胃 もたれ ゲップ。 重大な胃腸疾患は「げっぷ」で判明! 少しでも自覚や不快感があれば受診を|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS

げっぷを伴う胃痛は、どんな病気?医師522名に聞いてみました

胃 もたれ ゲップ

胃が痛み、つらい経験をされたことがある方も多いと思います。 このような症状が起きているとき、どのような病気が考えられるのでしょうか。 今回はげっぷを伴う胃痛について、一般内科、消化器内科医、計522名に聞いてみました。 逆流性食道炎• 食道裂孔ヘルニア• 胃潰瘍• 十二指腸潰瘍• 胃がん• 食道がん• 過敏性腸症候群• 呑気症・空気嚥下症• 神経性胃炎• 消化不良• その他 以下が結果となります。 50代男性 一般内科 逆流性食道炎が多いのではないでしょうか。 40代男性 一般内科 消化器内科 逆流性食道炎の症状でげっぷがおおいです。 50代男性 一般内科 消化器内科 げっぷは、胃内が過酸となって、同時に発生する二酸化炭素が食道を逆流するため起こります。 そのため逆流性食道炎が多いと思います。 50代男性 一般内科 高齢化による逆流性食道炎患者が増加しているように感じます。 50代男性 一般内科 私自身も逆流性食道炎ですから! 40代男性 一般内科 逆流性食道炎が増えているな、と実感します。 50代男性 一般内科 高齢者では圧倒的に逆流性食道炎の患者が多いです。 50代男性 消化器内科 胃酸があがりやすいですから。 50代男性 一般内科 消化器内科 食道裂孔ヘルニアと逆流性食道炎の合併も多いです。 50代男性 一般内科 逆流性食道炎・食道裂孔ヘルニアが多いと思います• 50代男性 一般内科 胃酸過多状態に多い症状との印象です。 60代男性 一般内科 空気嚥下症は結構みられるかと思います。 50代男性 一般内科 消化器内科 食道系が多いでしょうが、意外と呑気症・空気嚥下症もあると思います。 60代男性 一般内科 呑気症をよく経験します。 40代男性 一般内科 空気を結構飲んでいることが多いです。 本調査の結果、多くの医師が 「逆流性食道炎」を選択しました。 その後を「食道裂孔ヘルニア」、「呑気症・空気嚥下症」が追う結果となりました。 逆流性食道炎と回答した医師からは、 げっぷは胃酸が逆流する逆流性食道炎の症状の1つといったコメントが散見されました。 また、げっぷが起こるメカニズムとして、「胃内が過酸となって、同時に発生する二酸化炭素が食道を逆流するため」といった意見を頂きました。 逆流性食道炎を患っていると、このような原因で、げっぷが現れるようです。 さらに「高齢化による逆流性食道炎患者が増加しているように感じます。 」「高齢者では圧倒的に逆流性食道炎の患者が多いです。 」とのコメントが寄せられ、 逆流性食道炎は高齢者に多いことがうかがえました。 また、「食道裂孔ヘルニアと逆流性食道炎の合併も多いです。 」との意見も頂きました。 もし、げっぷを伴う胃痛が現れた場合は、逆流性食道炎や呑気症・空気嚥下症のような病気かもしれません。 症状が続くようであれば、受診することをおすすめします。 上位3つに回答された疾患ですが、以下のように説明されていました。 もしも耳にしたことがないという方がおりましたら、ぜひご一読ください。 胃食道逆流症 逆流性食道炎 胃と食道のつなぎ目に当たる部分は、胃液が食道に逆流するのを防ぐために、開いたり閉じたりする弁の役割をしています。 この「弁」がうまく働かなくなると、胃酸を含んだ胃液が逆流し、食道の粘膜が酸の攻撃にさらされることになります。 胃食道逆流症は、胃の内容物の食道への逆流が過剰に起こることで、不快な症状を生じたり、食道粘膜に炎症が生じて、ただれた状態になったりする病気です。 内視鏡検査で食道粘膜に炎症が見られる場合を「逆流性食道炎」または「びらん性胃食道逆流症」と呼び、食道粘膜に傷が見られない場合を「非びらん性胃食道逆流症」と呼んで区別することがあります。 引用: 食道裂孔ヘルニア 食道裂孔ヘルニアとは、正常な状態で食道が通っている横隔膜の開口部から、胃の一部が突出している状態をいいます。 医師のコメントでは、げっぷは、逆流性食道炎の症状の1つとの意見が多く見られました。 さらに、逆流性食道炎は高齢者に多いとの指摘を頂きました。 高齢の方でげっぷを伴う胃痛が現れた場合、注意した方がよさそうですね。 このような症状が現れたとき、もし症状が続くようであれば、医療機関を受診することが大事そうです。

