息 を 吸う と 背中 が 痛い 右上。 背中の痛み|家庭の医学|時事メディカル

背中が痛い!何科にかかって、どう治す?

息 を 吸う と 背中 が 痛い 右上

こんにちは!鴫野にある段上はり灸、野球好き院長の段上 功 だんじょう いさお です^^ 3月におこなわれるに向けて、のメンバーが発表されましたね。 あと1人は決まっていませんが、全体的に若い選手に期待をかけた選出となりました。 脇を固めるベテラン選手が鍵になる大会になりそうですね。 【ギックリ腰ではなくギックリ背中】 肩甲骨やわき腹、腰ではなく「背中」辺りが突然「ズキッ!」と痛くなることってありませんか。 例えば、 腕を伸ばして上に置いてある物を取ろうとした時。 布団を掴み、腕を大きく振り上げた時。 誰かに声を掛けられて急に振り返った時。 イスに座った状態で下の物を拾おうとした時。 「ウッ!!」という吐息交じりの声とともに、息が出来ないぐらいの激痛が走るやっかいなこの症状。 今この痛みを訴える方が非常に多くなっています。 【それが起こる原因は?】 で治療院を開業する同業者のも書かれていましたが、ボクのところでも先週末ぐらいから多く来院されています。 この「ギックリ背中」は、突然やってくるのではなく、ギックリ腰や寝違えと同じように疲労が蓄積することにより起こります。 筋肉というのは本来、輪ゴムのように伸び縮みをおこないます。 こうやって伸び縮みをするお陰で、腕を伸ばしたり、くびを上下に向けたり、カラダを捻ったりすることが出来るんです。 それが、姿勢の悪さ、血行不良や冷え、ストレスなどによって疲労が蓄積することで、筋肉が硬くなってしまいます。 そういう状態になると、柔軟性が落ち、伸び縮みする動きに耐えられなくなり、筋肉の繊維を痛めてしまうんです。 古くなるとすぐにちぎれる輪ゴムの状態です。 ここまで完全に切れているわけではないですが、イメージとしてはこんな感じです。 【ではなぜ背中に起こるのか?】 これは正直どこに起こってもおかしくはありません。 どの筋肉に疲労が溜まっているか、どの筋肉を使うかによって起こる場所は変わります。 くびに起これば寝違え、腰に起こればギックリ腰、背中や肋骨付近で起こればギックリ背中という風な感じです。 まぁ一つ言えることはどれも痛いということです。 笑 肩甲骨や肋骨、わき腹辺りも含めて扱われる背中は、腕を挙げたり、くびを動かしたり、カラダを曲げたり捻ったりする時に必ずどこかしら使うので、なってしまうと後が大変です。 実際になられた方はわかると思いますが、身動きもとれなくなりますし、呼吸に関わる筋肉もあったりするので、息がしづらいなどの症状を伴うことも多いんです。 ならないように心掛けることが何より大切ですよね^^ 【予防も治療も同じ!とにかく温めよう!】 先ほどもお伝えしましたが、筋肉の柔軟性が落ちること、すなわち筋肉が硬くなることで痛みが生まれやすくなるわけです。 なので、対策としては筋肉を硬くしないこと。 運動をすることと、温めることのこの2つが大事です。 筋肉は同じ姿勢が続くと硬くなり、そして冷えると硬くなります。 だからこの時期にじっと座っていたりするとギックリ背中は起こりやすいです。 なので、長くじっとしていることが続く際は、タオルを使って背中や肩甲骨を動かしたり、カラダをゆっくりと捻ったりして固まらないようにして下さいね。 あっ、無理に運動をはじめたりすると、それが原因でギックリ背中になることもあるので、出来るだけゆっくりとおこなって下さい 笑 あとはお風呂とカイロは欠かさないようにして、外出する時もマフラーや上着などで寒さ対策をしっかりとして下さいね。 そして、 痛くなった時もとにかく温めて下さい。 一般的にはこういう場合冷やすことが多いです。 たしかに冷やす方が痛みは引きやすくなりますが、回復は遅くなります。 冷えて硬くなることで出てきた痛みなのに、冷やしてしまったら本末転倒ですよね。 詳しいお話はコチラをご参考下さい^^ それと、繊維を痛めているので揉むのも厳禁です。 揉んじゃうとめっちゃ長引きますよー。 笑 しっかり温めることが出来て、尚且つ鍼やお灸をおこなうことが出来たら、2~3日程度でほぼ痛みはなくなります。 でも痛くならない方が絶対にいいので、気を付けて下さいね 笑 このギックリ背中も、ギックリ腰と同じで必ず 「だるさ」や 「違和感」などの 「前兆」があるので、それを見逃さないようにしてくださいね。

