格安 sim iphone ライン モバイル。 iPhoneを格安SIMで使う場合に確認しておきたいAppleID

【2020年最新版】厳選8社!格安SIMのおすすめランキング

格安 sim iphone ライン モバイル

データ量 3• 速度・つながりやすさ 1• 手続き・設定の簡単さ 4• 1/LTE)• 中古の端末を新たに購入• 自宅Wi-Fi接続• テザリング利用 よく利用する サービス• LINE 利用状況 データSIMで、通話アプリを利用している 通話で利用する アプリ• LINE電話 【データ量】 ほぼLineのみの使用で間に合っていますが、たまにメール確認やサイトに入って行く時にはッストレスを感じる事がある。 【インターネットの速度・つながりやすさ】 安さを優先しているので遅いし繋がりにくいです。 【手続き・設定の簡単さ】 開始の手続きは問題も無く、設定もスムーズにいきました。 【サポート】 特に問い合わせた事も有りません。 【総評】 料金が安いので大方満足しています。 新規契約出来ないのが残念です。 データ量 3• 速度・つながりやすさ 2• 手続き・設定の簡単さ 3• 0/LTE)• 既にもっていた端末を利用• キャリアからMNPのりかえ• 自宅Wi-Fi接続• テザリング利用 よく利用する サービス• Webサイト閲覧• LINE• 【インターネットの速度・つながりやすさ】 東京都内での使用について、お昼ごろはほぼ使えないと認識したほうがいいレベル 【手続き・設定の簡単さ】 特に普通。 【サポート】 特にトラブルないため、不明 【総評】 料金安いが回線速度がかなり遅いため、何を優先するのかを決めるべき。 データ量 5• 速度・つながりやすさ 3• 手続き・設定の簡単さ 5• 既にもっていた端末を利用• キャリアの利用はなし• 自宅Wi-Fi接続 よく利用する サービス• Webサイト閲覧• LINE• Twitter• 地図サービス 利用状況 音声通話SIMで、通話アプリを利用している 通話で利用する アプリ• LINE電話• 050 plus 【データ量】 平均0.6G/月なので1GBで十分です、繰越できるので最高! 【インターネットの速度・つながりやすさ】 鳥取県の実家で母が使用してましたが、つながりが悪いため私のドコモ回線と交換しました。 横浜・大宮・上野東京ライン間ではソフトバンク回線問題なく使用してます。 【通話】 音声が途切れやすく、つながりにくい 【手続き・設定の簡単さ】 取説見て、即完了 【サポート】 サポートに聞く前に、ぐぐって 大概のことは解決 【総評】 特に問題なし、Lineモバイルいつでも電話もついてるのでいいです。 データ量 5• 速度・つながりやすさ 5• 手続き・設定の簡単さ 5• 0/LTE)• 新品の端末を新たに購入• 自宅Wi-Fi接続 よく利用する サービス• LINE• 地図サービス 利用状況 データSIMで、通話アプリを利用している 通話で利用する アプリ• LINE電話• 楽天でんわ• G-Call 【データ量】 LINEで通話か、メッセージおよびデータ送信を行ってるので、540円の1Gプランで満足です、 【インターネットの速度・つながりやすさ】 LINE使い放題なのですが、通話は、時々切れることもありますが、頻度はあまり高くないのでこの金額では全く問題ありません。 ネットは、あまり閲覧しないのですが、普通に使えます。 【手続き・設定の簡単さ】 マニュアル通りの設定ですぐ使えるようになりました。 【サポート】 - 【総評】 学生でラインメインで使うならぜひ検討は、するべきではないでしょうか。 この金額では、他はあり得ません。 データ量 5• 速度・つながりやすさ 5• 手続き・設定の簡単さ 4• 0/LTE、3G)• 新品の端末を新たに購入• キャリアの利用はなし• テザリング利用 よく利用する サービス• Webサイト閲覧• LINE• アプリのアップデートでWi-Fiにつなげるくらい。 【インターネットの速度・つながりやすさ】 普通だと思う。 すごい速い訳ではないです。 【通話】 通話時は3G回線に切り替わりますが特に通話品質に問題なく、途切れることもありません。 【手続き・設定の簡単さ】 一度エントリーパッケージをアマゾンで買ってそれが届いてからサイトでキャンペーンコードを入力して契約申し込みなので二度手間がかかりました。 