次の

胃もたれを感じるのは、朝が多いのはなぜ? | 大正漢方胃腸薬 | 大正製薬

胃 もたれ ゲップ

下痢や吐き気やゲップを伴う胃が重いと感じた時の対処法! 胃に現れる症状には様々なものがありますが、その中の一つに「 胃が重たい」と感じる場合があります。 とは言え、胃が重たいとはどのような症状なの?と聞かれても、具体的に説明するのは少し難しいものですが、例えば 朝起きた時に空腹のはずなのに胃のあたりがすっきりしない感じがしたり、胃がずっしりとしていて食欲がわかないなど、このような症状というのは程度の差こそあれど、誰もが一度くらいは経験しているものではないかと思います。 では、この 胃が重いと感じる原因は、一体何なのでしょうか。 ズキズキやキリキリとした胃の痛みや、胸やけがして胃がもたれている感覚とは異なる、胃が重いと感じる症状。 そのまま放っておくのは、何だか危険な気がしますよね? そこで今回は、胃が重くなる原因やそうなった場合の対処法をご紹介したいと思います。 胃が重い、張りがある時の原因は? 胃が重い、張りがあると感じる場合は、主に次の4つが原因として考えられます。 胃は、食べ物を一時的にためておく機能や、伸び縮みすることで消化した食べ物を腸に送る働きがあることから、伸びること自体に何ら問題はありません。 しかし、食べ過ぎによって多くの食べ物が詰め込まれてしまうと、胃がどんどんと膨らみ伸びてしまうため、結果的に胃の動きが悪くなって、食べ物が腸へとスムーズに移動しなくなってしまいます。 そのため、消化のよい食べ物より胃に掛かる負担が大きくなってしまうことから、胃が疲れてしまい動きが鈍くなってしまうと、胃に重さを感じるようになります。 しかし、ストレスなどによってこの自律神経に乱れが生じると、胃腸の消化機能も低下してしまい、胃の動きが悪くなって胃の重さを感じる症状が現れます。 年齢が若いと食べ物が胃に入ってから2~3時間で消化されますが、加齢と共にこの機能に時間が掛かるようになるため、その分胃が重いと感じる時間が長くなってしまいます。 胃が重い時の症状は? 胃が重い時は、何となく胃が重く感じる他にも、胃もたれや吐き気、腹部全体の膨満感、食欲不振などが症状として現れる場合があります。 また、胃が重たく感じる時には、胃や腸の疲弊、疲れが原因の場合もあるため、下痢や便秘などの症状が続いて起こることもあります。 このような症状は、通常は胃を休めて胃の重たさがなくなると、それに伴い消失しますが、いつまでも下痢や便秘が治らない場合や下痢や便秘を繰り返す時は、何か別の病気の可能性も考えられるため、病院で診てもらうのがよいでしょう。 胃が重い時の対処法!効果のあるツボは? 胃が重いと感じたら、できるだけ消化のよいものを食べて、胃の負担を軽くすることが大切です。 その際、お肉などのこってりしたものは避ける方が多いですが、以外と盲点なのが野菜(特に根菜類)です。 野菜は体によいものというイメージがあるため、このような場合にもよく選ばれますが、食物繊維の多いものは消化に時間が掛かるため、胃に負担を掛けやすくなってしまいますので避けるのがよいでしょう。 また、カフェインなどの刺激物も胃壁を荒らしてしまう原因となるため、胃が重い症状が改善されるまでは摂取しないようにしましょう。 なお、胃の重さを軽減するツボがありますので、是非試してみて下さい。 (動画を参照) 胃が重い時に効くツボ・・・中かん みぞおちとおへその中間にあるツボです。 