阪急 電車 広告。 阪急の炎上広告まとめ!批判が殺到する理由はおしつけがましいから?

阪急電鉄「働き方啓蒙」中づり広告「月50万円」に「不愉快だ」など批判、掲示とりやめ

阪急 電車 広告

6月1日より、が様々な業界・世代の働く人々の思いを紡いだ言葉集「はたらく言葉たち」とコラボし、ハタコトレインなる企画列車の運行を開始した。 hatakoto. 研究機関 研究者/80代 」 「私たちの目的は、お金を集めることじゃない。 地球上で、いちばんたくさんのありがとうを集めることだ。 外食チェーン 経営者/40代 」 といったような「はたらく言葉たち」が車内をジャックしたのだが、批判が殺到しネットでは炎上状態に。 6月10日に企画はとりやめとなったようである。 作家でブロガーのはあちゅうさんは、 この類のクレームでとりやめとは… 30万、50万って、イメージしやすい金額だと思うけどなぁ…。 繊細チンピラの言い分をどこまで聞くのか と、企画中止に疑問を呈していた。 「仕事で落ち込むヒマなんてない。 3分前は過去だと思っています。 」 「転職や再就職も恐れることなんてないんですよ。 日本の中で、ちょっと人事異動しただけなんです。 」 「部下の役目は、上司を育てること」 「いちばん社員のためになる福利厚生って、いい仲間を増やしていくことなんじゃないか。 」 といった言葉に、あのミサワのイラストを合わせたもので、ハマりすぎていると大反響。 11日お昼すぎの投稿が、同日22時の時点でおよそ5万リツイート、8万5千件以上の「いいね!」を集めていた。 「せめてこういう遊び心でもあれば ここまで叩かれなかったって思う」 「地獄のミサワとコラボしておけば炎上しなかったんだなぁ」 「やっぱり地獄のミサワはすごいなぁ……時代の先を読んでる。 時代が一向に進んでいないとも言えるけど」 「ミサワにすると爽やかな苛立ちに変わる」 といったような返信が寄せられていたようである。

次の

阪急の炎上広告まとめ!批判が殺到する理由はおしつけがましいから?

