火葬 桐生。 桐生市の斎場/火葬場一覧|葬儀・家族葬をするなら【終活ねっとのお葬式】

市民葬祭

火葬 桐生

地域一番の低価格 市民葬祭のプランは基本料金に含まれてますので高額なオプションや複雑な追加料金はありません。 ( 注)駐車場係や受付の男性スタッフは、 返礼品屋さんや花屋さんが無償で行う事が多いですが葬儀屋は人件費として1人1万円程度をご家族に請求することが多いとされてます。 私たち全国市民葬祭協会、全40店舗は高額葬儀ではなく御家族に寄り添い心で送る葬儀を大切にしています。 市民葬祭、良くある質問 Q ホールは、どこにありますか? A 経済的な負担を抑えてわかりやすいプランでのサービスをご提供させていただくため、自社のホールは設けておりません。 それぞれの地域の市営ホールをご案内させていただきます。 Q どのようなプランがありまか? A 火葬のみを行うプラン、通夜は行わず一日で告別式とか火葬を行うプラン、親族や親しい友人をお呼びして通夜も告別式も行うプランがございます。 Q 使用する棺や骨箱は選ぶ必要がありますか? A いいえ、当社はシンプルなプラン設計にしており、すべて最上級ランクのものを使用しています。 棺や骨箱にランクを設けるのは、葬儀屋の利益目的であることが多く、何より個人様にも失礼に当たると考えているため、あえてそのような区分けはしないようにしております。 Q 花輪は頼む必要がありますか? A いいえ、花輪は一切扱っていません。 花輪も、葬儀屋の利益のためのサービスで、本来、ご家族や個人様には必要のないものです。 実際、花輪は名札だけ変えて使い回しがされています。 Q 返礼品は、ありますか? A はい、扱っております。 ただし、一般的に返礼品の費用の 5 割〜 6 割は葬儀屋の利益になっているため、御葬儀のお茶は美味しくありません。 当社はそのようなことがないよう、返礼品は、東京にある一流百貨店にて適正価格で調達し、保障書を入れてお渡ししています。 業者からは御礼として 1 割の手数料をいただいておりますが、こちらは後々必要になります塗位牌をお作りするために使用しています。 Q 墓地は紹介してもらえますか? A 景色環境の整っている公営墓地・私設墓地・共同墓地をお探しいたします。 また、永代供養費も 15 万からご利用出来る所がございますので、お気軽にご相談ください。 Q 他社に問い合わせたところ、公営の式場(斎場)は予約でいっぱいだと言われたのですが …。 A 自社の式場を持っている場合、使用費を取るために、そのような案内がされることがあるようです。 公営式場は、地域の方がご利用いただけるように作られており、予約でいっぱいになるようなことはほとんどありません。 Q 公営の式場(斎場)と葬儀社が持っている式場は、何が違うのですか? A 公営の式場には初めから祭壇が設置されているため、祭壇料が必要ありません。 Q お布施が高額で困っています。 A 近年は、葬儀費よりお布施の方が高額になっている場合もあると耳にします。 当社では、理念に共感いただている僧侶様をご紹介しており、 3 万〜ご利用になれます。 Q テレビや週刊誌などで、高額費用の悪徳葬儀の話を聞いたことがあり心配です。 A 当社は低価格でシンプルな葬儀をしていただき、ご家族の負担をできるだけ少なくすることをモットーにしております。 もちろん費用体系もわかりやすく、どんどんオプションが追加されて費用が膨れ上がっていくようなことは一切ありません。 地域最安値 低価格の葬儀・格安の家族葬 葬儀対応エリア 桐生市・みどり市・太田市・足利市 他社の見積もりを必ず取り葬儀明細をご確認下さい ご相談・お見積り無料 24時間受け付け 0277-46-7330 写真上 お別れ葬、火葬のみのプラン 太田市斎場利用 一式118. 000円 プラス写真16. 000円 ドライアイス20キロ17. 000円 返礼品4人12. 000円 163. 000総額円 別途消費税 写真上 一日葬 告別式のみのプラン20名規模 桐生市斎場利用 一日葬278. 000円 施主花一対30.000円 ドライアイス30キロ25. 500円 受付スタッフ1名9. 000円 備品一式30. 000円 返礼品15個45. 000円 総額417.500円別途消費税 写真上 一日葬 告別式のみのプラン30名規模 太田市斎場利用 一式278. 000円 花祭壇、返礼品、お清め料理など諸費用込 総額約650. 000円 別途消費税 写真上 家族・一般葬 通夜・告別式プラン80名規模 桐生市斎場利用 一式387.000円 ドライアイス30キロ25. 500円 備品一式30.000円 受付等スタッフ6名54.000円 返礼品一般25個75. 000円 新生活40個40.000円 礼状65枚6.500円 総額618. 000円 別途消費税 写真上 家族・一般葬 通夜・告別式プラン30名規模 桐生市斎場利用 一式387.000円 ドライアイス3日分15.000円 返礼品20人42.000円 通夜振る舞い67.200円飲み物代1日5.250円 精進料理のみご家族様にて 総額577.250円 別途消費税 写真上 家族・一般葬 通夜・告別式プラン50名規模 桐生市斎場利用 一式387.000円 ドライアイス3日分15.000円 斎場使用料60.800円 返礼品30人94.500円 通夜振る舞い107.100円 精進料理20人70.350円 飲み物代2日分18.900円 総額753.650円 別途消費税 Q墓地がないのですが、ありますか? A永代供養費も安価で10万〜利用出来る所もございますので御相談頂ければと思います。 Q御布施が高額で困っています。 A近年、葬儀費より高額になっている場合があると耳にします。 共感頂いている全国の僧侶様が10万円〜御利用頂けます。 もちろん地域の慣習などによっても変わってきます。 また、下記の一例は財団法人 日本消費者協会の葬儀に関するアンケート結果の平均ですが年々葬儀にかける費用は減少しています。 また規模等によりこの平均も多くがこの金額を下回っているという意見もありますので、 安く葬儀を行いたい方はご自身の希望のプランに沿わせながら下記平均以下の金額を設定し、要は先に希望の予算を大まかに立てておくと良いでしょう。 知識の無いまま葬儀社を決めてしまった場合、思いもかけないほどの費用がかかったり、予備知識がなくお布施の金額や手順がわからず苦労したという声も多く聞きます。 生前予約での費用でも実際の葬儀との金額と差はほとんどありません。 ご自分の予算内でどれだけ 自分の希望を具体化できるか事前に把握しておくことで少しでも安く抑えることが可能です。 葬儀社と言っても非常に多くの会社があります。 また葬儀は物販ではありません。 葬儀内容やお花や飾り付け、祭壇のランク、サービスまでも様々です。 ですから見積もりを比較することがうまく葬儀費用を決める方法です。 削除できそうな条件や、かかせない条件など自分の希望を 複数の葬儀社を何社か見積もりして比較することで無駄な出費を抑えることができるでしょう。