吐き気を伴う胃が重い時の対処法 吐き気を伴う胃の重さがある時は、消化を促すために右を下にして横向きになって寝るのがよいでしょう。 このような体勢になることで、胃から十二指腸へと食べ物が流れ込みやすくなり、胃の重さやそれに伴う吐き気が軽減されます。 下痢を伴う胃が重い時の対処法 胃が重い症状と下痢が長く続く場合は、「過敏性腸症候群」の可能性があります。 特に、会社や人間関係でプレッシャーやストレスを感じやすくなると下痢が続いてしまうという方は、一度病院へ行って検査を受けた方がよいでしょう。 過敏性腸症候群は、慢性的な胃の不快感や下痢(便秘やおならの場合もあります)があるにも関わらず、腸に異常がない場合に診断されます。 今は過敏性腸症候群に効く薬も開発されていますので、自分は下痢体質だから、胃が重いのはよくあることだからと思わずに、病院を受診するようにしましょう。 ゲップを伴う胃が重い時の対処法 胃が重い時にゲップも出てしまう原因としては、早食いが考えられます。 通常の食事でも、食べ物と一緒に空気を飲みこんでしまうことがあるため、ゲップが出ることはそれほど問題がありませんが、胃が重い時というのは胃の動きが弱くなっているので、そこで早食いをしてしまうとゲップがたくさん出てしまう原因となってしまいます。 これを解消するためには、早食いを止めてよく噛んで食事をすることが大切です。 また、食事時ではない時にもゲップが出て、なおかつ胃の重さを感じる場合は、何か他の病気が原因の可能性があるため、病院を受診するのがよいでしょう。 胃が重い時におすすめの市販薬 胃が重いなと感じた時は、市販薬を飲んで胃の働きを助けることで症状を緩和・改善することができる場合があります。 ここでは、胃が重い時にお勧めの市販薬をご紹介します。 ソルマック胃腸液プラス 食べ過ぎや飲み過ぎによる、胃の膨満感や吐き気に効きます。 なお、この製品は生薬成分が含まれており、成分が沈殿することから、服用前によく振って使用して下さい。 solmac. html 新タカヂア錠 糖質やたんぱく質の消化を促す消化酵素が配合された消化剤です。 最近、消化に時間がかかる、消化力がなくなったと感じる方にお勧めです。 消化を促すことで、胃に溜まった食べ物をすみやかに排出してくれます。 参考URL: エビオス錠 天然素材のビール酵母の働きによって、弱った胃腸の働きを助け、元気な状態へと戻していきます。 胃もたれ、消化不良、胃部・腹部膨満感、食べすぎ、飲みすぎ、胸やけ、胸つかえ、吐き気などに効果があります。 asahi-fh. html 胃が重い時の原因や主な症状と対処法!効果のあるツボは?のまとめ 慢性的に胃が重い症状がある方は、その状態に慣れてしまいがちですが、本来の胃というのは食べた物を消化し、体のエネルギーに変える重要な役割を担っています。 そのため、いつも胃が重いと感じたり、食欲が落ちたなと思うことがあれば、まずは胃をしっかり休めてあげるようにし、それでも不快感がある場合は病院へ行って検査を受けるようにしましょう。 また、胃が重いと感じる症状が一過性の場合は、市販薬で症状が改善することがありますが、胃の疲労が長く続いている時や他に病気が隠れている時などは市販薬ではよくなりません。 市販薬を飲んでも調子が戻らない時は、かなり胃がダメージを受けていると思って、こちらもすぐに病院を受診するようにしましょう。

