ありふれ た 職業 で 世界 最強 9 話。 ありふれた職業で世界最強~シンゴジ第9形態とか無理ゲー~

ありふれた職業で世界最強 第9話 ネタバレ・感想 ティオ・クラルス

ありふれ た 職業 で 世界 最強 9 話

滝の洞窟でウィルを発見するが、どうも様子がおかしい。 ハジメは胸ぐらをつかみ、生き残れば喜ぶのは当然だ! 「死んだヤツらのことが気になるのなら生き続けろ。 そうすりゃあ… 」 「 いつかは今日生き残った意味があったって、そう思える日が来るかもしれねぇだろ!」 強く生きろとハジメ自身の想い重ねるように伝える。 クラスメート達、ウィルも足がすくむ。 しかしハジメとユエ、シアは違った。 すぐに戦闘モードへ 「ユエ守りに専念しろ、こいつは俺がやる!」 クラスメート達も加勢しようとするが、あまりの実力差に歯が立たない。 3人の連携攻撃で何度も黒竜を怯ませる。 にも関わらず、その狙いはウィルのみに限られていた。 シュラーゲンと手榴弾。 すると…凄まじい叫び声をあげ悶える。 「妾は誇り高き竜人族の1人じゃ、色々と事情があってのう」 黒いローブの男が眠っていたところを、洗脳か暗示のたぐいで黒竜の自由を奪い。 そして、数千数万もの魔物の群れが町へ迫っていること知らせます。 竜人族「ティオ・クラルス」と名乗り、自らを人間の姿へ変える。 その気品ある口調と装いとは、裏腹な性格があらわに… 黒竜のカッコ可愛さに感激しました 赤い月バックで漆黒の竜が咆哮をあげる。 赤き魔眼のハジメが立ち向かう! 赤き瞳、漆黒同士運命の戦いが始まる! いやーかっこいい良かったですよ、これだけで厨ニ心くすぐられました。 過酷な実践を積んだハジメは、クラスメート達と段違いの実力を付けて最弱から最強へ…その成り上がりよう痛快でしたよ。 そこに、シアとユエのアシストが加われば隙がない。 クラスメートは埋めようのない実力差を感じたでしょうね。 そして、ハジメ睨み合うシーンの黒竜の眼作り込み、鱗の質感も良かった。 これ以上ないほどカッコイイ…すごい緊張感がありました。 そう途中まではね! まさか、黒竜の喘ぎ声が聞けるとは…全く予想してませんでした。 ハジメの攻め方もウソでしょ!容赦ないし、新たな領域を開拓するなんて、驚き爆笑してしまいました。 その後もティオお姉さま、なんとお美しいお姿なんだ。 このお方に杭が… 1話にして高潔のイメージが180度変わった感じですが、竜化すれば強者たる風格を見せつけてくれることでしょう! いかにして、魔物の群れを蹴散らすのでしょうか?その運命はいかに… 文章:あそしえいつYH ありふれた職業で世界最強 の各話を振り返りチェック!•

