松屋 うな丼。 テイクアウト

【2019夏】松屋のうな丼は美味いの?→高級うなぎ屋と変わらない美味さ。噂の松屋うなぎ丼を食べてきた|韓国語からカカオフレンズ

松屋 うな丼

松屋にもついに「うな丼」が登場! 2019年7月9日 火 、 松屋が初めて「うな丼」を発売! 牛丼御三家のなかで、鰻については吉野家とすき家の一対一の勝負だったのですが、今年の夏はついに松屋も参入してきたわけです。 松屋のコメントからも自信が伺えます! 2019年7月9日(火)10時より、「うな丼」を新発売! かつて伝説のうなぎ屋と言われ、多くの食通や文化人が魅了された京橋の名店「小満津(こまつ)」。 現在は東高円寺に場所を移し、たくさんのお客様で賑わう小満津様監修のもと、松屋にて初めてのメニューとなる「うな丼」を新発売いたします。 ふわふわとした肉厚な身のうなぎに、特製うなぎダレをかけた「うな丼」は、数量限定の令和元年松屋特別メニューです。 また、松屋の定番メニューの「牛めし」も一度に楽しめる「うなぎコンボ牛めし」も同時発売いたします。 是非この機会に、松屋の新作「うな丼」をご賞味ください。 出典:より 7月12日 金 15時~販売終了までライス大盛無料サービスを実施 松屋の「うな丼」に山椒を塗して実食! 松屋の「うな丼」は、とても美味しかったです! 鰻はお箸で簡単に割れるほど柔らかいのに、歯応えも程よく残っています。 ゴムっぽい不自然な弾力感は感じられないのも良い感じ。 タレも絶妙なブレンドだと思います。 さすが、最後発のメリットを十分に活かしていますね…。 牛丼チェーン店のうな丼としては、現状ベストのように感じました! 【比較表付き】牛丼御三家の鰻メニューを徹底比較 比較項目 松屋「うな丼」 すき家「うな丼」 吉野家「鰻重」 セット価格 830円 最安値 930円 860円 930円 単品価格 830円 790円 720円 最安値 850円 エネルギー 714kcal 671kcal 670kcal 定期券割引 無し 有り 70円割引 無し 情報発信 無し 積極的 無し 比較対象 並 並盛 一枚盛 価格は全て消費税込み 牛丼チェーンの 鰻メニューの比較一覧表を作成してみました。 比較対象としたのは、丼サイズは並クラス、セットメニューはみそ汁と漬物小鉢付きです。 つまり全て一番エントリークラスのメニューで比較しているということですね。 比較表を見ると、 松屋の「うな丼」のコスパが非常に高いことが良く分かります。 多くの人が注文することが予想されるセットメニューで、 競合他店よりも100円安いのは大きい! エネルギー量が約6%強多いことから、並グレードでも、 そもそものボリュームも若干多目であることも伺えます。 味については、松屋が一番美味しいように感じましたが、すき家・吉野家と大きな差は無いようにも思います。 となると、価格的なコスパを中心に考えて…。 今回紹介したこと• 土用の丑の日(今年は7月27日)が近づくにつれて、飲食各社にて鰻メニューが盛んに展開されています。 2019年7月9日から、松屋が初の鰻メニュー「うな丼」を発売!• これで牛丼チェーン主要3社(すき家・吉野家・松屋)の鰻メニューが出揃いました。 牛丼御三家の鰻メニューを比較すると、松屋の「うな丼」のコスパの高さが際立ちます。 とくにセットメニューで注文するなら、松屋の「うな丼」が一番おすすめです! 牛丼御三家(すき家・吉野家・松屋)の鰻メニューが出揃いましたが、コスパと美味しさ、両方から、 松屋の「うな丼」が一番おすすめだと思います! 松屋の鰻メニューは最後発ですから、価格にしても味にしても、競合他社を十分研究した上で投入することができたわけですよね…。

