ソーン 最終 フュンフ。 十天衆最終解放フェイトでのフュンフの倒し方

フュンフの最終上限解放とLv100フェイト対策。

ソーン 最終 フュンフ

こんばんは!もずです。 次回古戦場の日程と有利属性が発表されました。 次回は大方の予想通り光有利で開始が1月20日からです。 本選3日目4日目が土日と被さるということで今から戦々恐々としています。 多分働いている気がする… 今回の古戦場の戦貨ガチャが27日までなので次回古戦場に備えてソーンを取るかフュンフを取るかはそれまで迷うことができます。 なので今回はこの2体の光属性十天衆が次回古戦場でどんな活躍が期待できるかを書いていきたいと思います。 どっちがおススメというのは一概には言いづらいですが、自分なりにこっちがおススメだよという結論を出していきます。 未最終での比較 まずはどちらも未最終状態での比較ですが、これは先に結論からいくとソーンに軍配が上がるかなと思います。 未解放状態ですとフュンフは回復と奥義効果のディスペル、そして全状態異常クリアができますが、ディスペル以外は古戦場なら支給品のポーションやクリアハーブを使えばいいし、全滅したら蘇生薬飲めばいいやないかいということになるので、未解放フュンフは古戦場とはかなり相性が悪いと思っています。 肉集めに関わる要素もないので。 プラスに考えられる要素としては黄龍刀を使う方はバフの維持が容易になるということと、フルオートの際に一切アビを使わないので他の3枠でアビリティが十分な場合最後の一人として入れることで時短に繋がるかな…とは思います。 流石にそれにヒヒイロは辛い気がしますが。 続いて最終前のソーン。 普段使いだと麻痺が活躍する場面もありますが流石にソーンがいる光属性有利の古戦場だと何かしらの対策をされる可能性は高いです。 ただその一方で完全にRESISTだと可哀想ではあるので前回光有利古戦場みたいにこの区間は麻痺が効くという形に落ち着くんじゃないかなと思ってます。 あくまで予想の域は出ませんが麻痺らせられることができる区間があれば複数人で狩るときの支援は未解放のソーンでできるのではないかなと思います。 またソーンの2アビ、ディプラヴィティは弱体ダウンがあるのでこれにより犬狩りでミゼラブルミストを確実にあてられるようになります。 1550万と2000万に挑戦する際にミストを入れたい方はソーンで安定するようになるので有用です。 以上の理由により古戦場に使う十天衆として未解放の場合はソーンの方がおすすめかなと判断します。 最終後での比較 続いて最終後での比較です。 最終後はソーン、フュンフどちらも強力で古戦場に備えて十天衆を揃えるとなるとできればどちらかでも最終解放済みの十天衆を用意できた方が未解放の2人を揃えるよりはるかに大きな戦力になります。 もちろん、十天衆の最終解放には大変な労力がかかりますがそれでも目指せるのであれば目指したいというのは今年の古戦場でいやというほど学んできました。 で、じゃあ片方しか最終できないんだけど…どっちがええんやと聞かれると。 ソーンがやや優勢かな…と思います。 最終ソーンは奥義効果のクリティカルバフがかなり強力です。 なので、自身がマグナなら迷わずソーンですし、神石編成の方がお金がかかる以上マグナで挑まざるを得ない人の割合の方が多いでしょう…というのがソーン優勢に思う理由の一つです。 ではマグナじゃなくてゼウス編成ならどうなるのか… エデン複数本搭載してガンガン火力を出せるようになっているのであれば、強力なクリバフを持つ以外は入るか入らないか分からない麻痺にしか期待できないソーンと違い、渾身維持を容易にしつつ別枠となるバフをもたらしてくれるフュンフの方が使い勝手がいいです。 なので、以前ならマグナならソーンでゼウスならフュンフだね…で終わってたんです。 ですが、ハイランダー編成に加え明日実装の天上戦によって若干話がかわります。 アヌビスから落ちる天秤を組み込んだ編成はその効果で上限があがるものの、バラバラの武器を入れるためその最大火力を出すのが難しいのが課題です。 そこで、上限を叩き出すために再びソーンのクリバフが必要となってきます。 ただこれもハイランダー編成は火力不足を補うために終末武器の5凸をしなければならないという前提があるため、光ハイランダー作るにはそのまえに光でルシHARDをクリアしなければいけない。 つまりフュンフいないとハイランダーにとりかかれないので、そもそも十天衆どっちかだけ最終という人はハイランダーを組むのが難しいという状況だったんです。 ですが、レアケースかとは思いますが今回の天上戦でもらえる恩寵のおかげで1属性でもルシHARDをクリアできると他属性の終末武器5凸が作れる状況になりました。 ここまで極端なの例はないかもしれませんが、団内でルシHARDが盛んで主要キャラが欠けててもクリアできたという人はいるかもしれません。 で、5凸してハイランダーを作ろうとなるとまたもやソーン優勢になりますので。 重複したリミ武器複数積むような編成でもない限りソーンを最終したほうがいいというのが私の結論でした。 あくまで一つの考え方ですが参考になれば幸いです。 それでは! mozukuzu69.

