あの 時 あたし が 欲しかっ た もの は。 あの時あたしが欲しかったものは、まちがいなくあなたでした。

ジレンマ speena エヴァでまとめてみた 歌詞付き

あの 時 あたし が 欲しかっ た もの は

143• 161• 133• 130• 104• 116• 134• 123• 101• 104• 120 とても不器用な女の子と話した。 彼女は、好きな男の子の傍に居る為に、彼の親友と付き合った。 まるでナボコフの『ロリータ』じゃないか、と、あたしは思う。 彼はロリータの為にロリータの母親と結婚したけど、そしてその彼女が彼と付き合ったのには他にも要因はあるけれど。 なんて切なくて、可愛くて、ばかみたいで、かっこわるい。 結局別れて好きな彼と上手く話せない彼女は、愛すべき愚か者だわ。 彼女は頭も良いし要領も良い方なのに、愛情なんて人を狂わせるものなのだなぁと思った。 みおちゃんに薦められてスピーナを聴いてて、 『月に鳴く』とか近いなぁと思った。 ベランダで泣くような子じゃないけれど、 とてもリンクして切ない。

次の

ジレンマ speena 歌詞情報

あの 時 あたし が 欲しかっ た もの は

【ネタバレ注意】叛逆の物語 ほむらちゃんのメガネの話 ほむらが眼鏡の自分、メガほむを嫌っていたのかというと、どうなんでしょうね。 僕はメガほむって、上のエントリで書いたように、叶わなかった想い、見果てぬ夢の象徴みたいなものだと感じていて、眼鏡をかなぐり捨てるっていうのは、目的の為にそれを諦める「もう誰にも頼らない」覚悟の表れだと思っているんで。 だってメガほむのときは杏子に頼るけど、クーほむになったらそれをやめてしまうんだよ、ああ。 でも、ほむらが自分を許せないというのはその通りでしょうね…。 自分の弱さがまどかに自分を守らせ結果的に殺してしまった(1周目) 自分の願いがまどかを魔女にしてしまった(2周目) 自分を殺してとまでまどかに言わせ、この手で殺してしまった(3周目) ループを繰り返し、因果を巻き付け、まどかを最悪の魔女となるよう仕向けてしまった。 最後には円環化という自己犠牲(一種の自殺)までさせてしまった。 そして今、に付け入る隙を与えてしまった。 まどかを傷つけ、殺し、殺させ、今また危機に陥れているのが自分自身だという事実はどれ程にほむらを蝕み、自責の念を与えることでしょう。 ほむらの魔女、ホムリリイが断頭台に向かうのは自らを裁く為なのでしょう。 顔の上半分がないのは、眼鏡をかける部分であるという面白い指摘が言及したまとめにありましたが、そのホムリリイの歩みに逆らって痛々しいまでに地面を引っ掻くのは、眼鏡と並んでメガほむを構成していた三つ編みを結んでいた紫のリボンです。 私には、眼鏡を捨て様々なものを諦め、1人になろうとするクーほむをメガほむが必死に押し留めようとしているようにも見えました。 でもホムリリイの足は止まらない。 深い深い自責をそこに感じます。 自責し自分を殺そうとするほむら(ホムリリイ)に、仲間たちが1人で抱え込むなと叱りつけ、止めようとし、まどかがそんなことしないでいいんだよと救済の手を差し伸べる。 でもそのまど神様の腕は傷だらけであるとほむらの目には映る。 その傷は、その前にインサートされた3周目の映像、ワルプルギス戦後に倒れ魔女化しかけ、ほむら自らが殺した時のまどかの腕と同じ場所にあるのです。 まどかは傷だらけになって自分の救済をしようとしてくれている。 しかし、しかも、その傷をつけたのは自分自身なのだ。 誰よりもまどかを傷つけたくなかったほむらが、そんな救済、受け入れられるでしょうか? 自分で選び、傷を負ってまで行っていることだからこそ、まどかのその意志は尊重されるべきだとも思います。 でも、それを言ったら、まどかだってほむらの意志(「私なんか助けるよりも、あなたに生きててほしかった」)を裏切っているわけです。 ほむらはループの間中、まどかの優しさと勇気にずっと裏切られ続けてきたとさえ言える。 インサートされた3周目というのは、ほむらにとってはまどかに騙されてグリーフシード(これオクタヴィア、さやかちゃんのなんだよねぇ。 今回考えるとまたなんと因果な)で強引に救われた回でもある。 ほむらが叛逆するのは、やられたからやり返したんだっていう風にとることもできると思います。 自責からの逆ギレと思うと、なんだかとても人間らしい気もしますね。 そしてこの映画の最終局面は、「鹿目さんとの出会いをやり直したい。 彼女に守られる私じゃなくて、彼女を守る私になりたい」というの最初の願いに再度立ち返ります。 今度はそこに眼鏡のはいない。 魔女結界内に描いたかつての夢の世界のようにはほむらはしませんでした。 悪魔なのに(悪魔だから?)選別し、たった1つの願いだけを選びました。 その意味は、少し考えたいと思います。 snowstep.