【サポート】 サポートダイヤルにもすぐ繋がったしアドバイスも適切で好印象だった。 【総評】 今までXperiaZ4を使ってましたが故障して海外版XperiaZ5を購入。 元々使ってたドコモ回線SIMだと通信は出来るけど通話ができず、海外版XperiaZ5で対応している周波数のソフトバンクにしたら通話も通信も問題なく使えるようになった。 それにキャンペーン適応でかなり安く使えてキャンペーン終了後も割と安いので変えて良かった。 データ量 4• 速度・つながりやすさ 2• 手続き・設定の簡単さ 4• 0/LTE)• 既にもっていた端末を利用• キャリアからMNPのりかえ• 自宅Wi-Fi接続 よく利用する サービス• Webサイト閲覧• LINE• Facebook• 地図サービス 利用状況 データSIMで、通話アプリを利用している 通話で利用する アプリ• LINE電話 【データ量】 FACEBOOKなど2〜3時間。 ネット検索30分程 【インターネットの速度・つながりやすさ】 本体のせいもあるとは思うが、昼間などは通常の5分の1程の速度になる。 【通話】 全体の繋がりが悪いため電話も同様。 料金も特段安さを感じない。 【手続き・設定の簡単さ】 - 【サポート】 - 【総評】 契約当時3年弱前は通信速度も満足であったが、ここ1年ほどは昼間などはストレスになるほど遅い。 他社に乗換も検討中。 データ量 5• 速度・つながりやすさ 1• 手続き・設定の簡単さ 5• 既にもっていた端末を利用• キャリアからMNPのりかえ• 自宅Wi-Fi接続• テザリング利用 よく利用する サービス• Webサイト閲覧• LINEとWEBブラウザがメイン。 【インターネットの速度・つながりやすさ】 2018年4月の契約当時は不満まりませんでしたが、2019年5月頃からストレスが溜まるレベルに遅いです。 特に昼休みや夕方。 【手続き・設定の簡単さ】 問題なくスムーズでした。 【サポート】 LINEトークで問い合わせできるので便利です。 【総評】 肝心の通信速度がXになってしまったため他社simへ乗り換え検討中です。 データ量 5• 速度・つながりやすさ 3• 手続き・設定の簡単さ 4• 既にもっていた端末を利用• キャリアの利用はなし• 自宅Wi-Fi接続 よく利用する サービス• Webサイト閲覧• 動画再生• 【インターネットの速度・つながりやすさ】 つながりは悪くないが、昼間0. 5〜1. 0Mと遅くなった。 夕方も1M前後に低下した。 昨年8月契約した時は良かったのに。 【手続き・設定の簡単さ】 アマゾンで購入し設定。 【サポート】 ラインで質問、回答してくれて便利。 【総評】 昼のスピードが低下し、他のNVMOと同じくなった。 もうすぐ1年になるので解約しようかと検討中。 データ量 4• 速度・つながりやすさ 4• 手続き・設定の簡単さ 5• 3/LTE)• 既にもっていた端末を利用• キャリアの利用はなし• 自宅Wi-Fi接続 よく利用する サービス• Webサイト閲覧• LINE• Twitter• 動画再生• 自分の使い方だと毎月1Gちょっと余るくらいでしょうか。 十分です。 【インターネットの速度・つながりやすさ】 mineoよりも速いですしレイテンシーも低く感じます。 SBの資本が入ってるから回線増強がいいのかも。 【手続き・設定の簡単さ】 簡単でした。 ただ月初に切り替えたんですが、9時切り替え申し込み>完了は14時すぎでした。 気長に待ちましょう・・・。 【サポート】 特段困ったことはないです。 【総評】 満足です。 mineoは正直遅くなってきてます。 残念ですね。 データ量 5• 速度・つながりやすさ 2• 手続き・設定の簡単さ 5• 既にもっていた端末を利用• キャリアの利用はなし• 自宅Wi-Fi接続 よく利用する サービス• Webサイト閲覧• LINE• Twitter• LINE電話 【データ量】 週に2〜3日外出する程度だが1GBで全く問題なし。 【インターネットの速度・つながりやすさ】 docomo回線の速度がイマイチだったので変更しましたが、 softbank回線も速度と応答性共にあまり芳しくありません。 体感で手持ちのDMMや楽天より遅いです。 【通話】 基本的に待ち受けだが、音声は聞き取りやすい。 【手続き・設定の簡単さ】 説明も分かりやすく簡単で良いです。 