次の

【グラブル】最終ソーンは麻痺効かない相手も多いけど奥義のクリティカルだけでも光マグナには必須

ソーン 最終 フュンフ

(毎ターン雀の涙ほどのダメージを毎ターン与える) という ゴミスキルを渡されてしまい アヌビスHLでの最終フュンフの代わりとして採用!! とはさすがにならなくなってしまいました・・・ さらに言うとトリガー発動でブレイクが一瞬で回復してしまう敵ばかり 出してきているので唯一の使いどころさんだったのに サルナーンを潰す意味が本当に分かりませんね!! サルナーン自体別の部分は強化されてますが ぶっちゃけブレキの無いサルナーンとか使うなら別のキャラ入れた方が 絶対マシ。 以下バランス調整前の攻略日記なのでご注意!! 目次• 編成に必要なのは解放ソーン、最終セルエル、最終サルナーンのみ!? 高級鞄HLの調整で青箱が実装されたのと同時に 属性耐性も付与されてしまったので 水セージで頑張るという手段が取れなくなってしまい 光マグナ編成で挑むにはどうしたらええのんかなと。 ただアヌビスHLソロを水セージでやってて思ったのは とにかくCT技とトリガーの状態異常のばら撒きが酷くて捌き切れない という事実。 なのでアヌビスHLソロについて書いてある攻略記事などを読み漁ってたら 私の手持ちとほぼ同じでこれならいけそう!!と思った記事があったので それを自分なりに改良し組んでみました。 主人公はカオスルーダーを選択! アビは アンプレ・グラビティ・ディスペル!! キャラの採用理由について。 サブ召喚石の採用理由 黒麒麟はスロウやマウントなどで捌き切れなくなる後半で使う石。 ダメージはそんなに痛くないのですが技による状態異常付与は複数あり永続のもあるので クリアオールよりもマウントをしっかり張れる事が勝利に繋がります!! サルナーンの4アビ使用後に出来れば打ちたいね! トールは解放ソーンの麻痺を確実に入れるため。 アヌビス自体そこまで耐性がめっちゃ高いという訳でもないので 称号目的なら無くてもまた後日挑戦すれば良いだけ。 確率勝負^^ ハングドマンはクリアオール要員。 バアルでもOK!! 与ダメージUPのアーカルム石は無いなら別の有能な石を各自装備。 持ってるなら黒麒麟石3凸2個めを入れても良いぞ!!! 武器編成はシュヴァ剣5本、終末武器4凸、オメガ武器、天司SSR3凸、ゼノ2本 でメイン武器がゼノコロゥ剣です。 ダメージは後半まではそこまで受けないので 相性抜群!!しかし連続攻撃手段が無いのでそこをどう取るか。 攻略の流れ。 麻痺入れて、延長して、スロウマウント決めて終わり!! ぶっちゃけ75%前に麻痺が決まればもう負けませんwww アヌビスはHP75%に到達してしまうと 麻痺無効になってしまうので攻撃しすぎて失敗は避けようw 最初はソーン以外の3人がデバフやバフ、ダメージアビやマウントを使って その後に解放ソーン2アビのディプラヴィティを使ってから攻撃! ソーン2アビの中で睡眠が付くことがあるのでそれを考えるとソーンは最後に 行動させてあげたい。 