遺体 明日 へ の 十 日間。 【遺体 明日への十日間】の動画を視聴フルで配信してるサービス、レンタル情報!

【遺体 明日への十日間】の動画を視聴フルで配信してるサービス、レンタル情報!

遺体 明日 へ の 十 日間

2011年3月11日、東日本大震災という未曾有の悲劇が起きた。 震災から2年目を迎え、報道では伝えられなかった遺体安置所の真実を描いた映画『遺体 明日への十日間』。 連載最終回は、君塚良一監督と主演の西田敏行による東北三県での舞台あいさつ密着レポート。 本作は、どのように被災地の人々に受け入れられたのだろうか。 福島県・ワーナー・マイカル・シネマズ福島 地元・福島県の観客に向かって呼び掛ける西田 早朝、東京駅を新幹線で出発した君塚監督と西田が最初に向かったのは、西田の生まれ故郷である福島県。 舞台あいさつが行われたワーナー・マイカル・シネマズ福島は、ショッピングモールの中にある小さな映画館であり、震災で廊下や売店の一部施設が破損し営業停止を余儀なくされていたが、震災から約1か月後に営業を再開した。 上映後の舞台あいさつが始まる前には、「この映画が、どう被災地の方々に受け入れられるのか」という言い知れぬ緊張感が君塚監督と西田からひしひしと伝わってきた。 だが、二人が登場するや客席からは大きな拍手が送られ、客席には映画の余韻からか、涙を拭う人も多く見られた。 舞台あいさつ終了後、福島第一原子力発電所の放射能漏れを伴う被害により、震災のみならず、今だ風評被害に苦しんでいる故郷の人々に、西田はマイクを持つことなく「亡くなった方々の思いを胸にめげることなく、一歩一歩力強く、復興の日を信じて生きていきましょう!」と力強く呼び掛けていた。 宮城県・MOVIX利府 [PR] 従業員からは、二人の似顔絵のプレゼントも 福島での舞台あいさつを終えた二人はその後、宮城県にあるMOVIX利府での舞台あいさつに登壇。 震災の影響で営業を停止していたMOVIX利府もまた、「全員、映画が大好き」というスタッフたちの尽力により、スクリーンに光を取り戻した映画館だ。 君塚監督と西田の控室には、アルバイトの学生をはじめ、従業員全員からの映画へのメッセージが壁一面に……。 「『遺体』というタイトルのチラシやポスターを初めて見たときはとてもびっくりしました。 東日本大震災ではたくさんつらいことがありましたが、このような作品を作っていただいてとてもうれしいです」など、正直な思いが伝わるカード一枚一枚を二人は食い入るように読んでいた。 舞台あいさつ終了後、津波で親族を失ったという観客は、「大切な人を失った人間の悲しみをきちんと伝えてくれる映画。 監督の誠意、役者の皆さんの思いが伝わりました」と語り、出口で一人一人にあいさつをしていた君塚監督と固い握手を交わしていた。 岩手県・フォーラム盛岡 舞台あいさつで抱擁を交わした西田と千葉さん 舞台あいさつ最後の場所は、本作の舞台となった 岩手県にある映画館・フォーラム盛岡。 ここでは、ある人物が二人を待っていた。 その人物とは、本作で西田が演じた相葉常夫のモデルとなった釜石市の民生委員・千葉淳さん、72歳。 「震災後、運び込まれてきたご遺体に優しく言葉をかけ続けた千葉さんの行為は、とても尊く、素晴らしいことです」と西田が客席に妻と座っていた千葉さんを紹介すると、劇場から温かな拍手が送られた。 また、この日は妻と共に本作を鑑賞していたという千葉さんは、舞台あいさつ終了後に西田のもとへ駆け寄ると涙を流しながら抱き締めた。 「西田さん、ありがとう。 本当にありがとうございます」と泣き続ける千葉さんに、西田も大粒の涙を流しながら「ありがとう!」と固く抱擁。 二人の姿に、会場からは自然と拍手が湧き起こっていた。 「遺体」という言葉に嫌悪感を抱いた人、「時期尚早」と言う人など、本作の公開時にはさまざまな意見が飛び交った。 だが、被災地での人々の反応はただ一つ。 「真実を忘れてほしくない。 津波で亡くなった人たち、そして遺(のこ)された人たちの悲しみを忘れないでほしい」ということだった。 作中にはあの恐ろしい津波の映像は出てこない。 だが、特別な人を突然失った人たちの悲しみを役者たちは魂を込めて表現している。 本作は、日本中、世界中が悲しんだあの日のことを、観る人の胸に刻むだろう。 (編集部・森田真帆) なお、本作の配給によると本作の収益金は被災地に寄付されるとのことです。

