しんぼう じろう。 辛坊治郎

辛坊治郎さんが嫌いです。何でも知ってます、お前ら知らんや...

しんぼう じろう

フリーのニュースキャスター・辛坊治郎氏が、自身が司会を務める『深層NEWS』(BS日テレ)を3月いっぱいで降板することが決まった。 辛坊氏といえば、同番組の「総合デスク」であるA子さんへのパワハラ疑惑が今年1月発売の『週刊文春』で報じられた。 記事によれば、放送終了後の夜11時過ぎに退社しようとする辛坊氏をA子さんが通用口付近で呼び止め、番組出演者に関する問題で議論。 2人が話しているうちにヒートアップし、辛坊氏が壁に手をつき「お前なんかいつでも飛ばせる」などと恫喝した、とのことだ。 その後、文春はパワハラ疑惑報道の第2弾として、A子デスクと、その場にいたBプロデューサーが書いた「報告書」と称する文章を写真とともに掲載した。 実は、このパワハラ疑惑の現場には辛坊氏、日テレ報道局員のA子デスクとBプロデューサーのほかに、同番組の演出担当で外部スタッフであるC氏の4人がいた。 これまで、3人の証言は報じられていたが、今回、初めてC氏が取材に口を開いた。 ですが、言い合いは五分五分でした。 お互いに口調が強くなったり、抗議調になった場面はありましたが、2人とも声が響き渡るほどの大声は出していません。 「お前ならいつでも飛ばせる」と恫喝したという疑惑に対しては、 「辛坊さんは、『お前ならいつでも飛ばせる』という恫喝的な言葉は一度も言っていません。 むしろ、『ダメだと思うなら僕を切ればいい』と話したくらいです。 放送終了後の午後11時30分頃でしたので、局の表玄関ではなく狭い通用口の前で議論になったんです。 その間にシーツなどのリネンを運ぶ業者が大きな荷車を押してきて、『ちょっとどいて頂けませんか』と言われたので、避けるために4人とも壁際に寄り、お互いの距離が近づいたんです。 そのときに壁際によった辛坊さんが壁に右手をついたこともありました。 このような議論の場合、「言った、言わない」の水掛け論になることが多い。 だが、A子デスク、B氏プロデューサーの報告書には辛坊氏によって壁際に追いやられたとされているが、C氏が証言した「リネンを運ぶ業者の荷車を避ける際に、壁際に寄った」という記述は、なぜか出てこない ……と、報告書や証言を突き合わせてみると、報じられたような辛坊氏によるA子デスクへの「一方的なパワハラ」とは、いささか違った印象に思えてくる。 また、BS日テレ、及びA子さんが所属する日本テレビは、辛坊氏や現場にいたC氏に対して、会社としての公式な聞き取り調査は行っていないという。 それなのに、「パワハラ報道」が出た直後の1月中旬に、局側は辛坊氏の降板を決めたという。 そこで、辛坊氏に電話で直撃取材すると、3月いっぱいでの『深層NEWS』降板を認めた上で、こう明かす。 特に今回のパワハラ騒動が原因で契約更新をしないとも言われませんでした。 せっかく視聴率も上がっていたのに、もったいないという気持ちは強いですね。 私は出入り業者ですし、雇う側であるテレビ局社員にパワハラなんてできないことを、ある意味、この降板劇が物語っているんじゃないでしょうか」 つまり、局としてはあくまで「契約満了での降板」であり、パワハラ疑惑での降板とは辛坊氏側に説明していないようだ。 この一連の降板劇に対し、ある日本テレビ関係者はこう嘆く。 文春報道が出たら、十分な調査もせずに辛坊氏をすぐに切った。 写真:時事.

次の

辛坊治郎の読み方や学歴経歴や嫁妻(結婚相手)は誰?性格や気性について

しんぼう じろう

スポンサードリンク 「そこまで言って委員会!」の司会者・辛坊治郎さん。 独自の視点でわかりやすい解説をする辛坊治郎さんの生い立ちや出身大学や経歴など、気になる情報を調べてみました。 辛坊治郎の生い立ちや出身大学校と経歴は? 辛坊治郎さんは1956年4年11日生まれ・鳥取県米子市出身です。 男2人兄弟の二男として鳥取県米子で誕生しています。 鳥取県での生活はわずか2ヶ月だったため全く記憶にないという。 小学校入学前までは、自衛隊員だった父親の転勤で全国を転々として、物心がついたころから大学までは埼玉県入間市で過ごしています。 埼玉県立川越高等学校では、航空部と英語部に所属し、東大文科1類進学を目指すも不合格で、1浪の後早稲田大学法学部に合格しました。 3年生の時に司法試験を受けたが不合格だったとか。 大学卒業後、中学時代にテレビでメキシコ映画『ぼくの心はバイオリン』を見ていた時、停電になった為ラスト15分が見えなくなり放送局に結果を電話で聞いたところ、親切に教えていただき感激し、将来は放送局に就職しようと思ったそうで、読売テレビに入社しています。 辛坊治郎さんは優秀で、4年の就職活動で埼玉県庁の上級職試験に合格し、住友商事の内定も受けていて、読売テレビの3つの選択肢があっが、「始業時間が朝10時と一番遅かったから、読売テレビに決めた」そうです。 優秀な方はいいですね。 2010年8月、翌月末をもって読売テレビを退職し、退職後は自身が設立したシンクタンクである大阪綜合研究所へ移籍し代表も務め、番組出演を続けています。 ・2005年 49歳 報道番組「ウィークアップ!ぷらす」に出演。 名前は「ひびき、たろう、じん」さんです。 辛坊治郎さんには兄がいて、兄の辛坊正記さん。 住友ファイナンスエイシア社長を務められ、辛坊治郎さんから言えば「妻の次に頭が上がらない人物!?」の存在だとか。 今後の活躍を期待しています。 応援していますのでガンバレ!!神さまお願い!「そこまで言って委員会」が長寿番組になります様に・・・・ スポンサードリンク.

