科捜研の女 土門さん 死亡。 テレ朝POST » 土門(内藤剛志)の知られざる過去!元妻の存在、死んだはずの同期の元刑事が…【科捜研の女】

テレ朝POST » 土門(内藤剛志)の知られざる過去!元妻の存在、死んだはずの同期の元刑事が…【科捜研の女】

科捜研の女 土門さん 死亡

12月12日に(テレビ朝日系)の第24話が放送された。 <第24話あらすじ>1人の命より大勢の命を選んだ フリーライターの広辺誠児(森下じんせい)が絞殺された。 遺留品から、土門薫(内藤剛志)と同期の元刑事で、19年前に死亡したはずの火浦義正(升毅)が生きていることがわかり、彼に広辺殺害の容疑がかかる。 1999年の大みそかに時をほぼ同じくして起きた2つの事件……大学サークルで起きた「ミレニアム集団自殺」と、同じサークルに所属していた楡井敏秋(中村凜太郎)の不可解な転落死。 その関連を調べていた広辺に、当時サークル顧問だった森迫宏成(大河内浩)から多額の振り込みがあったこともわかった。 不都合な真実が明るみに出るのを恐れ、金でもみ消そうとしたのではないかと疑われた森迫だが、ほどなく絞殺体で発見! 手口は広辺殺害と同じだったうえ、事件当日、火浦が森迫を訪ねていたことも判明する。 そんななか、火浦が土門の前に姿を現した。 20年前、土門の元妻で故人の有雨子(早霧せいな)と不倫を疑われていた火浦は、「人間として犯してはいけない罪を犯した」と言い残して逃亡。 火浦が言っていることが事実なら、有雨子が生前に言い残した「許されないことをした」の言葉は火浦との不倫を意味したものではなくなる。 20年前の記録を改めて検証すると、楡井は自殺ではなく死後ビルから転落したと判明。 森迫が連絡をとっていた衆議院議員で警察OBの古川大儀(中村凛太郎)に話を聞きに行くと、集団自殺したサークルは病理研究所から致死性の高いウイルスを盗み出し、テロを実行しようとしていたと明らかになった。 楡井は恋人が妊娠したことをきっかけにサークルを抜けることを決意し、姉のように慕っていた有雨子に相談。 有雨子はこのことを火浦に打ち明け、火浦は楡井をスパイとして使うことにしたのだった。 しかし、楡井はサークルのメンバーにスパイ行為がばれ、リンチされ殺されてしまう。 京都タワーの展望台から火浦と有雨子は一部始終を目撃しており、有雨子は警察に連絡しようとしたが、自暴自棄になったメンバーがウイルスを散布することを恐れた火浦は、連絡を止めさせた。

次の

【科捜研の女2017ネタバレ】土門刑事殉職!?マリコ・妹涙の検死!?

科捜研の女 土門さん 死亡

元雪組男役トップスターのが、テレビ朝日系木曜ミステリー『科捜研の女』(毎週木曜 後8:00)の第23話(12月5日放送)に出演することが明らかになった。 早霧がドラマに出演するのは今回が初。 しかも、京都府警捜査一課警部補・土門薫()の元妻・有雨子(ゆうこ)役に大抜てきされた。 主演のが演じる主人公、京都府警科捜研研究員・榊マリコと、信頼と尊敬の強い絆で結ばれている土門刑事。 これまで私生活について自ら語ることがほぼなかった土門刑事だが、かつて結婚していたことは知られている。 土門の元妻を演じる早霧は、宝塚歌劇団で実績を重ね、2014年には雪組トップスターに就任し、圧倒的な人気を誇ってきた。 17年に同歌劇団を退団してからも舞台を中心に華々しく活躍してきたが、満を持して『科捜研の女』でドラマデビューを飾る。 今回のオファーを受け「20年も愛される人気シリーズに出演できることが素直にうれしかったです」と、喜びを語った早霧。 元夫を演じる内藤については「温かく包み込むような優しさで接して下さり、安心してお芝居することができました」と厚い信頼を寄せる。 また「夫に寄り添いながらも、自分の意見をしっかり持つ自立した女性像を意識して演じました」と自身の役作りに対するこだわりもうかがわせていた。 第23話では、男性ライターの絞殺体が見つかる。 彼は20年前、1999年の大みそか、ミレニアムを祝う夜に起きた大学生の集団自殺について調べていたことがわかる。 やがて現場に残された痕跡から容疑者として浮上したのは、なんと土門と同期の刑事。 しかし、その刑事は19年前に亡くなっていたという衝撃の事実があった。 20年も前の出来事をなぜライターは追っていたのか、そして死んだはずの男が事件現場に痕跡を残していた理由とは…。 謎多き殺人事件の裏でいったい何が起きたのか、マリコたちが真相に迫る。 ストーリーはさらに過去へさかのぼり、土門と有雨子の出会いについてもつぶさに描いていく。 20年前の事件と土門の過去が交錯し、思いもよらぬ展開に…!? 【早霧】初めてのドラマ撮影という事で不安もありましたが、夫役の内藤剛志さんは温かく包み込むような優しさで接して下さり、その胸をお借りして安心してお芝居することができました。 「本番、スタート!」という声が掛かるとどうしても緊張が増してしまうのですが、内藤さんはどんな現場でも緊張しないと仰っていて、とても驚きました。 そのお話を聞いて、私ももっと映像の経験を積みたいと思いました。 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