次の

遺体 明日への十日間 : 作品情報

遺体 明日 へ の 十 日間

2011年3月11日、14時46分に発生した東日本大震災。 およそ2万人の人が犠牲になった。 本作は、その東日本大震災で被災した岩手県釜石市の遺体安置所の数日間を、ジャーナリストが取材したままにドラマとして再現した作品である。 釜石市だけで死者・行方不明者は1000人以上になる。 そうした遺体が運ばれてくる遺体安置所。 カメラはそこからほとんど離れず数日間を描く。 東日本大震災で100人以上が犠牲になった市町村は、岩手県・宮城県・福島県の3県で22市町村ある。 あの時、あの数カ月間、22市町村それ以上の各地で、本作に描かれていたような遺体安置所の姿があったはずだ。 遺体安置所だけではない。 沿岸部の被災現場、遺体捜索の現場、原発、避難所、病院、福祉施設、市役所、ありとあらゆるところで、非常に厳しい状況があった。 もっといえば、被災した一つひとつの家庭にもあった。 僕らがこの映画から、あるいは大きな震災から何を感じるべきか。 少なくとも、あの時に起きた事を忘れないでいる事だと思っている。 それは、東日本大震災に関わらず、日々の出来事をちゃんと意識していく事の大切さに繋がるはずだ。 なお、本作が震災から2年という段階で作られた事に対する批評は様々だ。 釜石の地元の人に限らず、多くの被災地で本作を見た人から「今見たくなかった」という声を直接に聞いた。 しかし、一方で、震災からたった2年で、被災地以外では震災のことが忘れられそうになっているなか、当時の現実を映像化した事への評価もあった。 個人的にはもう少し時間を置いても良かったかもしれないと思いつつ、東京で震災への関心が低くなっている事を実感するたび、やはりこういう作品を送り続けていく事の大切さも感じるのである。 ネタバレ! クリックして本文を読む 映画「遺体 明日への十日間」 君塚良一監督 から。 11 東日本大震災 を題材にした映画をこれまでも何本か観てきたが、 私は、この作品の取り上げ方が一番納得できた気がする。 当時の津波映像が使われるのは、あまりにもリアル過ぎて、 被災者のフラッシュバックを考えると賛成できないし、 かといって、お涙頂戴的に、妙に「絆」を強調する作品は、 映画とわかっていても、リアル感が感じられない。 今回の作品は、今までマスコミなどがスポットを当てなかった 「遺体安置所」という場の設定と、徹底取材にも基づいた、 五感をフル活用した台詞などが、私を驚かせた。 マスコミは、津波映像に代表されるように、視覚を中心に「3. 11」の悲惨さを 伝えようとするが、視聴者にはなかなか伝わってこないのが現実。 だからこそ、津波現場から戻った人の台詞は、重たかった。 「海水に、下水やガソリンが混じって凄い臭いで・・」という嗅覚や、 遺体に向かって 「寒くないですか? 」と話しかけるシーンや、 「暖かいお茶、ありませんか? 」と触覚を通して寒さを伝えるシーン、 さらには、日蓮宗のお上人さんが、悲しみや辛さからかお経に詰まり、 お経独特のリズムが崩れるといった、聴覚で表現した悲惨さが、 視覚からもたらされる映像以上に伝わってきた。 東北の人たちは、当時のことを多く語らないけれど、 「海水に、下水やガソリンが混じって凄い臭いで・・」の台詞で、 頷く人たちも多いのではないだろうか。 実は、この表現された臭い、1つひとつは想像できるのだが、 混じった臭いが、なかなか頭の中で想像つかないのは、 私が視覚ばかりに頼っていたからに他ならない。 