次の

すき家、吉野家、なか卯、松屋のうなぎ2018(牛丼屋)の価格、お持ち帰りなど比較

松屋 うな丼

すき家のうなぎ2018 2018年のすき家のうなぎは「うな丼」という形での提供になります。 うな丼の価格は790円です。 その他うな牛などメニューの種類が多いのが特徴と言えるでしょう。 うな皿など単品のメニューやセットメニューもあります。 すき家のうな丼の価格 すき家のうな丼関連メニューの価格は以下の通り。 その他うなぎ関連メニューやお得に購入する方法など詳細は少し下のリンク先でもまとめているので必要に応じて確認ください。 うな丼関連でうな牛、うなたま丼、うなとろ丼などいろいろなメニューがありますが全てお持ち帰り可能。 うなぎの丑の日など用にお持ち帰りして家庭で食べるのもいいでしょう。 吉野家のうなぎ2018 2018年の吉野家のうなぎはうな重という形での提供です。 吉野家のうなぎの特徴は値段が安いということ。 一枚盛は750円です。 また、1枚~3枚までうなぎの枚数を選ぶことも可能です。 吉野家のうな重の価格 吉野家のうな重関連メニューの価格は以下の通りです。 その他うなぎ関連メニューやお得に購入する方法など詳細は少し下のリンク先でもまとめているので必要に応じて確認ください。 ただしみそ汁セットなどセットメニューについてはお持ち帰りできないので注意してください。 お持ち帰りはうな重単品のみとなります。 麦とろ鰻皿御膳についてもお持ち帰りは可能ですがみそ汁は付きません。 うなぎの丑の日など用にお持ち帰りして家庭で食べるのにもおすすめです。 なか卯のうなぎ2018 2018年のなか卯のうなぎはうな重としての提供になります。 うな重単品の価格は850円と少し高いですが高級感あり。 また、なか卯にはうなまぶしがあるのでうなぎをいろいろな形で楽しみたい人にはおすすめです。 なか卯のうな重の価格 なか卯のうな重関連メニューの価格は以下の通りです。 ただしうなまぶしについてはお持ち帰りできないので注意してください。 高級感もありうなぎの丑の日など用にお持ち帰りして家庭で食べるのにもおすすめです。 松屋のうなぎ2018 2018年7月10日現在松屋のうなぎ関連商品は見当たりませんでした。 もしかしたら今年は無いのかも? 気になる人は公式サイトでチェックしてください。 一般的にうなぎを食べるのは7月20日(金)が土用の丑の日だと考えていいでしょう。 毎年変わる土用の丑の日、2019年以降の情報や土用の丑の日の意味や由来などの情報も別途まとめているのでそちらも確認ください。 (参考:) すき家、吉野家、なか卯、松屋のうなぎ2018比較まとめ 今回は2018年のすき家、吉野家、なか卯、松屋のうなぎ情報を調べました。 その結果、すき家、吉野家、なか卯にてうな丼やうな重などのメニューを確認しています(松屋はない?)。 値段で言えば吉野家のうな重が750円と一番安い。 値段重視の人は吉野家がおすすめ。 一方ですき家はうな丼790円と少し高いもののうな牛などメニューが多く多様性に優れています。 いろいろなメニューを楽しみたいという人はすき家がおすすめ。 そしてなか卯はうな重850円と一番高いものの錦糸卵が添えてあるなど高級感があります。 17時以降限定のうなまぶしメニューも捨てがたい。 それぞれに特徴があるので可能であれば食べ比べするといいと思います。 早いところでは8月下旬に終了予定なので早めに食べてくださいね。 スポンサーリンク.