【サポート】 LINE経由がメインになりますが、問い合わせ安いです。 【総評】 元々楽天モバイルから転出してきて、3GBプランから1GBプランに変わったので、 値段が安くなったのは当然なのですが、 それ以上に通信の不安定さが残念でなりません。 LINEの認証ができるキャリアはLINEモバイルしかないので、 どちらかを捨てなければ快適な格安生活はできなさそうです。 データ量 5• 速度・つながりやすさ 2• 手続き・設定の簡単さ 4• 端末とSIMをセットで購入• キャリアからMNPのりかえ• 自宅Wi-Fi接続 よく利用する サービス• Webサイト閲覧• LINE• Twitter• 地図サービス その他: ポケモンGO 利用状況 音声通話SIMで、通話アプリを利用している 通話で利用する アプリ• LINE電話 その他: いつでも電話 【データ量】 楽天モバイルから乗り換えましたが、楽天には3. 1GBプラン〜しかなく、 1GBも使わない私にはもったいない状態でした。 LINEモバイルに変えて1GBプランになり、値段も300円程度下がったので 無駄は減って満足です。 【インターネットの速度・つながりやすさ】 仕事での使用では特に感じることはありませんが、 ポケモンGOをスマホ2台併用ですると差が顕著に出ています。 個人用のDMMモバイルと比べると明らかに通信速度は遅いです。 使ってる端末の差もあるかもしれませんが、楽天モバイルでは感じませんでした。 速度の快適性を宣伝していたと思うのでその点は期待外れです。 【手続き・設定の簡単さ】 申し込んで到着するまで1日もかかりませんでした。 手続きも簡単で、設定も手順を詳しく書いてくれてます。 唯一、LINEとの連携登録だけかなり仕組みが分かりにくいので減点です。 【サポート】 LINEの公式アカウントから質問やサポートが簡単に受けられるので便利です。 あくまでチャットベースで電話はありません。 【総評】 値段はとても満足です。 ポイントの付加サービスも満足です。 それだけに通信速度が遅いのだけが残念でなりません。 softbankプランなら早いのかもしれませんが、 同じ料金を払っているサービス上、docomoも改善してもらいたいです。 データ量 4• 速度・つながりやすさ 2• 手続き・設定の簡単さ 4• 新品の端末を新たに購入• キャリアからMNPのりかえ• 自宅Wi-Fi接続 よく利用する サービス• Webサイト閲覧• LINE• 余った分は繰り越すこともできるので、無駄なく使えています。 【インターネットの速度・つながりやすさ】 ソフトバンク回線の提供を始めたころは常時、20Mbpsくらいはでていましたが、最近になって1Mbpsを切ることもあって、遅いと感じることが多くなってきました。 それでも、ほかのMVNOに比べるとまだ早い方だとは思いますが・・・。 【手続き・設定の簡単さ】 申し込んでからSIMが発送されるまで1日くらいで速かったです。 【サポート】 - 【総評】 総合的には、前に契約していたドコモより月々の料金は安くなったので満足です。 ただ、これ以上速度が遅くなるようでしたら他のキャリアに乗り換えも検討しようかと思っています。 データ量 5• 速度・つながりやすさ 5• 手続き・設定の簡単さ 3• 新品の端末を新たに購入• 自宅Wi-Fi接続 よく利用する サービス• Webサイト閲覧• LINE• 動画再生 利用状況 データSIMで、通話アプリを利用している 通話で利用する アプリ• LINE電話 【データ量】 小学生の子供のために、ドコモのキッズケータイからスマホに変えました。 フリープラン(1GB)ですが、自宅ではWi-Fiを使うため速度のストレスはありません。 ドコモのスマホにする方法もありましたが、家族とLINE通話すれば不便はないので、コスパの良い格安SIMにしました。 端末は秋葉原で新品のSIMフリー端末(iPhone6s)を購入しました。 子供が大きくなって利用頻度が増えれば、ドコモに加入し直せば良いかと思っています。 【インターネットの速度・つながりやすさ】 自宅ではWi-Fiで使っているので、速度のストレスはありません。 外出時にはほとんど使わないため特に不自由はないです。 【手続き・設定の簡単さ】 自宅にSIMカードが送られてきて設定を行いましたが、SIMフリー端末を使っていたせいもあるのか、少し手間どりました。 