視覚以外に訴えた「3. 11関連作品」、図書館で探してみようと。 番組冒頭に「2016 いわて国体」と書かれた「のぼり旗」を発見。 そうか、あと3年後は「いわて国体」なんだな。 自分は福島の人間なので、あの日の事は生涯忘れないだろう。 被害状況が分かるにつれ、亡くなられた方の人数もみるみる増えていった。 死者が発見されたという事は、収容されたり身元が確認されたという事である。 そこにはどんな思いがあったか。 そんな知られざる現状を描いたのが、本作。 津波で深刻な被害を受けた岩手県釜石市の遺体安置所を取材したルポルタージュ本を基に映画化。 人によっては見るのが辛い映画でもある。 かなり生々しいシーンもある。 次々と死者が運ばれ、安置所は大混乱。 怒号すら飛び交う。 現場に漂うのは、絶望、悲しみ、戸惑い、怒り…。 地獄絵図のような中で、尽力する人々がいた。 亡くなられた方は死者ではなく、ご遺体。 生きている時と同じく、優しく語りかけ、接する。 彼らもまた同じ被災者。 運び込まれてくる中には、友人やお世話になった顔もある。 これは酷な事だ。 しかし、悲しみに暮れる暇はない。 誰かがやらなければならないのだから。 彼らの尽力が、遺族との再会と、遺族の心のケアにも繋がっていく。 震災関係の映画は決して少なくはない。 園子温の「希望の国」は、過剰過ぎて嫌いだった。 真っ正面から挑んだ意欲は買うが 震災そのものも原発事故もだが、もっと忘れてならないのは、不条理に命を奪われた方々の事。 悲しみを思い出させる映画を何故作った?…という非難の声もあるだろう。 辛い部分もあるが、ただ悲しいだけの映画ではない。 亡くなられた方々への尊厳と敬意を込めた真摯な人間ドラマである。 西田敏行を否定するつもりはないのですが、役「相場さん」というよりは「西田敏行さん」で。 どうも全体的に西田氏の演技ばかりが前面に出て来る感じで、今ひとつ感情移入出来ずに終わりました。 個々のエピソードは胸に来る物があり、読経のシーンなどかなりジーンと来ました。 一方で、被害者家族には感情移入出来るのですが、当時現地に行くことが出来なかった自身には、全体的によく解らない部分もあり。 当時は「ガソリンがない!」と言っていたと記憶しているのですが、連日自家用車を乗り回しているのはどうなのか…とか。 多少の解説は欲しかったと思います。 大事件のあった割に、現場ではパニックという程の混乱も起きていない感じが、リアルなのかリアルではないのか、当時何も出来ずに遠方からただ祈っていた人間としては判断できません。 よくこれを映画化したなぁ…と思う半面、多少の疑問も感じた作品でした。 西田敏行さん以外に相場さんの役をこなせる役者はいないでしょう。 その意味で、文句は全くないのですが・・こんな腑抜けの根性無し、使命感の無い市職員っていますか?これは、釜石市役所職員に申し訳が無い。 遺体安置所に配属されて翌日もスカートを穿いて来るバカ職員が本当にいます?? 西田さん扮する初老の民生委員、相場さんはかなりリアルと思いたいのですが、脇を固めるべきキャストがお粗末過ぎました。 佐藤浩市さん扮する検視医も全くダメです。 名優佐藤浩市を殺してしまう演出に愕然・・。 興業収益を被災地寄付、キャストも異例の低ギャラ出演と、復興への一助にと言う志の高さで評価2.5としますが、作品としては1.5が精々の凡作です。 