次の

ありふれた職業で世界最強 9|オーバーラップ文庫

ありふれ た 職業 で 世界 最強 9 話

あらすじ 主人公の南雲ハジメは高校性。 自他ともに認めるオタクである。 徹夜でゲームをして、登校することも多い。 どうもクラス中から蔑まれ侮蔑されているようである。 かといって身なりが不潔だったり、言動が見苦しかったり、ましてやコミュ障というわけではないが、積極性もとりあえずあまりない。 単純に、創作物や漫画・小説、ゲームや映画が好きなだけだ。 (ちなみにハジメの父親はゲームクリエイター、母親は人気少女漫画家と言う事で、生粋のオタクである。 ハジメはオタク界のサラブレッドであるから、趣味を人生の中心に持ってくることに恥も遠慮もない。 両親ともの仕事をアルバイトとして手伝ったりもしている!) なぜ、そこまで一部の男子生徒からは直接罵られているかというと・・・ 学年一の人気の美少女:白崎香織から構われるからだ。 男子生徒の憧れのマドンナがオタクでパッとしないオタクに話しかける。 それだけで気にくわないのだろう。 ましてや白崎香織の幼馴染4人組のもう一人のひそかなマドンナ、八重樫雫も話しかけるとなれば、オタクの癖に!となるのは火を見るよりも明らかだ! 幼馴染4人組の残り二人は男で、正義感が強く女子からも人気のある天之河光輝と脳筋だが明るく頼りになる坂上龍太郎である。 そんな学年一ヒエラルキーの低い南雲ハジメのいるクラスが昼休みに忽然と消えた・・・ そう。 その瞬間に教室内にいた生徒すべてが一緒に・・・ 異世界トータスへの召喚! 異世界のピンチと言う事で、召喚された南雲のクラス一同(ごく一部の生徒は昼休みに教室にいなかったので召喚を免れた)。 世界を渡るときに、「言語理解」とそれぞれの特性の「職業(ジョブ)」が与えられていた。 白崎香織の幼馴染グループであり、もともと学年でも人気のある正義感溢れる男:天之河光輝が職業『勇者』だ。 基本情報 白米良氏の作品です。 コミカライズ版から読むとまた、イメージがしっかりと出来てより楽しめると思います!.

次の

【なろう!】「ありふれた職業で世界最強」が面白い!あらすじは?

