神社 格付け ランキング。 社格とは?神社の格付け(ランク)の見分け方|人気神社ランキング&一宮一覧

近代社格制度

神社 格付け ランキング

社号 神宮や大社、神社を社号と言います。 社号には神宮、宮、大社、社、神社などがあります。 元々社号に特別な基準はありませんでしたが、明治維新以降、国家が神社を管理するようになって事情が変わります。 「神社」を名乗るには国家の公認がなければならず、大社や神宮の社号を得ようとしたら、公認された上で勅許(皇室の許可)などが必要になりました。 しかし、第二次大戦後の政教分離によって神社が国家や皇室の管理を離れ、現在では公認や許可は必要無くなり、大社、神宮を名乗る事も原則自由です。 「でも、神社本庁とか神社庁って言うのが無かったっけ?」と思った方がいるかも知れません。 あくまでも、全国の神社を包括する民間の宗教法人で、神社庁は都道府県に配置された神社本庁の地方組織です。 加盟は任意であり、有名な神社でも加盟していない所もあります。 例えば、鎌倉宮、日光東照宮、富岡八幡宮(東京)、伏見稲荷大社等がそうです。 加盟していなくても、社号に大社や宮を名乗るのに支障はありません。 参考: 参考: 神宮 皇祖神(皇室の祖先とされる神)や天皇を祀る神社、または大和平定に功績のある特定の神を祭神とする神社につけられる社号が「神宮」です。 その代表は天照大神を祀る伊勢神宮。 かつては、単に神宮と言えば伊勢神宮のことでした。 現在神宮の社号をもつのは以下の24社です。 皇祖神を祭神とする神宮 社名 所在地 祭神 伊勢神宮 三重県伊勢市 天照大神、豊受大神 伊弉諾神宮 兵庫県淡路市 伊弉諾尊、伊弉冉尊 霧島神宮 鹿児島県霧島市 天饒石国饒石天津日高彦火瓊瓊杵尊 鹿児島神宮 鹿児島県霧島市 天津日高彦穂々出見尊 鵜戸神宮 宮崎県日南市 日子波瀲武鸕鶿葺不合尊 英彦山神宮 福岡県田川郡 正哉吾哉勝速日天忍穂耳尊 大社 明治維新以前、大社を名乗る神社は出雲大社と熊野大社のみで、明治時代に神社が国の管理下に置かれてから第二次大戦の終戦までは出雲大社のみ。 そのため、かつて大社と言えば出雲大社の事でした。 ちなみに、出雲大社の正式な読み方は、「いずもたいしゃ」ではなく「いずもおおやしろ」です。 戦後、全国に多数ある同名の神社の中で宗社(系列神社の本家、とでも言いましょうか)にあたり、国が神社を管理していた時代の社格(神社の格付け)で最も高い社格を持つ神社が大社を名乗るようになりました。 現在大社を名乗るのは、以下の24社です。 社名 所在地 祭神 出雲大社 島根県出雲市 大国主大神 熊野大社 島根県松江市 熊野大神櫛御気野命 三嶋大社 静岡県三島市 大山祇命、積羽八重事代主神 富士山本宮浅間大社 静岡県富士宮市 木花之佐久夜毘売命 諏訪大社 長野県諏訪市 建御名方神、八坂刀売神 気多大社 石川県羽咋市 大己貴命 南宮大社 岐阜県不破郡 金山彦命 多度大社 三重県桑名市 天津彦根命 多賀大社 滋賀県犬上郡 伊邪那岐命、伊邪那美命 建部大社 滋賀県大津市 日本武尊、大己貴命 日吉大社 滋賀県大津市 大己貴神、大山咋神 春日大社 奈良県奈良市 春日神 龍田大社 奈良県生駒郡 天御柱命、国御柱命 廣瀬大社 奈良県北葛城郡 若宇加能売命 伏見稲荷大社 京都府京都市 稲荷大神 松尾大社 京都府京都市 大山咋神、中津島姫命 梅宮大社 京都府京都市 酒解神、酒解子神、大若子神、小若子神 住吉大社 大阪府大阪市 底筒男命、中筒男命、表筒男命、神功皇后 大鳥大社 大阪府堺市 日本武尊、大鳥連祖神 熊野本宮大社 和歌山県田辺市 家都美御子大神 熊野速玉大社 和歌山県新宮市 熊野速玉大神、熊野夫須美大神 熊野那智大社 和歌山県東牟婁郡 熊野夫須美大神 宗像大社 福岡県宗像市 田心姫神、湍津姫神、市杵島姫神 高良大社 福岡県久留米市 高良玉垂命、八幡大神、住吉大神 宮 宮は、基本的には皇族を祀る神社ですが、東照宮(徳川家康を祀る)、天満宮(菅原道真)のような例外もあります。 天満宮などは、神社が国家管理されていた時代には、「菅原神社」・「天神社」・「天満神社」などと改称させられていました。 「宮」は東照宮、天満宮の他には、八幡宮、水天宮、鎌倉宮などがあります。 神社、社 神社と社は一般的な神社の社号です。 まとめ ・ 神宮、大社、神社は社号。 ・ 神宮は天皇や皇室の祖先神、大和平定に功績のある特定の神を祭神とする神社。 ・ 大社は全国に多数ある同名の神社の宗社で、旧社格が官幣大社・国幣大社である神社。 ・ 宮は皇室にまつわる人物を祀る神社(例外あり)。 ・ 神社、社は一般的な神社。 参考:.

