お腹 ゆるい 原因。 お腹が緩いのが続くときの原因や食事などの対処法!見落としがちな意外な盲点!

お腹がゆるいなぁと感じる方必見!軟便が続く5つの原因と改善法

お腹 ゆるい 原因

ホーム お腹がゴロゴロ、グゥー、ポコポコ鳴る?? お腹から聞こえる?不快な音?個人差はありますが、誰でもきっと心当たりがありますよね(汗) とは言え、本人が気にするほど、他人には聞こえていない場合も多いものです。 スポンサードリンク お腹が、ゴロゴロ、ポコポコ、グウグウなどと言ったような音がこれにあたります。 絶対に誰にでも、多かれ少なかれ経験した事のある症状の一つです! 胃や大腸で鳴る音すべてが腹鳴と言われるものですね。 例えば、お腹がすくと、グゥーとか、キュー?とか鳴りますよね?(笑) 他には、お腹がすいていなくても、お腹のガス?などの影響で、ポコポコいったりゴロゴロ?と音がするのも腹鳴と言う事になります。 なかなか辛い悩みですが、ひとりで悩まないで、一度医師に相談してみましょう。 腹鳴の原因とは? 胃の消化液や分泌物、食べ物や飲んだ物などが、お腹の中を移動する時に起こり、つまり蠕動運動が引き金になっています。 この時に聞こえてて来る音が、 腹鳴の正体です(汗) 胃の場合、飲み込んだ空気の影響も大きいですが、大腸から聞こえる場合は、大腸内で発生したガスの影響も大きくなります。 便秘の人は、悪玉ガスを多く発生させやすいので、特に要注意です。 そして、腹鳴の音が大きく感じるのは、もしかしたら過敏性大腸炎であったり、大腸に何らかの炎症がある場合も考えられます。 それは、腸内に炎症があると、分泌液が増えるので、 腹鳴の音が大きくなる傾向があるからです。 たかがお腹の音ではありますが、このように病気のシグナルになっている場合もあるので、この重要なサインを見逃さないようにしましょう^^ 原因が分かれば、治療もできますからね^^ 心当たりがある方や、心配な人は、その改善策として、腸内細菌を増やし、お腹の環境を整えましょう。 食物繊維が豊富なので、お通じスムーズになり、腸内環境が改善されれば、悪玉菌退治になり、ガスの発生を抑えられます。 腹鳴が気になる人は、まず腸内環境の改善から始めると結果が出やすいです^^免役機能の6割以上~を占めるのが大腸なので、大腸が健康なのに越した事はありません^^ ここで、少し余談になりますが、ヨーグルトにも相性たるものが、しっかりと存在します。 いろいろ市販されているものを食べて見て、その中で一番、お通じが良くなった乳酸菌を選ぶのがコツです^^ ヨーグルトに入っている乳酸菌は、メーカーによって全然違いますからね^^;お腹と乳酸菌との相性があっても、全く不思議はないですよね(笑) あと、腹鳴が気になる人は、できるだけオナラを我慢しないようにしましょう。 我慢したオナラは、当然の事、元に戻ろうとするので、逆流してしまいます。 やっかいな事に、オナラが逆流して行く過程でも、オナラのような音が出る事もあります。 逆流音というものですね。 それに、オナラを我慢すると言う事は、出ようとした有毒ガスを、またお腹の中に、また戻す行為です。 外に出る事ができなくなったオナラは??血液と一緒に運ばれ、全身を巡り巡って行きます。 結果、顔には吹き出物?が出やすくなってしまいます。 便秘ぎみだと、吹き出物が出やすい?のは、それが理由です(汗) また、逆にですが、腸がねじれて詰まってしまう腸閉塞を発症した場合は、お腹で鳴る音が小さくなります。 大腸に異常が生じ、詰まる事で、蠕動運動が正常にいかなくなりますからね・・。 とは言え、実際は、腸閉塞になると、激しい痛みを伴う事も多いので、腹鳴を気にしている余裕はないかもしれません(汗) どちらにしても、腹鳴によって各消化器官の健康の度合いをある程度ですが、推測する事が可能です。 お腹が減ると何故?お腹が鳴るのか? 胃は、食べ物が入ってくると、まず消化するために、胃酸(消化液)を出しながら収縮運動を繰り返し、十二指腸から大腸に運ばれ消化されていきます。 やがて胃は、からっぽ!の状態になるわけですが、お腹が鳴るのは、まさにこの瞬間ですよね? 胃は胃の中が、からっぽ?になったらと言って、次の食べ物が入ってくるまでは、一休み!!なんて事はしません。 