この映画を観て復興への手助け、と思われるなら直接、義捐金を送られる方がよろしいかと・・そんな気持ちで映画館を後にしました。 全く残念でした。 ネタバレ! クリックして本文を読む もうすぐ2年になる。 震源地から離れているにも拘らず、あの日の地震の大きさは おそらく一生忘れないだろう、と思うほど凄まじかった。 その後多くの人命が津波によってさらわれた事実をニュースで 知ったが、現場にいない限り、実際の被害は伝わらないだろう。 そんなニュース報道でしか知り得なかった地元の方々の真実が フィクションでありながら正確に伝えられることには意義がある。 なので今作には物語の完成度を問うことはできない。 あの日何が起こって、それからどんなことが為されたかを知り、 各々が想い考えることが大切なのだろうと思う。 震災からしばらく経って、こちらで計画停電が行われていた頃、 とある看護師の方のブログが話題になったことがあった。 被災地に派遣され、今作のように救援活動にあたったその方の ブログに記された内容で一番記憶に残ったのが、瓦礫をめくると その下に何百何千もの遺体が広がっている、という記述だった。 戦後生まれの私はもちろん、そんな光景を実際に見たことはない。 それがどれほどのショックだったかが文面から伝わり、 パソコンの前で固まってしまった。 計画停電如きで騒いでる自分が あまりに情けなくて、みじめに思えるくらい恥ずかしかった。 震災が起きたのは誰のせいでもない。 自然が齎した災害を前に、どうしてこんな?ばかりが頭に渦巻く中、 身内を失っても悲しんでいる間もなく懸命に救援にあたらなければ ならない人が大勢いたのである。 西田敏行が、普段の西田敏行だったのが演出なのかは分からないが、 ボランティアや医師、職員を含め皆黙々と疲弊しながら働いていた。 検死をする医師が休む間もないほど足りないのは一目瞭然、 次々と運ばれてくる遺体を前に懸命に床の泥除去を行う女性職員や、 遺体搬送トラックで呆然としている作業員、麻痺した行政と被災地を 行ったり来たりする職員、遺体を棺に納め火葬場稼働を待つ葬儀屋、 泣きたくても涙すら流せないほど忙しい状況の中、せめて焼香台をと 設置する日本人ならではの心配りは大したものだ。 ここへと運ばれた 遺体は、手厚く安置され送り出されて、まだ幸せだったのではないか。 未だに判明していない震災被害者も数多い、遺族の心労は続いている。 劇中で、救援物資 食糧 がボランティアにはまったく振舞われないのを 見せていたが、今作で西田が演じた民生委員・相葉ですらそうだったと いうのに驚いた。 確かに助かった人間 住む家も家族も失っていない と いうのは分かるが、現場で指揮をとる人間にすら一つも出されないこと には、どうなんだろうという気がしてならなかった。 働く人間が倒れたら 被災地の現場はやっていけるんだろうか。 家でお腹を空かせている妻に 持って帰るから、とポケットにしまった彼もリアルに描かれていたと思う。 とにかく災害から間もない状況 十日間 ということは、 何がどうなるのか、どう動くのかも分からない状況というのは見てとれる。 こんなに多くの犠牲を出した震災以降、日本の災害意識は更に高まった。 だけど日々暮らしていく中で、喉元過ぎれば…は避けられない。 毎年こうやって 思い出したくない方もいると思うけど 災害問題は風化 させることなく見せて教訓としなければならない事実だと改めて感じる。 演技以上に辛かっただろう、俳優陣の素の表情から伝わるものを感じる.