説明書の内容もシンプルすぎて、スキルのない人にはちょっと難しいかもしれません。 【サポート】 特にサポートに連絡することもなく設定できました。 【総評】 小6の子供用にキッズケータイからスマホにしました。 当初、家族と同じドコモでの契約も考えましたが、料金と利用目的を考えてSIMフリー端末+LINEモバイルにしました。 自宅ではWi-Fiを使うため、データも1GBあれば十分ですし、家族とはLINEで通話すればいいので困ることはありません。 子供のスマホの利用頻度が増えれば、ドコモへの移行を考えればいいと思っています。 データ量 3• 速度・つながりやすさ 2• 手続き・設定の簡単さ 5• 3/LTE)• 既にもっていた端末を利用• キャリアからMNPのりかえ• 自宅Wi-Fi接続• テザリング利用 よく利用する サービス• Webサイト閲覧• LINE• 動画再生• 地図サービス 利用状況 音声通話SIMで、通話アプリを利用している 通話で利用する アプリ• LINE電話 【データ量】 日中は仕事の為、ほとんど使用しないので3Gでも十分です。 利用者連携をしているとデータをプレゼントできるのが便利です。 ドコモの時は家族でシェアだったので、一人が使いすぎると他の人が迷惑を被っていたので、こちらの方が便利です。 【インターネットの速度・つながりやすさ】 昼休憩時はドコモの時でも通信が極端に遅くなりましたが、同じドコモ回線なので変わらずです。 【通話】 LINEモバイルの「いつでも電話」アプリを使っています。 半額になるそうです。 かけ放題のプランもこちらのアプリからの通話だけが無料になります。 音質、つながりやすさなどはキャリアと遜色ないですが、アプリからの通話になりますので、webサイトから「電話する」ボタンを押してもこちらのアプリには切り替わらないので、コピペしてからの通話となり、面倒くさいです。 【手続き・設定の簡単さ】 ドコモで使っていた端末だったので送られてきたSIMを入れて説明書通りに操作するだけなので苦労はなかったです。 【サポート】 使いだして1年ほど経った娘のiphoneが時々圏外になりだしたので新品のiphoneに入れ替えてみたが、やはり時々圏外になるので、サポートに電話をかけた(30分以上待たされた)が、 「端末の不調かもしれないのでAppleにもっていって端末を検査してもらって下さい」と言われた。 (「ほかのSIMでは圏外にならない」と言っても聞いてくれない) 端末が正常ならSIMを無料で交換してくれるのかと思いきや、「交換費用が3000円かかります」との事。 AppleStoreに行く意味は?! 交換は初期不良のみ無料交換だそうです。 通信ができている時があった場合の交換は有償だそうです。 【総評】 月々の料金は安くはなったが、電話サポートはなかなか繋がらない。 なので自己解決できる方か詳しい方が周りにいる方以外にはおすすめしません。 SIM不良はお客の責任?なのに「交換した(不良)SIMは貸与なので返却してほしい」と。 もちろん返却の送料もこちらが負担。 安いから仕方ないと思える方のみ利用ください。 データ量 5• 速度・つながりやすさ 3• 手続き・設定の簡単さ 4• 既にもっていた端末を利用• キャリアからMNPのりかえ• 自宅Wi-Fi接続 よく利用する サービス• Webサイト閲覧• LINE• Twitter• Facebook 利用状況 音声通話SIMで、通話アプリを利用している 通話で利用する アプリ• LINE電話 【データ量】 今まで、家族間で毎月足りない感じで推移していましたが、今は、自分だけなので問題なく使用できて助かっています。 【インターネットの速度・つながりやすさ】 ドコモ使用時とあまり変化を感じられませんが、田舎ためどっちもどっちの感じです。 【通話】 ほとんど変わらないように感じますが、たまに雑音があったりですが、気にするほどではないように感じます。 料金も今までより半分以下になるため、今は満足しています。 【手続き・設定の簡単さ】 友達の紹介で入りました。 手続きもすんなりできてよかったです。 【サポート】 lメールでやり取りできてよかったです。 【総評】 毎月の料金が下がって年間がどれだけ違うのか今から楽しみです。 