次の

胃が重い時の原因や主な症状と対処法!効果のあるツボは?

胃 もたれ ゲップ

吐き気やゲップを伴う胃もたれの解消法とツボ! 胃がむかむかして吐き気がする。 ゲップが出て止まらない。 胃が重くてどんより感がある。 これらの症状は誰しも一度くらいは経験があるのではないかと思います。 俗に言う「 胃もたれ」ですが、本当に不快でつらいですよね。 食べ過ぎ飲み過ぎが原因とされる胃もたれですが、人によっては暴飲暴食の覚えがなくても胃もたれの症状が出るケースもあり、いつ何時襲ってくるかわからない厄介な症状です。 でも、もし胃もたれの原因や解消法を知っていれば、万が一胃もたれに襲われたとしても上手く切り抜けることができるのではないでしょうか? そこでここでは、胃もたれについて詳しく調べてみたいと思います。 胃もたれの原因!なぜ胃もたれは起こるの? 胃もたれになる原因は主に、暴飲暴食、お肉や揚げ物などの油分の摂り過ぎ、加齢、不規則な生活やストレスとされています。 一度に胃に入る食べ物の量が多いと、消化が上手く行えずに消化不良を起こしやすくなりますし、肉や揚げ物には脂肪分が多く含まれるためこちらも消化に時間が掛かります。 また、年齢が若い時は胃のぜん動運動も活発なため多少の無理もきいたかも知れませんが、加齢によりぜん動運動が弱まると必然的に消化不良を起こしやすくなってしまいます。 さらに、胃のぜん動運動と自律神経には密接な関係があると言われており、不規則な生活やストレスによって自律神経が乱れると、ぜん動運動も上手くいかなくなります。 それにより消化不良が起きやすくなり、胃もたれになってしまうのです。 吐き気があるときの解消法は? 胃もたれで吐き気がある場合、薬を飲んで吐き気を抑える方法もよいですが、あまりに吐き気がひどい時は我慢せずに吐いた方が楽になる場合もあります。 また、 右を下にして横になると重力によって胃に溜まっていたものがスムーズに十二指腸に流れ込み、消化が促進されます。 逆に左を下にして横になると胃の入り口付近に食べ物が溜まってしまい、吐き気が治まらなくなってしまいますので注意しましょう。 胃もたれに効果的なツボはどこ? 胃もたれの時に効果的なツボは、いくつかあります。 「足三里」 膝下から指4本分下がったところの、すねの外側の部分です。 ここは全身の血行をよくし、特に胃腸の不調に効くと言われています。 「中かん」 ここは、おへそから指4本分上にある中央部分です。 胃もたれを感じている時に押すと、消化や吸収を助けてくれるそうです。 「合谷」 手の甲を上に向け、親指と人差し指の付け根部分を少し強めに押します。 ここは様々な痛みを取り除くツボポイントですが、手なので仕事中などにも手軽に行えて便利です。 胃もたれの時に効くおススメの市販薬はコレ! 胃もたれの症状が続くようでしたら、市販薬を飲むのも一つの手です。 胃もたれに効く市販薬は数多く販売されていますが、中でもお勧めの3つをセレクトしてみました。 症状などにより選ぶべき市販薬も変わってきますので、是非ご自身に合ったものをお選び下さい。 また、市販薬を飲んでも症状に改善が見られない場合は、病院へいくことをお勧めします。 ガスター10 胃酸の分泌を抑える成分が入っているので、胃もたれには逆効果だと思われますが、食べ物の消化分に必要な胃酸までは抑えないので安心です。 しかし胃の不調による痛みやもたれを解消するために胃の粘膜を保護する必要があるため、胃酸の分泌を抑えることでこれらの症状を改善してくれます。 大正漢方胃腸薬 胃の働きを元に戻す「安中散」と、胃の緊張を解す「芍薬甘草湯」の2つの漢方成分が、ゲップや胃の不快感、痛みなどに作用し、胃もたれを改善してくれます。 タナベ胃腸薬 従来の胃薬に処方されている消化を助ける成分の他、胃の運動をサポートするトリメブチンマレイン酸塩を配合することで、消化、運動の2つの働きを助けます。 胃もたれを起こさないための日常での予防法! 胃もたれの主な原因は、暴飲暴食や油分の摂り過ぎ、またはストレスなどです。 まずはこれらを改善することが、胃もたれを起こさないための一歩となりますが、この他にも日頃の生活から胃もたれを起こさないように予防することができます。 では、胃もたれを起こさない予防法とは一体どういったものなのでしょうか。 胃もたれを起こさない為の食事のとり方は? よく噛んで食べなさい。 小さい時からお母さんによく言われた言葉です。 実はこのよく噛んで食べることは、胃もたれの予防にはとてもよいとされています。 よく噛むことで唾液がたくさん分泌されますが、唾液は消化酵素であるアミラーゼを含んでいます。 よって、唾液の量が多ければ多いほど消化もスムーズに行われるというわけです。 また、 よく噛むことで早食いを防止し、胃の中に一気に食べ物が入るのも防いでくれます。 さらに、大根やかぶといった食べ物にもアミラーゼが含まれています。 特に生のまま食べるのがよいとされているので、焼き魚に大根おろしを合わせる食べ方は、実はとても理にかなった方法なのです。 これと同様に、酢豚に入っているパイナップルにも消化酵素が含まれているので、お肉と一緒に食べることで胃もたれを防いでくれます。 日常生活で胃もたれを起こさないためのポイントは? 日常生活において、胃もたれを防ぐために気を付けておきたいポイントがいくつかあります。 まず一つは、 食後に入浴をしないこと。 お風呂に入ると胃酸の分泌が抑えられてしまうので、消化不良を起こしやすくなってしまいます。 そしてもう一つは、 寝る前に食べ物を食べないこと。 睡眠中も胃は活動して消化を行いますが、消化が終わらないうちに翌日を迎えるとすぐにまた働かなくてはいけなくなり、胃が疲弊してしまいます。 まとめ いかがでしたか? 胃もたれは意識の改革と日常生活の改善によって、その症状を回復させることも予防することもできます。 暴飲暴食を避け、なるべくよく噛んで食べるように心掛けましょう。

次の