次の

神社を格付けていくなら、1番は伊勢神宮ですよね?じゃあそれ以降はどうなん...

神社 格付け ランキング

目次一覧• 神様の格付けについて 一口にこの格付けと言いましても 歴史の変遷があります。 上古社格、古代社会、近代社格という風にして、 大きく分けて3つの流れがあるのですが、 上古社格というのは何か。 天津神、国つ神、この2つ 天津神が上、国つ神が下という事なんですが、 2つの流れに分けるのが、上古社格制度。 そこから古代社格制度に移っているのですが、 これが一体いつ頃かと言いますと、 701年、大宝律令制定です。 天武天皇、持統天皇の時です。 この時、日本は、 国家という形ができてくるんです。 大宝律令の制定、天皇と言う呼び名、 さらに申しますと、古事記の編纂など 日本と言うのが国と言う形を成していく。 神社の格付けについて その流れの中で、全国の神社 格付けと言うものがされていきます。 それが一宮、二宮、三宮です。 そこからずっと時代が流れまして、 平安、鎌倉、室町、戦国、江戸という風にして ずっと古代社格制度、続いていきます。 その流れが変わるのが、近代社格制度 つまり、これは明治維新の時なんです。 この時に官幣大社、国幣大社などが名付けられるのですが こういったように官幣大社62社から始まって、 国幣大社、官幣中社など、こういった流れが続いていくのですが 実は今、 この現代において社格と言うものはありません。 名残は残っています。 しかし、社格と言うのは全部一度、 戦後、取り払われています。 これは、今の時代に合っているのではないかと思います。 つまりは、格差が無くなっていく 神様は上とか下ではなく、その役割や重要度によって 変わってくるということなんです。 つまり、それぞれの神様が、それぞれの役割を果たしているということで 上とか下とかの無い世界。 そういった、世の中にこれから向かっていきますよ ということを示しています。 それも社格の制度の表れとして1つ言えるのではないかと思います。 岩戸開き神話:岩戸開き神話では、天照大神に岩戸から出て来てもらうために、たくさんの神々がそれぞれの役割を果たした。 今回は、社格についてお伝えさせて頂きました。 橋本ユリ でした。

