天使 に サメ 映画 を。 シャークネードだけじゃない!漫画『チェンソーマン』感想。レゼ編の完成度に感動した話

天使にラブ・ソングを2

天使 に サメ 映画 を

神様が愛をこめて創ったとしか思えない美しすぎるヴィジュアルに、悪魔も逃げ出す傲慢な魂をたたえた、17歳の少年、カルリートス。 彼は欲しい物は何でも手に入れ、目障りな者は誰でも殺す。 息をするようにナチュラルに、ダンスを踊るようにエレガントに。 やがて転校先で出会った、荒々しい魅力を放つラモンと強く惹かれ合ったカルリートスは、二人でチームを組み、新しい遊びに熱狂するように犯罪に手を染めていく。 『トーク・トゥ・ハー』のペドロ・アルモドバル製作 アルゼンチンの新たなる才能たちが目の眩むほどの熱量で放つ 興奮と陶酔のクライム青春ムービー 1971年、ブエノスアイレスで殺人と強盗の罪で逮捕され、その天使のような顔立ちで世界を魅了した少年がいた。 そして、本国アルゼンチンで記録的ヒットとなった『人生スイッチ』のハビエル・ブリア。 オリジナリティに輝くフィルモグラフィを映画史に残し、世界中に信奉者が溢れる巨匠アルモドバルが、自身の美意識を引き継ぐ者として本作の監督に選んだのが、エッジーな映像センスが高く評価され、世界各国の映画祭で様々な賞を受賞してきたアルゼンチンのルイス・オルテガ監督。 カルリートスを演じるのは、本作が映画デビュー作にして、スクリーンから驚異のオーラを放つロレンソ・フェロ。 さらに、唯一無二の存在ゆえの孤独と、堕ちることの悦びを強烈かつポップに演じきり、ハバナ映画祭主演男優賞を始め海外の映画祭で数々の賞を獲得した。 カルリートスと友情以上の情熱を魂で交わし合うラモンには、カルリートスとは正反対のワイルドな眼差しで観る者の心を貫くチノ・ダリン。 カルリートスの母親には、『オール・アバウト・マイ・マザー』のセシリア・ロスが扮し、奥深い演技で作品の格を上げた。 もっと自由に生きられるのに」 そうつぶやきながら、鍵の開いた窓からするりと留守宅の豪邸に入り込み、勝手にレコードをかけて軽やかに1曲踊ると、ジュエリーなどの戦利品を手に、盗んだバイクで帰宅する17歳のカルリートス ロレンソ・フェロ。 1971年、ブエノスアイレス。 真面目で善良な父と愛情に溢れた優しい母 セシリア・ロス は、カルリートスの悪事に気付いていたが、まだやり直しが出来ると信じて息子を転校させる。 新しい学校で出会ったラモン チノ・ダリン という青年に、カルリートスはいきなりケンカを売るが、それは彼の気を引くためだった。 彼の野性的な魅力に、ひと目で心を射抜かれたのだ。 ラモンもまたカルリートスの輝くようなブロンドの美しい姿で平然と罪を犯す、そのギャップに強く魅せられる。 荒々しい魅力を放つラモンと意気投合したカルリートスは、二人で様々な犯罪に手を染めていく。 欲しい物は何でも手に入れ、目障りな者は誰でも殺す。 息をするように、ダンスを踊るように、ナチュラルに優雅に。

次の

天使にラブ・ソングを2

天使 に サメ 映画 を

ロレーヌ地方にあるモンタヌス派の修道院で、新しく修道士がやってきます。 彼は不吉な13号室に住み始め、キリストの像を壁に打ち付けます。 すると壁の中から血が流れてきます。 通報を受けたパリ警察のニーマンス警視は、赤外線機器を使って壁を透視します。 中には人間が生き埋めになっていました。 血液を調べると行方不明者であるフィリップだと分かります。 その頃、レダ刑事は半年間追い続けている薬の売人の女の家を見張っていました。 我慢できずに家に中に入ります。 女が案内してくれて待っているとドアをノックする音が聞こえてきます。 売人が帰ってきて格闘戦になります。 腕をへし折って、外で待機していた仲間が駆け付けて逮捕します。