少しは休憩しますが、一定の周期でまた収縮運動を繰返します。 お腹が鳴るのは、胃がからっぽ!になった時、胃の収縮運動の最中に起こります。 この音は、お腹のガスが移動する時に起こっているので、つまり、胃が休憩している時は、とても静か!とは言え、胃がまた動き出すと、またお腹が鳴りだします^^; 確かに、空腹感を感じて、お腹が鳴るタイミングには、波がある!!のは、このせいで すね。 上記ようなサイクルでお腹はなるので、もしお腹がすいて、グゥーッと鳴り出しそうな時は、大きく息を吸い込んで、お腹を大きく膨らました状態をキープしておきます。 お腹が鳴りそうな峠を越したな?と思ったら、ゆっくりと膨らませていたお腹を元に戻します。 お腹を膨らんだ状態をキープするだけなので、もちろんですが、呼吸はして下さいね(笑) お腹を膨らませる事で、お腹のガスが移動する時に音が出づらくなる原理ですね^^ 自分のお腹を見ながら呼吸すると、呼吸のタイミングで、お腹が膨らんだり、凹んだりするのが分かりますよね? 、つまり、お腹が鳴りそうな時は、お腹を凹ませておかない!と言う事です。 雑学 腹鳴の原因となる、大腸のガスについて 実は、大腸ってオナラを作る工場?のようなものなのだとか? ???? って思うところですが、私達が食事をするために口から入ってきた食べ物の中には、胃や十二指腸で完全に消化されなかったものが、たくさん運ばれてきます。 例えば、なかなか消化しされないような食べ物を食べた時などは、この消化されなかった残りカスが大腸に住むバクテリアの餌になるようです。 実はこのバクテリアが、大腸の中で、この残りカスを食べてガスを出しているのです。 そして、あのオナラの音は、肛門周辺の筋肉が振動する音なので、できるだけ、この筋肉が振動しないように、オナラを出せば無音(ミュート)になります^^; とは言え。 食物繊維を控えなくてはいけない?と言うわけではありません。 大腸の働きを整えるには、食物線維は必須ですからね。 有害物質を排出し、癌を予防し大腸環境を整え、便秘を解消してくれるのも食物繊維です。 そして、 腸内のゴロゴロ、キュルキュル、グルグルっと聞こえるオナラ以外の腹鳴は、胃や小腸、大腸が食べ物をドロドロの液体にするために、かき混ぜている音です。 空気が、口から入った空気が、体内の消化システムを通り抜ける時間は、たったの30分程度なんだそうです。 早ッって感じですね。 お腹がすいた時の腹鳴は、自然な事ですが空腹でもないのに腹鳴がある場合や、他の症状として、お腹の痛みなどもあったりする場合は一度、消化器内科を受診して原因を探ってみるのも、一つの手だと思います。 呑気症だったり、他の消化器疾患が原因だったりしてもいけませんので、早めに原因を見つけて治療に入るのは良い事だと思います。 呑気症? 呑気症は、無意識の間に、空気をいっぱい飲み込んでしまう傾向があると、お腹にガスが溜まりやすくなります。 また、本人は、自覚がない事も多いのですが、奥歯をギュッと噛み締めてしまう癖のある人は要注意です。 唾液と一緒に、奥歯を噛み締めた時に、少しづつではありますが空気を飲み込み、その空気が胃や大腸に溜まりやすくなるからです。 ふだんの生活の中で、奥歯に力が入っていないか?時々確認してみましょう。 もし、奥歯を噛み締める癖があると感じたなら、噛まないように意識して治していきましょう。 意識するだけで腹鳴の予防につながりますからね^^そして、早食いはダメです!食事は、良く噛んでゆっくり食べる事で、飲み込む空気の量が少なくて済みます。 多かれ少なかれ、空気を飲み込まない人はいませんからね、それでも、そのほとんどはゲップとして出ますので、あまり神経質にならなくても大丈夫です。 胃の上部に空気が溜めておけば、括約筋の働きで、そのうちゲップとして空気を排出する事ができますからね^^ 一言メモ 最後に・・・ 民間療法にはなりますが、ガス解消には 山椒も効果的です。 山椒の成分が、脳を刺激し、胃腸などの、内臓機能を活発にしガスを排出する効果があるからです。 この悩みは、本当に切実です。 一人でも、多くの方の悩みが解消されますようにm(__)m スポンサードリンク 関連記事•

次の

お腹がゆるい原因や治し方は?

