しらく の 奥さん 文春。 立川志らくの奥さん(嫁)がまた不倫!弟子との車内行為で離婚危機か

4年前に不倫した別の弟子Aは誰?【立川志らくの嫁・酒井莉加の不倫相手】

しらく の 奥さん 文春

第6回 立川志らく 妻に対する愛情表現を「恥ずかしいこと」と考える人が多い日本で、愛妻家キャラというのは、女性ウケがいいキャラかもしれません。 しかし、愛妻家キャラは「妻にも愛されている」ことが前提条件です。 もし妻が不倫をしているなど、愛されていないことがバレたら、キャラが崩壊するうえに赤っ恥をかいてしまうからです。 今、その屈辱に耐えているのは、落語家・立川志らくかもしれません。 『グッとラック!』(TBS系)でMCを、『ひるおび』(同)でコメンテーターを務め、その他のバラエティー番組にも多数出演するなど、テレビで大人気。 週末は本業の落語で高座に上がるという、日本有数の売れている噺家(はなしか)です。 その一方で、『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)などのバラエティーでは愛妻家キャラ、イクメンキャラであることを披露しています。 お子さんの夜の寝かしつけや授乳は志らくが担当、洗濯物もたたんでいるそうです。 同番組では「LINEの文尾にハートをつけないと、カミさんに怒られる」と「愛されアピール」もしていましたが、文春砲を食らってしまったのです。 妻と離婚することは1億%ないと断言 『週刊文春』によると、志らく夫人は20代の弟子、立川うおるたーと不倫をしていたそうです。 コンビニエンスストアの駐車場に止めた車中で、夫人がうおるたーとキスを交わし、わいせつな行為をしていたというもの。 『文春』によると、夫人の不倫は初めてではないそうです。 4年前にも別の弟子・A氏と関係を持ち、それを知った志らくがA氏を破門。 精神的なショックを受けたA氏は実家に帰ったそうです。 しかし、夫人はA氏をあきらめられなかったようで、手紙やプレゼントを送り続けた。 それを知った志らくは夫人をいさめるのではなく、A氏に「二度と奥さんに近づかない」と念書を書かせたといいます。 同誌の直撃を受けた夫人は「志らくしか愛していない」としたうえで、 「私は酔っぱらって、チューとかハグしちゃう。 交際関係もなく、そういうことをしちゃう私の頭がおかしいんです」と不倫関係を否定しました。 志らくも『グッとラック!』で、「このことで、夫婦の絆が壊れることはありません。 離婚することも1億%ございません」「うちのカミさんは18歳年下で、ファンキーおかみと言われてるくらいで。 夫人の酒井莉加は元地下アイドルで、現在は劇団『謎のキューピー』を主宰しています。 芸能人ではありますが主戦場は舞台ですから、スポンサーとの契約に違反するなどの不具合は起きないでしょう。 夫である志らくも理解しているので、問題はないはずです。 しかし大きなお世話ながら、志らくについて、ずっと気になっていたことがあるのです。

次の

立川うおるたー(文春/志らく弟子25歳劇団員)顔写真!wikiや本名や弟子Aや所属の謎のキューピーについても!

