離乳食 初期 進め方 カレンダー。 離乳食初期おすすめメニュー|1回食・2回食の献立の立て方&進め方、簡単レシピも

離乳食開始!進め方と初期スケジュールカレンダーを大公開!!

離乳食 初期 進め方 カレンダー

生後半年ごろになると多くのママ、パパは「そろそろ離乳食の時期」と思うことでしょう。 離乳食は赤ちゃんが母乳やミルク以外からも栄養を摂るための大切な訓練でもあります。 しかし、子育てが初めてのママやパパを中心に「離乳食を始めるタイミングや進め方がわからない」と悩む方は多いです。 そこで今回は赤ちゃんの離乳食に関する基本をさまざまな角度から解説します。 離乳食を始めるタイミングは? 赤ちゃんの成長度合いにもよりますが、離乳食を始める時期の目安は生後5ヵ月~6ヶ月ごろとされています。 具体的には赤ちゃんに以下のような傾向が見られたら、離乳食を開始してもよいでしょう。 首がしっかり座っている• 体を支えてあげれば座ることができる• 大人の食事にも興味を持ち始める• よだれが増えてくる• スプーンを口に当てても押し戻しや嫌がる素振りを見せない 離乳食を進めるには離乳食を食べられる姿勢を整えることが大切ですので、首がすわる、支えてあげれば座ることができるという点は大切です。 また赤ちゃんも成長すると、徐々に大人の食事に興味を示すようになります。 具体的にはママ、パパが食事をしていると、口を開けてパクパクとした動きを見せます。 その他、スプーンを口に当てても嫌がらないのは成長とともに哺乳反射 ほにゅうはんしゃ が弱まってきたことを意味します。 哺乳反射とは赤ちゃんが生まれながらにして持っている反射のひとつであり、形のある物が舌に触れると、舌で押し戻す仕草を見せることです。 この反射機能は赤ちゃんの誤飲や窒息を予防するという大切な役割を果たしていますが、哺乳反射は成長とともに弱まっていくのが一般的です。 哺乳反射が弱まることで離乳食を始めても拒否したり、吐き戻しする心配もないため、この段階で離乳食を開始する家庭も多いです。 離乳食初期 生後5ヵ月~6ヶ月 の進め方やスケジュール ここからは時期別に見た離乳食の進め方やスケジュールに関する基本を解説します。 まずは生後5ヵ月~6ヶ月ごろの離乳食初期の進め方やポイントをご紹介します。 離乳食初期の進め方の基本 生後5ヵ月~6ヶ月ごろの離乳食の基本は以下のようになります。 赤ちゃんに初めて与える食品で推奨されているのが「おかゆ」です。 お米はアレルギーになりにくいとされているので、母乳やミルク以外のものを初めて口にする赤ちゃんにはぴったりです。 また おかゆが食べ慣れてきたら、次に野菜にチャレンジします。 離乳食開始から約1ヶ月間はこのおかゆと野菜がメニューの中心となります。 慣れてきたら、タンパク質に挑戦します。 最初は豆腐、次に白身魚といった順番がよいでしょう。 この時期の離乳食のポイントは食材の固さを「トロトロにすること」です。 具体的には「ペースト状」「ヨーグルト状」にするとベストです。 離乳食初期にあまり固いものを与えると、赤ちゃんが嫌がったり、場合によってはお腹の調子が悪くなります。 このような理由から離乳食初期はとにかく食材を柔らかくすることを意識しておきましょう。 ちなみに赤ちゃんに与えるおかゆは10倍がゆ(米の割合が1に対して、水の割合が10)がおすすめです。 離乳食初期のスケジュール 離乳食初期の基本スケジュールを以下にまとめましたので参考にしてください。 離乳食1週目 ペースト状にしたおかゆを1さじ 1日目~2日目 、3日目~4日目は2さじ、5日目~7日目は3さじずつと徐々に増やす。 離乳食2週目 野菜を与えてみる。 離乳食初期におすすめなのはニンジン、ジャガイモ、ホウレン草、カボチャなど。 離乳食3週目 タンパク質を取り入れていく。 