データ量 3• 速度・つながりやすさ 5• 手続き・設定の簡単さ 5• 既にもっていた端末を利用• キャリアからMNPのりかえ• 自宅Wi-Fi接続 よく利用する サービス• LINE• 地図サービス 利用状況 音声通話SIMで、通話アプリを利用している 通話で利用する アプリ• LINE電話 【データ量】 現在、1GBのプランなので、今後変更するかも。 【インターネットの速度・つながりやすさ】 お昼、夕方とも何の不満もなく使用できています。 【手続き・設定の簡単さ】 特に問題なくできます。 【サポート】 電話サポートは繋がらないと思ってください。 【総評】 毎月の携帯代も抑えられ、大変満足です。 今後は通信速度がどこまで低下しないかで満足度は変わると思います。 データ量 3• 速度・つながりやすさ 3• 手続き・設定の簡単さ 4• 1/LTE)• 既にもっていた端末を利用• キャリアからMNPのりかえ• 自宅Wi-Fi接続 よく利用する サービス• Webサイト閲覧• LINE• 【インターネットの速度・つながりやすさ】 検索程度ですので特に不便はかんじていません。 注意が必要。 調べるのに時間を浪費した。 【手続き・設定の簡単さ】 順調に設定できました。 【サポート】 利用していない 【総評】 留守録の設定以外は順調でしたのでまあ良しとします。 データ量 5• 速度・つながりやすさ 5• 手続き・設定の簡単さ 3• 既にもっていた端末を利用• キャリアの利用はなし• 自宅Wi-Fi接続 よく利用する サービス• Webサイト閲覧• 5〜1Mにまた低下していました。 2018年8月ソフトバンク回線へ変更し、12月まで?かもしれませんが、昼でも20〜30Mと爆速です。 【手続き・設定の簡単さ】 アマゾンから申し込み契約しましたが、手続き、設定はまあまあ簡単でした。 【サポート】 ラインモバイルは、ラインのチャットでサポートしてくれるので 安心できました。 【総評】 半年間キャンペーンで、約400円で1Gデータ+音声通話が出来ます。 SB回線は昼でも20〜30Mと爆速ですので、総合的に大変満足しています。 データ量 5• 速度・つながりやすさ 4• 手続き・設定の簡単さ 4• 0/LTE)• 既にもっていた端末を利用• 自宅Wi-Fi接続 よく利用する サービス• Webサイト閲覧 利用状況 通話は利用していない 【データ量】 私のWIFI環境が充実しているので、毎月1GBも使いませんでした。 【インターネットの速度・つながりやすさ】 2017年2月開通。 当初はお昼、夕方とも3〜4Mまで出ていました。 秋に昼間など0. 5Mまで低下しHPなど見れないこともしばしばでした。 2018年2月頃は12時〜13時と、18時〜19時は1M以上に速度が持ち直しました。 現在は昼は0. 5〜1Mにまた低下しています。 【手続き・設定の簡単さ】 アマゾンから申し込み契約しましたが、手続き、設定はまあまあ簡単でした。 【サポート】 ラインモバイルは、ラインのチャットでサポートしてくれるので 安心できました。 【総評】 ワンコインでデータ通信出来るのでそれなりに満足していましたが、2018年8月ラインモバイルのソフトバンク回線へ変更しました。 今だけでしょうが、SB回線は昼でも20〜30Mと爆速です。 データ量 4• 速度・つながりやすさ 5• 手続き・設定の簡単さ 4• 0/LTE)• 新品の端末を新たに購入• キャリアの利用はなし• 自宅Wi-Fi接続• テザリング利用 よく利用する サービス• LINE 利用状況 データSIMで、通話アプリを利用している 通話で利用する アプリ• LINE電話 【データ量】 フリーカウントの調整がまだ出来ていなく、データ増量で対応しています。 【インターネットの速度・つながりやすさ】 ソフトバンクSIMの契約では速度保証が有り、速度が遅かった場合はデータ増量で対応する様です。 【通話】 ラインモバイルで販売していた事もあり、ことLINEの使用に関しては遅れることもなく、通話品質もよく手頃な価格にしては買いだと思いました。 1GBのフリープランで十分に使用できますので、かなりの節約にはなると思います。 【手続き・設定の簡単さ】 LINEモバイル、ソフトバンクSIM 【サポート】 サポートセンターへの繋がりが長いので、電話にての問い合わせには時間がかかります。 【総評】 ほとんどの格安SIMがドコモ回線なのに対してソフトバンク回線を使用できるのは比較的スムーズな環境で、時間帯による速度低下もほとんど有りません。 今週秋にはフリーカウントの導入も決定済なので、エントリーパッケージを450円で購入できる今がチャンスかもしれません。 それには、SIMフリー端末を使用している方がメリットが有ります。