次の

桐生典礼会館(群馬県)の斎場詳細

火葬 桐生

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 適正価格のセットプランをご用意 桐生市で葬儀をお考えの方は、終活ねっとのお葬式をご利用ください。 一般葬や家族葬、直葬など、豊富なセットプランをご用意させていただいております。 桐生市の平均費用と火葬場 群馬県での葬儀にかかる平均費用は約162万円となっておりますが、終活ねっとのお葬式ではこれよりも費用を抑えて執り行うことが可能です。 例えば、桐生市の桐生市本町ホールで家族葬を執り行う場合、終活ねっとのお葬式ならセットプラン455,000円〜(税抜)で行うことができます。 桐生市でよくご利用される斎場としては、桐生市本町ホール、東毛式典なごみホール、桐生市斎場などがあります。 お気軽にご相談ください 終活ねっとのお葬式なら、桐生、新桐生、相老エリアを含め、桐生市全域で対応が可能です。 葬儀の流れや費用など、葬儀・お葬式に関してなにか疑問や不安、わからないことのある方は、いつでもご相談ください。 24時間365日対応しております。 桐生市では、約20件ほどの葬儀社を確認することができました。 また、桐生市特有の葬儀の特徴や風習はとくに見られませんでした。 桐生市のある群馬県の葬儀の特徴や風習は、「新生活」という香典のスタイルです。 この運動は、華美な生活を慎み、経費削減に努めるという運動です。 そのため、群馬県のお葬式では、通夜や葬儀・告別式で「一般」と「新生活」の2つの受付が設けられます。 「新生活」で受け付けをした方には、香典返しはありません。 その他の主な葬儀の特徴や風習は以下の通りです。 撒き銭 ご長寿の方の葬式で、ご遺族が参列者に対して半紙で包んだ小銭を撒きます。 撒かれた銭を持ち帰った参列者は故人のご長寿にあやかることができると言われています。 でがの飯 告別式後に一膳飯を参列者の中で回し、一本の箸を使って少量食べる風習を「でがの飯」と言います。 参列者で回して食べることで参列者全員で見送るという意味があります。 新生活運動 ご遺族への経済的負担を減らすため、金額を減らして香典返しを辞退した香典を「新生活」と言います。 位牌が一つでない 故人の子供の数だけ位牌をつくります。 この位牌を通じて故人の魂が下りてくるので、子供の各家庭の仏壇に安置します。 隣保班 近隣住民との繋がりが強い地域では、隣保班と呼ばれる近隣組織が受付などの葬儀の手伝いをします。 館林市のある群馬県での群馬県の費用相場は約150万円と言われています。 全国的な葬儀費用の相場は、一般的に約200万円といわれているので、割安と言えます。 葬儀には様々な形式や種類があるほか、葬儀社と相談して葬儀のグレードやオプションを変更できるので、ご家族でよく話し合ってみるとよいでしょう。 上記の料金以外にも、葬儀社によっては追加料金を請求される場合があります。 事前にプランの内容、追加オプションなどについてよく確認することが大切です。 「終活ねっとのお葬式」は、安心してご利用いただけるセットプランとなっております。 状況やご要望に合わせて選べる豊富なプランをご用意しておりますので、ぜひご利用ください。 ペット葬儀・火葬の種類について紹介していきます。 合同火葬 合同火葬は他のペットと一緒に火葬を行う葬儀の方法です。 費用が安く抑えられる一方、ご遺骨の返却や火葬の立会ができないというデメリットがあります。 個別火葬 個別火葬とはペットのご遺体を個別に火葬する形式となります。 火葬から納骨までを葬儀社の方に一任する「一任型」と、火葬に立ち会い納骨をご家族が行う「立会型」があります。 火葬車による訪問火葬 自宅まで火葬車が訪問し、その場でペットのご遺体を預かり搭載された火葬炉で火葬を行います。 合同か個別か、ご遺骨がかえってくるか否かは葬儀社によって異なります。 土葬 ハムスターや小鳥など、小さなペットについてはそのまま自宅の庭などに埋葬することも可能です。 ただし、小動物以外は土に還るまで時間がかかるため、できるだけ火葬によって供養することがおすすめです。 