すりつぶした豆腐や白身魚が基本。 離乳食4週目 赤ちゃんが上手に飲み込めるなど、離乳食に慣れてきたら1回の量を少しずつ増やす。 離乳食2ヶ月目 バナナやイチゴといった果物類も与えてみる。 無糖タイプのプレーンヨーグルトもおすすめ。 以上が離乳食初期のスケジュール表となります。 このスケジュールはあくまでも目安なので、必ずしも同じようにする必要はありません。 それよりも大切なのは赤ちゃんの様子を見ながら、離乳食を与えることです。 赤ちゃんが嫌がっているのに、ムリをして与えると、離乳食に対して嫌悪感を抱く可能性もあります。 逆に赤ちゃんが離乳食をもっと欲しがるようなら、少量であればおかわりをしても問題はありません。 ただし、急に量を増やすと消化しきれずに下痢になる恐れもありますので、注意してください。 離乳食初期の1日のタイムスケジュール例は以下のとおりです。 7:00 母乳・ミルク 10:00 離乳食+母乳・ミルク 14:00 母乳・ミルク 18:00 母乳・ミルク 22:00 母乳・ミルク 2:00 母乳・ミルク 離乳食時の母乳、ミルクは離乳食後に与えるのが一般的です。 離乳食初期の注意点 離乳食初期は赤ちゃんにとって「初めての経験」が多いため、ママやパパはさまざまな点に注意しておかなければなりません。 離乳食初期だけではありませんが、特に注意しておきたいことはアレルギーです。 離乳食で現れる主なアレルギー症状は発疹やかぶれなどの皮膚症状、息苦しくなるなどの呼吸症状、下痢や嘔吐などの消化器症状があります。 現れる症状や反応の強さには個人差があるため、すべての赤ちゃんに同じ症状が見られるわけではありません。 離乳食初期で初めての食材を食べるときは1種類ずつ与えることが推奨されています。 これは万が一、アレルギー症状が現れたときに原因となった食材が特定しやすくなるためです。 アレルギー症状の多くは摂取後1時間~2時間後に現れるため、赤ちゃんに異常があったらすぐに病院で診察できる体制を整えておく必要があります。 このような理由から離乳食は病院の診察時間内でもある午前中のうちに与えることをおすすめします。 離乳食中期 生後7ヶ月~8ヶ月 の進め方・スケジュール 続いては離乳食を開始して、2ヶ月を過ぎたころの離乳食中期の進め方やスケジュールを解説します。 離乳食中期の進め方の基本 離乳食中期の基本的な進め方は以下のようになります。 ちなみに2回目の食事も1回目と同じ量で問題ありません。 赤ちゃんによっては野菜などがそのまま便と一緒に出てくることがありますが、便の状態が下痢になっていなければ、そのまま離乳食を続けても構わないとされています。 月齢が進み、食べ物を消化する力や吸収する力がついてくれば、食材がそのまま出てくることもなくなります。 また 離乳食中期にはお肉や卵などのタンパク質食品も本格的に摂り入れていくことになります。 お肉はささみの場合はひき肉状、またはすりおろして与え、卵は最初のうちは固ゆでの卵黄、慣れてきたら完全に加熱した全卵を与えるのがよいでしょう。 ちなみに離乳食初期のころは10倍がゆが推奨されていましたが、中期に入ると水の量を減らした5倍~7倍がゆでも問題ありません。 全体的な食材の固さは、火を通して舌でつぶせる状態がベストです 豆腐ぐらい。 この時期になるとミルクや母乳の量は減っていきますが、赤ちゃんが欲しがれば、授乳のリズムに沿って与えるようにしましょう。 離乳食中期のスケジュール 離乳食中期からは初期のように、週単位で食事量の調整などをする必要がありません。 そのため、細かいスケジュールなどを気にする必要はありませんが、1日2回の離乳食は以下のようなタイムスケジュールで行うとよいでしょう。 