グラビティは最初から使ってOK!! グラビティの耐性はそこまで上昇しないのでバンバン使っていきましょう^^ 次かその次のターンでソーンの奥義が貯まるはずですが、 まだこの時点でクリンチャーは撃っちゃダメ!! アヌビスが麻痺無効になるのは75%なのでなるべく HPを削ってからクリンチャーを入れて麻痺らせます。 クリンチャー打つ前に トール召喚を忘れずにな!! あとはひたすら攻撃に集中します。 リロード必須。 ここでは奥義は無しで。 とにかくターンを回してソーンの4アビを使って 麻痺延長させないとせっかくの解放ソーンを連れてきた意味が無いので キャラの奥義は使わず、アビリティも使ってもそのターンに1回だけ。 とにかく攻撃してターンを回しましょう!! アルバハHLみたいに トリガーを踏んでも麻痺中ならトリガーは来ませんw しかし麻痺が切れたそのターンにトリガー技が飛んでくるので 麻痺時間はしっかり確認しよう。 麻痺中に1回マウントとブレイクキープをするのを忘れずに 麻痺が切れたらあとはトリガー技とCT技に注意しながら グラビティやスロウとカットなどでアヌビスの猛攻をかわして 本当に捌き切れない状態になったら黒麒麟を召喚して何とかする!! そんな感じで攻撃していけば終わり!!!! お疲れっした^^ 最後に。 アヌビスHLは1度に状態異常付与をたくさん付けるから必ずマウント持ちキャラは必須だぞ!! アヌビスHLは弱体耐性がそこまで高くないので 主人公 グラビティを3回使って全部ヒットしていますwwww なのでCTが少ないバイヴカハHLソロやティアマトマリスソロに比べたら 滅茶苦茶簡単なソロHLと言っても過言ではないでしょう。 当然高級鞄HLをソロすること自体 修羅の道なので ある程度無課金キャラは持ってる前提の話にはなってしまいます。 あとガチャ恒常キャラもか。 あと無課金キャラで強いのがコラボキャラのこの3人。 ミューズ(変換できない)のことりですね。 アビリティがかなり優秀なんですよ!! 魅了、攻防ダウン、全体ストレングスバフ、マウント、ポンバ という強い要素が多い上にアヌビスHLにガッツリ合うとまで来てますwww アヌビスはマウントを張れればまず問題ないので採用の価値あり。 解放フュンフが居ればこんなに悩むことも無かったんだけど 最近ヒヒイロカネが手元に来なくてリミ武器に優先しちゃってるから フュンフ解放に回らないんだよね・・・ そんな感じで今回は以上です。 参考になるかどうかは分かりませんが、 武器に+を振ってない、天司武器も4凸にしてない、解放フュンフも居ない おまけに終末武器4凸という かなり敷居低い状態でクリア出来たのでもしアヌビスHLソロ挑戦するなら 手持ちのキャラと装備ですぐにクリア出来ちゃうかも!?.

