呼ばれる物質がありますが、サッカリンとは異なり、これらは日本では未だ使用禁止のままです。 一方で、最近になってサッカリンには抗がん作用があるという驚きの研究結果がアメリカで報告されています。 従来の発がん性があるという印象がまだ十分に払拭できているとは言いがたいわが国の使用状況からすると、にわかに信じがたい事実です。 今後、さらに研究が進み、サッカリンが抗がん剤として使用されるようになる日もやってくるのかもしれません。

次の

サッカリンナトリウムの概要

サッカリン na

サッカリン・サッカリンNaとは サッカリンとは人工甘味料として使われる食品添加物の一つです。 サッカリンNaは無色または白色の結晶か粉末です。 特徴的なのはショ糖と比べて約300~500倍と言われる極度の甘みです。 欧米諸国では様々な食品に使われており、米国では清涼飲料水・チューインガム・調理用砂糖などに。 ヨーロッパではデザート類・サプリメントなどの身近な食品に添加されています。 日本でもサッカリンは使用されており、1901年に疾病治療用の食事への使用が許可され、1948年に現行の食品衛生法で添加物と定められ、様々な食品の甘味料として使用されています。 そのほか、家畜の配合飼料・医薬品やサプリメントの甘味料・歯磨きや口紅などの化粧品・ニッケルメッキの光沢剤など、食品添加物としてだけではなく、工業用としても多く使用されています。 サッカリンの危険性 サッカリンの使用限度は、原料1㎏あたり0. 10~2. 0です。 サッカリンは、発がん性のある添加物として大きな問題になりました。 日本の厚生労働省は、1973年4月に発がん性があるということで、サッカリンの一般食品への使用を禁止しましたが、同年12月に解除しました。 〚1980年に発表されたカナダでの実験結果〛 サッカリンナトリウムを5%含む飼料をラットに2世代にわたって与えたところ、2世代目のオス45匹のうち、8匹に膀胱がんが発症した。 しかし、1世代目のラットにはがんは発症しなった。 その後も、様々な実験が行われた結果、サッカリンナトリウムは膀胱がんのプロモーター(潜在性のがん細胞を、がん細胞に変化させる物質)として働くことが示された。 サッカリンの現在 現在、人工甘味料の食品添加物の主流は、スクラロース・アスパルテーム・アセスルファムKとなってきています。 サッカリンは、発がん性が問題となったこともあり、現在では添加されているものは少なくなってきています。 しかし、現在歯みがき粉のほとんどに含まれているほか、たくあんなどの漬け物に使用されています。

次の

安全?人工甘味料サッカリンの特徴と危険性

サッカリン na

読み方・表示名 サッカリン・サッカリンNa( サッカリンナトリウム ) 使用用途 甘味料( 甘味をつける、カロリーをおさえる。 サッカリン…水に溶けにくい。 アルコールに溶ける。 サッカリンNa( ナトリウム )…水に溶ける。 サッカリンの毒性は、サッカリンNaとほぼ同じと考えられています。 あるの?ないの?「発がん性」~サッカリン・サッカリンNa 「 実験の後、手を洗わずに食事をしたら甘かった 」 サッカリンの発見は、研究者のこんなズボラな性格(?)のおかげだったのです。 1879年、アメリカのジョンズ・ホプキンズ大学の研究員だったコンスタンティン・ファルバーグはこのあと研究室の色々なものを舐めてこの物質を探したといわれています。 日本のスーパーでは、なかなかサッカリンやサッカリンNaの入った食品を探すのは大変です。 よく目にするダイエット飲料やお菓子にはアスパルテームやスクラロースが使用されています。 これは、かつて安全性に問題があるとされた経緯があるからのようです。 戦後の日本は砂糖類が高騰し、そのため代用品としてサッカリンをはじめ、ズルチンやチクロという人工甘味料が使用されていました。 サッカリンは家庭の台所にも置いてあったようです。 おばあちゃんが、たくあんを漬けるのに使っていた記憶がある方もいるでしょう。 しかし、1960年代の動物実験で弱い発がん性が疑われました。 そのため世界的にいったんは使用禁止になったのですが、後の研究により発がん物質はサッカリンに混在する別の物質だということが判明し、各国で再び使われるようになりました。 現在日本では大量摂取の抑制のために、使用上限量が定められていますが、以前の「 発がん性あり 」というイメージが抜けきらないためか、他の甘味料のほうが多方面に使用されています。 人工甘味料大国 アメリカの話 アメリカのほとんどのカフェやダイナーには「 ピンク・青・黄色 」の小さな四角い紙袋が並んでいます。 それぞれ成分の異なった卓上用ダイエット甘味料です。 肥満が社会問題化し、人工甘味料が普及しているアメリカならではでしょうか。 ゼロカロリーの人工甘味料もそれぞれ風味が違うので好みも分かれるのかもしれませんね。 アメリカでは2000年の「 使用禁止 」解除以降、再び大量に使用されています。 砂糖の200倍~500倍の甘みを持っています。 青い甘味料「 EQUAL( イコール )」 主成分はアスパルテームです。 アメリカではコーラをはじめとするDiet( ダイエット )とつく清涼飲料水のほとんどにアスパルテームが使われています。 砂糖の200倍ほどの甘味を待っています。 1965年にサール社が開発し、1981年にFDA( 米国食品医薬品局 )が承認しました。 日本では1982年に味の素がライセンスを取得し製法特許を持っています。 類似商品・・・「パルスイート」「 スリムアップシュガー 」( 味の素 ) 黄色い甘味料「 Splenda( スプレンダ )」 主成分はスクラロースです。 ショ糖( スクロース )が原料ですが、塩素を合成しているため有機塩素化合物になります。 砂糖の600倍ほどの甘味を持っています。 1976年にイギリスのテイト&ライル社が開発しました。 日本では、三栄源が企業向けのスクラロースの販売権を獲得しています。 類似商品・・・「 シュガーカットゼロ顆粒 」( 浅田飴 ).

次の