7:00 母乳・ミルク 10:00 離乳食+母乳・ミルク 14:00 母乳・ミルク 18:00 離乳食+母乳・ミルク 22:00 母乳・ミルク 離乳食は午前と午後の2回に分けるようにし、間に母乳やミルクを与えるのが一般的です。 また、 2回食で意識しておきたい点は初めて与える食べ物は午前中がおすすめということです。 先ほども解説しましたが、万が一新しい食材でアレルギー症状が出た場合、すぐに病院で診察を受ける必要があります。 午前中であれば多くの病院が営業時間内であるため、仮にアレルギー症状が出ても、翌日まで待たずに診察してもらうことができます。 離乳食中期の注意点 前述のように離乳食中期に入ると肉、卵、乳製品などさまざまな食品を食べられるようになります。 親にとってはわが子が順調に成長していると感じる瞬間でもありますが、やはりアレルギーには十分に注意しておく必要があります。 特に卵はアレルギー症状が出やすい赤ちゃんが多いですので、心配な場合は離乳食中期の後半、もしくは離乳食後期まで時期をずらしましょう。 その他、離乳食中期になると赤ちゃんにも数本の歯が生えてきます。 離乳食の影響で虫歯にならないように、この時期から歯磨きを少しずつ始めることも意識しておきましょう。 またこの時期の赤ちゃんは何事にも興味を示すため、お皿の中に手を突っ込んだり、食べ物を直接手で触って感触を確かめることがあります。 ママやパパからすると「コラ!」と叱りたくなるかもしれませんが、このような行為は食に対して魅力を感じたり、興味が湧いている証拠でもあります。 そのため、後片付けは大変ですが、大らかに受け止める姿勢を見せてあげるようにしましょう。 離乳食後期 生後9ヶ月~11ヶ月 の進め方・スケジュール 続いては生後9ヶ月~11ヶ月の離乳食後期の進め方やスケジュールを解説します。 離乳食後期の進め方の基本 離乳食後期は食べ物を歯茎で噛むことができる時期でもあるため「カミカミ期」とも呼ばれています。 そんな特徴がある離乳食後期の基本的な進め方は以下のようになります。 つまり大人と一緒の食事回数になるまでに成長したということです。 また 離乳食後期は家族で一緒にご飯を食べるという経験をさせることも大切です。 味覚もかなり発達していますので、さまざまな食品に慣らし、味付けも工夫していくとよいでしょう。 各食品の固さは火を通し、歯茎でつぶせる状態にするのがおすすめです バナナぐらい。 ちなみにこの時期の赤ちゃんは鉄分が不足しやすいので、赤身の魚や肉、レバーをメニューに加えてあげましょう。 手づかみで食べ始めるのも大体、離乳食後期からとなりますので、スティック野菜など持ちやすいものを用意してあげると赤ちゃんも食べやすいです。 また、おやつも乳児用のビスケットやせんべいを1枚~2枚ほど与えても問題はありません。 離乳食後期のスケジュール 離乳食後期の基本的なタイムスケジュールは以下のようになります。 7:00 母乳・ミルク 10:00 離乳食+母乳・ミルク 14:00 離乳食+母乳・ミルク 18:00 離乳食+母乳・ミルク 22:00 母乳・ミルク 1日3回食の場合は、食事と食事の間を3時間~4時間空けることが推奨されています。 また3回目の離乳食は遅くとも19時までには終わらせておくのが理想です。 上のタイムスケジュールだと1回目、2回目の離乳食は家族と一緒に食べることは難しいですが、3回目は一般的な夕食の時間帯と重なるので、家族と食事を楽しむ経験を積ませることができます。 離乳食後期の注意点 離乳食後期はより大人に近い食べ物を食べられるようになってくるので、ママやパパも少し硬いものは口に入れてやわらかくしてから、赤ちゃんに食べさせることもあるかもしれません。 しかし、口の中には多くの細菌がいるため、このような行為は虫歯を引き起こす可能性もあります。 赤ちゃんの虫歯予防のためにも、一度口に入れたものを与えるのはやめましょう。 