お腹 ゆるい 原因

(1)プロテインを飲むと下痢になる1番の原因とは? プロテインを飲むと下痢をしてしまう、お腹が痛くなってしまう。 という悩みを持った方も多いはずです。 効率的なトレーニングをするために プロテインを飲んでいるのに、下痢になってしまっては本末転倒。 しかし、そもそもなぜ、 プロテインを飲むと下痢をしてしまうのでしょうか? プロテインと下痢の関係性を調べてみると、1つの原因にたどり着きました。 1-1乳糖不耐症な可能性が大! プロテインを飲んで下痢してしまう大きな原因としては「 乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう)」が考えられます。 乳糖不耐症って、何か大きな病気なの?!いえ、そんなことはありません。 乳糖不耐症とは一体どんな症状なのかを簡単に説明すると、 牛乳に含まれている「乳糖(にゅうとう)」を消化吸収できない体質の人を指します。 乳糖は 牛乳や乳製品に含まれている 糖分のこと。 乳糖を体内に入れると消化吸収できずに、下痢や腹痛とし症状が現れます。 プロテインのほとんどは、牛乳を原料としたホエイから作られているので、下痢や腹痛の原因になる乳糖が含まれていることになります。 1-2. 乳糖不耐症になる原因は遺伝的な要素が強い 世の中には、プロテインや牛乳を飲んでも、平気な人もいます。 なぜ、平気な人と、そうでない人(乳糖不耐症)に分かれてしまうのでしょうか?乳糖不耐症になる考えられる原因としては、「 ラクターゼ」という 消化酵素にポイントがあります。 生まれつき ラクターゼ を持っている人は、牛乳や乳製品を消化できます。 つまり、プロテインや牛乳を飲んでも平気な人です。 しかし、 乳糖不耐症な人は、生まれつきラクターゼを持っていないので、下痢や腹痛になってしまうのです。 ラクターゼがないなら、作ればいい!と思いますよね。 しかし、今から 努力しても体内でラクターゼは作ることはできません。 ラクターゼを持って生まれるかは、残念ながら、遺伝的な要素が大きく関係しているのです。 (2)その他で考えられる下痢をする原因 乳糖不耐症でなくても、その他の原因で下痢をしてしまうことも考えられます。 そこで、乳糖不耐症以外で考えられる下痢をしてしまう原因と、対処法についてご紹介していきます。 2-1. 単純に胃腸が弱い プロテインを飲むと下痢してしまう、お腹が痛くなる理由。 生まれつき胃腸が弱い体質というのも、関係してくるでしょう。 単純に胃腸が弱くて下痢をしてしまうなら、対処法としては3つあります。 それぞれの理由も見ていきましょう。 ・プロテインの種類を変えてみる プロテインの種類を変えてみる理由は、今飲んでいる プロテインが合っていない可能性もあるからです。 ホエイプロテイン、ソイプロテイン、ガゼインプロテインなど、色々な種類のプロテインを試してみる。 メーカーを変えてみるのもオススメです。 ・普段の食事を見直すこと 普段の食事が乱れていて、胃腸が弱っている可能性も考えられます。 胃腸が弱っている時に プロテインを飲んでも、しっかり吸収されないかもしれません。 普段の食事を管理して、 胃腸を健康にしていきましょう。 具体的には、外食を減らして自炊をすることから始める。 ジャンクフードばかりではなく、一汁三菜の定食型の食事にしてみる。 消化の良い食材を選ぶのもポイントです。 ・飲み方に気をつけること プロテインを一気に飲み干していませんか?