福島 市 新型 コロナ。 【福島コロナ】福島県田村市で新型コロナウイルス感染者が確認される

新型コロナウイルス感染症に関する情報【健康・暮らし】

福島 市 新型 コロナ

2020年6月12日掲載• 2020年6月10日掲載• 2020年6月8日掲載• 2020年6月8日掲載• 2020年6月8日掲載• 2020年6月4日掲載• 2020年5月28日掲載• 2020年5月27日掲載• 2020年5月26日掲載• 2020年5月22日掲載• 2020年5月21日掲載• 2020年5月18日掲載• 2020年5月15日掲載• 2020年5月15日掲載• 2020年5月13日掲載• 2020年5月11日掲載• 2020年5月11日掲載• 2020年5月8日掲載• 2020年5月7日掲載• 2020年5月7日掲載• 2020年5月7日掲載• 2020年5月5日掲載• 2020年5月3日掲載• 2020年5月1日掲載• 2020年4月30日掲載 <外部リンク>• 2020年4月30日掲載• 2020年4月28日掲載• 2020年4月27日掲載 <外部リンク>• 2020年4月26日掲載• 2020年4月23日掲載.

次の

【新型コロナ】福島県の休校の状況!休校延長継続の市町村は?小中学校高校の休校はいつまで?まとめ

福島 市 新型 コロナ

新型コロナウイルス感染症についての情報をお知らせします。 掲載する情報は、随時更新いたします。 目次(クリックすると該当箇所までスクロールします) 項目 内容・詳細 福島県作成の支援制度をまとめたガイドブック 対策本部からのお知らせ 市が実施した記者会見、市民の皆さまへのメッセージ 新型コロナウイルス感染症で気を付けること、健康管理に関すること 外部サイトへのリンク 新型コロナウイルス感染症に関する支援制度ガイドブック(福島県)• [PDF形式/1. 43MB] 新型コロナウイルス感染症対策本部情報• (2020年6月9日更新)• [PDF形式/1. 54MB](2020年6月1日更新)• [PDF形式/494. 06KB](2020年6月1日更新)• [PDF形式/382. 1KB](2020年5月18日更新)• (2020年5月15日更新)• (2020年5月15日更新)• (2020年4月30日更新)• (2020年4月20日更新)• (2020年4月8日更新)• (2020年4月1日更新)• [PDF形式/137. 71KB] 記者会見、メッセージ 記者会見• (2020年4月30日更新)• (2020年4月7日更新) メッセージ• (2020年5月26日更新)• (2020年5月18日更新)• (2020年5月13日更新)• (2020年5月6日更新)• (2020年5月1日更新)• (2020年4月28日更新)• (2020年4月28日更新)• (2020年4月22日更新)• (2020年4月17日更新)• (2020年2月18日更新)• (2020年2月18日更新) 健康管理・その他• (2020年5月27日更新)• (2020年5月25日更新)• (2020年5月1日更新)• (2020年4月24日更新)• (2020年4月22日更新) 関連サイト(厚生労働省、福島県など)•

次の

新型コロナウイルス感染症に関する情報(トップページ)

福島 市 新型 コロナ

県は新型コロナウイルスの感染防止に向けた休業要請で、対象外としていた飲食店やホテル、旅館などが自主的に休業や営業時間を短縮する場合、独自に協力金の給付対象に加える。 内堀雅雄知事が二十七日の定例記者会見で明らかにした。 要請に応じて二十一日から休業や営業時間を短縮している事業所だけでなく、二十八日から五月六日まで協力する事業所にも給付する。 県は最大で約二万事業所が支払い対象になるとみている。 改正特別措置法(新型コロナ特措法)に基づく緊急事態措置の休業要請の対象に飲食店、居酒屋などは該当しないが、密閉、密集、密接の「三密」になりやすいことなどから、県は営業時間や酒類の提供時間の短縮を求めていた。 県は自主的な休業や短縮営業をしている事業者が多いとみて、協力金の支給対象に入れた。 運動・遊技施設は一定の条件を満たした場合、支給対象とする。 休業要請の対象となっている遊興や劇場、集会・展示などの施設には、従来の方針通り協力金が支払われる。 県は二〇一六(平成二十八)年の経済センサスを基に、協力金の支給対象となる県内の事業所数を算定した。 支給対象は県内に事業所がある中小企業や個人事業主で、対象の約二万事業所のうち、新たに加えるのは約八千事業所、当初から要請を受けていたのは約一万二千事業所。 協力金は一事業者当たり一律十万円。 加算額は賃借物件で営業をしている場合、一事業所のみは十万円、複数事業所では二十万円となる。 県は協力金の交付申請に当たり確定申告書の写しなど営業実態が確認できる書類をはじめ、休業期間を確認できるホームページ画像やポスターなどの提出を求める予定。 早期の受け付けができるよう準備を進めている。 内堀知事は「政府から統一的な見解が示されていない中、独自の協力金制度を打ち出した。 ぜひ休業要請に応えてもらいたい」と呼び掛けた。

次の