また先ほども解説しましたが、離乳食後期になると母乳に含まれる鉄分が減ってくるため、必然的に赤ちゃんが体内に摂り込める鉄分も減少します。 鉄不足は脳の中枢神経の発達に悪影響を及ぼす可能性もありますので、意識的に鉄分を多く摂取できる離乳食メニューを用意してあげるようにしましょう。 離乳食完了期 生後12ヶ月~18ヶ月 の進め方・スケジュール 最後に大半の栄養をミルク、母乳以外から摂れるようになる時期でもある離乳食完了期の基本を解説します。 離乳食完了期の進め方の基本 離乳食完了期は歯を使って食べ物を噛みつぶせる段階に入ったため「パクパク期」とも呼ばれます。 離乳食完了期の進め方は以下のとおりです。 もちろんこの時期の赤ちゃんは 大人ほどの消化力、吸収力などは備わっていませんので、味付けの基本は薄味にするなどの工夫が必要です。 また各食材の固さもいきなり大人と一緒にするのはよくないので、歯茎を使ってつぶせるほどの状態にします 肉団子ぐらい。 離乳食完了期は栄養素の80%ほどを離乳食から摂るため、献立の栄養バランスが非常に大切となります。 今まで以上に白米、肉、魚、卵、野菜、果物など各食材のバランスを考えて離乳食作りを行うようにしましょう。 ママやパパが普段から栄養バランスの整った食事を摂っている場合は、その薄味バージョンで与えても問題はありません。 ただし、辛みや刺激が強いものは与えないようにしましょう。 離乳食完了期のスケジュール 離乳食完了期のタイムスケジュールは卒乳前と卒乳後で変化します。 まずは卒乳前の1日のタイムスケジュールをご覧ください。 7:00 離乳食+母乳・ミルク 12:00 離乳食+母乳・ミルク 15:00 おやつ 補食 18:00 離乳食+母乳・ミルク 20:00 母乳・ミルク 卒乳後のタイムスケジュールは以下のようになります。 7:00 離乳食 10:00 おやつ 補食 12:00 離乳食 15:00 おやつ 補食 18:00 離乳食 ご覧のように離乳食完了期になると、大人とほぼ一緒の食事スケジュールになります。 また、おやつの時間帯もしっかり組み込まれていますので、空腹を和らげることもできます。 ちなみに卒乳前のおやつに関してですが、卒乳前は母乳やミルクで栄養を補えるため、おやつを食べない場合はムリして与える必要はありません。 おやつの種類は離乳食だけでは不足気味になる栄養素が含まれたものがベストです。 離乳食完了期の注意点 離乳食完了期になると、赤ちゃんによっては食事中に他のことが気になり、食事が進まないことがあります。 具体的にはアニメ番組がやっている、近くにおもちゃがあるなどが挙げられます。 このようなときは、場合によっては食事環境を見直す必要があるかもしれません。 食事の時間はテレビを消す、目に見える位置におもちゃを置かないといった工夫を施せば赤ちゃんも食事に集中できる可能性がアップします。 また、食事前のおやつや水分の摂りすぎは食欲低下にもつながりますので、与える時間帯、量などには十分に注意しておくようにしましょう。 赤ちゃんの成長に合わせた離乳食を心がけるように 赤ちゃんは大人と違って、わずか数ヶ月ほどでグングンと成長します。 そのため、離乳食の進め方もどのタイミングで変化を入れるかという点が、難しいところでもあります。 離乳食には初期、中期、後期、完了期の4つの段階がありますので、これらの時期を参考にしながら離乳食を進めていきましょう。 ただし、 赤ちゃんの成長には個人差があるため、必ずしも他の子と同じタイミングで離乳食の進め方を変える必要はありません。 赤ちゃんの成長度合いを確かめながら、慌てずにゆっくりと進めていきましょう。 不安な点がある場合は病院の医師、看護師に相談しながら進めていく方法もおすすめです。 現在、離乳食に関する悩みを抱えているママ、パパはぜひ参考にしてください。