次の

科捜研の女 どもん刑事は殉職?土門の死去について!

科捜研の女 土門さん 死亡

テレビ朝日・東映制作の長寿警察ドラマ『科捜研の女』。 主舞台は主人公・榊マリコ(沢口靖子)が所属する京都府警本部・科学捜査研究所=科捜研ですが、 第1シリーズからマリコ達と協力して捜査にあたる刑事部捜査課の刑事達が存在します。 この枠はキャストの入れ替わりが激しく、私のカウントだと、現在の蒲原勇樹(石井一彰)は10代目になると思います。 同時期に2人いたこともありますし、2シリーズ連続で空席だったこともあります。 今回はこの歴代10人の若い刑事たちを紹介します。 若手刑事とベテラン刑事 若手刑事がいるということは、対(つい)になる「ベテラン刑事」がいるということ。 『科捜研の女』では科捜研と協力して捜査にあたるベテランと若手の刑事がセットで登場してきました。 基本的に「若手刑事」は「ベテラン刑事」の部下ポジションです。 上司であるベテラン刑事役は現在まで2人だけ。 第1~4シリーズまでは木場俊介(こば しゅんすけ 小林稔侍) 、 そして第5シリーズから最新第16シリーズまでは土門薫(どもん かおる 内藤剛志)が務めています。 木場警部と土門刑事 木場時代と土門時代とでは、マリコの若手刑事に対するスタンスが違います。 土門刑事登場後はマリコと土門がバディ関係になるので、 若手刑事に対しては、相棒である土門の部下の「若い男の子」という感じの接し方に変化しました。 演じる俳優も沢口さんより15歳以上下の人が中心となりましたので。 科捜研の若手研究員も同様ですが、『仮面ライダー』や『戦隊』シリーズなど、 同じ東映制作の特撮物に出演した俳優達が起用される事が多いのも特徴です。 それでは、木場警部時代の第1シリーズから10人の若手刑事達を順番に紹介します。 マリコとは、女性刑事と女性研究員のバディ関係と言っていい間柄。 ただ、当時のマリコはかなりエキセントリックな性格で、一方の城丸も個性が強く、 かなりコミカルなドタバタコンビのイメージでもありました。 第1シリーズではマリコの元夫の倉橋刑事部長(渡辺いっけい)と城丸が交際し、微妙な三角関係になります。 第2シリーズではマリコに押しかけ同居され、奔放なマリコに随分振り回されました。 このあたりの行動は、現在のマリコからは想像し難いですね。 初期の中でも、この第2シリーズのマリコは特に異質でした。 マリコと準子の個性豊かな美人女性コンビはなかなか魅力的でした。 沢口さんと伊藤さんは9歳差なのですが、劇中では若干マリコが年上としても、そこまでの差はない、友人同士といったイメージ。 第1シリーズの視聴率は低迷し、マリコ以外の研究員メンバーは総入替えになったのですが、城丸は上司の木場と共に残留。 しかし第2シリーズも数字は伸びず、そのせいか城丸もこのシリーズ限りで退場となりました。 この他に第1シリーズのみ、城丸と同じく木場の部下で、城丸より年長だが階級が下の吉田大輔刑事(小林隆)がいました。 このポジションは後継者がいません。 第3シリーズスタートの時点で木場警部の部下でした。 演じた葛山さんは沢口さんより7歳年下ですが、会話からすると同世代の雰囲気。 葛山さんは1990年代初頭から俳優活動をしていますが、『仮面ライダークウガ』(2000年)で人気を得た役者です。 第3シリーズは視聴率が急伸し、大半のレギュラーは第4シリーズに残留しましたが、葛山さんは異動の設定で降板となりました。 葛山さんは好演だったと思うので、この降板はちょっと不可解にも感じます。 当時の葛山さんの出演歴を見ると、他局のドラマの主要キャストが重なったからかも知れません。 第4シリーズに上原役で1度ゲスト出演していることからも、やむを得ずの降板だった可能性はあります。 第4シリーズはマリコが科捜研に復帰するところから始まり、その時点で京都府警にいたのが新山でした。 新山はスマートな二枚目タイプの上原とは対照的に無頼派のアウトロータイプ。 榊さんは沢口さんより5歳下ですが、やはり劇中ではタメ口の関係でした。 このシリーズは小林稔侍さんが他の仕事との兼ね合いか、木場警部の出演シーンが少なく、 新山はマリコの相手役として存在感を発揮しました。 当時のかなり天然なマリコと無頼漢の新山の組み合わせは意外と良かったです。 