ペット葬儀の流れ ペット葬儀・火葬の流れを紹介していきます。 お別れの形を決める ペットのお見送りの方法は様々です。 自治体、葬儀社のどちらに依頼するのかや、合同火葬にするのか個別にするのかなど、お別れの仕方を決める必要があります。 自治体・葬儀社に連絡する お別れの形式が決まりましたら、依頼する自治体や葬儀社に連絡をしましょう。 読経・焼香を行う ペット葬儀でも、葬儀社によっては希望に応じて人の場合と同様に葬儀を行うことも可能です。 祭壇を準備してお坊さんにお越し頂いて読経をして頂き、ご家族でお焼香を行います。 火葬・納骨をする 火葬場に赴いて火葬を行ったり、火葬車に来て頂いて火葬を行ったりと、その形式は様々です。 個別立会葬儀であれば、火葬中は待合室で待機し、火葬が終わったら骨上げを行います。 ご遺骨を供養する 火葬を行った後、そのままペット専用の霊園で供養してもらえるサービスを提供している葬儀社も少なくありません。 個別で火葬を行った場合であれば、手元で供養したりお墓を建てたりと納得のできる供養を行うようにしましょう。 群馬県桐生市でペット葬儀を手配するには? 桐生市で手配するペット葬儀の特徴 葬儀費用を抑える4つの方法 1. 葬祭費給付金を利用する 国民健康保険または後期高齢者医療制度に加入している場合は、自治体に申請することによって約1〜7万円(自治体によって異なる)の葬祭費給付金を受給できます。 費用を抑えられる葬儀形式を選ぶ 最近は費用が抑えられる葬儀形式も見受けられるようになってきました。 そのような葬儀形式を選択すると費用を大きく抑えることができます。 詳しくは後述の(葬儀の種類とその費用・特徴)をご覧ください。 公営の斎場や火葬場を選ぶ 予約が取りづらい場合もありますが、民間の斎場・火葬場に比べて大きく費用を抑えることができます。 終活ねっとのお葬式で費用を抑える 「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。 葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。 葬儀費用についてさらに詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説 医師による臨終の診断 医師より死亡診断書を受け取り、臨終に立ち会った人で末期の水を取ります。 そして湯灌(ゆかん)でご遺体を清め、死化粧をします。 病院へのご遺体の安置 病院で亡くなられた場合は霊安室にてご遺体を安置します。 この間にご遺体の搬送先の決定、搬送の手配をします。 近親者への連絡 親族や親しい親戚、知人などには葬儀の日程が決まる前に死亡の連絡をします。 連絡方法は電話やメールを使います。 ご遺体の搬送・退院 ご遺体を病院から搬送先に搬送し、北枕で安置して枕飾りを施します。 喪主を決める 喪主は個人と縁が深い方が務めることになります。 一般的には法律上の相続人が喪主となることが多いようです。 葬儀社・お寺の手配 親族で葬儀の方針を決定し、葬儀社を手配します。 菩提寺など縁のある寺院がある場合はそこにも連絡します。 菩提寺がない場合は葬儀社に相談して手配してもらいます。 「死亡届」「火葬申請書の許可」 役所に死亡届・死亡診断書を提出します。 その際、火葬許可申請書も同時に提出し、火葬の際に必要な火葬許可証を発行してもらいます。 忌引休暇の取得 葬儀の日程が決まったら、勤務先の忌引規定に従って忌引休暇を取得します。 遺品整理 手帳やパソコンにあるデータなど後日必要になる可能性のあるものは保管し、個人の愛用品などを形見分けします。 遺品の処理や整理は専門の業者に以来するのも良いでしょう。 供物や供花、香典を頂いた場合は返礼品が必要になります。 その後お一周忌、三回忌など年忌法要を執り行います。 頂いた香典の3分の1から半分ほどの金額の品物をお返しするのが目安です。 有価証券や借地権、著作権など相続できる財産は多岐にわたりますが、借金や住宅ローンなども相続する必要があります。 また、個人宛ての香典や死亡退職金などは相続の対象となりません。 