阪急 電車 広告

今日も仕事帰りにtiwitterをチェックしたら気になる単語がトレンドに入っていて、 思わず「なんだろう?」と思い無意識のうちにクリックしていました。 その単語が「手取り30万円」 クリックして色んな方のツイートを見てみました。 そこには、こんなツイート達がたくさん並んでいました。 ・手取り30万もらえたら給料が高い方だろ ・手取りで30万あったら色々できるな〜 ・手取りで30万って低いんですか ・手取りで30万なら年収だと600万ぐらいじゃない? などなど。 結構スクロールしてみましたが、結局の元ネタがよくわからずだったので、 他にも元ネタが何か気になった方がいるのはないかと思い記事にしてみることにしました。 手取り30万円がトレンド入りの理由 まず、なぜ「手取り30万円」がトレンド入りしていたかというと、 その原因は阪急電車の車内の広告でした。 これ文章考えたやつが頭おかしいのは言わずもがななんだけど、これでOK出したヤツも総じて頭おかしいんだよな、こういうのが世に出るまでに何個もチェックがあると思うんだけど。 ていうか、世の中には手取り20万も行かずに生き甲斐のない仕事してる人もいるってことを知らないんだろうな — 玲央 reo010310 これは、株式会社パラドックスという会社が「はたらく言葉たち」という本を出しているのですが、その中の言葉で選りすぐりのものを阪急電車の広告にしたもの。 人が動くと書いて、はたらく。 また傍を楽にするという意味で、はたらく。 人がひたむきにはたらき、人々や世の中の役に立っていく。 そんな姿に、人は心を打たれるものだと思います。 偉人の言葉でないけれど、 今日も仕事に全力で向き合う人々から紡がれた言葉は、 確実に明日への活力になるはず。 そんな想いから生まれた、「はたらく言葉たち」。 はたらくすべての人に、はたらきかける言葉がつまった本です。 より引用 こちらの広告で伝えたいことは、 「お金のために働いて多くの給料を得るよりも、給料が低くても自分の楽しいことや、 やりがいがあることを仕事にしたい。 と、いう感じのニュアンスが本質だと思うんですが、 手取り30万円ももらっていない方々がこれに猛反発してTwitterが炎上。 ・手取り30万が低いように見える。 ・そんなにたくさん給料もらっていたら貯金も旅行も遊びも充実しそう ・30万円が薄給扱い この広告が本当に言いたい本質とは少しズレてしまっている気がしますが そういう方が多くいる中でその辺りの配慮にかけてしまっていたのかもしれません。 そうした方々の逆鱗に触れてしまったため、この「手取り30万円」がトレンド入りをしていました。 阪急電車に掲載されていた中吊り広告一例 実は今回、阪急電車に掲載されていた「はたらく言葉たち」の広告はこれだけではなく、 この他にもたくさんの「はたらく言葉たち」があります。 以下、はたらく言葉たちより引用 夢がないならそれでいい。 自分は何がしたいのか、ということを考え続けろ。 広告から捉えられる感覚は人それぞれですね。 阪急電車のような老若男女が目にする場所では不向きな広告もあるようです。 この広告を手掛けた会社は? 今回の炎上を招いた広告を手掛けている会社は 「株式会社パラドックス」という会社のようです。 prdx. もし見れなかったらまた改めてアクセスしてみてくださいね。 まとめ いかがだったでしょうか。 今回は「手取り30万円」がTwitterでトレンドになっていた理由と、はたらく言葉には他にもどんなものがあるのか? また、この広告を手掛けた会社について調査してみました。 今回のニュースでは少し悪い印象を与えてしまったかもしれませんが、 このはたらく言葉には、悪い印象のものだけでなく自分が前向きになれたりする言葉もあります。 もし興味がある方はみてみてくださいね。 最後に、今回ニュースになったこの手取り30万円の広告は炎上して他の方への配慮がかけたものである、 ということでこの広告自体は掲載が中止されることになったそうです。