次の

映画「クリムゾンリバー2黙示録の天使たち 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

天使 に サメ 映画 を

主演、監督、製作。 前年にヒットした『』の続編。 殆どのキャスティングを前作と同じくし、、、、、シスター達を演じた女優達などが再出演した。 また、コーラスなどの歌のシーンを含んでいる点も、前作と同じくする。 サスペンスコメディ的作風だった前作と異なり、本作は高校を舞台とした青春映画的作風となっている。 本作品は、史上初めて、ヒットした前作の続編をが監督したという歴史的意義を持っている。 前作と今作(ED除)でシスター・ロバートの歌声を担当したアンドレア・ロビンソンがデロリス達と同じ学校で奉仕する別の修道院のシスター役として出演しており、歌も一節だけながら本人として歌っている。 また、や、は本作品を契機とし、活躍の場を広げた。 なお、登場する生徒役は1000人以上の応募者からオーディションで選ばれている。 あらすじ [ ] 前作の事件から1年後。 ラスベガスで成功を収め、二流スターとして忙しい毎日を送るデロリスの元に、聖キャサリン修道院で出会った、かつての友人たちが訪れる。 聞けば社会奉仕先の高校の悪ガキ達にほとほと手を焼き、みな疲れきってしまっているという。 院長先生の頼みもあり、またそこが自分の母校であることもあって、デロリスは援助の要請を受け入れる。 そして再びシスター・メアリー・クラレンスとなって、サンフランシスコにある母校、聖フランシス高校へと向かうのであった。 歌手としての経験と聖キャサリン修道院を聖歌隊で立て直した経験を買われて音楽クラスの担任となったデロリスだが、さすがの彼女も生徒たちの予想以上の悪童ぶりに根負けし、さじを投げてしまう。 しかし、ふとしたことから学校が今学期いっぱいで閉鎖されることを知ってしまったデロリスは、状況を打開するために本格的な改革に乗り出し、音楽クラスの生徒たちで聖歌隊を結成をすることを提案する。 最初は乗り気でなかった生徒たちも、学校が閉鎖されることを知ってからは聖歌隊の活動に真面目に取り組むようになっていく。 その中でただ1人、デロリスの教えが気に入らないリタはみんなを焚きつけて授業を放棄させようとするが、誰にもついてきてもらえず、孤立して学校を出ていってしまう。 母親に自分の夢を否定されることに思い悩むがゆえにリタが反抗的な態度を取っていたとを知ったデロリスは、リタに少しずつ働きかけていき、リタも次第にデロリスに心を許すようになっていく。 こうして全員揃った聖歌隊は心を一つに結束し、初めての校内コンサートを大成功に導く。 そしてサンフランシスコで行われる聖歌隊のコンテストへ向けて意欲を高めていくのだった。 コンサートが間近に迫ったある日、リタは母親から聖歌隊の活動のことを見咎められ、出場を一方的に辞退してしまう。 しかし、思い悩んだ末に、母親のサインを自分で偽装したイベント参加への同意書をデロリスに渡し、デロリスもあえてわかった上で、リタをメンバーとして再び迎え入れる。 一行を乗せたバスが会場に向かう頃、クリスプ理事長はデロリスがトップを飾った雑誌を手に憤慨していた。 デロリスがギャングの愛人だった過去がバレてしまったのだ。 出場をやめさせようとクリスプと校長が現地へ向かうが、校長は子供たちの生き生きとした姿に心を打たれ、晴れ舞台を踏ませてやろうと決心し、激励と共に舞台へと快く送り出す。 同時に付き添いできたイグナティウス神父らは一計を案じ、まんまとクリスプ理事長をクローゼットの中に閉じ込めてしまう。 自分たちの出番の前に歌っている聖歌隊の余りのレベルの高さに怖気づいてしまう生徒たちだが、デロリスの叱咤に奮起し、自分たちなりの精一杯のパフォーマンスで会場を圧倒。 見事、最優秀賞を勝ち取って優勝を果たし、聖フランシス高校を閉鎖から救った。 リタも母親と和解し、聖キャサリン修道院の院長の計らいでクリスプ理事長の口からデロリスの正体がバラされることも無事、防がれ大団円を迎えた。 