榊さんは現在は映画監督としても活躍しています。 しかし、この第4シリーズは再び視聴率が低迷し、最終回では木場警部が殉職。 番組自体も1年半の休止期間を迎え、新山もこのシーズン限りで姿を消します。 土門薫と共に二人の若手刑事が登場しました。 劇中では、初回の時点で既に若手二人は府警の刑事、そこに土門が所轄署から赴任してきた設定でした。 当時の土門はこの後のシリーズとは少し印象の違う無頼派で、 若手2人は面喰いながらも、やがて信頼を深めていくような展開でした。 半田さんと溝呂木さん、そして科捜研メンバーとして同時にレギュラー入りした故さんは、 この少し前まで『仮面ライダー555(ファイズ)』に出演していた人気トリオでした。 泉さんはこの後も出演を続けますが、二人の若手刑事はこのシリーズ限りで退場となりました。 長身で一本気、不器用なタイプの新米刑事。 土門を敬愛する好漢でした。 第4話で所轄署に異動となり、早々と退場してしまいますが、第9話で所轄刑事として再登場し、土門達と合同捜査をしました。 キャストの入れ替えが頻繁だった当時の『科捜研』でも、この第4話での降板は異例です。 丸山さんはその後、単発のゲストですが『相棒season7』(2009年)でも印象的な刑事を演じました。 今は強烈な悪役もやれば、普通の人で連ドラレギュラーもこなし、歴代若手刑事の中では最も活躍しているかと思います。 この回限りで谷口は異動になるので、結果的には入れ替わった形。 スマートな二枚目タイプ。 谷口とは好対照でやりとりは面白かったのですが、 谷口が異動になった為、本格コンビとはなりませんでした。 森本さんも『仮面ライダー剣』(2004年)で人気を得た俳優です。 木佐貫は引き続き第7シリーズ最終話まで登場しますが、あまり強い印象を残したとはいえないかも知れません。 空白期(第8シリーズ~第9シリーズ) 木佐貫は第7シリーズ限りで姿を消し、次の第8・9シリーズは若手刑事枠が空席となります。 もちろん、土門の同僚や部下と思しき刑事達は登場しますが、固定のレギュラーキャストはいません。 見比べると、この状況はやはり不自然に感じます。 当時は視聴率でいえばこのドラマの全盛期で、経費削減ということもないでしょうし、不可思議です。 強いていえば、マリコと土門のバディ関係をより強調し、2人で行動するシーンを多くする為に 若手刑事の存在が邪魔と判断したのか・・・とも推測できますが、わかりません。 特に赴任エピソードはなく、2010年SPで土門の部下として登場。 そのまま第10シリーズよりレギュラー入り。 土門を尊敬する精悍な若い刑事。 高橋さんは『轟轟戦隊ボウケンジャー』(2006年)で人気を得て、その後3年ほどキャリアを積んでの登場でした。 権藤は第12シリーズ第4話で、亡くなった親友(元警官)の無念を晴らすために独断で事件を調べていたが、 最後は親友の妹を助けようとして犯人に刺され、殉職しました。 全シリーズ中でも、大変痛切な回でした。 現在までで、若手刑事としては唯一の殉職による退場です。 所轄にいた頃から土門のことを尊敬しており、また科捜研にも極めて協力的。 純粋で繊細、爽やか過ぎるほどの好青年タイプでした。 崎本さんは子役時代からのキャリアがあり、東映特撮出身というわけではありません。 木島は第15シリーズ第1話で負傷し、同じ京都府警の内勤に異動との設定で降板しました。 登場期間は前任の権藤とほぼ同じです。 同じ府警本部内に勤務しているのだから、再登場があってもおかしくない…というか、 しないのが不自然なくらいですが、今のところ実現していません。 落合への尊敬の念が強く、当初は土門や科捜研への反抗的な態度も見られたが、 まもなく落合の捜査手法に不信をいだいて疎遠になり、土門や科捜研との距離が自然と狭まりました。 石井さんは主演の沢口さんと同じ東宝芸能所属ですが、ミュージカル中心に活動しており、映像作品はこれが初めてのようです。 蒲原は落合と距離を置く経緯は描かれましたが、土門や科捜研メンバーと理解し合う過程が丹念に描かれたとは言い難く、 そのせいかまだキャラがハッキリしない面があります。 今後の活躍に期待します。 Old Fashioned Club 月野景史.

次の