次の

【辛坊治郎】職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい|日刊ゲンダイDIGITAL

しんぼう じろう

日差しが徐々に強くなり、冷たいものが身に染みる季節がやってきました。 夏の食卓に並ぶ食べ物といえば、素麺という家庭も多いのではないだろうか。 これからの夏の生活の一部となってくる素麺。 そんな素麺界において、長崎県島原発の「蜘蛛の糸」が密かにブームが起きつつある。 番組パーソナリティーの辛坊治郎氏は「夏の昼ごはんは、ほとんど素麺」と言われるほど、夏に素麺を口にしているというが、「素晴らしい」という言葉を何度も言ってしまうほど、乾麺の肌触りから口に入れるまでの食べる過程の全てにおいて唸るほどだった長崎県島原の極細素麺「蜘蛛の糸」とは、一体どんな素麺なのだろうか。 素麺の意識を変える「蜘蛛の糸」をラジオ内で食べる辛坊治郎氏 長崎県の島原 素麺とは。 辛坊氏でさえ「長崎県の島原素麺?」と言われていたほどで、名前を言われてもピンと来ない方が多いのではないだろうか。 生産量では日本2位を誇るそうめんの町であるにもかかわらず、日本三大素麺の中に名前がない。 名前がない理由として、これまでは違う産地のブランドを違う産地の名前を使い、OEM供給という形がメインだったため島原素麺というものを目にする機会が少なかったとラジオでは語られていた。 いままでは、供給するだけだったのだが、ここ10年くらいで「美味しい」という声が頻繁に上がりはじめたことから、地元ブランドとして力を入れはじめたことにより島原素麺が、少しずつ認知され始めたらしい。 そんな中、今回紹介されたのが長崎県島原の吉岡製麺所で作られている島原素麺の極細麺「蜘蛛の糸」である。 蜘蛛の糸の出来る過程 初体験の 島原素麺の 感想は。 氷水で泳ぐ「蜘蛛の糸」を見るなり「細っ!!」という声が上がった。 そして、「こんな細いそうめん初めて見た!」と食べる前から興奮してしたのである。 その後、そうめんが口へ運ばれた瞬間、ため息混じりに「美味い」の言葉とともに、「こんなコシのあるそうめん食べたことないレベル」と、更に興奮した様子で食べ進める辛坊氏。 あっという間に、辛坊氏の胃袋の中へと消えていった島原そうめん蜘蛛の糸。 「味、コシ、のど越し、どれも素晴らしく、完璧」と、言わしめたのだ。 見た目、味と賛辞が送られ続けたわけだが、1番虜にしていたのは極細麺というだけある乾麺の状態のその細さ。 通常が1. 3ミリ未満と言われるそうめん界の中で、0. 3~0. 5ミリという細さの「蜘蛛の糸」は見た目でも魅了している。 左:一般的な素麺 右:蜘蛛の糸 素麺が束になっている姿は美しさをより際立たせ、触れずにはいられなくなる。 「病みつきになる」と言いながら、ずっと蜘蛛の糸に触れていた辛坊氏にも納得がいく。 「お客さんが来た時に出したら、驚くだろうね。 」とラジオを締めくくられるほど、「蜘蛛の糸」という島原素麺が辛坊氏を唸らせたことは間違いないだろう。 ラジオ終了後には、いままで積極的に販売もしてこなかった「蜘蛛の糸」にアクセスが集中、改めて関心の高さを伺わせた。 蜘蛛の糸 誕生秘話 蜘蛛の糸を作られている吉岡さん ラジオでも話されていたのだが、蜘蛛の糸は冬の寒い時期で気温は10度を下回り気温が安定していなければ作ることが出来ない至極の素麺。 ミルフィーユのように何層にも重ねられている技術によって、極細面の想像を超えるコシを生んでいる。 そもそもなぜ、蜘蛛の糸が誕生したのか。 それは彼が他の地域の祭りごとで食べた素麺が、小さい頃から口にしていた島原素麺の味と全然違ったことがキッカケだったらしい。 その日から彼は、「島原素麺を世界に発信する」と決意し、素麺作りに励む中で蜘蛛の糸が誕生する事になったのだ。 そんな彼の熱い想いが身を結び、日本から飛び出し海外で評価されるまでになっている。 五感で楽しめる極細素麺「蜘蛛の糸」は、海外のミシュランシェフからも高く評価されるなど味だけでなく、美しさという観点からもそうめん界で革命を起こしている。 辛坊氏を唸らせたことにより、「素麺といえば、島原」と強烈な印象を残したことは間違いない。 そして、「蜘蛛の糸」が今後の素麺界にどんな革命を起こしていくのか楽しみである。 UNPORTALISM編集部 大田庸補) 蜘蛛の糸をもっと知りたい方 蜘蛛の糸について お求めの方• , , , , , ,• 関連記事.

次の