次の

京都の寺・神社 クチコミ人気ランキングTOP40【フォートラベル】

神社 格付け ランキング

国が定めた神社の社格 かつて日本全国の神社には社格といわれる、神社のランク付けのような制度が存在していました。 その歴史は古く、平安時代から昭和二十一年にGHQによる神道指令によって廃止されるまで続いています。 制度としては廃止されましたが、その思想は現在でも受け継がれています。 1-1. 式内社 平安時代にどのような社格が定められていたかが解る史料として、 「延喜式」があります。 延喜式に掲載されている神社の数は、2861社。 これらの神社は 「式内社」とも呼ばれ、格式の高い神社とされました。 延喜式に掲載されていない神社は 「式外社」と呼ばれました。 官社の中でも、神祇官の管轄である 「官幣社」と、国司の管轄である 「国幣社」に分けられ、それぞれ大社と小社にさらに分かれています。 1-2. 近代社格制度 明治時代には近代社格制度が整えられました。 神社は官社と民社 または諸社という に分けられます。 神祇官の管轄である官社は更に官幣、国幣、別格官幣社 官幣の小社と同待遇 に分類されました。 地方官の管轄である民社は府・藩・県社と郷社、村社、無格社に分類されました。 その他の神社の格やランク等 上記の国が定めた社格の他、それに類似するものが幾つかあるので、ご紹介します。 2-1. 一代一度大神宝奉献 「一代一度大神宝奉献」とは、新たな天皇が即位した際に50の神社に宝物を奉納することを言います。 その始まりは任那4年 888年。 下記にその神社を一覧でご紹介します。 畿内 伊勢国 伊勢神宮 三重県伊勢市 宮中 園韓神社 山城国 石清水八幡宮 京都府八幡市 賀茂社 京都府京都市 伏見稲荷大社 京都府京都市 松尾大社 京都府京都市 平野神社 京都府京都市 大原野神社 京都府京都市 大和国 春日大社 奈良県奈良市 大和神社 奈良県天理市 大神神社 奈良県桜井市 石上神宮 奈良県天理市 率川神社 奈良県奈良市 河内国 恩智神社 大阪府八尾市 枚岡神社 大阪府東大阪市 摂津国 住吉大社 大阪市大阪市 大依羅神社 大阪府大阪市 生田神社 兵庫県神戸市 長田神社 兵庫県神戸市 東海道 伊勢国 多度大社 三重県桑名市 尾張国 熱田神宮 愛知県名古屋市 駿河国 富士山本宮浅間大社 静岡県富士宮市 伊豆国 三嶋大社 静岡県三島市 下総国 香取神宮 千葉県香取市 常陸国 鹿島神宮 茨城県鹿嶋市 東山道 近江国 日吉大社 滋賀県大津市 美濃国 南宮大社 岐阜県不破郡 信濃国 諏訪大社 長野県諏訪市 上野国 一之宮貫前神社 群馬県富岡市 下野国 二荒山神社 栃木県日光市 陸奥国 鹽竈神社 宮城県塩竈市 出羽国 鳥海山大物忌神社 山形県飽海郡 北陸道 若狭国 若狭彦神社 福井県小浜市 越前国 氣比神宮 福井県敦賀市 加賀国 白山比咩神社 石川県白山市 能登国 気多神社 石川県羽咋市 山陰道 出雲国 熊野大神社 島根県松江市 杵築神社 出雲大社 島根県出雲市 山陽道 播磨国 伊和神社 兵庫県宍粟市 美作国 中山神社 岡山県津山市 備中国 吉備津神社 岡山県岡山市 安芸国 厳島神社 広島県廿日市市 南海道 紀伊国 日前・国懸神宮 和歌山県和歌山市 伊予国 大山祇神社 愛媛県今治市 西海道 筑前国 宗像大社 福岡県宗像市 住吉神社 福岡県福岡市 香椎宮 福岡県福岡市 筑後国 高良大社 福岡県久留米市 豊前国 宇佐神宮 大分県宇佐市 肥前国 阿蘇神社 熊本県阿蘇市 2-2. 一宮制度が始まった経緯や目的などは記録史料が存在しない為、謎が多い制度でもあります。 全国一斉に始まったわけではなく、二宮、三宮まである国もあれば一宮しか無い国もあり、また選定基準も明確にはなっていません。 そういった理由から、一宮のリストには文献等によって差異があります。 しかし有力な神社が選ばれていることには違いなく、全国の一宮を巡る「一宮巡拝」なども人気となっています。 