次の

遺体 明日への十日間 : 作品情報

遺体 明日 へ の 十 日間

2011年3月11日、東日本大震災という未曾有の悲劇が起きた。 震災から2年目を迎え、報道では伝えられなかった遺体安置所の真実を描いた映画『遺体 明日への十日間』。 本作に関わったスタッフ、キャストたちの思いとは? 連載第3回は、本作で西田敏行が演じた主人公の相葉常夫のモデルとなった釜石市の民生委員・千葉淳さんが登場。 民生委員の千葉さんは、東日本大震災の発生直後から遺体安置所でボランティアとして、遺体の身元確認の仕事をしていた。 安置所で一人一人に優しく語りかける千葉さんに、多くの人が心を動かされた。 そんな千葉さんが作品への思い、そして故郷への切なる思いを語った。 映画化の話を知ったときのこと 写真左より君塚良一監督、西田敏行、千葉さん、種田義彦エグゼクティブプロデューサー 遺体安置所でボランティアをしているときに、原作を書かれた石井光太さんにお会いしたのですが、ただ、彼から「同行させてください」という申し出を受けただけでしたので、彼が本を書くということすら、初めは知りませんでした。 ですから、本当に自分の助手のような感じで、一緒に時間を過ごしていました。 そのときのことが本になっただけでもびっくりしたのに、今度は映画になると聞いて……。 驚いたなんてもんじゃなかったです。 ですが、東日本大震災のとき、こういうことがあったんだ、という事実を風化させないためにも、映画化することは素晴らしいことだと思いました。 何十年か後、また震災が起こったときに同じことを繰り返さないためにも……。 今回のことを形あるものに残せるのはいいことだと思います。 震災当時を振り返る [PR] 映画『遺体 明日への十日間』より C 2013フジテレビジョン 震災直後は、津波が起きたなんて夢にも思っていなかったので、最初は民生委員の業務として、集会場に避難してきたお年寄りのお世話をしていただけだったんです。 でもその中に津波の被害に遭った方がいて……。 亡くなった方々のご遺体が集められ、遺体安置所ができていると聞き、初めてその場を訪れました。 初めて行った安置所はひどい状態でしたね。 足の踏み場もなく、亡くなった方々が無造作に寝かされて、ひつぎもなく、体をきれいに拭いてあげることすらできていない。 そんな状況を目の当たりにして、居ても立ってもいられなくなりました。 民生委員の仕事としてということではなく、ただ、そうしたい。 その気持ちだけで、市長に直訴して遺体安置所で働かせていただいたんです。 完成した映画を観て…… 東北イベントで西田と涙の再会 想像以上に素晴らしかった。 当時の様子そのままを描いたかのような作品ですので、観ていただければ多くのことが伝わるはずです。 当時の報道でも伝えきれなかった出来事を、西田敏行さんなどが演じてくれたことで皆さんに伝えることができたのは本当にありがたいと思います。 心から感謝しています。 家族を亡くした遺族の方の中には「観たくない」と思う方もいるかもしれません。 それでも、そのつらい悲劇を乗り越えて、こういう事実があったということを知ってほしいと思います。 亡くなった方は今もわれわれを見守ってくれていると思いますし、だからこそ、背を向けずに頑張って生きてほしい。 亡くなった方々の供養という思いも込めて、この作品を多くの方に観ていただくことができればいいと思います。 これからの被災地のために…… 千葉さんの思いはただ一つ「被災地のことを忘れないで欲しい」 この事実を風化させない、そのためにもこの映画ができたのだから、まずはそれを広めていただきたいと思っています。 ただ心の底から思うのは「忘れないでほしい」ということ。 この映画の舞台となった釜石市の復興は、まだまだ進んでいません。 これから時間をかけて、少しずつ復興の道を進んでいくことになるとは思いますが、本当の意味での復興を目指すには、「忘れない」それが一番だと思います。 (編集部・森田真帆) なお、本作の配給によると本作の収益金は被災地に寄付されるとのことです。

次の