次の

【5・6ヵ月向け】離乳食の基本&1ヵ月目の献立スケジュールカレンダーを大公開!

離乳食 初期 進め方 カレンダー

離乳食初期(前期)の進め方 厚生労働省の資料によると、生後5カ月から6カ月頃が離乳の開始時期とされているようです。 赤ちゃんによって離乳食を開始するタイミングには違いがあるようですが、離乳食をスタートして2カ月目までが初期(前期)とされています。 この時期の離乳食の固さや量の目安、使える食材について、厚生労働省の資料を参考に紹介していきます。 離乳食の固さ、量の目安 厚生労働省の資料によると、離乳食初期では、子どもの様子を見ながら1日1回1さじずつ始めるとされています。 離乳開始の1日目から2日目は10倍粥を小さじ1あげ、3日目から4日目には小さじ2にし、5日目から6日目には小さじ3にするなど、赤ちゃんの様子を見ながら小さじ1ずつ増やしていくとよいかもしれません。 固さは、なめらかにすりつぶした状態がよいとされています。 食材の増やし方 赤ちゃんがつぶしがゆに慣れた2週目以降にはにんじんやじゃがいもなどの野菜のすりつぶし、3週目以降には豆腐のすりつぶしも小さじ1ずつ試してみてもよいそうです。 赤ちゃんの様子を見ながら、徐々に使う食材の種類を増やしていくとよいかもしれません。 ここでは、実際に離乳食開始から4週目に、ママたちが作った具体的な献立例をご紹介します。 1日目 にんじん粥小さじ6、豆腐と小松菜のペースト小さじ3、りんごのすりおろし小さじ1 2日目 トマト粥小さじ6、豆腐と小松菜のペースト小さじ3、しらすのペースト小さじ1 3日目 トマト粥小さじ6、りんごとさつまいものペースト小さじ3、しらすのペースト小さじ1 4日目 ほうれん草粥小さじ6、りんごとさつまいものペースト小さじ3、しらすのペースト小さじ1 5日目 ほうれん草粥小さじ6、りんごとさつまいものペースト小さじ3、鯛のペースト小さじ1 6日目 10倍粥小さじ6、かぼちゃとほうれん草のペースト小さじ3、鯛のペースト小さじ1 7日目 10倍粥小さじ6、かぼちゃとほうれん草のペースト小さじ3、鯛のペースト小さじ1 4週目には、しらすや鯛などの白身魚のペーストやりんごのすりつぶしを献立に加えたママもいるようでした。 新しい食材を試すときは、小さじ1ずつ、赤ちゃんの様子を見ながら増やしていくとよいかもしれません。 com 離乳食初期のレシピが知りたいママもいるかもしれません。 実際にママたちが作った離乳食のレシピを聞いてみました。 野菜のミックスペースト 「にんじん、玉ねぎ、キャベツを硬いものから順に鍋に入れて柔らかく煮ます。 茹で上がったら汁を出し、ペースト状になるまでブレンダーで混ぜて完成です。 赤ちゃんにそのままあげたり、お粥に混ぜたりしていました」(20代ママ) 数種類の野菜を混ぜあわせたミックスペーストを作ったママもいるようです。 一度に多めに作り、小分けにして冷凍保存しておけばいろいろなメニューにアレンジできるレシピかもしれません。 サツマイモとりんご煮 「裏ごししたサツマイモに、すりおろしたりんごを加えてなめらかになるまで混ぜあわせて一度レンジで加熱したら完成です。 仕上がりをさらさらとさせたいときは、すりおろしたりんごの果汁のみをさらに加えてのばしました」(30代ママ) サツマイモとりんごをあわせたペーストを作ったママもいました。 口当たりがパサパサしやすいサツマイモも、りんごの水分が加わることでなめらかに仕上がるかもしれません。 カレイとブロッコリーのリゾット 「カレイの身を茹でてすりつぶし、ブロッコリーはやわらかく茹でて、穂先のみを取って下ごしらえしておきます。 10倍粥に野菜のミックスペーストと下ごしらえしてあったブロッコリー、カレイを加えていっしょに茹でて完成です」(20代ママ) カレイとブロッコリー、野菜ミックスペーストをお粥に加えてリゾット風に仕上げたレシピのようです。 他にも、粉ミルクを加えてクリームリゾット風にアレンジしたというママの声もありました。 離乳食をあげるときのポイント 赤ちゃんに離乳食をあげるとき、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。 ママたちに、意識したポイントを聞いてみました。 食材のバランスを意識する 「離乳食初期の頃は、お粥、野菜、タンパク質の量のバランスに意識していました。 量や種類を増やすときにも、どれかが偏って多くならないよう増やし方にも気をつけていました」(20代ママ) 離乳食の食材のバランスを意識したママもいるようです。 他にも、にんじんやかぼちゃなどの緑黄色野菜と、玉ねぎやキャベツなどの淡色野菜を半分ずつ使うよう野菜のバランスも考えていたというママの声もありました。 タイミングに気をつける 「離乳食は、赤ちゃんの機嫌のよいときにあげるように気をつけていました。 赤ちゃんの様子を見ながら、どのタイミングでもすぐに離乳食をあげられるように用意しておきました」(30代ママ) 離乳食をあげるタイミングに気をつけていたママもいました。 赤ちゃんが機嫌よく食べられるタイミングであげるよう意識することで、ママも楽しく離乳食が進められるかもしれませんね。 赤ちゃんの様子にあわせる 「目安のスケジュールや増やし方を参考にしながらも、嫌がって口を開けないときなどは無理させないよう赤ちゃんの様子にあわせた進め方を心がけていました」(20代ママ) 前期(初期)の離乳食をあげるときは、赤ちゃんの様子にあわせた進め方にしていたママもいるようです。 ママのなかには、目安のスケジュールに沿った食材の形状でも赤ちゃんが飲み込まずに口から出してしまったので、大きさや固さを工夫して様子を見たという声もありました。 離乳食は赤ちゃんの様子を見ながら進めよう.