次の

中吊り広告めぐり批判集める阪急電鉄 企画を中止へ

阪急 電車 広告

もくじ• 庶民的な「みなさまの阪神電車」、上質な空間の「マルーン色の電車」 阪神間の海側を走る阪神電車、山側を走る阪急電車 「阪神電車(阪神電気鉄道)」は、大阪のキタの中心・梅田と、神戸・三宮を主な路線とする、全長48. 3キロの鉄道です。 「阪急電車(阪急電鉄)」は、梅田を中心にして、神戸・宝塚・京都を結ぶ、全長143. 6キロの鉄道です。 阪神電車は、JR線の海側、そして阪急電車(阪急神戸線)は、JR線の山側を走っていますが、阪神間は、このJR線を境に、まったく違う雰囲気の世界を醸し出しています。 阪神電車は「下町の電車」、阪急電車は「山手の電車」 「阪神電車」の沿線は、古くからの住宅や工場が密集する地帯で、阪神タイガース、競輪・競艇場といったものも存在していて、駅前に降りるとどこもなんとなく懐かしくなる、下町の光景が広がっています。 深い木目調で統一された車内は、つり広告も少なく、内容もなんとなく上品なものばかりです。 「下町の電車」と「山手の電車」の「熱いバトル」の歴史 「待たずに乗れる」か「綺麗で早うてガラアキ」か!? 「阪神電鉄」は、1905(明治38)年、日本で初めてとなる都市間高速電車として開業したのがはじまりの会社です。 「阪急電鉄」は、1910(明治43)年、「箕面有馬電気軌道」として、現在の宝塚線・箕面線を開業した会社です。 その後、大阪と神戸の間に路線をつくることを計画して、1920(大正9)年に「神戸線」を開業しました。 阪神電車は、並行して走る国鉄(現在のJR)に対抗するため、短い駅間、高速走行にこだわり競争してきたのですが、すぐ近くに阪急電車が開業したため、直接のライバルは阪急電車に変わりました。 そこで阪神電車は電車のさらなるスピードアップを図り、また4分ごとに急行・普通電車を走らせるなど、 「待たずに乗れる阪神電車」 いうキャッチフレーズで売りました。 一方で、阪急電車も、先輩格の阪神電車との違いをアピールするために、社名を「阪神急行電鉄」に変更したり、阪神電車より高速運転を行ったり、開業時、新聞には 「綺麗で早うてガラアキで、眺めの素敵によい涼しい電車」 と、路線の特徴を示してアピールするなどしました。 電車だけでなく、沿線開発でも最大のライバル! 沿線開発でも、阪神電鉄は阪急電鉄のライバルでした。 阪神電鉄は沿線の甲子園に住宅や遊園地、球場を作るなどして、乗客を沿線に誘致することに熱心に取り組みました。 全国的に有名なのは、 「阪神タイガース」 であり、「高校野球大会」でしょう。 一方で、阪急電鉄も、積極的に神戸線沿線に住宅のみならず、学校などを誘致しました。 そして、阪神電鉄が「阪神タイガース」を誘致したのを見て、甲子園のすぐ近くの、今の西宮北口の駅前に「西宮球場」をつくり、 「阪急ブレーブス」 というプロ野球球団も作りました。 また、六甲山も、阪神・阪急はライバルとして競って開発しました。 「最大のライバル」が「兄弟」に!~そして阪神間の未来に向けて 「阪神大震災」と「株の買占め」がライバル同士を変えた! そんなライバルの二社を一致団結させたのが、1995(平成7)年の阪神大震災であり、2006(平成18)年の、ファンド会社の阪神電鉄株式買占めをきっかけとした、阪急電鉄による阪神電鉄の子会社化でした。 阪神大震災では、阪急・阪神・JRの阪神間3路線すべて大きな被害を受けましたが、JRがいち早く復旧を遂げたため、それまで阪急・阪神両線を利用していた乗客まで奪ってしまいました。 そのような中、ファンド会社が阪神電鉄の株式買占めに向けた動きを取っていることがわかり、阪神電鉄の経営を守るために阪急電鉄が阪神電鉄の株式を引き取り、子会社化したのです。 こうして、開業以来「最大のライバル」だった両社が「兄弟」になったのです。 そして、次の100年へ~阪神間の足としての「新しい取組」と、「伝統の継承」 今では 「阪神電車」と 「阪急電車」は、それぞれの沿線の独自カラーを守りつつも、様々なところで協力しながら運営しています。 阪神電車は「山陽電車」や「近鉄電車」との乗り入れにも力を入れており、沿線から姫路や大阪なんば、奈良にも一本で行けるようになりました。 以前と比べるといろんな電車が乗り入れるようになって、乗客の皆さんにも楽しみが増えたのではないでしょうか。 一方で阪急電車は、伝統の 「マルーン色の電車」に磨きをかけ、沿線のお客さまの足として今日も走り続けています。 ぜひ、梅田から阪神電車・阪急電車に乗車したら、運転席の後ろの車両に乗ってみてください。 阪神電車に乗ると、西宮あたりから右手のほうから迫ってくる雄大な六甲山の姿に圧倒されます。 また阪急電車に乗ると、西宮北口を過ぎたあたりから沿線の街並みや、左奥に見えるキラキラ輝く海にうっとりすることでしょう。 このような風景を毎日見て通勤・通学する人々は幸せだと思います。 このように、100年以上にわたって切磋琢磨しながらも阪神間の足として変わらず走り続けてきた 「阪神電車」と 「阪急電車」。 これからも私たちの足としてながく活躍しつづけてもらいたいですね。

次の