次の

肩甲骨やわき腹などの背中が、突然痛くなる「ギックリ背中」が多発しているのでご注意下さい。

息 を 吸う と 背中 が 痛い 右上

背中が痛くなる原因として、まず、姿勢の異常が考えられます。 背中が丸くなって鈍痛が起こる病気には、変形性脊椎(せきつい)症があります。 背骨の老化による変形が原因です。 脊椎の圧迫骨折は、高所から転落してしりもちをついたときによく起こります。 背中の胸椎の突起をたたくと激痛が走ります。 肋骨(ろっこつ)を骨折した場合にも、しばしば背中が痛みます。 いずれも、高齢で骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の人に起こりやすくなります。 脊柱が左右いずれかに曲がっているものを脊柱側彎(そくわん)症といいます。 少女に多く、片方の肩が下がっているとか、片側の背や胸が出ていることで気づかれます。 脊椎過敏症も若い女性に多くみられ、上部胸椎を1つか2つたたくと痛みが生じます。 椎間板(ついかんばん)の一部が椎体の中にめり込んだものをシュモール結節といい、時に突発的に胸が締めつけられて狭心症とまちがわれることがあります。 腎盂(じんう)腎炎も女性に多い病気で、尿の回数が多く排尿時の違和感を生じる膀胱炎の症状に加え、発熱と片側の背中の痛みがあらわれます。 背中をたたくと痛むのが特徴です。 背中から肋骨に沿った痛みを肋間神経痛といい、通常は片側に起こります。 帯状疱疹(たいじょうほうしん)も片側の肋間神経に沿って、水疱(すいほう:水ぶくれ)を伴う発疹(ほっしん)と神経痛を起こします。 水疱が治ったあとも、長期に強い痛みが残ることがあります。 心臓・肺・肝臓・胆嚢(たんのう)・腎臓・胃腸疾患があると、関連痛といって、背中が知覚過敏(痛みに敏感な状態)になることがあります。 急性・慢性膵炎(すいえん)では、腹痛より背中の痛みが主となる場合があります。