次の

伝説のうなぎ屋が監修した「松屋のうな丼」ってどれくらいウマいの? 大のうなぎ好きがズバリ斬る

松屋 うな丼

松屋に『うな丼』初登場! 伝説のうなぎ屋「小満津(こまつ)」監修 松屋の『 うな丼』は、ふわふわとした肉厚な身のうなぎに特製うなぎダレをかけた、数量限定の令和元年松屋特別メニュー。 かつて伝説のうなぎ屋と言われ、多くの食通や文化人が魅了された京橋の名店「 小満津(こまつ)」が監修しているとのこと。 松屋と比較対象になりやすい 「吉野家」「すき家」の両社は、なんと10年以上前の2007年から「うな丼」を提供しています。 それ以降も両社は定期的に夏季のうなぎ商戦に挑んできたわけですが、なぜか「松屋」だけは一切参入してきませんでした。 それには様々な理由があると思いますが、大手牛丼チェーンが「うな丼」を初めて提供開始してから12年もの歳月を経て、松屋がついに動き出したのです。 そして、出遅れた「松屋」は普通に「うな丼」を出すというだけでなく、「うなぎ屋の名店監修」という箔をつけてやってきました。 兎にも角にも今回の『うな丼』は、「松屋の初うなぎメニュー」ということでしばらく関心を集めそうですね。 松屋『うな丼』『うな丼ダブル』『うな丼コンボ』の価格とカロリー 販売中の『うな丼』シリーズは全3種。 みそ汁、ミニお新香、山椒付きで830円(税込)から。 大盛りの場合は「ご飯のみ大盛り」の量で提供されます。 【並盛】価格830円、カロリー714kcal 【大盛】価格890円、カロリー882kcal うな丼ダブル 『うな丼ダブル』は、丼ご飯にうなぎを2切れ乗せたメニュー。 この 『うな丼ダブル』のみ、ご飯大盛りが無料です。 【並盛】価格1,390円、カロリー965kcal 【大盛】価格1,390円、カロリー1,133kcal うな丼コンボ 『うな丼コンボ』は、丼ご飯にうなぎ1切れと「牛肉」を乗せた欲張りメニュー。 うなぎといえど、牛丼チェーンならではの提供スピード。 みそ汁、ミニお新香、そして小袋入りの山椒が付いてきます。 タレの照りと、しっかりついた焼き目が更に食欲を掻き立てます。 小骨も全く気にならず、臭みも一切ありません。 美味しすぎてご飯がススムススム。 うな丼ダブルにして良かった 最初の1切れはあっという間に我が胃の中へ。 この時思ったのが 「うな丼ダブルにして良かった」ということ。 美味しくてすぐに食べ終わってしまったので、やはり1切れだけでは量的に物足りなく、心残りが出てきそう。 また、ご飯の量とのバランスを考えても、シングルよりダブルの方が丁度良い配分で食べられると思います。 ダブルを注文した自分にグッジョブ! ふわっふわ 最初の1切れは、柔らかいものの「ふわふわな食感」という表現には少し届きませんでした。 しかし2切れ目を食べようと箸を入れたその瞬間、 「さっきまでと何かが違う!」と、脳が反応。 お箸から伝わってくる身の柔らかさが全く違ったのです…。 いただきます。 ふわっふわ なんだこれ、さっきと全然食感が違う…。 1切れ目も十分美味しかったが、これ、めっちゃうまい…。 とても美味しい1杯でした。 スーパーで売っている「うなぎ」と比べ物にならないほど美味しい 今回、 松屋が初めて発売した『 うな丼』を食べてみました。 うなぎ屋の名店が監修したということで、タレの美味しさはもちろん、うなぎの身が柔らかく、ご飯がとても進む美味しさでした。 筆者の記憶に残っているスーパーで売っているような「うなぎ」は、身が硬かったり、ちょっと臭みがあったり、小骨が気になったり、正直美味しいと感じたことはありません。 松屋の『うな丼』はシングルで930円(税込)、ダブルでも1,390円と、比較的手頃な価格。 それでこの美味しさが楽しめるのであれば十分アリだなと感じました。 (贅沢な食事であることには変わりありませんが…) ちゃんとした店構えで、松屋の『うな丼』が見た目を整えて出てきたら、何も疑わず「やっぱ良い店のうなぎは美味しいね〜」と感じてしまうかもしれません。 松屋に行く予定のある方は、たまにはちょっと贅沢して『うな丼』でもいかがですか? 今回松屋の『うな丼』だけ食べてみましたが、吉野家やすき家などの「うな丼・うな重」と比較してみようかな。 半分は牛丼ということで、山椒にくわえ、七味もついてきました。 うなぎと牛肉がドーンと乗っているので、見ただけでお腹いっぱいになりそうなボリューム感。

次の