だが、人混みの中でデロリスを探すシスターたちが呟いた何気ない一言により、デロリスの正体は子供たちに伝わってしまっていた。 前作の事件の後、ラスベガスで成功を収め二流スターとして忙しい毎日を送っていた。 「聖フランシス高校が荒れに荒れておりなんとか手助けして欲しい」という院長の願いを引き受け、再び僧衣に身を包んで舞い戻る。 彼女自身も聖フランシス高校の卒業生で、当時から学校の風紀は悪かったらしいが、音楽クラスの生徒達の悪たれぶりは予想以上に凄まじく、さすがの彼女も愛想を尽かしてしまう。 その後、高校が閉鎖の危機に見舞われたことを知り、状況を変えるべく親友の聖歌隊のシスター達と共に本格的な改革に乗り出す。 周囲をも巻き込む型破りで思い切った行動力は相変わらず。 前作では嫌っていた修道衣も、今作ではむしろ好んでいる節もあり、シスター・クラレンスの名も周りに自らそう呼ぶように言うなど、修道女に対しての考えは前作から180度変化している。 聖キャサリン修道院院長: ギャングに狙われたデロリスの匿いの場所となった聖キャサリン修道院の院長。 前作での一件を経て厳格だった性格も以前よりすっかり丸くなり、今ではデロリスの人柄とその活躍を認めている。 一方でショービジネスのことを見世物呼ばわりしたりと、悪意ないながら毒舌は相変わらず。 社会奉仕先の聖フランシス高校の荒れように心を痛め、状況を打開する手立てとして、デロリスに聖職者として聖フランシスの教師になって欲しいと懇願してきた。 実は若い頃はデロリスに負けず劣らずのかなりの問題児だったらしく、知り合ったモーリス神父と共にやんちゃしては大司教を困らせていた模様。 シスター・メアリー・パトリック: デロリスと最も親しいシスターの1人でシスター仲間のラザラス、ロバート、聖歌隊のシスター達ともかなり親しい。 ふくよかな体格で非常に陽気な若いシスター。 音楽好きでノリの良さも相変わらず。 ラザラスによるとマイペースかつ能天気な性格で、普通の人よりも滅多に怒ることはないらしい。 が、聖フランシス高校の生徒達はそんな彼女を3回も怒らせているらしい。 シスター・メアリー・ラザラス: デロリスと最も親しいシスターの1人であり、親友でもある、年長の大柄なシスター。 車の運転が好きなようだが、あまり上手ではない。 前作と変わらずしっかり者だがちょっぴり毒舌で、茶目っ気たっぷりな愛嬌のあるおばあちゃんシスターである。 シスター・メアリー・ロバート: デロリスの親友の1人で、パトリック、ラザラス、聖歌隊のシスター達とも親しい年若いシスター。 元来は不器用から来る強い劣等感が災いして内気で引っ込み思案だったが、デロリスと出会い、歌う楽しさや喜びを知ってからはすっかり明るく元気で勇敢さを併せ持つ性格になった。 将来の夢と現実の間で思い悩むリタを心配している。 歌を通じて引っ込み思案だった自分を救ってくれたデロリスには厚い信頼を寄せており、母親と将来の夢のはざまで思い悩むリタをデロリスに託した。 リタ・ルイス・ワトソン: クラスの中心的な黒人の女の子。 歌手になる夢を母親に否定されることを思い悩み、デロリスの授業に反感を抱いてツッパるが、誰にもついてきてもらえず孤立してクラスを出て行ってしまう。 その後、母の反対を押し切って合唱コンクールに出場。 後に母親と和解する。 ソロを任されるだけあり、歌唱力はかなりのもの。 当時人気急上昇中のThe Fugeeのローリン・ヒルが熱演している。 ターニャ:ターニャ・ブロント リタの親友の短髪で比較的に背が高めで痩躯の黒人の少女。 彼女の才能を認めている。 ターニャ自身もリタに負けず劣らず、歌唱力はかなり高い。 joyfuljoyfulではゴスペルコーラスで最高音を担当し、ハイレベルなハーモニーを歌った。 ウェスリー・グレン・"アマール"・ジェームズ:ライアン・トビー アフリカの英雄シャカズールの誇りを常に抱く黒人の少年。 白人から黒人の優位性を取り戻すことを常に主張するが、その情熱はだいぶ空回り気味。 