しらく の 奥さん 文春

酒井莉加は立川志らくの嫁で25歳弟子不倫相手は立川うおるたー? 弟子と自宅前、弟子と不倫疑惑。 志らく妻の酒井莉加のアイドル時代画像、タトゥー画像。 — 面白画像・おもしろGIFアニメ倶楽部 GazouOmoshiro9 立川志らく氏の嫁の酒井莉加さんが不倫している相手ですが、立川うおるたーさんとネット上では噂されていました。 週刊文春の情報では、立川志らく氏の弟子で25歳そして 酒井莉加さんが主宰している劇団「謎のキューピー」の劇団員ということになります。 以下の画像の中に、立川うおるたーさんがいます。 たくさんのご来場誠にありがとうございました。 皆様のおかげで、16回公演『落語家の弟子、前座。 〜女編〜』 無事千穐楽まで走りきることがかないました。 これからも謎のキューピーをよろしくお願い致します。 大きい画像は、こちらになります。 今日はとら屋お馴染みたこちゃん(立川うおるたー)の謎Qの公演へ。 週刊文春の記事によれば、現在落語活動を休業しているとか・・・。 師匠の立川志らく氏のネット上にある情報から調べていくと、現在休業しているのは「立川うおるたー」さんなんです。 立川うおるたーさんは、立川志らく氏に弟子入りして修行に励んでいたのですが、いつしか演劇に興味を持ち始めたようです。 そのため落語活動を休業しているそうですね。 演劇の世界での自分はそんなものなのだろうという野望もあり、劇団「謎のキューピー」の一員「タコ太郎」として演劇に勤しんでいたようです。 立川志らく氏に弟子で、年齢や劇団員という観点から考えると、「立川うおるたー」にたどり着いちゃうわけです。 もしかしたら目線を変えれば不倫相手が想像できるかもしれませんが、私が考えてみたのは「立川うおるたー」さんではないのかなと思いましたね。 ちなみに立川志らく氏は、56歳です。 週刊文春の記事によりますと、嫁の酒井莉加さんは2月19日の初日公演後、立川うおるたーさんとキスなどの行為をしていたそうです。 しかも、その日だけでなく連日スーパーやコンビニでも同様なことを目撃したそうで・・・。 週刊文春の記者が酒井莉加さんを直撃した際には、用心棒のために弟子を付き添いにしていると答えたそうです。 しかし、キスなどの行為について質問された際には以下のように答えられたようですね。 嫁の酒井莉加さんは、「酔っぱらっていたため、私が、無理やりしたかもしれない・・・。 」と発言されたようです。 確かに酔っていれば判断ミスなども起こりえます。 しかし実は上でお知らせしたような行為は1度きりでありませんでした。 スポンサーリンク 酒井莉加は立川志らくで嫁の弟子不倫は2回目? 立川志らくの妻が不倫www 酒井莉加っていうのか。 年の差婚だから若い男に走ったってマジwww?! ヤバすぎるww — 杉下はな uNA2ChKu4bNjci4 週刊文春の記事によると実は、立川志らく氏の嫁の酒井莉加さんは 4年前にも弟子と不倫行為をしていたそうです。 若い男が良かったのか?それとも、立川志らく氏以外の心にときめいたのか?わかりません・・・。 立川志らく氏は仕事で家を留守にすることが、多いようです。 あくまでも想像ですが立川志らく氏の嫁の酒井莉加さんが不倫をしていたとしたなら、立川志らく氏に振り向いてほしくて不倫をしたのかもしれませんね。 週刊文春のきじでは、立川志らく氏の妻の酒井莉加さん4年前の不倫騒動の時には、当時の不倫相手の弟子を破門にしたとか書かれていましたね。 一度していたのに、2回目をしてしまったのは、立川志らく氏に伝えたいことがあったのかもしれません。 これだけは当人同士にしか分かり合えないことですね。 新しい情報が入った時には、追記させていただきます。

次の

立川志らく嫁(妻)のタトゥー画像?家族・自宅や離婚歴について!|Anogate

しらく の 奥さん 文春

下世話な話に飛びつく芸能ウォッチャーにとって、これほど興味をそそられる記事があっただろうか。 立川志らくの妻である酒井莉加が25歳の志らくの弟子と不貞を働いていると、『週刊文春』(3月12日号)が報じている。 この報道の特筆すべきところは、志らく本人のスキャンダルではなく、その妻の話であること。 またその妻は元アイドルで現在は志らくや彼女が主催する劇団の女優ではあるが、その名前と顔を知る人は少ないということ。 酒井莉加って誰? ってところだろう。 落語界では公然の秘密ということだったらしいのだが、情報番組のMCを務めるほどになった落語家・志らくの妻でなければ、報じられることはなかった話といえる。 これまで芸能界の歴史のなかで、有名人が結婚した一般人妻(夫)のスキャンダルが報じられることはたびたびあった。 最近では小倉優子の最初の夫の不倫や飯島直子の夫の不倫が挙げられよう。 小倉の夫のお相手は小倉の所属している事務所の元タレント、飯島の夫が写真を撮られた女性も劇団員と、一応は芸能人ではある。 それでも広く名前が知られている存在ではなかった。 そのため、報道されて一時的には騒ぎにはなるが、興味を持つ人はそれほど多くないため、収束は早く後追いするところは少なかった。 それでは、今回の志らくの一件はどうか。 上記のふたつのニュースとは違い、読者を引きつけるには十分すぎる内容となっている。 岡田准一、雛形あきこの場合 記事を読むと、文春の記者が時間をかけて張り込み、綿密な取材をしていることがわかる。 さぞかし、ワイドショーでも大いに取り上げられそうなものだが……。 雛形あきこは'01年11月に年下マネージャーとの不倫疑惑を『FRIDAY』写真誌に報じられたのだが、当時の記事によれば、深夜の仕事帰りに雛形を乗せたワンボックスカーは自宅マンション付近の公園の脇に一時停止。 すると、運転手を兼務するマネージャーは、カーテンで仕切られた後部座席にいる雛形のもとへと車内を移動し、30分ほど運転席には戻らなかったようだ。 内部での様子は不明だったが、車は微妙に振動していたという。 もうひとつ。 こちらは不倫ではないが、'99年にV6の岡田准一と優香の車中デートの詳細が同じく『FRIDAY』で報じられた。 記事によれば当初は1時間ほど親しげに話す程度であったが、 盛り上がった ふたりは2回3回とキスや抱擁を繰り返し、さらにはシートを倒して2人が重なるように倒れこんだり……。 後部座席で二人が寄り添う様子の写真も掲載されている。 芸能記者の間では今でも語り継がれる報道なのだが、テレビでは控えめな扱いだったと記憶している。 毒にも薬にもならない話ではあるが、これぞ週刊誌の面目躍如といったところだろうか。 現在も週刊誌などで取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。

次の