胃腸が弱い体質の人が、 一度にプロテインを飲むと胃がビックリして、下痢をしてしまったり、腹痛の原因になることもあります。 不調の原因を作らないためにも、プロテインの飲み方にも気をつけましょう。 例えば、一気に飲むのではなく、 ゆっくり噛むようにして飲む。 液体でも噛むようにして飲めば、唾液に含まれる消化酵素も一緒に取り込めるので、 消化促進に役立てます。 2-2. 冷たい水に溶かして飲んでいる プロテイン は冷たい水に溶かして飲むと溶けやすく、美味しさも増します。 冷たい水は欠かせない!と、実践している人も多いのではないでしょうか?しかし、冷たい水で割ったプロテインを一気に飲むとどうなるでしょう。 お腹が急に冷えて、下痢や腹痛になってしまう可能性も考えられます。 冷えが不調の原因なら、対処法としては常温の水を使うこと。 冷たい水の方が美味しいですが、ここは常温の水で我慢して飲むように心がけましょう。 (3)乳糖不耐症な人がホエイプロテインを飲むにはどうすればいいの? 乳糖不耐症の人が気をつけたいポイントは「 乳糖」です。 乳糖不耐症な人が下痢や腹痛が起こる仕組みは、文頭で説明したとおり。 牛乳に含まれている乳糖が消化吸収できないことで起こります。 しかし、下痢や腹痛になる原因が分かったところで、1つ疑問が生まれます。 乳糖不耐症の場合、乳糖が含まれているホエイプロテインを飲むことはできないの?ということです。 ですが、 実際にホエイプロテインを飲めないということはありません。 ホエイプロテインの種類をしっかり選べば、変わらずにホエイプロテインを飲むことができます。 3-1. WPI(whey protein isorate)製法のプロテインを選べば問題なし! 乳糖不耐症な人が飲むべきなのは「 WPI製法」と呼ばれるホエイプロテインです。 「 whey protein isorate(ホエイプロテインアイソレート)」の頭文字をとって WPI。 主にアイソレートタイプと呼ばれています。 (以下、WPI) ホエイプロテインは、製法の違いによって4種類のプロテインに分類されます。 ホエイプロテインの種類とは次の4つ。 ・WPC製法(ホエイプロテインコンセントレート) ・WPI製法(ホエイプロテインアイソレート) ・CFM製法(クロスフローマイクロフィルトレーション) ・WPH製法(ホエイペプチド) 上記4つのプロテインは、 各それぞれ製造方法が違い、吸収率も異なるのが特徴です。 なぜ、 乳糖不耐症な人はWPI製法のプロテインを飲むべきなのかは、一番の欠点となる「 乳糖」 が含まれていないプロテインだから。 WPI製法のプロテインは、牛乳に含まれるホエイを原料としていますが、ホエイの中に含まれている乳糖や脂質を取り出して作られています。 つまり、 WPI製法のプロテインは、乳糖不耐症な人でも安心して飲める唯一のプロテインです。 また、乳糖や脂質といった不純物を取り除いているので、 通常のプロテインよりもタンパク質の割合が多いのが特徴。 高タンパク質なプロテインということにもなります。 (4)プロテインの選び方・飲み方を変えれば下痢する心配もなし! プロテインを飲むと下痢をしてしまう原因から、その他で考えられる下痢の原因と対処方法についてご紹介してきました。 乳糖不耐症の人にとって 一番の欠点は「 乳糖」です。 そこで、 乳糖不耐症の人でも安心して飲めるプロテインは、「 WPI製法のプロテイン」です。 乳糖や脂質などの不純物を取り除いたプロテインなので、下痢をしてしまう心配はなし!プロテインの選び方を変えれば、問題なく飲み続けられますよ。