各葬儀の特徴・相場 直葬・火葬式 直葬は、近親者のみで通夜や告別式は省略して火葬のみを行うシンプルな葬儀形式です。 お坊さんを呼ばずに式を執り行います。 火葬式の場合は、お坊さんを呼びお経を挙げてもらう事が出来ます。 費用相場 一般的な費用相場:20-40万程度 終活ねっとの直葬:127,000円 税抜 終活ねっとの火葬式:170,000円 税抜 メリット ・時間や費用を抑えられる。 ・心身的な負担を軽減できる。 デメリット ・菩提寺に納骨を断られることがある。 ・周りの理解を得られない可能性がある。 一日葬 通夜を行わず、告別式と火葬を執り行う葬儀形式です。 費用を抑えつつ、最後のお別れをしっかりと行えます。 費用相場 一般的な費用相場:60万程度 終活ねっとの一日葬:305,000円 税抜 メリット ・時間や費用を抑えられる。 ・心身的な負担を軽減できる。 ・葬送の儀式を行うことが出来る。 デメリット ・開始時間が午前中などの早い時間になってしまう場合がある。 ・周りの理解を得られない可能性がある。 家族葬 ご家族やご親族のみで執り行う葬儀形式です。 費用相場 一般的な費用相場:60-150万程度 終活ねっとの家族葬:455,000円 税抜 メリット ・一般葬に比べて香典返しや御礼品の費用が抑えられる。 ・故人の最期にゆっくりと寄り添える。 ・自由な形式で葬儀を執り行える。 デメリット ・葬儀後に弔問の対応に追われる可能性がある。 ・周りの理解を得られない可能性がある。 一般葬 一般的に知られている、通夜・告別式から火葬まで、葬儀の儀式を一通り執り行う葬儀形式です。 費用相場 一般的な費用相場:200万程度 終活ねっとの一般葬:565,000円 税抜 メリット ・葬儀後の弔問の対応を最小限に抑えることができる。 ・菩提寺からの理解を得やすい。 ・たくさんの人に会葬してもらうことが出来る。 デメリット ・他の葬儀形式に比べて費用がかかってしまう。 ・心身的な負担が他の葬儀形式に比べて大きい。 逝去から通夜までの流れ ご逝去 医師に「死亡診断書」を書いてもらいます。 臨終に立ち会った人で末期の水をとり、湯灌でご遺体を清めます。 病院で亡くなられた場合は病院の霊安室で安置し、葬儀社が決まってから自宅や斎場の安置所に搬送します。 また、「死届」や「火葬許可証」の手続きや訃報の連絡やその他手配などを行います。 通夜の流れ 喪主・親族集合・準備 式の開始の2時間前には会場に入り、通夜の受付などの準備を行います。 ご遺族は参列者に対して挨拶を行います。 この際、喪主は開式と閉式の挨拶をし、お酌に回ります。 葬儀・告別式の流れ 喪主・親族集合・準備 式の開始の1時間前には会場に入り、受付の準備などを行います。 出棺の前にも喪主が一言挨拶をします。 火葬は約1〜2時間かかります。 喪主から順に2人1組になって「橋渡し」を行います。 初七日法要はご臨終の七日後に行われる法要ですが、近年では繰り上げて火葬後に行われるのが一般的です。 喪服 男性 正喪服 モーニングコートにレギュラーカラーで白無地のシャツを着用します。 ネクタイは黒無地の結び下げです。 準喪服 シングルまたはダブルのブラックスーツにレギュラーカラーの白無地のシャツを着用します。 ネクタイは黒無地の結び下げです。 略喪服 黒のビジネススーツ、もしくは濃紺やダークグレーのスーツに白いシャツを着用します。 ネクタイは寒色系の地味なもので構いません。 女性 洋装の正喪服 正式礼装に用いられる黒無地のワンピースかアンサンブルスーツに黒のブラウスを着用します。 スカート丈はひざ下で、黒のストッキングを履きます。 和装の正喪服 シングルまたはダブルのブラックスーツにレギュラーカラーの白無地のシャツを着用します。 ネクタイは黒無地の結び下げです。 略喪服 黒や濃紺、ダークグレーなどの地味でシンプルなワンピースに地味な色合いのブラウスを着用します。 パンツスーツでも構いません。 子供 子供は幼稚園や小学校の制服を着用します。 制服がない時は黒や紺などの地味な色合いの服装にします。 