次の

ソーンvs二王弓戦で二王弓が倒せない人用

ソーン 最終 フュンフ

こんばんは!もずです。 次回古戦場の日程と有利属性が発表されました。 次回は大方の予想通り光有利で開始が1月20日からです。 本選3日目4日目が土日と被さるということで今から戦々恐々としています。 多分働いている気がする… 今回の古戦場の戦貨ガチャが27日までなので次回古戦場に備えてソーンを取るかフュンフを取るかはそれまで迷うことができます。 なので今回はこの2体の光属性十天衆が次回古戦場でどんな活躍が期待できるかを書いていきたいと思います。 どっちがおススメというのは一概には言いづらいですが、自分なりにこっちがおススメだよという結論を出していきます。 未最終での比較 まずはどちらも未最終状態での比較ですが、これは先に結論からいくとソーンに軍配が上がるかなと思います。 未解放状態ですとフュンフは回復と奥義効果のディスペル、そして全状態異常クリアができますが、ディスペル以外は古戦場なら支給品のポーションやクリアハーブを使えばいいし、全滅したら蘇生薬飲めばいいやないかいということになるので、未解放フュンフは古戦場とはかなり相性が悪いと思っています。 肉集めに関わる要素もないので。 プラスに考えられる要素としては黄龍刀を使う方はバフの維持が容易になるということと、フルオートの際に一切アビを使わないので他の3枠でアビリティが十分な場合最後の一人として入れることで時短に繋がるかな…とは思います。 流石にそれにヒヒイロは辛い気がしますが。 続いて最終前のソーン。 普段使いだと麻痺が活躍する場面もありますが流石にソーンがいる光属性有利の古戦場だと何かしらの対策をされる可能性は高いです。 ただその一方で完全にRESISTだと可哀想ではあるので前回光有利古戦場みたいにこの区間は麻痺が効くという形に落ち着くんじゃないかなと思ってます。 あくまで予想の域は出ませんが麻痺らせられることができる区間があれば複数人で狩るときの支援は未解放のソーンでできるのではないかなと思います。 またソーンの2アビ、ディプラヴィティは弱体ダウンがあるのでこれにより犬狩りでミゼラブルミストを確実にあてられるようになります。 1550万と2000万に挑戦する際にミストを入れたい方はソーンで安定するようになるので有用です。 以上の理由により古戦場に使う十天衆として未解放の場合はソーンの方がおすすめかなと判断します。 最終後での比較 続いて最終後での比較です。 最終後はソーン、フュンフどちらも強力で古戦場に備えて十天衆を揃えるとなるとできればどちらかでも最終解放済みの十天衆を用意できた方が未解放の2人を揃えるよりはるかに大きな戦力になります。 もちろん、十天衆の最終解放には大変な労力がかかりますがそれでも目指せるのであれば目指したいというのは今年の古戦場でいやというほど学んできました。 で、じゃあ片方しか最終できないんだけど…どっちがええんやと聞かれると。 ソーンがやや優勢かな…と思います。 最終ソーンは奥義効果のクリティカルバフがかなり強力です。 なので、自身がマグナなら迷わずソーンですし、神石編成の方がお金がかかる以上マグナで挑まざるを得ない人の割合の方が多いでしょう…というのがソーン優勢に思う理由の一つです。 ではマグナじゃなくてゼウス編成ならどうなるのか… エデン複数本搭載してガンガン火力を出せるようになっているのであれば、強力なクリバフを持つ以外は入るか入らないか分からない麻痺にしか期待できないソーンと違い、渾身維持を容易にしつつ別枠となるバフをもたらしてくれるフュンフの方が使い勝手がいいです。 なので、以前ならマグナならソーンでゼウスならフュンフだね…で終わってたんです。 ですが、ハイランダー編成に加え明日実装の天上戦によって若干話がかわります。 アヌビスから落ちる天秤を組み込んだ編成はその効果で上限があがるものの、バラバラの武器を入れるためその最大火力を出すのが難しいのが課題です。 そこで、上限を叩き出すために再びソーンのクリバフが必要となってきます。 ただこれもハイランダー編成は火力不足を補うために終末武器の5凸をしなければならないという前提があるため、光ハイランダー作るにはそのまえに光でルシHARDをクリアしなければいけない。 つまりフュンフいないとハイランダーにとりかかれないので、そもそも十天衆どっちかだけ最終という人はハイランダーを組むのが難しいという状況だったんです。 ですが、レアケースかとは思いますが今回の天上戦でもらえる恩寵のおかげで1属性でもルシHARDをクリアできると他属性の終末武器5凸が作れる状況になりました。 ここまで極端なの例はないかもしれませんが、団内でルシHARDが盛んで主要キャラが欠けててもクリアできたという人はいるかもしれません。 で、5凸してハイランダーを作ろうとなるとまたもやソーン優勢になりますので。 重複したリミ武器複数積むような編成でもない限りソーンを最終したほうがいいというのが私の結論でした。 あくまで一つの考え方ですが参考になれば幸いです。 それでは! mozukuzu69.

次の