次の

太宰治 雪の夜の話

あの 時 あたし が 欲しかっ た もの は

央士くん、ソロモンの偽証でくんを見つけたときとおんなじ感覚になった。 いい作品に恵まれますように。 — 遣い seamlesspants これ、小説が発売された時のメディアの情報をすごく覚えていて、だから逆に映像にしてしまうっていう試みがチャレンジングなのでは?と思ったと記憶している。 ストーリーラインとして、「あれ?そうなるんだ?」って意外性もあったし、フィクションだけれどもどこかリアリティがあるというか現実世界ぽくて、ステージからの視線とか倉庫の空気とかピアノの鍵盤を押した時の重みとかそういうものを擬似体感しているみたいな感じだった。 の幸せレシピ(Quanto basta・2018・伊) の幸せレシピ。 もっとキッチンの中の話だと思ってたら旅の道中がメインだった..... もっとおいしい料理見たかったな。 — 遣い seamlesspants ストーリー的にはグリーンブック、のような反対の二人が時間と場所を共有することで理解と自分の器が少しだけ形を変えるような物語。 — 遣い seamlesspants でも私はの人たちってとても興味深いからなぁ。 映画じゃなくてもちょっと学んでみたいなと思えるんだけど。 — 遣い seamlesspants あとはそこで必要?と思ってしまうラブな関係(日本人だからごめん)もありつつ、それぞれ自分の場所を確立して終わるんだけど。 あのラストがあったからこそ原題じゃなく邦題にしたことの怒り。 — 遣い seamlesspants ま、直訳にしちゃうとオチがわかっちゃうからなのかもしれないんだけど。 — 遣い seamlesspants 60. 楽園 楽園は被害を被る側(といっても一概にどっちとは言えない場合も往々にしてあるなぁ、と)の視点で見ると本当に救いがないように見えるんだけど、悲しいかな珍しいことではないんだろうなと思ってしまう。 — 遣い seamlesspants ギリギリで保っていたところがふらっと足を踏み出した先が自分を傷つけたり他人を傷つけたりすることもあるし、自分さえ救えなかった人が誰かの生きる力になれたりするんだ。 — 遣い seamlesspants この映画は圧倒的にさんの演技にずっしりやられた。 まじで...... 私も狂っちゃうよ。。 2(Maleficent: Mistress of Evil・2019・米) は映像が美しい。 — 遣い seamlesspants エルファニングもこの前ガルヴェストンだったんだけどなぁ... と思うと、役者ってすごいなって思っちゃう。 — 遣い seamlesspants あと、ディズニー嫌いの私を映画館に行かせるアンの美しさ魅力全てに。 — 遣い seamlesspants 前作5年前だったらしいよ...... 道理で基本的な設定や前回の結末を忘れてるはずだよね。。 (見終わっての感想が「ふーん」しか湧いてこない私かわいそうだなって思った) seamlesspants.

次の