近畿地方 山城国 一宮:賀茂別雷神社 二宮:賀茂御祖神社 三宮:なし 大和国 一宮:大神神社 二宮:なし 三宮:なし 河内国 一宮:枚岡神社 二宮:恩智神社 三宮:なし 和泉国 一宮:大鳥大社 二宮:泉穴師神社 三宮:聖神社 摂津国 一宮:住吉大社 二宮:なし 三宮:なし 伊賀国 一宮:敢国神社 二宮:小宮神社 三宮:波多岐神社 伊勢国 一宮:椿大神社 一宮:都波岐奈加等神社 一宮:多度大社 二宮:不詳 三宮:不詳 志摩国 一宮:伊雑宮 二宮:なし 三宮:なし 紀伊国 一宮:日前神宮・國懸神宮 二宮:不詳 三宮:不詳 丹波国 一宮:出雲大神宮 二宮:なし 三宮:なし 丹後国 一宮:籠神社 二宮:不詳 三宮:不詳 播磨国 一宮:伊和神社 二宮:荒田神社 三宮:住吉神社 近江国 一宮:建部大社 二宮:日吉大社 三宮:多賀大社 淡路国 一宮:伊弉諾神宮 二宮:大和大国魂神社 三宮:なし 中部・北陸地方 尾張国 一宮:真清田神社 二宮:大縣神社 三宮:熱田神宮 三河国 一宮:砥鹿神社 二宮:知立神社 三宮:猿投神社 遠江国 一宮:小国神社 一宮:事任八幡宮 二宮:鹿苑神社 三宮:二宮神社 駿河国 一宮:富士山本宮浅間大社 二宮:豊積神社 三宮:御穂神社 伊豆国 一宮:三嶋大社 二宮:二宮八幡宮 三宮:浅間神社 甲斐国 一宮:浅間神社 二宮:美和神社 三宮:玉諸神社 美濃国 一宮:南宮大社 二宮:伊富岐神社 三宮:多岐神社 三宮:伊奈波神社 飛騨国 一宮:飛騨一宮水無神社 二宮:不詳 三宮:不詳 信濃国 一宮:諏訪大社 二宮:小野神社 三宮:穂高神社 若狭国 一宮:若狭彦神社 二宮:若狭姫神社 三宮:なし 越前国 一宮:氣比神宮 二宮:不詳 三宮:不詳 加賀国 一宮:白山比咩神社 二宮:菅生石部神社 三宮:なし 能登国 一宮:気多大社 二宮:伊須流岐比古神社 三宮:なし 越中国 一宮:気多神社 一宮:高瀬神社 一宮:射水神社 一宮:雄山神社 二宮:なし 三宮:なし 越後国 一宮:彌彦神社 二宮:二田物部神社 三宮:不詳 佐渡国 一宮:度津神社 二宮:大目神社 三宮:引田部神社 関東・東北地方 相模国 一宮:寒川神社 二宮:川勾神社 三宮:比々多神社 武蔵国 一宮:氷川神社 一宮:小野神社 二宮:二宮神社 三宮: 氷川神社 小野神社を一宮とする文献では氷川神社が三宮になっている。 安房国 一宮:安房神社 二宮:不詳 三宮:不詳 上総国 一宮:玉前神社 二宮:橘樹神社 三宮:三之宮神社 下総国 一宮:香取神宮 二宮:不詳 三宮:なし 常陸国 一宮:鹿島神宮 二宮:静神社 三宮:吉田神社 上野国 一宮:一之宮貫前神社 二宮:赤城神社 三宮:伊香保神社 下野国 一宮:二荒山神社 二宮:なし 三宮:なし 陸奥国 一宮:鹽竈神社 二宮:不詳 三宮:なし 出羽国 一宮:鳥海山大物忌神社 二宮:城輪神社 三宮:小物忌神社 中国地方 但馬国 一宮:出石神社 二宮:粟鹿神社 三宮:不詳 因幡国 一宮:宇倍神社 二宮:なし 三宮:なし 伯耆国 一宮:倭文神社 二宮:大神山神社 三宮:倭文神社 出雲国 一宮:出雲大社 二宮:なし 三宮:なし 石見国 一宮:物部神社 二宮:多鳩神社 三宮:大祭天石門彦神社 隠岐国 一宮:水若酢神社 二宮:なし 三宮:なし 美作国 一宮:中山神社 二宮:高野神社 三宮:なし 備前国 一宮:吉備津彦神社 二宮:不詳 三宮:なし 備中国 一宮:吉備津神社 二宮:なし 三宮:なし 備後国 一宮:吉備津神社 二宮:なし 三宮:なし 安芸国 一宮:厳島神社 二宮:不詳 三宮:なし 周防国 一宮:玉祖神社 二宮:出雲神社 三宮:仁壁神社 長門国 一宮:住吉神社 二宮:忌宮神社 三宮:龍王神社 四国地方 阿波国 一宮:大麻比古神社 二宮:なし 三宮:なし 讃岐国 一宮:田村神社 二宮:大水上神社 三宮:なし 伊予国 一宮:大山祇神社 二宮:なし 三宮:なし 土佐国 一宮:土佐神社 二宮:小村神社 三宮:なし 九州地方 筑前国 一宮:住吉神社 二宮:筥崎宮 三宮:なし 筑後国 一宮:高良大社 二宮:不詳 三宮:不詳 豊前国 一宮:宇佐神宮 二宮:なし 三宮:なし 豊後国 一宮:柞原八幡宮 一宮:西寒多神社 二宮:なし 三宮:なし 肥前国 一宮:千栗八幡宮 一宮:與止日女神社 二宮:なし 三宮:なし 肥後国 一宮:阿蘇神社 二宮:甲佐神社 三宮:藤崎八旛宮 日向国 一宮:都農神社 二宮:不詳 三宮:不詳 大隅国 一宮:鹿児島神宮 二宮:蛭児神社 三宮:なし 薩摩国 一宮:枚聞神社 一宮:新田神社 二宮:不詳 三宮:不詳 壱岐国 一宮:天手長男神社 二宮:不詳 三宮:不詳 対馬国 一宮:海神神社 二宮:不詳 三宮:不詳 2-3. 二十二社.

次の