体の慣用句。 慣用句一覧

「体」がつく熟語や用例・慣用句・名詞など:無料の漢字書き順(筆順)調べ辞典

体の慣用句

【用例】このお菓子はおいしくて顎が落ちそうだ。 【類句】ほっぺたが落ちそう。 【類句】顎を外す。 【用例】途中からとうとう顎を出してしまった。 【用例】彼女は気が多すぎて、何をやっても足が地につかない。 【用例】地道な聞き込み捜査で、犯人の足がついた。 【用例】現場に落ちていたハンカチから足がついた。 【用例】このあいだの旅行は、交通費が多くて、足が出た。 筋肉が張って棒のようになった感じを表している。 【用例】野山を足にまかせて歩き回る。 【用例】さっきまでテレビを観ていた彼は、足下から鳥が立つように外出してしまった。 【用例】英語の成績では、私は彼の足下にも及ばない。 【用例】足下を見られて、安く買いたたかれた。 【用例】やくざの世界から足を洗って、まじめに生きる。 【用例】一度やくざの世界に足を入れると、容易には抜けられなくなる。 【用例】京都へ行ったついでに、神戸まで足を延ばして、息子の家を訪ねてきた。 【用例】何度も足を運んで、やっと面会が許された。 【用例】同業者に足を引っ張られ、商売が苦しくなる。 【用例】四番打者の不調がチームの足を引っ張っている。 【用例】私が今日あるのは石田さんのおかげだから、あの人に足を向けては寝られない。 行き詰まり。 【用例】営業成績が頭打ちになる。 【用例】子供のころのことを知られているから、彼には頭が上がらない。 【用例】うちの社長のように頭が堅くては、業界の競争に耐え抜いていくのは難しい。 考えや物事の理解が早く、すばやく対応できる。 【用例】私財を投げ出してボランティアに打ち込んでいる彼女の姿には頭が下がる。 【用例】真夜中のいたずら電話は、全く頭にくる。 また、へりくだること。 【用例】あいつが頭を下げるまでは、絶対に会わない。 他人の利益の一部をかすめ取る。 【用例】彼は下請け業者に払う代金の頭をはねて、競馬につぎ込んでいたそうだ。 【用例】自分のしたことを、頭を冷やしてよく考えなさい。 また、今まで認識されなかった考えや疑いなどがはっきりと浮かんでくる。 【用例】憲法改正をめぐって、軍国主義的な考えが一部に頭をもたげてきている。 恩をあだで返す。 面目(めんぼく)ない。 調子が合う。 あえぐ。 物事の途中で弱ってしまう。 【用例】この坂を登るのは息が切れる。 【用例】息を殺して見守る。 【用例】思わず息をのむ美しさ。 【用例】後ろ髪を引かれる思いで故郷を出てきた。 【用例】決して後ろ指をさされるようなことをしてはいけない。 上手になる。 【用例】最近、テニスの腕が上がった。 【用例】近ごろは腕が利く職人が減ってきた。 【用例】腕が立つ浪人を用心棒に雇う。 【用例】試合を前にして今から腕が鳴る。 【用例】もはや腕をこまねいている事態ではない。 【類句】手をこまねく。 なお、本来は「腕をこまぬく」が正しい。 【用例】料理に腕をふるう。 とくに目上の人から怒られる場合に使う。 【用例】今回だけは大目に見てやる。 次から気をつけろ。 【用例】はっきり言えよ。 奥歯に物が挟まったような言い方は不愉快だ。 始めから終わりまで。 一つの小さな事柄の調子がほかのすべての場合に現れる。 即座に。 はっきり区別する。 一段階劣る。 自説を一部分引っ込めて、相手の主張を少し認める。 10以上である。 また、7種に限らず、あることをするのに必要なひとそろいの道具。 おすすめ記事 がんばれ中学受験生!.