次の

動作確認済み端末検索|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

格安 sim iphone ライン モバイル

LINEモバイルはすべてのプランにおいてSMSを使うことができます。 格安SIMによってはデータSIMにSMSの機能がついていないものもあったりしますが、LINEモバイルではそのような心配はありません。 SMSを使いたいだけであれば、ベーシックプランの500MBならわずか月額600円で利用することができます。 大手キャリアの公式発表の中に「MVNO 仮想移動通信事業者 などへの提供についても、導入希望に応じて検討を進めていきます。 」という一文もあるため、今後の対応を期待しましょう。 LINEモバイルでSMSを送信・受信する方法と料金 LINEモバイルのSMSの送信料・受信料 SMSの送受信料は大手キャリアと特に変わりません。 SMSの受信料は無料です。 送信料は送信する文字数によって変わります。 SMSで長文を送ることは稀かと思いますが参考までに。 LINEモバイルでSMSを送信・受信する方法 SMSが使えるSIMを契約していれば、LINEモバイルでのSMSの利用方法は大手キャリアと特に変わりません。 iPhone, Androidともにプリインストールされている「メッセージ」のアプリからSMSを送受信することができます。 (Androidの場合は機種によってアイコンが違う可能性があります) LINEモバイルでSMSが送れない・届かない場合の原因と対策 先述の通りSMSは送信できませんので、必要であれば再契約をしましょう。 送信可能な最大文字数を超過している 先述の通り、SMSで1度に送れる文字数は上限が決まっています。 文字数を減らすか、どうしてもそのまま送りたい場合は分割して送信しましょう。 画像を添付している SMSでは画像を送信することができません。 画像を削除して送信しましょう。 受信側がSMSを利用できない LINEフリープランのSMSなしデータSIMのようなSMSが使えないSIMカードでも、基本的に電話番号は存在しています。 ただし、電話番号があってもSMSに対応していなければ受信はできません。 また、一部タブレットなど端末によってはSMSが利用できないものもあります。 受信側がSMSを利用できない場合は、こちらではどうしようもありません。 受信側がSMS拒否設定をしている 受信側がSMSの受信拒否設定をしていると、SMSを送ることができません。 拒否設定にはすべてのSMSを拒否する、他事業者のSMSを拒否する、個別番号拒否などさまざまあります。 メールアドレス宛の迷惑メールと同じように、SMSでもある時を堺に迷惑メッセージが届くようになることもあるようです。 その際、すべてのSMSを拒否に設定してそのまま忘れているパターンもあります。 相手が親しい人であれば、SMS拒否設定を見直してもらうようお願いしましょう。 個別番号拒否の場合は諦めて下さい。 電話番号を間違えている 初歩的なミスではありますが、割とありがちなパターンです。 特に電話帳からの呼び出しではなく直接入力だと起こりやすいので、送信できなかった場合は電話番号が合っているか一度確認して下さい。 LINEモバイルでSMSが必要なケースと不要なケース LINEモバイルではすべてのプランでSMSを使えるため考える必要はないかもしれませんが、念のためSMSが必要なケースと不要なケースについて解説します。 SMSが必要なケース• メイン回線として利用する場合• SMS認証のあるサービスを利用する場合 SMSは使えたほうが確実に便利です。 理由としてはさまざまなサービスの登録時、ログイン時、アカウントが乗っ取られた時、パスワードを忘れた時などにSMSを利用することがあるからです。 複数アカウント作成防止のために、SNSやモバイルアプリ、その他サービスで登録時にSMSで認証コードが送られ、そのコードを入力しないと登録が完了できなかったり。 