香典返しに適した品物 品物の金額の目安 頂いた香典の金額の3分の1から半分が目安とされています。 後に残らないものが多い 「不幸を後に残さない」という意味合いで、食べ物や飲み物など後に残らない「消え物」が良いとされています。 香典返しに適さない品物 肉や魚など「四つ足生臭もの」と言われる品物は香典返しではマナー違反とされています。 また、お酒も祝い事を意味するため基本的には香典返しには適しません。 主な香典返しの例 日用品 タオルや洗剤などの日用品も良く選ばれます。 タオルには「悲しみを拭い、不幸を残さない」という意味があると言われています。 商品券やクオカード 近年では、香典返しとして百貨店の商品券やクオカードが贈られるケースも増えています。 ただし、年配の方や目上の人に対してはマナー違反になってしまうこともあるので注意が必要です。 カタログギフト カタログギフトは受け取った側が自由に商品を選べるため、近年香典返しとしても人気が高まっています。 香典返しをする時期 忌明け 香典返しの時期として一般的なのが49日を過ぎた忌明け後になります。 当日返し 葬儀当日に香典を頂いた方にお返しする当日返しも近年増えてきています。 高額な香典を頂いた場合は後日追加でお返しをします。 香典返しの送り方 手渡し 直接会って手渡しするのが基本となります。 当日返しの場合は手渡しとなります。 郵送 忌明けに送る場合など、なかなか直接会って渡すのは難しいです。 そのため、近年では郵送するのが一般的です。 のし紙について 香典返しに用いるのし紙は弔事用の熨斗飾りのついていないのし紙で、掛け紙と言います。 表書きには「志」「満中陰志」「粗供養」などが使われます。 2回目以降の 月々支払い額 現金価格 支払い総額 直葬 4,500円 139,700円 162,278円 火葬式 6,000円 187,000円 217,222円 一日葬 10,800円 335,500円 389,722円 家族葬 16,100円 500,500円 581,389円 家族葬豪華 24,300円 753,500円 875,279円 一般葬 20,000円 621,500円 721,945円 一般葬豪華 28,500円 885,500円 1,028,612円 分割払いは、オリコWebクレジットの1回・6回・12回・18回・24回・36回からお選びいただけます。 6回以上の分割払いの場合、実質年利6. 設定されたプランだけでお葬式はできるのでしょうか? お葬式に必要とされる基本的な道具やサービスは、各プランに含まれております。 ただし、プランで設定された安置日数を超える場合やご希望される斎場、オプションの追加などによっては、別途費用が発生する場合がございます。 火葬料金は別途お客様負担となります。 プランのなかに、お坊さんの読経や戒名の料金は含まれますか? 含まれておりません。 付き合いのあるお寺がある方は、直接お寺にご連絡ください。 もし、付き合いのあるお寺がない場合には、定額で終活ねっとにてご手配いただけます。 早朝深夜、土日祝日でも対応してもらえるのでしょうか? 24時間365日いつでも、お葬式のプロが対応いたします。 お気軽にお電話ください。 病院から紹介してもらった葬儀社を利用すべきでしょうか? お断りしても問題ありません。 急いで葬儀社を決めて高額な葬儀費用を請求されるケースもございますので、葬儀社は慎重にお選びいただくことをおすすめします。 参列者の人数に上限はありますか? 各プランごとに目安の参列者数を想定しており、式場の大きさもプランによって変わってきます。 そのため、目安の参列者数を大幅に超えた場合、参列者の方々にご不便をおかけするだけでなく、スタッフの人件費が追加になる場合もあります。 参列者の人数が不明確な場合などは、コールセンターにご相談ください。 最適なプランをご案内いたします。 運営会社 会社名 株式会社 終活ねっと 住所 〒106-6224 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー 24F 設立日 2016年9月2日 資本金 1000万円 代表取締役 島津 勇一.