初期は前作のロバートの様になかなか大きな声を発することが出来なかったが、デロリスの特訓によって、校内コンサートではソロパートを務めるほどに上達した。 かなりのハイトーン、所謂ホイッスルボイスを操れる。 リチャード・"スケッチ"・ピンカム:ロン・ジョンソン スケッチブックを常に持ち歩く、体格の良い黒人の少年。 スケッチのあだ名はそんな彼の姿からつけられたもの。 家は貧しく、授業料のためにいつもバイトしているため、学校では疲れて眠ってしまう。 joyfuljoyful楽曲内では、フランケイとラップを披露していた。 フランケイ:デヴィン・カミン(和訳ではフランキーとも) 教室にステレオを持ち込んではラップを歌う白人のやんちゃ少年。 軽薄なお調子者だが、後半では教師としてのデロリスの思いに賛同し、みんなを引っ張っていく。 joyful joyfulの楽曲内でも得意のラップを披露している。 フローレンス・ワトソン: リタの母親。 娘に現実を見ろと厳しく言いつけ、歌手になんてなれないと夢を諦めるよう諭してきたが、舞台に立つ娘の歌声を聞き、考えを改めて和解し、娘の夢を応援するようになった。 クリスプ理事長: 聖フランシス高校の理事長。 校内の風紀も悪く生徒数の少なくなった学校を見限り、さっさと閉鎖して引退し退職金で楽な暮らしをしようと考えている。 その考えを隠しているわけでもないため、修道院の面々からの評価は低く、生徒たちからも嫌われている。 最終的には閉校が撤回され、改革を起こしたデロリスへ憎まれ口を言うも、修道院長に逆に言いやられ、クリスピーと呼ばれてしまった。 モーリス神父: 聖フランシス高校の校長。 保守的なスタンスで、閉鎖の時まで波風を立てまいとし、デロリスの対外的な活動を認めようとせず、事なかれ主義を貫こうとしていた。 しかし、コンクールの会場で教え子たちの初々しい晴れ姿を眼にして気持ちが変わり、子供たちに晴れ舞台を踏ませてやろうと決心する。 聖キャサリン修道院長とは若い頃に知り合いであり、共にそのやんちゃぶりで大司教に迷惑をかけていた仲だったらしい。 マーガレット: リタやウェスリーらのクラスメイトの茶髪の白人の女の子。 授業中に化粧をし始め、デロリスに叱られている。 マリア:アランナ・ユバック 赤みのある茶髪のリタやウェスリーらのクラスメイト。 メリーさんの羊の曲を知らなかった事や好きな歌が古いラブ・ボートであった事から、周りからは少し馬鹿にされてしまった。 マークス:メヘラン・マークス・ディシェイン クリスチャン・フィッツァレス:タイラー・チェイス その他生徒達:ヴァレリア・アンドリュース、ディオナ・ブルックス=ジャクソン、モニカ・カルフーン、マーサ・ゴンザレス、ディオンドレイ・ゴセット、フランク・ハワード、ディヴィット・カーター、キンバリー・クラミール、ディーディー・マグノ、パトリック・マローン、アレックス・マーティン、ジャーマイン・モンテール、サシャ・トーマス、アシュリー・トンプソン 個性豊かなクラスのメンバー達。 シスター・メアリー・アルマ:ローズ・パーレンティ 聖キャサリン修道院の聖歌隊ピアニストのシスターで、1から引き続きピアノを弾くおばあちゃんシスター。 年長シスターは沢山いるが、その中でもかなり年長。 ピアノを弾くが耳が遠く、それゆえに補聴器が必須だが、度々スイッチを入れ忘れる(大音響では自分で切ってしまうが)。 今作でも補聴器のスイッチを入れ忘れるおとぼけっぷりは健在で、もちろんピアノの巧さも健在。 聖キャサリン修道院の聖歌隊のシスター達:スーザン・ジョンソン、スーザン・ブロウニング、 ()、ダーリーン・コルデンホーブン、ベス・ファウラー、ルース・コバート、プルーデンス・ライト・ホルムズ、カルメン・サパタ、パット・クロフォード・ブラウン、エレン・アルバーティーニ・ダウ、シェリ・イザード、ジョージア・クレイトン 1から引き続きデロリスと強い絆がある親友のシスター達で、今作では学生達に聖歌隊を見せる為と資金を集める為にデロリスに全力で協力する。 