不正アクセス防止のために、ログイン時にSMSでワンタイムパスワードが送られたり。 SMS認証はけっこう増えてきています。 その他、アカウントを乗っ取られた時の本人認証やパスワードを忘れた時の再設定にSMSを使うサービスも増えています。 多くの人が使っているサービスの例で言うとGmailがありますね。 今となってはSMSの用途はメッセージのやり取りよりも本人であることの証明に使うことが多いため、安全のためにも使えるようにしておくのが無難です。 SMSが不要なケース• サブ回線として利用する場合• LINEしか使わない場合 2台持ちでサブ回線として使う場合、SMS認証が必要なサービスで複数アカウントを作りたいということでもなければSMSは必要ないでしょう。 また、LINEモバイルはすべてのプランでLINEが使い放題な上、本来はLINE登録時に必須な電話番号もLINEモバイルの場合は必要ないため、LINE専用で使うという場合はSMSは使う機会がないかもしれません。 まとめ でSMSを使うための方法について解説しました。 LINEモバイルではすべてのプランでSMSを使うことができ、SMSの利用のみを目的とするのであれば月額600円から利用できます。 SMSの使い方は大手キャリアの時とまったく同じです。 LINEフリープランのデータSIMでSMSが必要かどうか迷った場合は、メイン回線かサブ回線かが一番わかりやすい判断基準になるでしょう。

次の

LINEモバイルの評判・口コミは悪い?実際に契約した料金・速度とメリット・デメリット

格安 sim iphone ライン モバイル

格安SIMの大きなデメリットの一つに「LINEが使えない問題」があります。 「格安SIMでもLINEは使えるの?」「MVNOではID検索できないって本当?」「格安SIMで年齢認証する方法はないの?」「格安SIMユーザーはLINEの友達をどうやって追加すればいい?」そんな疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか? 格安SIM MVNO でLINEを使う場合、「年齢認証」ができないので「ID検索」と「電話番号検索」が使えません。 そこで、この記事では、格安SIMでLINEを使う際に「年齢認証」する裏技と、「ID検索」「電話番号検索」の代替案をお伝えします。 格安SIM MVNO への乗り換えを検討している方や、格安SIMでLINEを使う際は、参考にしてください。 格安SIMではLINEの「年齢認証」ができない 格安SIMでは、「トーク・スタンプのやり取り」や「無料通話」といったLINEの基本的な機能は使えますが、「年齢認証」ができません。 また、他の人が自分をIDや電話番号で検索しても検索に引っかかりません。 自分のIDは存在しますが、他の人が自分のIDを検索しても、検索結果には表示されないのです。 LINEの年齢確認は、キャリアのマイページにログインさせ、携帯利用者が大手キャリアと契約した時の年齢と照合しているのです。 なので、18歳以上であっても格安SIMユーザーは、LINEの年齢認証ができません。 LINEと各MVNOでシステムが連携していないからです。 ラインの「年齢確認」は18歳未満のユーザーの保護が目的 そもそもなぜ、ラインでは年齢確認をしないと「検索機能」が使えないのでしょうか?その理由は、18歳未満のユーザーをトラブルから保護するためです。 LINEの公式ブログでは、以下のように発表されています。 LINEでは、利用規約で見知らぬ異性との出会いを目的とする利用を禁止していますが、非公認の掲示板などの誰でも利用することができるウェブサイトやアプリにLINEのIDを公開し合って、見知らぬ人とLINEで友だちになるケースがあります。 このような利用は、思わぬトラブルに発展する可能性もあります。 そこで、青少年のLINEユーザーの皆さんをトラブルから未然に守るため、KDDI・NTTドコモ・ソフトバンクモバイルと協力し、18歳未満の方はLINEのID設定およびID検索を利用することができないよう部分的な機能制限を実施します。 簡単に言うと、変な大人と18歳未満の若い子が出会い、よからぬトラブルが起こる事を事前に規制している訳です。 ワイモバイルとLINEモバイルは「年齢認証」ができる 格安SIMの中にも年齢認証ができるブランドが二つあります。 それはワイモバイルとLINEモバイルです。 