次の

市民葬祭

火葬 桐生

桐生火葬場事件(きりゅうかそうばじけん)とは、のの元火葬人がまでに複数の遺体からやを抜き取り、売り払っていた事件。 当時、「昭和聖代の大不祥事件」「世界的グロ事件」と騒がれた。 概要 [編集 ] 桐生市の私営の火葬場に勤務していた松井勘次郎(1933年4月当時45歳)にはで3犯の前科があった。 松井は、連れ子のある女性を内妻として一戸を構え、桐生や足利で豪遊していた。 やがて勤務先の火葬場が桐生市の直営になると、1933年3月末日をもって解雇され、新しい火葬人が仕事に慣れるまで市の臨時職員として同火葬場に勤務するようになった。 、火葬場の西側の楢林で男女2名の白骨死体が発見された。 このため、松井は死体遺棄事件の被疑者としてに留置され、取り調べを受けた。 、松井は火葬場裏手の楢林の北側に数体の死体を埋めた旨を自供した。 松井の指定する場所を発掘すると、頭頂骨を割って脳漿を摘出した死体が38体発見された。 、更なる発掘の結果、火葬場西北隅と南隅から85体の死体が発見された。 いずれも死後5-6年を経過していた。 このうち20体は子供の死体だったため、警察はの可能性を疑ったが、解剖の結果、いずれも病死であり他殺の疑いはないことが判明した。 松井は「少しのチップで夜通しかかって焼くのは面倒だからやむなく半焼にして埋めた。 チップが多くてよく焼いた死体の残骨を分けて骨上げに来た家族の者にやっていた。 数は覚えていない」と供述。 松井はまた、死体から金歯を抜き取り、迷信家の依頼で脳漿を摘出し、これらを売って利益を得ていたものと思われた。 この事件の責任を取り、、桐生市長の関口義慶二は辞表を提出した。 以後も現場の発掘が進み、火葬場付近の3ヶ所からを打ち砕かれた死体やバラバラ死体が約80体発見された。 また松井の共犯として、私営時代の火葬場経営者の山本興静が摘発された。 山本は、燃料節約の目的から死体を完全に焼却しなかったと述べた。 死体を埋めるにあたっては墓場の穴掘り人足2名が手伝ったことを供述した。 関連記事 [編集 ]• 脚注 [編集 ].

次の