カルメン・サパタ演じる眼鏡のシスターがコンガを、スーザン・ブロウニング演じるシスターがギロを、他のシスター達が難しめの振り付けを覚えるなど、基本は相変わらずながらも聖歌隊としては(?)かなりパワーアップしている。 尚、Ball of confusion楽曲内ではタンバリンのシスターを演じた、ダーリーン・コーデンホーヴェンは未参加だが、の楽曲内ではメインコーラス4人の内の1人になっている。 EDではシスターの内の一番小柄なおばあちゃんシスターのエレン・アルベルティーニ・ダウがキレキレの横ステップダンスを、小柄で丸っこいシスターのエディス・ディアスが緩やかな一回転する踊りを、若めの眼鏡シスターのシェリ・イザードがネタ系に見える(修道衣の関係と思われるが)踊りを披露している。 尚、EDではシスターを演じた何人かが居ない他、アンドレア・ロビンソンが演じるシスターが参加している。 (尚、アンドレア・ロビンソンはシスター・ロバートの歌を担当している) イグナティウス神父(数学教師): 禿げかけた細身の髭の神父。 基本的には気弱ながらも意外と行動派で、デロリス及び生徒の為にクリスプを部屋に閉じ込め、ドアにサラミで鍵をした。 EDでは歌声を披露したり、ノリノリで踊っている。 その他の聖フランシス高校に奉仕しているシスター達:アンドレア・ロビンソン、アイリス・グラヴィス、パメラ・テイラー、ロバート・J・ベンソン、ジュリエット・ハガーマン、クリスティーナ・ロイスター、クワク・A・ジェームズ、ロイ・M・クレイトン、クワメ・ジェームズ、ラティーシャ・クレイトン、エリカ・アトキンス、ジェニファー・リーヴィス 聖キャサリン修道院のシスター達と同じように聖フランシス高校に奉仕するシスター達。 資金集めの際は大抵のシスターが外に出たり窓から覗いていたりしたが、アンドレア・ロビンソンが演じた若めの1人は参加してノリノリで歌っている。 尚、アンドレア・ロビンソンはシスター・ロバートの歌唱(ED除く)を担当している。 チャップマン:ウィリアム・D・ホール 奉仕するシスター達のリーダー。 ウォルフガング神父(料理長): ドイツから来た料理人で、ロバートによると料理人にも関わらずソーセージ料理しか作れない。 その為、モーリスからは「我々の身体のことを考えてくれている」と皮肉を言われ、ラザラスからは「毎日ソーセージ責めよ」と言われてしまった。 トーマス神父(ラテン語教師): 普段はイグナティウス神父同様に大人しいタイプだが、実はハンドルを握ると人格が変わる、坊主っぽい頭のちょっぴりコワモテな神父。 ジョーイ・バスタマンテ(デロリスのマネージャー): 日本語吹替 [ ] 役名 俳優 日本語吹替 ソフト版 版 デロリス・ヴァン・カルティエ (シスター・メアリー・クラレンス) 聖キャサリン修道院院長 シスターメアリー・パトリック シスター・メアリー・ラザラス シスター・メアリー・ロバート モーリス神父(校長) イグナティウス神父 ウォルフガング神父 トーマス神父 ジョーイ・バスタマンテ クリスプ理事長 リタ・ルイス・ワトソン ウェスリー・グレン・"アマール"・ジェームズ タニア リチャード・"スケッチ"・ピンカム マーガレット タイラー・チェイス フランケイ 司会者 フローレンス・ワトソン 日本語版スタッフ 演出 翻訳 いずみつかさ 岩佐幸子 調整 伊藤恭介 荒井孝 録音 監修 岡本企美子 プロデューサー 藤本鈴子 門屋大輔 プロデューサー補 小林三紀子 制作 初回放送 1997年9月19日 『』 地上波放送履歴 [ ] 回数 テレビ局 番組名 放送日 吹替版 視聴率 初回 日本テレビ版 18. :「」 の""との• :「」• 「」 作中、聖キャサリン修道院院長とモーリス神父との会話で「オマリー神父」という人名に触れられるが、これは映画『』『』でが演じたオマリー神父を連想させる。 『我が道を往く』は、経営危機に陥った教会に赴任したオマリー神父が、教区に住む悪童たちによるジャズテイストの聖歌隊を作ることで教会を立ち直らせ、去っていく話。 脚注 [ ].

次の