次の

離乳食初期のスケジュールを実例で!進め方がわからない方へ!

離乳食 初期 進め方 カレンダー

生後5~6ヶ月• 授乳リズムが4時間おきになっている• 首がすわっていて、支えがあればお座りができる• 大人が食べているものに興味を持っている(口をモグモグと動かしている)• よだれが出ている• これを哺乳反射と言いますが、5~6ヶ月頃になるとそれが弱まります。 弱まった頃が離乳食開始の合図ですが、その確認のためにお口に指やスプーンを添えて確認してみてください。 強く押し出すようならもうしばらく様子を見ても良いかもしれませんね。 すべてOKでいよいよ離乳食開始です!! 離乳食初期(ゴックン期)を始める時のポイント アレルギー反応が出た時や様子がおかしい時にすぐにかかりつけの病院に連れて行けるから。 夕方や休日は病院も閉まっていますし、困った時に相談する機関もお休みのことが多いので新しい食材は 必ずかかりつけの病院が開いている時間帯にしてくださいね。 離乳食初期(ごっくん期)の時間帯・ミルクスケジュール表 離乳食をスタートして1ヶ月までは1日1回食(1日に1回離乳食を食べさせる)になり、スケジュール例としては以下になります。 ごっくん期 1回食 6時 10時 14時 18時 22時 離乳食が1ヶ月を過ぎると2回食(離乳食を1日に2回食べさせる)になり、 ごっくん期 2回食 6時 10時 14時 18時 22時 これは我が家の例ですが、この形で進めて行って特に問題はありませんでした。 2回食は夕方に食べさせているじゃないか!と思っちゃいますよね。 もちろん2回目を14時に食べさせてもOKです。 葉野菜やトマト、とうもろこしを潰してなめらかにする作業が想像以上に大変でした そこで便利なのが、すでに裏ごししてくれている便利食材。 保存料、調味料は一切使っていない 野菜の裏ごしが「定期便」で届く新しいサービスです。 ベジキューブは裏ごし済の野菜を食べやすい大きさにして急速冷凍した物で、離乳食中の赤ちゃんにはとっても役立ちます。 そしてフレーク野菜。 これはとうもろこしのパッケージ。 北海道産のとうもろこしだけを使って裏ごしたものなので、離乳食に活躍すること間違いなし! パルシステムは離乳食食材の他にもおむつやミルクなど買い物に行けないママの強い味方です。 参考 離乳食初期(ごっくん期)生後5~6か月頃の進め方まとめ 今日は離乳食の一番の悩み初期のゴックン期について、進め方の一覧表や食べられる物、献立例をご紹介しました。 離乳食作りが始まってママのリズムも少し崩れはじめていませんか?.

次の