ありふれ た 職業 で 世界 最強 9 話

冒険者捜索のため、クラスメイトや愛子先生と行動を共にすることになったハジメたち。 一行は、ギルドの情報をもとに北の山脈地帯に向かう。 ハジメたちはそこで魔物による破壊の跡と、かろうじて生き延びていた冒険者ウィルを発見する。 話を聞くと、漆黒の竜に襲われたという。 出典: 「ありふれた職業で世界最強」公式サイト ありふれた職業で世界最強 第9話 ネタバレ 捜索 行方不明者の探索に出向いたハジメは、車中でクラスメイトの清水が姿を消したことを愛子より聞きます。 心配する愛子ですがハジメは大丈夫だと答え、愛子はハジメも戻ってきたのだからと安堵します。 行方不明となった場所へと到達したハジメは、複数のドローン型の探索機を飛ばし、探索を開始します。 探索を開始すると、行方不明者と同行した冒険者と思しき装備を発見します。 その場所へと赴き装備類の回収をクラスメイト達に任せ、辺りを探索するハジメ。 すると大きなクレーターがあり、その中には大型の4足歩行型の魔獣の足跡が。 VS漆黒の竜 探索を進め、滝の裏側に人間らしい反応を検知したハジメは、その中へと入っていきます。 その先には、捜索対象の行方不明者がいました。 助け出したウィルに今までの経緯を聞き、竜と呼ばれる存在がいることを認識します。 しかし、ウィルは役に立たない自分だけが生き残ったことに罪悪感とほっとしている自分がいると心情を吐露します。 そんなウィルにハジメは、当然の感情だと喝を入れ、生き続けろと、生き続ければ今日生き残った意味が分かるかもしれないと言います。 ウィルの応急手当てを完成させ、下山しようとしますが、そこにウィルパーティを壊滅させた漆黒の竜が現れます。 漆黒の竜は、ウィル目掛けて熱線を吐こうとします。 その射線上にいるクラスメイト達に警告しますが、突然のことに愛子たちは対応しきれません。 ハジメは、巨大な盾のようなものを出現させ漆黒の竜の熱線の射線上に立ち、竜の攻撃を防ぎます。 ハジメに対して攻撃を仕掛け無防備になっているところにユエとシアが渾身の一撃を叩き込み、竜を地上へと堕とします。 しかし、漆黒の竜を倒すことには至らず、ユエとシアに対して反撃を開始します。 ハジメも竜に対して攻撃を仕掛けますが、漆黒の竜は執拗にウィルを狙って攻撃を仕掛けます。 ウィルをユエに守らせハジメは漆黒の竜と対峙します。 体制を整えたクラスメイト達をも加勢しますが、あまりにも無力でした。 ハジメの進言に従い、ウィルを守るユエのもとへと集まります。 ハジメは、執拗にウィルを狙う漆黒の竜に対して無視できないようにしてやるとして「シュラーゲン」を取り出します。 それを見た漆黒の竜は、ハジメをようやっと敵と認識します。 シュラーゲンの一撃と熱線はぶつかり合い、シュラーゲンの一撃が熱線を超え漆黒の竜へと着弾します。 再び地上へと落ちた漆黒の竜に対して、攻撃を加えるハジメ。 巨大なくい打ち機を取り出し漆黒の竜に対して放ちますが、強固な鱗によって内部まで貫通はしません。 抵抗する漆黒の竜ですが、シアの巨大なハンマーの2連撃を食らい、ついに漆黒の竜は意識を手放します。 ティオ・クラルス ハジメは、ユエとシアを労いながら、漆黒の竜へ止めを刺そうとします。 竜の弱点は唯一鱗に囲われていない場所だとし、巨大な杭を手にして、鱗の覆われていない場所へと突き刺します。 その衝撃により強制的に意識を取り戻した漆黒の竜は、人語の叫び声を上げます。 ハジメは、突き刺した杭を足で踏み込みながら龍人族なのかと問います。 漆黒の竜は、苦しそうな声でいかにもと答え、自身が操られていたと事情を話し始めます。 漆黒の竜は、トータスに召喚された来訪者に会うために隠れ里を出発し、街に入る前に休憩中にローブを着たものに洗脳されたと。 その話に納得しないウィルは、出鱈目だと漆黒の竜に対して当たります。 しかし、漆黒の竜は己の誇りにかけてと言い、竜人族の在り方を知るユエも嘘ではないと言います。 だが、仲間を殺されたことに変わりないウィルは納得がいきません。 それに対して漆黒の竜は、種族間の争いなど知らぬときっぱりと言います。 しかし、罪のない人を殺めたのは事実であり、罪を償うと。 だが、その前に自身を洗脳した男を捕縛する猶予がほしいと言います。 漆黒の竜によれば、ローブの男は数千にも及ぶ魔物の群れを作り上げているとのこと。 その話を聞いてもなおハジメの答えは、詫びとして死ねという無情なものでした。 漆黒の竜の静止を聞かず止めを刺そうとするハジメですが、そこユエが声を掛け思いとどまります。 弱点に突き刺したままの杭を抜き、漆黒の竜は人の姿へと変化します。 漆黒の長い髪に着物を着た人物は、ティオ・クラルスと名乗ります。 魔物の群れ ティオからローブの男が魔物の群れを使い、湖畔の町ウルの襲撃を企ていると知る。 ドローンを使い、偵察を行うハジメは、数千どころか5万を超える大軍勢を確認します。 魔物の軍勢はすでに出発しており、ウルの町へは2日もあれば到着するであろうとも。 ウィルは、ハジメであればその軍勢に対抗できるのではと言いますが、ハジメは保護対象を連れて戦争なぞ出来るかと一蹴します。 愛子は、魔物の群れにローブ姿の男がいないことを知るともう少し探索しようと言いますが、ハジメは強い口調でダメだと言います。 そしてこの場所に残るのは良いかが、だれがウルの町に知らせるのかと指摘します。 ティオもその意見に賛同します。 しかし、自身は魔力が枯渇して動けないとハジメに伝えます。 それを聞いたハジメは、汚物を見るような目でティオを見ますが、新たな快感目覚めたティオにとっては、それはご褒美でした。 ハジメは、ウィルを手放しティオの足を掴みそのまま引き釣りますが、そんな雑な扱いを受けてもティオから響く嬌声にいら立ちを隠せません。

次の