ワイモバイルを格安SIMに含めるかは議論がありますが、運営会社がソフトバンクだから、システムの連携(契約)ができているのでしょう。 ワイモバイルについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。 ワイモバイルの公式サイトはこちら。 LINEモバイルはLINEのグループ会社が運営しているため、当然、年齢認証できます。 もしかしたら、LINEが他の格安SIMで年齢認証ができないのは、他社のMVNO=つまりLINEモバイルのライバルに対して、自社の優位性を保つために、システムの連携を拒否しているのかもしれませんね。 もちろん、MVNO各社の方がシステムを保有していない可能性もありますが、楽天モバイル(楽天系)やUQモバイル(KDDI系)、OCN モバイル ONE(NTT系)等の大手MVNOや、IIJmio、mineo等の人気のMVNOでもLINEの年齢確認に対応していないのは、さすがに違和感があります。 ちなみに、LINEモバイルはLINEのトークや無料通話を使っても高速通信が消費されない「カウントフリー」という機能が搭載されています。 なので、「LINEをよく使う」という人にはLINEモバイルは相性が良いです。 LINEモバイルについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。 LINEモバイルの公式サイトはこちら。 【参考】大手キャリアのSIMを使えば「年齢認証」ができる? 格安SIMで年齢認証をする裏技的な方法がネット上では出回っています。 ただし、グレーなので、実践するかは自己判断でお願いします。 それは、友だちや家族から大手キャリアのSIMを借りて、そのSIMを自分の端末に挿して、LINEの年齢認証をするという方法です。 なお、借りた大手キャリアのSIMの「電話番号」と「会員サイト(MY SoftBank、MY docomo,My au)のパスワード」が必要なので、借りる時に確認しておきましょう。 1度でも年齢認証をすれば、その後、格安SIMに差し替えても年齢認証した状態が維持されます。 年齢は不可逆なので、一回でも18歳以上と認められばOKのようです。 年齢認証が済むと「ID検索」と「電話番号検索」が使えるようになります。 ただし、違うスマホ端末でLINEを使い始めると、年齢認証が済んでいない状態に戻ります。 「ID検索」と「電話番号検索」の代替案~MVNOユーザーがラインで友だち追加する4つの方法~ 年齢認証ができなくても、下記4つの代替案を使えば、MVNOユーザーでも、新しい相手とラインで友だちになれます。 ここでは、簡単にできるものから順に紹介していきます。 「ID検索」と「電話番号検索」の代替案• 相手が「QRコード」を読み込むか「LINEアカウントのURL」をタップすると、相手の友だちに追加されます。 送信方法は、下記のとおりです。 ちなみに、QRコードを送っても、受け取った相手がスマホ以外にパソコンやタブレットなどの端末を持っていないと、スマホでQRコードを読み込めません。 なので、メモなどに記録しておくと、次回は手軽にURLをメールやSMS、他のSNS等で送れます。 設定後、相手の電話番号をスマホのアドレス帳に入力すれば、自動で友だちに追加されます。 「友だち自動追加」機能の設定方法は下記の通りです。 「友だち追加」されたくない人は「オフ」に設定しましょう。 このパソコン版のLINEからなら、年齢認証をしなくてもID検索と電話番号検索が使えます。 パソコン版のLINEのインストール方法は以下の通りです。 格安SIMでもLINEの年齢認証ができるようになって欲しい 格安SIMでLINEを使う場合、「トーク」や「無料通話」などの基本的な機能は使えます。 また、ID検索が使えなくても、友だちを追加する方法はいくらでもあります。 しかし、ワイモバイルとラインモバイル以外のMVNOで年齢認証ができないのは、少し不公平だと感じてしまいます。 年齢確認が18歳未満のユーザーの保護を目的としているなら、18歳以上の格安SIMユーザーは年齢認証ができるようになっていいはず。 本人確認を必要としないデータSIMと違って、音声SIMは契約時に本人確認をしているので、全ての格安SIMで年齢認証ができるように早くなって欲しいものですね。

次の