次の

胸の真ん中らへんが痛い!胸の痛みに考えられる病気のサインとは

息 を 吸う と 背中 が 痛い 右上

胸の前で肋骨(一般的に「あばら骨」と呼ばれる)が重なっていますが、その下の骨がない部分のことを指します。 ちょうどその場所には胃や膵臓が位置しています。 よく「みぞおちを殴られると痛い」といわれますが、これはみぞおちの奥に多数の交感神経が通っており、痛みに敏感なためです。 みぞおちには、主要な臓器が位置し、多数の交感神経も通っているにもかかわらず、骨に覆われていません。 そのため、体の不調が出やすい場所なのです。 日常的なものから深刻な病気まで!痛みの原因 みぞおちの痛みの原因は、日常的なものから深刻な病気までさまざまです。 パーツ別に、考えられる原因をご紹介します。 心臓の病気 心筋梗塞 「みぞおちが痛い」というと、胃腸や膵臓が不調なのだと思われがちですが、実は心筋梗塞の疑いもあるんです。 心筋梗塞は一般的に肥満傾向にある中年男性が患うといわれていましたが、女性が患う可能性も十分にあります。 みぞおちに圧迫感のある痛みを感じたり、冷や汗、吐き気があるときは、すぐに受診しましょう。 胃の病気 食あたり 腐った食べ物を食べてしまったときや、海外の水・井戸水が体に合わなかったときに、胃やみぞおちに激しい痛みを感じたり、下痢や吐き気をもよおしたりします。 急性胃炎 みぞおちがキリキリと痛む場合は急性胃炎の可能性があります。 食中毒やウイルス、ストレスによって胃の粘膜がただれてしまうことが原因です。 逆流性食道炎 みぞおちが痛むだけでなく、胸やけや吐き気もするのであれば、逆流性胃腸炎の可能性が高いです。 胃の中の食べ物を消化して、それを腸に運ぶ機能が低下し、胃の中にいつまでも食べ物が残ってしまうため、胃もたれを起こしてしまいます。 また、症状が幅広いのも逆流性食道炎の特徴です。 胃酸が過剰に分泌されるのが原因で、咳が出たり、耳が痛くなるのもこの病気の症状です。 腸の病気 十二指腸潰瘍 空腹時に特に痛んだり、みぞおちから右わき腹にかけて痛みがあったりする場合は、十二指腸の可能性が高いです。 潰瘍が深くなると、膵臓を突き抜けて、痛みが背中に達します。 みぞおちだけでなく背中にも痛みを感じたら、病状がかなり悪化している証拠です。 急いで病院に行きましょう。 盲腸 我慢できないほどおなかが痛くなり、手術すれば治る病気として、知っている方も多いですよね。 そんな盲腸の初期症状にも、みぞおちの痛みといった症状が見られます。 胆石というと、中年男性に多いイメージがありますが、30代以降の女性にもよくみられる病気なので注意が必要です。 膵臓の病気 膵臓がん 肝臓と同じく「沈黙の臓器」とよばれる膵臓は、その呼び名の通り、さまざまな臓器に囲まれていて症状が出ても分かりにくいです。 そのため、膵臓がんを患っても発見が遅れる場合が多いです。 初期の症状は特になく、進行してくるとみぞおちの痛みや違和感、体重の減少が生じてきます。 膵炎 この病気を患う人は年々増えており、女性に多いのも特徴です。 この病気はお酒の飲みすぎが主な原因です。 激しいみぞおちの痛みを伴います。 膵炎によるみぞおちの激しい痛みは、おへそまで及んだり、背中まで突き抜ける場合があり、咳や急な動き、深呼吸さえも耐えられないほどになってしまいます。 どれも劇的なものではないため、我慢してしまい、気が付いたころには進行してしまっている、というケースが多いです。 たばこを止めるなど生活習慣の改善や定期的な健康診断が一番効果的でしょう。 自律神経の乱れ 過度な精神的ストレスだけでなく、夏はエアコン、冬は暖房による過度な温度差も自律神経の乱れを引き起こす原因になります。 また、昼夜逆転した生活や、乱れた食生活など、不規則な生活習慣も自律神経の乱れを引き起こします。 自律神経は胃や十二指腸をコントロールしているため、胃酸の過剰分泌によって胃や十二指腸の粘膜が傷つき、みぞおちが痛むことがあります。 キリキリとした痛みがある場合は、この原因を疑う必要がありそうです。 みぞおちの痛みには注意が必要です みぞおちはさまざまなパーツに通じる場所です。 日常的な痛みの原因から、もちろん深刻な病気の可能性もあります。 「なんとなくみぞおちが痛いな」と感じている方で、放置してしまっている方も意外と多いのではないでしょうか? 病院を受診する際には「いつから」「どの辺が」「どのように」「どれくらい」痛いのか、正確に説明できるようにしておきましょう。 先延ばしにせず、早めに病院を受診しましょう。

次の