次の

【クロスワードde懸賞】No.242の答え 体の部位が入る慣用句クロス|クロスワードde懸賞生活!答え全部教えます

体の慣用句

【スポンサーリンク】 「顔」のことわざ慣用句• 「額」のことわざ慣用句• 「眉」のことわざ慣用句• 「目」のことわざ慣用句• 【スポンサーリンク】 「頬」のことわざ慣用句• 「口」のことわざ慣用句• 「歯」のことわざ慣用句• 「舌」のことわざ慣用句• 「息」のことわざ慣用句• 「声」のことわざ慣用句• 「顎」のことわざ慣用句• 【スポンサーリンク】 「首」のことわざ慣用句• 「喉」のことわざ慣用句• 「肩」のことわざ慣用句• 「胸」のことわざ慣用句• 「腹」のことわざ慣用句• 「臍」のことわざ慣用句• 「背」のことわざ慣用句• 「腰」のことわざ慣用句• 「尻」のことわざ慣用句• 「腕」のことわざ慣用句• 「手」のことわざ慣用句• 「指」のことわざ慣用句•

次の

「体」がつく熟語や用例・慣用句・名詞など:無料の漢字書き順(筆順)調べ辞典

体の慣用句

【用例】このお菓子はおいしくて顎が落ちそうだ。 【類句】ほっぺたが落ちそう。 【類句】顎を外す。 【用例】途中からとうとう顎を出してしまった。 【用例】彼女は気が多すぎて、何をやっても足が地につかない。 【用例】地道な聞き込み捜査で、犯人の足がついた。 【用例】現場に落ちていたハンカチから足がついた。 【用例】このあいだの旅行は、交通費が多くて、足が出た。 筋肉が張って棒のようになった感じを表している。 【用例】野山を足にまかせて歩き回る。 【用例】さっきまでテレビを観ていた彼は、足下から鳥が立つように外出してしまった。 【用例】英語の成績では、私は彼の足下にも及ばない。 【用例】足下を見られて、安く買いたたかれた。 【用例】やくざの世界から足を洗って、まじめに生きる。 【用例】一度やくざの世界に足を入れると、容易には抜けられなくなる。 【用例】京都へ行ったついでに、神戸まで足を延ばして、息子の家を訪ねてきた。 【用例】何度も足を運んで、やっと面会が許された。 【用例】同業者に足を引っ張られ、商売が苦しくなる。 【用例】四番打者の不調がチームの足を引っ張っている。 【用例】私が今日あるのは石田さんのおかげだから、あの人に足を向けては寝られない。 行き詰まり。 【用例】営業成績が頭打ちになる。 【用例】子供のころのことを知られているから、彼には頭が上がらない。 【用例】うちの社長のように頭が堅くては、業界の競争に耐え抜いていくのは難しい。 考えや物事の理解が早く、すばやく対応できる。 【用例】私財を投げ出してボランティアに打ち込んでいる彼女の姿には頭が下がる。 【用例】真夜中のいたずら電話は、全く頭にくる。 また、へりくだること。 【用例】あいつが頭を下げるまでは、絶対に会わない。 他人の利益の一部をかすめ取る。 【用例】彼は下請け業者に払う代金の頭をはねて、競馬につぎ込んでいたそうだ。 【用例】自分のしたことを、頭を冷やしてよく考えなさい。 また、今まで認識されなかった考えや疑いなどがはっきりと浮かんでくる。 【用例】憲法改正をめぐって、軍国主義的な考えが一部に頭をもたげてきている。 恩をあだで返す。 面目(めんぼく)ない。 調子が合う。 あえぐ。 物事の途中で弱ってしまう。 【用例】この坂を登るのは息が切れる。 【用例】息を殺して見守る。 【用例】思わず息をのむ美しさ。 【用例】後ろ髪を引かれる思いで故郷を出てきた。 【用例】決して後ろ指をさされるようなことをしてはいけない。 上手になる。 【用例】最近、テニスの腕が上がった。 【用例】近ごろは腕が利く職人が減ってきた。 【用例】腕が立つ浪人を用心棒に雇う。 【用例】試合を前にして今から腕が鳴る。 【用例】もはや腕をこまねいている事態ではない。 【類句】手をこまねく。 なお、本来は「腕をこまぬく」が正しい。 【用例】料理に腕をふるう。 とくに目上の人から怒られる場合に使う。 【用例】今回だけは大目に見てやる。 次から気をつけろ。 【用例】はっきり言えよ。 奥歯に物が挟まったような言い方は不愉快だ。 始めから終わりまで。 一つの小さな事柄の調子がほかのすべての場合に現れる。 即座に。 はっきり区別する。 一段階劣る。 自説を一部分引っ込めて、相手の主張を少し認める。 10以上である。 また、7種に限らず、あることをするのに必要なひとそろいの道具。 おすすめ記事 がんばれ中学受験生!.

次の