次の

下痢:医師が考える原因と対処法|症状辞典

お腹 ゆるい 原因

目次 クリックするとスクロールします)• お腹が緩いという言葉の意味は? まずお腹がゆるいとはどういった状態のことを指すのでしょうか?答えは便が水分を多く含んで、個体の状態ではなく液体に近い状態になってしまっているということです。 便(うんち)は体の健康状態を表すバロメーターです。 例えば排泄をするとき、バナナのように適度に柔らかい状態であれば健康な証です。 また便がウサギのようにポロポロ細かい場合は、極度のストレスが体にかかっているまたは消化管が狭くなっている可能性があります。 お腹が緩い時の便でペースト状のものは、体が消化しづらい食べ物を食べたり体質的にお腹がゆるくなりやすい慢性下痢の時になりやすいです。 泥水のようにほとんど液体の時は、何か病気にかかっている可能性が高いです。 風邪、ノロウィルス・ロタウィルスなどです。 一言にお腹がゆるいといっても様々な原因があるので、症状ごとに適切な対処をすることが重要です。 では次から原因を見ていきましょう。 スポンサーリンク お腹がゆるい原因は? お腹がゆるい原因は大きく分けて二つあります。 慢性的(長く続く体質的なもの)と急性的なものです。 それぞれ原因を探っていきましょう。 ストレス・緊張しやすい体質・お腹が弱い(慢性下痢) ストレスを強く感じると自律神経が乱れてしまい、腸の活動に以上が生じます。 本来であれば口から入れた飲み物や食べ物は、胃で消化されて腸へと行きますが、腸壁によって水分がほとんど吸収されます。 しかし、ストレス、緊張。 生理などが生じると腸が十分に水分を吸収することができずに、便と一緒に水分も大量に排出されてしまいます。 専門的な病名としては過敏性腸症候群といいます。 急激に下痢が発症してしまうといったことはありませんが、いつもお腹がゆるい状態が続いているので電車やバス、試験中などすぐにトイレにいけない環境がある場合は辛いものです。 単にストレスを抱えているのが原因(人間関係、家庭関係などで強いストレスがかかっている)のケースと日ごろの食生活が原因の場合があります。 お腹がゆるくなっても、いざトイレに入ると便が全くでないケースの場合はストレスや緊張が原因のケースがほとんどです。 この場合は腸内の環境を整えると同時にストレスを減らしていく必要があります。 食生活が原因の場合は刺激が強い、お腹を下しやすい食べ物を食べるのを避けて消化に優しい食べ物を多めに食べることが良い解消法です。 朝起きるとお腹が緩くなる場合も生活習慣を変えていく必要があります。 急性下痢 こちらは普段お腹が緩い症状が出ていない人が急激に下痢の症状を引き起こしてしまう場合です。 この場合は食中毒やノロウィルス、ロタウィルス、風邪など何かしらのウィルスや細菌に感染してしまっているのが原因です。 症状が急激にひどくなり、数日で回復するのが特徴です。 本当に症状がひどい場合は下痢や嘔吐を繰り返しトイレにこもりっきり、寝たきりになってしまいます。 なので病院へいくことすらままならないでしょう。 そして病院へ行くころには、症状の原因はわかっても、すでに症状が治っている途中なのであまり意味がない状態です。 急性の下痢の場合は食事をとることができないので、しっかり水分補給する必要がありますが、ある成分をとることによって症状が回復を早めることができます。 気になる方は読み進めてみてください。 スポンサーリンク お腹が緩い時の治し方や解消法は? 先ほど原因をお話しましたが、次にそれぞれの解消法を見ていきましょう。 ストレス、体質、生活習慣が原因の慢性下痢の治し方 ストレスが原因でお腹が緩くなる場合は何が原因でストレスを抱えているか思い出しましょう。 意外と多いのがトイレがすぐにいけない状態になると、急にストレスを感じてしまい、お腹が緩くなってしまうというもの。 こういったケースの場合は、生活環境が変わっただけでコロっと治ってしまうケースも多いです。 例えば電車通勤で1時間かかったのが自転車で15分程度で済むようになった。 学校の授業中は自由にトイレにいけなかったが学校を卒業していつでもトイレにいけるようになったなどなど。 しかし、いきなり生活環境を変えるのは難しいので基本的には腸内の環境を改善していくことから始めてみましょう。 次に、日ごろ食べているものが原因で、お腹が緩くなってしまう場合の解消法は日ごろの食生活を改めましょう。 コーヒーやお酒などカフェインやアルコールは消化器官に刺激を与えるので悪影響です。 乳製品を多く食べている場合もお腹がゆるくなりやすいです。 もともと日本人は肉食文化がなかったので乳製品に含まれる乳糖は日本人の体にとって消化されづらいです。 ヨーグルトならまだいいですが、牛乳やチーズはNGです。 一日に何個もガムを食べる人はキシリトールにも注意しましょう。 キシリトールは水分を吸収しやすい性質があります。 そのため体内にキシリトールが入ってくると、消化器官の中にある水分を吸収して下へと降りてきます。 そして大腸に到達すると、キシリトールに含まれた水分が一気に分解されるので水っぽい便になってしまいます。 他には辛い物は消化器官に負担がかかりますし、脂っこい食べ物も消化が遅く腸に刺激を与えてしまうので注意が必要です。 朝起きてお腹がすぐに緩くなる場合は、前日に食べたものが消化しきれていなかった。 朝イチだと体の消化機能が弱いので朝食を食べると十分に消化ができなかったなどが考えられます。

次の